« 「一定のメド」 | トップページ | 「子ども」の一日 »

2011年6月 7日 (火)

「長」として


皆さんご存知の通り、来年度は、相談支援事業にとって大きな変革期にあたります。障害のある方の地域生活にとって、相談支援は重要であることが明確にされ、また その職責も増していきます。

人に とやかく言える人間ではないのですが、役目として、長として、嫌われても、恨まれても、言わなければいけない時があります。

今年一年。あらいにとって、そんな厳しい一年になりそうです。



朝一で「OJT」。「相談者の目線でいるか?」「お気持ちを察してでかけるのか?」「準備は整っているか?」。やはり、我らは ご本人から、事例から学ぶ。OJTする側も、される側も、双方が厳しい顔になるが、ひとえに「寄り添う」支援のため学ぶ。

午後は、相談支援会議。データ管理とフォーマットの改良等、侃々諤々やりあう。これって大事だと思う。みんなの思いが確認できると同時に、それぞれの長所と、そして「弱点」が浮き彫りになるから。だから、顔を合わせ議論することが大事なのだ。


「センター長」として


しっかりと職責を全うします。この仲間と一緒に、しっかりと障害のある方と そのご家族に寄り添っていきます。



 arai

|

« 「一定のメド」 | トップページ | 「子ども」の一日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「長」として:

« 「一定のメド」 | トップページ | 「子ども」の一日 »