« あぁ。また3時。 | トップページ | 元気の「源」 »

2011年8月 3日 (水)

共に生き活きいきたいやん!


昨日午後は。

住民生活に光を注ぐ交付金事業 自殺・うつ予防対策
「精神障がいがあっても地域で共に生き活きしたいやん!」

を開催しましたぁ〜!で、その講師を、半田市障がい者相談支援センター 徳山勝さまが務めて下さいました。そう!いつもお世話になっている、あの「トクヤマさん」でありますぅ。(≧∇≦)


共に生き活きいきたいやん!


精神障がい者の支援は、難しくて困難とよく言われますが、何が難しく、何が困難なのか?そもそも本当に難しく困難なのか?を参加者全員で考える連続研修企画。

ふれあう機会が乏しいために、精神障がい者というだけで敬遠されがちになっていること、多く見聞きしませんか?うつ・自殺対策を考えた時、そんな誤解を取り除くことで、交流が生まれ、早期発見、早期医療へと繋がると考えます。「うつ・自殺対策」と大上段に構えるのではなく、ごく普通に、共に生きていく中で解決に導いていく、って企画です。
昨日を研修を皮きりに今年度末までに全3回開催されますぅ〜!



で。その第1回目の今日は、まずは「精神障がいの現状」をテーマに、社会的入院の現状をメインにした精神科医療についてと、医療モデルから社会モデルへ移行するための地域生活支援についてと、事例を通して現状を理解し、当たり前の生活を取り戻す必要性は。精神疾患を患ってみえる方の地域生活支援の重要性とお話頂き、更に地域生活支援スピリットを「注いで」頂きましたぁ〜!(*^o^*)

でね。この精神保健福祉の分野で「地域生活支援」を切り口に語って下さる語って、実は そんなに多くない。と思っています。そんな中、トクヤマさんは医療から地域福祉に「闘いの場」を移してきた方。そこから見えてきた疑問や不安、それに対し導き出した「福祉人」としての思いや答えを、明確に、そして的確に伝えられる方。

これって、やはり多くはいないと思っています。だからこそ、トクヤマさんに ご依頼させて頂いているんですよね。(^O^)

共に生き活きいきたいやん!


質疑応答の時間を経て、4時少し前に終了しました。3回連続研修の1回目が終わったばかりではありましたが、この企画の成功を確認したことと、次回 研修を誰よりも楽しみにしているのは、誰あろう この あらいであると思います。(^_^)v




総合相談センターに戻り、かみやさんと二人でトクヤマさんを囲み、しばし「復習」の時間。せっかくの機会、ムダにはしませんよぉ。と、次々と人がやってきて、で「もう一回戦、やりますかーっ!(≧∇≦)」ってことで、いとうリーダー、ぐふ!ふじた、そして久しぶりの熱血柴田さんと継ぐ者山本さん、三国志清田さんで再度 villaうぇ〜ぶに移動し、みんなで勉強再開っす!

ここからは、精神障がいの方に対する支援に留まらず、半田市・田原市それぞれの まちの「地域生活支援」の考え方や取り組みを、更には課題までも確認し、そして「これから」を ぶっちゃけて!語り合いました。いつも言ってますが、この時間が何より勉強になります。(^_^)v



8時を回り、残念ながらトクヤマさんは海の向こうの半島に帰っていかれました。かみやさんと ぐふ!ふじたを護衛に従えて。(^O^)

あらためて。トクヤマさんには感謝です。研修の中で何度も「この田原市では」や「田原市は こうだと聴いています」、「田原市にくると感じることですが」という言葉を聴きました。たくさんのことを知って下さっていました。相談支援専門員は、それぞれのまちを熟知していないと出来ない職務です。昨日のトクヤマさんは、まさに見本でした。トクヤマさんは身を持って示してくれた、そう思っています。やはり感謝感激であります。

トクヤマさま。あと2回、よろしくお願いします。しっかり勉強します!そして「共に生き活き」暮らしていけるまちになるよう、みんなで知恵を出し合います。(`∇´ゞ



で。トクヤマさんが帰路につかれた後、あらいは まだ villaうぇ〜ぶに。福祉課さんと いとうリーダーで、今後の田原市について語り合いました。久しぶりに熱血柴田さんと激論を交わしもしました。柴田さん。今年度も福祉課所属ではありますが、援護グループ(生活保護等担当)に配属になり、障害福祉と直接的な関わりは若干 減りました。と、言っても「柴田イズム」が減退することはなく、福祉課スタッフも相談支援専門員もイズムは継承していますが。

で、その柴田さんとあらいとの激論を、真剣に聴いている山本さんと清田さん、いとうさんがいました。一言一句、聴き逃さないように。これもまたイズムの継承であると感じましたし、これこそが OJTだとも感じました。「学ぶ姿勢」が大事だってことも。

ってことで。丸一日、本当に良い時間でした。感謝。です。m(_ _)m




で。追記。
一昨日の「3時」の理由。ですが…。

トクヤマ先生が前日入りされることになり、寸暇を惜しんで「学びたい!」と思っている ぐふ!ふじたさんと 昴 所長 ぶっちゃけ!のぐちさんと3人で囲み、研修に備えたくさん学ばせて頂くことにしました。いわば「予習」です。

で。その学びの時間は、いろいろと変化をし、深夜になると「中国語講座」になっていました…。で、結果が「3時」でありました…。


共に生き活きいきたいやん!


arai

|

« あぁ。また3時。 | トップページ | 元気の「源」 »

コメント

アライさま

昨日もお世話になりました。

私も田原市の皆さんから勉強させていただいています。そして今回、皆さんの前でお話をする機会をいただいた事に感謝しています。

私自身、精神科のPSWとして仕事をさせていただいていた時に、精神科医療に疑問や課題はあるものの、なかなか行動を起こしたりすることができませんでした。誤解を招くといけないので付け足しますが、精神科病院を批判するつもりはありません。患者さんのために最良の医療を提供しようと奮闘しているスタッフを多く知っています。

昔々、精神障害者の対応を「社会防衛」を基本に行ってきた日本が、その大きな役割を「精神医療」に引き受けさせ、後に経済原則に縛られた「精神医療」の結果が「社会的入院」の大きな原因であるとして、その犠牲になってしまった方々から私は直接訴えられました。田原市流にいうならば「聴いちゃったよね」って感じでしょうか。

その上で私に何ができるのかを考えたときに、現状を伝えることの大切さを感じました。それはそれぞれの地域の問題は、その地域の方たちが考えて行動するしかないと思っているからです。

ご承知の通り、私はすでに地域で奮闘している支援者の方々に「こうしなさい、ああしなさい」という程のレベルではありません。

しかし、精神障害のある方の悔しい思いや、ご家族の辛い気持ちを知っています。そこで、私個人として、相談支援専門員として、精神保健福祉士として、社協マンとして感じたことを皆さんに伝えることができると思っています(人前で話すと緊張して上手く伝えられないという致命的な欠点がありますが・・・)(ノ_-。)

そんな思いがあった時に頂いた依頼だったので、本当に感謝しています。

私も半田市で「共に生き活きしたいやん!」を実行しながら、当事者や田原市の皆さんをはじめ多くの方々から学び、仲間と一緒に考えていきます。

あと2回を有意義な時間にするために頑張りますので、よろしくお願い致します。

ところで中国語講座ですが、「国士無双聴牌」を見ると、人は「背筋が凍る」という反応を起こすことを学びました。「役満と身体の関係性論」
ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

投稿: トクヤマ | 2011年8月 3日 (水) 20時59分

トクヤマさま

今回、あらいからトクヤマさんにお願いしたオーダーは、「名探偵コナン」。一話一話は、それぞれ完結しているが、コナンが工藤新一に「いつ。どうやって」戻るのかという継続したストーリーがある。一話を見れば(聴けば)次回が気になる。

と、精神保健福祉に関する課題・問題は、一部の者だけ釈迦力に頑張って解決出来る問題ではない。ので、この研修を終えた時、誰しもが「自分にも何らか出来ることがある」って感じられる、チームとして「まちづくり」に取り組もうと思える研修にしたい。

という無理難題なオーダーに、しっかり応えて頂きました。本当に感激でありました!と、あらためてトクヤマさんのポテンシャルの高さを実感しました。さすが!天竺を支える、金角銀角と渡り合う強者です。m(_ _)m

と。「聴いちゃったよね」。トクヤマさんが精神科病院で感じた違和感や不全感が、この「聴いちゃったよね」と合致した瞬間に、トクヤマさんの今の活動・行動の原動力になったということは、以前に伺っていましたが、それが昨日の講演を聴かせて頂き、半端なものではないってことを感じました。何だか あらい自身のそれと似たものであるとも感じました。

お互い。この違和感や不全感を払拭する その日まで、ブッ飛ばしていきましょう!きっと、きっと勝ち取りましょう!そん時は大勢の仲間と呑みましょ!(≧ε≦)

で。
「国士無双 聴牌」も、「平和千点」には勝てません…。やっぱり、あらいごときでは、ぐふ!ふじたさんには勝てません…。(ToT)

ってことで。いろんな意味で第2回も よろしくお願いします!

投稿: あらい | 2011年8月 3日 (水) 23時20分

予習しか参加できずに残念でしたが、久しぶりに学びの場に参加できた事を嬉しく思います。皆様、有難うございました。これからも自己研賛の機会を是非とも教えてください。

予習があるという事は、復習ももちろん必要ですよね?皆様、また「中国語講座」の相手、宜しくお願い致します。m(_ _)m

投稿: のぐち | 2011年8月 5日 (金) 17時54分

のぐちさま

おぉーっ!「チャンピオンのぐち」さんじゃないいすか~!
ぶっちゃけ!マジで楽しかったですなぁ~!(*≧m≦*)

また!必ず囲みましょう~!じゃなかった、勉強しましょ~!
次回は、もっとキレイな「中国語」が たくさん出るといいですよね~。あらいも、しっかり「復讐」(-_-X) じゃなかった、「復習」させて頂きますよ~!ってことで よろしくです~!ぷぷっ。

投稿: あらい | 2011年8月 5日 (金) 18時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 共に生き活きいきたいやん!:

« あぁ。また3時。 | トップページ | 元気の「源」 »