« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006年4月28日 (金)

そこんとこ ヨロシクッ!

060428_071401 毎朝、出勤途中に自動販売喜機で缶コーヒーを買います。「サントリーBOSSブラック」。昨日まで「ホット」だったのに、今朝はみんな「コールド」になってました。本格的に春が来たんだなぁと実感しました。

で、BOSS。飲み続けて早十余年、その間、他メーカーの缶コーヒーを飲むことはほとんどありません。

なぜか?

それは、このコーヒーのCMの初代イメージキャラクターは、あらいが敬愛してやまない矢沢永吉さんだったからです。随分古い話なんで皆さん忘れちゃってますよね。けっこうドジなサラリーマンのキャラクターで、駐輪場の自転車を倒しまくったり、営業先で失敗しロボットに説教されたり。そんで決まり台詞は「まいったなぁ。」。

それまでの矢沢さんのイメージは、素肌に白のスーツ、そしてリーゼントという衣でたちで、世の青少年()の憧れでした。
それが一転、ダメ男キャラ。正直あらいも戸惑いました。なんせ、しょじょじ君と一緒に東京・武道館まで「タオル」をブン投げにいってたくらいなんですから。

でも、今はその理由が解るような気がします。自分が作ったイメージや安っぽいプライドなんて、何の役にも立たない。大事なのは、自分が進化し続けていくためには、今、何をすべきかなんだ。安っぽいプライドなんか捨てちまえっ!

ってことっすよね!ねっ、「永ちゃん!」
っていうことで、今日も一日、バリバリいきますんで、そこんとこヨロシクッ!

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月27日 (木)

変わるもの。変わらないもの。

昨日、医療法人さわらび会主催「さわらび大学」を受講してまいりました。
これは、福祉に携わる皆さんはよくご存じの、豊橋市にある福祉村を運営する医療法人・社会福祉法人を合わせ持つ「さわらび会」が、広く一般の方に医療・福祉を理解して頂こうと、法人の各施設長が交代で専門分野の講義をして下さっている。という有りがたい企画なんです。

さわらび会の山本理事長は、認知症の分野では有名な医師で、早くから地域福祉を実践された偉大なお方なんですよ。しかも!今、国内モータースポーツ界で話題沸騰中の山本左近さんは、実の息子さんなんです!以外と知られていないですが、紛れもない事実なんでよ、これが。

で、昨日のテーマは「障害者自立支援法」。講師は、あかね荘安形施設長。
この方も皆さんご存じのことと思います。あらいの尊敬申し上げる方のお一人で、6年半前、安形さんとお会いしていなければ、今の工房、あらいはないと思います。

今は愛知県福祉施設協会会長も務められていますが、こんなに偉くなられても知り合った当時と変わらず気さくに話をして下さいます。まっ、時に厳しく叱られますが。(_;)とにかく、感謝、感謝。

で、講義。時間は一時間と短く、この短い時間で安形さんは福祉に携わる者にとっても難解なこの自立支援法を、どうやって話され、理解してもらうのか。を勉強しにいってきました。

安形さん、開口一番「障害者施策はめまぐるしく変化しています。しかし、全く変わらないものがあります。それは、障害者の方に対する支援のあり方。自己決定、自立支援、そして地域福祉という理念です。」と声高に発言されました。

そうなんですよね!いつもいつも、繰り返し繰り返しいっていますが、制度は支援する上で重要な道具。でも、その便利な道具も使い方が分からなければ意味がない、だから隅々まで理解し上手に活用する。しかし何より大事なのは如何にして障害のある方に寄り添っていくか。なんですよね。安形さんに、またガツン!とやられた気分でした。

一時間は「あっ!」という間に過ぎました。勿論、自立支援法の中身を語りきることは出来ませんでした。でも、安形さんは満足気な顔で降壇されました。あらいも大満足の講義でした。

どんなに制度が変わろうと、決して揺るがない信念を持ち続け、障害者の方に寄り添い続けようと思いました。安形さんのように。

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月25日 (火)

東西両雄 そろい踏み

おはようです。今朝はすでにあとりえにおります。何故なら、今日はメンバーさんのお迎え当番だからです。気合いが入り過ぎて早く来過ぎてしまいました。ううっ、早過ぎる。

で、何で気合いが入っているかというと、昨日、名古屋で行われた大村ひであき衆議院議員の政経セミナーに、かみやさんと共に参加してまいりました。しかも!全国ネット田中代表、北岡副代表、戸枝事務局長らと一緒という豪華メンバーと!贅沢だぁ、実に贅沢な話だぁ。

060424_184701001で、ご存じの方は多いと思いますが、大村議員は愛知13区(西三河)選出の自民党議員。自民党若手議員の中でも論客で知られ、この若さで厚生労働部会長を努め、地元に帰っても愛知県連会長も努められるという有望株の議員さんなんです。

で、更に贅沢な話が。それはセミナー終了後、全国ネット幹部らと共に「一風堂」でラーメンタイム。昨今の中央の話は勿論なんですが、それ以上に盛り上がったのは北岡さんのプライベートの話。ここに書けないのが残念ですが、爆笑につぐ爆笑でした!

ラーメンを食べ終え、田中・北岡さんはタクシーに乗り急ぎ名古屋駅へ向かい、帰路へつかれました。田中代表「名古屋にいる時間より電車に乗ってる時間の方が長いんだよねぇ。」と笑ってみせてくださいました。
そうなんですよね。田中代表は国立のぞみの園に籍を置く準公務員的な立場の方なんですよね。北岡副代表も似たような立場なんですよね。だから明日は普通に仕事なんですよね。このセミナーのためだけにみえたんですよね。

何のために?

障害のある方の地域生活を真のものにする。そのために名古屋までやってきた!んですよね。

名古屋駅で、田中代表は群馬へ、北岡副代表は滋賀へと東西に分かれ新幹線に乗り込んだお二人。若輩者の僕は、どちらにも足を向けて寝ることは出来ません。

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月23日 (日)

あとりえ・あんだんて

東浦町で色あそびをやってきました~!「おだい祭り」という町をあげた春祭りの一つの企画として参加して来たんです。と、いっても企画自体はふぃ~る工房が出したのではなく、同じ東浦町を拠点に活動するあの歴史ある「愛光園・らいふ」さんが「ふぃ~る工房の色あそびを東浦で開催したい。」と応募して下さったんです。ううっ、嬉しいやら、ありがたいやら。涙また涙でございます。

060422_101101001というのも、我が ふぃ~る工房・アート部のスタッフとして活躍している小代さんは、この「らいふ」が主催している文化活動支援グループ「あとりえ・あんだんて(県内はおろか全国的にも有名なんですよ。我々からすると先輩なんです。)」のリーダー的存在で、この分野では「知る人ぞ知る」という強者なんです。実は。ひょんなことからお知り合いになり、今は、工房スタッフとしても活躍して下さっているのです。

で、昨日、「色あそびinお代祭り」に、かみやさんと二人で行ってきたっちゅうわけです。天気は一日を通して曇り空で少々肌寒かったのですが、雨に降られることなく何とか無事に終えることができました。まずは何より何よりでした。午前・午後の2部構成での開催でしたが、両会とも盛況で用意したシーツ等画材が足らなくなるほど!ひとえに東浦町民皆さんが「わざわざ豊橋から来たんだから盛り上げてやっかあ。」という優しいお心の賜物でございまするう。ありがたや、ありがたや。

で、今回とても嬉しかったのは、あんだんて主催と言うことだったので障害のある方の参加が殆どだと思っていたのですが、蓋を開けたらナント!一般のお子さん(明らかに入学前の園児さん)が圧倒的に多かったことと、その姿を必死の形相でカメラに納める親御さん笑顔の多さ。でした。もちろん、らいふ・あんだんてを利用するメンバーさんや親さんにも喜んで頂くことができましたよ。

ある小学生のお母さんが「家や学校では、ああしなさい、こうしなさいとしか言われず、そのとおりやることしか出来ない。たまにはこうしてやりたいことを思う存分楽しむってことも大事なんですね。ありがとうございます。」と頭を深々下げられました。ありがとうございます。はこちらの台詞です。「一般に」といいながら、どうしても一般と線を引きがちな私たちに、障害の有無は関係ない。少なくともアートには全く関係ないんだよ!って改めて教えてくれたのは皆さんのお子さん方なんですから。

060422_122801001_4色あそび終了後、愛光園らいふへ移動し、あんだんてスタッフ、参加メンバーさんと親さんとで手作りケーキのティーパーティー(このへんが我らと違うところ。工房なら間違いなく酒と乾きモノだもんね・・・。とほほ。)に招待されました。とてもとてもアットホームな雰囲気でお迎えして下さり、かみやさんと二人ご満悦の一日を過ごして参りました。エイブルアートを通し、また「お友達」ができました。

追伸。あんだんてスタッフさんは、若くてキレイで優しい方ばかりでした。帰り際「今度は豊橋で!」とあらいが声をかけると「必ずいきま~す!」って。ああ、なんて良い娘達なんだろう~。むふふ。よ~し、こうなりゃあらいが毎月あんだんてに遊びにくる!と心に誓い東浦をあとにしました。かしこ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月18日 (火)

ガソリン税

060418_095201あとりえ内は、スイートピーの香りに包まれております。なぜなら、先日の日曜日、毎年恒例「スイートピー大作戦!」が開催されたからんです~!パチパチパチ!これは、naitoさんが毎年企画して下さる人気イベントで、naitoさんのお兄さん夫妻が経営されているスイートピー園を解放して下さり、花摘みを堪能するという素敵な企画。で、今年も半田むそうと合同で開催されたのです。naitoさん、お兄さんご一家の皆さん、本当にありがとうございます!です。

で、本題。 先日、ヤボ用がありディーラーへ行ってきました。担当セールス君とひとしきりの雑談を終えた時「あっ、そうだ!あらいさんに署名をお願いしたいんです。」とセールス君。何の署名かと思ったら、「ガソリン税の一般財源化反対!」というものでした。

「国は、道路建設や修繕のためのみに使用すると約束して税制化したこのガソリン税を、一般財源化して他目的に使用出来るようにもくろんでいる。一般財源化するくらいなら、ガソリン税を減税すべき。そうすれば新車購入時に6万円程度は減額できるんです!どうです、ヒドイ話でしょ。国はけしからんでしょ!」と力説。が、無反応の あらいをみて「?」って顔を。

あらいは、どちらかと言えば一般財源化賛成。更に言わせてもらえれば消費税増税にも賛成(勿論、増税された場合、本来のお約束通り福祉目的税として活用する。というのが大前提ですがね。)の立場であることを丁寧にご説明申し上げ、納得していただいた上であらためて署名をお断りいたしました。

でもこれが一般の方の思いなんですよね。国民の民意なんですよね。税金の使い道の多くは社会補償費にあてられていますよね。今現在、直接的には社会補償とは縁遠い人が多いから、ピンとこないんだと思うけど、みんなこの社会補償費に いつかは必ずお世話になる。っちゅうか いつお世話になるか分からないのですよ!と広報していくことの重要性を強く感じました。まあ、欲を言わせてもらえれば、この先は介護保険に合流し、尚かつ、この税財源は確保させて頂き介護保険には馴染まない障害者の自立支援に使わせていただく!ってなことになると素敵ですよね。うん、素敵だ。

去年の「工房6周年祭」で、大塚専門官が仰った「介護保険と合流させてさえいただけていたら、こんなチャチな予算の自立支援法にはならなかったと思います。」という言葉が思い出されます。

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月10日 (月)

夏は すぐそこ !?

060410_161301

きつけブティックから電話が。「今シーズンのアロハ第1段が入って来ましたーっ!(^o^)/」と。冬はパイロットジャケット、夏はアロハと正装はこれ!と決めているあらいは、喜び勇んでブティックへ。が、大人な あらいは取り合えず我慢(というか気に入ったのがなかった。(-.-;))。すると、いつものように店員さんが

「今年のです!」と、奥からカタログを。そう!あらいは毎年、このカタログの中から数点を取り置きしてもらい、お気に入りを見ず

知らずの第三者に買われないようにしているのであった!
で、あらいのお気に入りアロハ・ブランドは、パイロットジャケットでも紹介した「東洋エンタープライズ社」。といっても1ブランド展開ではなく、3ブランド展開なんですねぇ。

060410_161401まずは「KEONI of HAWAII」。これは3ブランドの中でも最高の位置付けて、素材やデザイナーにもかなりのコダワリをみせ、値段もやや高め(2万円強)!あらいは毎年無理をしてこのブランドを買うのです。f^_^;

で、続いて「Special Edition」。このブランドは、有名アロハメーカーに発注をかけ、厳選された素材やデザインのものを販売しています。値段も手頃(1万5千円強)で狙い目ですよ。(^o^)

最後は「Sun Surf」。大量生産されるメーカーにとっての稼ぎ頭ではありますが、大道柄も多く値段も手頃!これから「アロハを買おう」というアロハ初心者にはお勧めです。

ざっとこんな感じかな。まだまだ寒い日が続くというのに、なんて脳天気な書き込み。と思う人も多いこととおもいます。がっ!しかーしっ!夏はもうそこまできているのです!うかうかしてると格好いいアロハは売れ切れちゃうよ。

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 9日 (日)

お母さんの写メ

年度が変わってからというもの、毎日がメチャクチャ慌ただしい!事業報告やら計画やら、決算書やら予算書やら、作らなきゃいけないものも山のようにある。かみやさんも、おださんも、目が吊り上がっている。職場に行くのがなんだか怖い・・・。しかーし!それでも あらいは頑張らねばならないのである!何故なら。それは年男だからであーる!(あんま関係ないか・・・。)

決してこれは、久々の書き込みになるかっていう言い訳ではない!ということを申し添えておきましょう。うむ。

で、新年度から「音あそび」が増えた。ありがたや、ありがたや。豊川市のNPO法人さんで、今までは かみやさんの「色あそび」を隔月で開催して下さっていましたが、今年度からは色と音を交互に開催して頂けるようになりました!繰り返します。ありがたや、ありがたや。制度にのらない文化活動ですので費用は勿論 全額実費。にも関わらず、こんなご時世にも関わらず、開催回数を増やして下さったのです。ううっ。くどい様ですが繰り返します。ありがたや、ありがたや。

で、今日は その団体さんでの初音あそびでした。

060409_153201午前中は田原市の児童さんの親さんの団体で音あそびでした。ここの活動開始時間は朝10時。目も覚めてなけりゃ、昨夜のお酒も抜けてない時間にやるんですよ。不摂生の塊 あらいにとっては、ある意味で拷問・・・。その音を終え、間髪入れずに豊川市へ向かいました。頭に酸素が回っていない状態で殆ど記憶はないのですがね!不甲斐ないですが。

初音あそびでしたが、大盛況のうち無事 終えることができました!

最初 部屋に入れなかった数名の参加者さんも最後は中で活動を終えることができました。なかでも「入室は無理では?」と思われていた重度の自閉症君は、これでもか!といわんばかりに激しく踊りだし、迎えにみえたお母さんが携帯電話を取り出し、写メを必死で撮り続けていた姿が印象的でした。本当にいい仕事をしてるなあ、と しみじみしちゃいました。重ね重ね ありがたや、ありがたや。

  arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 1日 (土)

平成18年度 始まる

困っています。このブログ、携帯電話から書き込みが出来るという便利さから採用したのですが、ここ数日、受け付けてくれないのです。携帯に、もしくはPCに、はたまたブログに嫌われているのか・・・。ので、久々の書き込みになってしまいました・・・。いいわけではなのですう・・・。ううっ・・・。

まあ、管理人さんに聞いてみよっと!で、今日は休み何でPCに向かい書き込みをしています。

060330_143128_1で、話はかわり、一昨日、今年度最後の文化活動を終えました。べにしだの家でした。ここでの活動も4年を超えます。その他、文化活動を買って下さっている全ての団体様が契約を更新して下さりました。本当に有り難い話です。期待に応えられますよう、この一年も精一杯汗をかき、ツバを飛ばし唄っていきます!感謝。m(__)m

で・・・。べにしだの家で、永きに渡り重度の利用者さんと「ふぃ~るタイム」を今年の夏まで担当され、今は作業班に移られている女性職員さんが、17年度を持って退職されることとなり、この日が最後の「ふぃ~るタイム」に、他職員さんのご理解とご厚意でゲストで参加されることとなりました。

17年度最後ということもあり、べにしださんでは いつもはアンプの力を借りて音あそびをするのですが、この日はギターを担ぎ生声、生音で力一杯 ライブしました。前半は、いつもより激しくドンチャン騒ぎをしました!みんなの笑顔に思わず あらいも力が入ってしまった!が後半、「涙そうそう」を唄い出すと突然、女性職員さんが大粒の涙を。つられて他職員さんも涙々。みんなの笑顔を見て長い年月、寄り添って生きてきたことを思い出されたのでしょうね。惜別の思いを堪え切れなかったんですね。

すると突然、一人の利用者さんが女性職員さんの元へたどたどしい足取りで歩み寄られました。その方、この職員さんが「この彼女のことが気がかり」と言わしめるほどの「スーパー天の邪鬼」。天の邪鬼の県大会でも開かれようものなら、必ず上位入賞という強者なんです。その彼女が「どうしたの?何かあったの?」と言わんばかりに歩み寄り、職員さんの顔をのぞき込んだんです。女性職員さんは号泣。つられて他職員も、あらいも涙しました。

どんなに重い障害があっても、感じることは同じ。皆さんの感情が動くような出来事が、たくさんある。そんな環境があることがだいじなんですよね。彼らは表現することが不得手なだけ。発信している信号が微弱なだけ。その不得手なり表現していることを、微弱ながら発信されて信号を、神経を研ぎ澄まし しっかりと受信していかなければ!と強く思いました。

平成17年度が終わりました。新しい年度が始まりました。そして いよいよ障害者自立支援法が始まりました。どんなに重い障害があっても生まれ育った地域で、豊かに暮らし続けていけるよう、若輩ながら精一杯お手伝いさせて頂きたいと思います。心して新年度を迎えました。

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »