« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月30日 (火)

2月は お勉強しましょ!

明日で1月も終わり。早い。否!速い!何にもしていないのに2月が来る。ヤバイ。ヤバ過ぎる!が、あらいは夏休みの宿題は8月31日に「ヤル派」でしたので、大概の事にはビビらないのですが、今ばかりは本当にヤバイ・・・。2月が来なければいいなあ・・・。

ていう思いもありますが、2月には素敵な「勉強会」がイッパイで、こりゃまた楽しみなんですわ!せっかくなんで ここで紹介させていただきますね!

まずは、今週末 2日~4日 滋賀県大津市で行われる体育会系福祉フォーラム
NPO全国地域生活支援ネットワーク主催
「アメニティー・ネットワーク・フォーラム」
朝8時半から夜11時まで、みっちりカリキュラムが組まれる殺人的なスケジュール。言わずと知れた地域支援の祭典!これに関しては あらいごときが ここで説明するにはおこがましい正に「グレイト!」なフォーラム!昨年一年、全国で開催された巡回フォーラムの全国大会という位置づけ。工房は、当会の端くれ団体。今年も参加します。スタッフ5名に加え、東三河障がい福祉研究会 鈴木代表も ご一緒の賑やかな参加となります。楽しんできます!というより、生きて帰ってきます。の方が正しいのかも・・・。


そして、2月24日(土)13時30分~15時30分
NPO法人穂の国まちづくりネットワーク主催
「市民協働のまちづくりとは」
講 師:野沢和弘氏
毎日新聞社編集局社会部副部長。記者として厚生労働省薬害エイズ、児童虐待、障害者虐待取材班など、主に医療、福祉を担当。知的障害のある子供を持つ親でもあり、社会福祉法人全日本育成会理事、権利擁護委員長。PAC(プロテクション&アドボカシー)千葉代表

ところ:豊川市勤労福祉会館 大研修ホール
参加費:無料

千葉県では、堂本知事のもと、政策立案段階から福祉施策を官と民が話し合って作っていくという“健康福祉千葉方式”が実践されています。その一つの成果として、日本初の障害者差別をなくす条例「障害のある人もない人もともに暮らしやすい千葉県づくり条例」が昨年10月、県議会で可決されました。その中心になって活動された野沢さんに、条例の策定に関わり本物のタウンミーティングを繰り返して作り上げたプロセスとその成果についてお話ししていただき、自分たちのまちのあり方を皆で考えてみましょう。

で、このセミナー、ふぃ~る工房HPの管理人をして下さっている「たろ父」さんが イッチョカミ(というか音頭とりというほうが・・・。 たろ父さんブログ http://blog.canpan.info/taizo/)されていて、相当な熱の入りよう!そりゃそうですよね。あの野沢さんが東三河に来て下さるんだから!そうそう野沢さんは全国ネットの理事さんでもあるんですよ!素敵すぎる。

さらに!2月25日(日)13:30~15:30
さわらび会あかね荘障害者生活支援センター主催
「精神障害者の地域支援をどう進めていくか」
講師:中住正紀氏

会 場:あいトピア(豊橋市総合福祉センター)研修室(3F)
 豊橋市前畑町115 TEL;0532-57-2601駐車場の数に限りがございますので、できる限り公共交通機関でお越しください。
医療法人義興会 可知病院 部長(精神保健福祉士)

参加費: 無料
定 員 : 50名
目 的:障害者自立支援法の施行で精神障害者に対しても知的・身体障害者と共通の基盤でサービス提供が行われることとなりました。精神障害者の方々が地域で安心して生活していくにはどうサポートしていったらいいかを改めて考える機会として、精神障害者の地域支援に関する連絡会を開催させていただきます。可知病院の部長 中住正紀氏をお招きし、精神障害者の地域支援のこれからをテーマにお話しいただきます。

ご存じかと思いますが、あかね荘障害者生活支援センターは、東三河障がい福祉研究会 江川副代表がセンター長を務められており、今年度の制度改正に伴って支援対象者を知的から3障害に拡大した素敵な(無敵?)事業所なんですよ。


っちゅうことで、2月は素敵なフォーラム、セミナーが目白押し!皆さんも隣近所お誘い合わせの上どしどし参加しましょ~!
ん?東三河障がい福祉研究会のフォーラムは・・・。
近日、発表!・・・予定・・・。


 arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月29日 (月)

故障

故障
いつもは左右の肘に出る炎症が、今回は左上腕に。過酷な「使用頻度」に、とうとう腕まで悲鳴を上げた。って感じです。

とりあえず電気、光線治療をし、テーピングでピッタリくっつけられた状態。で帰宅。かみやさんに写メを送ったら「あら。プロっぽくみえるじゃん。」って…。いつかヤル!(-_-#)

で、医師は簡単に「使用禁止!」と言います。がっ、そんな簡単なことじゃないのですよぉ。月に1回、週に1回の あらいの音あそびを、バンド倶楽部を楽しみに待っててくれる みんながいるんですからねぇ。自惚れかも知れませんが。

そして「アートの工房」と看板を掲げている以上、簡単に「はい、そうですか。」ってヤメる分けにはいかないんだから。

で、求む!あらい専門身体介護ヘルパーさん!
着替の手伝いやらしてくれて、痛い腕を優しくさすり「大丈夫?」と不安そうな顔をしてくれて、そんでもって食事を ふぅふぅしてくれて、口まで運んでくれて「あ〜ん。熱いですねぉ。」とかしてくれる優しい素敵な方!あっ、女性限定ですからね!男はイヤ。
(`ヘ´)

以前にも書き込みしましたが、工房の女性スタッフは、なぜだか あらいには厳しい、キツイ、だから恐い…。のです。

って、いるのかなぁ。そんな女性。あぁ、現実が待っているぅ…。やっぱ自分で頑張るしかないかなぁ…。とほほ。

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月27日 (土)

気持が動く瞬間

昨日は一日 蒲郡市にいました。「af ふぁくとりぃ」のコンベックオーブンを使い、洋菓子製造のためです。今まではスタッフのみの製造でしたが、昨日はメンバーさんも一緒に製造です。そう!「af ふぁくとりぃ」の本格始動です!070126_125401
で、あらいもこの格好・・・。メンバーに「おまえも着なさい!」と言われ、断り切れず・・・。メンバーにも、スタッフにも爆笑され、あらゆるところに写メを送られ・・・。ううっ。(>_<)

とにかく!力を合わせ、ふぃ~る工房と、蒲郡を盛り立てていくぞーっ!


で、この中の黒一点(こんな言い方するかなあ?)の若い男性。先日成人式を終えたばかりの、正に若者。養護学校を卒業されるとすぐ「あとりえ」を利用されるようになりました。僕もそうだったのですが、学校を卒業したからって急に大人になるわけがなく、急に仕事をする意味を理解するわけがなく。時の流れに沿い、いつしか「働かなければ!」と思ったです。で、彼も同じでした。働くということを理解できずに時が過ぎていきました。当然 我々も何もせず。という訳ではなく、あれこれと彼に合う、添う支援を続けてきましたよ。

以前から書いていますが、工房の支援には指導的要素は極力控えたカリキュラムが組まれます。色あそびひとつとっても そうですが、無理に手を「描かせる」ことは簡単です。それを続けることで、意味もなく、意味を理解することなく、楽しくもない色あそびは出来ます。が、これって私ら支援者側のエゴ以外のなにものでもないですよね。「うちの子にも何か出来るように・・・。」という親さんの刹那な願いを簡単に解決したに過ぎない、その場しのぎの支援じゃないかなあ?って思っちゃうんですよね。勿論、発達期に関しては この限りでない場合もありますよね。


で、この彼が「どうしたら給料ってもらえるなかなあ?」と!
彼の気持ちが動いた瞬間だったのですよね。


福祉施策の変革に伴い、ふぃ~る工房の支援アイテムにも「就労」という要素が加わるようになったことは周知のこと。そして来るべき制度移行後に「給料」をお支払い出来るよう、神楽にも「働く」ことを目的としたメンバーさんがみえます。
彼は、周りのその「働く」姿や言葉かけを見聞きするうち「自分も!」と思うようになったのです。我々が何度も声をかけても大きく反応することのなかった彼が、置かれた環境に自ら順応されたのです。


本人のスピード

で、写真。ここで製造に関わる皆さんです。と言っても、ここは神楽のメンバーも常駐するので、昨日 神楽当番だった方は写っておりません。あしからず。


彼は生まれて初めて自分の意思で「働く」ことを選択し、初めて「仕事」をされました。彼と知り合って7年近く、あとりえで お世話するようになって約2年。随分と時間が過ぎてしまいましたが、彼に寄り添い、彼のスピードに添い支援し続けた結果であると思います。そういった意味で あらいにとって、とても感慨深い出来事です。
彼は、素敵な仲間に囲まれて、また少し大人なられました。


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月25日 (木)

私のデスク…です…。

ここんとこ忙しい!やけに忙しい!本当です!ウソじゃないです!ので、ブログが疎かになっていました。言い訳ではない。決してない。・・・です。

で、何が忙しかったのか!っちゅうと、いよいよ ふぃ~る工房の日中活動が制度移行の為の準備に取りかかったのです!ねっ、一大事でしょ。そんで、ここんとこ あっちこっちで説明したり、打ち合わせしたりって感じで走り回っているのですわあ。

で、もう ご存じの方もみえるかと思いますが、豊川市で活動していた「NPO法人ピュア・スマイル デイセンター・未来」さんが、去年末より ふぃ~る工房と共同体を組織し、共に制度移行をします。詳細については ここで申し上げられませんが、この荒波が次々と押し寄せる障害福祉の世界を、共に手を取り合い、肩寄せ合い(ちょっとテレるなあ、この言い回し。)、乗り切っていこう!っちゅうことです。はい。
詳しくは「ふぃ~る工房HP」で

http://homepage2.nifty.com/atelier-feel/


で、ここんとこ ふぃ~る工房が豊川市で本格的な事業展開を開始するにあたって、あちこち出向く機会が多く、本部よりも「PS未来」にいる時間が長くなっています。
で、写真。これは「PS未来」の一室に設置された「統括デスク」!工房本部にもない あらい専用のデスク!夢にまでみた私のデスク~!で、そう!統括とは誰あろうわたくし あらいでございます。「あとりえ」「PS未来」「af ふぁくとりぃ」という3拠点の責任者ということなんでございます。責任者ということは、問題が起こった時は責任を・・・。こわっ。

私のデスク…です…。

で、この写真を撮ったのは設置された直後。デスクには、あらいが崇拝してやまない「ムーミン」に出てくる「お寂し山 さすらいのミュージシャン・スナフキン人形」。関係者の皆さんの心遣いに感謝し涙しました。「あ~ん、皆さん良い人!よ~し!頑張るぞ~っ!」と気合いを入れた事を今でも鮮明に憶えています。


がっ!がっ!です。今日 行ってみると5色の毛糸と編み物の本が・・・・。しかも!白色の毛糸は、今まで編み物をやっていました~!と言わんばかりにビロビロと伸びている・・・。ううっ・・・。

すいません・・・。それ、私のデスク・・・。です。よね・・・。ううっ。


  arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月21日 (日)

William Gibson 氏

William Gibson 氏
この名前を聞いて「あぁ!」って言われる方は、かなりの映画通。キアヌ・リーブス主演のSF映画「JM」の原作・脚本を書かれた方。アメリカのSF作家、ウィリアム・ギブソン氏です。

で、この方、かなりの軍服通。というよりミリタリー・オタク。かなりのフライトジャケットやウォッチをコレクションしていて、当然、かなりの知識をお持ちとのこと。あらいとしては尊敬してしまいます。


フライトジャケットに関しては、以前から何度も書き込みしていますが、フライトジャケットには時代の流れによりオリーブ、ブルー、グリーンと変遷を重ね、それ以外の色はありません。
が、フライトジャケット・メーカーの大御所「バズ・リクソンズ」が、実際に存在しなかった「ブラック」MAー1、Nー3B等を今年(正確には2003年の10周年に限定販売されたことがあります。)発売しました!

バズ・リクソンズは今まで歴史上 存在したフライトジャケットの形ばかりでなくパッチやファスナー、リブ素材に至るまで忠実に再現してきました。この世に存在しないモノを作ったことはありませんでした。

その 頑固なまでの こだわりをもっていたバズ・リクソンズがなぜブラックを?

それは、ウィリアム氏の最新作に出てくる主人公・ケイトが、高価なブラックMA−1を宝物のように大切に着ている。という設定なのです。
で、その小説を読んだ読者からメーカーに対しての問い合わせが殺到、強い要望に応える形でバズ・リクソンズは生産に踏み切った!のです。(^o^)/


現状の評価に甘んずることなく、新しいモノづくりに挑戦する「バズ・リクソンズ」には敬服いたします。素晴らしい!素晴らし過ぎる〜っ!
この素晴らし過ぎるバズ・リクソンズとブラックMAー1に敬意を表した結果、購入してしまいました…。また やってしまった…。この長い書き込みは言い訳になっているだろうか…。ううっ…。(>_<)


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月19日 (金)

二代目 丸ストーブ

二代目 丸ストーブ
久々に下宿家に行ってきました。と言っても当番ではなく、メンバーさんのとこに遊びに。(^O^)

ほんの少し前は事務所として使っていたので、当たり前ですが毎日 来ていたのですが、今はメンバーさんの生活の場ということもあり、あまり お邪魔する機会がありませんです。寂しいですが。(>_<)


で、これ。リビングにある丸ストーブ。備品です。が、これは2年ほど前に購入した「二代目」なんです。


ふぃ〜る工房が立ち上がった1999年という年は、とてつもなく寒い冬でした。そして、よく戸枝さんが「部屋の中の洗濯物が凍るボロ小屋」と称し爆笑ネタにしますが、本当にそんな感じの事業所で立ち上がったんです。

当時 貧乏だった(今もあんまり変わってないような…)我々は、無けなし無しの金を はたいて最初に買った備品が「丸ストーブ」だったのです。
当時 ヒマだった あらいは、ガス代節約!を掲げ、この上で煮物やカレー、鍋料理をよく作り、あかね荘からの自立訓練で お預かりしたメンバーさん達と、毎日毎日、ワイワイ楽しく過ごしました。あぁ、懐かしいです。(*^_^*)


ふぃ〜る工房も、メンバーさんや親さん、支援して下さる皆さんの おかげで、なりに やっていけるようきなりました。ありがたいです。で、いつか この丸ストーブも役目を終える時が来て、また新しい暖房器具を購入することになるのだと思います。

がっ!次も絶対 丸ストーブを買うのだ!


arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月18日 (木)

くどいようだが神はいる!

くどいようだが神はいる!
財団法人 損保ジャパン記念財団さま。
それは あなた様です!

あ〜ん!嬉しいよぉ〜。障害のある方の地域生活のために、皆さまの善意、大事に遣わせて頂きます。(ToT)


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月15日 (月)

今年も「幸せの お裾分け」

今年も「幸せの お裾分け」

あとりえメンバーの彼は、今日(って12時を回ってるから正確には昨日ですね。) 成人式に出席されました。そして夜が明けると二十歳の誕生日。本当に大人の男になります。(^o^)/

以前から彼のことは何度となく書き込みしていますが、彼と初めて会ったのは中学生の時ですから、随分と時間が経ったんだなぁ。と思います。


その彼、成人式に出席した後、豊川で開催していた文化活動に顔を出してくれました。成人式帰りらしく黒のスーツにコート、淡いピンクのシャツに、白を基調にした爽やかなレジメンタイ。とてもセンスの良いものでした。(^_^)v
普段 ラフな格好が多い方なんで、あらためてスーツ姿をみて大人びた彼に少し戸惑いました。


活動終了後、養護学校から依頼されたという作文を参加者と親さん、そして工房スタッフに読んで下さいました。学校を卒業してからのこと、そして今の暮らしぶりが丁寧に書いてありました。


作文の最後「…僕は大人になります。大人だからお父さんやお母さんと暮らさないよ。けど大丈夫だよ。僕には仲間がいるから。」と締め括られていました。聴く者 皆、目頭が熱くなるのを覚えました。


彼は今日から立派な大人の男です。これからは良き仲間として、良き理解者として、そして時に良きライバルとして、ずーっと、ずーっと、一緒に生きていけたらいいなぁ。と思いました。


彼は勿論、お父さん、お母さん、おめでとうございます。


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月12日 (金)

パブリック コメント

昨日、豊橋市自立支援協議会が開催されました。
ふぃ〜る工房からは代表かみやが出席。

第1回ということもあり簡単な自己紹介と配布資料の内容説明程度の温い(ぬるい)ものだったそう…。



     (守秘義務でございます。)


がっ!諦めませんよ〜!
近々、今年一発目の東三河障がい福祉研究会を開催します。ので、この場でもメンバー間で意見交換をし次回に備えてやるんだからぁ!特に当会の顧問には豊橋育成会の副会長もみえるので、当事者団体としての意見を強く、強く要望するように進言してもらうんだから!で、絶対に この協議会を形骸化させないんだからね!ふんっ!

arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月10日 (水)

いよいよ明日!

1月11日(木)、明日 いよいよ「第1回 豊橋市自立支援協議会」が開催されます。

同じく協議会委員 あかね荘 安形施設長と、出来合いの資料に目を通し承認するだけの「形」だけの協議会にだけにはしない!と確認。

さて、どうなるか!こうご期待!


arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月 9日 (火)

N−3Aを手に入れて・・・

念願のN−3A
とうとう手に入れましたーーーー!念願のNー3A!
ううっ・・・。屈折うん年、欲しくて欲しくてたまらんかったが、高額のため我慢に我慢を重ね、ショップに行っても目を瞑り見ないようにしていたブツが、ようやく あらいめの手に入ってまいりましたあ~。「何を大げさなあ。」とお思いの方も多いかと思いますが、本当に手に入らないブツなんです!


これの色違い「N-3B セージグリーン(緑)」は、皆さんもよく目にすることと思います。というか、大流行ですもんね!似たようなモノもあちこちで作ってるしね。
では、どこが違うのか!を説明せねば。


070109_153301ただ単純に色が違う(「セージグリーン」と「エアフォースブルー(紺)」)というだけではなく、大きく違うのは袖リブ。3Bは袖リブが上袖の中に縫い込まれていますが、3Aは通常のMA-1と同じように袖先に露出しているんです!これは何でか?というと、このN-3シリーズはアラスカなんかの極寒地で多く使用された為、先に出来た3Aは露出しており、「こりゃ寒い!こりゃたまらん!少しでも布が欲しい!っちゅうねん!」ということで改良され、中にしまい込んだもの、それが3B!ちゅうわけなんです。

もう一つは、腰紐。3Bはジャケットの中に仕込んであり、前を開けないと縛れないのに対し3Aは外に「やはり露出」しています。これはただ単純に邪魔だったので仕舞ったってことみたい。

そして、前合わせの部分の長さが、長い。これは移動する際に折りたたみ位置の関係で邪魔になっている部分を切った。ただそれだけ。

そして更に更に!フードのファー(毛)。Nー3Aよりも先に出来たN-3(極寒地ようの初期モデル)とN-3Bは、コヨーテの毛(茶)に対し 3Aはシープの毛とナイロンの混紡(白)。ん?ってお思いの方、素晴らしい!何で初期モデルが茶で 3Aで わざわざ白に変えたのに、なんで3Bでコヨーテに戻したの?ですよね。これは、空の上で「目立つ」から!だったそうです。



このN-3、シリーズと これより丈の短いN-2シリーズは爆撃隊が着用しており、空の上、特に雲の上を飛行すると真っ青な空に白いファーが鮮やかに映り、標的にされやすい。つまり撃墜されやすかったから。だそうです・・・。



この4番目以外は、機能性を重視した結果の改良であったことが解りますが、この最後の改良点だけは、やはり このジャケットも戦争の「道具」として生まれてきたものなんだ。ということを、思い知らされます。今、僕らは この「戦闘服」をファッションとして、おしゃれ着として着ています。平和であることの ありがたさが身に染みますね。


今日、防衛庁が「防衛省」へと格上げされました。これで有事の際、防衛大臣の権限で抗戦指令が出せるようになります。昨日、自民党の山崎拓元副総裁が、核武装をし更に頑なになった北朝鮮に議員外交に出発しました。世の中が きな臭くなってます。
若者が この軍服を着て戦地に赴くことのない平和な世の中が続きますように。


 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 8日 (月)

成人した皆さん

昨日の愛知は午前中 雪模様でした。そんな中 全国で「成人式」が行われました。
今年はスタッフで成人式に出席する者はいませんが、あとりえメンバーさんで お一人みえます。中学の時からの付き合いですので、感激も ひとしおです。新成人の皆さん、おめでとうございます〜。(^o^)/

で、ここ最近、成人式のニュースといえば、心ない若者の暴挙。今年も例に たがわず酒に酔い警察隊と衝突している様子が、テレビ画面に映し出されていました。

が、そんな中、あらいの胸を打つ感動的なモノが。財政破綻をおこした北海道夕張市の成人式の様子です。

夕張市では毎年、成人式の費用として実行委員会に対し60万円を市予算として計上してそうなんですが、今年は破綻の煽りをうけナント!1万円。それも去年の残金があてられたそうです。

式の始め、実行委員長の女性は全国から寄せられた善意のカンパに感極まり、泣きながら「皆さん、本当にありがとうございます。今日は みんなで楽しみましょう。」と声にならない声で宣言していました。乾杯の挨拶に立った男の子は「ありがとう!カンパ~イ!」と絶叫。が、テーブルにはスナック菓子やクッキーが並んで、というより、友達の家に遊びにいった時のように袋から破り出しただけの状態。千葉県の某市のようにディズニーランドで行う自治体と比べれば、決して豪華と呼べる成人式ではありませんでした。

ですが新成人の皆さんの顔は皆 素敵な笑顔でした。そしてバックの壁には大きな文字で「ありがとう」と書いてありました。式場を出る新成人は「頑張ってくれた実行委員会のみんなにお礼を言いたい!」と口々に、実行委員会に対し、全国からカンパをして下さった皆さんに感謝の気持を話していました。泣いている方もみえました。

夕張市の新成人の皆さんは、全国の新成人の誰よりも早く「大人」の仲間入りしたんではないでしょうか。きっと そうだと思います。

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 7日 (日)

常連さん

常連さん

今日(正確にいうと昨日です。)は、神楽でウェーター。せっせ、せっせと お水とコーヒー、そしてスペシャルな笑顔を お客様に運んでおりました!(^O^)


3時過ぎ、調理服に調理帽、そして長靴。という衣でたちのお客様が。テナントのオーナーでもあるホテル竹島の和食の板長さんです。
「コーヒーね!」と着席する前から ご注文。何とも せっかち。

「おっ。北村さん(神楽担当スタッフ)は休み?」、「壁の絵 変わったねぇ〜。ありゃ布かあ?(当然ですが あとりえメンバーの作品)」、「年末年始は忙しくて大変だったあ〜。」など、たわいもない話を一頻りし、コーヒーをキュっとイッキ飲みし慌ただしく帰られました。(^。^;)


板長さんが、砂糖も、フレッシュも要らないことは、私らは存じあげております。
そうです。あなた様は常連さんだから。

cafe神楽も喫茶店らしくなってきました。(^_^)v


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 5日 (金)

お礼を言うのは こちら

本日 無事に小坂井町、田原市の冬季レスパイト事業を終えることが出来ました。今回も一人のケガ人も出すことなく。

で、ある方のお母さんさんが連絡帳に「今日でレスパイトを受けるのは最後になります。長期休暇に受け入れて下さり、私も○○も本当に助かりました。ありがとうございました。」と。

高等部3年生。この春 卒業し、授産施設を利用することが決まってみえます。社会人になられます。小坂井町も田原市もレスパイト事業対象は学齢期の方です。やはり最後の利用となりました。

彼は、そんなお母さんの思いを知ってか知らずか、部屋に入るなり、もうすっかり小さくなったトランポリンで さんざん飛び跳ね、ひとしきりすると横になり まったりされていました。ノンキなものです。(^0^)/
春からは社会人として「仕事」が待ってます。頑張るんだぜえ!

お母さんへ。
お礼を言わなければいけないのは こちらの方です。至らない点も多々あったにも関わらず、暖かく見守って下さったおかげです。短い間でしたが、本当に ありがとうございました。m(_ _)m

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 3日 (水)

初仕事はウェーター

初仕事はウェーター

本年 最初の仕事は「cafe神楽」のウェーターという名のシャッター開け係。f^_^;

今年も一年.頑張りますので、よろしくです!(^o^)/


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 1日 (月)

謹賀新年

謹賀新年

新年 あけまして おめでとうございます。
今年も この場所から初投稿。豊川稲荷。

で、今年も よろしくお願いします!m(_ _)m


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »