« 「名残惜しいよね。」 | トップページ | 本当に重要とお考えか? »

2011年6月30日 (木)

「緑のまち」の実践


本日は、田原市手をつなぐ育成会 主催の視察研修に、泣いてすがって連れて行ってもらいました〜!「勉強したいですぅ。(T_T)」って。 8時40分、権現の森に集合。育成会の皆さんと関係者20人に福祉課 宮川課長と ぐふ!ふじたさんも ご一緒に、バス一台に乗り込んで。で。向かった先は新城市。目的地は…


(社福)新城福祉会 レインボーはうす。BOSS は 長坂宏さん
ご存じ、あらいの良き理解者。尊敬する先輩。「漢」です。


あらいはよく田原市を「青のまち」と、新城市を「緑のまち」と称しています。このことは、ここへあそびに来て下さる方なら皆さん ご存じのことかと思います。周りを海に囲まれる「青のまち」と山に囲まれる「緑のまち」。どちらも過疎のまち。

が。長坂さんと あらいの取り組みは大きく違っています。長坂さんのミッションは、正に「社会資源の創出」であり、あらいは「相談支援・自立支援協議会の体制整備」であります。ですが、共通するキーワードは「ノーマライゼーション」であります。これは全く変わりません。



11時少し前に目的地 レインボーはうすに到着。で、玄関先で あらいの顔を見付け、驚きをガマン出来ず、思わず笑ってしまった!って感じの長坂さんにご挨拶。実は、今日お邪魔することは内緒にしていたんでぇ。まずは成功。中に通して頂き、会場へ。そこには 就労サビ管 わたなべさんが。同じく あらいを見付け「おぉーっ!」と驚かれ。これだけでもう『今日来た甲斐があったってもんだ!』と思う あらいでありましたぁ。(^w^)


「緑のまち」の実践


まずは。長坂さんからレインボーはうすの事業説明。これがスゴイ!

日中支援として「生活介護事業」「就労移行事業」を実施、来月からは「就労B型事業」も 開始。しかも「ジョブコーチ事業」も!何とも至れり尽くせり。グループ・ケアホームは現在7箇所。うち1箇所は重度の方も利用可能。近々には もう1箇所 開所。これに「居宅介護事業」、「相談支援事業」、「短期入所事業」を実施してみえます。



驚かされるのは。これだけの事業展開を「たった6年」で作り上げたことです。これだけの事業を支えるスタッフを「たった6年」で育て上げたことです。この驚きは言葉に出来ません。「社会資源の創出」が使命であった長坂さんの実践であります。


「緑のまち」の実践


でね。長坂さんが配られた資料に、古い手書きのものが。平成14年3月、新城福祉会設立に動き始めた際に作成された「福祉ビジョン(案)」です。育成会さんが中心となって作成されたものです。長坂さんはじめレインボーはうすの皆さんは、この「ビジョン」を追いかけているんです。何度か目にしていますが、見る度これには感動します。



その後は。就労サビ管 わたなべさんからレインボーはうすの日中支援の説明。久しぶりに見る わたなべさんの仕事ぶりでしたが、なかなかどうして立派なもので、すでに10名を超える方を一般就労に導いてみえるそう。

しかも、就職が決まればお祝い会を開き、そこには先輩(先にレインボーはうすを卒業された方々)にも 声を掛けているそう。「30人の飲み会の10人がご本人さんで、そのうち新城ではやれる店(規模の問題)が無くなるんじゃ〜なんて心配してるんですぅ~。」と、ドヤ顔をする わたなべさんに、若干の殺意を覚えました。щ(゚Д゚щ)カモォォォン


「緑のまち」の実践


が。マジで。ステキなことです。素晴らしいです。(*^o^*) 

と。何だか。立派に、ステキに、お母さん方にお話するわたなべさんの姿に。そして、しっかりとノーマライゼーションを語るわたなべさんの姿に。迂闊にも泣きそうになりました。立派に育ちました。立派に育てて頂きました。格好良かったよ。マジで。

で。お昼にレインボーはうす「昼食工房」のお弁当を頂き、午後の視察。まずは、ケアホームに移動し サビ管 松原さんから説明を。この短期間に30人近くの方の生活の場を設け、その方々の支えの要である松原さんの話には、お母さん方は食い入るように聞き入ってみえました。お母さん方にとって、また田原市にとってもホームは切実な課題でありますから。



最後は。街中にある就労移行事業所「レインボーのお菓子屋さん」を視察し、お土産を買わせて頂き、一日の行程の終了であります。

たくさん学びました。「緑のまち」の実践を、まざまざと見せつけられました。何より、長坂さんのみならず、我らに ご説明下さった わたなべさん、松原さん、そして個々のスタッフ皆さんの「目の輝き」に、ある種の嫉妬を覚えました。まさに「人「財」育成」をみました。

障害のある方のニーズに、まちのニーズに応え続ける。そのまちの福祉の担い手として相応しい活動を続ける。たった6年でこの活動・活躍・結果です。さぞかしスタッフは走ったことでしょうね。素晴らしいです。社会福祉法人のあるべき姿ですよね。



この「緑のまち」の実践を目の当たりにした田原市のお母さま方は、どう感じられたのでしょうか。とても気になる あらいであります。



「緑のまち」の実践


バスを見送って下さった、わたなべさんと松原さんに「また半月後!」とご挨拶して帰路に着きました。が、あらいは、この実践を支えているスタッフ皆さんに、何をお伝えするのでしょう?不安です…。




追記

出来る男は仕事が早い!すでに 後頭部の男が!
http://blog.canpan.info/house77/archive/369#comments

田原市を「青のまち」と ご紹介下さっています。ありがたいです。
で。わたなべさん。その「スネ○」とやら、見たいものだね。(-゛-メ)



 arai

|

« 「名残惜しいよね。」 | トップページ | 本当に重要とお考えか? »

コメント

今日は遠くまでお越しいただきありがとうございました
まさか☆育成会様の見学にあらいさん、ふじたさんがいるとは。。。驚きでした

皆様の熱心な姿から、“青のまち”の意気込みを感じました

神谷さんからも早速、懐かしBOYの写メいただきましたョ。。。次こそ「スネ○」。今後の人生の楽しみの一つにしようと

16日は、こちらが勉強~させていただきますっ☆そのあとの久々も楽しみにしてます。ヨロシクです

投稿: わたなべ | 2011年6月30日 (木) 22時10分

今日も、本当に暑い中、ご参加いただき
ありがとうございました(v^-゚)

私は、レインボーはうすさん、初めてでしたので、感動の嵐でした。

会長からも、話が出ていましたが、箱物は準備出来ても、スタッフが…

そのとおり!だと思います。また、親として「そこ」が一番心配なところです。
そんな観点からみても、まさに「人財育成」
言葉にできないくらいの感動を肌で感じました。。。\^o^/

投稿: 晃くんか〜 | 2011年6月30日 (木) 22時11分

わたなべさま

今日は、本当に ありがとうございました!マジで勉強させて頂きましたし、たくさん刺激を頂戴しました。何より、お母さん方の反応の良さに、正直「メチャクチャ嬉しい~!」って感じでございます。;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

と。お世辞じゃなく。立派になられましたね。さぞかし、皆さんに大事に育てて頂いたことでしょうね。ご本人との関わりの密度と考える時間が、我ら支援者を育ててくれるんですもんね。そういった意味で、立派ですよ。

16日。メチャクチャ楽しみにしてますよ~!朝から水分を摂ることなく、当日の大役を終え、砂漠に水を撒くがごとく、生ビールを流し込みます!ゆえ、ご覚悟めされよ~!`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

晃くんか~さま

こちらこそ、お声かけ頂き、感謝感謝でございました!m(_ _)m

で。ぐふ!ふじたさんも晃くんか~さんと同様に、初めてのレインボーさんだったそうで、帰ってからの反省会?でも、何度も溜息を発していました。本当にステキな皆さんでしたよね!

で。花井会長や晃くんか~さんが仰る通り、もう「箱」の時代は終わったのだと思います。ようは中身が重要なんですよね。

仏を作ったら魂を込めないといけないんですよね。その事業所が「職員」のために存在するのではなく「障害のある方」のために存在するのだという「当たり前のこと」が最も重要なんですよね。

さすがです。さすが田原市手をつなぐ育成会 花井会長さまと役員さまです。スゲエっす!マジでパねえっす!(  ̄^ ̄)ゞ

投稿: あらい | 2011年7月 1日 (金) 00時05分

昨日はお疲れ様でした。

私も初めてだったので、感動しました。家のおぼっちゃまも、高等部卒業までに、三年きってしまいました。焦ります


一人前にスネ○は、あるのにね~

投稿: たいまま | 2011年7月 1日 (金) 21時56分

たいままさま

繰り返します。
そのスネ○を「剃ったら」、虐待です。(・A・)イクナイ

で。「三年をきった」ではなく「三年もある」ですよ。
たい君に聴きましょう。で、一緒に考えましょう~!
ノープロブレムですよ!心配ないですよ!( ̄ー ̄)ニヤリ

投稿: あらい | 2011年7月 1日 (金) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「緑のまち」の実践:

« 「名残惜しいよね。」 | トップページ | 本当に重要とお考えか? »