« 共生フォーラム 3 | トップページ | 切迫感 »

2011年8月10日 (水)

「虐待」と呼ぶには


今日午後は、田原市要保護児童対策地域協議会に参加しました。

昨年4月に召集された この会議。参加当初は、ケースの多さと その支援の困難さに、ヘロヘロになっていました。目の前に、ごく普通にある普段あまり見ることのない「虐待」の二文字に。


「虐待」と呼ぶには


今でも その二文字に慣れることはありませんし、事の重大さに変わることはありません。が、今では資料に目を通さずとも名前を聞けば、そのケースの概要や背景が浮かぶようになりました。

これは決して良いこと、喜ばしいことではないんですよね。それぞれが困難なケースであるから、長期化しているってことですもんね。



更に。今日、新規ケースとしてあがったものは、虐待をしたとされる側が、自身で自身の命を絶とうとしたそう。

どんな理由があろうと、何人であろうと、自身でSOSを発することが上手く出来ない者の「心」や「体」を傷付けることは許されません。
が、しかし。頼る者もなく、どうすることも出来ず、ただただ一人苦悩し、自死を選択しようとした者の行為を、「虐待」という二文字で表記しなければいけないとは、あまりに切なく、悲しい。



でも。召集されたメンバーは必死です。事務局の子育て支援課を中心にしたメンバーは、誰一人 諦めることなく、必死で支えようと議論しています。

福祉も、教育も、保健も、地域も、行政機関も。みんな必死に。



 arai

|

« 共生フォーラム 3 | トップページ | 切迫感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「虐待」と呼ぶには:

« 共生フォーラム 3 | トップページ | 切迫感 »