« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月29日 (月)

IT担当

IT担当

先ほど かみやさんから「本部メインパソコンの入れ換え中!」のメールと写真が届きました。

写真には、工房IT担当「とりぃ〜」さんが。彼は、あかね荘の主任さん。業務を終えてから駆け付けて下さっているんです。今日に限らず、いつもいつもです。そして工房パソコンの全ての導入時に狩り出されているんです。
そしてそして彼は「工房 MATSURI組」として、「豊橋フォーラム」等のIT部門を引き受けて下さった方。本当に とりぃ〜さんには、ありがたや、ありがたやでございます。(ToT)


新しい「基地」が、明日から始動します!(^O^)>


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月26日 (金)

相談支援専門員とは、なんぞやっ!

相談支援専門員とは!

この写真の皆さんを見て「誰にぁ?」と首を傾げる東三河在住福祉人は「いなーいっ!」でしょ!

右が 蒲郡市障がい者支援センター 鈴木センター長。左手前から 珠藻荘障害者支援センター 松井ワーカー、豊橋障害者就業・生活支援センター 藤田ワーカー、蒲郡市社協 地域活動センターしおさい 中川支援員(精神保健福祉士)と、あらいの5人での飲み会。残念ながら欠席は 地域生活支援センター すたぁと 桑原支援員。
特に!先の3人は愛知県相談支援従事者研修の講師を務められている、あらいからすると「相談支援の大先輩」方でございます。m(_ _)m

で、なんの集まりか。当然、相談支援事業の現状確認と互いに持つ制度の課題点の改善方法。そして何よりは、ネットワーク成型のための「親睦!」でございます。「やっぱそれか!」の声が聞こえてきそう…。(・_・;)



でも このネットワークを如何にして成型するか?で、この地域の相談支援事業や自立支援協議会の、更には!この地域の「福祉力」が決まるのだ!と思う あらいは連日連夜 飲み続けているのかだ〜!う〜む。言ってて無理があるなぁ…。ぷぷぷっ。
で、内容は「守秘義務」がありますので、また個人の名誉にも関わりますので(大袈裟過ぎか。)、ここで紹介出来ませんが、かなり突っ込んだ良い話し合いが持てました!(^o^)/

いや〜、それにしても藤田ワーカーの毒舌にはマイッタなぁ〜。いや~、ホントにマイッタなぁ~。しかも「オニギリ!2千個!」には、更にマイッタなぁ〜!ウッシシシッ!


法人・施設の枠を超えた現場のネットワーク。大事だなぁ。と思うのと、メチャクチャ楽しいなぁ!と、実感したスゲェ楽しい一夜でした。



あっ!写真。実は あらいのオールバックも入れたかったから何枚かチャレンジしたのですが、結局うまく撮れず、こんな感じに。オールバックの入り具合を気にして下さっているご様子の「田原市 三宅さん」。ご了承下さいませませ!ぷぷぷっ。

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月24日 (水)

速報!

たった今、半田むそう・アートスクエア めぐ施設長から電話がありました。

コンサート会場でのやりとりだったので、今イチ不安ですが「明朝 8時半からの NHKの○○(モーニングなんちゃらって言ってたような…。めぐ、ゴメン!)って番組で取り上げられているそう。

スゲェ!一般の番組じゃん!さすが むそう!


まずは速報。
こんな感じでよい?めぐちゃん。先ほどの あなた様の声は、とても ニコヤカでしたが『あんた見ないとブッ飛ばすよっ!』と言わんばかりでしたよ…。

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初 長渕剛

初 長渕剛

愛娘 萌 7歳5ヶ月。
今夜、念願の長渕剛ライブ!「Come on Stand up!」を聴きに日本ガイシホールへ!

彼女は「オギャーッ!」と産まれてこのかた、車の中でも、家の中でも、流れてくるのは「長渕」。親父がギターを構えても、奏でる曲は「長渕」。ライブ映像を観ては「私も行きたい!」が口癖でした。

周りを見回しても7歳児は萌一人。鼻高々の愛娘。親バカの あらいも鼻高々。(^O^)

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一筋の光

速報!
先ほど愛知県議会議員 鈴木あきのり議員から電話がありました。そう、先に紹介した愛知県議会一般質問で「障害者福祉問題」取り分け「権利擁護」に対する質問をしてくれた友人。


「愛知県知事に対し民主党会派として、先に質問した障害者差別禁止条例の制定を正式要請することに決定。少しは仕事してるだろう〜!」。

少しどころか…。少し泣きました…。
真っ暗だった愛知県の障害者権利擁護運動に「一筋の光」が差し込みました!


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

育って頂く

育って頂く
昨晩は豊橋市選出の県議会議員 浅井よしたかさんの県政報告会に東三河障がい福祉研究会メンバーと参加しました。

浅井さんは、県政3度目で初当選を果たした苦労人。ご本人も挨拶の中で「今回ダメだったら、もうこの街には住んでいられない!と思い挑んだ。」と話されていました。
そんな熱い思いで県政に参画する浅井さんらしく、県政改革に力を注いでいくと話されてもいました。


で、浅井県議の公約の中には「次の選挙(4年後)までに500回の集会をする。」というものがあります。膝が触れる距離で市民・県民の思いを感じ、県政に活かしていきたいと言われます。

「本人以外に3人、総勢4人いてくれたら、必ず行きます!どうかこの公約、皆さんのお力で守らせてやって下さい。」と挨拶を締め括られました。


どうでしょう?皆さん。
4人集めて浅井県議にお越し頂き、我ら県民の思いをブッチャケ話でしてみては。特に!障害福祉に理解ある県議会議員さんは少ない現状、こういう熱い県議さんに「こちら側」で話をしてもらえる県議さんに育って頂くっていうのは!


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月22日 (月)

全力疾走

朝一で諸々の理由で あかね荘へ向かい安形さんと面談。スゲエ面白い話し、というか土産話しに、安形さんも大喜びして下さる。良かった。実現まで あと一踏ん張り!頑張らねば!(^_^)v

で、話を終え帰ろうとすると、あかね荘主任で工房IT担当の「とりぃ〜」さんが玄関まで見送りに来られ「毎日 大変そうですね。お疲れさまですね。」と優しく声をかけて下さる。よほどヒドイ顔をしてたんだろうなぁ。「仕事がノロいんで。へへへっ。」と返すと


「いつも全力疾走だからですよぉ。」と。
本当に有り難かった。お世辞だと分かっていても嬉しかった。



帰路、コンビニに寄り缶コーヒーのボスを買い車に乗り込み、しばし休憩。携帯電話でブログのチェックをすると、相方じょ〜が これまた優しく書き込みしてくれている。

本部に戻り taizoさんと電話で、我が町「小坂井町」の自立支援協議会に関する意見交換。あ〜でもない、こ〜でもない、と話しが盛り上がる。楽しい時間は「あっ!」という間に過ぎる。電話の切り際、丁寧に お礼を告げられる。お礼を言わなきゃいけないのはこっちなのに。

夕方、同じ相談支援をする仲間から「アニキ!相談があるんですけど。…」と電話が入る。この歳になってなんですが「アニキ」と呼ぶ人が増えた。微妙な感じ。




マジで弱ってなんかいられねぇなぁ〜!こりゃ。
全力疾走で、バリバリ飛ばしていかなきゃなぁ〜!へへへっ!みんな ありがと。

arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月21日 (日)

特効薬

特効薬

疲れた。マジで。ちょっとオーバーワーク気味・・・。



で、今夜は半田から直帰し、相方じょ〜が参加する the CHIROL のライブを聴きに来ました。元気をもらいに。

素敵な「音」。疲れきった心身に効きました。これで明日も頑張れます!ありがとね。CHIROL。m(_ _)m

arai

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月19日 (金)

秒読み

昨日は田原市ネットワーク会議に出席してきました。自立支援協議会の準備委員会的な組織です。

議題は、いよいよ設立が迫った自立支援協議会の全体会議、運営会議のメンバーの最終確認と精神障害の方のケース会議。愛知県スーパーバイザー安形さんもみえたり、田原市熱血福祉課行政マンの二人も真剣な面持ちでの白熱した討論など、かなりの盛り上がり。設立間近!を実感いたしました。




で、先の「市民福祉フォーラムinたはら」で柴田さんが発言された「田原市には資源がなかった。だから来て頂ける事業所には全て来て頂く。良し悪しの精査はその次。」の通り、自立支援協議会の構成メンバーは、田原市内の方・事業者と市外の方・技業者が「ほぼ同数」。勿論、多けりゃいいってもんじゃないけど、なければ協議なんて出来ない状況も有り得たわけで…。(・_・;)

この状況を創りあげた田原市。そして福祉課、熱血福祉課行政マンの功績を、あらためて実感しました。

この日の資料として配布されたものは「蒲郡市自立支援協議会」の要項やら理念やら。執筆者は蒲郡市障がい者支援センター鈴木センター長。東三河障がい福祉研究会代表のモノ。メンバーとして鼻が高い!(^_^)v



少し気になったのが、配られた鈴木資料にもある注意事項が、そのまま行われてしまったこと。せっかくの資料なんだから一度読み合わせをしてから協議会について考える、事例検討に入る。にすれば良かったのでは。ってこと。
福祉の世界はフォーラムやセミナー等、お勉強する機会が多い。当然 手に届く資料の数も多い。



みんな読んでるのかなぁ?もらった資料。
鈴木さんの資料は、読まれてから開催されたのかなぁ?
いよいよ迫った協議会の発足。この直前の時期だからこそ参加者全員で「田原市福祉の共通理念」を話し合い、確認しあえたら良かったんじゃないかなぁ?

鈴木さんの資料にも書いてあったけど、さまざまな法人・立場のメンバーで構成されている東三河障がい福祉研究会は、この「理念の共有」は毎回行われています。この確認が意外と気持いいんですけどねえ。「ぼくだけじゃない!」って思えてさ。




まあ、課題点が見つかる。っちゅうことは、繰り返さなければ「どんどん」良くなる!っちゅうことですから良いことだ!この田原市といい、蒲郡市といい、「理想型」の協議会が立ち上がる東三河(一部は除く)。うん!面白くなってきた〜!

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月17日 (水)

断れないっしょ!

断れないっしょ!

昨日は東京・中野へ行ってきました。久々の東京でした。
決して遊びに行ったわけじゃないっよ。会議に参加してきたんですよ。マジで!

で、その会議がスゴイ!


障害児個別支援計画研究協議会 「障害児の地域における一貫した支援のための個別支援計画の作成に関する研究」。

ナント!厚生労働省の障害保健福祉推進事業 国庫補助にかかるプロジェクトです!うおおおおおーーーーっ!


で、研究会メンバーが またスゴイ!
代  表 松矢勝宏(目白大学教授)
副代表 加瀬進「行動援護の父」(東京学芸大学准教授)
委  員 水流源彦(鹿児島県・ゆうかり学園副施設長)
            村上和子(大分県・シンフォニー理事長)
            高橋佳子(長野県・北信圏域障害者支援センター)
            加藤正仁(東京都・うめだ・あけぼの学園学園長)
       伊藤寿彦(山形県・NPO法人ゆにぷろ代表理事)
            田原孝之(秋田県・鹿角市障害者センター管理者)
            熊井ゆかり(北海道・わーかーびぃー事務局長)
            あらい(愛知県・地域生活支援センターcollabo)
事務局 藤間英之、小島順恵(東京都・NPO法人秋川流域生活
              支援ネットワーク)、他 養護学校教員の皆様


071016_163102で、これだけではない!研究協力者 全国地域生活支援ネットワーク「雲上人」 田中正博代表理事。そして、このプロジェクトの発案・発起は厚生労働省 大塚晃 専門官。
この皆さんが参加する会にお声かけ頂いたら


  断れないっしょ!


で、事業概要は、「個別支援計画の分断状況が福祉・労働・教育等の各分野において進みつつ現状を踏まえ、本事業では、①実績ある相談支援事業所をキーステーションとして保護者・相談支援事業者・教員に対する精緻な実態調査等を行い、②調査結果を基に分断状況の現状・要因・解決策に関する分析を重ね、③関係機関が横のネットワークを構築し、かつ誕生から成人期に至る「移行」を円滑にすすめ、本人が「自分らしく暮らしをよりよくプロデュースする」ためのツールとして、「個別支援計画」が適切に機能するために必要な施策課題を明らかにする。」(申請・企画書から抜粋)

ようは、教育と福祉の分断状況の打開策は「個別支援会議」しかない!っちゅうことっすよね!


で、昨日の会議では、全体の流れと調査票の中身。叩き台は出来ていたのですが、すぐさま使えるモノではなく、会議の中で相当 修正を行いましたが、やはりまだまだ配布出来るような状態ではない。って感じです。  これから煮詰めていきます。って感じです。



でね、概要の中に書いてある①「実績のある相談支援事業所・・・」ってとこ。ふぃ~る工房は、ようやく相談支援事業を始めたばかりの言わば「新参者」。なのに?なぜ?ふぃ~る工房が選ばれた?
この答えを田中代表は自己紹介の中で「加瀬せんせいから相談支援事業所を紹介しろ。と言われた。私はレスパイトからはじめ、丁寧に相談支援をしている事業所を紹介しました。」と話して下さいました。いつものようにウルウルしてこの言葉を聴きました。やはり代表は「雲上人」 です。追い続けます。遠過ぎて霞んでいますが、絶対に離されないように追いかけます。



071016_164601会議終了後、田中代表と雑談。すぐ東三河に帰らないといけない旨を伝えると、
「そうかあ。じゃあ、せっかく中野に来てるんだから隣のビルにある「まんだらけ(玩具と古本、アニメグッズの総合商社的会社。男の子にとってはワンダーランド!)」に寄っていくといいよ!」と、紹介下さる。急いでいたのだが田中代表に言われたら


断れないっしょ!



代表!ここは時間のある時じゃないと行ってはイカンです!目を、否、魂を奪われてしまうものばかり!戸枝さんが唖然としたという「コスプレ」コーナー、あらいは動けなくなりました!研究会、次回も必ず中野でやりましょう!あらいは前泊で「まんだらけ」を満喫したいと思います!どうか よろしくです!


 arai    

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年10月15日 (月)

どこまでイケる?

相談支援事業の利用者さんが着実に増えてきた。とはいえ まだ二桁には届かない情けない状態。なかなか要項を満たす方はいないものです。「独居もしくは親が何かの理由でマネージメント出来ない方」。
でも まぁ、支援対象者を抱えている事業所が全国のほとんどが市町からの「委託」を受けている相談支援事業所だ。ということからすると、やっていられるだけでも「まし」な方なんでしょうが。

で、まだ二桁には満たない利用者さんの数にも関わらず、けっこう仕事はハード。
今日も朝から現場に入ったり、施設に聞き取りに行ったり、居宅事業者と利用調整したり、親さんの説得に行ったり…。もうテンヤワンヤな一日でした。

何人の方の相談に対応出来るんだろうか…。あらいは。
何人 相談支援専門員がいれば、この東三河の障害のある方に相談支援が届くのだろうか…。

親が我が子に「このままでは殺される。なら我が子を殺したい。」と思っている方のケース。
親が我が子に「いき届いた食事を提供出来ず」週に2度も救急車で運ばれてしまったケース。
自信も障害がありながら障害のある子を抱え、毎日 必死で生きている。が、子の父親の借金の督足に悩んでいる方のケース。

力の無さを痛感する毎日。どこまでイケるのか?


arai

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月13日 (土)

ミーハー

蒲郡市市長選挙の投票日は、いよいよ明日に迫りました。候補者の方々は声を枯らし「最後のお願いっ!」と市内を駆け回っています。


で、今日の午後。現職市長で3選を目指す候補者の立ち会い演説会に顔を出してきました。この現職候補者は、先日、東三河障がい福祉研究会の話を聴いて下さった福祉に理解のある方。という理由だけではないのです。顔を出したのは。

崇拝する大村代議士が応援に入る。という情報が入ったんです。で、急遽あらいも蒲郡市入り。ミーハーでしょ!(*^_^*)

で、大村代議士。候補者の人となりを紹介した後、「私は福祉をやらしていただいております!」と。何度も耳にした言葉ですが、とても耳障りが良い。
選挙になると必ず皆さんが口にする この「福祉」という言葉。ですが大村代議士は この「福祉」の増進に心骨を注いでみえます。なかなかいません!こんな議員さん。

立ち会い演説会を終え迎えの車に乗り込む前に、支援者の皆さんに会釈して回る大村代議士。
で、我らの前に立つと「どうも!」と握手の手を伸ばして下さる。

『おぉっ〜!この人 知ってる!テレビでよく観るぞ〜!』と心の中で叫ぶ ミーハーな あらい。そのテレビでよく観る人が、こんな あらいごときを知ってて下さる。ううっ。ありがたい。(ToT)


ミーハーな あらいは、この「どうも!」の一言で元気百倍なのでございます。(^o^)/


arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月10日 (水)

大好評の資料集

大好評の資料集

「市民福祉フォーラムinたはら」。閉会から すでに2週間近く経ちます。いつもいつも思うこと。「時が経つの早い!」です。で、この2週間経った今もなお、事務局に問い合わせメールが入ります。


「たはらフォーラムの資料、余っていたら下さい。」


東三河障がい福祉研究会のフォーラムは、基本的に申し込みを受けた方のみ ご参加頂いております。理由は簡単。会場のキャパは勿論ですが、予算的に厳しい貧乏組織ゆえ余分に資料集を作る予算さえない!のです。
それでも毎度「赤字」。見かねた田原市さんが共催を申し出て下さり会場費の免除、印刷機の貸し出し、そして製本作業の お手伝いに至るまで…。ありがたい…。(ToT)

その田原市福祉課さんの「汗」も染み込んだ資料集っちゅうことで、軽々にお渡し出来ない現状、余りは無い!です。若干の部数はありますが、これは当会として「どうしても読んで頂かないといけない!」方に、暫時、随時お渡ししていきます。
ので、申し訳ないですが、問い合わせを頂いても答えは「無い」です。ご理解頂きたいと思います。m(_ _)m



本日、当日ご参加頂く予定でしたが法人内の よんどころない行事のため欠席された愛知県知的障害者福祉協会 安形会長に、資料集を ようやく手渡しいたしました。開口一番「立派な資料集ですね!」と お褒めの言葉を。(^_^)v

自分が所属する組織ではありますが、あらためて『メッチャ素敵な団体だなぁ〜!』と実感出来る資料集でございます!

arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月 7日 (日)

経営者会議なのに…

経営者会議なのに…

今日は、愛知県知的障害者福祉協会主催の経営者会議講演会に参加しました。鈴木代表と一緒に。で、プログラムがスゴい!壇上の方がスゴい!ので参加しました。

神田知事の挨拶(実は欠席され県福祉部長が代読…。)に引き続き、大村代議士の活動レポート。ミニフォーラムの司会を島崎御大、シンポジストに日本知的障害者福祉協会 小板会長、愛知県監査指導室 加藤室長、そして愛知県知的障害者福祉協会 安形会長。午後は厚労省障害保健福祉部 中村部長。という顔ぶれ。ねっ!スゴいっしょ!



まずは大村代議士のレポート。が、超多忙を極める大村代議士の時間の都合上、話はシンポジウムの中で行われました。
障害者自立支援法が施行されるまでの大きな流れが話された後、3年間 1200億円の緊急対策費は引き続いていく的な話がされました。20分ほど話されて「次がある」と退場されてしまいました…。

シンポジウムの内容は「日割り問題」「単価問題」「認定区分問題」「政治との関わり」が上がってました。が、問題提起に対し「答える立場」の人が「監査室長」では、実数字を告げられるだけで建設的な話はありませんでした。会場には県福祉部長もおみえなのに、何とか振れる方法はなかったんだろうか…?(・_・;)

昼食前、協会事務局から県内施設の法施行後の実体調査に関する報告が、後ろ向きの方向でありました…。「これから単価の見直しがあったにしても、今までのような事業所運営は許されない。」という言葉で締め括られました。う〜む、何だかなぁ。

昼食後、楽しみにしていた厚労省 中村部長の講演会。
わざわざ東京霞ヶ関から来て頂き、数年前から すでに厚労省から発表されている資料を力強く「読みあげて」下さいました。読みあげて…。ご苦労様でした…。m(_ _)m




大村代議士は、あくまで私見として「障害福祉と介護保険との合流は諦めた。」と話されました。ほぼ同じことを中村福祉部長も話されました。また「日中支援は、月割りに戻すことはなく、日割りは続ける。」ということも お二人共 話されました。この2つの話が(話だけが)耳に残りました。


今日は経営者会議なのに…。

最後、安形会長から「障害者の権利擁護に関する法の遵守がなされることが、何より優先されるべき。」という言葉に救われた気持になり、今、名鉄特急で帰路につきました。

arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月 6日 (土)

上方修正

先に報告させて頂きました「市民福祉フォーラムinたはら」の参加者数。修正いたします。


107名→115名。


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 5日 (金)

工房のボス

何だか忙しい。メチャクチャ忙しい。で、事務所で「あ〜、忙しい忙しい〜!」と愚痴ると、全員が「キッ!」と睨む。
どうやら皆さん忙しいらしい…。ごめんなさい。(T_T)


Cimg0630で、今日は かみやさんの話。当然ご存じかと思いますが「かみや」は「ふぃ〜る工房」代表。そう!我らがボス。スタッフにはマイデスクもないのに「愛の説教部屋」と呼ばれる個室を持つ。時折、呼び出されたスタッフの悲鳴が聴こえる…。こわい…。(・_・;)
普段は おっとりとしているが「ここ1番」のパワーたるや、さすが代表と感じる。そう!「ここ1番」という機会は そうないから「ここ1番」である。から、やはり おっとりしている。いい人です。(^O^)


で、その「ボス」の今日一日は素晴らしく素敵!
午前中は豊橋市市役所の新人研修の講師。テーマは当然「協働」。何を話したかはよく存じあげませんが、好評だったよう。講演後、若者に囲まれたらしい。協働のまちづくりを推進課や福祉課だけでなく、これから様々な部署で活躍する若者が聴いてくれた!っていうのが大きい!ですよね。市民と行政が共に創る。そして、そこに障害のある方もいて普通の社会なんだってことが解ってくれたんですもんね!やはりデカイ!

オレンジプラザさんのブログでも紹介されてます。
http://toyohashi-npo-info.seesaa.net/article/59240136.html#comment



で、午後は同じく豊橋市福祉課に呼び出し。ちょこっと前なら、呼び出しと聞いただけで「また何かやっちまったのか!?」と悩んだ あらいですが、最近はドキドキすることも少なく(なくなってないのかい!)なりました。はははっ!
で、なんで、呼びだされたか?っちゅうと、先の相談支援専門部会で上がった、児童さんに対する案件の対応策を練る会議に「現場としての意見」を求められた。っちゅうことです。



ここには書けません!が、素敵な話し合いであったようで、福祉課さんは「現場」の意見を聞き入れて下さり「上」に上げて下さることを確約されたそうです!きゃー!ステキ!豊橋市の自立支援専門部会は正しく機能しているではないか!いいなあ~、福祉課。いいなあ~、ワーカー。ビバ豊橋!



ちゅうことで ボスかみや は「今日は一日 市役所にいて疲れたわ~。」という言葉を残し、本部を後にしました。
ちょっとカッコ良かったなあ。


 arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月 4日 (木)

パニック!

パニック!

今月から請求システムが変わった。国保連へのデジタル請求。事務所の中は「蜂の巣」を突ついたような騒ぎの毎日が続いている。あらいも上限管理に追われている。まさにパニック状態であります。(`o´)

何度となく繰り返される請求事務の「変更」。
事務方の顔を見るのが忍びない。(>_<)

福田総理は「自立支援法の抜本的改正」を初心表明演説で約束された。ということは、少なくとも若干の修正が近日中に また行われる。「見直し」なんだから、良い方向に変更されると思います。当たり前ですが。それは大変ありがたい話です。が、

「すいません、事務方の負担を減らしてあげたいので、この後しばらくは変更は「なし」ということでお願い出来ないでしょうか。」。よろしくお願いします。m(_ _)m

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 1日 (月)

余韻に浸る間などなく…

余韻に浸る間などなく…

昨日の東日新聞に「市民福祉フォーラムinたはら」の記事が写真付きで載りました。大写しの柴田さん。

あらいのところには「ありがとう」、「良かった」と褒めて頂くメールが多数寄せられ、快心のフォーラムの余韻にひたっております。基本的に あらいは「褒められて伸びるタイプ」ですので、とても良い方向でございます。(^_^)v

以前は、フォーラム後に寄せられるメールは、基本的に「呪い」のメールが多かったことを考えると、ふぃ〜る工房や東三河障がい福祉研究会の唱えている思いが、少しずつ理解されているのだろう。と一人ほくそえんでおります。(*^_^*)




で、フォーラムを終え、一息。と行きたいところですが、世の中そうは上手く行かないようです。早速 明日、今月 首長選挙を控える現職市長さまと意見交換に行きます。どういう福祉施策が必要なのか聴いて下さいます。
昨日、豊川市には新市長が誕生しました。首長が変わっても施策は大きく変わらないことを願うのは田原市。が、豊川市は大きく変わって頂きたいモノですなあ。マジで。

で、話を聴いて下さる方がみえるのであれば、あらいは どこへでも行きます!まだまだ寝させてはもらえないようですね。余韻に浸る間などもないようですわ!へへへっ。

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »