« 現場ありき | トップページ | 「社会に出るということ」 »

2011年8月19日 (金)

「その他」の意味に


“戸枝イズム”を、否 、“喝!”入れられること5時間。
間違いなく、今夜は知恵熱が出る。否、うなされる。

この5時間を。
あらいごときでは、要約することなど出来る分けもなく。
ただ一つ。「看取りの場所」の「その他」の意味は



「検死が必要な死」であることに、衝撃を受けた。
そして、「その他」が、今後 急増するということに。



検死が必要な「死」


大きく。広く。そして深く考える戸枝さんに。
慢心することなく、真摯に職責に向かうことを誓った。

と。戸枝さんが「期待する」相談支援のカタチを、
とことん追い求めることも誓い、帰路に着いた。



 arai

|

« 現場ありき | トップページ | 「社会に出るということ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「その他」の意味に:

« 現場ありき | トップページ | 「社会に出るということ」 »