« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月30日 (金)

ヤバーイッ!


パ、パ、パソコンが壊れたーっ!
資料やら、作んなきゃいけないのに。ううっ…。(>_<)


メールは他で対応出来るのが、せめてもの救いですが。
早く、否、速く!戻ってきてねぇ〜!(lll゚Д゚)



arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

療育相談会


本日午前中、豊橋養護学校の先生が田原福祉センターに大勢おみえになり、田原市内の乳幼児を対象にした療育相談会が開催されました!主催は愛知県立豊橋養護学校、共催は田原市障害者自立支援協議会。



約2時間半。みっちり模擬授業を行って下さり、これから修学の準備を始められる親御さん方には、とても良い機会になったと思います。外観を見たり、授業風景を見学くらいなら普段でも出来るとは思いますが、体感する、しかも親御さんと一緒にって機会は そうたくさんはないですもんね〜!(^_^)v

この療育相談会は、東三河圏域を対象としています。で、今日は田原市で開催して下さいましたが、他市は先生方が出向いて、ではなく、豊橋養護学校に出向き参加しなくてはいけないのです〜!そうなんです!出向かわずとも、そのまちで開催して下さるのは「田原市」だけなんですわ〜!ステキ〜!(≧∇≦)


療育相談会


写真。右が豊橋養護学校の特別支援教育コーディネーター加藤さん。本当によくして頂いています。感謝です。で、その隣の団体は、田原市教育委員会の学校教育活動コーディネーターの皆さん方と家庭相談員さん。こちらもお世話になりっぱなしです。で、隣が田原市発達支援コーディネーターかみやと生活支援センター光部さん。そして熱血柴田さん、山本さんという「チーム白井」メンバー。

福祉と教育のコラボです。ステキでしょ。(^_^)v



この最後部に控える面々が、たくさん詰め掛けて下さったお子さんと親御さんの笑顔を見ました。「この笑顔、絶対に護らなければ。」の思いを、強く持ちました。



arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛されている男


現任研修の3日間を終え帰宅。マジでバテましたわ。

で。今日、実は田原市では「こうまま巡回研修」が行われました。田原市社協主催でして。で、実質的には今回 現任研修を受講されている いとうリーダーが担当されています。勿論、田原市 若輩相談支援専門員軍団も 全面バックアップ!でありますが。

で。今日の現任研修中、「チーム白井」メンバーから写メが届く。
巡回研修会場の写真でした。これです。


愛されている男


「愛されているなぁ。」と感動。

更には!ですが、研修中はメグが「きっちり」と ご指導ご教授下さり、夜は夜で こじまさんや 熊谷さんがメチャクチャ可愛がってくれ。で。先ほど「こうまま」ブログを のぞいてみたら。
http://koumama.seesaa.net/article/157858597.html?reload=2010-07-30T00:04:59



あぁ。幸せ者だぁ。いとうリーダーは幸せ者だぁ。(T_T)



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月29日 (木)

現任研修 終了


午後。最終カリキュラムは「自立支援協議会」。
講師は蒲郡鈴木さん。

現任研修 終了


前半を講義、後半をグループワークって形で、110分。う〜ん。全くもって時間が足らない!そりゃそうですよね。我らの働き如何で、そのまちの自立支援協議会の是非が問われかねない、そんな重要なコマが2時間足らずとは。まぁ、国で決められた時間配分のようだから仕方がないのでしょうが。

で。このグループワークで。思うことがありまして。



研修受講に際し提出して頂いた課題に、それぞれのまちの「自立支援協議会の現状と課題」というのがあったのですが、何人かの方が、「事務局を担うと仕事に追われる」とか「形骸化している」と挙げていました。

前者に関しては「本当にそうだろうか」という思いと「それも仕事やん」という思いを。後者に関しては「何でそうなっちゃったの?」という思いと「それを何とかするんでしょ」っていう思いを持ちました。

ようは。「言い訳に聞こえますよぉ〜!」ってことですわ。



最後のカリキュラムは。智さんから研修総括。
何人かの受講者から感想やらをお話頂き、智さんが一つ一つ丁寧にお答えされていました。

その後、県の担当課職員から、「修了証書」が手渡しされました〜!
皆さん、おめでとうございます〜!パチパチパチパチ!(≧∇≦)

で、先にアップしましたが、この修了証書、研修全日 講師を務めた者は、ありがたいかな頂戴出来るのです〜!あらいは、これで3枚目であります〜!きっと。きっと5枚集めると 何か良いことが起こるはずです。あるに決まりっす!
っていうか。この証書に恥じない仕事をせねば!


3年連続



こうして平成22年度の現任研修は修了。受講者の皆さん、本当にお疲れさまでした。明日からの業務に しっかりと活かして下さいね。
と、研修講師の皆さんと県担当職員さま。こんな あらいの戯れ言に お付き合い下さり、また、あれこれたくさん教えて頂き、これまた感謝感激でございました。こちらは しっかり持ち帰り、我がまちで活かしてまいります。



ってことで。
反省会という名の「打ち上げ〜!」。智さん、メグ、豊明大谷さん、岡崎大木さん。手前には、こじまさんと蒲郡鈴木さん、と、あらいで。


現任研修 終了


現任研修が終わったばかりなのに、既に初任者研修の内容、地区別研修のファシリテーターの人選、更には来年度の国研修、もっと言えば愛知県相談支援の現状と課題、他にも あれこれ〜!(◎o◎) でも。スゲエ勉強になったし、楽しかったですよぉ〜!(^з^)

あっ。ただ一つ。
こじまさんと あらいには、笑えないほど大きな課題が…。(・_・;)



とにかく。田原市の皆さん、「チーム白井」BOSSはじめメンバー皆さん!あらいといとうリーダーは、メチャクチャしっかり現任研修で学んできましたよ〜!明日お会いする方は褒めて下さいねぇ〜!



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スモール野中


午前中終了。昨日の野中先生の講義を受け、それぞれのグループであげた事例でグループワークをしましたよぉ。


奮闘中


これ。奮闘中の いとうリーダー。
講師はメグ。いろいろ ありがとね。



で。テーマは「スモール野中」。みんなで事例検討し、それぞれのフォームに、それぞれが野中先生みたく書き込んでいく。気になることは事例提供者にバンバン聴いていく!


スモール野中


最後に智さんから総評。熊谷さんの後頭部から、こじまさんの横顔をナメェの、智さん。う〜ん、贅沢な一枚やなぁ〜。ステキやなぁ〜。



さぁ、残すところ半日。最後まで、しっかり学びます。(`∇´ゞ



arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

210分+α


昨夜、研修終了後、親しい仲間内で反省会を兼ね食事という名の飲み会。いつものことですがぁ。で、ホテルに戻り、お風呂に入った後からの記憶が全くなく…。明け方4時。寒くて目を覚ましました…。




で。昨日、午後からは。今年度の現任研修のスペシャルゲストの講義。日本福祉大 野中猛教授の「スーパーバイズ「事例検討」」。

前半を座学。後半は、豊橋松井さんを相手に実践形式のスーパーバイズ。という形で、210分という時間を30分もオーバーしての激熱ぶりで、我らにアセスメントの重要性を説きつつ、我らに「人材育成」の手法を伝授下さいました。


210分+α


ホワイトボード3枚を駆使し、「聴く」のスペシャリスト松井さんも タジタジの「聴き」ぶり。しかも、アセスメントを引き出しつつ、更に受講者一人一人から「気づき」を引き出しつつ、更に更に『最初から こうなることが分かっていた』と言わんばかりに、きっちり、丁寧にホワイトボードに纏められていかれました。正に職人業。(◎o◎)



実は。この職人業を、今日、講師陣が実践するのです…。



5時半、野中猛教授の講義は終了。4時、みっちりと講義を受けたあらいは、後半からマジで胃痛に苛まれました…。スゲエ!って思いと、明日あれを実践するの思いからか。『今夜、飲みたくない』とも思うほど、刺激的でした。
野中先生、本当に ありがとうございました。我がまちに持ち帰り、しっかり伝えます。人材育成に努めます。お約束いたします!


210分+α


で。その胃痛に悩まされていたのは、あらいだけではなかったようで、研修終了後 30分以上に渡り熱の入ったミーティング。講師陣のやる気というより、いわばプライドでしょうね。皆さん、カッコイイっす!




で。ミーティング終了後は、最初にお伝えしました通り、反省会という名の飲み会。左から豊橋松井さん、日進熊谷さん、半田とくやまさん。手前には、写っていないが蒲郡鈴木さん、田原いとうリーダー…そう!この豪華メンバーに、昨夜も混ぜて頂いたんですぅ〜!


210分+α


どんどん運を使い果たしていく彼を見るのが忍びないです…。
では。3日目、始まりますので、ひとまず ここで!(^_^)v



arai

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月28日 (水)

二日目

おはようです!名古屋市にいます。現任研修二日目でございます。


二日目


朝一から昼過ぎまで、180分間ぶっ通しで「障害者ケアマネジメントの実践(演習)」であります。監修はリハセン智さんであります。



で。我らが いとうリーダーのグループ担当講師は ナント!半田市メグであらせられます!う〜ん。贅沢や〜!で、メグ。さっそく いとうリーダーの隣をゲット!出来る方や〜。


二日目


メグには、しっかり いとうリーダーの「拾い方」をレクチャーしましたゆえ、「チーム白井」BOSSはじめメンバー皆さん、ご心配なく!ってことで、今日も1日、メチャクチャ頑張りますっ!



arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月27日 (火)

幸せ者


現任研修初日は、中島さんの160分に及ぶ講義をもって終了。受講者が課題として提出した「振り返りシート」を使い、自己研鑽。それに対し中島さんが丁寧にアドバイスを。って感じで振り返りました。

時間の関係で受講者全員とはいきませんでしたが、我らが田原市社協いとうリーダーも発表することが出来、中島さんからアドバイスを頂けるという幸運。彼はたぶん、一生の運を使い果たしたことでしょう。明日からは、間違いなく茨の道あるのみ。( ̄・・ ̄)

あらいも。ちょこっとだけお話させて頂きました。っていうか、自分ちの自立支援協議会が上手くいかないのは、全て国のせい、厚労省のせいみたいな言い方(あくまで「みたいな」ですからね。)をする受講者がみえ、どーうしても言いたくて。で、言っちゃいました〜!
朝一のオリエンテーションといい『叱られるかなぁ…』と思ったのですが、他講師陣は好意的。な〜んてステキな仲間でしょ!あげく、中島さんからもお褒め頂き有頂天!単純なわたしでありますぅ〜。(*^o^*)



で。この5年を超える、いわば「ベテラン」と言われる方に対して行う現任研修で、「相談支援事業とは、なんぞや!」との問いかけから始まるのって、スゲエ良い!って感じました。初心に還り、そして新しきを知る。みたいな。
中島さん。知らないまちでの研修。さぞかし大変だったことと思います。しかも200万都市の名古屋市と2万という小さな吉良町と、規模の違う、否、大差あるまちへのスーパーバイズ。マジでステキでした!お疲れさまでございました。m(_ _)m

で。研修終了後。受講者皆さんが帰られた後、講師陣は残り打ち合わせ。なんせ明日は、あの「野中せんせい」のお出ましですから!







で。夜の部。あらいにとっては、これも立派な研修。中島さんを講師陣が囲んで反省会。ここで突っ込んだ話が聴けたり、他市の実践を聴けたりとメチャクチャ勉強になるんですわぁ〜!はい〜!(^O^)
しかし。スゲエ写真すよね。中島さんと智さん、そろい踏み!



で、下の写真。一番奥は、ナント!我らが「いとうリーダー」です!隣は名東区こじまさん、豊田市成瀬さん、向かいはリハセン智さん、半田市メグ、写っていないがこちらには蒲郡市鈴木さんとあらい、事務局の豊田さん。しかも!ついさっきまで、いとうさんの真ん前にはあの中島さんがみえたんです〜!キャーッ!


幸せ者



彼は幸せ者です。が、一生分の運を使い果たしたと思います。なにせ、この反省会は明日スケールアップして行われますが、そこにも「田原市いとう」の名は、既にあるからです〜!やはり幸せ者です。



で。あらいは あらいで、生意気にも智さんと成瀬さんとで、「今後の相談支援」について。あらいの中の不安を ブッチャケてお聴きしました。まあ、内容はまたの機会に書こうと思いますが。その一つ一つを智さんは、丁寧に お答え下さいました。不安に思うことが一致・合致していることから、何だか小学生が答え合わせをして先生から「はなまる」をもらった。そんな気分でした~!;:゙;`(゚∀゚)`;:゙



ということで。田原市の皆さん。あらいと いとうリーダーの現任研修初日は、無事に終わりました。また明日、目一杯 頑張ります!



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中島氏 御登壇


午前中の「発達障害者支援」、午後一の「精神障害者の退院促進」を終えました。で、本日最後のカリキュラムが始まろうとしています。


中島氏 御登壇


「スーパーバイズ 1 「相談支援事業とは」振り返りシート」
日本相談支援専門員協会 中島秀夫氏。



こじまさんの後頭部の向こうにあらせられるのが中島さんです〜!
目を見開き、耳の穴 かっぽじって、一言一句 聴き漏らしません!



arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現任研修 開会

現任研修 開会


くどいですが、本日より3日間、愛知県相談支援従事者現任研修が開催されます。国の指導者養成研修を受講した講師11名、相談支援経験5年を超えるベテラン受講者38名。総勢50名の相談支援専門員が集結する様は、正に圧巻であります。

で。あらいは初っぱなのオリエンテーションを無事に終え、安堵感に満ちておりますが、本番はこれから。しっかり勉強して帰ります。


現任研修 開会



追伸。田原市の皆さん。いとうリーダーは、朝、JRの遅れに巻き込まれた(巻き込んだか?)以外は、今のところ何事も「起こさず」受講されておりますよぉ〜!あくまで「今のところ」ですがねぇ〜!(^w^)



arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「諦めない運動」


昨日、田原ゼミ9の件で、雲上人に お電話した。
殺人的なスケジュールの中、日々の激務に向かう雲上人。さぞかし お疲れであろうに、少なくとも あらいとの電話の間は、一切それを感じなかった。強い人だと改めて思った。だから雲上人なんだ。


「諦めない運動」


軟弱者あらいは、今から名古屋に向かう。現任研修に参加する。
力不足甚だしいが、受講者皆さんに お話する機会も頂いた。が、未だ何を話すか決まっていない。というか考えてない。ダメダメだ。

ただ。雲上人から教わった「諦めない運動」であることを胸に、優さんから教わった「聴くが最大の権利擁護」であることは、必ず伝えなければと思っている。否、決めている。



では。田原市の皆さん、「チーム白井」BOSS はじめメンバー皆さん、ふぃ〜る会員皆さん、かみや代表はじめスタッフ皆さん、我らを支えて下さる多くの皆さん、いってきます。目一杯 頑張ります。



arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月26日 (月)

万全を期す


本日は田原市事務局会議。
朝一、熱血柴田さんが真顔で「BOSS、みえるそうです!」と。
あらいも真顔に。いわゆる「緊張が走る」ってやつです。(・_・;)



で。会議。福祉課からの報告・連絡。と、BOSS 白井課長から、今年、田原市で開催される「ハート・イン・三河」に関する報告。というか、指令というか。しっかりと勤めあげてみせます!はい。

続いて、あらいから「愛知県相談支援専門員協会」についてとお願い。のぐちさんから共生フォーラムについて。で。重鎮鎌田さん、今年度の共生フォーラムの仕切りを担っている のぐちさん、みうらさんに対するアドバイスは、内容までは伏せますが、真に「育てる」という意識の高いもの。重鎮らしく、ステキなものでありました。

で。ふじたさんから、企業開拓と就労支援に繋がった新規ケースに関する報告から、課題検討。「原則論」の確認と「支援」には目的と計画が必要であるという、至極当たり前の確認を丁寧にしました。



内容も、深く、多岐に渡っており、会議の成熟がみられ始めた気がしました。確認です。「みられ始めた」です。「気がしました」ですから、くれぐれも誤解のないように。



で。最後に、いとうリーダーが明日からの3日間「相談支援現任者研修」を受講するにあたり、名古屋に連泊となることから、いとうリーダーが支援されている緊急対応が危惧される方の引き継ぎが行われました。と。「チーム白井」BOSS。「ボクが口出ししちゃイカンと思うんだけどぉ。」と口を開かれたあと。

「いとうさんは研修を受けに行くのだから、この話は相談支援体制だけではなく、社協の中でも引き継ぎをお願いします。あなたは勉強しにいくんだから、しっかり勉強してきなさい。」

とアドバイスを頂戴致しました。あぁ、ありがたい。(T_T)


万全を期す


ややもすると抱え込みがちになる相談支援。「チーム白井」BOSSの仰る通りだと思います。研修は大事。ですが、今、生きづらさを抱えてみえる方の支援に「待った」はありえません。万全を期して研修に向かいます。そのためにも、紡いでいく。繋いでいく。ですよね!




で。先にも書きましたが、明日から「愛知県障害者相談支援従事者現任者研修」が始まります。我らが田原市からは田原市社協いとうリーダーが、正に満を持して受講されます。本人はド緊張ではありますが。で、その理由は。ありがたいかな多くの講師をご存じであり、恥ずかしくないようってな理由があるのは勿論ですが、本当の理由は「研修後」にあるんです。



この現任者研修は市町の「推薦」を受け受講します。ある意味、市の看板を背負い受講します。しかも、いとうリーダーの所属する田原市社協は、相談支援委託事業所です。その田原市を留守にして受講します。

ので。田原市では、昨年度より現任者研修受講者は自立支援協議会運営会議を中心としてメンバーに「振り返り講義」を行う「権利」が与えられるんですぅ〜!「義務」ではなく、「権利」ってとこがステキっしょ!これを終えて、本当の意味での「現任研修終了」となります。
しかも、今年度の振り返り講義は「半田市相談センター」と合同で開催することが決まっていたりしてぇ〜!(^з^)-☆Chu!!

昨年度の様子です。
http://feel1999.cocolog-nifty.com/lallapallooza/2009/10/post-78af.html




と、いうことで。メグ、こじまさん、はじめ講師の皆さま。いとうリーダーは そんなお役目を担うことをミッションとして受講致します。ゆえ、しっかりと ご講義下さいますよう、よろしくお願い致します〜!m(_ _)m



ということで。田原市の皆さま。
そういった理由で、明日から3日間、田原市を留守に致します。理由が理由ということで、ご理解ご容赦下さいませ。しっかり勉強して、た〜くさんの土産話を持って戻ってまいりますゆえ。
では、いってまいります!(`∇´ゞ



 arai

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月24日 (土)

40億円から「ゼロ」


2010年度 普通交付税大綱が公表されました。県内は17市町が交付団体に転落とありました。その中に田原市も入っておりました。
交付税って、税収の地域間格差を是正するために、国から地方に対し交付される資金。ようは、田原市が「財源不足」と考えられる。ってことです。

新聞には「自動車関連企業からの税収に頼る田原市は、約40億円あった法人税割がゼロになったことが原因となった。」とありました。


40億円から「ゼロ」


来年度、田原市の財政は緊縮が予想されます。勿論、福祉とて その対象となります。が、だからこそ、今一度 田原市福祉施策を関係者一同で検証していきましょう。「本当に必要な事業か」「この事業で良いのか」等々。例えば「我ら相談支援事業は本当に必要とされているのか」とか、「学校介助員は機能しているのか」とか。

特に、地域活動支援センターの2つが、来年度新制度に移行することを表明してみえます。この新制度に移行した場合の市の支出は、現在の全額から1/4に支出は激減しますから、メチャクチャ期待大!です!



ただ単純に「税収が無いから」を田原市福祉施策の後退・減退はありません。だからこそ、当事者の皆さんの思いを、真に必要なものを しっかりと「聴き」、行政と事業所が一丸となって この難局を乗り切りましょう。「チーム白井」は、必ず応えます。



 arai

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年7月23日 (金)

「総合」と「教育」


「総合」と「教育」。何のこっちゃ?ですよね。NHKの話です。


今夜は、早くに帰宅。で、萌を膝に置き晩酌開始。時間は午後8時。『おっ。玉木さんの時間や!』と思い、チャンネルを変える。

「NHK教育」。と思ったら間違って「NHK総合」に変えてしまった…。『あっ。間違えた!』と思った次の瞬間、画面には内多キャスターが田んぼ作りの真っ最中。いつもの笑顔で。いつものシブい声で!(^O^)
泥だらけ。汗まみれ。の内多さん。めちゃくちゃカッコイイ。(^O^)

しばらく見とれた後。『あっ!イカン!』とチャンネルを教育に。と、玉木さんが画面一杯に大写しの絵面。真剣な表情で、言語障害の女性に対して「自信持ってやっていこっ!」と、いつもの関西弁で。優しさ溢れる関西弁で。
何だか。めちゃくちゃ嬉しかったです。頑張ろうと思いました。



で。萌に。「お父さんさぁ、このお二人と一緒にお酒飲んだことがあるんだよぉ〜。」と自慢げに話すと、「うん!知ってるよ。写真 見せてもらったことあるもん!お友だちだよね〜。」と。





あらいは、伏し目がちに「うん…」と発するのが やっとでした。
あっ。ちなみに萌。大村代議士も、あきのり県議も、あらいの「お友だち」だと思っています。ごめんなさい。




それにしても。ここ数年、「チーム白井」で囲み、飲み、語らった講師の皆さんの豪華さっていったら、もう卒倒しちゃいそうなくらですよね~!この講師皆さんに恥ずかしくないよう、しっかりと「共生」に向かい歩んでいきましょうね! (  ̄^ ̄)ゞ





arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

体が2つ


何だか忙しい。バタついた毎日が続いている。
仕事が「のろい」から仕方ないのだが、
やれども やれども、一向に減っていかない。



珍しく法人事務所。かみやさんと打ち合わせ。

で。かみやさんに仕事が滞り気味である旨を報告。
どさくさに紛れて「体が2つあるといいなぁ。」と
あんに『振られた仕事量が多いのよ。』と訴える。

と、かみやさん「そうだねぇ。」。
『おっ!通じた!』と あらい。

が、次の一言に心臓が止まるかと…。



「体が2つあったら、倍 働けるもんねぇ。」と真顔。
勝てません…。ついていきます…。(゜∇゜)



 arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月21日 (水)

イッパイも OJT


仕事終わりの「イッパイ」も「OJT]だと言われています。


田原市「チーム白井」は、「いつも飲んでる」と思ってみえる方、多いと思います。まぁ、確かに 大きくは間違っていません。っていうか、ほぼ正解であります~!ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

で。いつもいつも「ドンチャン騒ぎ」で楽しんでいると思って見える方、多いと思います。これは違います。大きく違います。勿論!メチャクチャ盛り上がり笑い転げることは多いです。

が。もの凄くシビアな話もします。必ずします。
打ちのめされることも多々あります。泣かされます。




今日の ぶっちゃけ!のぐちさんのブログです。
http://blog.canpan.info/tahara-shien/archive/85



田原市相談支援専門員軍団は、確かに若輩者集団であります。日々、ご本人さんやご家族にご迷惑をお掛けしています。行政の皆さんに心配をお掛けしております。本当に申し訳ございません。

ですが。我ら、日々「切磋琢磨」することだけは怠りません。若輩相談支援専門員ばかりでありますが、互いが互いを思い、時に指摘し、言い合いつつ、互いを高め合っています。いつか皆さんに「みんな頑張ってるよ。」と言って頂ける日を夢見て、明日も、目一杯 頑張ります。ので、引き続きご指導下さいよう よろしくお願い致します。



で。のぐちさん。良い仲間に恵まれましたね。君も。ボクも。



 arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

語り継ぐべき思い


夏休みが始まりましたね〜!待ってました、と言わんばかりの猛暑。皆さん、水分補給を怠らず。熱中症には お気をつけ下さいませ〜。

で。夏休み。ということで、本日から「田原市障害児レスパイト事業」が開始となりました。長い夏休み、自宅にこもりがちになりストレスが溜まるご本人とご家族の負担軽減のために、田原市費単独事業として始まったのが、このレスパイト事業であります〜!



数年前、お母さんの必死の訴えを、行政が汲み、事業所が応え実現した理想的な事業です。今、利用される多くのご本人とお母さん方がその恩恵をうけています。もう、その時のお母さん方の運動を知らない方が多いです。が、ボクはそれで良いと思います。

ただ。先日も熱血柴田さんや若輩相談支援専門員軍団で話していましたが、ボクらはその思いを、活動を、しっかり語り継いでいこうと。



ということで。若輩相談支援専門員軍団は、この思いある事業を しっかり支えていきましょう。そして、私ごとで恐縮ですが受託する ふぃ〜る工房スタッフの皆さん、くれぐれも事故のないよう、ケガのないよう、ご本人やご家族にとって「コワイ」と感じていた夏休みが、ただただ楽しいだけの夏休みとなるよう、しっかり支えて下さいませ。


心からお願いします。心から。




数年前まで頭にタオルを巻き、
レスパイトを担当していた arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月20日 (火)

NPO法人


愛知県相談支援従事者研修の資料を作成してたら、日付変更線を越えてしまいました…。今夜は早寝するつもりだったのに、あと4時間したら起きなきゃいけない時間だ…。あぁ、無計画…。(T_T)
現任者・初任者、両研修共に、急にお役が与えられ、いい加減なことは出来ない性分なんで せっせと資料作りって感じでございます。

難しいなぁ。と思うことは、現任者研修を受講される方は初任者研修受講から5年のキャリア。初任者研修を受講される方は正に初任者。この経験値で「どこまで」を語れば良いか。です。



5年ともなれば、バリバリやってみえる方ばかり。あらいなど足下にも及ばない経歴と戦歴を持つ方もいれば、受講はしたが、法人の都合で今は相談支援事業に関わっていない方もみえます。他職種でも相談業務はあります。が、相談支援事業とは似て非なるものだと思います。

初任者研修は、研修の仕組みがややこしい。相談支援を「これから頑張るぞ!」っていう初任者研修受講者と、実務経験5年を超えた方が受講する「サービス管理責任者」受講者とが、座学(2日間)は共に受講します。ここでも、同じ支援計画を書くにしても相談支援専門員とサービス管理責任者とでは、やはり似て非なるもの。しかも、このキャリアのギャップは如何ともし難く。

まして。あらいの担当は「権利擁護と権利侵害」。悩み深く…。




現任研修は、いよいよ来週と迫ってまいりました。あらいも受講者と同様、しっかり学びたいと思います。で、初任者研修については、夜な夜な、先輩方に ご相談申し上げ、しっかりと答えを出して臨みたいと思います。

昨年度同様、あらい以外の講師の皆さんは「社会福祉法人」に所属してみえる方ばかり。信頼感ある実績、輝かしい経歴のある方ばかり。そんな中に、あらいを混ぜて頂いている分けですから、何としても期待に応えねば!

そして、障害者自立支援法の「規制緩和」が、あらいなどのような弱小団体に身を置く者にもチャンスをくれる。やればやるだけ認められる法律であることを、しっかりと証明したいと思います。そして、そして。改正案が何度「廃案」となろうとも「相談支援事業の充実」と訴え、闘って下さっている、この方のためにも。


NPO法人


燃えてきたーっ!とにもかくにも!頑張るぞーっ!(`∇´ゞ
ってことで。今夜はこれで寝ます。おやすみなさい。(-.-)zzZ



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月19日 (月)

口唇ヘルペス


久しぶりに。出来た。

自覚はないが。疲れてるのかなぁ…。
しばらくは。格好悪いなぁ…。



皆さん、笑わないでね…。(u_u。)



arai

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年7月18日 (日)

セコイこと


本日は遅い昼食を「villaうぇ〜ぶ」で とりました。メインは「水菜とシラスの冷製パスタ」。ソイソースで和な感じ。
久しぶりに法人スタッフと雑談。みんな頑張ってます。o(^-^)o

で。帰り際。菜園を のぞいてみると、茄子が小さいながらも生っていました〜!嬉しくて写真を撮ったのですが、梅雨明けの快晴、逆光が厳しく上手く写りませんでしたぁ…。あぁ…。(T_T)
で。その菜園の隅に、一際「わんさか」生えている葉っぱが。あらいの大好きな「バジル」であります〜!(^w^)


セコイこと


『このフレッシュバジルでソース作ったら、さぞかし美味しいやろうなぁ〜。何人前くらいやろかぁ〜?自分の取り分が減るから、内緒で作ろうかなぁ〜。(^w^)』などと、セコイことを考えた昼下がりでした〜!




で。夜。久しぶりに自宅近くの居酒屋さんへ、地元の親友と飲み会。
まちの名前が変わって約半年。まちの未来について あれこれと話していると、突然、まちの議員さんが。で、その議員さんも交え あれこれと。名も名乗らず、職種も明かさず、ただ福祉関係者とだけ告げ。
議員さん。一生懸命 福祉の話をして下さいました。



高齢者福祉の話ですが・・・。(゚ー゚;



でも。でも嬉しかったです!『今夜の話を糧に、ますます福祉について理解をして下さるんじゃないかなぁ〜!そん時は、障害者福祉も理解をして下さるといいなぁ~。』などと、セコイことを考えながら帰宅をしました。f^_^;



arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月17日 (土)

僕から見える風景


本日昼一、田原福祉センター大会議室。熱血柴田さんと継ぐ者山本さん、社協いとうリーダーと4人で、会場設営。冷房が効き始める前の会議室は、まるで蒸し風呂状態。みんな額から滴り落ちる汗も もろともせずに準備に励む。

1時半。準備完了。「チーム白井」BOSS が お出まし。福祉部長、高橋リーダーと共に。BOSSの「ご苦労さま。」の一言と柴田さんからタカったらキンキンに冷えた缶コーヒーに癒される。あっ!缶コーヒーは「BOSS」でしたわ!ぷぷっ!

で。続々と行政の皆さんが到着。子育て支援課長、健康課長、農政課長、教育委員会主幹。なんとも豪華絢爛豪華!(^_^)vその豪華絢爛な行政皆さんがお迎えするのが、ある意味、本日の主役であります。否、あらせられます〜!



田原市障害者自立支援協議会 全体会議 委員の皆さま。


僕から見える風景



田原市障害者自立支援協議会全体会は、2時ちょうどに開会。事務局 「チーム白井」BOSSこと白井課長より開会挨拶。引き続き、異動やらの関係で新メンバーもみえることから所属と名前だけの簡単な自己紹介。で、その皆さまに対し、まずは「自立支援協議会とは」を丁寧にご説明。3つの部会、事務局会議、運営会議を経た議論を皆さまにお図りしていることを確認しました。職務・職責の確認です。



で、すぐさま議題に。
報告事項「平成22年度 個別検討会等の検討内容について」

まずは障害者支援検討会から。
新規学校介助員の派遣に繋がったケースの経過報告が。また、ライフステージに合わせた支援について。発達支援コーディネーターの配置等の報告。また関係機関それぞれを「つなぐ」システムが「今のところ」ないという現状課題が。
で。事務局いとうリーダーから、田原市内小中学校及び保育士を対象に開催された「こうまま研修」の概要説明と実施報告。

続いて、就労支援検討会から。
当然、就労支援専門員の配置をメインに、「第2期 田原市障害福祉計画」の一般就労移行について目標値を含めた各事業所の取り組みについて、報告がありました。
ここでも、事務局ふじた就労支援専門員から活動報告が、更に検討会会長の重鎮鎌田さんから、今後の方向性が話されました。

更に更に。ヘルパー連携会から。
今年度新たに設置された本会。設置に至った経緯や目的、課題が話されました。今後は連携会を重ね事業所間または相談支援専門員との連携を深め、理念の共有を進めていくことを報告。



で。3つの部会の報告を終えました。が、まだ事務局からの報告は終わらないのであります~!( ^ω^ )

更に更に。更に、運営会議について。
毎月第2火曜日に開催され丁寧な議論が成されており、その毎月議論された内容と参加機関・事業所が報告されました。
で。ここでは事務局あらいが、田原市相談支援機能強化事業についての説明。田原ゼミナール等の相談支援専門員のスキルアップに関する、6つの取り組みについてお話しました。勿論、来月7日の「雲上人」の お出ましも!また ここでは。東三河南部圏域アドバイザー鈴木さんからも、今年度の取り組みについて お話を頂戴しました。

ここで各検討会等の報告は終了。あらい自身も、あらためて『しっかりやってきた。やっている。』ことを確認しました。(^_^)v



続いての協議事項は、「共生のまち」田原市を考える会 主催フォーラムについて。概要・詳細説明の後、事務局のぐちさんから現在の進捗状況と今後の予定について話がありました。

ここで予定されていた議題は終了。最後に鈴木アドバイザーから正にアドバイスと報告。その中には、先日 発足しました「愛知県相談支援専門員協会」のお話と、今月末にある「相談支援従事者現任研修」についてのお話がありました。ありがたいかな「あらいを お借りします。」的なお話を下さり、田原市を留守にしがちになることを一緒に詫びて下さいました。本当に感謝であります。



4時を少し回ったところで終了。今年度初めての自立支援協議会全体会は、2時間強の時間をもって無事終了です。

で、これが。あらいから見える風景です。壮観でしょ!あらいは、ここから見る風景が とても好きです。この方達と闘っているという実感が持てるからです。当然ですが、あらいの横には事務局員として若輩者集団 田原市相談支援専門員が、一緒に控えています。それも含め、あらいはこの場所が大好きです!o(*^▽^*)o


僕から見える風景


委員皆さんを丁寧にお見送りをし、片づけを終え、事務局として本当の意味での終了を迎えました。汗だくの準備から、事務局としての仕事、そして片づけ後の充実した顔、顔、顔に、「チーム白井」を実感できた、そんなステキな時間でした。そしてステキな仲間です。



で。本日の会議に要した時間は2時間強。その大半が事務局からの報告・説明でありました。で、その ほとんどを熱血柴田さんが担いました。当然、BOSSのチェックは事前に受け、しっかりと打ち合わせを終えているとはいえ、本当に大変だったことと思います。
現に、会議終了後の柴田さん、時間が経つにつれ疲れが顔に出始めているのを、他事務局員は気づいていましたから。



柴田さま。本当に。本当に お疲れさまでした。あらいは、あなたの背中を見ながら参加する会議が大好きなのかも知れません。



 arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月15日 (木)

「鍋」ならぬ


昨日の愛知県相談支援従事者研修 打ち合わせを終え。役割が与えられ。やらなきゃいけないことが増え。勉強しなきゃいけないことが増え。普段の怠慢ぶりを反省する間もないため…。

「三段跳び」で辿り着ける距離にある田原市成年後見センターに。で、岩瀬さんに泣きついたところ「ちょっと待って下さいね。」と。

しばらくすると。分厚い資料2つを丁寧にコピーして下さり、わざわざ総合相談センターに持ってきて下さる。当然ですがコピー仕立ての資料はほんのり温かかったです。うぅっ。感謝。(T_T)



「鍋」ならぬ


「成年後見関係事件の概況−平成21年−(最高裁判所事務総局家庭局)」と「成年後見制度の現状の分析と課題の検討〜成年後見制度の更なる円滑な利用に向けて〜(成年後見制度研究会)」

しっかり勉強して挑まないと、真剣に勉強したいという高い志を持ち受講される方に申し訳ないですもんね。研修講師をお受けするってことは、そういうことですもんね。っていうか我ら相談支援専門員の職務は全てそうですもね!だから勉強するんですもんね!あらいは頑張りますよ〜!(`o´)



で。「権利に関するもんで、こんな資料が欲しいよぉ〜!」と泣きつくと、チャチャっと揃えて下さるスキルの高い成年後見センターっていうか岩瀬さんが、近くにある。っていうか鍋の冷めない距離にある。否、資料が冷めないですね!なんてステキなのかしら〜!(≧ε≦)



でも。研修講師も、成年後見センターも、やりゃあいい、ありゃあいい。ではないですよね。要は中身が問題。実がなきゃダメですよね。



arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

重責を担う


本日は名古屋へ。本日も、が、正しいのかも知れませんが。f^_^;

まずは午後一。以前 ご紹介させて頂いた「愛知県相談支援専門員協会」役員会が開催され、力不足な あらいも役を仰せつかっておりますゆえ、参加させて頂いた。ってわけです。昨年来ご一緒させて頂く機会の多い国研修組と蒲郡鈴木さんと名古屋リハセン智さんらと、今年度の事業計画策定っていいますか、協会として企画しているものがありまして。はい。

繰り返しになりますが、発表までもう少し!お時間を頂戴致したく〜!こうご期待であります!そんは させませんから〜っ!m(_ _)m



で。引き続き。今年度の愛知県相談支援従事者研修 打ち合わせに参加。今年度研修の打ち合わせは3度目でありますが、たまたま、たまたまですが、過去2回は田原市の何らかの会議とバッティングしてしまい、タイミングが合わず、なんと罰当たりなことに初参加なのでございますぅ。しかも、今日も一本「ご無礼」しての参加…。あぁ…。(T_T)

こんなワガママあらいを許して下さる愛知県障害福祉課相談支援研修担当者さま、多くの研修講師の皆さま、そして今日のワガママを聞き入れて下さった田原市子育て支援課さま、同じく福祉課 高橋リーダーさま。ただただ感謝でございますぅ。m(_ _)m



で。会議。っていうか。スゲエっすよ!今年の研修。現任者も初任者も。これは受講者だけでなく、我ら講師を担う者にとっても、質・量共にステキなものになりそうな、ってか、そんなカリキュラムが組み上がりましたよぉ!ぶっちゃけ、マジで、ヤバいっすよ!今年は。



で。あらいにも役が与えられました。エライ役が…。智さんから…。
重責。否、そんな言葉では表せない。そんな役が与えられました…。
こ、こうご期待…。はは。笑えません…。(・_・;)



で。そんなこんなで会議終了。地下鉄での帰路、蒲郡鈴木と豊橋松井さんと意見交換。研修に関することは勿論、県福祉施策について、東三河南部圏域について、そして当然、それぞれの「まち」について。ほんの短い時間ではありましたが、本当に、本当に、有意義な時間となりました。3人で圏域の課題に向かっていくことを確認しました。

で。諸事情があり戻られる松井さんとは駅でお別れ。あらいは鈴木さんと2人、駅の居酒屋さんで引き続き 今日一日の会議について、あれこれ意見交換をしました。それこそ、現状についての検証と未来の夢について、突っ込んで。

お互いに。多忙な毎日で、議論どころか話をする時間もなくなっている現状ですので、一つ一つの事柄を、横着することなく、遠慮することなく、しっかり話し合いました。っていうか教えて、お伝えして頂きました。感謝でございますぅ。(^O^)


帰りの車内。今日の資料を読み返し。あらためて重責を確認です。


重責を担う



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月13日 (火)

天津飯か。炒飯か。


本日午前中は田原市運営会議。で。いつにない緊張感漂う会場。なぜなら。「チーム白井」BOSSがおみえになるから〜!きゃーっ!
冒頭、「チーム白井」BOSSからご挨拶。BOSSは笑顔で話されてみえましたが、我ら事務局の顔は引きつっておりましたぁ…。あぁ…。

で、その後は。いつものように福祉課熱血柴田さんから、開催した自立支援協議会3つの部会の報告等が丁寧にありました。

続いては、継ぐ者山本さんから先日の「瀬戸市立養護学校視察研修」の報告。校長から設立までの経緯や学校の概要を、かわかみ圏域アドバイザーからは設立に向けての活動や運動、思いが語られたこと等々の紹介。そして「視察研修を終えて」田原市としては どう考えるのか。

養護学校誘致と学校介助員派遣事業の関係から、費用対効果や、共生の理念までを議論しました。良い時間となりました。はい。



その後は、共生のまちフォーラム進捗状況、新規相談ケース報告、各事業所からの報告等。あらいからは機能強化事業の一環として「田原ゼミナール9」と、教育委員会 学校運営サポートチームとの連携企画「臨床心理考」開催のお知らせを。大きなケアマネと小さなケアマネ。ってイメージです〜!いいでしょ。



で。いつもなら、以上をもって終了。ってなことになるのですが、今日はチト違ってましてぇ。進行の光部さんから

「せっかくなので感想を頂けませんかぁ。」と。

実は豊川市福祉課さんが見学にみえていたんですぅ〜!お忙しい中、時間を割いて わざわざ最南端の まちまで。なんて勉強家な まちでしょう。皆さんでしょう。ステキですよね。豊川市も田原市と同じように、相談支援事業を数ヶ所に委託してみえますから、何らかのお役にたてたのなら良いですがぁ。

でもね。普通、見学とか視察とかいうと別に キチンと席を用意されたりするんでしょうが、田原市は違います!この豊川市さんも同じテーブルに着いて頂き、輪っかの中に「普通」に座って頂き、一つ一つの議論を聞いて頂きましたぁ!よりリアルですもんね〜。臨場感イッパイで!ウシシッ!(^w^)



豊川市福祉課さんの一言に続き、「チーム白井」BOSS の締めの挨拶があり、今度こそ閉会。良い会議でした。で。豊川市福祉課さんは田原市障害者総合相談センターを見学。っていうか、間違いなく『これでも仕事が出来るんだなぁ〜。』って思われたことでしょうねぇ〜。(≧ε≦)


天津飯か。炒飯か。


で。豊川市福祉課さんはBOSSに大慌てでご挨拶され帰路に。昼一で会議があるそうで。そんな慌ただしいスケジュールの中、愛知県最南端のまち田原市までおみえになったこと。敬服です。必ず報われると信じます!ふん。( ̄・・ ̄)

で。すぐさま「共生のまち」考える会。重鎮 鎌田さんと2人で、今年度の代表・副代表に対してOJT。実践から学ぶステキな時間。



昼少し過ぎ。いつものラーメン屋。いつもの、ではあるが、相変わらず我らの顔は固い。なぜなら。BOSSも ご一緒だからっす。

天津飯なのか。炒飯なのか。何を食べているのか分からず…。



午後は。いつもの総合相談センター。ふじたさんと ぶっちゃけ!のぐちさんと一緒に。あれこれと支援について話しました。
で。夜。法人本部に移動しスタッフミーティング。
今日のテーマは「ストレングスを活かした個別支援計画」。9時半まで、みっちりワークショップ形式で学びました。話をする あらいも一緒に学ぶことが出来た、これはこれで良い時間となりましたぁ。
きっと明日からの支援に活かしてくれることと信じます。はい!



今日も今日とて、良く語り、良く学んだ1日となりました。感謝。



 arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ツイッター風


とえださんと電話。



あぁ。また エライことになったぁ…。



で。エライことになったのだけれど。
楽しそうな とえださんとの お話しに。
こちらまで楽しくなってくるから不思議。



近々に発表になるかと。こうご期待。
とえださん。優しくしてね。


ツイッター風



arai

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年7月12日 (月)

「まもる」部会


本日は名古屋市へ。名東区自立支援協議会主催の研修会に参加させて頂きましたぁ。そう!名東区は、同志 こじまさんのまちです。ので、無理を聞いて頂き、会場隅に席を用意して頂きましたぁ!
持つべき者は、志し高く、物分かりの良い同志でございますぅ〜!



で。テーマは「グループホームからの一人暮らし移行の支援を通じて」と題されておりました。自立支援協議会の「まもる部会」の活動報告を兼ねた研修会でありました。はい。

名東区育成会ながた会長やケアホームのサビ管さん、司法書士、尾張東部圏域アドバイザーの川上さん、そして名東区 こじま相談支援センター長。という、何ともリアリティのあるメンバーが集ってのシンポジウム形式研修会で、具体的な事例から、この「まもる部会」の活動報告が丁寧になされ、検証されていきました。

当たり前の話ですが、やはり自立支援協議会は「事例」の積み上げから発信されなければ、リアリティがないっすもんねぇ〜。



「まもる」部会



で。田原市では「これから」の課題と思われるケアホーム、グループホームというテーマ。不足している現状ではあります、が、課題としてあがりづらく。必要と感じつつも「今すぐではなく」「もう少ししたら」という親御さんからのお話をよく耳にします。

が、やはり必要な社会資源です。創出していかねば。で、必ず課題があるのであれば、今から しっかりと準備をし避けられる不測の事態があるのであれば避ける。最善の対応策があるのであれば知っておく。
「リスクマネージメント」は大事。ですが、もっと大事なものは「ダメージコントロール」だと あらいは思います。(`∇´ゞ


会の後半。「まもる部会」ですから、話題は当然「権利擁護」に。で、名東区では成年後見制度の勉強を丁寧にされ、センター設立に向けての活動があることの紹介がありました。これも。当たり前ですが「事例」から発していました。

で。流れから。川上さんのムチャ振り「あっ。田原市さんなんかは、このへんやってますよねぇ〜。ウシシッ!(^w^)」って…。で。有り難いかな田原市の実践をお話させて頂きましたぁ…。か、川上さん…。ありがとうございましたぁ…。こんなタイミングを狙っていたのですね…。やられましたぁ…。ううっ…。(T_T)



で。2時間を超える研修会は終了。マジで「こんな報告のあり方。ありやん!」って思いました。どうしても、自立支援協議会(部会も含め)は内側に向きがちですが、こうした研修会形式を取れば、やり方さえ考えれば外に向かって発信出来る。って感じました。

で。心に残った言葉「名東区自立支援協議会「まもる」部会は、何を護るのか、から議論した。そして、護るものは「本人の思い」であることを確認することから始まった。」です。ステキですよね。

本当に有意義な時間となりました。名東区の皆さん、感謝です。




で。夕方。研修会後。こじまさんはじめ川上さんらと喫茶店で簡易の座談会。ここでも川上さんの長年に渡る福祉施策との関わりというか熱意に、ただただ舌を巻く2人でありましたぁ〜。

で。6時。名古屋市まで来て。田原市を留守にしてまで来て。高い電車賃を使ってまで来て。このまま帰る訳はなく…。
こじまさんに付き合ってもらいましたぁ〜!(≧ε≦)で、こじまさん。「ヒマな あらいが せっかく来たんだから、熊谷さんも来るべきだーっ!なぜ居ないーっ!」と理不尽に怒り出し…。で、電話され…。

で。こうなりましたぁ〜!わ〜い!賑やか〜!(*^o^*)


「まもる」部会


あれこれと話しましたよぉ。それぞれの まちのこととか。今月末から始まる相談支援従事者研修のこととか。更には相談支援事業の課題とか。障害福祉施策の未来とかいう大きな話も。熊谷さんが考える地域福祉も。こじまさんが考える地域福祉も。

この お二人との語らいは、メチャクチャ気持ち良いのです。「そうそう!」と同じ思いを確認出来たり、「へぇ〜。そうなのねぇ。」と教えて頂けたり。その中で、我らが担う役割をしっかりと自覚し、しっかりと実践していかねば!と確認する。そんな時間。とにかく、心地良かったのであります!



このステキな時間は、つい先ほどまで続き。「ではまたね。」と名古屋駅で お別れしました。と言っても明後日また研修打ち合わせで会うのですが!今は名鉄電車の車中。余韻にひたりながら家路へと。




追伸。
田原市「チーム白井」の皆さん。
今夜の宴席で、こんな貼り紙を見つけました。見つけたのが後半でしたから、注文出来ませんでしたが、「漢(おとこ)」と書かれちゃ放っちゃあおけないとこですが、如何せん気づいたのが後半だったので、「次回、必ず!」の思いで諦めました。


「まもる」部会


っていうことで田原市の皆さん。これ田原市にも作りましょう〜!



arai

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年7月11日 (日)

参議院議員選挙


現在9時。開票速報が熱を帯びてきました。
衆参のねじれが決定的なようですね。が。

イマイチ、盛り上がっていないあらいであります。
いろいろと。いろいろと思うことがあります。



いろんな方から「今回の選挙、おまえさん、
あんまり盛り上がってないのはなぜ?」
とのメールを頂戴しております。
繰り返しますが、いろいろと思うことがありまして。



ただ。ただ、山梨選挙区だけは結果が気になります。
障害者自立支援法改正案 廃案の恨み節です。



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

得した気分


予定していた打ち合わせがキャンセルになり、図らずも早々の帰宅となり、自宅近くまで来た時に仲の良い後輩家族が歩いているのに出くわし、「なにしてんのぉ?」と訪ねたら「食事っす。焼き肉屋の帰りっす。」と言われ、「またね。」の言葉を残し自宅に。

で、焼き肉屋帰りの後輩に会ったことを伝えると、愛娘 萌の目が「きらーん!;:゙;`(゚∀゚)`;:゙」と光る、母ちゃんと2人「私らも連れてけーっ!」コールに合い。で。この写真であります…。給料日前なのに…。(ToT)


得した気分


ですが。なんだか得した気分です。財布は軽くなりましたがね!
頑張ったご褒美を神様がくれました。明日も頑張ります。m(_ _)m



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 9日 (金)

学びの場


本日は朝一から田原市の南端「休暇村 伊良湖」へ行ってきました。
市内特別支援学級に通われている児童・生徒さん103名を対象とした「ふれあいキャンプ」が昨日から開催されておりまして。

で、今朝、児童・生徒さんらが企画参加中、その間を縫って「親の会」として、親御さんが福祉に関する理解を深める時間を設定され。で、その講師を ぶっちゃけ!のぐちさんが務められ。で、あらいと ふじたさんの2人が後方支援を。ってな感じでした。



この企画をされたのは、先日の自立支援協議会 支援検討会で「障害児の教育・支援は当たり前。課題は、その他の子どもたちだ。」と話された方。童浦小 間瀬校長であります。泣けるなんてもんじゃない。もはや「神」。

で。その 間瀬校長から ぶっちゃけ!のぐちさんの紹介があり、早速 講義開始。テーマは相談支援の説明と就労支援について。



学びの場



で。のぐちさん。35分間、一気に話しました。丁寧に、丁寧に。
それを一生懸命にメモを取られているお母さま方。両者の真剣さと思いの強さが伝わってきました。頑張りました。きっと、期待に応えられたと思います。ご苦労さまでした。

で。最後に就労支援専門員として、ふじたさんから「働くこと」について。総合相談センター長として、あらいから「生きづらさ」について、一言ずつお話をさせて頂きました。ここでも真剣な眼差しで我らを見つめるお母さま方に、思いの強さを感じずにはいられませんでした。



その後は、参加された お母さま方に4つのグループに分かれて頂き、フリートーク。それの進行役として教育活動コーディネーターと のぐちさん。あらいは後方支援。あくまで「教育」の現場ですから、出しゃばらず。f^_^;

で。思うことの たくさんある。そんな時間でした。
やらなければいけないと再確認出来た時間でもありました。



定刻を少し過ぎたところで閉会。お母さま方。『まだまだ話足りないわぁ〜!』という名残惜しさに満ちたお顔でした。で。最後は間瀬校長から お母さま方にステキなアドバイスが。その中には、やはり「権利」という言葉があったことは言うまでもなく。(*^o^*)



学びの場




また少し。教育と福祉との連携が深まったことを実感しています。
福祉が教育の理解を深め、教育が福祉の理解を深める。そして互いの立場を尊重し、互いの役割を確認し、そして協働する。これこそが「共生のまち」の称号を得るために必要な理念ですよね。

今日ご参加下さったお母さま方。ぶっちゃけ!のぐちの話は、どうでしたでしょうか?お分かり頂けるように話していたでしょうか?良い学びの場となりましたのなら幸いです。



ですが。学びの場となったのは、我らの方であります。
特に、のぐちさんは、今日の経験を明日からに活かせる、そんなステキな学びの場になったことは間違いありません。まだまだ若輩者集団ではありますが、これからも田原市障害者相談支援専門員を よろしくお願いします。m(_ _)m



 arai

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月 7日 (水)

番外編ファイナル


昨日は4週間に及び行われた「こうまま−市内巡回研修・番外編」の最終回でありました〜!1回 約50名。総勢200名の保育士さんが、こうままの研修を受講して下さいました。障害のある方の「生きづらさ」を理解されました。

ただただ感謝。ただただ感激であります。



更に!この番外編。田原市社協 岡田課長の深い理解により、市内福祉事業所のスタッフも参加させて頂くことが出来ました。昨日は、我が ふぃ〜る工房「こどもあそびクラブ」のスタッフ3名が参加させて頂きました。


番外編ファイナル


で。法人スタッフということもあり。こうままのお手伝い。
軍手折り紙に苦戦する3名に「自分を信じてぇ〜!」「夢をあきらめないでぇ〜!」と熱烈な声援?を送りましたよぉ〜!ぷぷっ。

とにもかくにも、ただただ感謝。ただただ感激。であります。



研修の締めくくり。こうままの講義は「熱」を帯び始めました。
そりゃそうです。田原市の「連携構築の一翼」を担うという、強い自負を持たれ登壇下さっているのですから。本当にありがたく。



そして「親御さんからの申し出、受けとめて下さい。考えますねと言って下さい。その時に、後ろに控えている(会場後部)相談員さんや福祉課さんに相談して下さい。あの方たちは専門職ですから、しっかり教えて下さいます。あの方たちは、もう何回もこの研修を聴いています。学びにきているのではなく、顔を覚えてもらいに来てるんです。使って下さいと訴えに来てるんです。あの方たちは暇じゃないんです。どうか使って下さい!」と。

こうままは、この保育士研修を通じて、いつも伝えて下さっています。ですが、昨日の語気は いつもより強く感じました。隣りで聴いていた熱血柴田さんも同様の思いなのでしょう。口を真一文字に結び、真剣な眼差しで話を聴いていましたから。



3時半を少し回ったところで研修終了。
最後は、いつものように相談支援専門員と福祉課からご挨拶、というか連携に関してのお願い。「どうか使ってやって下さいませ!」と。締めくくりを熱血柴田さんが話され終了。この瞬間、4週間に渡った保育士研修が終了しました。本当にステキな研修、時間となりました。


番外編ファイナル



保育士さんは、そのお子さんが感じる「生きづらさ」を早くにキャッチするポジションにいます。我が子の育ちに不安を持つ親御さんに早くに気づくことが出来るポジションにいます。
その皆さんが、ご本人の生きづらさを理解され、不安を抱え生きている親御さんの気持ちを理解された「今」、明らかに田原市の就学前のお子さんの「生きづらさ」は、明るく日が射した、そんな気がします。



お昼を済ませドタバタの中、研修を受講された田原市保育士軍団。本当に お疲れさまでした。ありがとうございました。そして、深い理解の中、事業所参加を認めて下さった田原市社協の皆さん、ありがとうございました。

そして。今年度、「法人外の研修は「お断り」させて頂くの。」と言われていながら「約束だから!」と田原市に通い続けて下さる こうまま。 本当に感謝です。否、感謝という言葉では安っぽいと感じてしまうほどの気持ちでおります。

田原市は。まだ半年、こうままにお世話になることが「出来ます」。ますます。ますますの お力添えのほど、よろしくお願い致します!
「チーム白井」BOSS に成り代わりまして、力不足は重々承知の上 あらいめからお願いさせて頂きます。



 arai

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月 5日 (月)

雲上人、来たる!



tahara seminar vol.9


「地域福祉の未来を語る」

田中「雲上人」正博 氏
NPO法人 全国地域生活支援ネットワーク 代表理事


Photo



対談:「共生」を実現するために必要なこと

田中「雲上人」正博 代表理事
新井 在慶 (田原市障害者総合相談センター センター長)



平成22年8月7日(土)午後2時~5時
田原福祉センター 3F 大会議室
参加費 無料(要予約)

申込先
e-mail  feel-collabo@nifty.com
fax 0531-23-3110



 arai

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年7月 4日 (日)

茄子の花


昼食、villaうぇ〜ぶへ。日曜日も営業日としたことを聞き、さっそく行ってきました〜!決して疑ってたわけではありませんよぉ。あくまで激励に。まぁ、本音はご機嫌伺いにです〜!

で。最初の日曜日営業だったから閑散としてるんだろうなぁ、なんて思っていたのですが、なんのなんの。明らかに「観光ですぅ。」という ご家族連れ。真っ黒に日焼けしたサーファーの2人組。デートでしょうか「Hanamaru」片手にみえたお二人。o(*^▽^*)o




梅雨の合間に顔をのぞかせた太陽が、目に眩しいくらいの日曜日の昼下がり、普通を感じることが出来たステキな時間でした。


で。店を出て。ふと『菜園はどうなってるかなぁ?』と思い、のぞいてみると、キレイな薄紫色の茄子の花が一輪。『もうすぐですよぉ。』と言っている気がしました。温かい気持ちになりました。


茄子の花



arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月 3日 (土)

「Hanamaru」7月号


東三河のタウン誌「Hanamaru」7月号の「new open」コーナーに、
ふぃ〜る工房「villa うぇ〜ぶ」を掲載して頂きました〜!


「Hanamaru」7月号


週末に行く villa がある

波の音、風の香、海の色を感じながら、
旬菜パスタを召し上がれ。



記事には、パスタセット 10%OFF の優待もありますよぉ〜!で。この7月より、営業日が大幅増。今までは週末のみの営業でしたが、今月からは木曜日から日曜日までに変更だそうっす。



友人数人から「見たでぇ〜!」とのメールが届き、その中の何人かは「障害の文字がないねぇ〜。お前んとこらしいなぁ〜。」と。

最大の賛辞であります。
「一般」で認められるよう、頑張ります。


ってことで。週末、まだ行き先の決まっていない あなた。「Hanamaru」片手に、ぜひ田原市まで車を走らせて下さいませ。



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真骨頂


昨日の話。昼一、大慌てで瀬戸市から戻った山本さんと あらい。ケース会議があったのですぅ。そうそうに引き上げてしまいましたが、そんな理由があったのです。瀬戸市視察ご一行さま、御了承下さいませませ〜。m(_ _)m

で。ケース会議やら打ち合わせやら報告やらと、バタバタとした午後を過ごし。で。夕方から総合相談センターのバタバタは激しさを増し。それには訳がありましてぇ。はい〜。



実は、以前から紹介しておりますが、田原市障害者総合相談センターに併設されている「学校運営サポートチーム」のメンバー4名との懇親会を開いたのであります〜!いや〜ステキ〜!(*^o^*)

学校運営サポートチームは、学校長OBの太田さんをリーダーに総勢4名で、そのリーダーは昨年度の田原市内学校長会 会長、臨床心理士さんもみえ、児童生徒と保護者側から、学校側から談、更には地域からの相談を総合的にサポートしていくプロジェクトチームであります。

http://feel1999.cocolog-nifty.com/lallapallooza/2010/06/post-aada.html


でね。この懇親会を開く きっかけですが。臨床心理士さんに学問を学ぶことは勿論、心理士さんから面談技術に関するアドレスを受けたく。って依頼したところ、「講義形式ではなく、フリートーク形式がいいですぅ。だから、その前に親しくなった方がやり易いですぅ。」との申し出を頂戴致しまして。
当然、『すぐさまセッティングしますーっ!』ってことに〜!

また太田リーダーから各学校長との連携をサポートして頂き。更に、設置から1ヶ月が経った今、それぞれの役割を理解し新たな連携のあり方を、み〜んなで考える。そんな時間にしたかったんですわぁ。欲張り過ぎっすかねぇ〜!(*^o^*)


真骨頂


で、この様。サポートチーム4名。福祉課2名。就労支援専門員と発達支援コーディネーター。相談支援専門員6名。
総合相談センター フルメンバーでございますぅ。壮観でしょ!



最初は ぎこちない感じでありましたが、次第に あちこちから笑いが起こり、爆笑に変わり、で、最後は いつものように いとうリーダーを中心に盛り上がりました〜!勿論、明日からの連携も しっかり話しましたよぉ。(^_^)v

サポートチームの太田リーダーが言われた「何度も何度も会議で話し合うより、こうした懇親会で話し合うことで進むことってありますよねぇ。こういう時間は大事ですよねぇ。」に、熱血柴田さんと2人、大きく頷きました。なんてったって、これが我らの真骨頂っすからねぇ!いや〜ステキ過ぎる〜!



この懇親会。回を重ねること間違いなし!この会が回を重ねるごとに、田原市の共生が進むことは間違いなし!ですよねぇ〜。



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 2日 (金)

さくらんぼ学園


本日朝一、田原市 熱血を継ぐ者 山本さんと一緒に東名高速を西に向けて爆走。制限速度内で爆走です。向かった先は瀬戸市。東三河南部圏域アドバイザー鈴木さんの声かけで、こうままさんら8名の関係者が瀬戸市立瀬戸養護学校「さくらんぼ学園」に視察研修。でございます〜。(^_^)v

「さくらんぼ学園」は、瀬戸市の地域にある3階建て小学校の1階部分を、県内9校目の肢体不自由の児童・生徒さんのための 特別支援学校とし改築・改修して開設された学校であります。



到着すると。まず お出迎え下さった方に驚きました。尾張東部圏域アドバイザー川上さん。「あれ〜!この前(安城での大村代議士を囲む会)、来れないって言ってたじゃないっすかぁ〜!」と あらい。「へへっ。驚きましたぁ?こういうのいいでしょ!」と 川上さん。口を あんぐり開ける こうままと あらい。( ̄○ ̄)
と、続いて現れたのは同朋大 手島さん。贅沢な視察であります。



で。校長先生がお迎え下さり、設立に至った経緯や学校の概要等を丁寧にお話下さりました。更には、この学校の設立に向け20数年 関わり続けてきた、支え続けてきた川上さんから、リアリティのある補足が成され、これまた贅沢な時間でありました。

あらいは以前、川上さんから、この学校の開校が決まった頃、この対する思いを聞かせて頂いたことがあります。その時に「長年 頑張ってきたお父さんの会、前日 解散したんだよねぇ。」と少し目を うるうるさせて お話下さったことを覚えています。だからこそ。今日、この学校を見た時、正直 ジ〜ンとくるものがありました。



で。校長先生、川上さんから丁寧なお話を頂戴した後は見学。1階 養護学校を 隈無く見学。と、こんな張り紙発見。


さくらんぼ学園


直後 2階から元気に階段を降りてくる地域小学校のみんな。
養護学校であるのに、地域の小学生が「普通」にいる。
こうままと しばし「うっとり」。ステキ過ぎる〜!(*^o^*)



なんだろぅ。
一緒に学ぶ。一緒に育つ。っていう「普通」であることが、メチャクチャ感動するのは、なぜだろぅ。

「居ない人の事は考えられない」。良く言われますよね。
だからこそ「一緒に」いることが大事なんだと思います。一緒にいることが必要なのは、なにも障害がある子どもだけの話ではなく、そうでない子どもにとっても大事なことなんだと、あらためて思いました。



さくらんぼ学園


で。見学の様子。撮影直後、こうままから「やめて~!使わないでぇ~!」と言われていましたが。お構いなしにアップっす!( ̄ー ̄)ニヤリ
この直後、必死に詰め寄る こうままと逃げる あらいを見て「イチャついて見えた。」という男性教諭が約1名~!`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!! 
こうままさま。重ね重ね ごめんなさい~!m(_ _)m



で。見学を終え、玄関で記念写真を撮り、帰路に。皆さんとの別れ際、手島さんから「今度、じっくり〜!」と声をかけて頂きました。「こちらこそっす!」と あらい。ムチャクチャお話したいですぅ〜。
と、今度は川上さんから「また!」と。「はい!また。」と あらい。きっと すぐに お会い出来る気がします。( ̄ー ̄)ニヤリ

で、最後は鈴木さん。「ご参加、ありがとうございましたぁ。今から県庁へ、手島さんと行ってきますわぁ。」と。お礼を言うのはこちらです。『倒れないで下さいませ』と祈るばかりです。



来た道を帰りながら、山本さんと一つ一つのお話を、見たものを、感じたことを、丁寧に思い返しました。ゆっくりと。

とてもステキな視察研修となりました。企画下さいました鈴木さんは勿論、校長先生、川上さん、ご一緒下さいました皆さん、本当に ありがとうございました。また よろしくお願いします。



arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 1日 (木)

堪えきれず涙


本日午後は、田原市障害者支援検討会に参加しました。
この会は田原市障害者自立支援協議会の3つ設置されている部会の1つで、名前からは想像し難いかも知れませんが主には障害児に関する支援を検討します。学校介助員派遣制度は、この部会で議論され、全体会で承認頂き、実施に至りました。ステキな部会です。

で。この部会のステキなとこらは、以前からお伝えしておりますが、くどいようですが、また書きますが〜!委員のほとんどが教育関係者。なんですわぁ〜!

豊橋・豊川 両養護学校の特別支援教育コーディネーターと田原市特別支援教育コーディネーターが。更に市内小中学校 校長会と特別支援学級 代表と、教育委員会主幹と教育活動コーディネーター。
行政からは、子育て支援課と健康課、それを束ねる福祉課。

部会会長には民生員、副会長は育成会会長。育成会からは他にも3名の方が参加されています〜。



どぉーすかっ!これが部会の「布陣」です。やる気満々でしょ!



で。主な議題は、新規学校介助員派遣の承認と今年度の活動計画。当たり前ですが、みんなで決めます。当たり前ですから。

で。その中で。学校長会 代表の「特別支援学級の先生や特別支援教育コーディネーターは、よく頑張っている。勉強もしている。だが、それ以外の先生は理解しているとは言えない。この先生たちに理解してもらうことが大事。これは、生徒の中で困っている生徒に対する教育・支援は当たり前で、大事なことは、その周りの生徒を どう教育するかが大事なんだ。これは古くからある言葉であるが「人権」というものだと、柴田さん、あらいさんから教わった。」と。



この校長先生は、昨年一年、熱血柴田さんと2人お世話になった「田原人権ファンクション委員会」のメンバーでした。

勿論、勿論お世辞であることは百も承知。
ですが、昨年度一年が「報われた」と実感した瞬間でした。その瞬間、あらいの もろい涙腺は壊れました。堪えきれず。たぶん、否、絶対 柴田さんも同じ気持ちだったはずです。



3時半に障害者支援検討会は終了。ヘルパー連携会、就労支援検討会と合わせ3の部会は終了。この後、運営会議を経て田原市障害者自立支援協議会 全体会を迎えます。この部会での議論を無駄にしない、そんな会議にしなくては!



会議終了と同時に、教育委員会と特別支援教育コーディネーターに囲まれて、明日からの連携を話し合いました。
これが今の「田原市」です。マジで「共生」を目指してます。



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »