« ストレス発散 | トップページ | 地域の課題 »

2008年12月23日 (火)

王者 内藤大助

王者 内藤大助

今夜 早く上がれた あらいはテレビに直行。その訳は「WBC世界タイトルマッチ」。王者 内藤大助 vs 挑戦者 山口真吾。これが「観たいーっ!」



で、正に「死闘」。「ケンカなのか?」と思えるほどの殴り合いでした。両者この一戦に備え、凄まじいトレーニングを積んできたと豪語していたとおりの、本当に壮絶なものでした。

王者は「王者らしく勝つ」と言い、挑戦者は「家族のために勝つ」と言う。その言葉通り、大差がついた後半も王者は、向かってくる挑戦者を受けとめ撃ち合う。軽く受け流せば勝てるのに、あえて受けて立つ。挑戦者は、撃たれても撃たれても倒れない。尚も向かっていく。
実況は「二人は、相手を負かすのではなく、相手より輝きたい!という気持ちで撃ち合っていますっ!」と絶叫。この言葉で涙腺が壊れました。



11R1分11秒。王者 内藤大助のKO勝利。レフェリーストップにより闘いは終わりました。が、レフェリーがストップをかけても挑戦者は倒れていない。「クリスマス プレゼントにチャンピオンベルトを持ち帰る!」と約束していたそう。

王者は勝利者インタビューで、いつものように反省の弁を繰り返す。冒頭「あいつスゲェよ。」と小声で呟いた。インタビューを終え王者はセコンドのもとに行くでも、ファンに挨拶に行くでもなく、挑戦者のもとに歩みより「ありがとうございました。」と頭を下げた。
『スゲェ王者だ。』と本心で思いました。その世界一強いお父さんに抱き抱えられた息子が、はにかんでいたのが印象的だった。

ボクシングという格闘技から「強さ」を教えられた。王者の闘い方と、挑戦者の闘い方を通し、本当の意味での「強さ」を。王者 内藤大助と 挑戦者 山口真吾に。無にしません。



 arai

|

« ストレス発散 | トップページ | 地域の課題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 王者 内藤大助:

« ストレス発散 | トップページ | 地域の課題 »