« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月30日 (月)

「狭い町」だから良い!

「狭い町」だから良い!

我が町 小坂井町は人口3万人に満たない小さな町。来年早々の豊川・宝飯郡2町との合併にも入れてもらえない、仲間外れの小さな町。しばらくは単独で頑張らないといけない厳しい町。

この小さな町にもスーパーマーケットはある。少ないがある。大小合わせて5ヶ所ほどある。

で、今日、自宅近くに最近出来た町内で1番大きなスーパーに買い物に行ってきました。滅多に買い物になんか行かないのですが、たまの休みに家にいるとゴミの様に扱われるだけなので、萌に道案内をお願いし散歩がてら。

で、頭を下げっ放しの買い物になりました。

まず入り口で、「こんにちは!分かりますう?」と。長期レスパイトを利用されている お母さんに お会いし、一人目。
東三河障がい福祉研究会の規約 (あったことを あらいは知らなかったが…) を、鈴木代表が変更してまで入会を許可した、小坂井町教育委員会 田中さん(前 福祉課)に鮮魚コーナーで お会いし、二人目。
そして、精肉コーナーでは、その田中さんの後を任された福祉課職員さんに お会いし、お互いに「今 そこで田中さんに会いましたよ!」って言葉を交し三人目。
最後はレジ待ちしていた同じく長期レスパイト利用者の お母さん。最初の お母さんとは勿論違うお母さんに お会いし、これで四人目。
滞在時間は約30分程度で、この多さ。( ̄○ ̄;)

でも これって蒲郡フォーラムの時に福祉課だった田中さんが言ってた「本人さんの顔が分かるから、必要なモノが何かが解るんです。」って言葉になるんですよね。うん、うん!納得。

いいなぁ〜、この狭さ!田中さん、買い物カートに お子さん二人を乗せ、大きな買い物袋を下げ、こちらを振り向き、スンゲエ笑顔で会釈され、意気揚々と帰っていかれました。何だか とっても頼もしい後ろ姿でした。
来年の合併に参加出来ず、しばらくは厳しい財政での舵取りになる我が町ですが、この狭さを「素敵」と感じさせてくれる行政マンと、それを「素敵」と感じることの出来る本人さんと親さんがいる、素敵な我が町 小坂井町。なんだか いいなぁ〜。(^O^)

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家の電話

あらいが携帯電話を初めて持ったのは 28歳の時。当時の携帯電話は、今のモノとは比べられないくらい大きく、小さな弁当箱くらいでした。とても「携帯」と呼べるようなものではなく「移動電話」と呼ぶ時代でした。

まだ携帯電話は普及してなく、その「携帯電話」を持つのに保証金やら何やらで、契約時に 20万円くらい掛った覚えがあります。今 考えるとビックリ!でしょ。そりゃ、普及なんかする分けないわ。


が、時は過ぎ、今では携帯電話を持っていない成人はいないんじゃないか?と信じて疑わないほど携帯電話は普及しました。あらいは、この携帯電話なしでは生きていけないほどです。

だってさぁ、相手の電話番号なんて誰一人覚えてなくても電話出来るし、その相手が電話に出ることが出来ない時にでも「メール」を送り業務を遂行出来るし、ついでに「カメラ」も付いてるから写真は撮れるし、それ使って「ブログ」はアップ出来るし、まだまだ諸々。(^o^)/


って携帯電話の宣伝がしたい訳ではないのです。


ここ数年、自宅の電話が鳴ることがメッキリ少なくなっていましたが、ここ最近、自宅の電話が よく鳴ります。「あぁ、こんな呼び出し音だったなぁ。(^O^)」と懐かしくさえ感じるほど、長い時間 耳にしていなかったことに気付きます。

で、何で急に自宅の電話が鳴り始めたのか?
萌です。萌に電話がかかるようになったのです。

この春、小学校に通い始めた彼女。学校で新しい友達が出来、そして電話番号の交換をし、で、ことある事に電話を掛けたり、掛ってきたり。なんです。
あらいの知らない学校での出来事や友達の話を毎晩 グダグタしています。

こうして、段々と彼女は大きくなっていき、彼女の世界を作り、その世界で生きていくのだなぁ。と、なんだか思うとシンミリします。


萌、いつまでも お父さんを あなたの世界の隅の方でいいから、置いといて下さいね…。
決して見捨てないで下さいね…。あぁ…。(>_<)


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月28日 (土)

今年も来たぜ!あんだんて

今年も来たぜ!於大まつり

東浦町で行われている「於大まつり」で、愛光園 あとりえ・あんだんてさん主催の 色あそび!(^o^)/ 去年に引き続き、2年続けて呼んで下さいました。感謝、感謝でございますう。
で、去年の書き込みっす。
http://feel1999.cocolog-nifty.com/lallapallooza/2006/04/post_fc30.html

070428_113801で、今年も大盛況!地域の お祭りの1カ所を借りての開催で、障害のある皆さんのイベント、という感は全くなく、遊びにきていたチビちゃんたちと、遊びにきていた あんだんてのメンバーさんが、たまたま一緒に「色あそび」を楽しんでいる。っちゅう感じです。本当に素敵な空間です。も~、うっとり。


がっ!午前の部が12時ちょうどに終わり、午後1時半から再開する予定で休憩に入ったのですが、一転 空がにわかに雨雲に覆われ、雨風が強く吹き付け、アッという間に大粒の雨が降り始めました。アッという間にです!ずぶ濡れです。
で、ここで午後の部の開催を断念・・・。残念・・・。ううっ・・・。


070428_151502慌てて片づけを済ませ、昨年同様 愛光園ひかりのさとファームに移動し、素敵で、優しくって、そんでもって あらいにも気を使って下さる皆さんと「ティーパーティー」。ブリティッシュガーデン風に植えられた草花を眺めながら、素敵なスタッフの皆さんの手作り洋菓子でおもてなして下さいました。実に贅沢!
いや~、昨年も書きましたが、東浦に行くと帰りたくなくなってしまうんだなあ。帰ったら厳しい現実が、というか厳しい女性スタッフが待っているんだもんなあ・・・。あぁ。


あんだんて の素敵なスタッフの皆さ~ん、楽しい時間をありがとうございました!来年も是非および下さいませ。よろしく、よろしくお願いいたしまするう!


 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月26日 (木)

春ですなぁ。

春ですなぁ。
豊川 デイサポートセンター PS未来に併設されている相談支援センターcollabo。以前にも紹介しましたよね。今日、1件 相談があったので行って来ました。

今日の様子…。机は片付いているのだが、部屋中に広がったケースの山、山、山。引っ越しか…。はたまた夜逃げか…。うぅっ。

あっ!バザーの準備かぁ。そうだぁ。(^O^)
ここのバザー、スゴいんですよ〜。平気で1日 10万円くらい稼いできちゃうんだから。メンバーさんにも手伝ってもらった日にゃあ、給料なんか平気で稼いじゃう立派な授産やん!恐るべしやん!

しかし春ですなぁ。あちこちでイベントが始まりますね。バザーの季節到来!ですね。皆さ~ん、頑張って稼いで下さいね。(^o^)/

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月24日 (火)

憂い

鈴木代表からメールが届きました。要約すると以下



東三河障がい福祉研究会が発足して約半年が過ぎました。良いことも悪いことも、嬉しかったことも悲しかったことも、半年という短い時間で様々なことが起きています。なんと素晴らしいこと。なんて残酷なこと。が、これこそ、いつも様々な人たちと関わる仕事をする私たちにとっては本望と言えるのではないでしょうか。で、ようは飲まなきゃやってられない局面となってまいりました!



てなものでした。鈴木代表さま・・・。
あらいは「個人情報保護法」を知りません・・・。叱らないで・・・。


この半年間でフォーラムを2回、そして選挙を3回 経験しました。
鈴木代表が言われるように泣き、笑いを経験しました。現実は暖かくもあり、厳しいものでもあることを経験しました。

でもこの泣き笑いから経験したものの全てが、絶対にムダはならない!ということを私たちは知っています。福祉に関わる者、取りわけ障害福祉に関わる者にとって「憂い」を知ることは、大きな財産だと思います。憂いを知ることで、暖かく、大きく、広い心を持ち、そして人に優しく出来るのだと思います。
061209_093501_2鈴木代表以下、江川さん、会メンバー、そして相談業務にあたっている者は憂いを知っています。だからこそ相談に親身になって応えられるのだと思います。


今回、笑うことの出来た皆さん。影で涙を流した人がいることを忘れず、しっかりと、真っ直ぐ進んで下さい。お願いします。
そして涙を流された皆さん。憂いを知り、優しさを身につけ、今回の涙をムダにしないよう、明日からも精一杯 やはり真っ直ぐ進んでいって下さい。

あらいは、多くの憂いを知った仲間と仕事をしています。全くもって微力な あらいも、この仲間と一緒なら何かの役には立てるかと思います。応援します!ガンバッテ!


 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月21日 (土)

親が親だから、子も子!

東三河障がい福祉研究会 近藤顧問が市議会議員選挙に立候補していることは、先にも記しました。今夜 決起集会が地元公民館で行われました。ので会メンバーと参加してまいりました。

くどいようですが近藤さん、大村代議士の秘書を2年半 務めてみえました。そう、障害者自立支援法騒動の中、苦悩する大村代議士の背中を極近くで見、障害のある方の切なる声を聞かれたんです。そして彼は障害福祉をライフワークにしようと決意し、立候補したそうです。

決起集会会場の公民館には老若男女、乳児に至るまでの方々が、入り切れないほど大勢 参加されました。特に若い人の参加が目を引きました。
そうです。彼の同窓生とお兄さんの お友達。若い人が政治に興味を持つのは良いことだ。と単純に思ったと共に、これだけ大勢の若者が彼のために走り回ってくれていることに、彼の人柄、そして人望の厚さを感じました。

彼は、挨拶に立ちました。一週間ぶりに会う彼は、真っ黒に日焼けし、声はシャガレていました。この一週間の彼の活動が手に取るように解った瞬間でした。で、彼はその場で今日まで支援して下さった方々に対し、感謝の言葉を綴り始めました。一人一人、丁寧に、丁寧に。

感極まり、彼の目から涙が溢れだしました。
正直、驚きました。普段は どんなことにも ひょうひょうとしていて、あまり感情を面に表さない彼が、感情を剥き出しでいることに。

次第に会場のあちこちで すすり泣く声が聞かれ始めました。そして その声は「頑張れ!」の声へと変わっていきました。声をかけたその方の目からも、そして会場にいる大半の方の目からも、涙が光っていました。


落ち着きを取り戻した彼は、豊橋の未来や、自分のビジョンを熱く語りました。
が、挨拶の最後に彼の声は また上擦り始めました。
東三河障がい福祉研究会の話を始めた時です。私共を「豊橋に戻ってから、何をしていいか分からなかった自分を支えてくれた。」と紹介してくれました。嬉しい。というのではなく有り難く思いました。だって私共も あなたから「支えて」頂いているのですから。票にはならない「福祉」を訴えて下さり、障害のある方の生活の質の向上を、毎日毎日 広く一般の方に訴えて下さっているのですから。感謝という言葉では足りません。

「障害者の方の地域生活を確保したい。ご高齢の方、私共の子ども、4世代・100年が障害者の皆さんと地域で暮らしていける街を作ります!私のライフワークですっ!」と宣言し、挨拶を締め括りました。

親が親だから、子も子!

先日 大村代議士が豊橋にみえた際にも「障害福祉はライフワークですっ!」と話されたことは ご紹介いたしましたよね。この二人の素敵な師弟関係も ご紹介いたしましたよね。

政治の世界では、お世話になった、指導してくれた先生を「親父」と呼ばれています。ということは大村代議士は「親」で、近藤さんは「子」。よく悪い例えで「親が親なら、子も子」だと言いますが、今回は真逆の意味でこの諺を思いだしました。でも彼らの場合は「親が親だから、子も子」ですよね。

選挙は私達の未来を託す人を選ぶものです。まして地方選挙は、更に私達の生活に密着しているものが多いです。どなたに投票するか、しっかり審議し、必ず投票場に行きましょう。

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月20日 (金)

べにしだ in 神楽

べにしだ in 神楽

蒲郡市竹島 cafe神楽で名古屋市べにしだの家 ふぃ〜るタイム チームの「色あそび展」を開催しております〜!(^o^)/

070420_151201ふぃ〜るタイムが開始され、今年で6年目の べにしだの家さん。作品もたくさん出来上がりましたが、使った絵の具も半端じゃない!金沢 21世紀美術館にならい、その絵の具たちの ほんの、ほんの一部ですが額装された作品と、灯燈に加工されたモノと並べ展示してみました〜!素敵ですよぉ。(^_^)v

まだ今週末の予定の決まっていない皆様、竹島まで車を走らせて、春を満喫しませんか。そして 神楽に お立ち寄り頂き、べにしだ ふぃ〜るタイム チームの「色が はじけて生まれた かたち」を お楽しみ下さいませ。素敵な時間を お約束いたしますぅ。m(_ _)m

arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月18日 (水)

いい仕事 しましたっ!うん。

今日は のんびり まったりと一日 あとりえの皆さんと一緒に過ごしました。(^O^)
最近 何だか忙しく、あとりえのメンバーさん達と時間を過ごすことが少なくなっていたので、今日は目一杯、皆さんに楽しんで頂こうと朝から張り切りました!

いい仕事 しました!

帰りの掃除風景です。掃除をしながらでも「あははっ!お腹がいたい〜!(^O^)」と笑いころげる女性メンバーさん。普段は淡々と過ごされるのですが、今日は笑い放し。それをみて、他の皆さんも大笑い!(^O^)

今日 あらいは いい仕事をしたのだ!間違いないっ!(^o^)/

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月15日 (日)

MとS ?

MとS ?

今日は蒲郡駅前で唄ってまいりました。
以前にも ご紹介したMCTを率いる じょ〜君とセッションで。
その名も「あらじょ〜」。まんまです。

で、じょ〜君から当日の衣装は「黒で、オールバックで、サングラスで!」と指示を受けたので この写真。あらいのことを知らない人は「怖い。」、知ってる人は「普段着」。蒲郡市役所の方は
「知ってるから話せるけどさぁ…。」( ̄○ ̄;)

で、「あらじょ〜」は、基本的に「ぶっつけ本番」。曲の構成、曲順どころか、演奏する曲すら決めずに板(舞台・ステージ)につく。
「それが楽しい〜っす!」と、じょ〜君は言う。(・_・;)

彼はMだ。究極のMだっ!たぶん「もっと イタブってぇ〜。」って思っているに違いない。きっとそうに違いない!そのうちムチとか持って現れるに違いない!仮面をつけて!あぁ…。

ん?その彼を見て楽しんでいる あらいはSなのか?

とにかく「あらじょ〜」、楽しい!ブルースあり、ロックあり、バラードあり、演歌あり、何でもあり!しばらくは じょ〜君に遊んでもらおうと思っております。ので、興味のあるマニアな、もしくはフェチな方は ぜひ聴きにきて下さいませませ。m(_ _)m

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月14日 (土)

「ライフワークです!」

本日、内閣府副大臣、そして厚生労働委員会筆頭理事でもある 大村秀章代議士が豊橋に来ました!
で、何しに?

以前にも書きましたが東三河障がい福祉研究会の近藤顧問は、大村代議士の元秘書。で、その近藤さんが明日から始まる市議会選挙に出馬するため、応援に駆け付けた!ってことです。

で、あらいは代議士を豊橋駅から近藤事務所までの送迎担当という、大役を仰せつかり、休みなのにスーツ姿で、目を吊り上げ、駅にて緊張し過ぎて直立不動。(`o´) だってそうでしょ!今 大村代議士に何かあったら日本中の福祉に関わる人に、何て詫びても許されるもんじゃないっすもんね。
で、何とか、おかげ様で、大役を無事に果たすことが出来ました。


事務所に到着後、見たことのない笑顔で大村代議士を出迎える近藤さん。それを笑顔で返す大村代議士。素敵な関係だ!素晴らしい師弟関係だ!

で、挨拶に立った大村代議士。空きビールケースの上・・・。

「ライフワークです!」

近藤さんの人となり、二人の間柄、選挙に関する心構えを一頻り話された後、「私のライフワークは障害福祉です。近藤君はその同志です。あらいさんはじめ福祉の向上を目指す同志が近藤君を応援してくれています。」と声高らかに話されました。感動!


タイトなスケジュールの中で時間を割いて豊橋入りされた代議士。往復の車中、大村代議士と二人きり。有り難いことに代議士の方から あれこれ話をして下さいました。県知事の発言の件、自立支援法の件、1200億円の件、選挙の件等々。あらいの意見なんかも「ふむふむ。」と熱心に耳を傾けて下さり恐縮至極。素敵な時間でした。

で、調子にノッた あらいは「国は立法府として法律を作り、不具合を確認し修正を重ね、安定した法律を作る。市町村は かなり裁量が移譲されたため執行責任が生まれたため勉強する。が、県は大きな責務が課されなかったため議会も議員も障害者福祉、施策を重い、大きい問題と捉えていないから勉強しない。だから あの県知事発言に繋がったのだと思います。」と、申し上げると大村代議士は深く頷かれ「けしからん話だが、そのとおりかも知れないね。」とポツリ話すと、また深く頷かれました。



豊橋駅に着きお見送りをした後、2、3歩進んだ後で戻ってみえ「今日は ありがとう。新しい名刺、あげとくね。」と、名刺を手渡しされました。
070414_140701
内閣府副大臣 大村秀章 代議士

尊敬しております。


 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月13日 (金)

メリット

メリット

今日は2名のスタッフが過労のため休みを取りました。制度移行に伴い増えた諸々の業務や書類整理、そして通常の業務に加え市町レスパイト事業。と獅子奮迅の動きをみせたスタッフ。正に一騎当千でした。
みんな頑張ったよね。疲れたよね。しっかり心身を休めて、そんで元気になって下さいな。

6年前、あらいは父を亡くしました。その頃は まだ神谷さんと二人で走り回っていて、他にスタッフもおらず、代わりに業務に入ってもらえる人も当然おらず、悩んだあげく あらいは「葬式に出ない。」と決断。神谷に伝えると烈火のごとく叱られました。「何とかするから休みなさいっ!」と。

結局 あらいの穴は理事さんが埋めて下さいました。その時 神谷さんは理事さんから「こういう時のためにもスタッフの増員しなさい。以後、こういうことのないように。」と言われたそうです。

あれから随分 時は経ちスタッフは増えました。今年は制度移行に伴い看護師も入りました。そして何より日中のグループ化によりスタッフは膨れあがりました。

グループ化にはメリットとデメリットがあります。まぁ世の中すべてがそうだと思いますが、今日は、そのメリットが全面に現れました。
スタッフが膨れあがるほど増えたおかげで、2名のスタッフが急に休んでも、日中デイサポートセンターも、ヘルパーステーションも、神楽も、下宿家も、何一つ滞ることなく利用者の皆さんに支援を届けることが出来ます。

070420_155601 大きなデメリットを受け入れ、グループ化を推進して下さった皆さんに、深く深く感謝しながら、その思いに応えるべく 今日も ふぃ〜る工房は 24時間支援を続けます!

arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月11日 (水)

「簡単に断っちゃダメだ!」

「簡単に断っちゃダメだ。」

今日は、毎年恒例「スウィートピー大作戦!」の日でした。
なんにゃ?と思う人は少ないですよね。渥美 naitoさんの企画。 naitoさんのお兄さん夫婦のご厚意で出荷を終えたスウィートピー・ハウス (中は工場みたいなんですよ!)を貸し切りにして、摘み放題摘まして下さり、更に摘んだモノは全て「お持ち帰り!」、更に更に お兄さん夫妻の笑顔が これまたスペシャル!至れり尽くせりのイベントなんでございます。はい。
工房イベント数ある中で、断トツ人気がこれ。まあ、スタッフが一番楽しみなのもこれ。

Cimg2343で、今年は「デイサポート feel」が、「あかね荘・色あそびチーム」と一緒に参加してまいりました。メンバーさん20名、スタッフ10名の大所帯で。あかねさんは久々の参加でしたが、みんなしっかり前回の事を憶えてみえ、慣れた手つきで花摘みを楽しまれました。

また来年も呼んで頂けるよう、今年一年頑張らねば!です。


で、今回あかね荘さんは急遽参加となりました。
というのは、昨日「特定非営利活動法人ふぃーる工房・理事会」が開かれました。我々スタッフにとっては、まさに「針のムシロ」状態の厳しいもの。ってここで愚痴る訳ではございません。ご存じのとおり あかね荘施設長 安形さんは ふぃ~る工房の理事さんであります。
070411_174401で、理事会を終え何気なく予定が書き込んであるホワイトボードに目をやると絶叫!
「えええーっ!スウィートピー 行くのおおお!何で誘ってくれんのーっ!」と。


実は naitoさんから、今年は暖冬で花の生育が早く、例年は週末に合わせて調整をしてくれて開催しているモノが時期が読めず、結局、急遽 平日開催になったんです。で、更には普段あまり施設の外に出かける機会の少ない「入所施設」の利用者さんである「あかね荘・色あそびチーム」に参加して頂けないか。と打診をうけました。

で、あかね荘に勤める「工房MATSURI組・とり~」さんに連絡を取り参加要請をしました。が、答えは「NO」でした。急ということもあり、男性介助者が揃わない。という理由でした。
諦めきれない とり~さんは、最後まで食い下がってくれましたが、職員全員を説得するには至りませんでした。電話の声は細く、小さかったです。

仕方ないと諦めた直後。の理事会でした。


上記を安形さんに丁寧に説明すると、徐に携帯電話を取り出し、あかね荘や関係機関へ連絡。あっという間にスタッフを揃え「参加しますよ!」と。そして一言


「せっかく誘って下さっているのに、簡単に断っちゃダメだ!」。


Cimg2345_1そうですよね。地域の方のご厚意。簡単に断れないですよね。安形さんは第1回目の「スウィートピー大作戦」に参加してみえます。その時の利用者さんの笑顔を忘れられないんです。「僕も行くからね!僕も!」と、
工房スタッフに劣らない笑顔で帰っていかれました。


Cimg23526回目を終えた「スウィートピー大作戦」。
naitoさんのお兄さん夫妻は、この6年の間、一度としてこのイベントを欠かすことなく開催して下さっています。みんなが花摘みをしてる約2時間の間、お二人は メンバーさんが摘んでくる花を笑顔で受け取り、声を掛けて下さり、黙々とビニールに詰め、持って帰った後も手間が掛からないように作業してみえます。本当に頭が下がります。
毎年「今年もお世話になります!」と挨拶すると、
「はははっ!よく来てくれました。」と笑顔で返して下さいます。

渥美までの道のりは1時間。でも、この1時間も楽しんで毎年 渥美へ車を走らせています。来年も。


 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 9日 (月)

17248

17248

友人は愛知県議会議員になりました。大勢の方が「未来を託せる」人として彼を選びました。選対副本部長を拝命していた あらい としては大役を何とか果たすことが出来、安堵感でイッパイでございます。

が、彼の目的は県議会議員になることではなく、福祉の増進。取り分け障害のある方の福祉の増進です。

明日から彼は、この思いに共感して下さった17248名の方に応えるべく、福祉道を全うしていくのだと思います。あらいは厳しく、誰よりも厳しく彼の活動を見続けていきます。


疲れました。眠い。寝ます。おやすみなさい。

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 8日 (日)

投票日の朝

今日は愛知県議会議員選挙の投票日です。
先の愛知県知事の発言でも解ったとおり、選挙になると「福祉、福祉、福祉の増進!」と皆さんが叫ばれますが、所詮 付け焼き刃の福祉感。メッキは剥がれてしまった・・・。って感じですよね。

私どもの未来を、私どもの子供の未来を、そして私どもの地域の障害福祉の未来を託せる方を選び、必ず投票に行こうじゃありませんか!他人事ではなく自分事ですからね。

今朝の毎日新聞のコラムは月1回の野沢さんでした。
ここでも良くご紹介する元 厚生労働副委員長 衛藤せいいちさんについて書かれています。
野沢さんは「障害福祉に熱い思いのある衛藤さんが選挙に弱いのは、我々マスコミの報道の責任もあるのではないか?」と書かれています。で、あるならば、正しい情報、間違った情報を精査出来ない我々の責任もあるのではないのでしょうか。

投票日の朝、いろんなことを考えながら通勤してまいりました。では、今日も一日、障害のある方と、そのご家族に寄り添い、障害福祉道を邁進してまいります!

 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 7日 (土)

「共生」の実践

「共生」の実践

30年前、あらいが卒業した小学校に昨日、萌が入学しました。
いつもの話、時が経つのは早いものです。

で、夜 帰宅し娘から今日の報告を受ける。「○○ちゃんと○○ちゃんは同じクラスだった!あとねぇ、お父さんのお友達に似た子も同じクラス!」。ダウン症の女の子です。

今年、養護学校に進まず地元小学校に進むダウン症の女の子がいる。と、以前に聞いていました。

「縁」を感じました。

「共に」。今日まで萌を育てる中で、大きなテーマでした。萌とっては「障害のある○○ちゃん」ではなく、「○○ちゃん」以外の何者でもないです。

オギャーッ!って産まれてからダメ父ちゃんの職場に連れ回された萌は、障害は個性を理解しています。ごくごく普通に接します。偏見なんて これっぽっちも持ち合わせていません。それを友達も、先生も、同じ感覚を持ってもらえるような、そんな行動のとれる子に育っていることを祈ります。

萌の「共生」の実践。「統合教育」への挑戦が始まりました。

arai

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年4月 4日 (水)

切ない…

切ない…

ご存じ、我らの愛知県知事 神田真秋さま。
県職員入庁式で障害のある方を「弱い遺伝子、悪い遺伝子が出た方」と表されました。

神田知事のマニフェストを読み、ここにも「あまり現場を理解していない内容」と書き込みしたのは記憶に新しいですが、まさかここまでとは。切ない…。

仕事柄、親さん、特に お母さんと お話する機会が多い。最初は先方も警戒して当たり障りのない話をされる。が、心を開いてくれた瞬間、必ず「子どもの首に手をかけたことがあるんです。」と泣かれる。これを聞き あらいも泣く。親さんは こんな切ない思いをされながら生きてこられたんだ。と。

あらいは「レスパイト」という言葉が大好きです。
本人支援は当たり前だから「パーソナルアシスタント」は当然ですが、本人のみではなく その ご家族にも寄りそうレスパイトが大好きなんです。

随分前、アメニティー・ネット田中代表から「レスパイトというのは介護からの一時的解放。という意味と、罪の意識からの解放。という意味もあるんだ。」と教わりました。

社会の無理解、不勉強で「死」に追い込まれる人がいることを忘れてはいけない、そんな重い責務を背負った仕事に就いているんだ。と再確認出来る記事でした。

神田知事は「私の不勉強で…」と謝罪されました。
あなたは私たち県民が選びました。その中には障害のある方の「清き一票」も含まれていることを、くれぐれも お忘れなきよう。

arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月 2日 (月)

黄色い世界

毎年3月31日は、業務終了後に それぞれの担当車両を洗車する。この一年に感謝の思いを込めて手洗いする。で、新しい年を迎える。


が、4月1日。黄砂混じりの雨が降った。どの車両も一度としてキレイな状態で お客様を乗せることはなく…。(T_T)

でも いいんです。キレイな車で「迎えに行きたい!」という気持が一番大事なことを、スタッフ全員が理解してくれているから。(^_^)v


今日の豊橋は、1面が黄砂に包まれ、正に「黄色い世界」。しかも天気予報は雨。こんな中、さすがに洗車する者はいませんがね。(^O^)
皆さんの街は どうでしょうか?

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »