« 夏が来た! | トップページ | 7回目の誕生日 »

2007年5月 8日 (火)

やはり自立支援協議!

あかね荘 音あそびを終え事務所にタイムカードを押しに入ると、奥から「あらい君、ヒマ?コーヒー飲んでかない?」と聞き慣れた声。そう、声の主は施設長の安形さん。

安形さんは よく音あそび後に声をかけて下さり、時間の許す限り お話して下さいます。若輩あらいにとっては、試されてるような、説教されてるような、相談にノってくれてるような。そんな素敵な時間です。普通なら安形さんと話すことなんて許されるはずもない あらいにとっては、この上ないチャ〜ンス!なんです。(^_^)v

で、「最近はどう?肩は?」という たわいもない話。そして話は本題、豊橋市自立支援協議会へ。東三河圏域の状況を お話した後、豊橋市の情けない状況の打開策を話し合う。この若輩者の話にも しっかり耳を傾けてくれる。


昨日、豊川市あけぼの作業所 都築所長の基へ東三河障がい福祉研究会 鈴木代表と訪ねる。その際にも話にあがった自立支援協議会。豊川市はまだ立ち上がっていない。というより全くもって聞こえてこない。とのこと。

田原市、蒲郡市は、大方 固まった感じで、近日中には立ち上がることでしょう。
特に この2市、田原市には東三河障がい福祉研究会の良き理解者・パートナーでもあるスーパー行政マン 柴田さんがみえる。蒲郡市は自立支援協議会の仕切りを社協に託していて、その社協でも担当するのが障がい者支援センター 鈴木センター長。そう我らが研究会代表。(^o^)/

素敵、素敵以外のなにものでも なーいっ!
お二方とも、この自立支援協議会に掛ける思いは相当なものですから、ある意味 この東三河のモデルケースになることと思います!むふふっ。素敵。(*^_^*)

やはり自立支援協議!

で、安形さんと現状打開のために策を練ることで合意。
豊橋市の自立支援協議会には工房かみやも、あかね荘障害者支援センター長、当会 副代表でもある江川さんもみえる!しかも構成員の中には当会の親交深い岩崎学園支援センターもある!絶対になんとかなるはずなのだーっ!
こんな市の実数に国の係数を掛け算しただけの福祉計画なんて、根底から覆しちゃうくらい素敵な自立支援協議会にしちゃうんだから〜!

安形さんとの秘策、残念ながら まだ ここには書けないですが、ある程度の詳細が決まり次第 必ず お知らせしますので、しばしの猶予を!

珍しく ヤル気満々の愛知県障害者福祉協会 安形会長に、こう ご期待!(^o^)/

arai

|

« 夏が来た! | トップページ | 7回目の誕生日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やはり自立支援協議!:

« 夏が来た! | トップページ | 7回目の誕生日 »