2017年4月29日 (土)

障害者権利条約 第24条 教育


昨日は。午後3時ってな時間から、あらいにとっての大一番!田原市教育委員会主催「田原市立小中学校 教職員向け研修」。田原市内の全学校の学校長ないしは それに準ずる先生に向けて障害者差別解消法の理解を促進することを目的とした研修で、あらいごときでは ございますが、お話をさせて頂きました。

数年前では考えられない、あり得ない話です。こんな大事な研修に あらいごときを選んで下さった、託して下さった教育委員会皆さん、関係者皆さんに、ただただ感謝でございます…っていうよりも…泣きそうです…。本当に、本当に ありがとうございます。(T^T)



障害者権利条約 第24条


障害者差別解消法は、障害者権利条約から発進し、障害者基本法 第4条に託された「障害者差別の禁止」「合理的配慮の不提供は差別」そして「共生社会の実現に資する」。これを理解するだけ。そのための具体的な取り組みを理解し実践するだけ。とすると、この法律だけを理解するのでは「真の理解」にならない、上部だけ、って思っています。

ので。いつものように法の変遷と本法の施行に関する大きな役割を持った障害者権利条約と障害者基本法を、その中身を具体的に解説し、そして本題である障害者差別解消法を「田原市職員対応要領」に沿って全5項目を一項目ずつ丁寧に お伝えさせて頂きました。特に「要領3 対象の範囲」はメチャクチャ丁寧に、メチャクチャ細部まで。昨日の裏テーマは、ここにありまして。(  ̄^ ̄)ゞ



講義の入り。スクリーンには、漆黒の闇に浮かび上がる、真っ青にライトアップされたスフィンクスとピラミット。そう世界自閉症啓発デーから入りました。法律の話を深めることは大事。合理的配慮を理解することも大事。それは ご参加下さった全ての先生は もう十分に理解下さっているでしょう。ただ一つ。その中に「発達障害のある お子さん」は含まれていますか?を最も伝えたかったんです。

その お子さんのことを、生きづらさを、育てづらさを理解してこそ、初めて「合理的配慮」が提供出来ると強く思います。そこを明確に打ち出して講義を始めさせて頂きました。平成22年から文科省でのインクルーシブ教育のあり方、24年に中教審 報告書を ふんだんに盛り込んで、そして、辻井CEOから、田中先生から、同志 熊谷さんから教わった「全て」を この資料に、そして言霊に託して。



障害者権利条約 第24条


まとめは。教育基本法の前文を、ご参加下さった市内中の校長先生と教育委員会さんと確認しました。この崇高な理念を是非とも現実のものにしましょうと。そして最後は、障害者権利条約 第24条 第1項 にある文言を飲用し「「障害者を包容する教育制度 及び 生涯学習を確保する」ために、どうか、私ども専門職を活用して下さい。繋がって下さい。」と お願いさせて頂き、90分キッチリ話しきりました。

終了後。多くの校長先生が ご挨拶にきて下さいました。本当に ありがたかったです。ご満足頂ける内容であった否かは定かではありませんが、少なくとも、一定レベルで ご理解は頂けたのではないか?と。自惚れてますかね。へへ。(^-^ゞ


とにかく。教育と福祉の「真の連携」を目指して、「共生社会の実現」に向かって、これからも この校長先生方と、教育委員会皆さんと一緒に、必死に前へ前へと進んでいきたい、否、いきます!メチャククチャ頑張ります!(  ̄^ ̄)ゞ


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月26日 (水)

シェフと呼ばれる男

シェフと呼ばれる男


villa スタッフからメールが。厨房での仕込み風景が添付されていました。一瞬『なんじゃ…こりゃ…。(・・;)』が、次に驚愕!

リンゴのように皮を むいているのは、ナント!ジャガイモ!!
こんな風にジャガイモの皮が むかれているのを、初めて目の当たりにしました!! (゜ロ゜ノ)ノ


さすが 辻井CEOから「シェフ!」と呼ばれる男。
やはり違います!否、もはや異次元です!w(゚o゚)w


 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月25日 (火)

我々は

誰のために、何のために存在するのか。そのためにも、安っぽいプライドは とうに捨てた。

あらい自身、そこを確認することの出来た、そんな今年度 最初の田原市事務局会議でした。


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心 得

夫れ用兵の道は 人の和に在り


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月23日 (日)

戯れ言

戯れ言


「我がごと・丸ごと」も、「基礎課程の共通化」も、理屈としては理解します。し、そうしなければならない実情も理解します。「地域包括ケアシステム」が高齢施策から「0~100」と言われるようになり、幾久しく。この高齢施策に、ある意味 一方的に「精神保健分野も内包しなさい」とのアナウンスも勿論です。


長く「ふわりんクルージョン」で学んでいる あらいとしては、否、田原市としては、その方向で昨年から意見交換は始めています。し、先日も宮川健康福祉部長とも、膝を突き合わせて意見交換しました。メチャクチャ共感しあえる時間で、メチャクチャ嬉しかったです。が、高齢側は納得しているとは言い難く…。行政 高齢部局とて理解しているとは言い難く…。

他市ではクリアになるのでしょうか?本当に?


戯れ言


(ふわりんクルージョン 2016 熊木元生活困窮室長)

あらいのような末端の人間ですから、高いところで、もしくは深いところで、どんな議論が成されたのかは知るよしもありませんが、本当に 良いのでしょうか?もっと…なんて言うのか…周到な…とまでは言いませんが、もう少し丁寧に、繊細にってなものが必要なのではないでしょうか?やらなきゃいけないことは解ってします。だからこそ丁寧な周知がと思うのです。

障害者自立支援法施行時に「スーパーマンは必要ない」と習いました。でも今は、「スーパーマンしか出来ない」もしくは「ほどほど、そこそこ出来れば」という方向としか思えなくて。繰り返します。勿論、実情は理解します。「いくらキレイごと言っても、人材不足が極まった今、どうすんだ!」という理屈は本当に良く解ります。



今、我々に突き付けられているものは、如何なる状況であってもブレず、その専門性を極めながら、他・多機関と密接に連動し、その各々の機関の有する専門性を理解しながら「真の連携・協働」を構築することだと思っています。ほどほどの支援しか出来ない「一元化」ではなく、その人らしい暮らしぶりを とことん護る「連携・協働」を田原市で構築したいと思います。

簡単なことではないと思います。現に、田原市も人材不足が顕著となっていますから。現実の問題として妥協点を探らなければいけないのは、重々承知はしております。でも、最期まで足掻いて、もがいて、頭 使って、足を使って、そして強い覚悟を持って必死に前へ進みたいと思います。で、結果的に行き詰まったら…また、その時に みんなで考えたいと。寄り添うって、そういうことなんじゃないかと強く、強く思うのです。



アルコールは入っておりますが、決して酔ってはおりません。
ただただ、若輩者の戯れ言にございまするぅ。<(_ _)>


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月22日 (土)

半 月

昼過ぎ、帰宅。家には誰もおらず…。(・・;)

土曜日ですが、授業参観日とかで出校と後から知りまして…。で、先ほど近所の おねぇちゃんたちに付き添われ帰宅。


半 月


小学一年生、半月の笑顔です。癒されます。(^-^)


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月21日 (金)

二人揃って

二人揃って


生ビール と 焼酎水割り。
二人揃って、トイレ。( ^ω^ )


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市立小中学校長へ


来週。田原市教育委員会さんからの ご依頼で、田原市立小中学校長を筆頭とした職員研修で お話させて頂くこととなっており、その最終打ち合わせ。テーマは「障害者差別解消法の理解」。職員対応要領の中身を「グッ」と理解を深めることを目的として。

この障害者差別解消法。この概要説明は、乱暴な表現ではありますが「「障害のある方への差別を禁止」して、その解消のために「合理的配慮の不提供を差別行為」を理解して、で、共生社会の実現を目指す」ってことで終わってしまうわけで、こんなんでは よろしくないわけで。この法律が「なぜ?出来たのか?」を理解しなくてはいけないわけですもんね!



ってことで。障害者福祉施策としての切り口として、そして障害者権利条約 第24条「教育」からの切り口の双方向から「攻めた」資料を教育委員会 伊藤先生、こども発達相談室 かみや室長に確認して頂きました。ありがたいことに、お二人からは合格も頂け、あとは本番を待つばかりでございます!(  ̄^ ̄)ゞ


市立小中学校長へ



今回の研修。テーマは お伝えしました通り「障害者差別解消法の理解」なのですが、あらいの中での隠れテーマがありまして。それはスバリ!「発達障害の理解」でございます。

先の自閉症啓発デーの話題にも触れながら、各クラスに2~3人はいるといわれる「困っている お子さん」を十分 理解して頂きたい!という思いです。これを市内の小中学校長に、コーディネーターに、そして多くの先生に お話出来る機会を頂けたわけですから、そりゃ~嫌が応にも盛り上がりますよね!



ってことで。あとは山盛り、盛りだくさんの内容を、限られた時間内で話しきる。それだけで ございます。当日まで一生懸命、備えます!「教育と福祉」の真の連携に向け、頑張ります!(  ̄^ ̄)ゞ


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月20日 (木)

クミンが解決

クミンが解決


「 villa カレー」の改良…結構、苦戦を強いられておりましたが、スタッフ一同、突破致しました~!問題の解決は、「クミンの分量」でした~!身内で言うのもなんですが、以前より香り高く、スパイスの効いた感じになり、「イケてるや~ん!」でございます!


ってことで、課題は解決。いよいよ!来週 27日(木)「 villaうぇ~ぶ」再開に ございます~!ゴールデンウィークに間に合いました~!お休みに お時間の空きのある皆さん、田原観光の合間にでも、ぜひ ご賞味下さいませ~!



クミンが解決

クミンが解決


arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

えーと…

第5期 障害福祉計画と…
第1期 障害児福祉計画と…

精神障害のある方の「地域包括ケアシステム」への内包問題と…地域活動支援センターⅠ型の開設と…自殺予防計画と…

あと…えーと…えーと…(〃゚д゚;A A゚Å゚;)ゝ ゚+:.


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月19日 (水)

「長」として

基幹相談支援センターである「田原市障害者総合相談センター」の長として、その職責を果たす、そんな仕事が出来た。自惚れていると思われるかも知れませんが、理解してはもらえないかも知れないが、そんな仕事が出来たとおもえる、そんな一日でした。

勿論、問題が解決した分けではなく。明るい未来が画けた分けではなく。ただ職責を果たすために「動いた」というだけのとこではあるのですが。はは…。(^-^;


でも、こうして止まることなく「動く」ということが大事なのだと思っている。動いていれば良くも悪くも、何かしらの答えが出る。その出された答えに対して、また次の作戦を練る。こうしていることが、必ず いつか一定レベルで満足して頂ける「形」が お示し出来ると、あらいは思っています。

それが「長」としての責務であると思っています。


「長」として



でも。やっぱ…。疲れました…。はは…。( ̄Д ̄;;


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月18日 (火)

そして誰もいなくなった

そして誰もいなくなった


思うことは多々ありますが、今日も良い一日に。
ってことで。腹も減ったし、今日は帰ろ~と!

arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月16日 (日)

デートなう


本日は。希 とイオンシネマへ映画を観に~。

「ねぇちゃんだけ!ズ・ル・イ!( ・ε・)」ってことで。
久しぶりに「クレヨンしんちゃん」でした~!(^-^)v


デートなう (希編)


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

色 目


「サングラスの色、真っ黒やんけぇ。
色目、落ちとらんやんけぇ。」
とのメールが続々と…。


色 目


ほら。落ちてるでしょ!
眼、見えるでしょ!(≧▽≦)


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月15日 (土)

デートなう


デートなう


頑張った昨年度の自分への「ご褒美」を求めて、萌と一緒に、久しぶりのデートを兼ねて名古屋 高島屋まで「鞄」を買いにやって来ました。分 不相応ではありますが『ご褒美ですから!』と萌が選んでくれた「mila schon」を、奮発して購入。なにせ、見栄っ張りですから…。はは…。( ´△`)


1492308477162



その後も。のんびり買い物をして、タワーズのオシャレなガレット専門店で食事をして。久しぶりの萌と二人きりの時間を堪能しました。たくさ~ん話も出来ました。また、頑張れます。付き合ってくれた 萌に感謝です。ありがとです。( ^ω^ )


デートなう


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«Mission in possible