« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月31日 (土)

安全・安心               セーフティネットフォーラム

安全・安心セーフティネットフォーラム

10時5分。定刻より5分 遅れて「安全・安心セーフティネットフォーラム」は開会されました。バタバタの中。

実行委員会を代表して NPO愛知ネット 天野理事長の挨拶の後を受付、只今 第1部 「平時の安心が災害時の安全」が始められました。
壇上には 厚労省 高原専門官と滋賀県 中島さん、そしてコーディネーターは寝屋川 冨田さんという、絢爛豪華なメンバーで繰り広げられています!いや〜素晴らしいっ!

で、あらいは 既に足の筋肉痛が始まりました。明日までもつのか?

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月30日 (金)

久々、工房一座

久々、工房一座

ふぃ〜る工房にとっての「安全・安心セーフティネットフォーラム」は始まりました。設営開始です。誰もいない会場に naitoさん、かみやさんと三人です。いつもの光景でございます。久々の「一座」です。

もう少しで「naitoブース」が出来上がります。誰に褒めてもらえるでもないのに、naitoさんは勿論、みんな黙々と作業しています。誰かがやらないといけないですもんね。

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブルース・スプリングスティン


慌ただしく知立の準備。バタバタし、イライラしてたらラジオから尊敬する ブルース・スプリングスティンが叫び始めました。
「 BONE IN THE USA 」が流れました。

ブルースは何度も何度も「 BONE IN THE USA !」と叫んでました。

オォーシッ!気合い入ったーっ!さぁ、知立市に出発します!
皆さん、明日 知立市 パティオ池鯉鮒で会いましょう。

arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月29日 (木)

更生後押し

更生後押し

障害のある受刑者に出所後の生活拠点を提供するため、厚生労働省は4月から、出所者を受け入れたグループホームやケアホーム、支援施設に、受け入れた人数や程度によって報酬を加算する方針とのこと。「保護観察所連携加算(仮称)」。生活支援を得られないまま再犯に走る「累犯者」の発生を防ぐのが目的です。

あらいは現在まで警察に出向くことは何度もあるが、出所者の支援には入ったことはないです。が、いつ支援に入ってもおかしくない。とすると、この加算で受け皿が広がれば更生を誓う本人の選択肢も増える。当然、我ら相談支援専門員が作成するケア計画もより良いものが出来る。やはりステキです。

この記事の文末は「服役中の知的障害者410人を対象にした調査で、7割が再犯者で、その動機は「生活苦」が最多である。」と結ばれている。我らにも責任の一端はあると思いますが。



  arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

几帳面と言われ…

本日は朝から豊橋市にある ふぃ〜る工房本部に出勤。久しぶりなんで何だか嬉しそうにしている あらいを見て、なぜかスタッフは笑う笑う…。(-_-#)

で、なんでか?は、東京からお客様がみえたんです。はい。
国立精神・神経センター精神保健研究所
室長 吉田さんと 園さんの お二人です。遠路はるばる ようこそ!



「障害者ケアマネジメントのモニタリングおよびプログラム評価の方法論に関する研究」



の調査に協力っていうものです。難しそうでしょ。ようは、障害者自立支援法で制度として取り入れられたケアマネジメントのシステムを、今後更に質の向上を図る必要がある。で、日本全国で23箇所の相談支援事業所を巡り、現在のケアマネジメントの実施状況やサービスのあり方を、聞き取り調査と記録の調査をされているんです。



090129_200001 で、小心者の あらいは「全国23箇所」と聞き、マジで「私ごとき!」と再三お断りをさせて頂いたのですが、この研究チームにみえる相談支援の祖・野中先生の名を出されては、それこそ「あらいごとき…」がお断り出来るわけもなく、恥ずかしながらお受け致しました。m(_ _)m

で、10時。ヒアリング調査が始まりました。っていうか、あらいにとっては調査をされているというより、精神障害の支援のあり方や全国の相談支援の状況を勉強させて頂いている。そんな感じでした。それを裏付けるのが、2時間経過した時点で吉田さんが「休憩しますか。」と仰り暫しコーヒータイム。が、この時間も お互いが質問のし合い、答え合い。15分経ち再開する際、吉田さんは「はははっ!休憩になりませんでしたね〜。」と笑われました。
如何にステキな時間だったか お分かり頂けますよね!(^_^)v



几帳面と言われ…


で、その後 少しヒアリングをし、今度は受付、アセスメント、モニタリング、ケア会議、ケア計画の各々の背景を踏まえた書式の記載方法やファイリングに関する聞き取り、がありました。一人一人を丁寧に、一頁一頁を丁寧に聞き取りされ、その都度、互いの相談支援論に華を咲かせ盛り上がりました。吉田さん、ステキな方でした。(*^_^*)

で、吉田さん。記録を一通り見られた後、あらいをみて「これは、あらいさんがファイリングされてるんですかぁ?」と。「はい。何か?」と あらい。すると吉田さんは…
「いや〜あんまり丁寧にファイリングされてるんで、驚きました〜!あらいさん、几帳面なんですねぇ。」と。




吉田さま。あらいは日々、かみやさんから「デスクの上、片付けて帰ってねっ!」と、事務員さんからは「書類、この線から こっちにはみ出さないで下さいねっ!」と、若いスタッフからは二階にいるのにも関わらず「あらいさーんっ!靴がしまってない!ダラシナイ!」と叱られています…。この皆さんが「あらいは几帳面」等という言葉を聞いたら、笑い転げ、ヘソで茶を沸かします…。うぅ…。(T_T)

で、午後1時。調査は無事に終了。暫しの雑談の後、あらいはお二人を豊橋駅まで お送りしました。その車中でも吉田さんと園さんは あらいの戯れ言に付き合って下さいました。感謝、感謝でした。
あらいのみならず、相談支援専門員の皆さんは日々、慌ただしく走り回られていることと思います。その多忙さから、この「記録」が雑になっていませんか?今日の出会いで、あらいはその重要性を再確認しつつ、そして反省もしつつですが、新たな方策が浮かんで参りました!
わははっ!明日から実践しちゃうもんねぇ〜!楽しみだにゃ〜!



あっ。明日から日曜日まで知立市泊だった。家にも帰れねぇ…。



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あと2日!

あと2日!

昨夜は半田市へ。今週末に迫った「安全・安心セーフティネットフォーラム」の最終ミーティングに参加してきました。当日スタッフも参加して大人数の会議となりました。

で、とえださんが欠席だったため あらいとメグさんで進行。当日の確認、要員等を決めました。鈴木智さんや川上さんがみえる中で あらいごときが仕切るなんておこがましいとは思いましたが、そんなことを言ってる場合ではないので。

ってことで、会議は1時間半キッチリで終了。あらいは帰路につきました。皆さんは、あと合流の とえださんとNHKキャスターの内多さんと食事に出かけられました。

片道1時間半、往復3時間。会議時間も1時間半…。虚しい…。

とにかく!何はともあれ、今週末は知立市へ!パティオ池鯉鮒へお越し下さいませ~!



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月28日 (水)

第3の地活センター

田原市は東西30kmと長く伸びた渥美半島を網羅しています。三方を海に囲まれ隣接している まちは中核市の豊橋市のみ。それにしても接地しているのは直線で5km。他市町からの支援は受けづらい環境です。
で、長岐に渡り まちの福祉は自治体と一つ存在する社福法人が担ってきましたが、この法人が提供する入所・通所支援共に定員を越えておりました。

しかし障害者自立支援法の施行を機に多くの事業が展開されるようになりました。それは隣接する豊橋市からの事業所誘致です。ここに ふぃ〜る工房や社福さわらび会などの進出があげられます。なかなか「自前」で事業所の確保が難しい地域で、悩んだあげく自治体が下した判断は功を奏したとはいえ、社会資源の慢性的な不足は簡単に解消されるわけもなく、今も尚、事業所の発掘・開発は大きな課題として残っています。

そんな中、昨日 田原市待望の地域活動支援センターが立ち上がりました!で、午前中、開所式があり、田原市事務局のメンバーと出席してまいりましたぁ!特定非営利活動法人 気分爽快さんが運営する「やまぶきハウス」です。

第3の地活センター

田原市は農業の盛んな まちということで、水耕栽培を中心にした活動で障害のある方が生産活動に参加して頂き、そしてあがった収益から労働賃金をしてお支払いしていく。というもの。掲げた目標額は「5万円」。素晴らしい!

Kc380038 気分爽快さんは、元は学校教員だった小林理事長が半ば私財をなげうって立ち上げました。そのまま教員として全うするという選択肢もあったにも関わらず、本人さんや親御さんの願いに応えられました。田原授産所の鎌田施設長とも話したのですが「男のロマンだよね。」と。

待望の日中活動の場が立ち上がりました。田原市で3番目の地域活動支援センターです。一つは、支援センターが運営する「なのはな」。障害種別なく、そしてどんな重度の方も受け入れる。行き場のない方にとってのセーフティネット的な役割を担っています。
2つ目は「ふれあいの家」。精神の方の支援を作業所時代から丁寧に行う事業所。現在は毎日15名を越える利用者さんがみえ、パンク状態。
こんな中での立ち上がった「やまぶきハウス」。待望であったことは ご理解頂けるのではないでしょうか。勿論、どの事業所も「いつまでも地活で」というのではなく、段階的に力を付けて頂き、いずれは法内事業に移行していかれるのだと思います。否、そうなるように支援していくのが我ら相談支援専門員の責務ですから。

ちゅうことで、気分爽快の皆さん。これからも遠慮なく相談にお越し下さいませ。共に育ていきましょう。そして共に田原市福祉の増進に寄与してまいりましょう!
「やまぶきハウス」の開所、本当におめでとうございます。



arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月26日 (月)

浪費

昨日、あらいが居を構える まち「小坂井町」の町長選挙が行われました。実に24年ぶりの町長選挙でした。


何度か書きましたが、小坂井町は燐市 豊川市への編入合併を目指しています。「編入」です。「入れて下さい!m(_ _)m」とお願いしているんです。
両候補とも編入合併には賛成の立場でしたが、当選したのは現職。「豊川市に気持ち良く受け入れてもらいたい!」と訴えていました。片や「豊川市に対して町の主張を強く求めていく!」と意気込んでいましたが落選。これで小坂井町の進むべき道、とるべき方法は決しました。

この選挙期間中、合併に関する調整や事務手続きは停止、町議会は分裂、更には豊かでないまちの町費を使いました。
不毛な争いであったと思います。
限りある時間と税金を浪費しました。



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日)

買い換え

巷で良く見る軍服。以前の定番は「MA−1」でした。時は経ち、今はセミロングでフードが着いた「N−3B」。良く見ますよね。特にアルファ社のヤツは本当に良く見かけますよね。実際には採用されてない黒色のやつなんか。

で、以前から書いてますが、この2タイプは共に「セージグリーン」です。軍服として採用された最終色です。
で、この前の採用色は「エアフォースブルー」紺色です。MA−1タイプのものはB−15C、N−3BはN−3Aという名称です。が、この紺色ってあまり見ないですよね。軍が正規で採用していた時期が短くメジャーじゃないのも関係してるかも知れませんが、この前色の「オリーブドラブ」茶色にも比べ見かけませんね。L(・o・)」



で、軍服好きの あらいは、ある意味「不人気色」の紺色が お気に入りです。紺色のタイプは全種類コレクションにあります。当然!N−3Aも。メーカーは「キャブクロッシング社」という、今はなきメーカー。モノづくりはしっかりしていて、アルファは勿論、アビレックよりも良い出来です。本当は大好きな「バズリクソン」ねモノが欲しいのですが、高価で手が届きません。f^_^; まぁ、いわゆる妥協ですが、これはこれで満足していました。そう、していました。です。

先日、オークションで「SWITCH・N−3A」の文字!w(☆o◎)w
スウィチ社。こちらも今はなき伝説のメーカー。あまりにも こだわり、採算ど返しでモノづくりをした結果に倒産。あり得ないでしょ。で、直ぐさま 悪友しょじょじ君に連絡。オークションに参戦。

買い換え


で、昨晩。念願のスウィチ社製 3Aが手元に届きました〜!やっぱりスゲエ!中綿の量(肉厚)が半端なくスゲエんです。細かい部分のモノづくりは、バズの方が良い感じはしますが、中綿の量はバズ以上かも?ファア部もコヨーテの毛を使用し、こだわりを見せています。(^_^)v


ちゅうことで、超お気に入りの3Aが手元に届きましたので、前のキャブのモノはそのまま しょじょじ君に預け、オークションかけて頂くことに。(^O^)
無事に買い換え完了!(^o^)/ が、超お気に入りの一品が手元に届いたのは良いのですが、家族も周りの方からも「気合いの入った土建屋のオヤジみた〜い!」と、野次って下さいます…。うぅ…。(ToT)



arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月24日 (土)

後援会の本気

Kc380029今日は お休みを頂きました。どうしても行きたいとこがあったから。「近藤ひさよし後援会・伊勢神宮 参拝バスツアー」

近藤さん。大村厚労副大臣秘書。東三河障がい福祉研究会顧問。日頃お世話になりっぱなしの近藤さんから「行きましょう〜!」と声をかけて頂きましたので、図々しく連れてってもらっちゃいました〜!
早朝出発。にも関わらず、地元選出の代議士と県議が「お見送り」という名の挨拶(お願い?)にみえていました。昨夜は他党の候補者の後援会が集会を開いてたりしてました。こんなんを見るにつけ、近々にあるであろう国政選挙が如何に し烈なのかが伺えますよね。

で、このツアー。バス3台、総勢120人が参加されていました。如何に「日帰りツアー」で手軽であっても、現職でもなく他選挙区の秘書というだけの男の企画に、正直『良くもまぁ、これだけの人が集まったもんだ。』とタマゲました。

近藤さん。一昨年の豊橋市議選で惜敗しました。当選に60票届かずバッチを着けることが出来ませんでした。結果からすれば「たった60票」ではなく「大きな60票」だったと思います。あらいは開票を研究会メンバーと一緒に選挙事務所で見届けました。結果が出た時、誰よりも涙していたのは選対の皆さんでした。

悔しかったのだと思います。この悔しさが今日のバスツアーの参加人数なんだと思います。昼食の時、挨拶に立った皆さんは口々に「この有能な若者を市政の舞台で活躍させましょうっ!」と話されていました。


後援会


その言葉を聞き、あらいは強く感じました。「近藤さんは、あの日、あの時の辛さをバネに、本当に大きくなった。」と。この思いを裏付けるように近藤さんは、あらいとの間に100名の人を挟み、胸を張り、堂々と挨拶をされました。そして、後援会は本気で「今度こそ、近藤を市制へ!」と覚悟をしたのだと思います。

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンダーバード

サンダーバード


この風景に見覚えのある方、東三河周辺には多いのではないでしょうか?
そうです。終電を逃してしまった我らが「サンダーバード」の救出を待つ、例の場所です。で、いつものファミマの荷車です。思い出しましたか。

寒風の中、あらいは今夜も救出を待っております。そして、今夜も良い話が出来ました。感謝でございます。

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月23日 (金)

ランチ&コンサート

ランチ&コンサート

田原市育成会さんが主催しています この「ランチ&コンサート」、今年で3年目になります。どんな企画か?は、小洒落たパスタ屋さんを育成会が貸し切り、美味しいランチを楽しみながら なかなかライブとかに行く暇がない お母さん方に「ちょっとしたコンサート気分を味わってもらい、ほんのちょっとリフレッシュしてもらいましょ。」ってものです。
で、その歌い手がナント!あらいなんですわぁ。お母さん方の妥協の産物です…。こんなんで申し訳ないっす!(>_<)

で、あらいは午前中の あつみらいふランドの窓口業務を終え、市街地のパスタ屋さんに急行。美味しいパスタを堪能したあと1時間ほど唄いました。育成会のお母さん方は、食後のデザートに舌鼓をうちながら、あらいの唄をBGM代わりに会話を楽しんで下さいました。その風景をみて、とっても幸せな気持ちになりました。

ふぃ〜る工房はレスパイト事業所です。レスパイトには「介護からの一時的な解放」っていう意味があります。お子さんは学校や事業所で、きっとステキな時間を過ごしている同時刻に、お母さん方は お友達とお茶しながらお喋りを楽しむ。『これってレスパイトだよなぁ〜。』と思いました。

このランチ&コンサート。去年までは「ふぃ〜る工房」の仕事として お受けしましたが、今年は田原市相談支援充実・強化員の仕事でした。とはいえ、ライブ中のMCで制度について話すのは粋ではないので、ライブ後に み〜っちりと福祉話を聴いて頂き、質問も し〜っかり受けましたよ〜!

始まるまでは何だか不思議な感じがしてましたが、これはこれで「あると思います!」と思えた楽しい時間でした。
田原市育成会の皆さま、宜しければ、来年もお声かけ下さいませ〜!



 arai

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ゼミナール VOL.6

本日は午後から東三河を離れ西三河は知立市、知多は半田市を経由し、先ほど帰宅しました。このブログに あそびにきて下さる皆さんなら、もう何の用だったかは お分かりですよねぇ〜。そう!今月末に開催される「安全・安心セーフティネットフォーラム」の打ち合わせに行ってました。

フォーラムと交流会の打ち合わせ。別に あらいが担当ってわけではないんだけど、まぁ、戸枝さんじゃないが「誰もやらないなら」って感じですかねぇ〜。あっ、あと優さんの「気付いちゃったもんなぁ」ってやつ!はははっ!

で、むそうから参加している若者実行委員と二人で打ち合わせ。途中、愛知ネットの山下さんやら、大村代議士秘書の近藤さんやらに諸々と確認を取りながら、大方は決定しました。勝手にしちゃいました。交流会のスケジュールなんかも!委員会メンバーさん、ごめんなさいねぇ。

で、二人でバタバタしていると、今日も今日とて超多忙な とえださんと メグさんが駆け付けて下さいました。あぁ、ありがたや、ありがたや。すると、とえださん「あらいさん、頑張ってるから ご褒美あげましょうかぁ〜。むふふっ。」と、手渡されたのがこれ…。

ゼミナール VOL6


おぉっ!大村ひであき代議士ピンバッチじゃないっすかーっ!

秘書の近藤さんに会った際、近藤さんのジャケットの襟に付いてたのを見て「ちょうだい!ちょうだ〜い!」と ねだったそう。その おねだりした数個のうちの貴重な2個を頂きました!これはたぶん『かみさんにも あげとかないと、きっとヤヤコシイことになる。』という、とえださんの「大人の判断」によるものだろう。そうに違いない!それにしても「レア」じゃないっすか?副大臣のピンバッチっすから!




で、打ち合わせを終えたのが11時半。ここで初めて、全員が空腹だったことに気付く…。あらいは残務があり、急いで戻らないといけないにも関わらず空腹には勝てず、皆さんと一緒にファミレスへ。あぁ…。まぁ、行っちゃったら行っちゃったでワイワイ話し込み面白かった〜!

で、実は。先週の日曜日も今日も、とえださんとの話は安全・安心セーフティネットフォーラムの打ち合わせだけではないのですわぁ。皆さん、もう お気付きですよね!



「田原ゼミナール VOL.6」
平成21年3月22日(日) 午後2時
講師 NPO法人ふわり理事長 戸枝陽基氏

Photo_2 演題は未定ですが、
テーマは「総括」でございます。
自立支援法の見直しをうけてであったり、自立支援協議会であったり、はたまた相談支援事業という大きなテーマであったり、田原市相談支援充実・強化員の活動内容であったり、戸枝さんの愛弟子(?)である福祉課 熱血行政マンの活躍ぶりという小さな小さなものを、一まとめにして「総括」して下さいます。



現在、講演活動を休止されている とえださんが お越し下さるのだから、メチャクチャ有りがたく喜ばしいことなのですが、気の小さい熱血 柴田さんと あらいは、今からすでに「縮こまって」います…。ぼくらからすると「総括」というより「斬り捨てごめん!」とか「そこに なおれっ!」って感じてしまうんですもの…。

この姿をみて とえださんと かみやさんは「むふふっ。むふふっ。」と、イヤラシく笑っておみえです…。あぁ、コワイ…。さぁ、寝ましょ。寝ましょ。おやすみなさい。



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月22日 (木)

3弦 1本

3弦 1本


「あらじょ~」の相方の じょ~。昨年末、長年 勤めたNPO法人格を有する まちづくりセンターを退職しました。仕事がイヤになった訳でも、飽きた訳でもなく、彼は長年 持ち続けていた「夢」を追い掛けたんです。

「音楽に携わる仕事がしたいんです。」じょ~ の口癖でした。

じょ~は今、彼が住む まち蒲郡市の、お世辞にも大きいとは言えない小さな楽器屋さんに勤めています。管楽器がメインで、学校さんの出入り業者さんのような感じだそうです。じょ~は「そのうちに弦楽器も置きますよ!」と言ってました。蒲郡市支援センターの鈴木さんには「カスタネット一個からでも!」と営業に行ったそうですわ。(^o^)/

彼は また一つ夢を叶えました。でも これは始まりなんですよね。本当に「夢」が叶うのは「これから」なんですよね。
頑張れっ!じょ~。近いうちに3弦を1本 買いに行くから~!

arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月20日 (火)

趙雲子龍

001 日曜日、戸枝さんと飲み、語りました。これからの福祉が進まなければいけない道について、そのためには我ら支援者が一般という世界では「当たり前」である思考、行動を、理解し行動しなければいけないことについて、二人が大好きな歴史上の史実、人物になぞられて夜が更けていくのも忘れ、語り合いました。ステキな時間でした。と、ここまでは報告しました。




で、皆さんは「三國志」を取り上げ映画化された「レットクリフ」、観られましたか?あらいは飛んでいきました。かみやさんの首を持ち引きずって一緒に観ました。ど〜うしても かみやさんと一緒に観なければいけない理由があったからなんです。
あらいは三國志ファンです。自分で言うのも何ですが かなりマニアです。フェチという表現でも良いかと思います。中学生の時に知り、以降、全八巻ある文庫本を現在までに数十回読み返しています。ねっ。スゴイっしょ!
で、戸枝さんも観たそう。っちゅうか、「三國志」好きだそうで、その話で盛り上がる、盛り上がる!でした。

この三國志、タイトル通り「魏」「呉」「蜀」という三つの国の争覇にまつわる物語で、多くの武将が登場します。各々の国王も色が違います。「力」であったり「豊」であったり「徳」であったり。で、多くの男性諸氏は、ここに登場する多くの武将の中から、自身のキャラクターと似た武将に感情移入します。『こうありたい』と憧れたりします。



200pxguanyu1 あらいは「関羽雲長」という武将が好きです。好きという表現では言い表せないです。台湾まで墓参りにも行ったくらい好きです。徳の人「蜀王」の劉備に支えた「義」の武将であったからです。映画の冒頭に登場します。絶体絶命のピンチにも関わらず、自身の国の「旗」を踏みつける敵将に一騎向かい、その旗を奪還し自軍に帰還する。何事もなかったかのように走り去る。
カッコイイ。カッコイイにも程がある。あらいの関羽好き、かみやさん曰く「耳にタコ」と言われていたので、ぜひ!関羽のステキさを知って欲しかったのです~!


で、ある人は自身を「孔明」といい、ある人は自分の上司を「袁紹」と例え、ある政治家は「周瑜」の大ファンだったり。
「何を言ってるか解らんわ!」って方は、今すぐ本屋へ!



で、戸枝さん。「ぼくは「趙雲」が好きなんですよ〜!」と。

180pxzhaoyun_2 「趙雲子龍」。この武将も関羽同様「徳」の劉備に支えた「義」の武将。「力」の「魏王」曹操に攻められ逃げる民のシンガリを務め命からがら逃げ切った時、王妃と乳飲み子であった王子がいないことに気付き、一騎とって返り敵陣に取り囲まれた中から王子・劉禅を身体に くくりつけ、劉備のもとに帰還する。劉備に王子を託すと崩れ落ちる。ううっ...。カッコイイ。
このシーンは映画が始まると同時に観られますよ~!皆さん、泣いちゃって下さいませ~!これが戸枝さんが好きだという趙雲子龍という武将です。



何でこんな話を?ですよね。
あらいが戸枝さんと初めてお会いしたのは、今からちょうど9年前。ふぃ〜る工房がNPO法人格取得に動き始めた頃です。当時、豊橋市あかね荘施設長の安形さんに「半田に面白い人がいるから、行くよ!」と連れて行かれたのが「NPO法人ふわり」でした。

到着すると若い女性スタッフさんが「理事長はすぐ戻りますから、少しお待ち下さい。」と。で、しばらくすると茶色の革ジャンにトレーナー、五本指の靴下、という姿の若者が入ってきて「お待たせしました〜。」と安形さんに。『なんだぁ〜!安形さんに向かって何たる態度!失礼極まりない!(`o´)』と怒りをブチまけようとした瞬間「いえいえ戸枝さん、忙しいのにすいませんですねぇ。」と安形さん。『戸枝さん?ってことは、この若者が理事長の戸枝さん。(・_・)エッ...?』

その後は、ただ小さくなり、戸枝さんに何を聴かれ、どう答えたのかも分からないくらい自己嫌悪感に苛まれたことを覚えています。でもね、当時は今のように簡単にNPO法人格が取得出来ない時代でした。が、戸枝さんは ふわりが作成した資料データを簡単に「ほい。」って下さいました。ついでに あれこれとレクチャーして下さいました。苦労して手に入れた「アイテム」なのに。



Dscn0538この出会いを機に、ふぃ〜る工房は「創作芸術あそびclob」に加え「生活支援サービス」事業も開始しました。戸枝さん、安形さんに「一緒にやろ〜!」と声をかけられ断れるはずもなく…。これがあり、今の ふぃ〜る工房があります。NPO法人格を取得し、本格的に福祉サービスの提供を開始したからです。

その後、愛知県の地域生活支援サービスを組織化する活動が始まりました。「愛知県地域生活支援ネットワーク」です。まだ「らいふ」だった頃の山田優さんが長でした。事務局を戸枝さんが、ふわりが受けました。勿論、任意の団体ですから活動資金もなく、人件費も含め多くが ふわりの持ち出しでした。

でも、うざった考えのどこかの施設長が「何か裏があるんじゃないの?」とセコイ話をしたのを忘れません。戸枝さんは その問いかけに「ただ単純に地域福祉のネットワークが必要だから、誰もやらないならうちでやるだけのことですよ。」と言ってのけたことも忘れません。「優さんには逆らえないしね~!はははっ!」と笑ったことも。

戸枝さんの この考え方は愛知県に留まらず全国に向かっていきました。「北福岡曽根来」という神格化した地域福祉のパイオニアを頭にした、全国レベルのネットワークを組織するということ。それが「全国地域生活支援ネットワーク」でした。
ここでも戸枝さんは事務局を担いました。たぶん「誰もやらないなら、うちでやるだけのこと。」と言ってのけたのだと思います。



随分前、戸枝さんに「なぜ、そこまで?」と聞いたことがあります。戸枝さん「簡単ですよ。ノーマライゼーションの世界が見たいだけですよ。」って。そして「代表には世話になってるしね。」って。代表。そう全国地域生活支援ネットワーク代表理事 田中正博氏。あらいとっての「雲上人」です。




戸枝陽基という男


戸枝さんは「義」の人なんです。趙雲子龍に自身を投影する義の人なんです。表現方法はや推進力は人各々で違います。戸枝さんは戸枝さんの方法で義を果たそうとしているのだと思います。時に激しく、時に性急にとらわれがちですが、それはひとえに「義」を果たしたい。その義は、田中代表ら自分を育ててくれた先輩に対して、そして自分を育ててくれる障害のある方と ご家族に対して。だと思います。



ななしのふくちゃんさま。
各々の立場で考え方は違います。当たり前だと思います。が、これが あらいの知る戸枝陽基という男です。異論、反論はあろうかと思います。それを否定はしません。が、ここへの このてのコメントは お控え頂きたく存じます。携帯電話でコメントの削除が出来るように設定していないので、今は無理ですが、環境が整い次第コメントは削除させて頂きます。ご理解下さい。

戸枝陽基さんは、あらいにとって、また全国で走り回る多くの同志にとって、良き仲間、良き、理解者、そして時に厳しき良きアニキなんです。重ねてご理解下さい。



 arai

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ドが過ぎます!

多くの皆さんから「ブログにヘンテコなコメントが入ってる」という「通報」が寄せられています。皆さん、ありがとうございます。感謝。で、今、パソコンのネット環境が整わない状態ですので、整い次第「削除」致しますね。

で、ななしのふくちゃんとか言われる方。

ここは、あなたが思っている以上、皆さん真剣に「地域福祉」を考えている方ばかりです。「どんなに重い障害があっても産まれ育った地域で生き続けるためには、どうしたら良いか、どのような支援があったら良いか。」を真剣に考えている方ばかりです。だからこそ、あなたのコメントのような「誹謗中傷」は耐え難く「何とかしろ!」と通報してくれるのです。

ドが過ぎます。恥じて下さい!

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月)

圏域連絡会議

圏域連絡会議

本日午後は、東三河南部圏域連絡会議に参加しました。福祉課から小久保係長、熱血 柴田さん。オブザーバー参加の相談支援専門員は、社協 ワシの法人(こと)伊藤さん、支援センター野口さん、collaboあらいの5名。ちなみに かみやさんは、ふぃ〜る工房が委託を受ける もう一つの自治体 小坂井町の相談支援専門員として参加です。(^_^)v

で、会議は、圏域バイザーが各自治体に対し提出を求めた「自立支援協議会の議論になった課題・5項目」を丁寧に抽出した資料をもとに、各行政の担当者と委託相談支援事業者が圏域課題を把握し、解決に向けて行動していこう。というものでした。



まぁ、会議の内容は書きません。書けば書いたで騒ぎになりますから。ただ、課題というのは丁寧な事例検討、個別会議の積み重ねから抽出されるものであるということと、やはり自立支援協議会は当事者の皆さんのためにあるということ。が、明確になったということでしょうかね。



Kc380022001無事に会議を終え「ほっ。」としている我ら田原市相談支援専門員のもとに笑顔で「はい!はい!」と用事を配布する小久保係長。『なんにぁ〜?』と見ると近くある研修会の申込書。『は〜い!今日はお疲れさまでした〜!で、次はここで勉強してきなさ〜い。田原市のために、まだまだ走りなさ〜い!ふふふっ。』ってことなんだと思いました。が、がんばります…。係長…。(・_・;)



  arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ちゃ~んと産まれてませんか !?」

昨日午後は半田市へ。知多地域成年後見センター主催、半田市社協 共催の、いわば、今井さん主催、メグさん共催という「こわ面姉御」ら企画の講演会に参加してまいりました〜!

で、更に!あらいが講演会に参加しなければいけない理由が。講師は、メインストリーム協会 副代表、西宮市自立支援協議会会長の玉木幸則さん。お気付きですよね。先に発足した日本相談支援専門員協会の副代表でもある玉木さんが愛知に来ている。しかも招いたのが姉御二人。いかなきゃ 月の出てない夜の外出が出来なくなる…。(・_・;)

「地域で暮らすことへの こだわり」

玉木さん、ご自身も障害がおありで、当事者の目線で、権利擁護に重きを置き、地域で暮らす方の側に立った相談支援専門員として活躍されている、めちゃくちゃステキな方なんです。しかも底抜けに明るい!吉本なみ!講演中の会場は終始 笑いに包まれていました。

で、講演は、14年前に経験した阪神淡路大震災から始まりました。その後 玉木さんご自身が体感した障害のある生きづらさや、自身の幸せ感を語って下さいました。

その中の一言で あらいの涙腺は壊れました。



(以下、全て関西弁をイメージして読んで下さいませ。) 「かあちゃんがね、「あん時、ちゃ~んと産んどきゃ良かったあ。」って言うたんですよぉ。でもね、ぼく、ちゃ~んと産まれてませんかぁ?ぼく、生きてますよぉ!」って。この言葉を聴いた瞬間でした。涙腺が壊れたのは。と、同時に、この話を田原市のお母さん方に聴かせてあげたかった。と思いました。

更に「大人になってきたら生きづらさをあんまり感じないようになってきたんですわぁ。皆さんは、ぼくを見て「楽しそうやなぁ。」と思われますかぁ?それとも「そうは言うても障害があって可哀想やなぁ。」と思われますかぁ?そんなんですよね、ぼくが決めるんですよぉ〜!」って。そうなんですよね。個人の尊厳ですもんね。

「ちゃんと産まれてませんか!?」


汗をイッパイ、イッパイかきながらの熱弁は2時間続きました。涙あり、笑いありの2時間でしたが、あらいにとって本当に貴重な2時間となりました。玉木さんは講演会終了後も忙しい時間を割いて若者と話をしてみえました。玉木さん、ありがとうございました。今井さん、メグさん、ありがとでした。m(_ _)m




Kc380017001 で、余談。玉木さんの講演中、あらいの携帯がブルブル震えました。相変わらず殺人的な忙しさと向き合う とえださんからの電話。電話に出られない旨をメールすると『今夜のご予定は?』。あらいは『帰れ!言われるまで半田にいます〜!』と返信。ということで、あらいは「バンド倶楽部・揚げバナナ」の練習に直行。で、お互いの用事を済ませ集合。仕事を終えたメグさんと かみやさんも。

いつものように店員さんから「ラストオーダーですがぁ。」という声で現在時間を知り、みんな慌てて帰り支度。それまでの時間、福祉における社会学、経営学と、一般の社会学、経営学の違いについて面白いおかしく、時にシビアに語りました。当たり前ですが、これもステキな時間でした。
半田市で、本当に有意義な時を過ごしました。皆さんに感謝!

arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月17日 (土)

たぶん正装

昨晩は毎月恒例「焼肉キャンプ」。仕事を終え、ボンジョビ高柳を迎えに行き、我が家から歩いて5分の焼肉屋に直行。少し遅れて かみやさんも到着!いざ、カルビ〜!ロース〜!

と、空いてた隣のテーブルに親子のお客さんが通されました。
『ん…。どこかで見たことがある…。あっ!分かった〜!』
で、声をかけ、カメラを構え『パチリッ!』。その瞬間の顔。

たぶん…。正装。


小坂井町教育委員会の田中さん。前職は健康福祉課。小坂井町レスパイト事業の開始のために一方ならぬ尽力を成された方。熱血行政マンと称された方。そして あらいの後輩君。彼は未だに あらいを「せんぱ〜い!」と呼ぶ。

久しぶりなんで話し込みました。いや〜、話しましたよ。相変わらず底抜けに明るい田中さん。そしていつものジャージ姿。たぶんこれは彼にとっての正装なんでしょうねぇ〜!ぷぷぷっ。(*^m^*)
で、近況をあれこれ話してくれました。と「さっき撮った写真、千何回目のブログに使うんでしょ〜!」と笑われました。そう、あらいブログを今でも見て下さっていました。その後も、全国で活躍する方々のブログを「見てますよ〜。」と笑われた後、少し伏し目がちになったことが印象的でした。



田中さん。今は教育委員会勤務です。が、思いは「健康福祉課」のまま。町に住む障害のある方と一緒にあるんですね。サッカー ワールドカップ・フランス大会の時、代表落ちしフランスから帰ってきた「カズ」が空港でのインタビューに対し「魂はフランスに置いてきた!」という言葉を発したことを思い出しました(カッコ良過ぎか?)。と、田中さんから異動を伝えられた時にも書き込みをしましたが、紙一枚で思いを断ち切られてしまうジレンマも思い出しました。

http://feel1999.cocolog-nifty.com/lallapallooza/2007/03/post_6099.html#comments



話が尽きることはありませんでした。が、一緒に来ていた お子さんがシビレを切らし、なだめるかのように帰路に着かれました。帰り際も「また!」と笑顔で。




で、我らの焼肉キャンプも ほどなく終了。良く食べた〜!(^_^)v
で、勢いのついたボンジョビ高柳と あらいは、いつものように「二次会」へ!呆れる かみやさんに次の店まで送ってもらい、深夜にまで騒ぎました〜!ボンジョビ高柳が毎月 情報を仕入れてくれ、楽しませてもらっています。ありがたや、ありがたや。また来月も よろしくですぅ〜!(o~-')b



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金)

息継ぎの練習

あと一ヶ月すると待ちに待った滋賀遠征。そう地域福祉の祭典「アメニティネットワーク フォーラム」が開催されます〜!全国の同志の皆さん、元気っすか!申込み受付は既に開始されています。ふぃ〜る工房は遅くなりましたが今日します。遅れた原因は同部屋の人員調整に手間取りまして…。(^_^;) が、昨夜 決定しました!

今年はメチャクチャ濃い!メンバーで二泊三日を過ごします。
東三河南北圏域の各々のアドバイザーの鈴木さんと長坂さん、大村厚労副大臣秘書 近藤さん、東三河北部を一手に担う尊敬する小林相談支援専門員。
スゲエっしょ!このメンバーが同室なんですから息をするタイミングも難しい!今から息継ぎの練習しなければ〜!

息継ぎの練習

写真は昨年の「修羅場」と化した我らの寝床です…。5人部屋に入れ替わり立ち代り50名ほどの方が遊びにみえました...。マックス時には30名の方がみえました...。繰り返します。5人部屋にです。今年こそ部屋番号を隠し通さねば...。

でね。近藤さん。大村副大臣の同行という名目で昨年から参加されていますが、「同行」とは名ばかりで、近藤さんは朝から深夜まで しっかり勉強されていました。『こんな勉強家はそうそういないなぁ。』と感心したのを覚えています。で、今年も早くから代議士に対しネチネチ「今年も同行しますから〜。」と連呼していました。その甲斐あって今年も参加されます!

で、近藤さんフォーラム事務局に直々に電話して「大村秘書の近藤ですが、部屋は ふぃ〜る工房と同室でお願いしたい。」と直訴されたそう。
ビビっただろうなぁ〜。事務局。大村代議士の秘書様が、吹けば飛んでく団体と同室希望なんてさぁ、普通「あり得ない」話ですもんねぇ〜。いやはや何とも。f^_^;

それにしても。ふぃ〜る工房が このアメニティフォーラムに初めて参加した9年前は、東三河からの参加者はあまりいませんでした。が、今はどうでしょ!この盛り上がり!しかもこれだけの実力者が集う。いや〜、東三河、盛り上がっておりますよね〜!
待ち遠しいです!アメニティネットワークフォーラム!



arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菜の花

今日は、田原市「あつみライフランド」での窓口業務の日。いつもより少し早起きをして田原市の先端に向け車を走らせました。

途中、目に飛び込んできた一面の「黄色」。菜の花の色です。

菜の花


車を停め、ボスを飲みながら暫し休憩。朝から贅沢な気分でした。「常春」の渥美半島に感謝です。今日も頑張ります!



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月15日 (木)

授業参観日

今朝 起きぬけに、萌が「お父さん、今日 学校来てくれるのぉ?」と。今日は授業参観日だそうで、プログラムを持ってきて必死に見せ、『絶対に来なさい!』と言わんばかりに訴えてきました。が、当然 ムリ。ガックリの萌。

授業参観日


で、プログラムに目をやると、萌の学年ではないのですが
「ほなみ 福祉実践教室 「もくせい授産所所長さんのお話」」っていうのを発見。
『おぉっ!我がまち小坂井町自立支援協議会の会長さんだ!どんな話しをして下さるのだろうか~。聴きたいなあ~。きっとステキな話を聴かせて下さるんだろうなあ~。;:゙;`(゚∀゚)`;:゙ う〜む、何とか忍びこめないか…。』と思った今朝の一幕でした。



 arai

| | コメント (3) | トラックバック (0)

温故知新

経験を語り次ぐことは大事なこと。次の世代への伝承は、先人の役目。が、その経験を踏まえ、次のステージで活躍するためには、新しきものを知らなければいけない。それは伝承する者にとっての最大の課題。

新しきものを知ることもなく、努力もせず、ただ経験したものだけを語ること、押し付けることは、伝承する者のエゴだと思う。



今夜は、そんなことを気付かせてくれるステキな飲み会でした。ステキな時間を ありがとうでした。感謝、感謝です。



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月14日 (水)

一日の始まりに

朝一、産休中の女性スタッフから「無事出産」の報。

今日も一日 頑張れます。おめでとう。ありがとう。

arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月13日 (火)

資料集

本日は、田原市相談支援総合受付センターの当番日です。
で、午前中は運営会議。福祉課さんから田原市福祉施策についての報告等があり、続いて ご本人さんにお出まし頂いてのケース会議を行いました。徐々にではありますが「みられる会議」になってきたという実感が湧いてきました。

で、圏域アドバイザーの鈴木さんから昨日の日本相談支援専門員協会設立に関する報告と、会議で配布された厚労省発表の資料に関する説明がありました。あらいも強化員として、先日の教育委員会との会合の報告と注意をお話させて頂き、今年初の運営会議は滞りなく終了しました。


で、昼食も我らは休みません。時間のムダ使いはしません。支援センターの野口さんと豊橋就業・生活支援センターの藤田さんと一緒に移動し、今年の田原市相談支援体制に関する、そして田原市福祉事業の展望について意見交換しました。二人共ですが、本当に真剣に関わっていることがメチャクチャ嬉しかったです。




資料集


で、先ほど田原市成年後見センターの岩瀬さんが 相談受付センターにみえました。この資料集を届けて下さいました。昨年12月にあった「権利擁護支援フォーラム in なごや」の資料集。あらいが「行く!」と約束していたにも関わらず、行けなかったフォーラムの資料集です。
http://feel1999.cocolog-nifty.com/lallapallooza/2008/12/post-ac67.html#comments

言い訳を一生懸命する あらいを笑顔で許して下さいました。


でね。ただ単純に「頂けた」からと喜んでいるんじゃないです。資料集に目を通すと、中に時折 メモ書きされている箇所が数ヶ所あるんです。そう!この資料集は、岩瀬さんご自身の資料集を一枚一枚丁寧にコピーして下さっているんです。



読みます。隅から隅まで読みます。暗記できるくらい読みます。



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パワーポイント

昨日は、お伝えした通り「日本相談支援専門員協会・設立集会」に参加してきました。準備会の段階では30名にも満たない人数でしたが、昨日の集会には150名もの参加者がみえ、この会の発足を祝い、意義を確認しました。

で、設立集会。発起人 門屋さん、厚労省 藤井課長の挨拶に続き昨年 田原市にも お越しになられた毎日新聞 野沢和弘さんの記念講演がありました。



「再考〜権力擁護の視点から〜」

野沢さんのお話を聴かれたことがある方は多いと思います。マスメディアに勤められている方というだけではない、瞬間瞬間の描写、人間のきびを、フリーハンドで時に感情的に、時にクレバーにお話されますよね。
ですが昨日は「不慣れですがパワーポイントを作ってきました。」の一言から始まりました。この一言を聴き あらいの全身は感動で鳥肌でした。(>_<)


で、内容は、自身に持ち込まれたケースから障害のある方の権利について、そして その際の相談支援専門員の職責を、事例を通しお話下さいました。
『一般就労されていた方が雇用主から叩かれ、その会社を辞めさせたい。』という本人の母から相談で、本人も母も、もう雇用主にも会いたくないということから支援者は、退職の手続きを進めるお手伝いをしてよいものか、雇用主と掛け合い改善を求めるべきか。ということが論点だったそうです。

相談員も決して安易に答えを出そうとしたとは思いませんが、この一件の本質を探ろうとしない相談員に「なんでこうなったのだろう?」「では何故そうなったのだろう?」と一つ一つ丁寧に問題提起していかれ、最終的には我が子が叩かれたにも関わらず泣き寝入りを決めた母の口から「悔しくなってかた。」という言葉を聴けたそうです。
野沢さんや相談員の皆さんの熱意が伝わったから他ならないですよね。この時も、講演も野沢さんの話は障害のある方の「権利擁護」からブレません。ステキ過ぎます!


この後、野沢さんは千葉県での実践報告、相談支援の本質を「こうした成功モデルの体感が実を結ぶのだと思います。相談支援事業は大事な事業です。皆さんに期待しています。」と語られ1時間半の講演を終えられました。本当に「あっ!」という間に終わってしまいました。(・_・;)
進行役の中島さんは挨拶で「野沢さんが相談支援専門員に見えました。」と話されました。会場にいた全ての者が そう感じたことと思います。



野沢さん、帰り際の通路で あらいを見つけ「来てたんですねぇ。どうですか?田原市は。」と声をかけて下さいました。あぁ、ありがたや、ありがたや〜!そして、会場の外で「お父さん」の仕事終わりを待っていたご子息さまに肩を組まれ、帰っていかれました。後姿がとっても微笑ましくうつりました。




で、10分の休憩をはさみ記念シンポジウムが始まりました。この会の執行部と厚生労働省 高原専門官が登壇されました。まず高原専門官から、今回の「3年後の見直し」の中の相談支援事業に関する部分の説明があり、引き続き協会執行部が この会に対する思いを語られました。

いつものように軽快にに ひょうきんに進行する副代表の福岡さんと、これまた ひょうきんに答える同じく副代表の玉木さん。これに対しクレバーに受け答える代表の門屋さんと事務局 中島さん、そして愛知県代表 我らの監事 鈴木智さん。が、一人、ひたすら熱く熱く語られる高原専門官。他の皆さんが熱くないという意味では決して!ありません。皆さん熱い思いを内に秘めていることを知っています。が、高原さんは表に出す、全面で熱さを表現される方です。あらいにとっては熱く、厳しく、コワイ(叱られるか…)方です。



4時45分、「大きな方向性については決まっておりますが、この先については皆さんと一緒に考え、育てていきたいと思います。」という中島さんの言葉で閉会。全国から集まった「日本相談支援専門員協会」のメンバーは、それぞれの「まち」に帰っていきました。あらいも雲上人、高原専門官、福岡さんらに ご挨拶をし、会場を後にしました。

パワーポイント


で、「せっかく「華の都」東京に来たんだからさ〜!」ってことで、鈴木さんと二人、六本木ヒルズにあるステキなイタリアンレストラン&バーへ繰り出しました~。
雰囲気も良く、美味しいお料理。食べた!飲んだ〜!そして終電ギリギリまで飲んで騒いだ我らは、走った走った〜!ぷぷぷっ。(^O^)



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月12日 (月)

設立集会

設立集会

品川イーストワンタワー大会議室におります。しかも、全国的に有名・著名な大先輩方に囲まれております。福岡さんや中島さん、鈴木智さんや菊本さん、高原専門官もみえます。何より、お逢い出来るとは思ってもいませんでしたが「雲上人」もおみえになっております。

気の小さい あらいめは、少々ビビり気味で、チビりそうでございます。隣に鈴木さんがいてくれるので耐えられていますが、マジでやばい…。

もうすぐ「日本相談支援専門員協会」設立集会が開会されます。とうとう設立です!

今日のプログラムは開会挨拶に続き厚生労働省 藤井課長の来賓挨拶、門屋発起人から協会の目的・事業・組織の説明。
で、記念講演
「再考」相談支援 〜権力擁護の視点から〜 野沢和弘さん
記念シンポジウムに
〜始動する相談支援専門員協会・果たすべき役割とは〜
厚生労働省 高原専門官と相談支援専門員協会役員


なんと贅沢な「設立集会」なんでしょ!これはすでにフォーラムでしょ!しっかり勉強して田原市に帰ります。



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月11日 (日)

やはり要らない機能

やはり要らない機能

冷え込みが厳しかった今朝。その出勤時、愛車のインパネにある温度計が「0℃」を表示していました…。どうりで寒いはず。

それにしても、ヤル気が失せるなぁ…。要らない機能だなぁ…。



arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月10日 (土)

お年玉

大家さんの naitoさんから、お年玉を頂きました〜!
「工房一座」Tシャツと お揃いのキャップ。naitoさんと かみやさんと三人で、お揃いなんですぅ〜。キャップ好きの あらいには「たまらない!」。何より手作りなのが あらいには「たまらない!」です。ありがとうございますぅ!

お年玉



しかし、齢四十を越えてから お年玉を頂けるとは!感謝!



 arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月 9日 (金)

今度は記事数

突破に関する書き込みが続いてますが、今回もですぅ〜!

今度は記事数


今回は、ブログの「記事数」が 1000件を突破しました~!
3年4ヶ月で 1000件です。いや〜、知らず知らずのうちに よく書いたもんだなぁ〜。と、シミジミ。

これもひとえに、懲りず、飽きずに あそびに来て下さる皆さまの おかげさまでございます。感謝、感謝です。これからも書き続けて行きますので、ご贔屓に。お願いしますぅ〜!



arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 8日 (木)

コタツ

コタツ

「collabo・田原」の大家さんからメールが届き、写真が添付されてました。そう、大家さんは naitoさんです〜。

で、その事務所の「あらいデスク」が、なんと!コタツになっておりました〜!寒々しいデスクを見て『かわいそう・・・.』と思って下さったんでしょう。何て優しい大家さんなんでしょう〜。うぅっ、ありがたや。大家さ~ん。(T_T)



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悲観は感情。楽観は意思。

昨日午後から田原市でケース会議。市内の特別支援学級に通われている古い「友人」の。教育委員会さんや特別支援学級の担任教諭さんやら、行政さんやら年始の忙しい中、迷惑を顧みず回ってまいりました〜。

皆さん、真剣に話を聴いて下さり、考えて下さり、協調していくことを お約束して下さいました。近いうちに本人さんを囲んで、お話を伺いながら将来を見据えた支援策を探っていくことになりました。帰り際、皆さん「これから よろしくお願いします!」と声を掛けて下さいました。教員委員会の方に至っては「いつでも来て下さい。相談に乗って下さい!」と深々頭を下げて下さいました。頭を下げるのはこちらの方なのに。ただただ感謝、感謝でございました。m(_ _)m



で、話していて感じたんだけど、障害のある お子さんを地元の学校で受け入れていく、という共生、統合教育への流れは止められません。向かうべき正しい形、姿です。特に田原市は学校介助員事業等「共生」に向けての仕掛けが満載です。
が、これは福祉サイドの話。受け入れる側(この言い方にも抵抗感がありますが…)の理解が進んでいるのか、些か不安でした。学校介助員事業が始まったとして、地元校の教員、児童生徒、保護者の皆さんの理解は進んでいるのか。って。

ですが、昨日の話し合いで不安は解消しました。勿論、全てではないですが、共生に向かうためには一番理解を得なければいけない学校・教員と教員委員会の皆さんが、これだけ福祉との連携を重要と考え、真剣に対応を議論して下さったこと。これってスゴイことだと思いませんか。
学校も教員も教育委員会も不安であると思います。が「やれるかなぁ?」ではなく「やるんだ!そのためには。」という強く意思を感じました。そして何より、久しぶりに一緒にお仕事をした児童課 三宅さんと、福祉課 小久保係長は、笑顔で あらいのやりとりを見守って下さいました。それがスゴク嬉しかったです。



「悲観は感情。楽観は意思。」
哲学者アランの言葉でしたっけか。を、思い出しました。




で、5時に田原市を出発。向かった先は半田市むそう。「第6回セーフティネットワーク会議」に参加してまいりました。フォーラム開催が今月末ということもあり、細部に関することまで徹底的に決めました。あとは当日 講師の皆さんが到着される時間が決まれば、こちらスタッフの動き方も必然的に決まってくるかなぁ。って感じです。

悲観は感情。楽観は意思。


それにしても。戸枝さんやら鈴木智さんやら、多忙を極める方々が「よくもまぁ」毎回 休まずに集まるものだと感心します。写真も、次回ミーティング開催日を決める際に、スケジュール表とニラメッコし、真っ黒に書き込まれている予定の空きスペースを探す様です。ジ〜ンと胸に染みる写真でしょ。
更に、フォーラム当日は他業務などのために関われないが「せめて準備だけでも手伝う!」って、毎回参加される方までみえます。ステキな仲間でしょ!



フォーラムの申込み受付は開始されてます。「まだ。」という方、急ぎお申し込み下さいますよう、よろしくお願いします。
http://www.asobinin.net/dtp/anzen_anshin_090131.pdf




arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月 7日 (水)

腹ペコ

動くと お腹が空く。ジーッとしてると当然 お腹は空かない。当たり前ですけど。で、外に出ず、部屋とか病院とか、ベッドの上でジーッとしてしてたら お腹は空かない。だけど ご飯時になると優しい お母さんとか看護師さんが おいしい食事を運んでくれる。おいしいから食べる。ありがたいから食べる。

これを繰り返すうち「お腹が空く」って どういうことか忘れちゃう…。身体を動かすと必ず お腹は空くんだけど…。

相談支援専門員として走り回る。自分の力のなさ、経験のなさ、知識のなさに打ちひしがれることが多い。残念ながら、これが今の あらいの実情。だから更にたくさん走り回り経験を積む。それでも足らないから先駆者、先輩を訪ね ご指南頂く。叱られる。で、また走る。

事務所にいたら力のないことに気付かずにいられる。悩まなくて良いこの環境は居心地良し。何より叱られることはない…。

あらいは常に腹ペコ。お腹が空いてしょうがない。先駆者、先輩を訪ね栄養タップリの「一喝」を頂く。腹ペコだから五臓六腑に染み渡る。

これが「血」となり、「肉」となる。



arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 5日 (月)

今度はホームページ

先日、あらいブログ「少年老いやすく学成りがたし」が10万カウントを突破したという、めでたく、ありがたい報告をさせて頂きましたが、今度は…

ふぃ〜る工房ホームページが 3万カウントを突破しました〜!

今度はホームページ


4年前、ふぃ〜る工房主催、全国地域支援ネットワーク共催で豊橋市公会堂で開催した「豊橋フォーラム」の広報のためリニューアルした このホームページ。あらいブログ同様、当初は「だ〜れも」あそびに来てくれませんでしたが、今では多くの方が立ち寄って下さるようになりました。感謝、感謝でございます。m(_ _)m

で、トップの写真も変更。「5周年祭」。更に「代表挨拶」も。お時間のございます方は、ぜひ のぞいてやって下さいませ~!
http://www.atelier-feel.com/



これからも ワガママな代表に 健気に仕えるスタッフ一同は、障害のある方と そのご家族に寄り添うべく、全力疾走して参りますゆえ、ご支援のほど よろしくお願いいたします〜!



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 4日 (日)

課外授業

NHKの人気番組に「課外授業」というものがあります。ご存知の方も多いことと思います。現在 活躍中の有名・著名な方々が母校を訪れ、数日間 課外授業を行うってやつです。

で、今日、年末に放送された「課外授業スペシャル」が再放送されました。あらいは それをタイマー録画しておいたのでを先ほど観ました。ゲストは尊敬する「長渕剛」さん。母校で生徒全員で書き上げる詞に、長渕さん自身が曲をつけるというもの。

課外授業


番組の冒頭から、長渕さんは黒板を背負い正に「授業」を開始しました。その黒板の真ん中に「感じる」と大きく書き「感じることが大事だ。人は大人になると感じることを忘れてしまう。ボコボコにされてる仲間を見ないふりをせず、人の痛みも感じて欲しい。」と熱弁。そして授業の最後を「心に思うことを心の底に押し込んでないで、心の底から叫べ!」と語り授業を終えました。

それからグループに分かれ、各々が思う気持ちを詞に託しました。「友情」であったり、「叫び」であったり。そして長渕さんは、その詞を持ち帰り曲をつける作業に。

音楽に携わる者であれば、みんなの詞に曲をつけることは簡単な作業です。が、長渕さんは みんなの詞を一つ一つ丁寧に読み込み「どうしてだ。」「そうだ、そうなんだ!」と感情移入させ、みんなの思いを「紡いで」いきました。翌日、ギター一本で生徒の前に立ち熱唱。生徒の みんな号泣でした。

「課外授業」の最後、「社会に出ても負けるなっ!」と長渕さんは叫びました。同時に生徒のみんなは長渕さんに飛び付き、また号泣しました。生きることの厳しさ、感じることの素敵さ、そして叫ぶことの大事さを教わった この生徒のみんなは、もうすぐ社会へ出ます。でも彼らは簡単に負けないと思います。苦しい時に思い出せる「歌」があるんですから。
あらいは、歌の持つ「力」を知っています。多分、皆さんも。



  arai

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年1月 3日 (土)

お役御免

お役御免

ここ数年の あらいの初仕事は正月 cafe神楽のウェーターから。が、今年は神楽に入らず、今日 あらいは客としています。そう、お役御免です…。(>_<)

今年も神楽は、元旦こそ お休みを頂きましたが、毎年同様二日から営業を開始。っていうか、大晦日も開けてたんです。そう新年を神谷さんと共に神楽で迎えたスタッフもいるんです。いつもは開けない大晦日なのに。

理由は、大晦日の夜、西浦温泉まで洋菓子の配達に行った神谷さん。竹島前を通過した際、アーケードに震える若者がいるのを見て「開けたげよ〜。」と思ったそうですわ。まぁ、何というか。
深夜、見知らぬ若者とドンチャン騒ぎしている写メが届きました。いや~ステキだ!



で、今日の神楽。神谷さんと当番スタッフで営業のはずでしたが、洗い場に見馴れた男性が。新人スタッフ君です。忙しいだろうと手伝いに来てくれたそうです。(T_T)

こんなスタッフがいたんじゃ、お役御免も致し方なし。と思えました。今年もこの仲間と頑張ります!



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 2日 (金)

初売り

年始の挨拶を兼ね、いつものブティックへ買い物に出掛けました。と、店内は人だらけ!大賑わい!正月二日だというのに、既に初売りセール真っ最中でした。ってことでごった返しておりました。

初売り


で、萌は早速 物色。小学二年生にして、衣料品は「ここでなきゃ」買わない。あぁ、なんて贅沢な子に育ててしまったのでしょう…。しかも!既に子供服は着れないのです。大人サイズを着るのです…。あぁ、なんてデカク育ててしまったのでしょう…。まぁ、随分と安く売ってもらえたから良しとするか…。セール万歳!

で、あらい自身は?というと、お気に入りのブランドは いつもセールの対象にはならないんです。冬は軍服、夏はアロハですから、流行がないから何年経っても大丈夫だから、セールして さばかなくていいからなんですわ。



あらいの大好きな軍服メーカー「バズリクソン」と、大好きなアロハメーカー「サンサーフ」は、共に「東洋エンタープライズ社」のもの。他にもスカジャンやらスタジャン何かもある「アメカジ」ファンには お馴染みの衣料品メーカー、しかも一流メーカーなんですよ。だからやっぱりセールしなくていいんですわ。

Kc380002が、なんとビックリ!今年は変則的ではありますが、セールの対象になってるじゃないかーっ!「おぉーっ!こりゃ買わねばーっ!」と、あらいも あれこれ物色する。が、気に入ったもののサイズがない…。軍服以外のも見てみたが、やはりない…。あぁ…。大きく育てて下さった両親に感謝ですぅ…。(T_T)



いつもお世話になっている店員さん。忙しそうに走り回ってみえました。ので、挨拶程度。店員皆さん、年末年始も休まずお仕事だったそう。休みは5日に一日だそうです。よく働きます。帰り際、店の隅にあった「年中無休」という文字に目が止まりました。親近感が湧きました。お互い、今年も頑張りましょう!



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木)

謹賀新年


新年あけましておめでとうございます。2009年の幕開けです。

おめでとうございます。


Kc380094001 今年も初投稿は豊川稲荷から。エスキモー状態の萌と一緒に。風もなく、あまり寒さは感じませんが、人混みに圧倒されておりますぅ。かれこれ1時間は並んでおりますが、未だ詣でておりません。もう一息!ってところからの一枚です。

あらいは毎年、大晦日の夜に豊川稲荷に詣でております。ここで除夜の鐘の音を聞きます。で、去年一年の報告をします。「こんなことしました。」って。お願いはしません。やるのは自分自身ですから。

とにかく、今年も昨年以上に全力疾走でいきますゆえ、ご支援、ご声援のほど よろしくお願い致します〜!



arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »