« 初アロハ | トップページ | 親の思い »

2008年4月20日 (日)

2つのプロジェクト


今週、2つの厚生労働省プロジェクトチームへの寄稿を終えました。例の「パソコン破損」により、随分と ご迷惑と ご心配を おかけしましたが、何とか大役を終えることが出来ました。「ほっ。」とした。という思いより、パソコン破損のおかげで「大変だった。」という気持ちの方が正直 勝ってます。

で、一つは、随分前に紹介をしました、障害児個別支援計画に関する研究事業。学芸大・加瀬進教授が指揮を取り、「雲上人」が後方支援するプロジェクトチーム。
もう一つは、先日 東三河障がい福祉研究会フォーラムにも ご登壇頂いた厚労省・関口彰さんが指揮を取るNPO法人の地域社会との協働の実践。に関するプロジェクトチーム。こちらのレポートは、聞取りして原稿におこしてくれるっていう方法もあったそうなんですが、あらいの場合、かみやさんから「あんたぁ、これ書くのよぉ〜。」って指令を受けたのみで。知らないのは怖い。相当頑張って書きました…。ほとんどの事業所さんは聞取りだそうで…。まぁ、いいけど。

とにかく、あらいからすれば、遠く、遠く、雲の上の皆さん方が関わってみえるプロジェクトチーム2つ。ありがたいやら、恥ずかしいやら、申し訳ないやら、情けないやら。

こんな若輩のレポートが、どんな形で障害のある皆さんの足しになるのかは分かりませんが、若輩者は若輩者なりに一生懸命 書きました。が、一緒に自分の力の無さも痛感しました。
次回 同じような寄稿依頼が万一あった場合でも、自信を持って寄稿出来るよう、明日からも、否、明日からは今まで以上に福祉道を邁進していきたいと思います。

これで一息。と言いたいところですが、明日からもまだパソコンに向かい、溜っている報告書やら企画書の山と闘わなければいけない日々が続きます。で、頑張って書き終えたら、自分へのご褒美に長野へ行きます!駒ヶ根へ行きます!

arai

|

« 初アロハ | トップページ | 親の思い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2つのプロジェクト:

« 初アロハ | トップページ | 親の思い »