« 社会福祉法 第6章 | トップページ | 優れもの »

2011年6月13日 (月)

「乾杯」の発声


本日は朝一から名古屋へ。アスペ・エルデの会が音頭取りとなり開催された「障害のある方との共生社会を実現するための市民フォーラム」に、かみやさんと いとうリーダー、ぐふ!ふじたさんと一緒に参加してまいりました〜!「共生」と銘打たれたら、行くっきゃない!

しかも!これ日本財団の助成事業であり、全国地域支援ネットワークもバックアップ。「雲上人」田中代表と副代表の北岡さん、戸枝さんが登壇。そして日進市熊谷さんが「師匠」と慕う日本発達支援ネットワークの辻井さんも。更には「つなぎ法」制定の大功労者 自民党「漢」衛藤晟一議員、公明党 高木議員、民主党 中根議員という「本物」の政治家の皆さんも登壇。という豪華絢爛な布陣のフォーラムなんです〜!(≧∇≦)



で、フォーラムは厚労省企画課 中島課長の行政説明。何だろう。今まで、本当にたくさんの厚労省の方の話を聴いてきましたが、中でも相当「耳障りが良い」というか「歯切れが良い」というか。スカーッ!としました。言うことは言う。ダメなものはダメ。みたいな。


で、続いては。雲上人、戸枝さん、辻井さんの「鼎談・災害と障害者支援〜障害者基本法改正から総合福祉法へいくのか?〜」。


「乾杯」の発声


発災直後に被災地入りし、精力的に被災地支援に奔走した お三方からの生々しい活動報告。「個性」と一括りにしてはいけないとは存じますが、雲上人と戸枝さんを良く知る あらいとして、お二人の活動ぶりが「適材適所」を感じるものでした。決して 上から見ているなんて訳はなく、お二人を尊敬していればこそ「らしい〜!」と感激しましたぁ!(^_^)v

しかし。この「強者」お二人を、しっかりコーディネートする辻井さんのポテンシャルの高さにも、やはり感激しましたぁ!ステキっす!




で。午後は政治セッション。午後は戸枝さんも一緒にお勉強。


「乾杯」の発声


「政治と福祉〜これからのこの国の障害福祉の形」

どこまで書いてよいのか…。お伝えしたいことは、国政の混乱状態を象徴するかの大連立騒動。少なくとも、このお三方には全くの無縁であることが確認出来たことと、今週中に「障害者基本法」と「障害者虐待防止法」に関して、大きな決断が下されることと、月末には総合福祉部会作業チームから出された、第2期報告・討議に対する厚労省からのコメントが出されるってこと。

シンポジウム中、ずーっとですが、熱く熱く語り続けるお三方に、やはり本物の政治家をみました。本当に格好良かったです。(*^o^*)



最後のシンポジウムは、僭越ながら、力不足ながら、お門違いながら、あらいめも舞台にあがらせて頂きました…。お恥ずかしい…。
愛知県内の当事者、事業者の各種団体が登壇して「これから地域で生きてゆく上で大切な事について」に、愛知県相談支援専門員協会役員として、若輩者ながらお話させて頂きました。各団体、それぞれの活動内容や要望を短い時間でありましたが、しっかり語ってみえました。

で。あらいからは。「相談支援事業 従事者の配置要件について」お話させて頂きました。ようは「相談支援員は「専従」、サビ管は「専任」。この二者が「兼務」可能であると取られる、厚労省資料の改善」を、本物の政治家の皆さんに訴えさせて頂きました。

これに対して、つなぎ法成立の立役者であるお三方の「扇の要」と称されている、公明党 高木議員からご返答を頂けました。
「これは大事な問題ですから、持って帰ります。」と言われた後、「ニコッ」と笑みを浮かべて下さいました。感激しましたぁ!



5時。若干 時間をオーバーしましたが、豪華絢爛で、しかも充実したフォーラムは終了。一日を通し、登壇する全ての方から「相談支援事業の重要性」が語られていました。やり甲斐を感じると思いつつ、その職責の大きさ・重さに身が引き締まりました。頑張ります!

で。その後は。実行委員会と豪華絢爛講師陣との交流会に、図々しくも我ら4人は参加させて頂きました〜!もう感激〜!なんて思っていたら、大きな落とし穴が あらいを待っておりましたぁ…。

会場入りするや否や(as soon as)、雲上人が あらいを見つけ「あっ。いた。あらい君、乾杯の発生。よろしくね!」と。雲上人に泣いてすがり「ご勘弁を〜!」とお伝えしましたが、軽く「あらい君も それくらいの時期だからさ。」と。『え?罰ゲームのでしょうか?』と思う 新井でした。はは。(・_・;)
が。逆らえません。雲上人ですもん。一生ついていきますから…。だから。泣きながら務めました…。「乾杯」の発声。もう しません。



その後。あらいは日進市熊谷さんやら名東区ながたさんやらとお話。


「乾杯」の発声


いとうリーダーと ぐふ!ふじたさんは 高木議員に聴かれた「相談支援の実情」を ド真面目に返答。かみやといえば、久しぶりに衛藤議員とお会いし盛り上がり、調子にノリ 腕を組み記念撮影…。


「乾杯」の発声



朝8時に家を出て、帰宅は終電の11時半過ぎでした。今日も今日とて たくさん勉強しました。たくさん語りました。たくさん飲みました!



 arai

|

« 社会福祉法 第6章 | トップページ | 優れもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「乾杯」の発声:

« 社会福祉法 第6章 | トップページ | 優れもの »