« ど、どうなるの!? | トップページ | 快晴 »

2007年5月23日 (水)

オールバック 万歳!

Dscn0965  2年前のゴールデンウィークに豊橋市公会堂で「toyohashi form」をやりました。アメニティー・ネットワークの共催で。楽しかった!というより、凄かったと言う方が正しい、そんなスゲエ皆さんが豊橋市に集まり、地域福祉のあり方をご教授下さった。マジでスゲエフォーラムだったなあ。


って、そのことを思いだし、ノスタルジックになろう。って話ではなく。
その時に来て下さった方の中に、先日の「市民フォーラムin蒲郡」においで下さった東松山市の曽根直樹さんがみえました。そこで あらいに取っては一大事!的指摘を受けたんです。

Photo_2朝食を済ませ、たろ父さんとホテルロビーで講師の皆様を迎えていると、そこに曽根さんが現れ「解った!あなたの事業所に女性が少ない理由。それは、あなたの責任です!今すぐ その髪型を変えなさい。そうだ!今 流行りの”ヨン様”みたいに。白いズボンとかにして。」と・・・。隣で たろ父さんがのたうち回って笑っているのを、今も忘れません。


しばらく悩みました・・・。で、初夏、アメニティー・ネットワーク主催の初任者研修が常滑で開かれました。これの講師を たろ父さんとアメニティー田中代表が務める!ってことで「飲み会」に参加。ここで、あらいは田中代表に「・・・実は・・・。」と、曽根さんから言われた言葉で悩んでいることを話すと、田中代表はムンズと体を起こし「イカン!あらい君は その髪型だから あらい君だ!格好なんか どうでもいい。あらいは あらいらしく行け!」と お話し下さいました。
Photo_3 以前にも書きましたが酔った田中代表の一言ってメチャ染みるんです。勿論、普段のダンディーな代表も素敵ですが、酔うと更に素敵なんです!


この一言でモヤモヤが吹っ切れた あらいはオールバックに磨きを掛けてきました。



で、今日。豊橋市にある身障支援を主にした相談支援事業所「たまも荘障害者支援センター」のワーカーさんから受けた応援要請のため出動しました。なぜ応援要請か?

相談支援に入った方は引きこもりがちで、あまり外出をされたことがなく、話を振っても あまり興味をしめさない。何とか手がかりになりそうなモノはないか部屋を見回したところ「あった!」。それは「修羅の・・・」というヤクザ関係のビデオ数本。チャンス!と思い、ヤクザ映画の話を あれこれすると大ノリ気で話をしてくれたそう。


で、その帰り道、ふぃ~る工房に直行し、あらいに出動要請。
あらいも お邪魔してのヤクザ映画談義。帰るころには本人さんも相談員さんも、あらいのことを「アニキ」と呼んでいた・・・。喜んでいいかは不明ですが・・・。「これからもチョコチョコお邪魔するからねえ!」と帰り際に挨拶すると「うん。また来てよ!」って。



Cimg2103_1おおっ!オールバックが役に立った!役に立ちましたよー!田中代表!あん時の一言のおかげで、こんな私でも ほんの少しですが地域生活の役に立てましたよ~!
最近は、どこへ行っても、誰に紹介されて「こんな格好してるけど・・・」って言葉から あらいの紹介が始まるような、まるで「規則」があるのか、って思えるほど あらいのオールバックは「認知度」を上げてきています。これからは更に更に上げ上げでいきますので、皆様よろしくお願い致します!m( _ _ )m


P.S
でもね、本当はね、豊橋市内にある相談支援事業所同志で連携を取り、対象となる方の地域生活をみんなで勝ち取っていける、こんな街になってるんだ!ってことがメチャクチャ嬉しかったんです。障害者自立支援法の中でも重要な位置を占める相談支援。益々 連携を深め、相談支援の充実を図っていくもんね!で、ゆくゆくは、豊橋市内なんてケチな話じゃなく、東三河、愛知、全国って広がっていくといいですよね!
ね、蒲郡市の支援センターさま!ぷぷぷっ。


 arai

|

« ど、どうなるの!? | トップページ | 快晴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オールバック 万歳!:

« ど、どうなるの!? | トップページ | 快晴 »