« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月30日 (月)

「地域」は暖かい

「地域」は暖かい

日曜日は神楽の手伝いに行きました。といっても大した役にはたてないのですが「いないよりましだろう。」という理由で。(>_<)

で、昼。かみやさんと昼食をどうしようかと話していました。狭い店ではありますが、時も時、昼食を済ませ、のんびりコーヒーでも。というお客様が一斉にみえたら とても一人では対応できないから。
ので、週末は厨房の奥で座り込んで同じ並びにある「タコ焼き屋」でタコ焼きを買い込み食べています。ちなみに ここの醤油味タコ焼きは絶品!冷めても美味しいから我らにはありがたいのです!(*^_^*)

で、この日もどちらが買い出しに行くか?をモメていると突然扉が開き、お客様がみえた!と思い立ち上がると、それは隣の土産物屋の おばちゃん。そして手にはドンブリが2つ乗ったお盆。

「ご飯は食べた?まだなら これ作ったから食べてぇ。美味しくはないけどね。」

冬瓜と肉団子を甘く煮付け、あんかけにし、素麺にかけてくれていました。正に田舎のお袋の味です。かみやさんと二人、言葉も交すことなく食べました。ありがたい。とても暖かい気持になりました。

蒲郡竹島に拠点を構え、まだ10日あまり。準備を開始してから2ヶ月。素麺の暖かさと、地域の暖かさで、すでに泣いてしまいそうです。(>_<)

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月29日 (日)

最後の「青春」が終わる

最後の「青春」が終わる

あらいの酒好きは皆さん よくご存じのことと思います。ですが、何を飲んでも良い、どこで飲んでも良い。というわけではありません。大方OKなんですが、焼酎と甘いカクテルはダメ、そしてスナックはダメ。です。

そんな私が唯一通っているスナックが、昨晩 25年の歴史に幕を下ろしました。

しょじょじ君の音頭とりで古くからの常連客を集め「最後の宴」を催しました。10人ちょっとで満員御礼という程度の広さの店内には、懐かしい顔が並びました。
その中には、あらいがヤンチャしてた頃(今は違うのか…?)からの旧友も顔をみせ、飲めや歌えの大盛り上がりで さながら「同窓会」のようでもありました。(^o^)/


楽しい時間は「あっ!」という間に過ぎ、気付いたら日付は変わっていました。しかし宴の勢いは更に増していき、話もいつしか昔話へと。

旧友の一人が「この店がなかったら、どこか違う場所でヤンチャし うさばらしをしていた。ここだから受け止めてくれた。だから今の自分があるんだと思う。」と珍しく真面目にママさんに語りかけた時、全く同じ感情を持つ自分に気付きました。もう一人の旧友も同じ思いなのか、神妙な面持ちで聞きいっていました。

店の扉を開けると、すでに外は白々と明るくなりつつありました。6時を過ぎていました。いつものように、次に会う約束をすることもなく、各々お迎えの車に乗り込み帰路に着きました。


僕らのワガママを聞いてくれ、時には叱ってくれたママさんに会うことは、この先、少なくなることでしょう。ガキだった自分を知る人も随分少なくなりました。なりに、成りたくなかった大人になりつつある あらいしか知らない人が増えてきました。

あらいの「青春」を知る店が長い歴史にピリオドを打ちました。その時 あらいの「青春」も終りを告げたような気がします。
長い間お疲れ様でした。そしてありがとでした。


arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月27日 (金)

「幸せ」なのは誰?

「幸せ」なのは誰?

今朝のテレビニュースも新聞も、皆「日本ハム・44年ぶり日本一」で大盛り上がりでした。ホークスファン(マニアックだとよく言われますが…)の あらいとしても、パリーグの覇者が日本一というのは誇らしい(^o^)/


で、内容のほとんどが今期を最後に引退を表明している「新庄剛」選手。野球選手には有り得ないパフォーマンスでファンを魅力するばかりでなく、実力も大したもので大リーガーとしての経験も持ち合わせる、正にマルチタイプ。

その新庄選手。いつもは明るく振る舞い、ヒョウヒョウとした態度で受け答えする。が、この日は全くもって違う1面をみせていました。
最終打席に入る新庄選手の目には、すでに涙が溢れていました。「この仲間と野球をするのが最後かと思ったら、どうしても堪えられなかった。」そうです。

結果は豪快な空振り三振。見事でした。
最後の守りに着く新庄選手にファンは「ありがとう!」と叫んでいました。
幸せな人です。


でも、幸せなのは新庄選手なんでしょうか?
否。ではないでしょうか?


新庄選手のラストを、札幌ドームで目に焼き付けることの出来たファンの皆さんも、きっと幸せを感じたことと思います。そして北海道の日ハムも幸せ感じたはず。


そして日ハム選手も、同じような幸せを感じたことではないでしょうか?

今シリーズMVP稲葉選手はヒーローインタビューで「新庄選手、ありがとうございました。」と。
ウィニングボールをキャッチしたレフトの森本選手は、普通ならマウンドに走り胴上げの輪に加わるはずなのに、一心に新庄選手のもとに走りより、二人抱き合い号泣していました。
この森本選手、新庄選手が足を故障していた時、自宅と球場の送迎を自分から買って出ていたそうです。


いったい誰が幸せ者なんでしょう?


新庄選手、お疲れ様でした。と、ありがとう。


arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月26日 (木)

素敵な仕事だと思う

昨日昼、小用でメンバーさんのご自宅にお邪魔しようと電話をすると、何故だか音声が途切れ途切れ。何度かけ直しても結果は同じ。「混線?はたまた故障?」イヤな予感が頭をよぎる。(-"-;)

しばらくするとお母さんから電話が入ってきました。
「すいませ〜ん。電波の悪いところにいたものでぇ。」と。故障ではないということで、まずは一安心。


で、電波の悪いところ。ということは、コンクリートの中。どこかのスーパーで買い物中かぁ。と思いきや、
「ロープーウェイに乗ってたものでぇ。」と。(・_・;)


スペシャルな秋晴れの朝、ご主人が「恵那に行こう。」と声をかけられ、急遽 小旅行に出られたとのこと。まぁ、なんて素敵な話なんでしょ!(^O^)


いつも話しているかと思いますが、ふぃ〜る工房は「レスパイト事業所」として立ち上がりました。お母さんが自分の時間を持ち、満喫して頂けることが生業です。もちろん、本人主義・本人支援は当たり前ですがね。素敵な仕事だなぁ、といつも思っています。


紅葉には まだ少し早いかと思いますが、秋の山の新鮮な空気、さぞかしリフレッシュされたことでしょう、お母さんの声は弾んでいました。そのお母さんの弾んだ声に元気を頂きました。
そして「皆さんのおかげで、娘の帰りを気にせずノンビリ出来ます。」とも。
娘さんは平日、工房の下宿家を利用されています。


親ごさんから、もっともっと元気を頂くためにも、今日も精一杯 頑張ります。(^_^)v

それにしても羨ましいというか、妬ましい…。(・_・;)


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月24日 (火)

愛は「工房」を救う!

愛は「工房」を救う!

中京テレビ放送株式会社「24時間テレビ」からの贈り物でございます。(ToT)
皆様の善意、決して無駄にはいたしませぬぅ!あぁ、ありがたや、ありがたや。(ToT)


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月22日 (日)

「竹島まで 車を走らせる。」

「竹島まで 車を走らせる。」

初日を無事 終えました。
大勢の方が神楽にお越し下さいました。地元 育成会の皆さんとご本人さん、蒲郡市福祉部長さん。
そして、半田市から、新城市から、豊橋市から、豊川市から、一時間をかけ、わざわざ神楽のオープンを祝にやってきて下さいました。

正に「竹島まで車を走らせる。」です。

「コーヒーはお口に合いましたでしょうか?」、「和スウィーツのお味は?」、「ゆったりとした空間」で おもてなし出来たでしょうか?

まだまだ至らぬ事ばかりですが、スタッフ一同、日々精進してまいりますので、皆さん、ど〜か一つ、よろしくお願いします。

アーケードの皆さんとも すっかり仲良しになりました。隣のみやげもの屋のおじちゃんとおばちゃん、機織り教室のおばさま、タコ焼きのおばちゃん。
この皆さん達と、障害のあるスタッフの皆さんと、ここ竹島で商売をすることになりました。

蒲郡に根付き、地元の皆さんに可愛がって頂けるよう頑張らねば!と強く思いました。

cafe神楽を末長く、よろしくお願いいたします。


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

開店

開店

竹島まで 車を走らせる。
「揺ったりとした空間と和スウィーツで、あなたの時間をおもてなし。」

cafe神楽 開店。

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月21日 (土)

佳境

佳境

いよいよ明日「cafe 神楽」はグランドオープンとなります!準備も着々と進んでおり、正に佳境を向かえておりますが、なんとか「間に合った。」という感じでございます。

で、間に合っていないのが我らスタッフ…


ここで働いていただく障害のあるスタッフさんが、お客様がいないバーチャルなものでいくら練習して頂いても実にならないということで、昨日から関係者の皆さんにお集まり頂きプレオープンと名打ち「実戦」を体感して頂いているのですが、これに対応できていないのは、私ども支援スタッフの方…。(・_・;)


やれ、あれがない!やれ、これがない!と大慌てな状態!飲食経験者3名がテンヤワンヤ。しかも3名ともに気が短いときた日にゃ、店内に異様な空気が漂う…。


そんな我らを尻目に淡々と職務をこなしていく障害のあるスタッフ。しかも「いらっしゃいませ〜。」の声に、それまで凍てついていた空気が一瞬にして和む。(*^_^*)
「まぁ、そんなに焦らずにぃ。ゆっくりいきましょ、ゆっくり。」と言われているかのように。
明らかに「癒されている」私ども。

もうこうなると、支援者もなんもあったもんじゃない。正に対等に職務を全うするスタッフ同志。あぁ、ありがたや。
「こんな私どもを、どうか見捨てないで下さい。」と祈るばかりでございます。


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月19日 (木)

ロゴマーク

ロゴマーク

神楽のガラスにロゴマークが入りました。入り口ドアや壁面の大ガラスに。
これはカウンターと厨房の仕切り。ビードロでオシャレでしょ。(^_^)v


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月18日 (水)

またまた急ピッチ!

またまた急ピッチ!

今日は神楽の準備に大わらわ!の一日。

大掃除をし、食器を洗い棚へしまい、テーブルを運び込み、イスの裏にラバーを張り、音響を設置しました。

明日は、実際に神楽に立つメンバーとスタッフが店に入り、接客の練習等をします。


オープンまで4日。いよいよです!(^o^)/

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月17日 (火)

75,000 : 3


夜、なにげなくテレビを着けた。長渕剛さんが映っていた。場所はチャチな作りのカラオケボックス。客は3人。くりいむシチューの上田さんと他2人。明らかにバラエティー番組…。有り得ない…。( ̄○ ̄;)

「第2回 長渕剛 ファン王決定戦」という企画。
偶然ですが第1回を観た。長渕さんの そっくりさんが何人も入れ替わり立ち代わりステージに立ち歌う。それにどれだけ耐えられるか?というもの。に、ご本人が登場した!ということ。

ご存じの方は多いと思いますが、あらいは長渕ファンです。毎年のコンサートには必ず出かけます。あらいのギターの師匠は長渕さんです。ギターが弾けなかった頃、長渕さんのライブビデオを買い、ジョグダイヤル式のデッキで擦りきれるまで観て、何本ものビデオを お釈迦にしました。
そんな あらいです。観ないわけがない。

が、「所詮バラエティー、おちゃらけて2、3曲やってバカ騒ぎしてヨシ!なんだろうな。」と思っていたら、とんでもない!正にライブそのもの!

一昨年、生まれ故郷の鹿児島県桜島で夜を徹して40数曲を歌い続けたライブ「桜島ツアー」さながらの汗とパフォーマンス!その時の観客数はナント75000人。が、画面には3人。なのに この汗。感動しました。(T_T) 当然テレビの中の3人は感極まり涙して、長渕さんの熱唱に魂を奪われていました。(ToT)
このカラオケボックス・ライブは2時間にも及んだそうです。

061016_233001_1場所がチャチなカラオケボックスでも、観客がお笑い芸人3人でも、深夜のバラエティー番組でも、全く手を抜かず、いつもと同じだけ汗をかき、いつもと同じように叫ぶ長渕剛という男がますます好きになりました。

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月16日 (月)

急ピッチ!

急ピッチ!

ふぃ〜る工房 第3の拠点「cafe神楽(蒲郡市竹島町)」の開店準備が急ピッチで進んでいます。今日にも内装工事は上がり器具・機材・備品等の搬入が始まります。(^o^)/

かみやさんは、ここのとこ蒲郡に張り付き保健所や工務店さんと密にやり取りをし、そこで働くメンバースタッフは接客マナーとオーダーの取り方、支援スタッフはコーヒーのたて方、事務局長あさくらを頭に かみやさんとミオはメニュー作りに。皆、てんやわんやの状態。


で、今日。第4の拠点「afふぁくとりぃ(蒲郡市水竹町)」に、以前にも紹介したコンベックオーブンの設置工事があります。
ここは蒲郡市区画整理課からお借りした仮設住宅です。仮設住宅ってことは、ごくごく普通の住宅ですので環境設備を整えるのに四苦八苦!(>_<) オーブンを設置するための動力源の確保や保健所への申請等、こちらも てんやわんやなんでございます。

ともに蒲郡市や育成会、関係各所の多くの支援があり、ようやくここまでこぎつけました。必ずお応えしなければ思いでいっぱいです。頑張らねば!


「cafe神楽」は今週日曜日 10月22日 10時より(初日のみ)営業を開始致します。通常営業時間は9時から夕暮れ時まで。定休日は月曜日でございます。
テーマは「竹島まで 車を走らせる。〜 ゆったりとした空間と和スウィーツで、あなたの時間を おもてなし 〜」

皆様のお越しを、心よりお待ち申し上げます。


arai

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年10月14日 (土)

ここんとこ慌ただしい。

一昨日、豊橋市の就業・生活支援拡大ケース会議に出ました。
岩崎学園が市から委託事業として受けていたものが、この10月から県に変わることに伴い、市内の対象者を他事業所に引き継がないといけない。ということで召集されました。

就業支援とはいえ、やはり生活面や環境面から支援が必要なヘビーなケースが多く、今までのワーカーさんの尽力には頭が下がりました。

会の最後にワーカーの鈴木さんが「皆さんのお力を借りないと解決しない難問ばかりです。どうか一つ、よろしくお願いします。」と深々 頭を下げられました。僕らのような小僧にです。志半場で退かなければならない無念さが伝わり、胸が熱くなりました。(>_<)

で、昨日。朝一で、来年の豊橋市議会選挙に立候補をする候補者の方が工房を訪ねて下さいました。まだ27歳という若さにも関わらず、熱いハートを持った好青年で、あらいの好感度も最上級!今後も引き続き話し合いを継続することに。

で、昼。蒲郡市福祉部長のもとへ走り、蒲郡市竹島に22日オープンする「cafe 神楽」の報告と蒲郡プロジェクトの近況報告に。

本来、こちらがただひたすら頭を下げ続けなければいけないのに、部長の方から何度も頭を下げられ、恐縮するやら申し訳ないやら、有難いやら。正に「実ほど…」です。

で、夜。岩崎・就業支援センターの鈴木さん、さわらび・生活支援センターのワーカー江川さんと、豊橋育成会副会長 大森さんと飲みに行きました。(^O^)
内容は、主に地域支援事業の中身や相談支援、そして来年ある統一地方選挙。まぁ詳細については近日中にはお知らせ出来るかと思いますので、今暫くお待ち下さいませませ。m(_ _)m

19時に集合し終電の時間まで熱く話し合い、実りの多い会となりました。(^_^)v

で、今日。は休みでしたので、新城市レインボーはうす2周年祭に遊びに行ってきました。
そうです!ここはMATSURI組 わたなべ君がいる授産施設です。早いものでわたなべ君が工房を卒業(?)して2年の月日が流れたんですねぇ。

で、その わたなべ君は周年祭のイベント統括をしていました。いや〜エラくなったもんです。うんうん。(;_;)

ご存じの方も多いかと思いますが、このレインボーはうす施設長の長坂さんはミュージシャン。ってこともあり、周年祭中ステージで生ライブが繰り広げられ、たくさんの来場者の皆さんが歌い、踊る、とても賑やかで素敵な祭りでした。

祭の最後はモチ投げ。会場狭しと詰め掛けた皆さんが顔色を変え、必死の形相で我先にと奪いあっている様は、ちょっと怖かったです。(・_・;)
ここんとこ慌ただしい。
ふっ、と屋根を見上げると、ナント!頭にタオルを巻くいつものスタイルの わたなべ君が!まるで水を得た魚のように活き活きとモチ(お菓子?)を投げ続けいました。「お祭り騒ぎ好き」は、今も昔も変わらないんだなぁ。とチョッピリ嬉しく思いました。(^_^)v

で、明日は半田・むそうの日。いつものパターンからすると帰宅は深夜…。なので今夜は久々に自宅にてノンビリ夕飯、と思ったのですが、愛娘が「おとうさん、一生懸命がんばったから、今夜は外食で〜す!」って。(-_-#) 今夜はノンビリがいいのに…。

で、連れて行かれたのは「かっぱ寿司」…。( ̄○ ̄;)

061014_191001「こんなに頑張っても かっぱ寿司」
これ、どうすかっ!代表~っ!

arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月12日 (木)

で、財源は?

今朝の毎日新聞に、民主党が「障害者自立支援法の1割負担を一時凍結し、応能負担に戻す。」という対案を発表した。とありました。

これって素敵な話でしょうか?ただの問題先送りじゃないのでしょうか?衆院補選のための人気取りじゃないのでしょうか?

「で、財源は?」って誰か突っ込まないのかね?

民主党さんは以前から「福祉は税で」が基本的な考え方。っちゅうことは、衆院補選が終わったら、来年の統一地方選が終わったら、消費税を上げて福祉目的税化にするってことを声高に宣言しちゃうんだろうけど、これって広く一般の皆さんが障害福祉の為に消費税を上げることに対して、簡単に納得して下さるのでしょうか?(-.-;)

あらいは以前から、個人的に小沢一郎民主党代表は好きな政治家の一人です。
残念です…。(>_<)

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月10日 (火)

キンモクセイ

我が家のキンモクセイが香り立ち始めました。
今は亡き父が、こよなく愛した甘い甘い香りです。

いつもこの季節になると庭に出て「いい香りがするぞ。お前も自然の恩恵に授かれぇ。」と呼び出されました。その都度「トイレの芳香剤みたいで好きじゃない。」と返答。すると必ず「お前は風流というものが分かっとらんなぁ。」と言い、また一人、ぼぉっとキンモクセイを眺め、香りを楽しんでました。


父親が他界して5年。
最近やっと、キンモクセイの甘い香りで秋を感じ、季節の移り変わりを楽しめるようになりました。

そして一年に一度、父親を偲ぶようになりました。


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 9日 (月)

千差万別

朝晩めっきり涼しくなりましたねぇ。夜なんか寒いくらい。半袖で出歩くなんてもっての外!もう衣替えの季節ですねぇ。
で、あらいもアロハは全部 クリーニングに出し終え、ブルゾン群のお帰りを今か今かと心待にしている日々でございます。(^O^)

で、あらいの冬はパイロットジャケットと共にあります!というほど好きなんです。ですが一概にパイロットジャケットと言ってもメーカーは数多くあり、そして それぞれ特色があり、正に千差万別!それに応じた選び方が必要なのでありまぁす。

で、今日は、友人しょじょじ君のアドバイスを基に、マニアックなメーカーを扱う渋いブティックに行ってきましたぁ。
見てきたメーカーは「HOUSTON(ヒューストン)」と「CAB CLOTING(キャブクロッシング)」の2つ。互いに知る人ぞ知る、というマニアックなメーカー。

HOUSTONは、素材的に見劣りする感がいなめないって感じ。品数はほとんどなかったんだけど、ファアの感じが荒く、ナイロンの素材感も良い意味でのゴアゴアがなくイマイチ。ですがここは、パイロットジャケットなのにスカジャンのように背中に刺繍を入れているモノもあるんですが、その刺繍物はいいね。全体の価格帯も2万円半場という設定からすれば、こんなモノかと納得できるかなぁ。

CABは、モノは確に良い!中綿も肉厚があり縫製もしっかりしていました。ですが、ちょっと高いなぁ。って感じちゃう。ノーパッチで左腕の空軍マークのステンシルもないのに3万円超えだもん。それならキング・オブ・パイロット ジャケット BAZZ RICKSON(バズ リクソン)を買うでしょう!みたいな。

で、ランクを着けるなら
BAZZ がダントツ!続いて AVIREX と CAB 、で HOUSTON 、残念ながら ALPHAって感じかなぁ。って あくまで個人的な感想なので、万一、関係者もしくは好きはメーカーがおありの方は申し訳ありません。m(_ _)m

千差万別
この他にもフェローズとかSWITCH(しょじょじ君のお気に入り)とかもあります。また機会をみて書き込みしたいと思っておりますので、今年「パイロットジャケット」デビューをしようとお考えの方、ぜひ参考にしてみて下さいませませ。m(_ _)m

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 7日 (土)

3着は、3着。

3着

愛娘、3着。3人中ですが・・・。で、敗戦の弁。
「だって私だけ重いだもん。」。

う〜む、多分、先週のフランス凱旋門賞に出走し3着だった ディープインパクトも同じことを言いたかったに違いない!
が、内容にかなりの違いがありそうだ…。

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニキ、番長そして皇帝

これ何だか解りますか?
スポーツの話題なんですよ実は。

こうみえて あらいはスポーツ好き。嘘くさいでしょうが本当の話。で、これは先週一週間で あらいのハートを鷲掴みした方々の愛称(称号?)なんです。はい。(^o^)/

まずは「アニキ」。
誰だか解りますか?野球ファンなら 即 解ったでしょう。只今 優勝争いを演じている「阪神タイガース」の金本選手です。数年前、ライバル(?)チーム・広島カープからFAで移籍。以来、阪神の精神的主柱として活躍されている。そんな彼の愛称です。
中日とのデットヒートを繰り広げてきた阪神ですが、いよいよ土俵際に追い込まれた感あり。が、試合に勝利しヒーローインタビューのお立ち台に上った金本選手「まだ諦めません!最後まで応援よろしくっ!」と絶叫。満員の甲子園球場は興奮のるつぼ!(`o´)

で、次は「番長」。
これは良く聞く野球・オリックスの清原選手ではなく、Kー1ファイターのジェロム レ バンナ選手のことです。Kー1が始まった当時から参戦しているベテラン選手です。
先日、Kー1で1番大きな韓国のチェホンマン選手(218センチ)と対戦。身長差40センチをもろともせず勝利!しかも手数の多さでは圧倒的な勝利が可能なのに、あえてKOを狙い、いくら手を伸ばしても届かない顔面めがけジャンプしてパンチを放っていました!いや〜、男だねぇ。(*^_^*)

最後は「皇帝」。
言わずと知れたご存じFー1 ミハエル シューマッハ選手。最多優勝、最多勝利、最多フロントロウとあらゆる記録を塗り替えた、まさにFー1界のカリスマ。残念ながら今期限りの引退を表明しています。(T_T)
今シーズンが半分過ぎた時、トップ・アロンソとの点数差は28点。優勝は絶望といわれていました。が、引退宣言をしたイタリアGPから猛反撃を開始、とうとう先週の中国GPで同点に!しかも優勝回数でアロンソを上回るシューマッハは優勝争いのトップに踊り出たのです。

3人に共通するのは「勝ち方」。
ただ勝つのではなく、どう勝つか。どう魅せるか。に こだわる「プロ意識」だと思います。お金を払って見に来てくれるお客様に対し、満足して帰って頂くためには「どうあるべきか?」を考えプレーしていること。

お金(税金)を支払い工房のサービスを買って下さるお客様(利用者)の皆さんに、ただ利用していただく、ただ寄り添う。ではなく、常に「どう寄り添う」を考えていかないといけないのだっ!と再認識したスポーツまみれの一週間でした。

アニキ、番長そして皇帝
で、今日。スポーツに感化され、スポーツの秋を満喫しようと考えた あらいは、この秋晴れの中、愛娘の運動会に来ています。そしてもうすぐ親子競技「つなごうバトン」があり、それに参加します。そこで宿敵「ミナちゃんのパパ」と対戦します!お互い父親のメンツとプライドを賭けて!
ミナパパは、リアルマッコイのデニムシャツに身を包み、ブランドは不明だがシブイジーンズ、そしてナイキのハンチングという衣で立ち。うん!負ける分けにはいかない!しかも今年は「勝ち方」にこだわり、圧勝してみせるゾーっ!へンっだ!(`ヘ´)

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 6日 (金)

停電

昨日は木曜日、ということで名古屋べにしだに行ってきました。相も変わらず ゆったりとした素敵な時間を過ごしましたぁ。めでたし、めでたし。

と!ノンキなことを言えた事態ではなかったのです!べにしだがある中村区鴨付町は朝10時から地域一帯が停電し、復旧が完了した1時半までの間、大騒ぎの状態が続いたのでした。

べにしだの前を、けたたましいサイレン音と共に救急車が走り抜けていきました。すぐ近所のお宅で人工透析をされていたお年よりがみえたそうで、急ぎ病院へ搬送されました。
信号も瞬間 止まり、交差点で車同士の衝突事故もありました。
かくいう べにしだ施設内も灯りは消え、非常時に点滅するフラッシュライトは不気味に点滅を繰り返し、更に感に触るカン高い警戒音は鳴りっ放しで、重い自閉症の方が多くみえる べにしだの施設内は、不安にかられる方たちの叫び声に包まれました。

色あそびをしていた重度の方たちも、落ち着きはなく、職員の人たちに体を寄せ、まるでスガっているようでした。

職員さんは、一時でも早く原因を究明し復旧せねばと走り回る。でも、走り回れば走り回るほど利用者さんの不安感は増すばかり・・・。正に悪循環です。

そんな時「まぁ、こんな時もあるわなぁ。みんな不安だと思うけども、もう少しやで我慢してなぁ。」と優しく語りかけている職員が。誰あろう、先の7周年祭でゲストとして話をして下さった篠塚支援員です。何人もの重度の方を、まるで包み込むように抱えていました。

停電
昼食の時間も停電は復旧せず、いつもはエレベーターで3階に移動して食べるのですが、停電で当然動かないので急遽 1階フロアで。すると「なんか、みんなでノンビリ食べれていいなぁ。なぁ、みんな!」と篠塚支援員。

停電は1時過ぎに復旧。その瞬間も彼は重度の方の横にそっと寄り添い、態度一つ変えず、ただニヤッと笑うだけでした。

この彼との付き合いも4年を越えました。学校を卒業したてで、まだまだ「小僧」という印象しかなかったのですが、知らない間に逞しい「男」に変貌していることに気付かされた一日でした。
が、しかーし!こうみえて あらいも「男」!まだまだ負ける分けにはいきませんっ!いざっ!いざーっ!

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 4日 (水)

ひろ&あり

むそう2周年祭「マリオ画伯展」が盛況のうちに無事終了されました。さすが施設名に「アート」をうたうだけあって、アート感溢れた素敵な周年祭でした!

で、先日にも書き込みしましたが工房は音響関係でお手伝い。その機器の撤収に行ったら「せっかくあるんだから何か唄えやぁ。」ということになり、急遽「ひろ&あり」のライブが敢行されましたぁ〜!

「知多フォーラム以来ギターを弾いていない…。」と うつ向く戸枝さんの尻を叩き、またしてもブッツケ本番のライブとなりました。

が、どうでしょう!
戸枝さん、明らかにギターが上達しているではないかっ!しかもMCなんかも余裕を持って。そして最後は、やはりというか いつもの決めセリフ「やっぱ僕は本番に強いなぁ!ガハハッ!ガハハッ!」。
た、たしかに・・・。

ひろあり
ライブも終り、一息ついた様子。
首に巻いているのは「工房タオル」。食べているのはサーティー1のアイスクリーム。女性陣のみのはずが、チャッカリ一人だけ…。男性なのに…。

戸枝さん、ここしばらくは地元にいる時間があるということで、時間を作り「ひろあり」の新ネタを練習することになりました。
ここ最近、疲れ果てた顔しか見ていなかったので、イキイキと唄う戸枝さんを見て、何だかホッとした あらいでした。

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 1日 (日)

愛娘の「行き着け」

今日はお休みです。午前中 近くの神社で行われた稚児参りの受付(今年 あらい家は地区の組長さんらしい…)をした後、毎度お馴染のブティックへ出かけました。
と、当たり前のように我が愛車の助手席に乗り込む愛娘。満面の笑みを浮かべて。

で、到着後、あらいは今シーズン物のブルゾンをチェック。ハッ!と気付くと愛娘の姿がない!こんなご時世、万が一があっては大変と店内を必死に探すも見付からず。ヤ、ヤバイ!どうしよう…。(・_・;)

と、女性コーナーのフィッティングから女性店員さんが。愛娘お気に入りの「けい子おねぇさん」でした。「あっ、お父さ〜ん!」と こちらも満面の笑み。(^O^)

愛娘の「行き着け」
けい子おねぇさんに言われフィッティングを覗き込むと、ナント!愛娘はジーパンを試着中。しかも 「ど〜しようかなぁ〜?」と、体をクネらせ買うかどうか思案中…。(-_-#) けい子おねぇさんも「お似合いでよ〜。」と、またしても満面の笑み…。

わたしは何も買わなかったのにも関わらず、4千円の出費…。というか、ここ最近は音無しの構え。なのに。ううっ。あらいの お気に入りブティックは、今や愛娘の「行き着け」ブティックになっております…。(ToT)

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »