« 議論は尽きず | トップページ | こうまま限定 »

2011年8月24日 (水)

特別支援教育部会 夏季研修会


本日午後は、田原市内の特別支援学級のある小中学校の校長先生や担当教諭、コーディネーターの皆さんで組織する「特別支援教育部会」の夏季研修会にお招き頂き、2時間お話させて頂きましたぁ。いわゆる、田原市における「「教育」と「福祉」の連携」の一環です。

教育関係機関で お話させて頂く時のタイトルは基本 これ!



「本人と保護者の想いに寄り添う相談支援」
〜福祉を通してのまちづくり〜



30名を超える「特別支援教育」に関わる先生方で構成される部会の研修会ですから、生半可な気持ちで臨めるわけもなく。( ̄・・ ̄)

で。あまりに怖かったので、総合相談センターで あらいと目線を合わせまいと必死に「シカト」を決め込んでいた いとうリーダーを道連れにして、一緒に会場である童浦小へ移動。♪一人じゃないって~♪ですわ~!`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!


特別支援教育部会 夏季研修会


で。この部会の長は、「田原人権ファンクション委員会」で、あらいに人権を、教育を教えて下さった田原市立童浦小学校 間瀬校長。昨年来の「共生のまち田原市を考える会」フォーラムで、こうままや ほいっぷ中野Dr と一緒に、我らに共生と連携を説いて下さった、あの間瀬校長。

ですので。あらいごときが断れるはずもなく…。っていうか、怖さもメチャクチャありましたが、教育との連携が図れる こんな絶好機!逃して許されるはずもく!喜んで お話させて頂きに!でありますぅ。f^_^;

で。研修会の内容は。いつものごとく。って感じでしてぇ。
福祉施策の変遷と、田原市における教育と福祉の連携、支援計画作成の視点、そして権利擁護。福祉で話す内容と、今日 教育で話した内容に全く「差違」はなく。って 当たり前ですよね!目指すべきものは同じなんですもんね。(*^o^*)



これ以上は。主催者ではないので控えます。
が、午後2時からという時間での研修。普通なら「眠気」に勝てない方が出てもおかしくない時間にも関わらず、誰一人 ウトウトされる先生はみえず。 それどころか多くの先生が あらいの話に頷かれ、一生懸命メモを取られ、ある先生は涙を浮かべながら聴いて下さいました。感謝感激でありました。


特別支援教育部会 夏季研修会


あらいも、一生懸命お話させて頂きました。話すこちらとしても、学びの多い時間でした。最後の挨拶で副部長の校長先生から「悩んだ時、これから相談出来る人を、一人、見つけることが出来ました。」と言って頂けました。


マジで。涙腺、ヤバかったです。



でもね。あらいは本当に勉強してきたんです。研修前と後、間瀬校長と あらいを「見張り」にきた いとうリーダーと3人で語った校長室での時間は、メチャクチャ学びの時間となりましたし、ステキな時間となりました。言葉では言い表せません。間瀬校長、恐るべし!でありました。尊敬すべき教育者だと思いました。



また一歩、教育と福祉の連携は進んだと思いました。この機会を絶対にムダにすることなく、更に更に連携を深めていきたいと思います。今の田原市の教育機関の皆さんとなら、そして、この2者を繋ぐ行政と一緒なら、きっと「共生」の称号を勝ち取れると信じます。(^_^)v



 arai

|

« 議論は尽きず | トップページ | こうまま限定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 特別支援教育部会 夏季研修会:

« 議論は尽きず | トップページ | こうまま限定 »