« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月31日 (火)

豪華!連続研修


平成24年度が。あと2か月と1日でやってきます。福祉課担当者さま及び相談支援事業従事者の皆さま、如何お過ごしでしょうか?少なくとも、あらいは。怯えております。

福祉課さんと一緒に いろいろと考えてはいるものの、正しいのか?間違っているのか?それさえ分からず、ただただ「前?」だと思う方向に進んでいる、って感じです。泣きそうです。吐きそうです。

ので。「もうすぐ来年度だねぇ~。」なんて悠長な言葉は、今の あらいには、全く「(∩゚д゚)アーアーきこえなーい!!」ですぅ。



で。特に。「権利擁護」に関する取り組みが「スゲェ!」重要だと思っております。10月の「障害者虐待防止法」の施行は、「待ちに待った!」ものではありますが、その仕組み作りに苦慮している状況です。とはいえ「ぜって~!ステキなもん、創る!」とお約束しつつ。その前、4月に施行される「成年後見制度利用支援事業の必須事業化」も、あらいにとっては重要だったりしてまして。はい。


この「成年後見制度利用支援事業の必須事業化」っていうのは、障害福祉サービスの利用の観点から、成年後見制度を利用することが有用であると認められる ご本人で、この成年後見制度の利用に要する費用について補助を受けないと利用が困難であると認められた場合、申立てに要する経費(登記手数料や鑑定費用等)や後見人等への報酬の全部または一部を助成しますよ、ってものです。

じゃあ、「そもそも「成年後見制度」って何さぁ?」は。


う~む。内容をここで説明するには、時間が足りない。
っていうか、あらいに その能力がない。Σ( ̄ロ ̄lll)




そこで!田原市成年後見センター ぷれぜんつぅ!

「成年後見・権利擁護研修」

~誰もが安心して地域で暮らすために~

この研修は、成年後見制度を具体的に知って頂くことにより、親族の後見人や制度の利用などを地域で支える支援者の養成を目的として、2月17日を皮切りに連続4回セミナーとして開催され8人の講師が担います。市民後見人の養成なんかがクローズアップされている昨今、なんともタイムリーな企画じゃあ~りませんか!(・∀・)イイ!

で。また講師人がシブイ!田原市成年後見センター運営委員会 委員長の熊田均弁護士の「成年後見制度概論」から始まり、途中、東濃成年後見センター山田事務局長、知多地域成年後見センター今井のあねごがシメる!というもの。ね!スゲェ!しょ。「パ」ねえっしょ!「この時期に、よくぞお集り頂けたもんや~!」でしょ!

担当 岩瀬さんの ご苦労を、あらいごときでは図り知れません。





で。若輩者あらいも。お手伝いさせて頂きます。なにせ、この委員会の運営委員を仰せつかっておりますので、断るのも断れず。他運営委員であります、田原市社協総務課 岡田課長やセンターを取り仕切る岩瀬さんもお話されるとあれば。やっぱ、断れないっすよね。はは。(;´▽`A``



ってなことで。申込みは すでに受付を開始しております。

田原市社会福祉協議会内 田原市成年後見センター
☎ 0531-23-0610(担当 岩瀬さん)

チラシ・申込先は下記より。
「2012.02.17 tahara kouken seminar.pdf」をダウンロード



成年後見や福祉・権利擁護について知りたいと言われる(思われている方)、この豪華講師陣が解りやすくお話下さいます。ゆえ、肩ひじ張らず、お気軽にお申し込み下さい。きっと、ご満足頂けますよ~!



 arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

会長の お務め

本日(あっ。正確には、もう昨日はって時間ですね…。はは…。)は、朝一から「ド」緊張の打ち合わせに参加しましたぁ。共生フォーラム3のシンポジウムに ご登壇頂く 鈴木市長のもとに、正副会長と福祉課2名、そして あらいめ。という布陣で。(゜∇゜)



市長応接室に案内されると、間髪入れず鈴木市長が ご入室。すぐさま、やっちゃいなよ!三浦さんから申し上げると、市長は当たりを見回し、で、あらいと目が合った瞬間「おっ。」と笑みを浮かべて下さいましたぁ〜。あぁ、お父さ〜ん!あなたの愚息は、少し、マシな人間になったのでしょうか〜!? 市長さまが微笑んで下さいました〜!ア〜ン!(ToT)

またしても。内容は書けませんが、メチャクチャ良い話が出来ました。っていうか、鈴木市長の考える福祉感といいますか、共生感といいますか、を ご教授下さり、市長が常々意識されている「まちづくり」のイメージも お話下さいました。マジでメチャクチャ勉強になりましたよ〜!ここでは お伝え出来ませんが、フォーラムでは じっくりと お話頂けることになっております。ゆえ、皆さん!こう ご期待です!


会長の お務め


(途中、何度か携帯に手を掛け「写メ」を撮ろうと思ったのですが、なにせ お相手が市長とあって、ビビッてしまい。結果、撮れずで。あぁ、情けない。昔、自分の思いを遂げるため「止められないんすよ!ぶん殴って下さい!」と、会議中に継ぐ者 山本さんに哀願した ぶっちゃけ!のぐちを思い出していました。あいつは、やっぱり「パねえっす!」(○゚ε゚○))




で。午後からは。田原市成年後見センター運営委員会に参加してまいりました。委員なとという恐れ多いお役を頂戴しておりますが、これこそ名ばかり。圧倒されるばかりのメンバーに囲まれ、毎度 勉強させて頂くばかりの不甲斐なさ…。温かく見守って下さる委員皆さまと お声かけ下さった田原市社協さま、成年後見センター岩瀬さんには、ただただ感謝でございますぅ。m(_ _)m

内容は。やはり個人情報満載でして。書けません。



戯れ言ですが。自立支援協議会(特に事務局会議)、要保護児童対策協議会、そして この成年後見センター運営委員会と、厳重な守秘義務が課せられた会議が続いております。これが昨今の胃痛の原因かと思われます。(u_u。)




で、夕方。本日 最後の打ち合わせは田原市総合相談センターにて。
共生フォーラム3のシンポジウムに ご登壇される方で、最後の打ち合わせ者となりました、民生・児童委員 柴田副会長さまです。

実は。恥ずかしながら あらいは初めてお会い(お話し)したのですが、打ち合わせ後、メチャクチャ後悔しました。理由は…「なんで酒の席をセッティングしなかったんだろ〜!」ってことです!スゲェ面白くって、話に引き込まれて、で、メチャクチャ勉強させて頂けたんですぅ〜!

今までに打ち合わせをさせて頂いた方 すべてが仕事の合間を縫って、慌ただしく打ち合わせをさせて頂いていたのですが、今日の柴田さんは夕方からでしたので互いに時間にゆとりがあり、じっくり話し込めたってのが 今日の「ド」後悔に繋がったのだと。
あぁ。やり直せるものなら、一から やり直したい〜!(T_T)



これで、すべてのシンポジストさまとの打ち合わせを終了しました。この後は、進行役という大役を仰せつかった あらいがイメージしていく作業となります。この豪華なと申しますか、蒼々たると申しますか、とにかくスゲェ皆さんが参加するシンポジウムが「万が一にも」実りの少ないものとなった場合は、この若輩者あらいの責任に他ならない。ので、じっくりと、しっかりとイメージしたいと思います。




でね。「共生のまち」田原市を考える会 は発足して3年になります。何度も お伝えしておりますが、元々は田原市相談支援専門員のスキルアップの一貫として始まりました。ので、会長は相談支援専門員がそれぞれ一年の任期で交代してまいりました。

メンバーの役割は、チラシ一枚一枚を丁寧に配り、会の存在意義、共生の意義を伝え、チケット一枚一枚を手売りし、対価に値する講師であること、内容であることを伝え ご購入して頂くことです。そして会長の役割は、企画そのものの統括。企画原案・予算案の作成から講師依頼、そして今回のようにシンポジストへの企画説明等。



今年度の会長。やっちゃいなよ!三浦さん。普段は あまり闘志を全面に出さず、内に秘めるタイプ。だと、あらいは思っておりました。
が!今回は全く違うイメージです。シンポジスト皆さんへの企画説明も積極的ですし、その都度「思いの丈を好きなように語って頂ければ、あとは あらいが上手くまとめます〜。」ってなオチも忘れないですし、センターから引き上げる際には必ずチケットの販売状況を確認されていますし。


会長の お務め


相談支援専門員のスキルアップを目的にした この企画。一番 勉強させて頂いているのは、この あらいであると今、強く思います。



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月29日 (日)

今 日

ずーっと横になっていました。惰眠をひたすらに貪りました。
BIGプッチンプリン と アクエリアス2L のみで過ごしました。



arai

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2012年1月28日 (土)

完全 off 日


明日は正月休みが明けてから、始めての完全 off日です。
生来の貧乏性が祟り、せっかく休みをもらっても仕事を入れちゃう、
自分でも、なんだかなぁって思います。悲しい性ですね。はは。

で、今夜。5夜連続の反省会(飲み会?)を終え、先ほど帰宅。
で。ちょっぴり寒気を感じ体温を測ったところ…しっかり発熱…。



明日が完全 off日であることを、体が分かってるんだなぁ。
きっと。明日が来るのを、じ~っと待ってたんだろうなぁ。
いつも。いつも。無理させて、ごめんなさい。



明日は。ひたすら寝ます。で、明後日に備えたいと思います。



arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月27日 (金)

褒められて


日本相談支援専門員協会から会報が届きました。法の円滑施行が進むよう、国レベルで尽力(活躍)される皆さんが情報発信して下さっています。皆さん、それぞれ現場を持ちながら、それぞれの まちを担いながらの発刊、さぞかし ご苦労されていることかと。敬服致します。m(_ _)m

で。中に目を通すと、リレーエッセイという協会幹部が その名の通り順番に寄稿されるコーナーがあるのですが、今号は国協会監事である名古屋市リハセン 鈴木智敦さんが担当されていました。


褒められて


鈴木智敦さん。日本社会福祉士会のNo.2。県相談支援専門員協会でも監事を お務め頂いているあの智敦さんです。あらいにとっては「叱られる…」もしくは「叱られた…」というイメージしか持てない方です…。~(°°;)))オロオロ(((;°°)~



昨年度の初任者研修(全体研修)で、智さんから「ミスポジションは あらい、ケアマネの展開は こじま。」というムチャブリを受け、こじまさんと泣き明かしたことがあったり。

で。あらいがミスポジションの講義を始めて10分で、智さんが会場を出られた瞬間を目の当たりにし、『何か間違った…』と頭の中が真っ白になり、『あぁ。終わった…』と愕然としたり。

はたまた自立支援協議会のコマの講義中、最後列の智さんは腕組みを始め、目を閉じ、眉間にシワを寄せる姿が目に入り、またしても『何か間違った…』と。更に智さんは 腕組みしたまま後ろに伸びを始めた瞬間、やはり『あぁ。終わった…』と愕然としたり。



反省会のたび泣きながらお詫びすると「そんなつもりじゃないよぉ。」と笑って下さり、安堵するのですが…でも…やっぱり…。コワイっす!それくらい、あらいに限らず我らは智さんがコワイ、じゃなかった智さんを尊敬してるんです〜。褒められたいんっす!

だから智さん。コワいから ちょっと配慮して下さい〜!このままではいつか受講者の前でも、はばからず泣き出しますから〜。知りませんからね~!齢47になろうかっていうオッサンが、受講者の面前で「智さ~ん!。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。」って泣き出しても~!本当に知りませんからね~!




で。本題に戻すと。その智さんが寄稿されたエッセイに「愛知県」という章がありました。あらいは、それを拝読し、ほぼ号泣。(ToT)

内容は。「愛知県では、愛知県自立支援協議会人材育成部会、そしてこれまでの国研修受講者が相談支援の研修を担い研修の仕組みや体制、そして積み上げができてきていると感じます。」から始まり、県と協会の動きと合わせ一体的に人材育成に努めていることが紹介されています。

で。あらい号泣の理由は、このあと。大村知事への相談支援従事者研修の予算確保の要望書提出や協議等、県協会の活動に触れたあと「基盤は脆弱ではありますが、コアメンバーが頑張って下さり活動を続けています。」と。これに泣けました。


褒められて


先にも書いた通り、あらいのような若輩者は智さんから たくさん学ばせて頂いております。尊敬しています。これは多分、あらいだけではなく多くの相談支援専門員が同様の思いを持っているかと思います。少しでも近づきたい、否、離されたくないと思っていることかと。



この智さんが全国に向けて発信された思いに、少しでも応えられるよう、しっかりと相談支援専門員「道」を全うし、県協会を盛り上げていきます。と。あらいは「褒められて伸びるタイプ」です。

ので、今後も ご指導に合わせ、ほんの時々で構いませんので頭を撫でて頂きますよう、よろしくお願い致します〜!m(_ _)m



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月26日 (木)

ランチタイム


久しぶりに「villaうぇ〜ぶ」でのランチタイム。
今日は「エビと小松菜のオイルパスタ」に「オムレツを添えたサラダ」も付けて、ちょっぴり贅沢気分を味わいました。


ランチタイム


お客さまも ひけ、のんびり、まったりとした時間が過ぎていますぅ。午前中のバタバタが、まるでウソのようです。この時間、空間が何よりの贅沢だと感じています。はい。(*^o^*)



さて。午後も頑張りますかねぇ。否、頑張らねば!ですね。



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

育成と継承


愛知県相談支援専門員協会は今年度、愛知県から「法の円滑移行研修」と「専門研修(虐待防止を含む)」を受託していて、で、この年度末に掛けてバタバタと!開催してまいります。

先の「法の円滑移行研修」に関しては、すでに愛知県や県協会から お知らせが届いていることかと思います。ってか、受付前から申込みが殺到し、一週間と経っていない現在すでに定員の半数を超過しております。来年度の法改正が、我らにとって如何に大きな課題となっているのか、が伺えますよね。(・_・;)

で。これから。発表となります「専門研修」ですが、詳細は後日お伝えすることとして。障害者虐待防止法に関するものと、相談支援専門員の課題となっている4つのテーマを、県協会の役員なんぞを拝命している我らが分科会を開催して理解を深める。ってな感じでして。

で。あらいの分科会は「地域自立支援協議会」でありまして。



で。今日は。その材料収集のため名古屋市へ。愛知県相談支援従事者 初任者研修(尾張地区)に お邪魔させて頂きました。本当に「お邪魔させて」でしたぁ〜。ごめんなさ〜い。m(_ _)m

で。情報収集のコマである「地域自立支援協議会」ですが。三河地区は、田原市、岡崎市それぞれの自立支援協議会の説明と、ちょっとしたシンポジウム形式で理解を深めました。で、今日の尾張地区は春日井田代さん、名古屋・知多地区は、メグの説明に実践報告って感じで理解を深めていました。


育成と継承


で、どの地区も、自立支援協議会との接点が決して多くない受講者の皆さんに、どう伝えるのか?もっと言うと、どうしても伝わらない。って苦労しているのが実情です。だからこそ。今日は、伝える側の「困り具合」を確認させて頂き、真に伝える側に「伝えなければいけない事」は何か、を学ばせて頂いてまいりました。

尾張地区の受講者皆さん、そして講師皆さんと県担当職員さま。本当に勉強になりました。感謝です。必ず!活かします。(`∇´ゞ



でもね。尾張地区研修にお邪魔して感じたことが2つあります。

一つは。熊谷さん、こじまさん、豊明市大谷さんら国研修組に加え、尾張東部圏域アドバイザー川上さんはじめ、北部アドバイザー田代さんらが講師陣に名を連ねていて。そして、県協会主催の事例研究会メンバーの一宮市野崎さん、日進市伊藤さん。っていう豪華な布陣で臨んでいるから、研修自体がとても安定感があるってこと。

もう一つは。人「財」育成と言いますか、イズムの継承と言いますか。豊明市大谷さんの成長ぶりです。昨年度は、熊谷さんや川上さんら大御所に気を使われてか、控え気味、引き気味であった彼が、今日は堂々と主任講師を務めてみえました。あらいから「頑張ったねぇ。」と労う(茶化す?)と、マジメに「当たり前」と言わんばかりの顔で「去年、熊谷さんと約束したから。」と返答されました。



先日の事例研究会での半田市トクヤマさんの進行ぶりでも感じたのですが、上手く、しっかり育成・継承しているまちと、そうでないまちの「差」は、この先5年もすれば顕著に表れると思います。たった5年で。あらためて。5年後の田原市を考えます。







で。研修を終えてからは、いつものように大反省会へ!いつものように手羽先屋さんへ!いつものように熊谷さんと、こじまさん、豊明市大谷さん、日進市伊藤さん、春日井田代さんらと一緒に、今年度の研修を振り返りつつ、来年度へ向けての課題を検証しつつ。(*^o^*)

書けないことばかりで恐縮ですが、みんな真剣だからこそ、ってやり取りを、侃々諤々と。実に盛り上がりました。ってな時間を終電まで続けました。本当に楽しい時間でした〜!


育成と継承


ってなことで。熊谷さん、こじまさんと一緒に関わらせて頂いた相談支援従事者研修。3年目も、一緒に終えられました。(`∇´ゞ




で。余談ですが。

あらいは名古屋市へ行く際は必ず!座席指定で寝ながら行くことにしています。少しの時間ですが、これが大事でしてぇ。で、今日も今日とて座席指定で。静かな車両で寝る気満々!(^O^)

と、豊橋駅を出た直後、半田市メグさまから電話が…。『げっ。』と思うが、出なきゃ出ないで、また面倒くさいので、席を離れデッキへ移動し、メグに電話を掛け直すと「メグさぁ、悩んでんだよねぇ〜。」と。『げっ。また始まった…。』と思うが、聞かなきゃ聞かないで面倒くさいので、寒い中しばし意見交換。

まぁ、悩み事は、今の あらいと全く同じで。来年度についてで。
で、話し込んでしまい。座席に戻ったの知立駅に着く寸前…。『高いお金を払って買った座席指定券なのに…もう、すでに半分を過ぎてしまっている…。(T_T)』と思ったが、こんなこと、メグには言えない。



言えば言ったで面倒くさいので、心の奥底にしまい込みます…。



 arai

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月25日 (水)

問題 山積み


本日は、朝一から田原市事務局会議でした。テーマは大きく2つ。1つは、就労移行支援事業創出に関するアンケート調査。と、自立支援協議会 要綱変更について。でありますぅ。(≧∇≦)

まずは、ぐふ!ふじたさんからアンケート調査の「たたき台」を お示し頂き、メンバー一同で詳細について一つ一つ議論しました。
もう一つは、要綱変更に伴う、来年度の運営会議の運営方法についてを議論していきました。可能性を信じ、大きく変更します。(`∇´ゞ


問題 山積み


で。12時半 少し手前。やっちゃいなよ!三浦さんから「共生フォーラム3」に関する報告をもって終了。今日も今日とて、たくさん議論しましたよぉ。良い時間となりました〜。



で。いつものようにラーメンを すすった後は、総合相談センター ミーティングです。こちらの議題は、今年度 卒業生の進路・支援の現状確認と、来年度からサービス利用計画作成費対象者となる、施設入所支援利用者さんの計画作成プロセスの確認と想定出来る課題の検証。

後者に関しては問題・課題が山積みでして…。笑えないです…。「まだ国から資料が出きってないからぁ〜。」なんて悠長なことを言ってる まちが、万一「ある」としたら、マジで考えた方が良いですよぉ。本人抜き、相談支援員抜きで、勝手なことばかりしてたら、大変なことになりますよぉ〜。m(_ _)m



もう一つ。共生フォーラム3のシンポジウムに ご登壇頂きます、ボランティア連絡協議会 酒井会長と打ち合わせ。昨日の久瀬先生に引き続き、良い話が聞けました。コーディネーターを仰せつかる身としては、ますます当日が楽しみになりました!

で、最後。この打ち合わせの流れからフォーラムの資料集を確認し、ミーティング終了。来るべき4月が、あまりにヘビーな状況となることを確認したからか、ぐったり。でありました…。(・_・;)



ので。ぐったりの状態から復活するために、新年会のような反省会に繰り出しましたぁ〜!三国志 清田さんと かみやさんは風邪で欠席ではありましたが、年明け始めての反省会でしたので、盛りたがりつつ明日への鋭気を養いました。良き仲間であります。(^_^)v


問題 山積み


 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月24日 (火)

開会、迫る!



「「共生のまち」田原市を
    考えるフォーラム・Ⅲ 〜共生〜」


開催 日時   平成24年2月11日(土) 午後1時半から5時
開催 場所   田原市文化会館 大ホール
定    員   350名
参  加  費   500円



基調講演
「障害のある人もない人も
        共に暮らしやすい時代に」


講師
野沢 和弘 氏 (毎日新聞社 論説員)


101204_104001000100010002



シンポジウム
「共生のまちってどんなまち? 」
    〜『福祉発!!』豊かに暮らせるまちづくり〜

シンポジスト
鈴木 克幸 氏    (田原市長)
久瀬 正弘 氏    (田原市教育委員会 学校教育課)
柴田ひろ子 氏  (田原市民生児童委員協議会 副会長)
酒井 修 氏       (田原市ボランティア連絡協議会 会長)
ぐふ!ふじた    (田原市就労支援専門員)

コーディネーター
あらい (また お前か!が聞こえそう…)




年度末恒例になりました この「共生のまち」田原市を考えるフォーラムも、今年度で3回目となりました。早いものです。

きっかけは、3年前に田原市長「肝いり事業」として開始された「まちづくり補助金」事業を盛り上げることに、「企画・運営をする術を知る」という、相談支援専門員のスキルアップを噛み合わせ立ち上げたものです。会長を持ち回りにして。初年度のテーマは「気づき」、会長は いとうリーダー。2年目は「つながり」で、ぶっちゃけ!のぐち。そして今年度はテーマそのままに「共生」を、やっちゃいなよ!みうら。ってな具合です。



で。この「「共生のまち」田原市を考えるフォーラム」ですが…
今年度が「ファイナル」となります。

先に ご紹介した「田原市まちづくり補助金事業」、実は継続は3年間がMAXとなっていまして。ようは「満了」なんです。といっても、補助金が頂けないからファイナルという訳ではなく、相談支援専門員が ひとしきり「企画・運営」を学んだ訳ですから、今度は、それを活かし、それぞれが それぞれで「共生のまち」田原市に向かうための企画を実施していこう!ってことです。ただ「やった」で終わるのではなく、しっかりと田原市に還元していこう!ってことです。

この会の解散は、立ち上がった際に3年と決まっていたんです。



ファイナルってことで。この2年間で学んだ全てを集約したものにしたいと思います。ので、講師には「共生」を語るには「この方」というメンバーの強い思いでお出まし頂けることになった野沢さんであります。このブログにあそびに来て下さる方で、この方の名をご存知ない方はいませんよね。障害のある方の権利擁護、共生を語るには野沢さんを外して考えられるられないですよね。

そして。この3年間で学んだものを、どう田原市に還元するか!?を、考えられる布陣でシンポジウムは臨みます。メンバーは「オール田原」です。行政府の長、教育、地域、福祉のオールキャストで臨みます!


ファイナル !!


チラシは下記より。
「2012_tahara_forum_3.pdf」をダウンロード

参加を ご希望の方は下記まで。
shogaisha-sodan@chorus.ocn.ne.jp (担当 三浦)

お申し込みの際は、お手数ですが、お名前、ご連絡先、参加者人数をお書き添え頂きますよう、よろしくお願いします。



皆さん、ご親戚、ご近所お誘いあわせの上、どしどし お申し込み下さい!そんでもって、今年もメチャクチャ盛り上がってまいりましょ!



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ステキな打ち合わせ


あらいは、田原市障害者総合相談センター長です。が、その前に、大事な役職として相談支援機能強化員を拝命しております。で、あらいが この数年間、必死で取り組んできた(いる)のが「教育との連携」です。教育関係の皆さんに、我らを協働の相手として認めてもらうことに、「チーム白井」BOSSを筆頭に熱血柴田さんらと共に力を注いで来た、と言っても過言ではなく。



この間、市内小中学校の先生や教育委員会の皆さんの お話を拝聴し、そして我らの話を聞いて頂きました。お一人おひとりとの出会いが、今に繋がっています。本当に感謝です。

特に、東松山市視察にもご同行頂き、学校介助員派遣事業に ご尽力頂いた野田小(当時は教育委員会) 山本校長先生。人権ファンクション委員会でお会いして以降、「教育」について教えて下さった童浦小 間瀬校長先生。そして、もう お一人、現場で繋がり、詳細は書けませんがケース会議の場で「我が校の生徒ですから。」と発言され、あらためて教育との連携を強く意識させて頂いた教育委員会 久瀬先生(当時 ○○中)。の お三方は、感謝の言葉が見つからないほど。m(_ _)m



で、今日。その中の お一人、久瀬先生のところへ ご挨拶に伺ってきました。やっちゃいなよ!三浦さん、ぐふ!ふじたさん、継ぐ者 山本さんと4人で。そうです「「共生のまち」田原市を考える会」のメンバーと、共生フォーラム3のシンポジウムに ご登壇頂く久瀬先生と打ち合わせに、でありますぅ。

内容を「今」お伝えすることがメチャクチャ残念!と思うほど、ステキな打ち合わせとなりましたよぉ〜!マジやばいっす〜!です。皆さん、こう ご期待で ございますよぉ!(^_^)v



来週には田原市 鈴木市長との打ち合わせやらが待っております。このフォーラムが「ファイナル」という位置付けで開催されるってこともあり、メンバー一同 メチャクチャ盛り上がっております。

ってことでぇ。チケットの ご購入が「まだです~。」って皆さん。絶対にステキなフォーラムになること間違いなし!です。是非とも お早めにご購入下さいませませ〜!開催まで あと20日。ますます盛り上がってまいりますよぉ〜!(`∇´ゞ



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月23日 (月)

周 瑜


あらいは「関羽」が好きです。ご存知かと思いますが、三国志の主要な登場人物で、「蜀王」劉備玄徳に仕えた関羽雲長です。男の子は、多かれ少なかれ、この三国志の登場人物に自分自身を投影するんじゃないかなぁ。少なくとも、あらいの周りには多いです。



とは言っても、当然というべきか、「諸葛亮孔明」が大人気であることは言うまでもなく、です。そりゃそうですよね。次には「趙雲子龍」ですかね。戸枝さんや ぐふ!ふじたさんが そうです。あらいのように「関羽が好き!」って方には お会いしたことはなく…。

あらいは、ふぃ~る工房 かみやさんを「徳の人」劉備に例えたりしますし、中には、自分の上司を「袁紹」に例えた人や、友人から「張飛」に例えられ憤慨した人とかもいたりして。誰だか言えませんがね。(^w^)

で、先日。こじまさんと こんな話になり、こじまさんに「誰が好き?」と たずねたところ「やっぱり孔明かなぁ。」と。でも。この「孔明好き」の理由が、とてもステキでして。こじまさんらしくて。



「ボクは人の上に立つ人間ではなく、この人だと思える人を仕えて行きたい。「出師表」を書いた孔明のように。」と。



出師の表。孔明が北伐(魏への遠征)に出発する前に、国に残す若い皇帝劉禅を心配して書いたという出師表。自分を登用してくれた先帝 劉備に対する恩義を述べ、あわせて若き皇帝である劉禅を我が子のように諭し、自らの報恩の決意を述べた文。

文末は「臣不勝受恩感激 今當遠離臨表涕泣不知所言(わたしは恩をうけたことの感激にうちかつことができません。いままさに遠く離れるにあたり涙をながし、ことばもありません )」と、結ばれています。

孔明の誠実で、無欲、また劉備と劉禅への忠君の姿勢、そして結果としてその戦いは成就せず、戦いの途中で命を落としたという事実とあいまって、多くの人の心を打ち続けています。
そりゃあ、この出師表を知る こじまさんであれば、尚さら孔明に惹かれるのは、至極 当たり前ですよね。





でもね。あらいの こじまさん像は「孔明」ではないんです。

孔明を生涯のライバルとした「周瑜」。呉王 孫権に仕えた知略・武略に優れ、音楽の才能も併せ持ち、更に、謙虚で、寛大で、人の心を掴むことが出来得る名将「周瑜公瑾」。呉国の英雄です。

あらいが こじまさんを周喩だと感じる理由は。こじまさんは有能な軍師でありながら、武具を纏い、先陣きって戦場に赴く戦士だからです。周瑜がそうであったように。あらいは、ここに孔明と周瑜の差を感じています。



ってな話を こじまさんにしたところ、ちょこと照れていました。
こんなシャイなところも、また周瑜ぽかったりするんですよね。



arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月22日 (日)

目 的


本日午後は、愛知県相談支援専門員協会 主催の事例研究会でした。昨年10月から月に1回というペースで開催されている、県協会の自主事業も今月で4回目。いや〜早いもんですねぇ。(^O^)

参加されている皆さんは、愛知県内 隅々から集まって下さっています。そして、それぞれが それぞれの まちの相談支援事業の中核を担ってみえる、メチャクチャ忙しいばかりにも関わらず お集まり下さっています。本当に頭が下がります。m(_ _)m

で。今日の進行役はあらい。事例提供者は、ぐふ!ふじたさん。
が。実は他の方に お願いしていたのですが、緊急の事案があり不参加の知らせがあり、急遽 あらいから お願いをした。って次第であります。あらいの、っていうか県協会の無理な お願いに応えて下さった ぐふ!ふじたさんには感謝でございます。



で、今日。あらいから 一つ、提案させて頂きました。っていうのは、この事例研究会は、その名の通り野中SVの手法を用いて事例検証をしつつ、スーパービジョンを理解しつつ、尚且つ 各地域で人「材」育成に携わる「人「財」育成」が大きな目的として開催しております。

以前にも書きましたが、あらいとしては、県主催の従事者研修では この野中SVの手法を学びますが、実際に「現場」で活用するところまで理解を深めるだけの時間的な余裕はありません。これは定められたカリキュラムと、その時間が「きっちり」と定められているため、致し方ないのでございます。

ので、この県主催の従事者研修がベーシックな部分を伝えるとして、そのベーシックなものを県協会がブラッシュアップし、現場で活用出来るようにする。この2つの研修が両輪となることで、県相談支援事業全体の底上げに繋がると考えています。そして、この2つの研修を県自立支援協議会 人材育成部会が統括するのが、理想だとも思っています。


ってことで。開会と共に、あらいから皆さんにムチャぶり。皆さんに上記のことを お話したあと「ってことで、誰か 進行やってみません?」と。やってみることで更なる学びになることは間違いないですから。と、もうすぐ来る「来年度」に備え、人材育成に携わる皆さんには少しでも たくさん備えて頂きたいと思っていますから。



で。このムチャぶりに今日 応えて下さったの半田市トクヤマさん!
でございます~!彼の学ぶ姿勢には、正直 関心します。学ばせて頂きます。ステキっす!ぶっちゃけ!マジやばいっす!(≧∇≦)


目 的


トクヤマさん。約2時、進行役を しっかり、しかも みっちり務めあげました。検証中、何度も何度も事例提供者が何に困っているのかに立ち返り、支援者の「今後の支援」までを参加者みんなが共有出来るまで導いて下さいました。トクヤマさんが受けてくれる際、あらいが偉そうに「手伝うからぁ〜」なんて言ってしまったこと、正直『恥ずかしい…』と思えるほど、ステキな進行ぶりでした。

これ。お世辞じゃないですよ。マジです。本心です。(`∇´ゞ



最後は、皆さんで今日一日を振り返り、あらいからワンポイント・アドバイスをさせて頂き、まとめとして熊谷さんがシメて終了しました。事例研究会の目的であったり、今日一日の目的であったり、県協会 設立の目的であったりが、明確になった。と思います。(^_^)v


目 的


しかし。この写真。スゲェ豪華ですなぁ。蒲郡市 鈴木さん、日進市 熊谷さん、名古屋市こじまさんの協会役員と半田市めぐ・トクヤ組、一宮市 野崎さんと津島市 新舎さん、田原市ぐふ!ふじたさん。これに加えて頂いている「ふぃ~る工房」神谷さんと あらい。

年始早々の開催でしたので豊田市 成瀬さん、土橋さん、日進市 伊藤さんら欠席者もおみえでしたが、本当に県内隅々からお忙しい方々が集まって下さるステキな会であることを実感しおります。



いつも言っていますが。本当に恵まれた環境で学ばせて頂いております。仕事させて頂いております。感謝です。m(_ _)m



 arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月19日 (木)

立 場


昨日は、田原市要保護児童対策協議会に参加してまいりました。

相変わらずヘビーケースの連続で、3時間に及んだ会議終了時には「ぐったり」って感じで、閉会の挨拶で下げた頭がテーブルから離れず。みかねた子育て支援課 小久保課長から「あらいさん、寝ちゃダメだよぉ〜。(^w^)」と冷やかされる一幕も。はは。情けなや。f^_^;

会議には、児相や保健所といった措置権を持っている機関や地域、教育、福祉、そして行政も福祉課、健康課、取りまとめを行う子育て支援課と様々な立場の委員が参加していることは、以前にもお伝えしているかと。この様々な立場で、それぞれが「やれること」を持ち寄りチームを構成するからこそ、ステキな支援が届けられるんだと思います。



が。全てのケースにおいて、我らを快く受け入れてくれる訳ではありません。望まれないばかりか、強く拒絶されるケースも多々あります。辛うじて繋がっていた「糸」が簡単に切れてしまうケースが多々あります。こうならないためにも、様々な立場の者がチームであたらなければいけないんですよね。

ここで、その様々な立場の人間が、それぞれの立場だけで意見する、もっと言うと、それぞれの立場を護ろうとすると、チームとしては崩壊の道を辿るのだと思います。だからチームにはリーダーが必要なんだとも思います。議論を促し、それぞれの意見を集約し、立場を考慮し、最善策を導き出していくんだと思います。



昨日の会議。担当課である子育て支援課さんは、小久保課長以下職員皆さんが、参加されている 全ての「立場」に配慮され、采配を振るってみえました。特に担当者であるクレバー三宅さんは、最前線で、時に諭し、時に厳しく采配を振るってみえました。

ああいうのをリーダーシップとかキャプテンシーとかいうのでしょうね。とてもステキでしたし、とても勉強になりました。感謝です。



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月18日 (水)

一ヶ月を切る


本日午後は、来月11日(日)に開催されます「共生のまち」田原市を考えるフォーラムのミーティングがありました。準備品のチェックや当日のスタッフの動き、あげくは懇親会の中締めの音頭まで、一つ一つ丁寧にチェックしました。残り一か月を切り、メンバー一同、マジモードで詳細を詰めていきました!(`∇´ゞ


一か月を切る


今回、記念講演をお願いしたのは、皆さん よくご存知「千葉県版 差別禁止条例」の立役、 野沢和弘さん。障害福祉に携わる者で この お名前と功績を知らないなんて方は みえないかと思います。障害者虐待防止法の施行期日が迫る中での講演。『まぁ、なんてタイムリーなんでしょ!!』 と思うばかりであります〜。



会議で、やっちゃいなよ!みうら会長から「一ヶ月を切りました。もう一踏ん張りしましょう!」と気合いの一言がありました。「一踏ん張り」は、決して「集客」じゃないんですよね。メンバーそれぞれがチラシを持ち、まちを隈無く回り、我らは何者で、この会の意義を伝え、共生を語る。その結果が「満杯」の会場に繋がるんですもんね。

そして野沢さんのお話を聴き、田原市で まちづくりをする皆さんの話を聴き、更に共生への思いを強くして会場をあとにする。そんな活動を「もう一踏ん張り」なんですよね。ので、頑張りますよぉ〜!



チケット購入が「まだなのぉ。」って方、ぜひに、ぜひに!きっとご満足頂ける、ステキな時間になること、お約束しますゆえ。ぜひに!



arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月17日 (火)

信 頼


信頼は「得る」ものではなく、「勝ち取る」ものだと思っています。

待っていては、何もしないでいては、絶対に信頼される時がくるわけはありません。相手が望むことを、一つ一つ確実に、忠実にこなしていき、少し、また少しと信用をしてもらい、その積み重ねが頼られる存在になる。のだと思っています。

だからこそ、簡単に、短時間に「信頼」されることなんてないと思っています。だからこそ、信頼は「勝ち取る」のだとも思っています。



ですが。この勝ち取った信頼も、失うのは「一瞬」です。



でも。失ってしまったから「全てが終わり」ではないと思っています。また、やり直すのだと思っています。「0」ベースからではなく、今度は「−」ベースから。厳しい「闘い」だと思っています。

でも、やり直すのです。何度でも。何度でも。諦めずに。
自分のためでなく、信じ、支えてくれる人たちのためにも。



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月16日 (月)

メンテナンス


本日は お休みを頂きました。平日でないと済ませない用事が、あれこれと溜まっていたので、思い切って休みをお願いしました。



朝一から2つの病院を受診し、体のメンテナンスでございます。特に冷えてくると壊した肩の痛みが増すので、入念に。長い付き合いになるから。で。午後一番から、痛んだ体を更に労るため、いきつけのマッサージさん屋で、一時間みっちりと体を解して頂きました。

その後は、愛車のメンテナンス。最近、大きくハンドルを切るとリアの足まわり(?)から、小さく「ギシギシ」という きしみ音が聞こえるので、ちょっと気になっていたんでね。



体も。愛車も。けっこう雑に扱ってしまっているからなぁ。そりゃあガタも来るわなぁ。申し訳ないと感じつつ、もう少し頑張ってや。






で、夕方は家族関係をメンテナンス。女性ばかりの家族を連れ、近所の喫茶店に「シロノアール」をご馳走しにぃ。ご機嫌取りにぃ。(^_^;)



で、夜6時からは法人スタッフの支援の質をメンテナンスです。2時間半タップリと「個別支援計画作成」について勉強しました。お一人のケースを用い、チームでのアセスメント票を完成させた後、前回 作成した個別支援計画の「長期計画」との整合性を確認し、サービス提供となる支援の根拠を確認しました。

この計画作成においては、聴くことを後回しにしては何も書けない、何も出来ないことを確認し、聴くことの難しさというか、発せられた言葉には必ず背景があることも。もしこれらの確認なく勝手に支援計画が作成されたら、サービスが提供されたら、それがいくら「良かれと思って」いようと、これは虐待であることを確認しました。

10月に設置される、虐待防止センターの お手を わずらわさないためにも、しっかりと権利を護らないといけないですからね。



ってなことで。 なんやらかんやら、公私ともにガタがきている部分を、丁寧にメンテナンスして回った1日となりましたぁ。はい。



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月13日 (金)

任務完了


昨日は、お伝えしていました通り愛知県相談支援従事者研修の三河地区 三日目、すなわち8月末、鯱城ホールから始まった今年度の研修の最終日でした。受講者の皆さんには長く感じた方もみえるのではないでしょうか。でも、きっと、近い将来に「もっと勉強しておけば良かった」と思う日が来ますよ。きっとね。(^_^)v



で。最終日は、前日 作成したケアプラン作成のプロセスが「ギ〜ッシリ」詰まった模造紙を、グループ毎に発表。それを受け担当ファシリが講評。って感じの午前中。皆さんの真剣な顔が印象的でした。


任務完了


午後は、個別支援会議。それに引き続き、自立支援協議会のコマ。まずは実践報告として、田原市と岡崎市の2市から報告。田原市は ぐふ!ふじたさん、岡崎市は泉さんから、それぞれの「立ち位置」から見たの自立支援協議会「論」を語って頂きました。

ぐふ!ふじたさんは、自立支援協議会事務局に携わる立場から「運用方法」を。泉さんからは、自立支援協議会に携わらない立場から「精神論」が語られました。ぐふ!ふじたさんについては説明不要かと思いますが、泉さんの報告は正直、驚きました。いろんな意味で。


任務完了


思うことは。成長されたなぁ。ということ。腕 上げたなぁ。ということ。彼の現任研修受講の際のファシリを担当させて頂いたことを、迂闊にも「自慢したく」なりました。そして「退く」ことを決意したあらいの思いを「ひっくり返させた」彼の熱意も合わせて感じました。

2人の実践報告を受け、豊田市 成瀬さんの仕切りで蒲郡市 鈴木さん、新城市 小林さん、田原市 あらいらで、シンポジウム形式で自立支援協議会の「メリット」についてお話させて頂きました。

このコマ。時間が足らなかったです。全然 足らなかったです。



初任者研修の最後に まとめ。これで すべてのカリキュラムが終了となりました。6日間に及ぶ研修が終わりました。閉講式を終え、あらいにとっての5年間も、ステキに締めくくることが出来ました。

本当に、本当に たくさんのことを学ばせて頂きました。経験させて頂きました。感謝の気持ちは言葉で言い表せないほど。でも、やはり、だからこそ、ありがとうございました。




いつもの年と同じように。いつものように手羽先でお疲れさま会。
大好きな仲間たちと、お互いの労を労いつつ、この楽しかった数日間を振り返り、数年間を思い返し、明日からについても語り、そして大いに飲み笑い転げました。ステキな、ステキな時間となりました。(*^o^*)


任務完了



任務完了。みんな、みんな、良い思い出になります。感謝です。



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「弁護士会主催」


あらいの同志と言いますか、盟友といいますか、名東区こじまさんの名前を、エライとこで発見しました~!ナント!「愛知県弁護士会」ってとこに~!スッゲーッ!ぶっちゃけマジ やべぇーっ!( Д) ゚ ゚


以下が、そのシンポジウムの内容です!驚愕です!


==============================================


高齢者・障がいのある方の自己決定の実現に向けて
―ライフプランを知っていますか?


「いつまでも自分らしく暮らしたい」「ずっと地域で暮らしたい」「障がいを持つ子に財産を残したい」。当然の思いです。でも、このような思いは意外と周りに伝わっていないものです。そうしたあなたの思いをかたちにする方法のひとつとして私たちが考えたのが「ライフプラン」です。「ライフプラン」の作成を通じて自分の希望を伝え、実現していく方法を、法律家の視点と福祉専門職の視点から考えてみたいと思います。あなたらしく生きる準備、これから一緒に始めませんか。


■日時  平成24年3月3日(土)
       午後1時~午後4時30分
       受付 午後12時30分
■会場  愛知県弁護士会館5階ホール
       名古屋市中区三の丸1‐4‐2
■対象  一 般
       先着150名(事前申込不要、入場無料)
■主催  愛知県弁護士会


■プログラム

第1部 基調報告
第2部 事例紹介
「本人の自己決定・権利擁護」
 石川敦男 愛知県弁護士会所属弁護士
 中島康雄 愛知県弁護士会所属弁護士
第3部 パネルディスカッション
パネリスト
山口喜樹氏 社会福祉法人高針福祉会
          特別養護老人ホーム極楽苑長
青木邦子氏 社会福祉法人親愛の里
          名古屋支援事務所施設長

小島一郎氏
        名東区障害者地域生活支援センター長

宮本曜爾   愛知県弁護士会所属弁護士

福祉型信託についての解説
 相川悟郎 愛知県弁護士会所属弁護士
コーディネーター
 矢野和雄 愛知県弁護士会所属弁護士
 平野由梨 愛知県弁護士会所属弁護士

■お問合せ 愛知県弁護士会 第2課 業務・広報係 
        電話052-203-0730


=======================


スゲェ!スゲェっすよ~!カッコイイっす!こじまさん!
あらいは行きます。必ず行きます。勉強させて頂きます。



 arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月11日 (水)

地区別 二日目


本日は、愛知県相談支援従事者 初任者研修(三河地区)の二日目に行ってまいりました。長かった(?)研修も、残すところ今日明日の二日となりました。否、なってしまいました〜!足らない〜!です。

で、あらいは。この研修講師を仰せつかってから、随分と時間が経ったのですが、年々、年々「伝えることの難しさ」を感じる度合いが強くなっています。自分の力不足を反省するばかりです。(>_<)


地区別 二日目


が。今日の研修を受講された人数は 50名超。現に相談している方は半数以下かと。演習グループ数は8グループ。で、この8グループの中で、今日のカリキュラムを無事に、完全クリア(プラン作成)出来たのは4グループ。半数だけ…。



あらいの力不足は、重々承知しております。が、これだけが問題ではないような気がします…。やはり「学ぶ姿勢」であったり、「そもそものスキル」であったりも課題になってきている気がします。
言い訳ですね。ゴメンナサイ。m(_ _)m



とにかく。明日は三河地区最終日。すったもんだした、と言いますか、あらいがグチグチ言っているのを、多くの方が後押しして下さり参加させて頂くことになった本年度の研修ですから、最後まで、しっかりと勤めます。

そして、本当に多くのことを学ばせて頂いた、育てて頂いた県研修講師という大役を、しっかりと締めくくり、ご恩返しをしたいと思います。


 arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月10日 (火)

前を向いて


本日、田原市運営会議。平成24年、田原市事務局本格始動です。先月の1ヶ月間、南三陸町に派遣されていた水滸伝清田さんも戻ってみえ、オールキャストで賑やかに、新年一発目の会議でした。

来年度のことや、他にも あれこれ考えることが多々あり、若干 テンションが上がらない、モチベーションの維持が出来ない日が続いていました。情けない話。が、とことん貧乏性な あらい。いざ現場が始まると、さっきまでの自分がまるで別人のように前を向いて職務に向かうことが出来ました。こんな単純な子に産んでくれた亡き母に感謝っす!(`∇´ゞ



で、本題。先月から若干 内容を変更した運営会議。来年度の法改正に伴い、情報共有、意見交換の場としての位置付けを、もっと掘り下げたというか深めたというか、そんな感じになってます。



ってことで。本日は「精神障害者支援」について、会議メンバーの精神科病院のケースワーカーさんから医療現場の実情や医療からみる障害者福祉・相談支援事業について。を、ミニ研修みたいな感じで、運営会議メンバー一同で学びました。

ご自身の実体験をベースに解りやすく、しかも熱く!お話頂きました。いや〜本当に熱かった!格好良かったっす!「周りの都合なんかじゃなく、本人が どう生きて生きたいかだと思うんです!」って言葉に、正直 泣きそうでした。はい。

続いては、先月に引き続き「成年後見事業」についてを、先月の座学をベースに実践編って感じで再度 田原市成年後見センター岩瀬さんに お話頂きました。成年後見センターが「自前である」なんていう、なんとも贅沢な環境なんすから、しっかり活かさなきゃね〜!

財産管理ばかりがクローズアップされる感がある成年後見事業ですが、あらいは身上監護の重要性をスゴく感じていましてぇ。そこんとこを じっくり お話頂きました。良い時間となりましたぁ。



で。新規ケースの報告と事業所からの連絡を経て閉会となりました。この新しい運営会議の深く共有するってこと。とても良さげです。

で。いつものようにラーメンを5人で すすった後の午後の時間は、いつものごと総合相談センターのミーティング。テーマは「障害者虐待防止法」です。先月 開催された虐待防止法に関する国レベルの研修で用いられた資料を、メンバー一同で丁寧に検証していきました。

読めば読むほど溜め息が零れる内容。『どうしたらいいの…。』ってな感情しか湧いてきません…。情けないですが…。(T_T) とはいえ。

施行まで 10ヶ月を切った今、とにかく、障害のある方と心ある支援者が待ち望んだ この法律。決して「つまらない」ものにするわけにはいきません。まだまだ、まだまだ議論を深め、きっとステキなアイテムとして田原市で活用出来るようします!



とにもかくにも。なにがどうあれ。前を向いて進んでいきます。



 arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月 6日 (金)

かろうじて・・・


メールの返信が出来ていないからか。
ブログのアップが滞っているからか。
こじまさんから「生きてる?」とのメールが届く。


生きています。かろうじて。お気遣い、感謝です。


かろうじて


arai

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月 2日 (月)

「エヴィス」ジーンズ


年が明け、二日。静かな正月を過ごさせて頂いています。ここ数年、緊急連絡が入る慌ただしい年が続いていただけに、余計に静かな正月に有り難さを感じています。あらいだけではなく、スタッフも、そして我らを頼りにして下さっている皆さんも安寧な正月を過ごしてみえることに、有り難さを感じています。



で。

年末。「エヴィス」にオーダーしたかジーンズが届きました〜!
右が、今回 オーダーした赤い「m」を「ペイント」してもらった、あらいのジーンズ。訓練を受けた店員さんが丁寧に手書きしてくれた、ありがた〜いモノですぅ。(≧ε≦) で、左が、先日 萌が購入したピンクの「m」を「プリント」したモノですぅ。違い。判るでしょ!


「エヴィス」ジーンズ


皆さんが よく目にするのは左のプリントの方かと。ペイントと違い、若干 太く、「m」の形も優しい感じでしょ〜!? V(^-^)V

先日の法人忘年会。あらいも含めた男性スタッフの内 3人が、エヴィスのジーンズを愛着しておりましたが、他の2人はポケットに「m」を施したモノではなく、後ろ見頃全体に大きく施したモノを履いていました。最近 この手が増えました。あらいは似合わないので(年齢的に…)持ち合わせておりませんが。(>_<)

が、次の一本は。今まで通りベーシックなタイプにするか…。若作りしてみるのか…。若干 悩んでいたりする今日この頃でありますぅ。




で、今日は。行きつけのジーンズショップへ。長女の萌が「初売りに行きたいのぉ〜。」と猫なで声で訴えるもんでぇ。ダメ親父はご機嫌とりって訳でしてぇ。こうみえて、けっこう必死なんですよ。はは。

お年玉も若干あり、大人っぽく「あ~でもない。こ~でもない。」と物色する萌。その萌に付いて次女 希も物色している風。( ´艸`)プププ
些細な仕草なんですけど、こんな風景に愛娘らの成長を感じました。少しずつ、少しずつですが成長してることを感じました。


「エヴィス」ジーンズ


あと何年。こうして一緒にいられるのかなぁ。(u_u。)



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初 夢


この世に生を受けてから 46年。
当然、初夢も 46回 見ました。
が、今年初めて、ステキな初夢でした。

「雲上人」田中さまが、あらいを心配し、
法人事務所に訪ねてきて下さり、
助言・指導して下さったんです〜。

夢でも嬉しかった〜。(T_T)



必ず。ステキな一年になります。
否、します!してみせます!



 arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

新春に願う


平成24年が幕をあけました。今年も一年、全力で駆け抜けます。

例年通り地元の神社へ、親族一同で初詣に出掛けました。
一日も早く、東北の皆さんに笑顔が戻る日がくるよう願いました。
そして、日本中の皆さんに幸せが訪れることを祈りました。


新春に願う


皆さん。今年も、ご指導ご支援のほど、お願いします。



arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »