« レスパイト | トップページ | 10万突破 »

2008年12月27日 (土)

信じています

昨日は、行政さんの仕事納めの日。夕方、田原市役所に行き、年末の挨拶に。遠くから あらいを見付けた熱血 柴田さんは笑顔でお出迎え。近くにみえた小久保係長と共に窓口に。「年末のご挨拶に伺いました。」と旨を伝えると、奥で慌ただしくされていた白井課長まで お呼び下さり、逆に先方から丁寧な ご挨拶を頂いてしまった…。ドジ…。(・_・;)

本当に、今年一年お世話になりました。来年も田原市の障害福祉の一助となりますよう、精一杯がんばります。来年も よろしくお願い致します。

信じます


で、夜は ふぃ〜る工房の忘年会。市内の洒落たレストランバーで。店内が暗くて良い写真が撮れず。今年の幹事は最年少のミオ。やはり若い人のチョイスは洒落た感じになるのね。あらいのようなオッサンは和食で熱燗。が やっぱり良いなぁ。あっ、ボンジョビ高柳もかな。まぁ、女性陣には好評でしたから、これはこれで良しか。この宴は明け方まで続いたことは、特筆すべきことだろう…。あぁ、若干 二日酔い。

で、今朝の新聞各紙は「自治体 仕事納め」の記事が。各自治体の首長のコメントが載っていた。当然、田原市 鈴木克幸市長のコメントも。



「3年から5年は財政が厳しいが、市民のための仕事は待ったなしだ。最小の経費で最大の効果を上げるよう全員で取り組んで欲しい。」と。



そのとおりっ!仰るとおりっ!
子供のうちに良い支援を受ければ、将来 大人になった時に福祉サービスをムダに多く使わないで生きていける。そのためには、支える、受け入れる側の環境も変わっていく必要がある。市民の「共生」に対する理解。とする時、まずは統合教育。これこそ「最小限の投資で最大限の利益」ですから。
そして「全員で取り組んで欲しい。」とは、行政だけでなく、当事者と、市民と、事業者が協働する場「田原市自立支援協議会」で、しっかりとした議論をして欲しいってこと。

と、鈴木田原市長は仰りたかった。そう信じています。



 
arai

|

« レスパイト | トップページ | 10万突破 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 信じています:

« レスパイト | トップページ | 10万突破 »