« 相棒 | トップページ | 笑顔と香り »

2008年4月 8日 (火)

より身近に!

より身近に!

本日は「田原市ネットワーク会議」に参加。新年度初開催。ふぃ〜る工房のような「弱小団体」には移動という概念はないが、行政さんや大きな法人には「つきもの」。
で、このネットワーク会議の参加者も若干のメンバー入れ換えがありました。何より「痛いっ!」のは、この場に三宅さんがいないこと。この場で、あのクレバーな対応が聴けないことに寂しさを感じます。

で、福祉課さんから年頭の挨拶、報告。続いて各事業所の事業計画が話されました。そして最後に今週末開催の「田原ゼミナール・VOL2」の説明を 工房 collabo からさせて頂き閉会。時間は11時半。ちょうど。いつもは軽く12時を回るのに…。なぜ…。柴田さん、エライ!

で、只今 昼休憩中の店番中!なんにゃ?ですよね。


田原市の障害福祉の相談窓口体制が変わりました。
委託相談支援事業所4ヶ所と就業生活支援事業所の計5ヶ所が、持ち番制で相談窓口を担当することになったんです。


その名を
「田原市障害者相談支援総合受付センター」

田原福祉センター内(旧社協あと)で、平日8時半から17時15分まで開設。
事業所の担当日は、
月曜日 蔵王の杜
火曜日 地域生活支援センターcollabo
水曜日 田原市支援センター(第4は就業生活支援センター)
木曜日 田原市社会福祉協議会
金曜日 田原市支援センター
が担当します。


「ワン・ストップ!」を合言葉に、各相談支援事業所の得手分野を活かすことの出来る相談体制を整備しました。


例えば。日中支援の投入に緊急を要する方は蔵王の杜さんとか、介護保険を含む家族支援が必要な方には社協さんとか、精神・発達障害の分野は支援センターとか、制度・施策の周知・啓発は collaboとか。ってな具合いに、当事者の皆さんが「どの事業所に相談に行けばよいの迷う」ことのないよう、適切な「水先案内」をする役目を負います。


ので、田原市の皆さん!どんな些細なことでもけっこうです。ぜひ一度、今までより、より身近になった「障害者相談総合受付センター」に足をお運び頂き、悩みを解決しましょ!

arai

|

« 相棒 | トップページ | 笑顔と香り »

コメント

昨日の、「手をつなぐ育成会」かって応援団ブログにて紹介しました。

田原市が、かなりな予算をつぎ込んだ、
事業のはずです!

福祉行政マンの方々の熱意に応えるのは、
当事者にバトンが渡されました。

この事業が継続するするためにも、
当事者、業者の双方のがんばりにかかっています。

熱血行政マンが、「かんべんしてよ!!」と
悲鳴を上げるほど、センターを使い倒しましょう!


投稿: やっさん | 2008年4月 9日 (水) 06時15分

追伸

ブログのスーツ姿の写真は、
カッコ良すぎて、あらいさんらしくありません。

と思うのは、わたしだけでしょうか?

投稿: やっさん | 2008年4月 9日 (水) 06時18分

やっさん さま

はい!使い倒して下さい。で、相談支援員を走らせ倒して下さい。それが我らの本分ですから。

やっさんの仰る通り、田原市行政からの「バトン」は、当事者の皆さんと我ら事業者に渡されました。しっかりと受け継いでいきましょうね。


昨日、愛知県東三河北部圏域、愛知県最北端の地「豊根村」に行かれていた研究会 鈴木代表からのメールに、豊根村担当課長さんのコメントとして「障害者だ高齢者だという区別はなく、目の前の支援を必要とされている人を支援するだけです。村民支援なんです。」とありました。

豊根村から「魂」を注入された あらいは、今日もムダに元気に走り回りますので、ご支援のほど よろしくです!


追伸
やっばダメっすか?写真。
まぁ、怒りも納まりつつあるので、あらいらしいのに変えますね。
で、かっこ良くて らしくない。には引っ掛かりますが…。(-_-#)
ぷぷぷっ。

投稿: あらい | 2008年4月 9日 (水) 10時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: より身近に!:

« 相棒 | トップページ | 笑顔と香り »