« 年度末ですね | トップページ | 新体制 »

2011年3月 9日 (水)

重い会議


本日午後は、田原市要保護対策地域協議会に参加しました。

この会議、直接「障害福祉」という訳ではないのですが、なぜ子どもを虐待してしまうのか解らない親、他の子どもと違う成長をする我が子をどう育んでいいか解らない親、その親自身もどう生きていけばよいか解らない。そんな方が たくさんみえます。

この会議の目的と、あらいが担う相談支援機能強化員の職務と共通するのは、やはり「生きづらさの解決」であると感じています。

その「生きづらさの解決」を導く中でも、重さに耐え難い事例があります。厳しい現実を突きつけられる事例があります。「命」の重さを、痛切に感じる事例があります。つらく、厳しい仕事です。



夕方。重い空気を纏い、総合相談センターに戻りました。いとうリーダーが担当する方の支援会議。相談支援専門員3人と福祉課2人で。

内容は、「アセスメントの重要性」「ニーズの確認」「支援計画の作成」というケアマネジメントの基本の確認、そして「本人主体」という相談支援事業の基本を確認した、そんな時間となりました。(・∀・)イイ!



その後も。熱血柴田さんから「学校介助員派遣事業」に関するもの、ぐふ!ふじたさんから「社会資源の開発・改善」に関するもの。と、こちらはこちらで別の重さを感じる内容に、相当「図太い」あらいですが、さすがに折れそうになりました。

「折れそうに」ですよ。折れてないですよ。
「折れない」、「折れられない」理由があります。



田原市障害者総合相談センターがあるからです。



今日一日を、自身の事業で、自身一人で処理(メンタルを含めてですよ。)しようとしていたら、耐えられなかったかも知れない。それが、このセンターがあるおかげで、他事業所や行政と「共有」出来、「協働」出来るのですから、互いが互いを支え合っているのですから、やはり折れる訳にはいかないです。
あらてめて。「チーム白井」に感謝です。BOSSに感謝です。

国がイメージする「基幹型相談センター」って、「形」や「仕組み」みたいなものではなく、こういう形の無い「思い」というか「使命」みないなものの共有、なんじゃないかなぁ、なんて漠然と思いました。



何だか難しくなってきたなぁ。ヤバいなぁ。早く寝よ。(-.-)zzZ



 arai

|

« 年度末ですね | トップページ | 新体制 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 重い会議:

« 年度末ですね | トップページ | 新体制 »