« マスコミの皆さま | トップページ | 2009 TOUR "FRIENDS" »

2009年9月22日 (火)


あらいが居を構える小坂井町には、3つの駅があります。JR東海道本線、JR飯田線、名鉄本線の3つです。

田原市に出勤する時や、名古屋市へ出向く場合、豊橋市に飲みに出る場合は名鉄を利用します。一昨日のように新城市へ行く場合は飯田線を。で、東海道本線を利用するのは西三河へ呼び出された時と、隣まちに呼び出された時です。



で、本日6時半。久しぶりに東海道本線に乗り蒲郡市三谷へ。お互いに顔を見合わせれば必ず「大丈夫?」と聞き合う相手、蒲郡市障がい者支援センターの鈴木さんから お呼び出し。また『なんか、やらかしちまった。』と思う あらい。
で。叱られると挑んだ あらいでしたが、何とか事なきを得てホッとするばかり。で、その後は あれやこれや話をしました。たくさんしました。たくさん聞きましたし、たくさん聞いてももらえました。あらいの思っていることを全て お話致しました。

一方的になるのではなく、互いの思いを現実のものにするためには「どうしたら良いか」「どんな仕組みが必要か」を、じっくり話し合いました。



これ以上は書けませんが。残念で仕方ないです。先のシンポジスト打ち合わせでも、一昨日の長坂さんとの打ち合わせでも出た話ですが、この会話、議論をビデオに撮っておけたらいのに。と、今日も思いました。

でも一つだけ。鈴木さんと確認したことは「カッコ悪いとは言われたくない。」ってこと。では逆に、ボクらにとって「カッコイイ」のは何かって話に。それは「誰のために動いているのか。」を見誤らないこと。であるということ。


志


「志ありき」で、在り続けたいと確認をし終電を待つのホームから。



 arai

|

« マスコミの皆さま | トップページ | 2009 TOUR "FRIENDS" »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« マスコミの皆さま | トップページ | 2009 TOUR "FRIENDS" »