« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月30日 (月)

衛藤 晟一「当確」!

4時16分、東三河障がい福祉研究会 鈴木代表より「朝日新聞ネットから」と、メールが届く。衛藤晟一 「当確」

遅れること30分。4時51分 NHK総合ニュースでも、とうとう

衛藤 晟一「当確」!

衛藤晟一 「当確」

が付いた。うぉぉぉーっ!(ToT)
しかも!元 厚労相 尾辻秀久さんと並んで。(ToT)

良かった!本当に良かった!
外は白々 明るくなってきてる。何だか感動的だなあ。さぁ、寝るかあ。皆さんも寝ましょ。 そして いい夢 みましょ!

衛藤晟一さん、否、せんせい!おめでとうございます!


 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月29日 (日)

千円札

ささやかですが!

豊川市にある「サティ」へ お買い物しに。
一階 食料品売り場前には、毎年恒例「24時間テレビ・愛は地球を救う」のチャリティー・コーナーが設けられていました。今年で30周年だそうです。この番宣を見ると夏!を実感しますね。

今年、ふぃ〜る工房に「ダイハツ・アトレー」を配分して頂きました。cafe神楽、afふぁくとりぃがある蒲郡市に配置したことから「神楽号」と名付けました。
ふぃ〜る工房唯一の軽自動車「神楽号」は、その小回りの良さから重宝され、今ではなくてはならないモノになってます。本当に ありがたいです。

募金箱を見て、財布の中を見て、あらいは一大決心!開いた財布に右手を差し込み、グワシッ!と千円札を握りしめ、そのまま勢い良く募金箱に放り込みました!いや~、かっこいい!実に男らしい!

給料日まで まだ10日以上…。しかし、財布の中は寂しい限り…。今の あらいには千円はメチャクチャ痛いっ…。


が、ささやかですが、ほんの、ほんの感謝の気持ちです。工房スタッフとメンバーさんと支えて下さる全ての皆さんを代表して、この あらいめが「無けなしの千円札」を、颯爽と!募金箱してまいりましたーっ!いや~、やっぱ、あらいは かっこいい!実に男らしい!わははっ、わははっ!

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月27日 (金)

地域で みきる

ここ最近、豊橋市たまも荘障害者支援センター 松井ワーカーさんと仕事をする機会が多い。市内というか県内の支援ワーカーとしては、かなり早い時期から活動開始している、若いのにベテラン。という お方。しかも お上品。そして腰が低く、きれいに頭を下げられる…。あらいには ないものだらけ…。の妬ましく、羨ましく、尊敬出来る方。

で、昨日、その松井さんが担当する精神の方の困難ケース会議に参加。そこで あらいは泣きました。

詳細について書けませんが、かなり難しいケースであるということから、まず、わたしら2人と その方の家族支援に入る介護保険事業者で個別会議。ここで話し合われた方向性を ご本人と ご家族にお話しようということに。

施設入所、精神科入院を強く望む ご家族に対し、まだ福祉の分野でやり残していることがある。医療に委ねるのは その後で遅くないのでは。そして、これは ご本人の障害からくるものというより、環境が整わずおってしまった二次障害であり、これ以上 本人を苦しめることは回避しよう。という答えで まとまる。

先にも書きましたが、松井さん、いつものように物腰の柔らかく、上品な語り口調で話されていましたが、その語気は強く『地域支援ワーカーとして、安易に入所や入院を選ばない。地域福祉で みきるんだ!』という、強い、強い思いを感じました。
とても素敵な方です。

arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月26日 (木)

浅野せんせい 大いに語る

昨夜の taizoさんのコメントにもありましたように、今日 豊川市で前宮城県知事 浅野史郎氏が講演されました。taizoさんと鈴木代表と3人で仲良く拝聴。

内容は福祉ではなく、取り分け「税」に関するもので、そこに地方行政のあり方や市民・納税者として、どう考えるか。みたいなものでした。「三位一体の改革」という難しい話でも、ご存じのごとく巧みな話術で解りやすく、しかもユーモアーたっぷりに話され、会場内は終始 笑いに包まれていました。さすがっす!(^O^)

で、あらいのハートに残った言葉は。
「まちを活気つかせるのは、よそ者で、変わり者の、女性が必要。」っていうの。お気付きでしょ!かみやさんじゃん!わはは、わははっ!(^O^)
あとはマジに「自治体というのは役所とか町という単位ではなく、市民の皆さん、納税者の皆さんこそが自治体なんですよ。」と。

ならば。「障害福祉とは、行政とか事業所が主導でするのではなく、障害のある当事者の皆さんが望むモノが福祉。」なんですよね。浅野せんせい!

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スゲエ!

久々に「吠えた」ら、このブログのアクセス、朝っぱらだっちゅうのにスゲエ数になている~!みんなストレス溜まっているんですねえ~。毎日、蒸し蒸し暑いっすもんねえ~。
皆さん、適当に発散しましょうねえ~。工房のボンジョビ じゃない高柳君のようにねえ~。ぷぷぷっ。

arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月25日 (水)

「らしくないなぁ。」

と、いうメール、電話がバンバン入る…。(・_・;)
先日の「豊川市自立支援協議会 専門部会(案)会合」について。の書き込みについてです…。

「なぜ内容を書かん!らしくないぞ!解らんぞ!」。

「書かなかった」のではなく「書けなかった」んです。あまりのショックと失望感とで…。が、「らしくないぞ!」と言われたら黙っている分けにはイカン。書く。(`ヘ´)

あくまで案。ここで、この会合で豊川市の自立支援協議会のあり方、豊川市に済む障害のある方の地域生活を「どうしたら勝ち取ることが出来るか?」を話し合う会合だと思い参加したのに、決まっていることだったんです。

070726_000501ある程度の叩き台はあって当然。ですが、福祉課と市内にある3つの委託相談支援事業所の1つとで、しっかりした構図が出来ており、それを多くの事業所を集め承認する会となっていました。現に、委託を受けている他2つの事業所は「つい先日この構図を見せられたばかりで内容は良く解らない。」と紹介の際 話す。という始末。( ̄○ ̄;)

会の冒頭「豊川市は自立支援協議会をやるにあたり、現場の意見をより尊重したいと考え、本会より先に専門部会を立ち上げたいと思う次第であります。」と福祉課さんの挨拶。これに あらいは「素敵!」と目を輝かせた。のも束の間、資料に目をやると落胆に一変。(・_・)エッ...?

招集されたメンバー=構成メンバーなんですが、その中に就業センター・ワーカーや児童に専門性を持つ地域療育等支援事業担当者がいない…。これを問うと「上(自立支援協議会)に来て頂くつもりです。」とのこと。

え?先ほど「現場を尊重する」って仰ったのに、現場のワーカーが専門部会で話さず、代表クラスが集う「上」に出席出来るの?よしんば出席出来ても発言を聞き入れてもらえるの?

更に、豊川市には推進センターがあり、発達障害児の皆さんに対する支援は分厚いはずなのに、やはり同様に現場の意見を上にあげることが出来ないのでは?

070726_000301もう一つ。専門部会を「居宅」「日中」「居住」の3部門に分け、各部門で代表者を2名 選出し、このメンバーで専門部会を組織する。ということ。日中部門には「新法移行事業所(就労系、生活介護)」、「旧法施設」、「地域活動センター」、「児童デイ」…。と専門性が あまりに違う事業者に対し「枠」で切り、しかも3名と限定されている。

そして、豊川市も相談支援事業対象地域にしている「ふぃ〜る工房 地域生活支援センター collabo」は、全くもって居場所がない…。専門部会であるにも関わらず「相談支援」に対する理解と必要性を感じない。

では、自立支援協議会には相談支援事業所は入れないといけない。のだから、就業センターや療育等事業と同様に「上」での発言はあるのか?の問いには
「豊川市内の事業所しか考えていない。」とのこと。

豊川市福祉課さんは、何度も「豊川市の事業所で…」を口にされた。そうだと思う。だが「豊川市の…」は、事業所ではなく「障害のある本人」であるはず!その豊川市の障害のある本人を優しく包み込む事業所に、「市内」も「市外」もあるかっ!「タバコは地元で。」とは訳がわけが違うんだぞ!

自立支援協議会 専門部会(案)に関する会合は、45分で終了。その後、15分の休憩を挟み「工賃倍増計画」についての豊川市の取り組みが30分ほど話される。

豊川市は、県が「旧法授産施設」を対象にした この計画を「独自」で、地域活動センターにも拡大し支援する。とのこと。障害者自立支援法では、就労に対する支援強化が大きなテーマの一つでありますから、素敵な話しです。

豊川市は、就労に移行出来うる「一部」の方の支援しか考えていないのだということが、よく分かりました。
豊川市は、行政の縦割りを福祉にも持ち込み、成長の変化に伴い分断されている支援体制を、同一期も分断したいのだということも、よく分かりました。
豊川市は、障害のある方が犯罪に巻き込まれたり、また起こすことのない街だということも、よく分かりました。頼る先も、相談する先もなく、支援が届いていない、滞る人がいない街だということも、よく分かりました。

豊川市は、支援が滞り「死」に至る人がいない街だということも、よく分かりました。

この素敵な「豊川市」に、我々 相談支援専門員の出番はない。ということが、よく、よく分かりました。

arai

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年7月24日 (火)

ペアルック

届いたーっ!届きましたーっ! (^O^)/

で、何が?ここでも再三 ご紹介させて頂いている日本財団 チーム・オラレの漢(おとこ)本多さまから。が、宅配便が到着した時に あらいは不在。と、本部の電話に本多さん直々に電話があったそう・・・。で、サイズ等を かみやに確認して欲しい旨を伝えられたそう・・・。ので、本多さんの声を聴いたのも、最初に茅ヶ崎アロハを見たのも、お礼を伝えたのも、みんな かみやさん・・・。(ToT)
http://ameblo.jp/masao-mugi/


ペアルック

で、何が?以前に本多さんが ここに書き込み下さった「茅ヶ崎アロハ」が!昨日、工房本部に届いていたのです〜。きゃ〜!嬉しい!否、嬉しいなどという言葉では決して言い表すことが出来ない、正に「どんなだけぇ〜!」って感じ!
あ〜ん、嬉しいよぉ〜。(ToT)

で、茅ヶ崎アロハ。あのサザンで有名な茅ヶ崎が、まちづくり、まち興しの一貫として数年前から青年会議所や商店街から始まり、今では議会でも、皆さんがアロハを着て「まち興し」に一役買っている。っていう素敵なシロモノ。を、本多さんが あらいの基に送って下さったのです!

で、この茅ヶ崎アロハ。今シーズンは白地に白色の模様が入っていて、お洒落感イッパイなんです。
襟はボタンダウンとオープン(開襟)の2タイプで、品の良い本多さんはボタンダウンタイプ、品の少し良くない(決して悪いわけじゃないっす!)あらいはオープンタイプなんです。
お互いのイメージにピッタリ!でしょ。本多さんが選んで下さったんですよ〜。うふっ。(*^_^*)
本多さんと「必ずペアルックの写真を撮りましょ!」って約束しちゃってる手前、早急に上京しなければ!


で、昨日から小坂井町、田原市の夏期障害児レスパイトが始まりました。この夏も一人のケガ人も出すことなく終えねば。と誓い、スタッフは持ち場に走りました。もちろん、日中支援の あとりえも未来も、下宿家も、ヘルパーステーションも支援は続く。
ってなこともあり、夏休み中は こんな あらいにも現場仕事が回ってくる。嬉しく、ありがたいかぎり。

で、今朝の あとりえお迎えは あらいめが担当。
日本財団さまから頂いたハイエースに乗り、本多さまから頂いた茅ヶ崎アロハを早速 着込み発車。するとFMラジオからサザンの「勝手にシンドバット」が流れてきました。
「縁(えにし)な生活」を感じました。うまいっ!

070724_102101同封されていた開高健さんの葉書。
「悠々として 急げ」。はい!

arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月23日 (月)

ありました…

豊川市…

今日、豊川市自立支援協議会 専門部会についての会合があり、参加して参りました。

会合が…。ありました…。(・_・;) ううっ…。(ToT)

arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月21日 (土)

今日は、豊橋市自立支援協議会相談支援部会がありました。
ここんとこ忙しくバタついており、自分の能力の無さに少々の苛立ちと切なさを感じていた あらいは、今日の部会で少し元気になりました!(^o^)/

というのも、今日の議題は「個人情報」についての取組み方・考え方。と個別ケース検討会議。まさに障害のある皆さんの地域で暮らし続ける「権利」について。
相談支援部会員のみならず、検討対象者の方が利用する福祉事業者も招集され、「個人」から発信された事例を「市」として対応を考えるという、自立支援協議会 相談支援専門部会としては理想の形!

個別ケース会議は、とてもヘビーなケースでしたが、今 利用している入所施設の日中一時支援や短期入所の施設担当支援者だけでなく、児童期を良く知る地域療育等支援事業コーディネーター 山本さんからのアドバイスがあったり、ふぃ〜る工房なんかの施設支援で足らない部分を地域で紡いでいく方法などを、他の事業所の「他人事」ではなく「自分事」として話合えました。しかも皆が「前向きに」考えることが出来ました。

そして、更に素敵だったのは、利用の可能性や解釈等の事業者側の問いに対し、その場でフットワーク良く「さっ」と席を立ち「確認します。」と関係部所に電話し答えて下さった「障害福祉課 杉山専任主査」!

2年前の「豊橋フォーラム」から工房や東三河障がい福祉研修会主催のフォーラムには、必ず ご登壇頂いている方。蒲郡市 鵜飼部長と田原市 柴田さんと ご登壇頂いた市民福祉フォーラムinとよはしの際には、戸枝さんから「侍」と称された熱い行政マンの一人なんです。(^o^)/


で、今日の「収穫」は、市町村事業は、市町村の「裁量」で決めて良いのだ!と福祉課さんが答えて下さったこと。権利擁護を含む福祉サービスに関する事柄なんかを「国」以上の解釈をして良い場合もあるのだ!と気付いて下さったこと。

侍

勿論、これで何もかもがハッピー!ってわけではなく、「動き出した」というだけのもの。この協議したものが、「上」にある自立支援協議会で、しっかりとした形となって示されなければいけないのですけれど、事が進むには順序だてていかねば。ですもんね。
豊橋市は中核市。東三河の近隣市町村に与える影響は、決して小さくない。この豊橋市が、障害のある方の目線で今あるべき福祉のあり方を考えるようになった時、東三河は「福祉先進地域」に生まれ変わるんだと実感しました。

その時が来るまで、東三河の「侍」には、もう少し踏ん張って頂きたいと思います!
あっ!教育委員会に移動された小坂井町の「侍」も!

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月19日 (木)

感謝の気持ち

感謝の気持ち

ありがたい話です。
豊川 デイサポートセンター PS未来に「独立行政法人 福祉医療機構」様より、送迎車両の助成を頂き、先だって納車されました。
トヨタ「VOXY」いつもながら感謝の念にたえません。

納車までスタッフ間の車種選定で「あれがいい!これがいい!」と、スッタモンダありましたが、利用メンバーさんの笑顔で そんな些細なことはスッ飛んでしまいました。

事故のないよう、大事に、大事に使わせて頂きます。福祉医療機構様、ありがとうございました。

そして「老体」にムチを打ち、2年に渡り未来の送迎を担った「ハイエース」が、その任を解かれ引退することになりました。無事故で終えて頂いたこと。感謝します。本当に ご苦労様でした。そして ありがとうございました。

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市民福祉フォーラムinたはら

東三河障がい福祉研究会 始動!
市民福祉フォーラム「福祉」から「自立」へ
〜自立支援法のいま〜  開催決定!

今回は、熱き福祉行政マンの「熱い」招致に応えます。その行政マンのいる「まち」は、「田原市」!

開催日は9月29日(土) 10時開会。田原市文化会館。
参加費 1000円。共催に田原市

基調講演「障害者自立支援法の いま」。
講師は、社会福祉法人むそう理事長 戸枝陽基氏

市民福祉フォーラムinたはら

豊橋市、蒲郡市と開かれた市民福祉フォーラム。今回で3回を数えます。
豊橋では、厚労委員会筆頭理事 大村代議士、全国ネット 田中代表を お迎えし、障害者自立支援法の始まりとこれから。を お話頂きました。蒲郡では、東松山社協 曽根センター長を お迎えし、共生について お話頂きました。

そして今回 田原では、全国育成会 理事、全国ネット 事務局長も兼務される超多忙の戸枝氏。「地域生活支援事業所 ガイドブック」が大好評の彼。歯に衣着せぬ辛口トークで、これからの障害福祉のあり方、障害者自立支援法のいま を学びます。
その講演を踏まえ、地元 田原市で「生きる」各会の皆さんで「地域で暮らし続けるには」を考えるシンポジウム(シンポジストは、ただ今 調整中。今暫くお待ち下され。)を行います。

更に参加者全員が課題を持ちより、全員で考え、全員で答えを導き出す、グループディスカッションを開催します。田原市の「まちづくり」の一助となるべくっ!

市民福祉フォーラムinたはら。こう ご期待!

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月16日 (月)

ガンバレッ!新潟!


ガンバレッ!りとるらいふっ!ガンバレッ!片桐っ!

http://blog.canpan.info/katagiri/

 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月15日 (日)

原点

原点

2001年2月、生活支援ネットワーク愛知(設立前は愛知県地域生活支援ネットワーク設立準備会と名乗っていました。)から発行された、愛知県のレスパイトサービス・ガイドブック。知る人は少ないでしょうね。

タイトルは「障害のある方に寄り添う 生活を支える」。
代表は、今は長野・西駒郷に行ってしまった ナント!山田優さん。中身はというと、県内のレスパイト事業所の紹介とサービス利用の事例。

あらいは迷うと本棚から引っ張り出し、何度も読み返す。あらいにとっては「原点」といえるもの。

事業所は21団体。その内の5団体は、その法人施設の通所利用者のみが対象。他のほとんどは入所施設。短期入所の延長的なイメージだったんでしょうね。ということで、2/3が社福さんが運営、NPO法人格は取得したばかりの ふわりさんのみ、あとは任意団体。この年の9月にNPO法人となった ふぃ~る工房は、当然これ。

で、この表紙の絵と中の挿絵は「ふぃ〜る工房利用者のみなさん」。最終頁でも ご紹介して下さっています。(^_^)v

本の最後、この本の編集をされた愛知県心身障害者コロニー発達障害研究所の堀尾さんの

「いつでも、どこでも、選べるだけの いろいろなサービスが愛知県全域に根付いていくように。」

という言葉で結ばれています。

2007年7月。未だ その夢は叶わず。ですね。

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月14日 (土)

清き1票

と、いっても話題の参議院選挙。ではありません。

本日、豊橋市市民協働推進補助金の公開プレゼンテーション会が、豊橋市役所講堂にて開催されました。台風の接近で開催が危ぶまれたのですが、何とか開催にこぎつけた。って感じです。
推進課職員さん、大変な気苦労だったことでしょうね。お疲れ様でした。ありがとうございました。

この「市民協働推進課」。いつも お世話になっているカリオンビルのオレンジプラザさんは、その出先機関なんです。工房ファーラムや東三河障がい福祉研究会のファーラムでは、いつもいつも お世話に なっている。そんな「課」なんです!(^O^)

オレンジプラザさんのブログ
http://toyohashi-npo-info.seesaa.net/


で、この補助金申請に22団体が応募。1次審査を通過した10団体にアピールする機会を設けて下さった。っちゅうわけです。
で、ふぃ~る工房の企画は「”art camp”in とよはし」。そう!懲りずにまたやります!野外色あそび。しかも会場は豊橋駅東口ペデストリアンデッキ(カルミア広場)です!まさに豊橋市の玄関口でやっちゃう~!「とよはし百祭」の再現。でございます。

まだ日程等詳細は決まっておりませんので、決まり次第ここにもアップしますので こうご期待!


で、今日の審査で素敵だったのは、審査員の方が10名ほど。それとは別に会場に来ていた、応援しに来た方にも「審査に参加」することが出来たのです。どういうことかというと、審査員の持ち点とは別に、会場に100点が配分されていて参加者の人数で按分。応援する団体と、その他で「この企画はいいなあ~!」と思う団体に投票。その点数と審査員の点数とが合算され補助団体を決定する。というものでした。

豊橋市 市民協働推進課

で、ふぃ~る工房は「あとりえメンバー」が応援団として参加されました。
近日ある参議院選挙と同じく、障害の有無に関わらず審査に加わるという「同様の権利」を頂いているのだから、絶対にムダにしたくない!と思い、あとりえメンバーさんにお話しすると、皆さん喜んで応援に来て、ふぃ~る工房の企画に「清き1票」を投じて下さいました。感謝、感謝でした。


で、その甲斐ありまして工房企画「”art camp”in とよはし」は、補助事業に決定されました~!いや~、皆さんの おかげでございます!本当に感謝、感謝、また感謝です!そして豊橋市市民協働推進課の皆さん。補助金支給先として決定して下さったことは勿論、あとりえメンバーさん方に 素敵な機会を与えて下さり、本当にありがとうございました。


あっ。追伸。
東三河障がい福祉研究会企画「市民福祉フォーラム in とよはし」も、有り難いかな補助事業として決定されました!ああ、ありがたい話です。感謝。
「すずき代表~。当会の通帳を作って豊橋市と債権者登録をしないといけなくなりましたよ~!何だかエライことになってきましたねえ~。この先、ど~なっちゃうんでしょうか?われわれは・・・。」


 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月12日 (木)

偉くなった気分!

偉くなった気分!

今朝 出勤すると「憧れ」のマイデスクがーっ!


工房本部には、代表室(スタッフは「愛の説教部屋」と呼ぶ…。)はあるが、個々のデスクはなく、というか自分の座る場所も決まっておらず、仕事が終わればデスク上をキレイさっぱり片付けて帰る決まり。

で、片付けが苦手な あらいは、かみやさんやスタッフに キツク叱られる日々でした。(ToT)


がっ!これでもう大丈夫!やり残しは ぜ〜んぶデスクの中に突っ込んで帰っちゃうもんねぇ〜。うふふ。


が。かみやさんにバレないようにしないとね。コワイから…


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 9日 (月)

寝顔

寝顔

久しぶりに、本当に久しぶりに萌を寝かせつけました。
ここんとこ忙しく(飲んでばかりなんですが…。)、帰宅は深夜。夕飯を一緒にとることも、お風呂に一緒に入ることも、全く出来ていませんでした。

萌の布団で一緒に横になっても嬉しいのかハシャギまわり、なかなか寝つけませんでした。が「こらっ!」と叱ると、今度は ヒシと あらいにシガミ付き「パパ大好き〜!」と言い、あっという間に寝入りました。

ボロボロと涙をこぼしながら、暫く萌の寝顔をみていました。

萌。ごめんなさい。そして ありがとうね。

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いますぐ!飛べ!

朝から あらいは号泣しました。
起き抜け、まだ目もしっかり開いてないままパソコンを開き、ブログをチェック。で、次の瞬間、あらいの目が覚める書き込みが!

Dscn1005
「わざわざ焼津でかっぱ寿司」さま
あらいが尊敬してやまない雲上人。




今すぐ ← のコメントを読んで下さい。皆さんも号泣するはず。
大きな方です。そして深く、暖かい方です。カッコイイです。


で、読み終えたら、すぐ下記ブログへ飛んで下さい!
http://etou-seiichi.blogspot.com/2007/06/blog-post_26.html

「えとうせいいち さん 応援ブログ」。勝手連的ブログです。



先日も書き込みしました「全国地域生活支援ネットワーク総会」
http://feel1999.cocolog-nifty.com/lallapallooza/2007/06/post_0758.html#comments
の時もそう。今日のコメントにある通り昨晩もそう。代表は  じゃない、間違えた「わざわざ焼津でかっぱ寿司」さまは、殺人的なスケジュールで地域支援の綿毛を飛ばし、水をやり、花を咲かせてみえます。

あらいも、少しでも代表に  じゃない、間違えた「わざわざ焼津でかっぱ寿司」さまに近づけるよう、頑張ります!っていうか頑張る!なんて次元では語れないほどメチャクチャ頑張ります!!かみや代表はじめ工房スタッフの力を借りながら。鈴木代表はじめ東三河障がい福祉研究会メンバーの力を借りながら。そして何より、こんな あらいでも信頼して下さっている障害のある皆さんと そのご家族に叱られながら。今日も休日返上で頑張ります!


うおおおおーっ!代表の  じゃない、間違えた「わざわざ焼津でかっぱ寿司」さまの書き込みで、むちゃくちゃ、むちゃくちゃ!元気が出てきたぞーっ!やったるでぇ!!


 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

必ずやっ!

今日 午前は田原市で、午後は豊川市で。と2本の音あそび。さすがに40歳を超えると日に2本はキツイ…。昔は3本とか出来たのに…。かみやさんに「無理しなくていいよ。」と優しい声を掛けて頂いた時に、素直に甘えれば良かった…。なんであの時「大丈夫っす!」なんて見栄を張っちゃったんだろう。ううっ…。(T_T)

で、そんな話ではない。今日は その後 名古屋へ出向き「えとうせいいちネットワーク」のフォーラムにかみやさんと鈴木代表、近藤顧問、工房スタッフ3名と参加してまいりました。(^o^)/

070708_194501シンポジストは、前回の「あさみどりフォーラム」にも登壇された島崎御大と北岡さん、戸枝さんのアメニティーネットワークの二人、そして今回の参院選に出馬されている元厚生労働副大臣 えとうせいいち さん。

えとうさんの話を聴いて、毎度 驚かされるのは「本当の福祉の現状」を理解している。ということ。

どういうことか。というと、えとうさんは法律・制度に詳しいだけでなく、市議に初当選した時から小規模作業所を立ち上げる作業を、親さんと一緒にされてきた。だからこそ、現場の不具合が分かるんです。
こんな政治家は そうはいないです!絶対に!

必ずやっ!

シンポジウム終了後、身内だけの手作り懇親会がありました。その場でも、えとうさんは一人一人に丁寧に挨拶して回り、何に困っているのかを聴いて回っていました。
今回の参院選で国勢に返り咲いた暁には、9月の再補正予算組に間に合います!その時には、今日の話に きっと応えてくれることと信じて疑いません。

介護保険制度化の時のように。
薬害エイズ問題を解決したように。
昨年の補正で1200億円を勝ち取って下さったように。
きっと。

11時40分、後ろ髪を引かれる思いで会場を後にしました。鈴木さん、かみやさんと、会に参加していた naitoさんと taizoさんとの5人で。最寄り駅まで送ってもらい、あらいは taizoさんと名鉄に、他3人はJRで帰路に着き、先ほど我らは帰宅しました。

070708_232001社内では久々に taizoさんと ゆっくり話をしました。最近お互い忙しくメールでのヤリトリが多く、きちんと話す時間がなかったので とても良い時間になりました。
お互いの家が近所なんで、歩きながら「疲れたけど良い一日だった。」ことを確認し別れました。

あらいにとっては本当に贅沢な一日でした。2本の音あそびで20人の本人さんとドンチャン騒ぎが出来、かみやさんと共に野郎スタッフ4人と新人女性スタッフ1人と移動中を賑やかに楽しく過ごせ、名古屋で「えとうさん」の素敵な話も聴け、帰り道 taizoさんと建設的な話が出来たこと。

そして何よりも「贅沢だ!」と思えるのは、開会の挨拶のためだけに高崎から駆け付けた田中アメニティーネットワーク代表に会えたことと、「ガンバロウ!コール」をするためだけに鹿児島から駆け付けた水流アメニティーネットワーク理事に会えたことです!
お二人は呆れるくらい素敵っす!尊敬します(^o^)/

えとうせいいち さん。必ずや勝ち抜いて下さい!

arai

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月 7日 (土)

飲んだくれワーカーの会

久々に「飲んだくれワーカーの会」がありました。いつもの飲み屋さんに いつものメンバー。和気あいあいとした雰囲気の中、日々の業務の問題を語り合ったり、解決策を探ったり、親睦を深めました。(^_^)v

070706_185201今回の参加者は20名ほど。豊橋街中にある「獅子王」。バイキング形式で飲み放題、食べ放題。大いに頬張る。
で、あらいのテーブル。私の横には豊川市議の大嶽さん、隣に神谷さん、鈴木代表、昨夜も一緒だった鈴木県議、豊橋選出の浅井県議と豪華な顔触れ。しかも!大嶽市議が焼肉奉行となり、せっせせっせと あらいの皿にサーブして下さる。贅沢のキワミですなぁ。(^O^)


で、21時にお開き。
が!ここで終われないから「飲んだくれワーカーの会」。

あらいが ここで紹介するのも何なんですが、東三河障がい福祉研究会 江川副代表は、この度、あかね荘障害者支援センターから「身体障害者療護施設 珠藻荘」の施設長に大抜擢!そう昇進されたのです!スゲエ出世でしょ!たまげたモノ!先日の東三河障がい福祉研究会・緊急会議のメインテーマは「これ!」だったのです。だからあの時は書けなかったんです。
まあこれで、当研究会もリアルに3障害と向き合う団体になったわけだし、身体の方の支援は、知的の方の支援とは大きく違うと思いますので、たくさん教えて頂きたいと思います。



で、昨晩は江川さんは、あかね荘職員さん主催の送別会に出席されていて、すぐ近くで飲んでいたんです。で、当然 合流。あかね荘の職員さんも10名を越えており膨れあがる「飲んだくれワーカー」の群れ・・・。
2次会が終了したのが深夜1時半。法人も施設も違う者同士が語り合いました。


それにしても江川さん、花束が似合わない・・・。
が、かくいう あらいも、このあと花束を持たされましたが、皆さんの様子から察するに更に似合わないようでした・・・。ううっ・・・。飲んだくれワーカーの会

「地域福祉はネットワークが大事!」と、よく耳にします。様々ある個別のケースを多くの支援者で包み込む。地域で暮らし続けるためには必要不可欠なもの。それがネットワークだと思います。障害のある方の地域生活を1法人が「見切る」というのは、並大抵のことではありません。が、地域で、ネットワークで「見切る」ということなら、ふぃ~る工房でも何らかの お役に立てることと思います。
この「飲んだくれワーカーの会」も、「東三河障がい福祉研究会」も、障害のある方を、地域で「見切る」ためには必要な集団であらねば!と思い帰宅しました。


 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 6日 (金)

一般質問

一般質問
昨晩は地元 豊川市選出の愛知県議会議員 鈴木彰伯さんと、友人数人と遅くまで飲んでました。(^O^)

鈴木県議は、前職が障害福祉施設職員という、ちょっと変わり者の議員さん。福祉の現場にいた鈴木さんは、障害のある方を取り巻く環境を変えたい。そのためには政治に訴えるしかない!ってことで市議会、県議会に。

っていう経緯で現在に至る。で、あらいと彼は、大人になってから仕事を通じて関係が始まりましたが、今ではお互いを「この人、バカだから。」と紹介し合える仲に。信頼関係以上の友情みたいなものが出来上がっています。青臭いと思われるかも知れませんが、大人になってから「友」と呼べる人と出会えたことを有難いと感じています。どうあれ悪友として現在は お付き合いさせて頂いています。(^_^)v


市議時代もそうでしたが、彼のテーマは終始一貫「障害福祉」。一般質問の際には、「忙しい!」という あらいを呼びつけ納得するまで説明させる。そして議場で障害福祉の向上のため熱弁をふるってくれました。


で、その鈴木県議が9月議会で一般質問をすることが決まったそう。で、早速 呼びつけられ質問の構想を熱く語ってくれました。「愛知県の福祉計画」が基本テーマだそうです。


しっかり準備し、万全の状態で議場に立てるよう、しっかりサポートしていきたいと思ってます!悪友として、彼が、彼の思いを達成出来るその日がくるまで。


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 4日 (水)

支える人

今日、蒲郡市自立支援協議会 全体会が開かれました!
で、会員の顔ぶれが素敵。児童担当の充実ぶりから民生員や総代さん、企業代表に福祉専門職まで、縦軸にも、横軸にも充実したメンバーさん。「これが自立支援協議会だ!」っていうもの。よくもまあ、これだけの顔を口説き落としたものだ。と感心することしきり。いや~、素晴らしい。


で、素晴らしい!のは これだけじゃないから蒲郡は素晴らしい!
会の進行は福祉課 太田課長。開口一番「挨拶はさておき、議題に入ります。」と宣言!

きゃ~!素敵以外に言い表せないじゃないですかあ!先の個別会議に引き続き『自己紹介をする時間があったら、本人の為の話し合いをする!』と言わんばかりの進行に、参加者はハートを打ち抜かれたことでしょう。うん。間違いない。もう、絶対に福岡さんに報告するんだから。
先日 あった豊橋市自立支援協議会の進行も同じく課長が仕切られたのですが、「はい。では1時間経ちましたのでえ。」と閉会してしまったんです。
この差は何っ!この差はっ!!悲しい。ではなく呆れる・・・。



で、先にも書きましたが蒲郡市の福祉は「敏腕部長」率いる「チーム鵜飼」が支えていると言っても過言じゃない。でもね、どこのリーダーもそうだと思うんですけど、リーダーってある意味「突っ走る!」タイプの方が多いですよね。熱く、思いが強い分だけ、突っ走りますよね。少なくとも工房は「そう!」です。

で、鵜飼部長も そう。例に漏れず。工房が蒲郡市で事業展開するという挨拶に伺った際にも、あっ!と言う間に公用車をチャーターし、自らハンドルを握り、我らをあちらこちら案内して下さったのです。そん時に「何てフットワークの軽い方なんだ。」と驚いたことを覚えています。


で、この「突っ走る」リーダーには、必ず「支える」方がみえます。あらいのように・・・。ぷぷぷっ。
で、このチーム鵜飼の「支える」方が、この太田課長なんです。二人のやり取りを聴いていると、正に「以心伝心」。素晴らしいって思うことしきり。この課長がみえるから部長が「安心」して突っ走ることが出来るんですよね。うむうむ。


あらいも「支える」側。尊敬します。見習わせて頂きます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 3日 (火)

擁護するにも…

只今 帰宅。ニュースを見ていると久間防衛相 辞任。と。

本間、佐田両相の不祥事による辞任。柳沢厚労相の「産む機械」発言。松岡農水相の「なんとか還元水」発言の末の自殺。そして今度は久間防衛相の「原爆投下容認」発言の末の辞任…。

安倍晋三 内閣総理大臣さま。

あなたには、任命責任はないと お思いですか?本当にないと お思いですか?罷免せず辞任を待つというのは、ある意味「他人事」と お思いではないですか?

勿論、しっかりとした理念のもと政を司る方が多くみえることは存じあげております。だからこそ、やれない、やらない、まして問題を起こした閣僚は罷免しなければ、真面目に政を行う閣僚のみならず国会議員全ての皆さんに申し訳がたたないのではないでしょうか。擁護するにも ほどがあるんじゃないでしょうか。

若輩者が生意気 言って すいません。が、これも民意です。
あぁ、せっかく機嫌良く帰ってきたのに・・・。



今月末の参院選に、あの「薬害エイズ問題」を英断のもと解決した本物の政治家「衛藤せいいち」元厚労副相が、国政復帰に向け立候補されています。神に祈る。だけではなく、しっかりと ご支援させて頂きます!

arai

| | コメント (4) | トラックバック (0)

活動意義

先に書き込みをした豊橋市市民協働推進補助の「ふぃ〜る工房企画」一次審査通過。に引き続き、ありがたい知らせが、まだありました!

この「豊橋市市民協働推進補助金」は、設立2年以上の団体を対象にした「くすのき」と、それ未満を対象にした「つつじ」とがありました。で、ふぃ〜る工房は「くすのき」に応募したのですが、ここで あらいはハッ!と気付いた。「東三河障がい福祉研究会の活動も対象になるはず!」と。エライ。わたしは。

活動意義

で、鈴木代表の許可を得て「市民福祉フォーラム」という企画で応募しました。
これがナント!補助企画として決定していたようです〜!

補助額は置いといて、行政が我々の活動意義を認めてくれた。という点では、本当にありがたや、ありがたや。と思います。豊橋市民の皆さんの税金を使わせて頂けるのですから、恥ずかしくない活動をしていかねばいけないぞ!と、あらためて思う あらいです。当会の活動が豊橋市の「まちづくり」の一端を担っていけるように。

豊橋市民の皆さん。頑張ります!(`o´)

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありがたい一日

今朝一で、ふぃ〜る工房が応募した「豊橋市市民協働推進補助」の一次審査通過という記事が地元紙に載ってるよ。と一報が入る。ありがたい。
ありがたい一日

その後、玉藻支援センター松井さんと打ち合わせを済ませ、蒲郡 神楽へ急行。すると「今日は休みなんですよぉ。」と蒲郡市にある授産施設 大塚作業所の河合所長が来店。長きに渡り蒲郡の障害福祉を支えてきた お方。

で、挨拶もそこそに同じく蒲郡 afふぁくとりぃへ。蒲郡市支援センター鈴木さんが見学の方と一緒に来所。で、今から飛んで帰り、あかね荘での音あそび。
その後 あかね荘 安形施設長と打ち合わせ。

夜は市議会議員さんとの自立支援法の勉強会。と、少し前までは相手にもしてもらえない雲の上の皆さんと、こうして一緒に仕事をさせて頂いています。忙しい一日ではありますが、充実した、そして ありがたい一日でございます。m(_ _)m

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 1日 (日)

発信箱

発信箱

今朝の毎日新聞 2面 「発信箱」は、月に1回の野沢和弘さんの日。タイトルは「もうからない」。例のコムスン問題。

文末は「給料の安い不安定な福祉現場で汗を流している若者もいる。」と締め括られています。

若者諸君、必読!先駆けて福祉改革に奔走してきた先輩方は、みんなのことを忘れてはいない!頑張ろう!

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »