« 防災センター | トップページ | 同志来訪 »

2009年3月 2日 (月)

レスパイト発


昨日は、めぐさんのコメントにあります通り朝イチから半田へ行っておりました。むそうの文化活動日ということで。今月が今年度最後の「バント倶楽部」ということで、揚げバナナのメンバー一同に今年一年のお礼を申し上げ、また来年度の契約継続を哀願いたしつつ。のバント倶楽部でした。
とか言いながら、演奏が始まってしまえば何のこっちゃない!いつもの大騒ぎが始まりました。この光景を見ることが出来るのは、メンバーである あらいの特権!

もう8年になります。この「揚げバナナ」とのお付き合い。ずいぶんと長くなりました。みんなステキなメンバーです。あらいは幸せです。



で、定刻に終え、片付けを済ませ一気に帰路に着きました。あらいも かみやも やり残した仕事が山積みで、大あらわで戻り仕事に取り掛かろう!ってことだったんですわ。で、海底トンネルを抜け半田から碧南を経て西尾に入った直後、かみやさんの携帯が鳴りました。

めぐさん。半田市相談支援センターの加藤さんでした。
「戻ってらっしゃ〜い!」っちゅうことでした。

で、めぐさんに召集を受けた我らは、断れる訳などなくUターン。待ち合わせ場所に直行。程なく めぐさん登場。生活支援担当の やすPと共に。めぐさんの第一声は「なんで今日は帰るの早いの!?」と。叱られました。で、続けて「今年度最後だからお礼を言わなきゃと思って慌て帰ってきたんだからね!」って。そう、めぐさん、名古屋での講演を終えて一人、直帰してくれたんです。こんな言動が、とても嬉しかったです。

レスパイト発


で、昔話に始まり、めぐ、かみや、あらいの職務である相談支援事業にまで熱く語りました。この3人、今年度の現任研修を受講しました。

その時に めぐさんと「大きな法人、大きな枠組みから始まる相談支援が大半だから、我らはレスパイトから始まった、小さな組織は周りとの連携がなければ成り立たなかった相談支援の形、ってのを模索して行こうでぇ〜!」と確認したことを思い出しました。今も、めぐさんと あらい、かみやは、その形を追いかけています。



一頻り話をし、明日から(未来)の話に。
めぐさんは、学芸大 加瀬先生が組織する発達障害に関する研究チームに参加を希望しているそうです。めぐさんから「何であんたはやらんのよ!一緒にやろうよ〜!」と。
ありがたかったです。が、お断りしました。「今は田原市のことしか考えられんのやわぁ。田原市になるべく長い時間いたいのやわぁ。」と伝えると、めぐさんは「なんか分かるような気がするなぁ。」と了承してくれました。続けて「この前お会いした中西さんといい、あらいブログから知る田原市って「みんなで」って感じするもんねぇ。」って言ってくれました。何よりの褒め言葉です。

で、めぐさんが研究チームに参加したあかつきには、資料は滞ることなく あらいの手元に届くことに。抜かりなく!勿論、研究に関する資料収集には微力ながら お手伝いさせて頂きます〜!



散々から食べ、飲み、語り帰路に着きました。お互いに忙しくなり、月に1回会うのがやっと、って感じでしたから本当に 楽しかったです!久しぶりの友との時間に、疲れた心身が蘇生されていくのを実感しました。
めぐ、ありがとな。



 arai

|

« 防災センター | トップページ | 同志来訪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レスパイト発:

« 防災センター | トップページ | 同志来訪 »