« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

おめでとうの会


間違いなく、あらいに大きな影響を与えてくれた方が、長きに渡り勤められた法人を退職され、新たなスタートを切ることとなりました。そのお祝いの会に参加させて頂きました。

その方は。豊橋市 さわらび会の江川さん。相談支援センター長、身体療護施設長という要職を歴任され、今回、ご自身の夢の実現に向けスタートされることとなりました。だから、おめでとうの会です。



江川さんが相談支援センター長だった頃、あらいは まだ委託の頂けない、豊橋市の一指定事業所の相談員でしかありませんでした。そんな あらいに、江川さんは丁寧に相談支援を教えて下さいました。接遇方法から書式への記載まで。今の あらいの礎は、間違いなく江川さんから伝授されました。

その頃、よく江川さんが言われていた言葉。「うちは委託事業所。委託と指定が違うことを明確にしないとね。だから、委託事業所は指定事業所を育てないといけないと思うんだよね。ボクが あらいを育てるのは、仲間であることもそうだけど、仕事でもあるんだよなぁ。」と。今、こんなことを話せる相談支援事業所の長って、どれくらいいるでしょうか。



時間が経ち、あらいは「田原市」の看板を背負い仕事をさせて頂けるようになりました。江川さん、そして蒲郡市に活躍の場所を移された鈴木さんや 工房 神谷さんと共に「東三河障がい福祉研究会」を立ち上げ、自立支援協議会、相談支援専門員の重要性を訴えに圏域各市を巡回しフォーラムを打ちました。みんな殺人的なスケジュールの合間を縫って、企画・実施しました。





自惚れではありますが、今の東三河の相談支援専門員の連携というか、盛り上がりは、この会の活動があったからだと思っております。



そんな江川さんの「おめでとうの会」。江川さん、鈴木さんらと耕した圏域から 60名を超える福祉関係者が参加されました。懐かしいお顔も たくさんありました。皆さん、笑顔で挨拶されていました。


会の最後、江川さんから挨拶がありました。「こういった会は苦手で、最初はお断りしたのですが…」から始まり、最後は「本当にありがとうございました。」と四方に向かい丁寧に頭を下げられました。
あらいは、江川さんがメチャクチャ「シャイ」であることを知っています。そんな彼が壇上で頭を下げる姿に感動しました。


おめでとうの会


ここしばらく。江川さんは身体療護施設が活躍の場であったため、あらいとの仕事の接点が乏しくなっていましたが、たぶん!たぶん、これからは ご一緒させて頂ける機会が増えることと思います。今からメチャクチャ楽しみです。その時は、お手柔らかにお願いします!



あらためて。
江川さん、お疲れさまでした。と、おめでとうございます!



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月30日 (土)

中止のお知らせ


本日、刈谷市にて開催が予定されていました、

愛知県相談支援専門員協会主催 ブラッシュアップ研修
「 ワンクラス上のパワーポイント・スライド作成実習講座 」

台風14号の接近により、残念ながら中止とさせて頂きました。
今後の開催につきましては、また後日、ご報告させて頂きます。
取り急ぎ お知らせさせて頂きます。



arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月29日 (金)

プロの「業」


本日は、安城市へお邪魔してまいりました〜!お知らせしております通り JR 東海道本線に乗り。(^O^) 駅で待ち合わせしましたのは、ぬくもり福祉会 まるくてワークス施設長 鈴木さんであります。

先週の金曜日、まるくてさんから「来週、同朋大の手嶋さんが、施設内研修の講師でみえるけど、暇なら来るぅ?」と お声かけ頂き、二つ返事で お邪魔させて頂きたい旨をお伝え。で、今日。ってことです。



で。安城駅に着くと、既に まるくてさんと手嶋さんはお待ちかねで…。恐縮しながら まるくてさん運転の車に乗り、まるくてワークスさんへ移動しました。マジな話で恐縮しきりであります…。で、事業所に着くと、まるくてワークスの新しい取り組みをお話して下さり、美味しいコーヒーをよばれた後、今日の本題「手嶋講義」を拝聴です。



先にも記しましたが、手嶋さんは同朋大にお勤めではありますが、今日の肩書きは もっ少し硬めでして。愛知県労働局・障害者就労アドバイザーというもの。あらいからすれば、ただただ「スゲーッ!」エライお方。

そんな方が、障害のある方の雇用の現状や施策について「講義」されるのですから、まるくてワークスさんの迷惑も省みず「勉強せねばーっ!」の思いで 押し掛けてしまいました。まるくてさん、職員皆さん、温かく迎えて下さり感謝です。m(_ _)m


プロの「業」


で。ぬくもり福祉会さんの職員研修ですので、あらいが ここで ご紹介することは控えますが、手嶋さんのお話にプロの「業」をみました。

手嶋さんは、まるくてさんに「良い職員さんばかりですねぇ〜。皆さん、真剣に聴いて下さいましたよぉ。」と言われていました。『確かに』と思いました。が、あらいは『それは手嶋さんが惹き付けた』とも思いました。それくらい質の高い「講義」だったことは間違いありません。




で。いつもながら、あらいの勉強は これで終わりません。
っていうか、さすが!まるくてさん。復習の時間と場所を用意して下さっている。いや〜出来る男は仕事が早い!更には、安城市に来て会わないわけにはいかない黒川女史率いる「ポテトハウス軍団」、更に更には、蒲郡から鈴木さんも急遽参戦され、てんやわんやの復習タイムでした〜!

あらいは手嶋さんの前に陣取り、数時間、先ほどの「講義」の復習と、更に深い予習を、ほぼマンツーで受講させて頂きました。いやはやなんとも。贅沢極まりない、ステキな時間でありました〜!

あらいが相談支援に着いた時、手嶋さんは相談支援専門員から今の職に就かれ(変わられ)、あらいは相談支援専門員として仕事を ご一緒させて頂いたことはなく。それどころか、お会いしたことがないにも関わらず、あらいの耳には連日「手嶋さんが転職された」話が入ってまいりました。
それくらいの方が、あらいにマンツーで…。あぁ、ありがたや。



こんなステキな時間も、いつものように終電に邪魔をされ、鈴木さんと2人、JR東海道本線で帰路に着き、先ほど帰宅しました。三河三谷で下車される鈴木さんに「明日も、明後日も、よろしくお願いします!」と互いに言葉を交わし お別れしました。

そうなんです。今週7日のうち、4日は鈴木さんとご一緒させて頂くことになっています。お互いヘロヘロではありますが、『今が踏ん張りどころ!頑張んべぇ!』と胸に秘め、お別れ致しました。m(_ _)m


プロの「業」


お声かけ下さいました、まるくてさん、はじめ高野さん、職員皆さん、本当にステキな時間をありがとうございました。楽しかったです。
で。手嶋さん。勉強させて頂きました。本当に、本当に感謝であります。これに懲りず末永くよろしくお願い致します。m(_ _)m



 arai

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年10月28日 (木)

封筒詰め


昨日は朝一から、豊橋養護学校で開催された「進路指導関係諸機関連絡会」に参加してまいりました。豊橋養護学校に通う今年度卒業生が住む、東三河南北圏域全ての福祉課担当者と相談支援事業所、これに職業センター、職業安定所を加えた総勢34名が召集され行われました。



まずは、3つのグループに分かれ、学校中を巡り授業見学。それぞれのまちの生徒さんに ご挨拶して回りました。あらいは少し前、熱血しばたさんと就労支援専門員ふじたさんと共に、田原市の皆さんの進路について進路担当者と お話に伺っていましたから、「お久しぶり〜!覚えてくれていますか〜?」ってなノリで。(^O^)

その後は、関係機関が一同に会して協議。学校から進路指導や状況、今年度の希望状況等の概要説明。続いて圏域の新規事業の報告、各行政からの障害者支援の現状報告等があり閉会しました。

良い企画だと思います。良い機会を頂けたと思います。ライフステージが変わる。その前から連携を確認出来ましたし、学校側の丁寧な説明から、取り組みや今後への思いも お聞きすることが出来ましたから。



終了は 12時半。我ら「チーム白井」は『逃げるように』豊橋養護学校を後にし、一目散に一番最寄りのCoCo壱番屋へ直行!「チキンカツカレー!400で!」と、小粋に注文をし、そして あらいの向こうにある「ぶたしゃぶカレー!500!」に 打ち拉がれ…。(・_・;) で、田原市に帰ってまいりました。



封筒詰め


夕方。田原市障害者総合相談センターには、あちこちの出先から戻ってきた相談支援専門員で大賑わい。で、大わらわ!刷り上がったばかりの「共生フォーラム2「夢、出会い、感謝」」のチラシを配布するための封筒詰め作業。相談支援専門員も福祉課さんも一緒になって封筒詰め作業。


あっ。若干1名。『封筒詰めどこやないわいっ!』と我らに背を向け、期日の迫っている認定調査票に向かう者あり。誰あろう。いとうリーダー。前年会長なのに。(-_-#)   とはいえ。メチャクチャ大事な仕事ですから、我らはな〜んも言えずです。当たり前ですよね!その方の「生きづらさ」を表さなければいけないわけですから、そりゃ必死に向かいますよね。この姿勢、素晴らしくステキです!


封筒詰め


で。あらいは、この封筒詰めのような些細な時間が とても大事なんだと思います。こんな些細なこと、かも知れないことが「協働」なんだと思います。

だってそうでしょ!行政からすると「こういうことも委託の仕事でしょ。」って言ってしまえることを、一緒にやる、この仕事の意味を語り合う、この時間を共有することで更に分かり合える。更なる協働に繋がる。ですもんね!やっぱり、「チーム白井」は最高っす!



封筒詰め


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月27日 (水)

「夢、出会い、感謝」


大変 長らくお待たせをしました~!ここに発表!


「共生のまち」田原市を考える会 フォーラム Ⅱ

平成23年2月20日(日) 13時半~17時
田原文化会館 多目的ホール
定員 350名
参加費 大人1000円 子ども500円

主催 「共生のまち」田原市を考える会
共催 田原市(市民協働まちづくり補助金助成事業)



記念講演

「夢、出会い、感謝」
~こころのバリアをとり除いて~

京谷 和幸 氏
車いすバスケットボール 日本代表
北京パラリンピック 日本選手団 主将



シンポジウム

「一緒に支える気になる子」
~みんなで学び、みんなで育つ~

シンポジスト
 中野 弘克 氏  (こども発達センター 副部長)
 荻野 ますみ氏  (NPO法人ゆう 副理事長)
 間瀬 勝哉 氏  (田原市立童浦小学校 校長)
 神谷 順子 氏  (田原市発達支援コーディネーター)
 伊藤 淳  氏  (田原市障害者相談支援専門員)
コーディネーター
 新井 在慶    (田原市障害者相談支援機能強化員)


申込みチラシは、こちらから
「2011.02.20 kyousei forum.pdf」をダウンロード



京谷さんは、元 Jリーガーでジェフ市原(元千葉)のMFとして活躍。1993年、交通事故により脊髄を損傷し、車いす生活となりました。そんな中、リハビリの一環として車いすバスケットボールを始められ、今ではパラリンピックに3度出場するまでに。

挫折感を克服し、「今」を勝ち取った京谷さんだから語ることができる「夢」「出会い」「感謝」を、田原市は「聴き」、障害があっても豊かに暮らしていける、そんな「共生社会」を作っていく糧にしましょう!



で。後半のシンポジウムは。「発達障がい」をテーマに。発達障害のある方の「生きづらさ」は、誤解から発せられることが多くあります。ここでは、医療、教育、福祉それぞれの関係者が意見を交わし、「誰もが暮らしやすいまち」について語り、皆さんとともに考えます。しかも!メンバーは田原市を「熟知」した方ばかり。盛り上がること必至であります~!;:゙;`(゚∀゚)`;:゙


ということで。本日より申込み受付開始!
皆さまのお申し込み。お待ち申し上げます!



arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブレてなんかない


本日は、田原市事務局会議。
議題は大きく3つ。ここでは ご紹介しづらいものが2つと、お待たせしております「共生フォーラム」について。であります。

で。共生フォーラム。
いよいよ!明日、チラシが刷り上がってまいります〜!(≧∇≦)
ってことで。チケットの販売方法やら、予算案の微修正やら、諸々の最終的なツメをしました。盛り上がってまいりました〜!


ブレてなんかない!


で。写真。夕方、総合相談センターに戻ってきた「「共生のまち」田原市を考える会」今年度の会長ぶっちゃけ!のぐちさんと副会長やっちゃいなよ!みうらさん。遅くまでチラシの配布先の選別と依頼文の作成やら。気合いの入り方が「パ!ねえっす!」(≧∇≦)




で。あらいは大慌てで帰路に。
今夜も JR東海道本線に乗り移動。向かった先は三河三谷駅。


ブレてなんかない!


遅刻して入店。お待たせしてしまったのは、愛知県議会議員 鈴木彰伯さんと、東三河圏域アドバイザー 鈴木康仁さん。の お二人。待たせてはいけない お二人。冷や汗をかきつつ入店…。(-.-;)

で。何の集いなのぉ?は、あきさんから県議会が閉会し、一段落ついたから、久しぶりに飲もう!って話を頂戴し。是非とも!って話。



で。話題は あれこれ。焦臭い話はなく、ただ単純に「我らが目指している社会」について、熱く語り合いました。う〜ん。いつもより、昔話は多かったですがねぇ〜。今も忘れることはない昔話ですが。
そんな中、珍しく あきさんから、何度も何度も「あらいちゃん!俺はブレてないか!?大丈夫か!?」 と問いかけられました。続けて



「実はさぁ。たまにしか読めんけど、あらいちゃんのブログを読んでいて、付いていくのに必死なんよ。もっと しっかり勉強しないと いかんと思うんよ。あらいちゃんや 鈴木さんが やってることを、しっかり分からんと いかんと思うんよ。大事なものを忘れてしまってないか不安なんよ。俺はブレてないか!?」と、真剣な眼差しで。

その後も。思い出したかのように、この話を繰り返し繰り返し。決して酔っているのではなく。本心で不安であることを理解する。福祉の世界から政治を志した あの頃の思いが「くすんでいないか」、真剣に確認したいことを理解する。


ブレてなんかない!


あきさん。
大丈夫。あなたは ブレてなんかないよ。逆に不器用なまでに守り通してるよ。不器用過ぎるかも知れないね。誤解されながらも、理解されないながらも、真に障害のある方が地域で豊かに暮らしていける社会の実現を目指し、一人の市民、県民、国民として普通に暮らしていける社会の実現を目指して活動していること。誰より あらいは知っています。

万が一。万が一、あなたの思いが「ブレたら」。誰よりも先に あなたの前に立ち「ぶん殴ります」から ご安心下さいませ。で、逆に。この あらいめの思いが「ブレたら」。誰よりも先に あなたが来て「ぶん殴って下さい。」お願いします。m(_ _)m



っていうか。あなたに「ぶん殴られたら」。
あらいは。間違いなく「天に召します」ね。
命がけで、気をつけます。ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月26日 (火)

東海道本線


先日お伝えしました通り、あらいの自宅で食事をしない月間は続いておりまして。っていうか、今日から来週月曜日までは、「連続して」家では食べる機会がありません。ぜ〜んぶ お誘いを受けてます〜!

で。で。これは ヨシとしてなんですが。
あらいは普段、電車での移動は名鉄で。自宅から近いってこともあるのですが、「座席指定」で移動出来るって理由の方が勝ってたりします。「座って行けないとイヤなんだモン!」なんですよねぇ〜。

そんな あらいが、今週の移動は全て! JR なんですよねぇ〜。東海道本線なんですよねぇ〜!珍しいったらありゃしないっ!理由は簡単。これでないと「行けない まち」での飲み会ばかりだからです!


東海道本線


今日は その初日。岡崎駅でありました。
岡崎駅前にある焼鳥屋。あぁ、ここでも焼鳥屋。豊橋でも。半田でも。安城でも。あらいは、どこまで焼鳥好きやねん!(≧ε≦)

で。今日は。三河で闘う若き精神保健福祉士の方々から お声かけ頂き、共に語り、共に学んだ。そんな時間でありました〜!ご一緒したのは、安城市 山北さん、蒲郡市 中川さん、岡崎市 市原さんと館長さん。
館長さん以外は、以前、作業所で共に闘ってきた、いわば戦友だそうで、定期的に開催しているそうです。そんなとこに。のこのこと…。



で。メチャクチャ楽しかったっす!面白かったと言えば不謹慎かと思いますが、それくらい彼らの話に食い入り、聞き入りましたよ〜!

精神保健福祉に携わってきた皆さんが感じている思いを、彼らは彼らなりの言葉で、一生懸命 あらいに語ってくれました。良く聴く話でした。でも、なぜだかスゴく新鮮に感じました。心地良くさえ感じました。
理由は明白。彼らはメチャクチャ楽しそうに語っていたから。一緒に苦労した話も。一緒に泣いた話も。みんな笑い飛ばしていたから。


東海道本線


内容は控えますが。彼らは。精神保健が更に地域生活支援に力を注ぐようになるためには、自分たちは「今」何をすべきか?を語り合っていました。自分たちには「力」は無いが、だとした時に「今」何を学ぶべきか?を、熱く熱く語り合っていました。決して悲壮感を持っているわけではなく、あくまで前向きに。

忘れてはいけない「熱」を感じさせてくれた、ステキな時間でした。半田市 トクヤマさんも 然りですが、いつか、この精神保健福祉の次世代を担おうとする若者たちに、あらい自身が地域生活支援を学ぶ時が来るのかも知れない。と思いながら、やはり終電で帰宅しました。



 arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月24日 (日)

歯抜けな状態


昨夜遅く帰宅すると、居間のテーブルに「光とともに…」が。
この本を知らない福祉人はいないと思います。作者の戸部さん、残念ながら今年初めにお亡くなりなったこと。記憶に新しく。あらためて お悔やみ申し上げます。


歯抜け


で。萌に「どうしたの?これ。」と聞いてみると。
「学校の図書館で借りてきたの。勉強しようと思って。」と。
で、再度「何の勉強?」と聞いてみると。
「お父さんのお仕事の。○○ちゃん達と一緒にね。」と。
号泣…。(ToT)

続けて。萌は「クラスにも、何していいか分からなくて困ってる子がいるかも知れないんでしょ。知っとかないといけないでしょ。」と。



今年の夏の夜、萌のお友だち達が泊に来た際に、ダメ親父は仕事を聞かれ即席講座を開いたことを思い出しました。『そういえば、発達障害や自閉症について誤解がないように話したなぁ。』ってことを。



更に萌は。「でもねぇ。学校の図書館、全巻揃ってないのぉ。もう3巻と4巻が無かったしぃ〜他にもねぇ…。」と、数冊が無くなった「歯抜け」な状況であり、飛ばして読んでいるから、途中が分からないことを嘆きながら話してくれる。

明日。あらいは本屋に走ります!
全巻 買い揃えて、萌にプレゼントします!法人にあるのを借りてきて読ませるなんて、萌と お友だちの気持ちに対し申し訳ない!萌のものとして、クラス中で回し読みしてもらいます!



萌の「共生」。まだ続いていました。よい子です。



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月22日 (金)

ドラクロワの画の前で


戸枝さんがパリから帰ってきた。長時間のフライトで、
さぞかし不機嫌だろうと思っていたが、意外にも
ご機嫌なご様子に安堵する。

で。「ルーブル美術館のドラクロワの画の前で考えた」
という作戦を、伝授される。何のための作戦か?
は、また時期がきましたら。



あらためて思うことは。
『深い人だ』ということ。そして『スゴイ人だ』ということ。
そんな方からの電話。頑張らねばの思いを強くした。

そして。この方から受けた ご恩は。
半端なものではないってことも。



 arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月21日 (木)

「仲間を募り!」


本日朝、どっ早い時間。
出勤前のずいぶんと前の時間。の、駅前風景。


「仲間を募り!」


写真右。誰あろう!大村ひであき衆議院議員。正に「時の人」です。で、左、近藤ひさよしさん。あらいの良き理解者。いわば同志。このお二人が、この雑踏の中、必死に政治改革を訴えてみえました。

大村代議士。国政報告をされる中で、「私は国政において、障害のある皆さんの地域福祉の増進に、力を注いでまいりました!この近藤君は、私と一緒に勉強してまいりました!彼は、この豊橋でも仲間を募り、障害のある皆さんのお力になるために頑張ってきました!」と。明らかに、我らを意識して下さったお話を。感激でした。



30分ほど お話を拝聴した頃、終了。で、お二人にご挨拶。「おおっ!」と代議士。握手して頂きました。『今日は手を洗わない』と誓い、豊橋駅を後に田原駅に向かいました。時も時、たくさんの報道関係者がみえました。あらためて大村代議士のデカさを実感しました。



近藤さん。来年春「リベンジ戦」が待っています。彼は、その時のために必死で勉強しました。あらいはそれを、メチャクチャ近くで見てきました。その努力たるや、頭が下がる思いでありました。今、彼は その時を じっと待っています。期待と不安が入り混じった感情かと。

ですが。この「リベンジ戦」。近藤さんだけの思いではないです。我らにとっても。近藤選対にとっても。そして、近藤さんが親と慕う「大村代議士」にとっても。全く同じ思いでいます。間違いなく。



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一週間は7日


先ほど、飲み会の お誘いを頂戴しましたので、喜び勇んでスケジュール帳に書き込んで気がついた、驚いたことがあります。


私が記憶する限り。一週間は、確か7日だったかと。
飲み会の お誘いが 12件。日にちが足らない…。(°□°;)



ありがたいことで ございます。摂生します。



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月20日 (水)

海の向こうにいる同志


本日は。ふぃ〜る工房の あらいとして、法人の人間として、半田市に行ってまいりました。勿論、田原市のために、であることは言うまでもなく。田原市にない資源の創出のため、我らは まずは「スピリット」の注入から始めることに。

ってな理由で、法人スタッフが半田に行くことを聞きつけ、泣いて、すがって、運転手として連れて行ってもらいました…。(>_<)



で。半田市。向かった先は「特定非営利活動法人わたぼうし」さん。児童デイサービスと学童保育という制度の違う2つの事業を提供している事業所でありまして。代表の大田さんは、あらいの考え方と「とことん」合致する方で。大好きな方でありまして〜。(*^o^*)


海の向こうにいる同志


で。かみやさん以下 法人スタッフ一同、雁首そろえて大田「スピリット」の注入を受けました!内容は書けませんが、新たな取り組みについても本当に丁寧にお話下さり、また我らの質問にも丁寧にお答え下さり、感謝です。m(_ _)m



あらいは。この「わたぼうし」さんの「共生」への取り組みがメチャクチャ好きなんです!子どもが育まれることに障害の有無は関係がないこと。そして、子どもの成長は あそびの中でも立派に育まれていくもの。そして、スタッフが楽しんでいなければ、利用する子どもは「絶対に」楽しくないっ!ってこと。


海の向こうにいる同志


最後に全員で。わたぼうしさんを隈無く見学。今日のお話。しっかと田原市に持ち帰ります!感謝です。

で。1時少し過ぎ。わたぼうしを出て昼食。向かった先は戸枝さんの牙城「アートスクエア」。ここで久しぶりにラーメンを食べることに。で。更に。ここで待ち合わせしたのがぁ〜半田市相談支援センターのメグとトクヤマさんが。「あんたぁ〜!半田に来るのに連絡してこないって どうゆうことーっ!(;`皿´)」と いうことです。はい…。



で。マジな話。3人で相談支援事業が抱える課題について、メチャクチャ真面目に話しました。特に人材育成、相談支援体制の永続性に関しては議論が白熱。こればかりは委託される法人で解決出来ることは無く、行政の深い理解と長期的なビジョンが不可欠である。ことを確認しました。

これ以上は書けませんが、更に突っ込んで話をしましたよ。



海の向こうにいる同志


この語らいは、我らの議論を長年「聴き続けている」焼鳥屋に場所を移しても続きました。更には、ふわりカナちゃんも呼びつけ、あれやこれや語り合いましたよぉ〜。でも。書けません。「ピー」音が鳴りっぱなしの語らいではありましたが、気心知れた仲間うちの話は、やはり。楽しかったです〜!

で。いつでも、どこでも同じ光景。終電まで語り合い、大慌てで精算し、ここでメグとはお別れ。トクヤマさんと2人、カナちゃんの車に乗り込み最寄り駅まで「搬送」され、ここで お二人ともお別れ。トクヤマさんと握手をし、ホームまで全力で「歩き」、なんとか今夜中に帰宅することが出来ました。(^_^)v



晴れた日。知多半島は、田原市から良くみえます。今日一日、海の向こうにいる「同志」との、楽しくも厳しい時間でした〜。今後とも、末永く よろしくお願い致します~!;:゙;`(゚∀゚)`;:゙



 arai

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月19日 (火)

悪友から


久しぶりに大阪(学生時代)の悪友から電話がある。近々、愛知に来るから飲もうって お誘い。断る理由など あるはずはない。



で。しばらく昔話や悪友らの話で盛り上がる。バカ笑いの連続。
すると、悪友が「まだ唄てんのぉ?(うとてんのぉ)久しぶりに聴きたいわぁ〜。」と、もっさりとした関西弁で。懐かしい響き。
「あぁ!また唄てるでぇ〜!また聴いてやぁ。」と あらい。



そういえば。しばらく唄ってないなぁ。唄いたくなってきたなぁ。


悪友から


 arai

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月17日 (日)

「県民の声を聴く会」


本日はお休み。でしたので「個人的」に名古屋市へ行ってきました。一昨日、重徳さんから お声掛け頂いた例の会に参加しに。です。

だって〜。良い機会でしょ!我らの思いを「先方さま」から聴かせてっていって下さっているわけですからぁ。勿論!陳情や要望などいうものではなく、本来「政(まつりごと)」は我らのものであって、ごく一部の人間が別世界で行われるものではない!っていうのを、聴いて頂き、そして答えて(応えて)頂きたくって。



で、会のタイトルは「県民の声を聴く会」。何とも直球。分かりやすい。(゚m゚*) 参加した市民活動団体は、当然 同じ愛知県ということもあり顔見知りが多かったですわぉ。ってことで何やら市民活動団体の代表的な位置としてお話を少しだけ話させて頂きました。で。更に。ただ集まって ワァワァと意見交換し、もしくは一方的に話を聴くだけでは「モッタイナイ!」と感じた あらいから「グループワークしましょ!」と提案させて頂いたところが、この一枚。


「県民の声を聴く会」


ナント!盛り上がりましたよぉ〜!市民活動の人間ばかりではなく、議員さんや企業の方も たくさん おみえになったのですが、皆さん真剣に、マジメに取り組んで下さいました。感激でしたぁ。(T_T)

2時間ほどで会は終了。一参加者として面白かったですし、勉強になりました。この会であがった多くの県民の思い。ムダにならなければいいなぁ。と思いますし、本来は こうした「聴く」「語る」が政の原点だよなぁ。とも思いました。良い機会を ありがとうございました。




で。メチャクチャ急いで帰路に。で、5時半、自宅の最寄り駅に到着。と愛娘 萌が自転車でお出迎え。どうやら友達の家から帰りらしい。自宅に帰ることを電話した際にダメ親父の到着時間を聞いたそうです。ありがたや…。(T_T)

で。久しぶりに学生時代を思い出し「後ろに乗りなさ〜い!二人乗りで帰るぜぇ〜!(二人乗りは法律で禁止されています。よい子は絶対にマネしないでね。(^_^;))」と。

大喜びの萌を乗せ、颯爽と帰路に…とはいかず…二人乗りするには空気圧が足りずタイヤはペチャンコ。更に、サドルの位置が低くすぎて こぎづらいったら ありゃしない!家に着くころには クタクタのケチョケチョのヘロヘロ…。(◎o◎)



で。それでも。約束時間から8時間遅れではありましたが、家族サービスに奔走させて頂きました。ってな、久しぶりの休日でしたぁ。



 arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月15日 (金)

耳に入るデカイ話


内閣府「行政刷新会議」。昨年来、よく耳にする会議ですよね。
あの事業仕分けを担当している。「2番じゃダメですか?」の。

その会議の事務局という名刺をお持ちの重徳和彦さんとお話をしました。と言っても、内閣府の仕事でも、勿論、刷新会議の仕事でもなく、何というか、プライベートというか。とにかく!意見交換であります。お電話を頂き、話を聴きたい。ってことで、わざわざ東京からお越し下さいました。素晴らしいフットワーク!





お話した内容は。あらいの所属する法人がNPO法人ベースでの福祉事業所であることもあり、愛知県における市民活動やら障害福祉やらの現状から、税制を含む財源に至るまで。あれこれと意見交換をしました。

で。そんな重徳さん。今週末に県内の市民団体や閉塞感を持つ方々との意見交換会に参加されるそうで。で、その意見交換会への参加要請を受け、せっかくの機会、せっかくのお誘いですから、思いの丈を聴いて頂くことにしました。「聴く」姿勢を持つ方。ステキですもんね。(・∀・)イイ!



重徳さん。来年2月、大きな勝負をするのでは。という「時の人」。で、時も時。今朝の中日新聞には尊敬してやまない大村ひであき代議士の、来年2月に関連する記事が、一面にデカデカと。で。夜。別件で近藤さん(大村代議士秘書)と、あれこれ与太話。近藤さんも相当お疲れの様子でした。そりゃそうっすよね。



いったい。どうなっているのか…。っていうか。こんなデカイ話を、あらいごときの耳に入れて どうしようというのか…。(・_・;)

と、とにかく。今夜も飲みました。飲みましたとも…。



 arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「こやつ」と「あんた」と


初任者研修 全体研修 二日目。朝一から。予定にはなかったのですが智さんが登壇。全体研修受講者に「喝!」を。あらいとは全く異質な熱さ。優しい口調にも関わらず厳しさが ヒシヒシと伝わってくる、そんな挨拶からスタート。続いて あらいから、昨日の研修内容の確認と今日一日の流れについて ご説明。






で。今日は一日中 グループワーク。午前中は、接遇の基本やアセスメント収集をロールプレイから。今日も ご登壇下さいました、金髪お下げ髪の彼女…。各グループからの質問を丁寧(?)に返答していました。先日、優さんが言ってました。「リアリティが大事なんだなぁ。」まさか、こんな形で実証されるとは…。(≧ヘ≦)


「こやつ」と「あんた」


午後は。このアセスメントを基に、100字要約、ケアプラン作成へ。
智さんを筆頭に、今年度の研修講師12名。全員総出でグループワークを支える。また今日は、地区別研修のファシリテーターを依頼されている三河地区の講師も6名も参加。グループ数 24 をカバーするには至りませんでしたが、何とも壮観な絵面でありました。


「こやつ」と「あんた」


各項目毎にグループ発表をし、最後は こじまさんからのガイダンスがあり、初任者全体研修は無事に終了。皆さん、お疲れさまでした。

今日も。思ったことは たくさんありますが。また後日。受講者が退場した後、講師全員で反省会。こちらも。また後日。m(_ _)mまあ、とにかく。あらいにとっては一大事、ミスポジション論の講義という大御所が担ってきた大役を、無事に終えることが出来、安堵するばかりであります。



あっ。余談ですが。最近、このブログをコピーして「復命書」として使っている人がいると耳にしました。正直「唖然(゜∇゜)」。あらいが参加する(した)フォーラムやシンポや研修に、参加したくても出来なかった方のために、せめて雰囲気だけでも。と思い、始めたものが、全く逆の使われ方をしていたなんて…。ショックであります。

心当たりのある方。恥じて下さい!




で。それはさておき。やっぱり大反省会であります〜!当然ですが「世界の山ちゃん」であります〜!あらいは、ここの手羽先を食べると研修が終わったことを実感するのであります!(^w^)

豪華なメンバーでの飲み会。メチャクチャ盛り上がりましたよぉ〜。っていってもバカ話じゃなくて、研修のあり方やら、それぞれの まちの実践やら。熱い話で盛り上がりました。「ラストオーダーです!」と言われるまでメチャクチャ盛り上がりましたわぁ!楽しかったです。



「こやつ」と「あんた」


で。この写真、見て下さい!奥のテーブルに注目!ナント!智さんが、ふじたさんに何やらお話して下さっている~!しかも、その両側を こじまさん、熊谷さんという「同志」が挟むように。そして手前には豊明市 大谷さんが。なんという贅沢な写真でしょう!

ふじたさんは一生の運を使い果たしたことでしょう。( ̄ー ̄)ニヤリ



で。手前、あらいのテーブル。左が新城市 小林さん、右が豊橋市 松井さんという、あらいが この仕事に就いた時を知る、そして今でもお世話になるお二人。尊敬する大先輩です。そして真ん中に半田市 メグ。彼女に関しては、どんなコメントも安っぽくなります。良き仲間、良き理解者、そして時に良きライバルです。感謝です。

で、写真の右側、入りきらなかった場所には蒲郡市 鈴木さんと豊田市 成瀬さんというビッグネームが!贅沢や。贅沢な時間や~!
;:゙;`(゚∀゚)`;:゙



で。退店し、ここで解散。皆さま!とにかく、お疲れさまでした!

ですが。全く帰る気のない 熊谷さんと こじまさんと あらい。いつもの国研修組。で、これに帰る気満々だった田原市ふじたさんの首を引きずり二次会へ。



もう、このメンバーだけなら誰に気を使うことはなく、気にすることはなく。もう「タガ」が外れたかのように大騒ぎ!熊谷さんは あらいを「こやつ」と呼び、こじまさんは「あんた」と呼び。で、あらいは2人を「ケまがいさん」「ケじまさん」と呼び。

もう何年来の、何十年来の友人かのような気兼ねのない語らいに、メチャクチャ心地良い「酔い」を堪能しました。この人たちと一緒だからこそ「やってこれた。」。青くさいかも知れませんが、同志でありますが、友情を感じた時間でした。親友です。



終電まで語らいました。駅で、こじまさんが肩を組んできました。
たぶん、シャイな こじまさんのこと、相当 こっ恥ずかしかったと思います。が、それでも、どうしても、そうしたかったんだと思います。これ。あらいも全く同じことをしようと思っていたんですわ。こっ恥ずかしいから出来なかっただけで。だから、こっ恥ずかしかったですが、嬉しかったです。

帰りの車中。2人とメール。熊谷さんからの返信には「水くさいこというな。田原市は隣まちだと思ってる」と。一人、泣きました。



 arai

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年10月13日 (水)

ツワモノ。キワモノ。


「愛知県相談支援従事者初任者研修 全体講義」が始まりました。
まずは、こじまさんから「ケアマネジメントの展開」概論。

先月行われたサビ管さんとの合同研修から今日、そして来年早々の地区別研修までの流れと、それぞれの研修での獲得目標などが丁寧に成されたあと、ケアマネジメントを展開する上での留意点を「出会う」「見立てる」「計画する」という3点に分け、分かり易く噛み砕いて話されました。


ツワモノ。キワモノ。


この日を迎えるまでの こじまさんの取り組み方というか向き合い方というのは、鬼気迫るものがありました。彼の愚直なまでの実直さが、そうさせている、突き動かしているのだと思いますが、出来上がった資料を拝見し、また講義を聴かせて頂いた今 思うことは、やはり単純に「スゲェ!」ってことでしか伝える術を知りません。

普段、あらいと一緒に飲んだくれている、あらいとバカ騒ぎをしてくれている こじまさんの姿は、今日 ここには無く、あらためて県講師「小島一郎」の凄さを見せつけて頂きました。正にツワモノ!



ツワモノ。キワモノ。


で。その後が更にスゴイ!否、凄まじい!が正しいでしょう。相談面接のポイントを、ロールプレイ通して。接遇のポイントやインタビュアーとしての姿勢などを、こじまさんの進行で。ロールプレイの支援者(写真の真ん中、テーブルを挟んだ右側手前側)を大木さん、そして、ご本人役(テーブル左奥側)を熊谷さんが務められました。


ツワモノ。キワモノ。


で。凄まじさは、この写真で一目瞭然でしょう!奥の熊谷さん、リアリティを求めるがばかりにナント!金髪で お下げ髪 で登壇。誰が仕込んだ、仕組んだのではなく、ご自身の思いで持ち込まれたんです。恐るべし!熊谷豊。もはやコワイモノ無しです。

っていうか、ここまでくると「キワモノ」です!(≧ヘ≦)



で。昼。智さんについていって食事。老舗の鰻屋さんへ。が。味がしない。食べた気がしない。メグが「あんた!イッパイイッパイやろぉ〜!笑えるぅ〜!(^w^)」と言われる。仰る通り。逃げたいくらい。



午後1時。あらいの出番。最後列に陣取る講師陣に見送られ、励まされ、若輩者あらいから「ミスポジション論」について3時間の講義。

昨年までは現任研修で行われていたカリキュラムを、今年は初任者研修で学ぶことになりました。相談支援従事者の質の向上を図るためには、この初任者から きっちりと学んで頂く必要がある、ということです。それだけ相談支援事業は重要な位置付けである、ということです。

で。あらいからは、ミスポジション論の概要から始まり、獲得しなければいけない各項目のポイントを全力で説明させて頂きました。

セルフワークの時間だけでなく、グループワークの時間も設け、何とか理解に結びつけたく。試行錯誤した結果、新たな試みとして、こじまさんと決めました。盛り上がったことに安堵しました。ただ。あまりにも講師陣に負担が大きく掛ったことも事実です。ともに闘って下さったステキな講師陣に感謝です。



で。思うことは。たくさん あります。が、今は書きません。
だって。研修は明日もあります。来年早々の地区別研修もあります。全てが終わった時。しっかりと思いを お伝えしたいと思います。



いつものように、講義を終え、ボロボロになった状態で仲間の、同志のもとに戻ると、いつものように こじまさんらが笑顔で迎えてくれました。智さんから お褒めの言葉を頂きました。お世辞であることは百も承知。ですが、泣きそうになりました。最後に熊谷さんから「お疲れさまでした!でも、握手はしないよ。明日が終わったらね。」と。

そうです。その通りです。まだ明日があります。あまりに大きな課題と向き合ったため、本来の職務を見失うところでした。熊谷さんの仰る通り、握手は明日が終わったら。ですね。本当に感謝です。



4時半ちょうど。初日は終了。明日も、あらいには午前中の進行という大役が与えられています。メチャクチャ頑張ります〜!(`∇´ゞ



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名鉄 車中にて


昨日は朝一から田原市運営会議でありました。
福祉課からの報告・連絡事項のあと、あらいから ここんところのバタバタを「説明」させて頂きました。初任者研修やらサビ管全体講義やら、相談支援専門員協会のブラッシュアップ研修やら、はたまた半田市合同研修やら。う〜む。ざっとあげただけでバタバタぶりが分かるなぁ…。(≧ヘ≦)

で。半田市合同研修研修に関しては若輩相談支援専門員軍団一人ひとりからも、感想というか意見徴収というか。皆が「勉強になった」「刺激になった」との発言に、企画の成功は確認出来たものの、あらい自身は「これをどう活かすか」に新たな課題を見つけた、そんな時間でした。やって終わりじゃダメ!だと。

続いては。「共生のまち」田原市を考えるフォーラムの進捗状況。
記念講演講師のチラシ「チェック」も無事 OK を頂き、いよいよ印刷に出します。同時にシンポジスト皆さんへ挨拶回りに伺う算段であります。間もなく!発表であります。こうご期待!(^_^)v

その後は。新規ケースの報告。圏域アドバイザー鈴木さんからの報告。隣接するまちに、新たな建設が取りだたされている特別支援学校に関する話題と、今後の圏域アドバイザー事業に関する報告等。最後に、各事業所からの報告。で、終了。11時半。いつもより若干 早くはありましたが終了。



で。昼食。毎度お馴染みのラーメン屋に6名。いつもの光景。
で。午後は熱血柴田さんと一緒に子育て支援課主催のケース会議へ参加。そうです。三宅さんからの「お呼びだし」でございます。教育委員会からの SOS に応えたもので、参加者も早々たるメンバーで。

内容は書けません。が、ただ、どうしても書かなければいけないのは「発達障害」に関する理解が、深まっていない。という事実です。発達障害の方に「根性論は」通じません。ここにも、我らの課題はありました。頑張らねば!の思いでイッパイになった。勉強させて頂いた。そんな会議でした。三宅さん。いつも「試練」を、ありがとうございます。m(_ _)m



で、夜。総合相談センターで、ぶっちゃけ!のぐち君と2人。彼が担当している「法律」に専門性を要するケースの報告を聴く。担う 彼が一番勉強になっているのだと思いますが、あらいも「おこぼれ」を頂戴しながら勉強させて頂いている。そんな感じです。のぐち君。ここまで来たら「とことん」やろうぜ!(b^ー°)


名鉄 車中にて


で。あらいは今、名古屋に向かう名鉄電車の車中です。今日明日の2日間 行われる相談支援従事者初任者研修に参加するため。名古屋駅で いとうリーダーと ふじたさんと待ち合わせ。いとうリーダーは今年度の現任研修のフォローアップに、今日の講義カリキュラムにある「ミスポジション論」があげられていることから受講。ふじたさんは、この後に行われる地区別研修のファシリテーターとして参加予定であるため、フォローアップのため参加。であります。

が。このミスポジション論。お話させて頂くのが、この あらいであることを鑑みると、何とも申し訳ない気持ちになりますが…それはそれ!しっかりと田原市に持って帰って頂けるよう、こちらも しっかりと話さなければならない。そう思っています。



あらいの出番は、今日の午後全部と明日の午前中全部。今日は朝一から こじまさんがケアマネ概論を話した後、熊谷さん大木さんの2人でロールプレー。明日の午後は こじまさん主導のグループワーク。そう!昨年度の国研修組で担います。そして、バックアップを今年度国研修組と重鎮組が。

同志との2日間、しっかりと学んで帰ります。こうご期待!



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月11日 (月)

「いい旅 夢気分」みたいな。


本日は、今年度 日進市に新たな社会資源として日進市社会福祉協議会に設置された「日進市障害者相談支援センター」主催のフォーラムに、シンポジストとして参加してまいりました。(`∇´ゞ

発足記念の意味合いもあり、基調講演には西宮市から あの!玉木幸則さんをお招きして「障害があっても、きらっと生きたいんじゃ」をテーマに始めての企画をパーッ!と派手に。

その後 行われたシンポジウムには「毎度お馴染み」の日進市 熊谷さん、名東区 こじまさんと玉木さん、進行を東尾張圏域アドバイザーの川上さんという、これまた豪華な皆さんに あらいも混ぜて頂き開催されました〜!(^_^)v



玉木さんにお会いするのは久しぶりで。半年ぶりくらいかなぁ。希が産まれた時にお祝いメールを頂戴していたのに、お礼も言えていなかったですので「これ幸い!」と ご挨拶させて頂きました。熊谷・こじま組は、ある意味、うちの奥方さまより「会っている」「話している」感じですので、適当に ご挨拶しましたぁ!(^w^)



で。日進市に到着したのは11時。玉木さんとこじまさんと同着でした。それから会場に移動してからフォーラムが開始される直前まで、控え室で打ち合わせという名の「勉強会」。一緒に登壇する熊谷さんも川上さんも混じっての勉強会。

これがハンパなくステキ!相談支援のあり方から、全国各県の相談支援従事者研修の状況やらを玉木さんからお話頂き、また愛知県の話を聴いて頂き。贅沢極まりない時間となりました〜!



「いい旅 夢気分」みたいな。


で。基調講演。いつもの「玉木節」炸裂!最初こそ会場は爆笑の渦と化してましたが、内容が権利についてに変わっていくにつれ、玉木さんの語気が強くなり、熱い思いが込められていき、会場が水を打ったように静まり返る瞬間もたびたび起こりました。凄まじさ、を感じました。玉木さんの凄さを感じました。



で。続いては進行役に尾張圏域アドバイザーの川上さんと玉木さんに混ぜてもらう感じで、いつもの3人。まるでヨシコちゃんに「おやつ、あげないわよっ!」と叱られるトン平・チン平・カン太のよう。(∋_∈)


「いい旅 夢気分」みたいな。

この写真。会場にみえていた蒲郡市の鈴木さんが送って下さいました。感謝でございます~!

で。内容は。というか。3人組は、顔見知りばかりで楽〜な気持ちで挑んだのですが、一人『そんなこと許すかいっ!』の思いで挑んでみえた方が。誰あろう川上さんなんです!あらいや、こじまさんのブログ内容を細かくチェックしておみえで、その書き込みについて何かを突っ込んで質問されました…。『だから打ち合わせは簡単に済ましたのだ…』と思いました。『やられた…』とも。(≧ヘ≦)

ですが。もう片方で『これだけの思いで挑んでくれるから、尾張圏域の皆さんはひたすらに川上さんを信頼するんだ。』と確認しました。



で。3人は、やはり。それぞれのまちでの、それぞれの実践しかお話することは出来ませんので、そこんところは会場の皆さんと共有出来るよう、しっかりと、丁寧にお話をさせて頂きました。

特に、相談支援事業のあり方や自立支援協議会の重要性に関しては、3者とも熱く語りました。人口規模の違いはありながらも、それに向かうプロセスは大きく違わないことを、ここでも確認しました。

そう。田原市の実践をお話した後、会場から拍手を頂いたのメチャクチャ嬉しかったですし、それをまた玉木さんが拾って下さり褒めて頂いたこと。泣きそうでした。「チーム白井」BOSSはじめ、メンバー一同の顔が浮かびました。メチャクチャ感謝感激でした。



4時半を少し回ったところでフォーラムは終了。登壇させて頂いた、あらいが言うの何なんですが「良い」フォーラムだったと思います。川上さんは何度も「贅沢なメンバーで!」と繰り返して下さいましたが、皆さんにとって我らごときが贅沢かどうかはさて置き、アドバイザーもコーディネーターも含め個性立つメンバーでの語らいは、やはり面白かったです!やってる我らはメチャクチャ楽しかったです!終わらなきゃいいなぁ、なんて思ったりしました。

そう思える。あらいにとっては「贅沢な」メンバーでした。




で。あらいの「学び」は、まだ終わりません!当然、日進市の皆さんと懇親会でありますぅ!福祉課課長さんはじめ福祉課の皆さん、本日の主催、日進市障害者相談支援センターの皆さん、玉木さん、川上さんさんと我らトン吉チン平カンタ、蒲郡市から駆けつけてくれた鈴木さんの総勢13名で!ワイワイと。賑やかに。

ここでは。こじまさんと2人、玉木さんから相談支援スピリットの注入を受けました。こちらの質問を丁寧に拾い答えて下さる玉木さんに、また感激。しかも、それが全く偉そうでなく、押し付けがましいのでもなく。

なんせ福祉課課長さんが「仲が良いんですね。」と仰った後、こじまさんから「本当は我らとこんな風に飲んでもらえる人じゃないんですよぉ。」と説明した後の課長さんの驚いた顔が、その時の玉木さんの「姿勢」を物語っていると思います。玉木さん。同じ「相談支援専門員」として、同じ悩みを持つ者として。我らに助言下さいました。感激という言葉が正しいと思います。


「いい旅 夢気分」みたいな。


楽しい時間も必ず終わりはきます。この懇親会も例外ではなく。玉木さんの熱さと、川上さんの熱さを、あらためて学んだ企画は終わります。熊谷さんと こじまさんとの語らいの楽しさを再確認した企画は終わります。正直『もう」ちょこっと!』って思いました。

皆さんで記念撮影し、今後の日進市障害者相談支援センターの活躍を祈念し一本締めし、そんで最後に玉木さんからいつものように「盗撮やぁ〜!」と言われ〜(^w^)、閉会しました〜!


「いい旅 夢気分」みたいな。


とにかく。楽しく学んだ1日となりました。こんなステキな時間を提供下さった日進市障害者相談支援センターの皆さんに感謝いたします。企画から実施まで、さぞかし大変だったことと思います。本当にご苦労さまでした。ので、あれくらいの「酔っ払い」状態は、許されますから〜!`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

ですが。本当の「闘い」は、聴いちゃった「今」から!ですよね。頑張って下さいね。また行きますね。日進市。熊谷さんが「ダメ!」って言ったら、そん時は、よろしくお願いしますね~!




それにしても。日進市。遠かったぁ…。車ならひとっ走りなのに。同じ名鉄なのに2回も乗り換えした。っていうか、田原市からだと渥美線も含め3回も乗り換えした。同じ愛知県なのに…。(◎o◎)

気分はすっかり、テレビ番組の「いい旅夢気分」みないな。



arai

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年10月10日 (日)

思春期


昨夜は。夜7時から「villaうぇ〜ぶ」で、茶話会ならぬ「食話会」を開催しましたぁ!お相手は、田原市手をつなぐ育成会「きららクラブ」の皆さん。基本的には学齢期のお子さんの会。毎月第2日曜日に、ふぃ〜る工房の文化活動を利用して下さっています。これも早いもので、もう5年目だと。いつもいつもですが、時は過ぎてしまうと早いものですね。

で。何で。これを「やる」ことになったか。ですが。



先月の文化活動終わりに、いつものように お母さま方と雑談。皆さんから「忙しそうですなぁ〜。」と。で、あれこれ話をしているうちに「ミニ相談会」の様相。で、あらいから「なに〜、もっと早く相談してくれりゃあいいのにぃ〜。」と。と、たいままさんから「だってぇ!あんた忙しそうじゃん!悪いかやぁ〜って思うじゃ〜ん!」と。それに無言で頷く お母さま方の顔・顔・顔…。

『いかーんっ!(`o´)』とメチャクチャ強く思った あらい。『遠慮させてしまっていた…』という自分に対する嫌悪も。あぁ…ダメダメだ…。とも。帰宅してからも その思いは晴れることはなく…。すぐさま あらいを叱って下さった たいままさんにメールをし、この会の開催に。ってことなんです。



で。villaスタッフ 吉田さんの渾身(大袈裟か…)のコース料理を頂きながら、雑談から始まり、昔話を経て、現在の悩みやら これからの不安やら。皆さん、こんなに たくさん悩んでみえたんだなぁ、と思うと罪悪感でイッパイになりました。だから。一生懸命お答えしました。

内容は詳しく書けませんが。やはり学齢期のお子さんがみえるお母さま軍団ですので、卒後の進路に関するものと、男の子の性に関するものが多くありました。中でも、性に関するものは、お母さん方もテレもありモジモジとした質問でしたが、逆に、これってメチャクチャ大事な話なんで、「しっかりと!」お話させて頂きました。そう、大事だからこそ。テレずに。はっきりと。(^_^)v



終了は10時。話し倒した、聴きまくった時間、ナント!3時間。お母さま方の不安を和らげることが出来たか。あらいにははかることは出来ませんが、何より、誰より あらい自身が勉強をさせて頂くことが出来た。そんな時間となりました。

勿論!「聴く」だけではダメで、聴いたからには「知った」からには、しっかりと「応えて」いかなければならない!ですから、聴いたこれからの方が大変であります。が、これも「やり甲斐」に変えて邁進していきますよ〜!(`∇´ゞ



で。今日 朝一から。その「きららクラブ」。お母さま方から お礼を言われ、こちらこそとお礼返しをし、会場にみえる お坊ちゃまと お嬢さまとの真剣バトル。ギター一本で挑みます。「盛り上がったら」あらいの勝ち。「盛り上がらなかったら」あらいの負け。です。

昼前。汗だくの あらい。昨夜の話を受けてのみんなとの時間に、しみじみ『大きくなったなぁ。』と成長を実感しながら、みんなとのバトル「圧勝」で、心地良い汗でありました。(^_^)v


思春期


あっ。写真は、夜の「villaうぇ〜ぶ」です。ご本人さんが「色あそび」で楽しんだ「作品」を加工して作った行灯の、何とも優しい灯りと、会話を邪魔しない心地良いジャズが流れる中で、のんびりと食事。

皆さん。ぜひ一度おためし下さい。って要予約ですが…。m(_ _)m


あっ。追記。

たいままさま。
無事に終えました。次、必ずやりますから。
早く良くなって下さいませ。否、速く!(v^ー゜)



 arai

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月 9日 (土)

「明日」を語る


本日は。久しぶりに安城市へ。「たまには遊んでよぉ〜!」に 応えて下さった人数、なんと15名!驚くばかりの あらいでしたぁ。


で。今夜、話をしていて実感させられたことは、自立支援協議会自体、ごく一部の限られた人たちの「世界」であって、日々、利用者さんの支援に奔走する「現場」は、無縁である!と、感じてしまう、そんな危険を孕んでいる。と。

で。あらいからは。現場を支えてみえる皆さんに対し、皆さんの日々の業務が自立支援協議会と密接な関係があり、特別な人間だけが行う特別な会議だけが自立支援協議会ではない、ってことをお伝えしました。皆さん、大きく頷いて下さったことに『来て良かったよぉ〜!』を実感しました。(^_^)v



で、この宴。場所を変えて終電まで。盛り上がりましたよ!
この安城市の皆さん。ご存じの方も多いとは思いますが「障福ネット」という、任意の啓発・啓蒙団体を形成してみえます。日々の業務に追われる施設長や幹部の皆さんで。そんな熱い まちの皆さんとの語らいです。熱くないわけがなく。盛り上がらないわけもなく。(≧ε≦)


「明日」を語る


特に!黒川さんが熱く語る姿は「いつもの!」って感じで、こちらも引火するのですが、まるくてさんが ご自身の思いを訥々と語る姿に、なんだか感激しました。それと、「自立支援協議会は別世界に感じる、という職員さんに、どういうものか分かるように話して欲しいんです!」と必死で訴える姿にも。「安城はひとつ」を感じました。



話はいろいろ脱線しました。爆笑に次ぐ爆笑でしたから〜!(*^o^*) ですが、内容自体は、終始一貫「明日の安城市」について。これはブレることはありませんでした。まるくてさんや、黒川さん、高野さんは管理者として。いいのさんや 高橋さん、早川さんはじめ皆さんは現場の人間として、しっかりと「明日」の安城市を語ってみえました。

っていっても。役割は違うのですよ。でも。お一人お一人の生きづらさを抽出することが、このまちの(安城市)の自立支援協議会を活性化させていくことに繋がること、これを みんなで確認出来た、そんなステキな時間となりました。



安城市の皆さ〜ん!これに懲りず また誘って下さいませませ!



 arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月 6日 (水)

控え室

本日は(も)、朝一から名古屋市へ。ご紹介しております通り

「平成22年度 愛知県サービス管理責任者研修 全体講義」

に。力不足を知りつつ、断ることが出来ない条件でありましたので、若輩者は壇上で お話させて頂きました。

断れない理由は3つ。一つは、山田優さん、鈴木智敦さんが講義をすること。二つめは、岩崎 松下さんからの声掛けであったこと。三つめは、一緒に声が掛かったのがメグだったってこと。で。本日の会場は。ウィルあいち 大ホール。受講者の方、メチャクチャ大勢みえ、驚きましたわ!知った顔も大勢でしたし。(◎o◎)


控え室


講義は。まず智さん。「障害者自立支援法とサービス管理責任者の役割」続いては、優さん。「サービス提供のプロセスと管理」。

で、あらいの出番は。というと。最後のコマ「サービス提供者と関係機関の連携」。これも優さんが担当で、ここの「実践報告」を 半田市メグと あらいが担当させて頂きました。(^。^;)


控え室


この日が来るまでに。メグと何本の電話を交わしたか。何本のメールを交わしたか。じっくり、しっかり話しました。っていうか打ち合わせをしました。提出資料も。話す内容も。役割分担も。
それもこれも、理由は簡単明瞭。それくらい「優さん」の後に、一緒に話すのが「こわい」からでありまして…。皆さん、想像してみて下さい。あの優さんですよ…。



で。我らに与えられた時間は40分ずつ。
この時間内で、それぞれのまちの実践を事例を通じて話すのは難しい。と、感じた我らは役割分担をしました。

前半のメグは、3つの事例を通じ、正に関係機関の連携の重要性を伝え、その共通の証は個別支援計画であったこと。更には解決出来ない事例を出して「こういったものが自立支援協議会に繋がる。これは後半のあらいから。」で、みごとに纏められました。

で、それを受けての後半。あらいは、田原市自立支援協議会の例に、そして事例一つ一つが自立支援協議会に繋がった様を、またそこで出来上がっていた連携の様をお話し、その共通の証が個別支援計画であったこと。これがまちの福祉力を高めたことをお話しました。


控え室


2人で、終始一貫お伝えしたことは、個別支援計画の重要性と、その作成は「聴くこと」であり、その聴かせて頂いたご本人の思いを叶えるため手段が、しっかりと個別支援計画に書き込められないと「いけない」ということです。

っていうか、これ。ご本人さんとの約束事ですもんね。ご本人さんが「何してくれるのか分からない?」なんて、ありえないっすもんね!「こんなことたのんでないし!」なんていうのは もっての他ですもんね!だ・か・ら「印鑑」を頂くのですもんね!



話し終えた2人。頭の中は「真っ白」。燃え尽きました。と、優さん。「忙しいとこ悪いけど、ちょっと時間、もらえるぅ?控え室に来てくれるぅ。」と。『…?叱られる…。』の2人。控え室に入ると。開口一番「良かったよぉ〜。リアリティのある話でさぁ。ああいう話がいいよなぁ〜。いや〜良かったよぉ〜。」と。

優さんに褒められた記憶の無いあらいは、しばし呆然。次の瞬間『ヤバイ。泣く。』と、感じ、必死に堪えました。嬉しかったです。



この後も。メグと2人、優さんにお褒めの言葉を頂戴し。更には、デカい宿題も頂き…。メグとあらいの武者修行は終わりました。



でね。今日一日。控え室で。朝一番、智さんと2人きりでお話。意見交換。って言っても、あらいが 一方的にお話をさせて頂き、智さんが答えて下さる。更に突っ込んで教えて下さる。いわゆるマンツーマンの学習塾のような状況に『ぜいたくや〜。(*^o^*)』を実感する時間。

昼休みには、優さんと2人きりで講義の内容確認と役割分担を確認した後、県の研修のあり方やらを。で、その後は、今の田原市福祉の話をしました。聴いて下さいました。「田原市は「聴いちゃったよねぇ〜!」という優さんから頂いたあの言葉が、今でも合い言葉になってますよぉ。」と伝えると、嬉しそうに笑って下さいました。(^_^)v
そして、「田原。頑張ってるねぇ。闘ってるんやなぁ。」とも。感激で、目の前の優さんが 滲んでいました。

最後は出待ちのメグと2人きりの控え室。優さんと一緒に壇上に上がるプレッシャーと闘いながら、それでも2人でギリギリまで 足掻きました。足掻きながらも それぞれが考える相談支援専門員とは、自立支援協議会とは、そして「これから」を語り合った後、「ふっ」と現実に戻され「コワイね…」を、数回繰り返しました。



これは控え室を出て、優さんの話を聴く舞台袖でも続き。メグは「あしたのジョー」ばりに黄昏。あらいと、いっぱいいっぱいを共有する、これまたステキな(?)時間でした。(゜∇゜)



でも。この一枚。良くないっすか?メグのマジメな一面です。
でも。我らにとって、優さんは こういう存在なんです。


控え室


サビ管研修という武者修行を終えた今、思うことは。今日 受講された400名の方々より、あらいの控え室での勉強の方が数倍、否、数万倍 勉強することが出来た、メチャクチャ ステキな時間となりました。このステキな機会を与えて下さった皆さんに感謝致します。本当に、ありがとうございました。


そして。メグさま。
本日はお疲れさまでした。と、ありがとうございました。相方がメグで救われました。あれだけ連携の結果が「ビシッ」と出ると気持ち良いね!厳しかったけど、楽しめました。メグのおかげですわ。感謝。




追記

そうそう。控えから出るとロビーに江尻さんがおみえになり、我らの労を労って下さいました。お偉い方ですのに、勿体ない〜!

で。あらいが「あれこれやらされ、罰ゲームのような一年っすよぉ!」と愚痴ると、間髪入れず「2人のグループを受け持った罰ゲームに比べたら〜!ふふっ。」と笑われました。

そうなんですよね!一昨年、あらいはメグと一緒に現任研修を受講したのですが、その際のグループ講師が「江尻さん」だったんです!江尻さんとお会いすると必ず その話に。本気で面倒なヤツらだったんでしょうね〜!`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

メグと2人、江尻さんに「江尻先生の おかげさまで。ここまでになりましたぁ〜!」と深々と頭を下げ、「勘弁してよぉ!」のお言葉を頂戴しお別れ。「今度はお酒の席で!」と約束してお別れ。



学びの多い、刺激の多い一日でした。ステキな一日でした。



 arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月 5日 (火)

白熱


本日は、来週 行われる「相談支援従事者初任者研修 全体研修」2日間の打ち合わせに参加しました。これ。以前から ご紹介していますが、基本的には こじまさんと あらいが講義を担うことになっておりまして。2人ともマジで泣きそうになっておりまして。(u_u。)


で。全体打ち合わせ前に。こじまさんと2人で打ち合わせ…。県庁近くのデッカイ病院のレストランで、昼食を兼ねながらの打ち合わせ前の打ち合わせ。

で。こじまさんが一言。「パスタランチの大盛。半端じゃなく、スゴく多いんすよねぇ。」と。この一言で「田原魂」に火が着く。脳裏に、ぶっちゃけ!のぐちの『あらいさん。負けっすかぁ〜!マジ、ヤバくねぇ〜すかぁ〜。』の声が響く…。

当然、あらいは。「大盛で!」と注文。こじまさんを道連れにして!
で、見て下さい!この量。マジで「パねぇす!(「半端ないですね」の、のぐち語)」。向こうに見えるご飯が普通に一膳分…。


白熱


田原市の皆さん。申し訳ない…。負けました…。残してしまいました…。名古屋。「マジ、ヤバいっす!パねぇす!」”(ノ><)ノ

張り裂けんばかりに膨れ上がったお腹を押さえつつ、四十過ぎのオジサン2人は苦悩の表情で県庁へ。全体打ち合わせの会場へ。




で。打ち合わせ。2日間のカリキュラム「ミスポジション論」「ケアマネの展開」について議論。

共通事例のロールプレーの方法や内容についてや、演習の実施方法や講師の担当。また、課題の出し方や、地区別研修までの受講者の課題についても、細部に渡り議論。「白熱」という言葉が しっくりくる、そんな議論が3時間。(*^ー゚)b

ロールプレーを演じる熊谷さんと大木さん。熊谷さんはアセスメントとB・Cシートの作成、大木さんはロールプレーの台本作成。メグは事例提供者として熱心にアドバイス。県の担当職員 加藤さんも、他の講師の皆さんも、一つ一つを丁寧にアドバイス。しかも、一つ一つが鋭い!




以前にも書きましたが。あらためて書きます。
今年のメンバーに「チーム」を感じます。誰一人「他人事」だと考えておらず、みんな「自分事」として考え、意見を交わしていました。



来週水曜日。いよいよ全体研修です。その日まで、ギリギリまで、我らは あえぎます。最後の最後まで「良い研修」を皆さんにお届け出来るよう、精一杯、目一杯、頑張ります!(  ̄^ ̄)ゞ



 arai

| | コメント (4) | トラックバック (0)

協調と協働


本日夕方、総合相談センターを いつものように、相談支援専門員が「寄ってたかって」。写真は、こうまま先生に「新たな」お願いをするのに『失礼がないようにするには、どうするべきか?』を、田原市社協さんの窓口で、真剣に悩む若輩相談支援専門員軍団。あっ。これには勿論!あらいも含まれますから〜。

でも。いつ見ても気持ちがイイ!4つの法人の相談支援専門員が、同じ課題に取り組む姿。協調と協働がここにはあります!(^_^)v


協調と協働


で。6時。いつもより大幅に早くあがり。向かった先は豊橋駅。待ち合わせです。遅れてはいけない、あらいごときが待たせてはいけない皆さんとの待ち合わせ。お相手は。

懐かしい話になりますが、1年半前に解散をした東三河障害福祉研究会の鈴木さん、江川さん、近藤さんと、スペシャルゲストと岩崎学園 松下さんと同朋大 手嶋さん。という、なんともデカイというか、スゲェ皆さんとの待ち合わせ。ねっ。遅刻は許されないでしょ…。



で。今夜は。このスゲェ皆さんとの語らい。鈴木さんは ご存知の通り、今 あらいに相談支援とは何ぞやを説いて下さる方。江川さんは、相談支援・身体療護施設長を歴任した猛者。あらいに相談支援を最初に教えて下さった方。松下さんは、「子ども」のスペシャリスト。しかも若干36歳という若さでありながら県福祉協会の副会長。

そして。手嶋さんは、相談支援のパイオニアでありながら、現在は同朋大で「学問」の分野から福祉の人材育成を。近藤さんは、あの大村ひであき代議士の懐刀として、我ら福祉に関わる者の思いを共有される方。

なんて豪華なメンバーでの飲み会、語らいの時間なんでしょ!



話題は。東三河の福祉についてであったことは言うまでもなく。更には、明後日に開催される県サビ管研修についてや、相談支援研修についても、侃々諤々と話をしました〜!

特に、手嶋さんは県福祉協会の顧問、松下さんは幹部ってこともあり、この後 続々とあるサビ管研修に関しては盛り上がりましたよ〜。あらいは、あんなに熱く福祉を語る松下さんを見るのは初めて、ってくらいの姿を目の当たりにし、マジで感動しました。以前にも書きましたが、明後日のサビ管研修。松下さんからのお誘いでなければお断りしていた、というのは「本心」ですから。

まぁ、後は。騒ぎましたよぉ。時折「過激な」話もありながら!面白かったっすわ〜。こんなんなら毎晩でもいいなぁ〜!(≧∇≦)


協調と協働


洒落た うどん屋さんで、これまた洒落たツマミを頂きながらの語らいを終え。当然!このままで終わるはずもなく二次会へ。そしてそして、当然!終電まで飲み語らいました。メチャクチャ勉強になりました。だって。そりゃあそうっすよね〜。これだけスペシャリストが集まっての飲み会っすから、盛り上がらないわけがないっ!ってもんですわ〜。(^_^)v



今を確認し、明日を語りました。各分野、若干、少しずつ違いはしますが目指すものは全く変わらない。プロセスも変わらない。協調し、協働していける。そんな東三河の盛り上がりは、決して「与えられたもの」ではなく、皆で「勝ち取ってきたもの」であることを確認出来た。そんなステキな時間でありました〜!はい〜!



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 3日 (日)

10円玉


本日は。親友の鈴木あきのりさんに「京都に行くべ。あそびに行くべ!」と誘われて、あきさんの友達 350人を超える皆さんとバス9台に分乗して、京都府は宇治の「平等院」へ「あそびに」言ってまいりましたぁ。はは。(^_^;)

平等院。
良くご存知の「10円玉」にデザインされてる例のヤツです。


10円玉



で。お昼は。今年の春、これまた親友である近藤さんに誘われて、お友達200人とご一緒した、坂本竜馬の墓参りの帰りに寄った琵琶湖畔の大きなホテルで、リッチなランチでありました〜。(*^o^*)


10円玉



あきさん。来年春、市民の皆さんの審判を仰ぎます。きちんと仕事をしたか?皆さんのお役に立ったか?未来について語ってきたか?

今日、ご一緒した友人と一緒に「まだまだやったけど、やることは「しっかりと」やったで。嘘はつかなかったで。」と伝えていきたいと思います。口下手な彼に代わって、しっかりと伝えていきます。



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 2日 (土)

買い物カゴ


ちょびっと『疲れたなぁ…』と思っていたら、
こんな写メが家から届きました。


買い物カゴ


『頑張らないとっ!』に変わりました。

それにしても。買い物カゴって…。



arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月 1日 (金)

自分が「決める」

あらいが大事にしている言葉は2つあります。


雲上人から頂いた「諦めない運動」。
優さんから頂いた「聴くことが権利擁護」。

これは。難しくない。



「諦めない運動」は、ボクが諦めない限り続いていく。
「聴くことを」諦めない限り、権利は護っていける。
諦めることは。自分が「諦める」と決めた時。決まる。



だから。ボクは。
絶対に「諦めない」。絶対にだ。

今夜。1人のお父さんとの語らいの中で、
はっきりと認識しました。



 arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »