« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月31日 (金)

今日だけは

今日だけは
今夜、夏休み利用の全てを無事故で無事に終えたスタッフと、毎度 恒例の蒲郡市竹島にあります「ホテルT島」へ「温泉打ち上げ」に来ています!
宴会を終え、明日早朝からの利用に備え帰宅の徒に着いたスタッフもいますが、残党組は今から三次会!(^o^)/

いつも、よく飲む仲間なのに、あらいも含め今夜の酔いは早い!疲れからか、解放感からかは分かりませんが、酒の回りが早い。で、楽しい。(^O^)

今日まで、イッパイ叱りました。イッパイ怒りました。
が、今夜だけは、今夜だけは、しっかり褒めてあげたいと思います。そして、しっかりと感謝の思いを伝えます。そしてそして、皆さんも、明日うちのスタッフに会われたら「ご苦労さま。」と声をかけてやって頂けると、あらいは心底 嬉しいです。
今夜だけは。


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「おさそい」

夏休み最終日。あらいは朝から下宿家でござる。(^O^)
今年の夏も、今のところ一人のケガ人も出すことなく、小坂井町、田原市レスパイトも、あとりえも、未来も、神楽も、ヘルパーステーションも。今日一日、気を抜かず最後まで頑張ります!(^O^)


で、下宿家で「田原市手をつなぐ育成会」さんの会報を発見。しばし目をやる。
「おさそい」

いきなり目に飛込んできたのは「市民福祉フォーラムinたはらへの おさそいです」の文字。表面はフォーラムの内容をQ&Aで丁寧に ご説明下さり、裏面はフォーラムに期待するコメントや、過去2回の東三河障がい福祉研究会フォーラムに参加して下さった親さんのコメントがあったりと、正に市民福祉フォーラム一色の会報になっております。あぁ、ありがたや。m(_ _)m

今回で第3回を迎える東三河障がい福祉研究会「市民福祉フォーラム」。過去2回のフォーラムとの圧倒的な違いは、この親さんの盛り上がりです。もちろん豊橋、蒲郡の育成会さんも盛り上がっていましたが、やはり今回の盛り上がりは格段に違うと事務局は感じています。

会報以外にも育成会会員である お父さんのブログで丁寧に連続企画的に紹介されていたり、親さんが率先して学校や市民広場に広報に出向いて下さったりと、ただただ感謝、感謝、また感謝です。

この盛り上がりに応えるべく、あと一ヶ月、しっかりと準備をし「市民福祉フォーラムinたはら」に向かいたいと思った下宿家の朝でございました。

さぁ、ヒゲソリチェック!してこ〜と。(^_^)v

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月30日 (木)

祝!レインボーはうす 3周年記念

ここにも良く登場します、新城市にあります通所授産施設レインボーはうすさん。この秋、めでたく3周年を迎えられます!めでたい!実にめでたい!
レインボーさんと ふぃ~る工房とは、何かと縁深く、施設長の長坂さんは音楽仲間だったり、職員さんの わたなべ君は元・工房スタッフだったり、支援センター長の小林さんは元・あかね荘の主任さんで あらいが安形さんに叱られていると助けてくれた人だったり・・・。とにかく縁深いのであります。だからレインボーさんの3周年は私事のように嬉しく思えてしまうのです!

で、その3周年を記念してフォーラムを開催されます。



市民福祉フォーラム  ~レインボーはうす3周年記念~

レインボーはうすから街づくりを発信しよう!
『共に創ろう!しんしろの街!』

日時 9月22日(土) 9:30~15:00
場所 新城文化会館会議室
参加申込み、詳細は以下
http://www16.ocn.ne.jp/~rainbow3/9.22.pdf


基調講演の講師には厚生労働省から武田牧子地域移行支援専門官を お迎えして「障害者自立支援法が施行されて」と題して、ご講演 頂くとのこと!何て旬な方を!素敵!で、我らが東三河障がい福祉研究会は、このフォーラムの後援をいたしております。なんてたって「市民福祉フォーラム」っすから、応援・手伝いしないわけにはイカンでしょ!




主催のレインボーはうす さんのメッセージを添えます。以下。

>
070827_152902> 『平成16年秋、多くの市民の方々のご支援ご協力の下、新城初の知的障がい者授産施設  レインボーはうすが開所しました。あれから3年、レインボーはうすを福祉拠点 とし、多くの障がい者 支援のための事業が開設されました。この地域に暮らす障がいを持った人たちの生活は目に見えて 前進してきました。今回は新城初のを開催し、厚生労働省障害福祉課より 地域移行専門官の武田牧子氏にお越し頂き、穂積市長さん始め市民の皆さんとともに 「障がい者が快適に暮らすためには、どのような支援や社会であったらい いのか」考えてみようと思います。』
社会福祉法人新城福祉会




東三河の北部圏域を一手に背負う「レインボーはうす」さん。是非とも22日は、深緑の山々を望む新城市へ!そして翌週29日は、紺碧の海を望む田原市で!障害のある方が生まれ育った街で暮らし続けるために、今 私たちは何をすべきか?を一緒に考えましょう!


 arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「起きたーっ!」

「起きたーっ!」

トトロです。そう、となりのトトロです。

5体目のトトロを描き終えた彼女は、突然 振り向き「起きたーっ!」と大きな声。何にゃ?と覗き込むと…


おぉっ〜!確かに目が開いている!確かに起きたーっ!


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月29日 (水)

スッキリした〜!

半田からの帰路 車中からの投稿。運転席は かみやさん、助手席には鈴木代表。あらいは後部席に横たわっています。
今夜は inたはらの講師 半田市むそう理事長 戸枝さんと打ち合わせ。という名の飲み会でした。(^O^)

今日のテーマは「そもそも論」。inたはらも「そもそも論」。っちゅうことに決定!何にゃ〜?ですよね。わははっ!今日は書きませんよ。当日を お楽しみに。です。

で、7時半から12時半までの5時間。みっちり話をしました。泣いたり、笑ったり、怒ったり。と盛り上がり、あっという間の5時間でした。
面白かったよぉ〜、愛知県最南端の熱血福祉課行政マンさん!戸枝さんに「よろしく言ってましたよ。」って伝えたら、「ふん。僕より家庭を取ったんだ!破門。」ってさ。ぷぷぷっ。

とにかく!inたはら。盛り上がりますよ。




で、せっかく戸枝さんと飲んでんだから、日頃 不安に、不満に、疑問に思っている「相談支援事業」のことを矢継早に質問してみました。相談支援対象者の基準の問題や報酬単価の問題、はたまた自治体からの委託事業者の評価基準や社協さんを含めた第三者機関への委託の模索、その先に必ず繋げなければならない自立支援協議会のあり方などなど。
その一つ一つに、戸枝さんは丁寧に答えてくれました。全国の実践の様子や厚労省の考え方、議会・議員の理解度等を。

若輩者の あらいが思い考えていることと寸分たがわない答えが帰ってきました。長い間、胸につかえていたものが スーツと消えていった~。あ~、スッキリした~!。(^O^)

arai

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年8月27日 (月)

「不義理はイカン。」

070827_135301999999今日は一日「スーツ」で過ごしました。この仕事に就く前はスーツ姿が当たり前でしたが、今は とても違和感があります。当人の あらいだけでなく、見る側の人にとっても同じようですが。f^_^;
「研修」に行くにも神谷さんから「アロハ禁止!サングラス禁止!リーゼント禁止!」と服装チェックを受ける あらい。「今日はスーツ!」の指令に「ノーネクタイ」を認めてもらうのも苦労しましたが、何とか一日をスーツ姿で過ごせました。。こんな大人で ごめんなさい。m(_ _)m


で、なんで違和感のあるスーツだったのか?
は、愛知14区選出 衆議院議員 杉田元司 代議士の「福祉現場の生の声が聴きたい。」という要請を受けた東三河障がい福祉研究会が、今日一日、代議士を ご案内。その案内役という「大役」を神谷事務局長、近藤顧問と共に仰せつかった。からなんです。


で、お邪魔したのは東三河障がい福祉研究会 鈴木代表がセンター長を務めます蒲郡市障がい者支援センターを皮切りに同じく蒲郡市・大塚授産所、豊川市・あけぼの作業所、同じく豊川市でNPO法人ゆう、新城市・レインボーはうす。の5つの専門性の違う事業所。どの施設にお邪魔しても お忙しいセンター長さまや施設長さまが出迎えて下さり、恐縮しごく。

070827_113501丁寧に施設の取り組みや新制度に対する課題点や要望を、話して下さいました。特に利用者1割負担の減免拡大や日中支援やGH、CHの報酬単価の見直し等の要請をさせて頂き、それに杉田代議士が現場を見、働く障害のある方と接して頂けたあと、我らの願いに丁寧に答えて下さったことは、本当に良かったと思います。



利用者負担自体が悪いとは思いません。支払い可能な方は支払うべきだと思います。ですが、支払いたくても支払えない低所得の方は、支払える時が来るまで「限りなく 0”に近い減免措置がとられさえすれば良いのだと思います。やはり所得保証のないままの現状で、利用者負担を了承して頂くには問題は大きいと感じますから、雇用に関する法律も整備途中の「今」は減免措置の拡大に尽きるんではないのでしょうか?

民主党さんが言われる「1割負担凍結」。素敵です。が、やはり財源論が語られない限り「絵に描いた餅」、問題の先送りと感じざるを得ません。「ムダを省けば15兆円はある」と言われていますが、どこの省の、どの部分のことを言っているのか公開してくれれば納得致しますが未だ公開されず。一日も早く「増税」を言わずしての「税財源」を示して下さることに期待します。


「不義理はイカン。」

帰り道、喫茶店に寄り、本日の反省会。各施設で見聞きしたものを思い返しながら明日の展望や希望を、正に前向きに話しました。杉田代議士からも何度も「今日は良かった。本当に良かった!ありがとう!」という お言葉を頂き、大役を無事にこなせたことに胸を撫で下ろしました。




杉田代議士は衆議院議員になられる前は愛知県会議員でした。豊橋市選出の。そう隣市・愛知15区からの国換えです。今、当時 豊橋市で後援会だった皆さんには「縁」のない方。にも関わらず、未だに「元」後援会の皆さんは「今」の事務所に訪れ支援を続けてみえます。
あらいが その秘訣を尋ねると、杉田代議士 少し考え「不義理はしないことかなあ。不義理はイカン!」と。


豊橋での県会議員時代、杉田元司後援会にはお父さんが多く、その後援会は「杉田組」と呼ばれていました。「男」を感じます。

今日、本当にお忙しい中時間を割いて下さいました施設長、センター長の皆さん、仕事の手を止めてまで我らの相手をして下さった利用者の皆さん、いきなり現れた我らに脇目もふれず支援し続けた職員の皆さん(突然 現れた工房に驚き、利用者さんから一瞬!一瞬! 目を離し、しかも スゲエ笑顔で会釈した わたなべ君は除く)に、「不義理」のないよう、今日の話を糧にして明日も頑張ります。


 arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

速報


厚生労働大臣 舛添要一氏


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月26日 (日)

脱皮

脱皮

この歳で…脱皮…。かなりヒドイ脱皮…。(・_・;)
家中が、何だか粉っぽい気がするのです…。(>_<)


arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大きな新人君

以前にも書きましたが、今日から あらいは正式に工房スタッフ「小さい」グループに配属となりました・・・。今日、晴れて3ヶ月間の研修期間を終えた「切石誠」さんが、正式にスタッフとして働くこととなりました。

この怒濤の夏休み期間が研修期間とあって、正直「持つか?」との不安を抱いたのは事実です。が、彼は日増しに逞しさを増していきました。 今では、すでにバテバテの あらいを尻目に余裕の表情で利用から帰ってきては、今日あった素敵な出来事を目を輝かせ、とても嬉しそうに、楽しそうに話してくれます。その話を聞いては、少し、また少しと元気を分けて頂いている。情けない あらいです・・・。


どんなヤツだ?と お思いの皆さん。すでに taizoさんが工房ホームページにアップして下さっていますので、ぜひぜひ!顔を「拝んで」やって下さい。そう!必ず「拝んで」やって。否、「拝みたくなる」はずです。ぷぷぷっ。


これからの彼の成長が楽しみな あらいです。ふぃ~る工房、あらい、共々「切石誠」を よろしくお願い致します!


 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月25日 (土)

続々・キャンドルナイト

続々・キャンドルナイト

こんな感じでございます。(*^_^*)
青年会議所の皆さん、実行委員会の皆さん、本当に ありがとうございました。来年も よろしくお願いします。そんで「共に働こう!」ってつなげて下さいませ。m(_ _)m


arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

続・ キャンドルナイト

続・ キャンドルナイト

先ほど 展示を終えた かみやさんから写真が届きました。
ふぃ〜る工房スペースは、実行委員会の ご配慮を頂き、入り口近くの ほぼ正面とのこと。感謝っす!(^O^)

これに灯りが入ったら、さぞかしキレイだろうなぁ。


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月24日 (金)

キャンドルナイト

豊橋青年会議所が中心となり毎年開催されている「日本一のキャンドルナイト 10484本 2007」が、明日25日(土)夜、豊橋公園一帯を会場にして行われます。で、この実行委員会さんから声を掛けて頂いた我らが「あとりえ」メンバーは、ここに出展すべく、数日を掛けて今日「行燈」を完成させました!

キャンドルナイト

行燈の中は、ペットボトルの頭を切りはずし、中に水を入れ、そこにロウソクを浮かべる。っちゅうモノ。これが、素敵!なんせ、水の上に浮かんでいるもんだからロウソクの灯りが幻想的にユラユラ揺れるちゃうわけよ!想像するだけで素敵でしょ。


ここ数日、看護師ミホさんが、あまり親しみのない「アート」にも関わらず、くじけそうになるメンバーさんを おだてたり、なだめたりしながら完成させました。「創作芸術あそびCLUB」のスタッフとしての自覚みたいなモンが芽生えたんじゃないのかなあ。何だか嬉しいなあ。


で、豊橋公園は、豊橋駅より市内路面電車に乗り「市役所前」で降りられると、もう目の前です。小雨決行。大降りの雨の場合は翌日26日に順延。15時より縁日が開始され、18時には点灯される予定でございます。
明日夜の予定がまだ決まっていない皆さん、是非この10484本の幻想的な灯りを見に来て下さいませませ、で、その中から「工房行燈」を見つけて下さいませませ!


 arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フリースペース

フリースペース

初めて「あとりえ」のフリースペースを利用された高等部に通う彼女。初めて。と言っても、ふぃ~る工房との お付き合い、色あそびとの関わりは、もう2年以上になります。ので、彼女のことを あらいは良く存じあげています。そして彼女も あらいのこと、ふぃ~る工房のことを良く知って下さっています。ホントに良く。

で、いつもは大きなシーツいっぱいに お友達と「色」を着けられていますが、ここでは ご自分専用のスケッチブックに ご覧のようなキッチュなキャラクターを、歌を口ずさみながら ご機嫌に描かれています。



「これは何ですか?」と尋ねると、
「ゲ〜ロ ゲロゲロ!カエルさん!」ってフシをつけ、まるで歌っているように答えて下さいました。

いや〜、和むなぁ〜。マジで!(*^_^*)

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月23日 (木)

そうかなぁ…。

ふぃ〜る工房で1番若い女性スタッフが、最近しきりに「焼肉を食べにいかなきゃ!」と言っている。ダイエットしてた彼女が なぜ?


ちょこっと体調を崩し通院した際、医者から「ホルモンのバランスを崩している。」と言われ、それらしい薬を処方されたらしい。で、「薬で取るより、ホルモンを直接食べた方が早い。」と思ったらしい…。
そうかなぁ…。そういう問題かなぁ…。(・_・;)


が、あらいは、そんな彼女が とても好きです〜。(^o^)/


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月22日 (水)

イラナイ機能

イラナイ機能

今日は愛車で走り回っています。で、訪問先が多いので、乗降を繰り返しています。

その都度、メーターのド真ん中に付いている温度計に目がいく。

「48℃」 あり得ない…。( ̄○ ̄;)
こんなのイラナイ機能ダーッ!

arai

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年8月21日 (火)

スーパーバイザー

くどいようですが毎週火曜日は あかね荘 音あそびの日。で、終了後も恒例「あらい君、ひま?」。安形施設長の声。
いつものようにコーヒーを差し出し「ごめんよ〜。あらい君と話してると何か現実逃避出来るんだよね〜。」と、ニヒニヒ笑われる。これもいつものこと…。決して褒められてはいない…。(ToT)


で、いつものように話題は「自立支援協議会」。
「愛知県のスーパーバイザー、受けちゃってさぁ〜。」 と安形さん。そうなんです。愛知県は知的・身体・精神の3障害に一人、スーパーバイザーを配置。その知的分野を安形さんが担当することになったそうです。まぁ、鈴木代表から聞いていて知っていましたが。
で、その3障害分野を統括するのが、ナ、ナ、ナント!長野県西駒郷解体にいかれた「山田優」さん!これにはビックリっしょ!まぁ、これも鈴木代表から聞いていて知っていましたが。


で、県内の自立支援協議会の立ち上がり状況や相談支援事業の状況など、あれやこれやの資料(スゲェ資料とかもありましたが…書けない…書きたい…やっぱ書けない…。ううっ。(>_<))を見ながらスーパーバイザーとしての意気込みを話して下さいました!

で、後半は政治の話で。
先の参院選で民主党が圧勝。これを期に一気に攻勢に出る民主党は「障害者自立支援法」の1割負担を凍結する法案を提出するであろうことが予想される現状、自民党、民主党両党の この法案に対するマニフェストを しっかり読み込み、地元選出代議士等に財源論を含め、真偽を確かめ、法律を理解しているか確かめていかなければならないことを確認。

1割負担を継続しつつ、減免措置を幅広く適応し、負担出来る人は負担し、出来ない人は限りなく負担を0にするという自民党案を支持するのか。
一先ず1割負担を法改正のある21年まで凍結することを決め、それまでに税財源の確保するという民主党案を支持するのか。


遠くない将来、必ず来る衆議院議員選挙までに、我々は しっかり見極めなければいけないです。そして、それぞれの地域で、その地域から選出されている代議士の皆さんにも、その地域の障害福祉の現状を理解して頂けるよう、しっかりとした運動、行動をしていかなければいけないですよね。

と、強く感じた火曜日恒例の安形さんとの対談でした。


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月20日 (月)

日焼け…か?

昨日の蒲郡ライブ、酷暑の中 無事(?)に終わりました。一人の死人も出すことなく…。(・_・;) 共催だった企画課の方と「この猛暑の中での開催は罰ゲームですよね。」と話をしたら「えっ?あらいさん、何を言ってるの?今日は我慢大会じゃないの!」って。し、しらなかった…。( ̄○ ̄;)


酷暑の中での開催とあり、出張 神楽も大盛況!竹島 神楽も共に頑張り「cafe神楽」始まって以来 最高の売り上げになったということは言うまでもない!(^_^)v

070819_171701時も時。昨日は「24時間テレビ」が放送されていた。そしてマラソンには萩本欽一さんが走っているということもあり、今年あたまに中京テレビさまから配分された「愛は地球を救う」号(工房では「欽ちゃん号」と呼ばれている)ダイハツ・アトレー神楽号は、注目を集めました。(^o^)/



070819_16110002で、ライブ。あらいは「あらじょう&猫娘S」と参加。あらじょ〜で30分の持ち時間でしたが、朝からMCに、パシリにと走り回っていたMCTのキレイどころ2人とコラボ。
曲は荒井由美さんの「やさしさに包まれたなら」。いや〜、和んだなぁ。あらいの汚れた心に、2人の猫娘Sの歌声は心底 染みたなぁ〜。(*^_^*)

で、出演は7組。自転車で駆け付けた高校生バンドや、お母さんに付き添われやってきたチビちゃん達のダンスチーム等、多種多様なチームが参加。盛り上がりました。

日焼け…か?

で、写真は豊橋を中心に活動する「シブロク」。あらい、あらじょ〜に共通する「アレンジ」をテーマにする素敵なバンド。日の沈む頃から始まり、シャレたアレンジの曲は、夕日が沈みゆく海をバックに奏でられ、正に ゆく夏を惜しむ。という雰囲気イッパイで、あらいは大満足!小さなライブハウスで、タバコの煙がくゆる中、お酒でも飲みながら聴きたいバンドでした。

バラシを終えた後、ほんの少しだけ話をしましたが、またこれが礼儀正しい素敵なメンツ。また聴きたい。また会いたいと思う素敵なバンドでした。



ライブは1時半に開始、5時半過ぎに終了しました。酷暑の中、丸々一日 太陽を浴び続けた あらいの体は「真っ赤」。日焼けというより「ヤケド」だろう!って感じです…。(>_<)
帰宅後のシャワーの温度は36度(通常は41度)。それでも肌は悲鳴をあげ、ちょっぴり泣けちゃいました。皆さん、日焼けには十分 気を付けて下さいね。特に!40歳を越えた方はね!f^_^;

arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月16日 (木)

アピタ南 港内芝生広場に!

今週末 19日 日曜日、まだ行き先の決まっていない あなた!蒲郡市アピタ南、港内芝生広場に集合!8月のLive Performance Port(毎度お馴染、相方じょ〜率いる音楽集団 MCT 主催)で、あらじょ〜が蒲郡で久々に!ライブっちゃいます〜!(^o^)/

で、今回のライブイベントには、なんと6組が出演するという長丁場。この炎天下に水分補給しなくちゃ天にめされちゃう!っちゅうことで、MCTの粋な計らいでオープンカフェを開店。そのカフェを「cafe神楽」が担当するっちゅうことになりました!

アピタ南 港内芝生広場に!

8月も残すところ2週間。ゆく夏を惜しみながら海辺に消えていく波泡を見ながら、素敵なバラードに耳を傾ける。傍らには香り高い珈琲。まぁ!何て浪慢的なんでしょ!(*^_^*)
っても、唄は「あらじょ〜」、珈琲は「神楽」なんですけどね。ごめんなさいねえ~!ぷぷぷっ。(^o^)/

あっ。カフェですから、名目上 アルコール類の販売は致しません。繰り返します。あくまで「名目上」アルコール類の販売は致しません。販売は…。(*^_^*)

とにかく!ゆく夏を「あらじょ〜」と一緒に感じましょ。

ライブパフォーマンスは14時スタート。神楽は12時頃オープン!あらじょ〜の出番は…。じょ〜君から聞いたのに忘れちゃった…。ううっ。(>_<) たぶん、15時くらいからかと…。

arai

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年8月15日 (水)

尊いモノ

相談を受けた。
療育手帳をお持ちで、年齢は65歳を越えている方。今まで福祉サービスは一切受けていない方。まだチャキチャキの おばあちゃん。家事にはまだ困っていない。では、何に困っているのか?難しい文章が解りづらい。行政からの様々な「手紙」が解らない。
ので、あらいは この方が相談支援事業対象者であるので障害福祉課へ申請に行った。当然、年齢からして「介護保険」対象であることは重々承知の上。

申請は「家事援助」と「移動支援」。
家事援助は、正に家事。掃除や片づけ。が、これが本命ではない。移動支援。これが本命。行政からの手紙をヘルパーさんに読んでもらう。で、本人がその場所へ行かなければ解決しないケースにはガイドヘルプで外出。



で、やはりつまずく。
年齢が65歳を越えている以上、介護保険が優先。たとえ療育手帳をお持ちでも。ということは、彼女は療育手帳をお持ちでも、障害程度区分認定は受けておらず受給者証はない。当然、介護認定もうけていない。一度に両方の認定調査を受けなければならない。で、家事援助は障害分野だけではなく、介護保険でも同様のサービスを提供しているため、この家事援助を受けるためには介護保険を必ず利用するという方法しかない。


いくらチャキチャキであれ、なんであれ、突然きた人を信用し、自分の人生を託せる人なんていない。かくいう あらいも、この ご本人さんと ご家族の方に信頼してもらうまでには、相当な時間を費やした。その「ようやく」信頼してもらい困っていることを「ポツリ。」「ポツリ。」と話し出したばかりの彼女に、今度は「介護保険を使うから。担当者さんは相談支援員とかじゃなくて、ケアマネさんだからね。この人だからね。」といって納得してもらえるはずもなく・・・。

豊橋市障害福祉課は丁寧に、親切に対応してくれた。介護保険課に連携を取り、利用法について一緒に考えてくれた。ありがたかった。



結論として2択。
一つは、近い将来には必ず介護保険が必要となる。そのことを丁寧に説明し、ご納得頂き、両認定調査を受けて頂く。
もう一つは、段階を踏んで徐々に支援を入れていくことにし、今回は障害分野にのみあるサービス「移動支援」を申請。そのために障害程度区分のみ審査を受ける。


この結論を ご説明にあがった。介護認定で何らかの支援が必要と出ると、あらいではなくケ介護保険のアマネさんの丁寧な支援・相談が受けられること。を丁寧にお話しする。と、ご本人さん
「なんだん。まあ。あんたじゃないならイランわねえ。そんなん。お助けマンだもんで頼めるのにねえ。」と。
そう言わないでと あらいが話すと
「まあいいわ!まだ若いで自分のことは自分で出来るで。その代わり、お助けマンは来なきゃいかんだに!」と笑ってくれた。

いつも書きますが、あらいは歳をとるごとに涙腺が弱くなっている。パッキンとかが劣化しているに違いない。道ばたで号泣した。あたりの人目も気にせず泣いた。おばあちゃんは孫でも窘めているかのように「お助けマンが泣いちゃあいかんよお。」と、顔をくちゃくちゃにして また笑ってくれた。



相談支援事業の1件あたりの報酬単価は1ヶ月 8500円。何回通っても同じ。決して わりのいい仕事ではない。
が、お金には代え難い、尊いモノが頂ける。「宝物」みたいな。



明日、豊橋市障害福祉課へ移動支援の申請に行く。
そして明日も、障害のある方と その ご家族に寄り添う。


 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

修行が足らーんっ!

暑い!猛暑とは正に今年の夏のことを言うのだろう。あまりの暑さに耐えかね、コンビニでアイスコーヒーを買おうと立ち寄る。店内は冷え冷え。幸せを感じる。(*^−^)ノ
いつもの「ボス・ブラック」を手に取りレジへ向かう。レジには同じ思いの人だろうか、缶ジュースを持った人たちが順番待ちの列。あらいも並ぶ。

ふっ。と横を見る。おでんが煮たっている…。(・_・;)
「チビ太の おでん」。



イラッ!とした。(-_-#)



いかーん!こんなことでイライラしちゃ、いかんっ!修行が足らーん!(`o´) どんなに暑くても平常心で、スペシャルな笑顔で訪問しなくっちゃ、開いてくれるハートも固く閉ざされてしまう〜。
よし!今からルームミラーに向かい笑顔の練習だ。(*^_^*)

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月14日 (火)

微妙だなぁ…

介護労働安定センターが発表した調査結果が、今朝の毎日新聞の済みにありました。「介護職場では年間で5人に1人が離職し、4割以上が就業から1年未満」と。

「5人に1人が離職」ということは 80%。先に記した障害者の方の定着率と ほぼ同数っちゅうこと…。微妙だなぁ…。

障害者の方の定着率の低さのポイントは、環境。障害に対する理解や労働者間の人間関係。で、こちらの問題は、介護報酬の単価の低さ。そう介護事業所が十分な賃金を払えない。っちゅうこと。

微妙だなぁ。こんな理由じゃあなぁ…。

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

盛りあがってまいりましたーっ!

東三河障がい福祉研究会 主催

市民福祉フォーラム「福祉」から「自立」へ
〜自立支援法のいま〜

申込み受付開始!ので、再度アップいたします!

今回は、熱き福祉行政マンの「熱い」招致に応えます。その行政マンのいる「まち」は、「田原市」!
開催日は9月29日(土) 10時開会。田原市文化会館。
参加費 1000円。共催に田原市

基調講演「障害者自立支援法の いま」。
講師は、社会福祉法人むそう理事長 戸枝陽基氏

市民福祉フォーラムinたはら

豊橋市、蒲郡市と開かれた市民福祉フォーラム。今回で3回を数えます。
豊橋では、厚労委員会筆頭理事 大村代議士、全国ネット 田中代表を お迎えし、障害者自立支援法の始まりとこれから。を お話頂きました。蒲郡では、東松山社協 曽根センター長を お迎えし、共生について お話頂きました。

そして今回 田原では、全国育成会 理事、全国ネット 事務局長も兼務される超多忙の戸枝氏。「地域生活支援事業所 ガイドブック」が大好評の彼。歯に衣着せぬ辛口トークで、これからの障害福祉のあり方、障害者自立支援法のいま を学びます。

その講演を踏まえ、地元 田原市で「生きる」各会の皆さんで「地域で暮らし続けるには」を考えるシンポジウムを行います。

パネリスト紹介
田原市 手をつなぐ育成会 会長 花井君枝さま
田原市障害者生活支援センター 所長 池田裕恵さま
田原授産所 施設長 鎌田博幸さま
田原市福祉課 熱血行政マン 柴田裕樹さま
障がいのある当事者(調整中)

当初の予定通り、地域密着型の人選になりました〜。
と、アドバイザーに基調講演 講師の戸枝さん。コーディネーターを東三河障がい福祉研究会 代表鈴木が務めます。


更に参加者全員が課題を持ちより、全員で考え、全員で答えを導き出す、グループディスカッションを開催します。田原市の「まちづくり」の一助となるべくっ!

申込み受付開始。定員は100名。
チラシ、申込み用紙は「ふぃ〜る工房」ホームページから
http://homepage2.nifty.com/atelier-feel/
メールで申込みを希望されます方は下記まで!
atelier-feel@nifty.com

盛りあがってまいりました、市民福祉フォーラムinたはら。
どしどしお申し込み下さいませませ!こう ご期待!

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月13日 (月)

お盆休み

今朝一で豊橋市障害福祉課へ行く。相談支援対処者の受給申請に行く。日々、時間に終われ陽のあるうちに役所に入れないことが多い あらいにとって、お盆期間に役所が開いてるのは、非常にありがたい。

窓口で担当者の方から「お盆休み中なのに大変ですねぇ。」と労いの声をかけて頂く。ありがたい話。
「いえいえ。役所と同じで、僕らにも お盆休みなんて関係ないっすよ!」と答える。

最近、豊橋市障害福祉課さんは、とってもフランクに付き合って下さる。先の就労支援部会の際にも、参加申込みの確認が取れておらず「工房・不参加」となっていた時の話。
入り口で参加者を待ってみえた担当者さん。あらいを見つけると「あれ・・・。あれ・・・。」と。あらいが「どうしたんですか?」と尋ねると「乱入ですか・・・。」と。ありがたや、ありがたよ・・・。
今朝は、福祉課さんとのこの会話で少し元気になりました。感謝です。

collaboも、神楽も、小坂井町・田原市レスパイトも動いている。障害のある方と その ご家族に寄り添っている。この ふぃ〜る工房の一員であることの誇りを胸に、今から新規利用者の方の お宅に訪問し、新たな支援が届けられるように、しっかりと お話をさせて頂こうと思う。

全国の地域支援事業者の皆さん、夏休みも半分を越えましたね。もう一踏ん張りしましょう!

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月12日 (日)

報告会

先日、県内の相談支援事業所のうちで、自治体から委託を受けている事業所の相談支援専門員のみを集めた研修会が。3日間にわたり開催されました。東三河障がい福祉研究会メンバーでは、鈴木代表が参加されました。

と、先にも書きましたが、あらいが参加した就労支援専門部会の詳細の報告会を、いつもの「赤ちょうちん」で。それぞれに有意義であった点と、逆に問題点や課題点があり、東三河障がい福祉研究会メンバーが それぞれの立場で語り合いました。(^o^)/

報告会

結論としては、まだまだ始まったばかりの各自治体の自立支援協議会。東三河障がい福祉研究会として、しっかり当事者、行政と議会・議員、事業者と連携を密に取り、三者が理想に近い形と思えるものを作れるよう尽力していこう!
忙しいという言い訳はなるべくせず、しっかり各部会にも参加していこう!と。特に、特に!大きな法人の長い歴史を持つ療護施設の長に長となられたメンバーには、強く、強く要望をし、それを全員で確認しました。(^_^)v

先週末、小坂井レスパイトの会場で福祉課担当者さんと自立支援協議会について意見交換する機会がありました。
小さく、しかも今回の合併騒動から外された形の小坂井町。小さな自治体の協議会設立は、想像以上に難しい。と悩まれていました。
豊橋市、蒲郡市と立ち上がり、豊川市、田原市が模索中の自立支援協議会。この会を成功!と思える形にするのには、当事者、行政・議会と事業者、この三者の深い理解が必要なのだ!と、あらためて強く思う報告会でありました。

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月10日 (金)

就労支援専門部会

昨日午後からは「豊橋市就労支援専門部会」、夜は田原市であった蒲郡市障がい者支援センター鈴木センター長(東三河障がい福祉研究会代表)の就労支援に対する講演会を拝聴。就労支援一色!の午後になりました。

で、豊橋市就労支援専門部会の構成メンバー。
たまも荘、あかね荘の支援ワーカーさん、社協、ハローワーク次長、商工会議所 業務推進部長、職業センター所長、豊橋養護教諭、障害団体連合 会長、会長、就業・生活センター長、豊橋市障害福祉課から2名と、あらい。

どうすっか!専門部会にも関わらず この顔ぶれ!どこかの市に聞かせてあげたいわぁ。まぁ欲を言わせてもらえれば、企業側にライオンズ会頭とか、福祉側には やはり授産施設長クラスのどなたか。が居てくれると良いのになぁ。と思ったり。まぁこれは かなり贅沢な話ですが。f^_^;

内容は、豊橋市における障害者雇用の現状把握に時間が多く割かれた気がました。それぞれの立場で問題提起を。

法廷雇用率の遵守が成されないのは?企業側はなぜ障害者雇用に二の足を踏むのか?との質問に、ハローワークさんは「雇用率は昨年よりも上がっていて、頑張っている。企業も頑張ってくれているのだが…」と答えて頂くのが精一杯…。

で、福祉サイドで日中支援をしているのが工房だけだったので、自立支援法における日中支援の方向性をお話しました。またジョブコーチに関しては、職業センターさんとも話が合い、企業側に「ジョブコーチを人工と数えず、期間内は しっかり学んでちょ。」と ご助言申し上げました。

また、職業センターさんには上から「定着率70%」の厳命が下っているらしく、ちゅうことは、辞めない、自立度の高い人しか支援しないということでは?と尋ねると「…。(-"-;)」と無言。っちゅうことは、やはり障害の重い、正に支援の必要な方は今まで同様「施設」を利用していなさい。ってことですもんね。

東三河障がい福祉研究会 鈴木代表曰く「これが職業センターの定着率が80%を越え、授産施設の就労率が1%のカラクリ。」ってことですわ。
わははっ、わははっ!バレバレじゃん!(^O^)

進行は岩崎学園 就業・生活支援センター長 松下さんが行い、活発な議論が出来たかと思います。が、自立支援協議会は「協議」する場であるはずなのですが「広報する際に、この行事は市が行っているって言っていいか?」「セミナーをやっていいか?」等、就業・生活センターと就労専門部会との区別が付けヅラそうでした。

それこそ就業・生活センターでやった方が市に対しても企業に対してもアピールになる!と思う あらいは打算家でしょうか?

で、企業に就労に関するアンケートを取りたい。という当事者団体と松下さんが盛り上がる。と、商工会議所さんから「やれるか?と簡単に聞かれては困る。もう少し内容をハッキリさせて欲しい。」と苦言。当たり前ですね。このアンケートの方向性みたいなものが次回の課題っちゅうこと、で散会。当初1時間半程度という話で始まった会議は2時間を軽く越えました。次回は9月末予定。

う〜む。出来れば この就労支援専門部会も、相談支援専門部会同様に、個別のケースを話し合い解決の糸口を探る会にしていかないと、自立支援協議会本会との差別化が出来なくなりはしないかなぁ。と危惧しちゃうなぁ。それに企業からすれば、忙しい中を呼び出され、概論的な話ばかりでは近々には参加して頂けなくなるんじゃないかなぁ。と思うんだけどなぁ。

で、夜は田原市障害者支援センターで開催された講演会に。講師を蒲郡市障がい者支援センター長の立場で鈴木さんが講演。
何で鈴木さんが?は、鈴木さんの前職が就業・生活支援ワーカーさんで、その道で知らない人はいない!ってくらい有名な方だから。簡単な理由。

内容は、日中の専門部会で問題提起されていたものを、数字や実情説明で しっかり、解りやすく紐といて下さいました。しかも後半部分は本人さん向けに作成された資料も疲労して頂き、会場にみえていた本人さんにも しっかり丁寧に説明されていました。いや〜、このあたりは さすが!って感じでした。

専門部会と連続講義にすれば当事者、企業、事業者は一日にして就労支援とはナンゾや!が 理解出来たことと思います。その2つに参加した あらいはラッキー!っちゅうことですね。ありがたや、ありがたや。

って これでも あらいは仕事をしている!と言えるのでしょうか…。なんだかメチャクチャ不安…。(・_・;)

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 9日 (木)

田中代表の域には・・・

午前中、相談支援事業対象者の方 お2人に契約して頂きました。少し相談支援員らしい仕事が出来るようになった気がする今日この頃です。

で、本部に戻ると、いつものように「あとりえメンバー」が裏口で出迎えてくれました。
「外は暑いだろう。」、「お昼は食べたの?」「また出掛けるの?」と声を掛けてくれるメンバー みんな。
「そう。出掛けるんだ。」と答える。午後は豊橋市就労支援専門部会に参加する。第1回ということもあり、欠席するわけにはいかないことを説明すると「そうなのかぁ。」と残念そうに うなだれるメンバー。それを見て あらいは うなだれるしかなかったです。

「みんなといる時間が たくさん出来る!」と、あとりえが出来た時、大喜びしたことを ふっと思い出す。最近、 みんなといられないなぁ。なんだかなぁ。

2年前の豊橋フォーラムの三次会の時、田中代表に「現場にいたいから頑張ったはずなのに、望んだわけでもないのに知らない間に伝える側、育てる側に回され現場に出られなくなって、イライラしたりすることはありませんか?」と尋ねたことがあります。

田中代表はニコッと笑い「正直、現場にいたいと思うこともあるよ。だけど、こうやって話を聴いてくれ、僕の代わりに走り回ってくれる人がいてくれるから大丈夫なんだよ。」と話されました。

田中代表は大きな人です。あの方の「域」に達するのには、あと何十年かかることだろうか?

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 8日 (水)

お友達

お友達

「今日、パパの お友達をみたよ〜!」。
昨夜 帰宅した直後の萌からの一言です。

小坂井町レスパイト事業は、開催会場の近くにある小学校の理解もあり、夏期レスパイトの際はプールを解放して下さり、在校児童の みんなと一緒にプールを楽しむことが出来る!
むちゃくちゃ素敵な話でしょ!

で、昨日午後は そのプールの日だったんです。(^_^)v
で、萌は その学校に通う1年生。

矢継ぎ早に「みんなから誰?誰?と聞かれちゃったぁ。」と。何て答えたの?の問いに萌は「パパのお友達!この学校に来たかったんだけど、来れないんだって。」と答えたそう。そして「ダッコしてもらってプールに入ってたけど、楽しそうだった!」とも。昨日は重心の方もプールに参加して頂きました。

萌の言った「パパのお友達」は、工房スタッフではなく、レスパイトを利用されている「小坂井の子供」だったんです。とても、とても嬉しく思いました。

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 7日 (火)

合併調印

合併調印


行くも地獄…。残るも地獄…。

どうなる? 御津、音羽。どうする? 小坂井。

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頭が下がる

暑い。ひたすら暑い。汗が滴り落ちる。めちゃ暑い。

この暑さの中、ふぃ~る工房スタッフは、小坂井町、田原市 夏期レスパイト事業終了後、ヘルパーとして飛ぶ。全員 飛ぶ。ある者は下宿家に入る。朝早くから、夜遅くまで頑張る。

良く頑張る。本当に頭が下がる。

あらいも泣き言なんて言ってられない。あとりえメンバーの送り後、本日4件目の相談に伺う。みんな頑張れ。あらいも頑張る。

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 6日 (月)

パネリスト決定

大変 長らくお待たせしました〜!m(_ _)m
市民福祉フォーラム in たはら のパネリストが決定しましたので、発表させて頂きます!

田原市 手をつなぐ育成会 会長 花井君枝さま
田原市障害者生活支援センター 所長 池田裕恵さま
田原授産所 施設長 鎌田博幸さま
田原市福祉課 熱血行政マン 柴田裕樹さま
障がいのある当事者(調整中)

当初の予定通り、地域密着型の人選になりました〜。

と、アドバイザーに基調講演 講師の戸枝さん。コーディネーターを東三河障がい福祉研究会 代表鈴木が務めます。

申込みがボチボチ入り始めました。定員は100名。
チラシ、申込み用紙は「ふぃ〜る工房」ホームページから
http://homepage2.nifty.com/atelier-feel/
メールで申込みを希望されます方は下記まで!
atelier-feel@nifty.com


参加を ご希望の方は、ドシドシ申込みしちゃって下さいませ!

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 4日 (土)

一期一会ライブ

おぉっ!忙しさにかまけ、告知していなかったーっ!
今夜 19時、新城市「レインボーはうす」において、


特別企画 真夏の夜の一期一会ライブ
障がい者福祉にたずさわる4人の唄い手が初めて出会う

一期一会ライブ

が開催されます。あらいは「あらじょ〜」で参戦。
タイトル通り参戦する4人は、何らかの形で障害のある方との関わりを持つ者ばかり。親さんであったり、福祉職員であったり、長であったり。レインボーはうす施設長の長坂さんの熱い呼び掛けに、4人が呼応して実現しました。

個性の違う4人の唄い手の共演を、ぜひ観に、聴きにきて下さい!きっと ご満足頂けること間違いなし!

arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月 3日 (金)

教えられた

最近、ちょこっとバテ気味。自分の力の無さが身に染みてる。神谷さんやスタッフに叱られるだろうが、やはりバテ気味。自分の根性の無さを情けなく思う日々。

で、昨晩 20時ちょうど。山のように残っている仕事を「えいっ!」と 一先ず置いといて、街中にあるライブハウスへ直行。
今夜は「あらじょ〜」の相方じょ〜君がドラムを担当するロカビリーバンド「CHIROL」の定期ライブの日。これを聴いて元気を頂こう!という算段。以前から誘われていたんだけど、なかなか時間が合わず。で、昨夜ようやく願いが叶う。

ロカビリーということだったんで、リーゼントの男子やポニーテールの女子が ワンサカいるのかと思いきや、明らかに あらいよりも先輩の方々ばかりで驚く。
もっと驚いたのは、気に入りの曲が流れると皆さん席を立ち踊り出す。その光景を見てか、バンドメンバーのテンションは上がり大盛り上がり!

教えられた。

ステージ上には、やはり髪をポニーテールしたボーカルの女の子が唄い踊り、リーゼントのギターが掻き鳴らす。まさにロカビリーの世界。素敵で懐かしい光景でした。


昔むかし、あらいがまだ中学を卒業した頃だから、相当 むかし、豊橋の広小路通りは日曜日、歩行者天国(今時の人はホコテンなんて言葉すら知らないかなぁ?)でした。

で、ちょこっとヤンチャだった あらいは、同じくヤンチャな お友達とラジカセで映画「グローイン・アップ」のサントラをかけながら、ツイストを踊る。って日々でした。
頭は勿論リーゼント。柳屋のポマードで固めて。クシは「クリームソーダ(その頃は豊橋にもあったのだ!)」。
CHIROLの曲を聴いてたら、その頃のことが鮮明に思い出され妙にノスタルジックな気分になり、少し泣けました。


みんな、今頃 どこで、何をしてるんだろう?みんな、自分のために、家族のために頑張ってるんだろうか?ってね。


ライブが終わった後、少しだけCHIROLメンバーと お話をしました。皆さん、まだ20代前半。じょ〜君以外ですが。
「グローイン・アップ」も「グリース」も「知らな〜い!」とコニー似のボーカルの女の子は笑顔で答えた。

それは『理屈なんて どうでもいいのよ!楽しければね。音楽はね。あなたがいつも言ってることでしょ!』って言われた気がしました。
音楽の楽しみ方を教えてもらった気がしました。

CHIROLのライブは、豊橋街中のバークレーで毎月第1木曜日と どこかの日曜日にあります。今月は26日だそうです。あらいと同じホコテン世代の皆さん!超オススメ!当時を思いだし「ツイスト&シャウト」しちゃって下さいませ!
CHIROLの皆さん。元気になりました。ありがとう。

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 2日 (木)

大家さんは naito さん

先日、ふぃ〜る工房 地域生活支援センターcollabo が、田原に進出しました。ふぃ〜る工房らしく「立ち上がりはアートで。」ということで、田原市福祉センターで親さんも参加する「art camp」を開催し、地味に地味に立ち上がりました。

ふぃ〜る工房と田原市との関わりは古く、今は合併により田原市の一地区になった渥美が、まだ単独の自治体であった頃にさかのぼります。


「渥美半島の先端では、何の福祉サービスもなく、豊橋市まで出ないと福祉サービスを受けられない。」という当事者の皆さんと行政からの要請で「渥美進出」が成されました。
と、言っても時代は「措置制度」。「支援費制度」が始まる前で、使えるサービスが全くない時代。これに行政は動く。
町費単独で「レスパイト事業」を開始し、当事者の皆さんの「声」に応えた。
もう6年も前の話。


時は過ぎ、渥美町は田原市に合併される。その際、当事者も行政も我ら事業所も、この事業の存続を危ぶみ、諦めかけた。が、この不安は すぐに解消された。田原市福祉課は早々に「事業存続」を明確に打ち出した。

これに尽力されたのが、誰あろう今回の「市民福祉フォーラムinたはら」でパネリストとして登壇される柴田さんです。彼が渥美の福祉の後退を防いだんです。
柴田さんは『このような良い事業をなくしてはいけない。更には田原市にも取り入れたい。』との思いから、上司の理解を得、田原市の当事者と親さんのニードに応える形で「長期休暇」の児童レスパイトが始まったのです。

柴田さん、児童長期休暇レスパイトに見学の方を連れてみえると必ず「この事業は、渥美の障害者レスパイト事業から始まったんですよ。」と紹介される。素敵な方です。


そんな縁深い田原市だからこそ、ふぃ〜る工房としては相談支援センターを立ち上げるに至ったのです。

collabo 田原進出!

で、今日、その拠点に「看板を着けた!」と大家さんからメールが届きました。

その大家さんは「naito」さん!(^o^)/

皆さんは良く ご存じですよね!ふぃ〜る工房を陰に日向に支えて下さる方。のみならず!昨今は、国の「行動援護 研修ガイド」の映像部門DVDの担当者。
わはは、わははっ!そんじょそこらの大家と訳が違う!なんせ行動援護を熱く語れる大家さんなんですから!

田原市の皆さ〜ん!夜は渥美・福江でnaitoさんの福祉を題材にした映像と、レスパイト事業所だから経験出来た地域福祉の創造期の話を酒の肴に、我々と語り明かしませんか〜!

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 1日 (水)

電話が…

本部に一人、寂しくいます。みんなは朝から忙しく走り回っています。ご苦労様です。m(_ _)m
で、一人、ということは、コーヒーを入れてくれるミオも、冗談に付き合ってくれるボンジョビ高柳も、そしてケンカ友達の かみやも いない。寂しい…。(>_<)

で、その寂しさのあまり、雨に濡れた子犬のように震える あらいの前に電話が3つ。
本部電話。相談支援専用携帯。あらい個人携帯の3つ。

朝から電話とメールが ひっきりなしに入る。最初は寂しさが紛れ嬉しかったが、あまりに多いと少し困る。まして同時に鳴るとイラッとする。そう、人はワガママな生き物。

で、先ほど、3つが同時に鳴った…。電話が怖い…。(ToT)


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ずーーーっ先に

ずーーーっ先に

今夜は東三河障がい福祉研究会がありました。久々です。
なぜか? それはみんな忙しかったから〜!(^o^)/

で、議題は9月29日(土)「市民福祉フォーラムinたはら」のパネリスト最終選考及び共催である田原市行政との確認事項と、豊橋市協働推進課さんから補助事業となった当会主催フォーラムの詳細決定と、年間フォーラムのスケジュール的なモノの決定。

「inたはら」パネリストに関しては、ほぼ決定。今回は田原市が共催ということもあり、人選も地域密着型といえるもの。また、共催であるからには行政として様々な制約事があると考えられるため、事前の擦り合わせは必要不可欠。失礼があってはいけないですもんね。

代表から「GO!」が出たら発表いたしますので、暫しお待ちを。こう ご期待!(^o^)/



で、協働推進課 補助事業フォーラム。年内開催事業が原則のため、テーマと日程調整をしました。

テーマは、副代表の江川さんが身障施設長に着任せれたことから「3障害の専門性」か?大森顧問が授産施設を持つ法人の理事長であることから「就労支援」か?との話も出ましたが、現場ワーカーが主だって構成される「東三河障がい福祉研究会」としては、まだ自立支援協議会が立ち上がってない市町の一助に!ということで、やっぱり「相談支援と自立支援協議会」と あっけなく決まる。障害者自立支援法が正しく機能するためには、どうしても相談支援事業の充実と自立支援協議会の確立が不可欠ですもんね!やっぱ、うちは こうでなくちゃあね!わはは、わははっ!(^_^)v

また開催時期に関しては、テーマがテーマだけに あまり遅れてしまうと「旬」でなくなってしまう!ってことから年内には・・・。って感じです。といっても、あまり遅くなると、忘年会やら何やら。と飲み会だらけのメンバーばかりですので早冬になるかなあ・・・。って感じ。



で、話は、福祉研究会らしく政治や議員さんとの関わり方みたいなものに。なんせ参議院選挙を終えたばかりというこの時期。しかも顧問には「大村ひであき副大臣」秘書がいるくらいなんすから、当たり前といえば当たり前ですが。

ここが大いに盛り上がり、結局 2年先のフォーラムの内容まで決まってしまった。現実的に可能なモノですが、やったら そりゃスゲェ!ものになるでぇ〜!楽しみじゃ!まぁ、このフォーラムの発表は、ずーーーっと先になりますがね!ぷぷぷっ。こう ご期待!

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »