« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月30日 (土)

メグ in 田原市

メグ in 田原市


主役のメグを囲んで、田原市手をつなぐ育成会 白井さんと朽名さん、田原市社協 仲井さんと岩瀬さん、そして「チーム白井」BOSSはじめ地域福祉課・総合相談センター メンバー一同。

格好だけで集まったのではなく、真に「語り合いたい」とい目的の上、集まって下さった皆さんです。



みんな「前のめり」で話し込んでいました。こんな空間を創るのが あらいのミッションでした。また一つ。叶いました。


 

 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月28日 (木)

曇天の灯り


今日の田原市の天気予報は、曇り。
が。何となくパラパラしてきた感じです。

で。曇りの日の villaうぇ~ぶは、
ちょっぴり薄暗く、間接な灯りが映え、
何とも良い雰囲気ですぅ。(*^o^*)


曇 天


お客さまは、あらい以外すべて
女性の皆さまばかりであります。

「いい雰囲気だね。」

という お客さまの言葉に癒されますぅ。



arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「第一歩」の企画


昨日は。午前中、じっくりと事務仕事と向き合える時間が取れ、また地域移行・定着支援に関する今後の支援方針を確認することが出来、なんとなく「やれやれ」って感じの時間を過ごしたのですが、午後は一転!てんやわんやとなりました〜!(◎o◎)



今秋 設置の「新たな権利擁護に関する部会」に関して、あれこれ意見交換。同時期に開催を予定となった、田原市成年後見センター主催の権利擁護セミナー(仮称)との連携について。

もともと、岩瀬さんから「より良い」センター開催について意見交換していたものなんですが、岩瀬さんの「ただやる」のではなく、「今まで通りやる」のではなく、「新たな形でやる」って思いに激しく同意し議論してきた。って感じです。ステキじゃないですか?

出たり入ったりする若輩相談支援専門員軍団ではありましたが、それぞれ「やらなきゃいけない」ことが山のようにあるにも関わらず、ほんの少しの時間でも会議の「輪」に入り、共有しようとする様に安堵と感動を覚えました。



で、4時少し前。このミーティングを三国志清田さんに預け、メンバーを残し、継ぐ者山本さんと かみや、あらいはクレバー三宅、モザイク河合(ん?モザイク美香だったか…?)の子育て支援課チームに拉致され、田原市最南端で開かれるケース会議へ。ここでも「預けて」いけるメンバーに感激するのと、心強さも感じました。

で。最南端でのケース会議。長期化しつつあったケースが、子育て支援課の粘り強い働きかけと、地域福祉課のサポートで、何とか「一歩」踏み出せることになりました。随分と時間が掛かってしまった感はありますが、相手の「心」が動くのを じーっと待った子育て支援課さんの思いが通じたのだと思います。ステキです。(*^o^*)

で、5時半少し前。会議終了。少し、また少しと悩みを吐露して下さる お母さんに、ちょっと泣けそうになりながら、隣で元気に ハシャぐ お子さんを見ながら、頑張ろう!の思いを強く持ちました。



で。総合相談センターに戻り、大慌てで帰り支度を終え、愛車に飛び乗り、向かった先は豊橋駅。で、ここで愛車を乗り捨て、電車に乗り換え、で、着いたのは蒲郡市。ASK(愛知県相談支援専門員協会)鈴木代表んところへ。でございますぅ。

って言っても、いつもの役員会ではなく、愛知県委託事業の講師派遣事業の申込みを頂いている「愛知県精神保健福祉士協会(P協会)」さまの、研修担当の皆さんとの打ち合わせであります。って言っても、お相手して下さったのは半田市トクヤマさんと蒲郡市中川さんという、あらいにとって馴染みのあるお二人と、あまりにデカイ肩書きを持つスゲエ方(名前の公表が許されるのか不安…)の3名の協会員さんです。m(_ _)m




で、内容ですが。P協会が主催する研修に講師派遣を依頼され。そのステキで、コワイ過ぎるオーダーに応え派遣されるのが あらいでありまして。で、更にP協会さんからの お申し出もあり、P協会会員皆さんとASK会員との合同研修ということになり、で、内容やら何やらを「突っ込んで」意見交換した。って次第でありますぅ。


「第一歩」の企画


チラシ案には「(前略)障がいのある方が新制度を活用するには、私達 専門職の制度理解と他職種との、より一層の連携強化は急務です。今回の研修では、愛知県の精神保健福祉士協会と相談支援専門員協会が、今後の連携強化を進めていく第一歩として企画致しました。」と記されています。

ステキ過ぎますっ!こちらから頭を下げてでも実現させたい企画を、お相手下さる側の若手が こんな文面で広報して下さるなんて、ありがたいをと超越し、マジで泣きそうっす!感激っす〜!(>_<)



このステキな研修。今日の打ち合わせの内容を踏まえ、再度 チラシを作成し直した段階で公表される運びになることかと思います。が、参加定員は あまり多く設定されない模様であります。

ので。このステキな研修に「参加したい!」と お思いの皆さん、急いで!急いで お申込みされることを お勧めします!きっと ご満足頂ける研修になること間違いなしですから〜!

あっ。いかん…。あらいが口火を切るんだった…。
自分でハードルを上げてしまっているなぁ…。(・_・;)




で。9時半。蒲郡駅前の全国チェーンの居酒屋さんへトクヤマさんと二人して飛び込み。トクヤマさんの言うところの「知恵の水」を大急ぎで流し込み。今日の打ち合わせの話、この後の研修の話、両協会の今後の話、お互いのまちの話、そして お互いが背負う「伝える、そして耕す」という役割の話。で、終電まで盛り上がりました〜。(*^o^*)

トクヤマさんは何度も、両協会の今後の連携について語っていました。心に病を患った方の地域生活支援を豊かにするためには、連携が不可欠なんだと熱く語ってみえました。この思いがあるからこそ、両協会の間に立ち、中川さんら仲間と共に奔走してみえるのだと思います。



お世辞ではなく。日増しにトクヤマさんが「漢」を感じさせてくれます。強さと優しいを併せ持つ、そんなステキな漢です。あらいも負けていられません。今日もメチャクチャ頑張ります!(`∇´ゞ



 arai

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年6月26日 (火)

パワポ「一枚」


ってことでぇ~。昨日の午前中は、今年度初の田原市成年後見センター運営委員会に参加してまいりましたぁ。

事務局の田原市社協は今年度の人事異動で、成年後見センターの岩瀬さん以外は大きく様変わりされましたし、こちら運営委員には「チーム白井」BOSS 白井部長が新たに参戦されることとなり、まぁ何とも緊張感のある会議となりました。

内容の詳細は控えますが、未成年後見に関する事案について。
委員を拝命しております私が こんなことを言ってはいけないのだと思いますが、メチャクチャ勉強になりました。熊田弁護士から「法」を解りやすく お話頂いたり、愛知県、全国の状況をお聴かせ頂いたり。こういうのを「役得」っていうんでしょうねぇ〜!ラッキー!(^w^)



で、午後。協議会マンスリーに備えて。就労PTに お諮りする資料作成。結構 複雑なお話を一枚のパワポで図示しようということで、知恵熱がでるくらい脳みそフル回転で議論しました。何とかイメージまで たどり着いたって感じでした。f^_^;


「共有」の理由


でもね。委員皆さんにお諮りする資料。パワポ「たった一枚」とは思わず、入魂で向かう このメンバーの姿勢がスキです。




で、夕方から総合相談センターは てんてこ舞い!
夏休みの田原市レスパイト事業新規利用者の面談をする者あり、高齢福祉課・地域包括Cとの連携を図る者あり、障害のある方の雇用をされる企業のアドバイスに奔走する者あり、ひたすら資料作成に打ち込む者あり、成年後見センターと今後の支援について協議する者もあり。

とにかく、てんやわんや!てんてこ舞い!の状況で夜7時を超え。
いろいろ思うことがあり。あらいだけでなく、メンバーそれぞれが、それぞれに思うことがあり。やるせなさも感じ。で、結局は「共有」の場に向かった、そんな一日でございました。



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いろいろ ある


毎日、毎日。いろいろなことが ある。



昨夜7時。総合相談センター。

三国志清田さんも、継ぐ者山本さんも。
いとうリーダーも、そして あらいも。
イライラというか、悶々というか。

ので。いつものように、深夜まで共有した。



共有出来る同志がいる環境に感謝。



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月24日 (日)

久々の NIKE!

NIKE


ここんところ「adidas」でしたが、
気分転換に「NIKE」AIR にしました。


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月23日 (土)

初 Mac !?

初 Mac


ノート型 スケジュール帳!
超アナログです~!(≧∇≦)


arai

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年6月22日 (金)

feel


空の色を感じ、風の音を感じ、土のにおいを感じ。
感じたことを、感じたままに、表現出来る普通の社会の実現。



ふぃ〜る工房立ち上げ時のキャッチです。障害のある方の余暇・文化活動支援を目的に、現場小屋で静かに立ち上がりました。




今日、villaうぇ〜ぶでのランチタイム、突然 店内の全ての電気が落ちました。最初、『ブレーカーが落ちた』と思った程度だったのですが、ブレーカーは大丈夫。『ん?なぜ?』と一同「キョトン」。店内の灯りは消え、BGMも消え、クーラーは止まり、食洗機も止まり、スタッフは ただただ慌てるばかり。が、何を どうしても電気は着かず…。ちょびっと泣きそう…。(;д;)

店内は「あっ」という間に熱気を帯び始め。スタッフは、とにかく窓を開け、お客さまのもとへ行き「申し訳ありません。」とお詫びすると、お客さまから頂いた言葉に感動。



「いえいえ。風、気持ちいいですよ。」と。しかも笑顔で。



この言葉で、ふと我にかえる。確かに風が心地よい。
ついでに、窓を開けたことから竹林が風に揺れ「ザワザワ」という音を奏でる音が聞こえ、時折、風に乗って海から波の音も届く。



しばらくは、バタバタと復旧に奔走したが、ほどなく諦めました。『台風直撃の影響で、古い建物のvillaうぇ〜ぶへの引き込み電線が切れたのだろう。我ら素人の出る幕はない。』と割り切り、自然を堪能しようと思い直す。吹っ切れたからか、更に心地よさは増しました。

で。思い出したのが、冒頭に紹介した設立時のキャッチ。こんな自然を感じる(feel)ことを大事にしていたことを思い出しました。


feel


そうは言っても。昼休憩の終わりの時間がきて、残念ながらセンターに戻ることに。で、このまま放置ではマズイので、電気屋を手配し、スタッフに指示を出し、愛車に飛び乗りセンターに向かうと…



信号は消え、交差点には お巡りさんが交通整理を…。
どうやら。ただの停電だったようです…。あはは…。(゜∇゜)

台風直撃は、villaうぇ〜ぶ だけの話ではなく、田原市全域ですもんねぇ。そりゃそうだ~!と納得しつつ、大慌てで villaうぇ〜ぶに向かう電気屋を止め、謝罪し、スタッフにも伝え、大笑いし、で、総合相談センターに到着した次第であります~。
バタバタはしましたが、何だか楽しい昼休憩でした。(^O^)




追記

センターに戻るため、お代を支払おうとしましたが、停電で(その時は知りませんでした…)レジが開かないことに大慌てするスタッフ。入金も出来なきゃ、釣り銭も出せないわけですから、そりゃ慌てますよね。で、スタッフと爆笑したのですが、そのスタッフが一言。

「電気の有り難みを感じますね。ちょっとしたことで こんなに苦労しちゃうだから、震災にみまわれた皆さんの ご苦労ったら…。」



一瞬、背筋が伸びました。スタッフに また教えてられました。



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気がつけば


今日の午後は。総合相談センターで、ずーっと継ぐ者山本さんと2人で資料作り。来月に控えた「田原市障害者自立支援協議会 マンスリー」に備えて。であります。

で。まず取り掛かったのが「障害者就労検討会」の資料。
お互いの頭ん中にあるイメージを図示して摺り合わせをし、で、それを資料に落とし込む。って作業を、ずーっと。



この障害者就労検討会は、「移行支援事業の設立」という重要なミッションが与えられている専門部会ですから、我らの目も血走り気味。資料作成も暗中模索の状態が続いておりましたが、何となく、何となくですが、議論も煮詰まってきた感じがします。(^_^)v

5時を回った頃、総合相談センターに戻ってきた いとうリーダーも加わり、更に議論を深めつつ、いとうリーダーに してやられたり。田原市社協岡田局長と地域支援について意見交換したり、成年後見センター岩瀬さんと啓発事業について意見交換したり。メチャクチャ有意義な時間を過ごしました。



と、さっき。継ぐ者山本さんが「あっ。こんな時間だ。」と一言。
気がつけば、時計の針は「あっ」という間に7時を回っていて。継ぐ者山本さんは「そろそろ戻りますね。」と、慌てて総合相談センターをあとにしました。

時間を忘れ、仕事に打ち込める この環境と、この仲間がいることに感謝します。同じ志を持つ者との時間は、何よりも心地よく。



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月21日 (木)

「「骨格提言」ほぼ不採用」


昨日、障害者自立支援法に代わる「障害者総合福祉法」は、参院本会議で民主、自民、公明などの賛成多数で可決・成立しました。
が、内閣府の「障がい者制度改革推進会議 総合福祉部会」出した骨格提言は、ことごと採用されなかったそうです。


「「骨格提言」ほぼ不採用」


◇ 障害者総合福祉法の骨子 ◇

・ 基本理念に「共生社会の実現」
・ 難病患者を障害福祉サービスの対象に
・ 重度訪問介護サービスの対象拡大
・ ケアホームをグループホームに一元化
・ 障害程度区分の認定方法や意志疎通に支障がある
    障害者への支援の在り方を施行3年をめどに見直し
・ 福祉サービス利用料の自己負担(現行法と変わらず)



結局のところ。この総合福祉法は、自立支援法の抜本改正にならなかったのですね。財源問題に関するの議論もない中、政権交代で「何でも出来る」という「夢」を見た感じなんでしょうね。超多忙の中 召集された委員皆さまは 何だったんでしょうね。

紙面には、自立支援法訴訟の元原告団の方のコメントとして「万感の怒りを持って抗議する」と非難し、「政府に法的責任を徹底的に追求する」と紹介されています。思うことは あれこれありますが、気持ちは分かりますよね。

と。あらいにとっての「雲上人」 全日本手をつなぐ育成会 田中正博 常務理事のコメントも紹介されていました!スゲェ~!;:゙;`(゚∀゚)`;:゙



「「障害者福祉は社会保障でも遅れており、一歩でも前に進むことが重要」と評価」とありました。

了解しました!仰る通りです。ついていきます!(`∇´ゞ 



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月20日 (水)

警報解除


大きな事故等なく、警報は解除となりました。良かったです。

午後一から、作業服を纏い、緊急配備につくかれてた田原市役所職員皆さま、本当に お疲れさまでした。報われますね。


arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月19日 (火)

避難準備情報


田原市に、災害に備えて避難の準備を始める避難準備情報が
出されています。これからも最新の情報に留意し、て下さい。

避難勧告が出されてからではなく、「ヤバイかなぁ」と感じたら、
迷わず自主的に避難して下さい。「自分の身は自分で」です。


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

避難収容施設 開設


田原市は避難収容施設を開設しました。


避難収容施設一覧は以下
http://www.city.tahara.aichi.jp/emergency/refuge/index.html


避難収容施設一覧

  校  区    施 設 名       地 区 名

六    連 : 六連小学校  六連校区
神    戸 : 東部中学校  川岸、漆田二区、漆田三区、
                    神戸市場
神    戸 : 神戸市民館  漆田一区、東赤石、サンコート
神    戸 : 神戸小学校  青津、希望ヶ丘、赤松、志田、
                  新美、南町、谷ノ口、東ケ谷
大    草 : 大草小学校  大草校区
田原 東部 : 東部市民館  相川、谷熊、やぐま台
田原 南部 : 南保育園    大久保
田原 南部 : 南部市民館  大久保
童    浦 : 童浦小学校  吉胡、木綿台、吉胡台、片浜、
                   白谷、片西
童    浦 : 童浦市民館  浦、光崎
童    浦 : 北部保育園  西浦、波瀬、姫見台
田原 中部 : 田原中学校  巴町
田原 中部 : 中部小学校  萱町
田原 中部 : 成章高校    本町、新町
衣    笠 : 衣笠小学校  衣笠校区
野    田 : サンテドーム  芦
野    田 : 野田中学校  南、彦田、雲明、野田市場
野    田 : 野田小学校  保井、東馬草、山ノ神、西馬草、
                   今方、北海道、仁崎、ほると台
高    松 : 高松小学校  高松校区
赤  羽  根 : 赤羽根中学  赤羽根校区
若    戸 : 若戸市民館  若戸校区
和    地 : 和地市民館  和地、土田
堀    切 : 伊良湖岬中  小塩津、和地一色
堀    切 : 渥美運動公園 堀切
伊  良  湖 : 伊良湖小    伊良湖校区
亀    山 : 亀山小学校  亀山校区
中    山 : 中山小学校  小中山
中    山 : 福江中学校  中山、向山
福    江 : 福江小学校  長沢、福江、保美
清    田 : 清田小学校  清田校区
   泉     : 泉小学校     宇津江、江比間、八王子
   泉     : 泉中学校     村松、馬伏、伊川津、石神、
                   夕陽丘

 
    渥美文化会館       小中山、宇津江、江比間、石神
                    夕陽丘
    福江高校体育館     八王子、村松、馬伏、伊川津



台風4号は、今夜0時が田原市最接近だそうです。
これから明朝までの外出は、極力 お控え下さるよう。
まずは「自身の身は、自身で守る」が鉄則ですから。

今、あらいの目の前で、田原市相談支援専門員は
個別に電話にて安全確認を行っております。
現段階では、皆さんご自宅におみえになります。
このまま何事もないことを祈るばかりです。



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暴風・波浪警報

先ほど、田原市に「暴風・波浪警報」が出されました。
今後の避難所設置が検討されているようです。

皆さん、くれぐれもお気を付け下さるとともに、
今後の情報にも ご注意下さるよう、お願いします。


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月16日 (土)

1年半ぶりの


昨日、半田市への派遣を無事に終え、碧海地区への寄り道から戻り、大慌てで向かったのは豊橋駅近くの居酒屋さん。(^_^)v

待ち合わせしたのは、地域生活支援センターすたぁとの皆さん。
以前は、半年ごとの飲み会を 長く続けていたのですが、ここんところ お互いに忙しく、毎夜なかなか都合が合わずで、で、久しぶりの開催となりました。っていうか、1年半ぶりにお会いしました〜!



相談支援の話題中心に、障害のある方の地域生活支援について、意見交換しました。そして我らの職務は、社会的弱者に対して「ほどこし」として行われるものではなく、個人として尊重される市民に対して、選ばれて初めて提供出来る「サービス」であることを確認しました。

と。サービス等利用計画は、個人と事業所(相談支援専門員)との「契約」。委託契約は、事業所と行政との「契約」。契約とは、法律行為です。守らなければならない「約束」であることを確認しました。(・∀・)イイ!


1年半ぶりの


いつもは。基本的に終電で帰路につく あらいなのですが、なぜだか このメンバーとの宴は終電を乗り過ごしてしまいます…。(T_T)



それにしても。先週一週間の夜は。月曜日はスタッフと、火曜日は「緑のまち」のお二人と、水曜日は こじまさんと、木曜日は半田市のメグとトクヤマさんと、で、金曜日は すたぁとさんと ご一緒しておりまして。一食も自宅で食すことなく終えてしまいましたぁ…。

なんとなく。なりにですが、頑張った気がします。
今夜は、誰からの誘いもないことを祈るばかりです。ヘ(゚∀゚ヘ)



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

派遣事業


本日は、愛知県相談支援専門員協会「相談支援専門員派遣事業(愛知県委託事業)」の派遣講師として、ご依頼頂きました半田市障がい者相談支援センターまで 行ってまいりました。

今年度のASK目玉的事業でして。その記念すべき一発目!が、あらいめでありまして…。しかも派遣先が半田市でありまして。誰もが『出来れば、避けたい…。』と思う場所でありまして。(・_・;) そ、そりゃそうでしょ!いつも言いますが、日本中から「尊い経典を求め目指す天竺」のような場所なのですから、そりゃコワイっしょ!

が。派遣依頼要請書を頂き、ASK役員の厳しい審査を通過した以上、伺わない分けにはいかず…。若輩者あらい、腹を括ってお話させて頂きました。m(_ _)m



で。お話を聴いて下さったのは、今年度 半田市から指定を受けた相談支援事業所の方と、半田市の方々。総勢 二十数名。メグ曰わく、今年度一年という時間を掛け連続研修を開催し、市指定の事業所の平準化を図ろうってもの。平準化のために、まず法の、職責の共有を図ろうってもの。これ、メチャクチャ大事なんですよね。



ASK「相談支援専門員派遣事業(愛知県委託事業)」

「 ミスポジション論に基づく
      サービス等利用計画の作成 」




あらいが お話させて頂いた内容ですが。いつものように、法の理念と相談支援専門員の職責、ケアプラン作成のために必要な「ミスポジション論」のエッセンス、そしてサービス等利用計画作成のポイント、で、まとめ。ってな感じです。

時折、あらいの知る・関わる生事例をご紹介し、相談支援専門員の職責を理解して頂きました。我らの職務は、人の生涯に関わるのだということ、人の生死に関わるのだということ。人の「生き様支援」なのだということを。


まぁ、代わり映えすることなく。って感じですぅ。(/ー\*)

で、でも。これがオーダーだったんだものぉ!メグも、トクヤマさんも褒めてくれたものぉ!お世話でも褒めてくれたものぉ〜!


派遣事業


半田市指定相談支援事業所の皆さまと、半田市担当職員さま、皆さん 本当に真剣に聴いて下さいました。何人かの方は涙を浮かべながら聴いて下さいました。派遣講師という大役を、なんとか勤め上げることが出来たかなぁ、と思えました。(*^o^*)

半田市の皆さん、拙いお話にお付き合い下さり、ありがとうございました。一助となれば幸いです。と、メグはじめ半田市障がい者相談支援センター皆さん、ステキな学びの場を与えて下さり、こちらも感謝でございます。

と、ASKメンバー皆さ~ん、無事に終わりました〜!(ToT)




で、昼食。最後の最後までメグとトクヤマさんは ご一緒下さいました。食事中も、形こそ違いますが同じ「基幹相談支援センター」を担う者として、センターの在り方や進み方について意見交換。

基幹相談支援センターに求められる「人材育成」、「権利擁護」、「地域移行」のうち、人材育成以外は そもそも相談支援専門員の業務として求められているものですよね。人材育成こそが基幹相談支援センターが追い求めなければいけないミッションだと あらいは思っています。



昼食を終え、メグもトクヤマさんも別々の現場へ飛んで行きました。そうです。我らも現場の一員ですから。そして、あらいめも現場へ向かいました。あらいもまた現場の一員ですから。(・∀・)イイ!

帰路にある碧海地区にあるまちへ向かい、保護者に印を頂き、市役所窓口に提出し、これからの協働を共に約束しました。遠いまちの市職員さんとの約束です。

「計画相談」。これからは こういうことも時々あるんだろうなぁ、と思いました。ちょっと震えながら帰路に着きました。(((゚Д゚))) ガタガタ




追記。

実は。半田市には前日入りしておりました。当日が朝一ってこともあり、万が一にも遅刻する分けにはいかないですから。と、当日の夜はメグに予定があり、反省会が出来ないって理由。「そんなん あんたが前日に来たらええやん。なぁ、トク。」ってメグが言うから…。

で。もっと ややこしいのが。「あらい半田泊」を聞きつけた かみやさんも追い掛けてきて夜 合流…。ご本人曰わく「私も勉強したいから来た。メグちゃんもいいって言ったもん。」と…。(・_・;)

実は この日、我らが代表かみやさんの何回目かのお誕生日!ってことで、メグとトクヤマさんがお祝いしてくれたんですぅ〜!
いつもの焼鳥屋ではなく、オシャレなパスタ屋で食事をし、二次会でも これまたオシャレなレストランバーで濃いお酒を頂き。

海の向かうに、こういう仲間がいることに感謝です。(*^o^*)



メグ、トクちゃん、本当に ありがとうね。
かみや、メチャクチャ喜んでました。


派遣事業


それにしても。このトクちゃんの顔、ちょっとヤバくないっすか?
まるで。超高額商品をお金持ちの奥さまに買わせて「してやった!」って感じですよね。「うひゃっひゃっ!」みたいな〜!(^w^)



 arai

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年6月14日 (木)

義務化へ

義務化へ


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラストオーダー


本日午前中、継ぐ者山本さんと2人して市内の施設入所支援事業所へ、個別ケースの対応の件と、いよいよ始まる「施設入所支援」利用者皆さんのサービス等利用計画作成に関する件について ご相談です。

課題はあれこれあるかと思います。が、サービス提供事業所さんと しっかり連携し、しっかりと ご本人の思いが反映された計画を作成せねば。の思いです。今の田原市なら、きっと出来ると信じ。

で、総合相談センターに戻り、やっちゃいなよ!三浦さんも交え今後の田原市の計画相談に関して意見交換。



この やっちゃいなよ!三浦さん。2つの施設入所支援を提供し、更には通所生活介護事業を提供し、長きに渡り支えてきた法人の相談支援専門員さんでありまして。明らかに今後の田原市相談支援事業の「浮沈のカギ」を握る、正にキーパーソンでありまして。昼食を一緒にとりながら、今後について意見交換しました。ぶっちゃけ話も出来、本当に良い時間でした。

熱さと、実直さを併せ持つ彼に期待せずには いられません!



で、第2水曜日の午後は。田原市要保護児童地域対策協議会。いつものように。やり切れない思いに、身が割かれそうになります。

ただ、一つ。だからといって何もしないのでは、この協議会の存在意義が無いってことを、メンバー一同が確認出来た回であったと思います。それぞれの立場でやれることを考えた、そんな回でありました。教育委員会も、健康課も、子育て支援課も、みんなで。議論の中で委員皆さんが熱を帯びていくのを実感しました。ステキな回になったと思います。

が。この中に。力強く我らを引っ張っていくべき県の機関は、議論に参加して頂くことが出来ませんでした。

虐待は、身体的な虐待だけではないと教わりました。心に受けているキズを、なぜ虐待と捉えてくれないのだろうか?どうしたら議論に加わってくれるんだろうか?どうしたら救ってくれるんだろうか?




で。4時を少し過ぎに閉会。と同時に会場をダッシュ!(気持ち的には。本当は早歩き!)で後にし愛車へ飛び乗り。で、豊橋駅に車を乗り捨て、向かった先は地上に駅がある地下鉄駅。こじまさんち。ASK(県相談支援協会)役員会に参加であります。

で。今夜の議題は。愛知県から委託を受けております、諸々の事業について。最初は、相談支援専門員派遣事業について。現在までに ご依頼頂いているものに対して、この派遣事業に相当するものか、依頼は妥当なものなのか。みたいな話。しっかりと練り込まれた依頼もあれば、半ば「丸投げ?」と感じられるものもあり、役員一同 侃々諤々、喧々囂々。

その後は。今年度も開催する「障害者虐待防止・権利擁護研修」や、同じく開催が決まっている「専門コース別研修」の内容や講師の選定についても、やはり侃々諤々、喧々囂々と。



県費を使うものですから、この辺の作業は「きっちりと」しておかないと、我らASKを信頼し委託して下さった愛知県、とりわけ一緒に闘って下さる担当職員さんに申し訳ないですからね。(`∇´ゞ

でも。今年度もステキな研修を、皆さんにお届け出来ること間違いなしでありましてぇ!こうご期待でございます〜!(^_^)v



いつもより少し延長した8時45分に閉会。知恵熱が出そうなほど、たくさん、たくさん勉強しました。メンバーに感謝でございます。

で、いつものように。名駅の居酒屋さんで、こじまさんと二人きりで反省会。たった1時間ではありますが、あらいにとっては良き学びであると共に、同じ志を持つ者との語らいは癒されるというか、和むというか。自分の能力以上にブッ飛ばして生きている毎日が報われる。そんな時間であります。

県協会のこと。県従事者研修のこと。それぞれのまちのこと。時間の許す限り、しっかりと語り合いました。心地良い時間は「あっ。」という間に過ぎた10時半。店員さんが いつものようにラストオーダーを告げにきました。我らのテーブルには、ついさっき注文したばかりの焼酎と生ビールが。にも関わらず「じゃ。もうイッパイずつ!」と笑顔で。これもいつもって感じ。


ラストオーダー


その後も。閉店までの30分間、まだまだ語り合いました。(*^o^*)



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月13日 (水)

3つの自立支援協議会


昨日の話。一日中、学びっぱなしだった昨日の話。f^_^;

朝一から、田原市運営会議。議題は、今年度 新設された「地域移行・地域定着支援」における日中および宿泊の体験利用についてのあれこれ。

あらいから概要説明をした後、生事例をもとに重鎮鎌田会長がホワイトボードを用い、メンバー皆さんの理解を深めて下さいました。で、この体験利用者受入れの協力事業所を募ることと、それに伴った契約および契約書・利用料に関する懸案事項をお諮りしました。

この体験利用。相談支援事業所には加算がありますが、受入れ事業所に関する報酬は無く、事業所間で協議・決定することになっています。報酬に関する議論は いやらしく感じてしまい敬遠しがちですが、事業ですので、しっかりとした取り決めの中で進める必要がありますから。


3つの自立支援協議会


この、相談支援専門員でない方には、ちょこっと解りづらい計画相談と地域相談の関係性を、重鎮鎌田会長が丁寧に図示して下さったおかげで、メンバー皆さんも随分と理解が深まった感じで。ありがたや〜でございました!m(_ _)m

その後は、自立支援協議会 各部会の進捗状況の報告。それぞれあれこれあったなぁ、と思いました。続いては、新規相談ケースの報告は9件あり、勿論ここにあげていないケースもたくさんありまして、てんやわんやの5月であったなぁ、と思いました。



で、午後2時からは。ヘルパー連携会 主催研修。講師にお招きしましたのは、「緑のまち」の戦士のお一人、北川哲也サービス提供責任者さま。テーマは「グループ支援の実践と新城市の実情について」。
そうです。今年度より田原市で導入した「移動支援(グループ支援)」について先駆けて実施している「緑のまち」から学ぶ機会であります。

参加者数は、ヘルパーさんと相談支援専門員、地域福祉課 合わせて 22名と想像以上にい大勢の方が。皆さん、仕事を調整して下さっての参加に感謝しきりです。


3つの自立支援協議会


以前、北川さんとお話させて頂いた時に「良い話ではなく、イケてない話を聴かせて下さい。現場のリアリティをお伝え下さい。」とオーダーしました。今日のお話は、そのオーダーに しっかり応えて下さる内容でした。本当に ありがたく。m(_ _)m

北川さん。お話の中で何度もグループ支援の必要性を訴えながらも活用の難しさも合わせてお伝え下さった後、「工夫が必要」、「田原市独自の仕組み作り」、「田原市色の支援」ともお話下さいました。『制度を作って終わりにするのではなく、如何に活用するか?活用し易いものにするか?プロならば考えなさい』というメッセージだと思います。

と、もう一つ、レインボーはうすや北川さんが移動支援普及のために試みた取り組みを聴き、あらい自身の10年前を思い出し、胸が熱くなりました。本当に。



質疑応答も含む1時間半のヘルパー研修は、盛会のうちに終了。

ヘルパー連携会発足の大きな要因に、日中支援のサービス管理責任者と違い、居宅事業所のサービス提供責任者は研修が義務づけられていません。しかも、ご自身も支援に出ないと給料が稼げないからに他なりません。だから、ならば、こうした研修をヘルパー連携会で開催し、田原市ヘルパー皆さんのスキルアップに繋げていこうってことだったのですから、今日の研修は我ら事務局からすると「ようやく」という感じ。今は安堵感でイッパイです。(*^o^*)

ご講義下さった北川さん、本当に ありがとうございました。今日の お話を無駄にすることのないよう、ヘルパー連携会で深めていきます。ので、今後とも ご指導下さいますよう、よろしくお願いします。
と。身内話ではありますが、準備から今日の仕切りまで完璧にこなした やっちゃいなよ!三浦さん、お疲れさまでした。メチャクチャ楽をさせて頂きました。あらためて感謝です。m(_ _)m




で、4時。我ら協議会事務局は まだ動きます。
先日の就労移行支援事業所設立PTでお諮りし、新たに出された課題解決のため、急遽 PTアドバイザーである「緑のまち」の戦士 渡邊竜夫さんと、就労支援バックアッパーである ぐふ!ふじたさんに お集まり頂き緊急会議。

で、内容。PTにお諮りする前ですので ここで ご紹介は出来ませんが、メチャクチャ良い会議になりました。渡邊さんも ぐふ!ふじたさんも、それぞれの立ち位置から今の課題に対する適切なアドバイスと、今後の課題について提言下さいました。


3つの自立支援協議会


特に渡邊さん。昨年度までの「事業所の中」で活動するサービス管理責任者から、この4月からは東三河北部圏域の就業・生活支援センター長へと職務が変わられました。「中から外へ」です。事業所の中だけでなく、圏域で「働きたい」という思いのある方すべてが対象となります。当然、その職責は重く、大きなものに。

昨日の彼の話ぶりを聴くにつけ『大きくなった。強くなった。』と感じました。自信に満ちた話ぶりに、彼の努力(勉強)が垣間見えました。あらい以上に「自分ダイスキ!」な彼。ですが、勉強もダイスキ!なんですよね。彼の自信に満ち溢れた発言は、この日頃の努力に裏付けされていることを、あらいは知っています。




約2時間、みっちり語り合いました。しっかり学びました。と、3つの自立支援協議会専門部会に関する会議・研修を終え、ホッとするやら、問題山積を確認しゾッとするやら、不思議な感覚でした。

が。まだ学び足らない我らは場所を変え、「緑のまち」の戦士を囲み、今度は「地域生活支援」について語り合いました〜!(*^o^*)


3つの自立支援協議会


いつもいつも言いますが、この時間がメチャクチャ大事だと思っています。この時間での学びはリアリティに満ちていて、日々 現場で苦悩する我らにとっての特効薬があったりします。大袈裟でなく。

今夜は名古屋市。明日は半田市。今週は、まだまだ学びます。



 arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月11日 (月)

資料準備


朝からバタバタと、あれこれの資料準備に追われました。
明日開催されるヘルパー連携会主催 研修会の資料が、先週末に講師である「緑のまち」戦士 北川さんから届き。で、その印刷やら何やらをヘルパー連携会担当 やっちゃいなよ!三浦さんと いとうリーダーとでバタバタと。

北川さんの資料。あらいからオーダーさせて頂いた内容が「しっかり」と反映されているばかりか、北川さんの熱さが伝わる、そんな内容に仕上がっております。ただただ感謝です。



で、あらいは、平行して。今週末「愛知県相談支援機能強化事業」による講師派遣で伺わせて頂きます、半田市障がい者相談支援センターさまの資料作成に追われておりました。

苦戦。発注者がメグです。まぁ〜具体的というか細かいというか!

「ミスポジション論のエッセンスを帯びながら、地域の生活者であるという視点を持ち、本人ニーズの背景を知ることの重要性を理解し、いよいよ計画作成の際にはストレングス・エンバワメントに着眼し作成する、ってことを、ワークも含めて伝えてねぇ〜!」ってのがメグのオーダー…。頼む相手を間違えている。智さんとか…、こじまさんとか…、だろうが…。(>_<)

でもね。研修って「ただ やりゃあいい」ってもんじゃなく、誰を対象に、何を目的に行うか。が大事なんですよね。これがあった人材育成なんですよね。これが「基幹相談センター」に求められているんですよね。ので、メグは正しいのだと思います。はい。m(_ _)m



で、午後は。明日の運営会議およびヘルパー研修後に行われる、就労支援検討会関係の事務局レベルの会議で使う資料について、担当者の いとうリーダーと。先に行われた就労PTでの ご助言を加味したものに。几帳面なフリをする大雑把な いとうリーダーのお付き合い。

夕方からは、継ぐ者山本さんと学校介助員派遣事業に関するケース会議へ。難しいケース会議ではありましたが、今後の方向性の確認ができ、教育と福祉との更なる連携もみえましたし、あらいめの役割も頂戴し。とにかく、やり甲斐ありますわぁ!

総合相談センターに戻ったのは5時半を少し回った頃。good!なタイミングでMA・はろー河合さんがみえ、あれこれ報告と相談。ちょこっと、昔話をし、これからの移動支援や学校介助員派遣事業に関する助言を頂き、お互いに ヘロヘロの顔を突き合わせ「お互い頑張りましょ!」と励まし合いながら、尻を叩き合いながら。(*^o^*)



で。河合さんが帰られたのが6時15分。大慌てで愛車に飛び乗り、法人本部へ向かいました。月に1度の法人ミーティングです。

今日のテーマは「虐待防止法の理解と生活介護の個別支援計画」。1時間半、みっちりと話しました。障害のあるかたの権利について。
スタッフは「私たちの支援は、いつ「虐待行為」と取られてしまうかも知れない」ということを学びました。真剣に聴いていました。



帰宅したのは10時半を少し回った頃で、空腹(酒切れ)極まりない状況での帰宅でした。缶ビールを開け「ほっ」と一息つき、今日一日を振り返り あらためて「バタバタやったなぁ。」と。

ここにあげた以外にも、地域福祉課 鈴木課長と三国志 清田さんと就労に関する情報共有と意見交換をしたり、子育て支援課 クレバー三宅さんと支援会議の打ち合わせをしたり、他にもあれこれ。



今日も今日とて、充実した一日となりました。あっ。これ、あらい個人の話ではなく、田原市として。ですよ。お間違えのなきよう。



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 9日 (土)

ただいま

さきほど、帰宅。
いつもより ちょっと早い22時ちょうど。

ダメ親父の帰りを待ちくたびれて、
寝入ってしまったそうです。


ただいま


ただいま。



君たちの親父として恥ずかしくないよう、
今日も一日、頑張ってきましたよ。



 arai

| | コメント (6) | トラックバック (0)

現業員と相談支援専門員


昨日は。夜6時から地域福祉課の障害者福祉Gと援護G、そして総合相談センターのメンバーが一同に介して、合同研修会を昨年度に引き続いて開催。地域福祉課8名、総合相談センター6名の総勢14名で。



研修テーマは「生活保護制度と相談支援事業」

生活保護制度の概要と、現業員(地区担当員)の職務と その責務を相談支援専門員は学び、自立支援法の理念と、相談支援専門員の職務と その責務を現業員はじめ地域福祉課窓口担当者は学び、それぞれの役割と連携についてを しっかりと確認しました。(^_^)v

相談支援専門員が作成するサービス等利用計画の本人ニーズに、経済的なものを記載する機会って少なくないですよね。中には生活保護費を受給されている方、またはお繋ぎする方はみえますよね。とした時、生活保護制度の現業員さんが目指す「自立の助長」や その取り組みと、我らの「支援計画」の整合性がとれていなければ、結果的に ご本人にとっては何の支えにもならないばかりか、逆に混乱させてしまい迷惑をお掛けすることになってしまいますから。



ってことで、企画者の継ぐ者山本さんの軽い開会挨拶を受けた前半は。あらいから、相談支援専門員の職責について。いつものように自立支援法、基本法、憲法の話から入り、相談支援専門員に求められる職務と、市税100%を投入して我ら委託事業所に求められる職責について。そして最後は「会議決行」と「約束は守るもの。」をお話させて頂きました。

「サービス等利用計画」の内容をご納得頂ければ、ご本人の署名・押印 頂き、事業所も押印します。ご本人と事業所との契約。約束です。「委託契約書」の内容に納得した場合は、事業所と行政が共に押印します。約束です。護らないと「契約不履行」ですから。ってな話を。いつも通り。



で、続いて後半は。援護G リーダー 熱血柴田さんから、生活保護制度の概要と現業員の職務について お話頂きました。

で、お話。熱血柴田さんも日本国憲法から始まり、そして生活保護法へ。「生活保護法は、最低限度の生活を保障するとともに、その自立を助長するための法律である。」という基本理念を抑えたあと、田原市の状況、法の概要、そして現業員の実務について丁寧にお話下さいました。


現業員と相談支援専門員


あらいも、なりに この生活保護制度については勉強してきたつもりですが、その「知ったつもり」が どれだけ自惚れたものだったのかを思い知らされた、そしてその生活保護制度を支える現業員の激務に敬服するばかりの、そんな熱血柴田さんのお話でした。

熱血柴田さん。話の最後を「障害者相談支援専門員の専門スキルを有する支援者との連携により、ひとりでも多くの方の生活困窮を解消すると共に、その状況から1日でも早く脱却出来るよう協力をお願いします。」という言葉でシメられました。



本人は「急拵え(きゅうごしらえ)」と謙遜されていたPPT 28ページの資料。なんのなんの、あらいから言わせれば「抜け駆け。卑怯者。」のレベルでありまして…。あらいの使い回しの資料の見窄らしさが際だってしまいました…。はは…。。(-"-;)

何でしょう。この研修機会を無駄にすることの無いよう、しっかりとした連携構築が成されるよう作成されたのだと思います。
彼が「熱血」と呼ばれる由縁です。



お世辞や身内のりで言うわけではなく。今回の熱血柴田さんの話と資料。正直「買い」ですよ。相談支援事業に従事する皆さん、マジで「買い」ですよ。っていうか。ASK皆さん、これ「買い」ですよ。っていうか。買っといて、うちで「売り」ますかぁ〜!?(≧∇≦)

で、研修終了後。我らは更に連携を深めました。いつものように終電までの時間、じっくりと連携を深めました。っていうか、熱血柴田さんから、この5年間の田原市福祉の変遷を みんなで聴きました。


現業員と相談支援専門員


「思い」を繋いでいくこと。そして継いでいくこと。そのために「歴史」を知ること。大事なことです。本当にステキな時間でした。



あ。ナント!いとうリーダーを「継ぐ者」も現れました!(≧ε≦)
某「日本」を冠にした福祉大卒で、社会福祉士にして精神保健福祉士。熱血柴田から日々指導を受ける現業員という「チーム白井」BOSSの秘蔵っ子であります。これに いとうリーダーの腹黒さが加わったとしたら…。末恐ろしい。期待と不安…。(・_・;)


現業員と相談支援専門員


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 7日 (木)

企業、教育、そして相談


本日は朝一から企業さんへ。障害者就労検討会に関する事案。いとうリーダーと三国志清田さん、継ぐ者山本さんと4人で。お邪魔した先は、昨年度末、新会社設立と同時に、11名もの障害のある方を雇用された「イノウエ・ファクトリー(株)」さまです。

あれこれと。今後について意見交換しました。企業の方と お話をする度に、福祉にはない「ビジネス」を感じます。とても、とても繊細に あれこれと お考えになっています。当たり前です。イレギュラーは そのまま「減収」に直結するばかりか、信頼を失い「廃業」する考えなくてはならないわけですから。

そんな環境にも関わらず、社長や担当課長は、障害のある方への「配慮」を話されていました。しかも「配慮は個別に」とも。
あらためて。福祉人は、企業の この話を聴くべきだと思います。



で、午後は。地域福祉課にて、障害者支援検討会の打ち合わせ。お出まし頂いたのは教育委員会 学校教育課の山本課長さまと杉本さま。お迎えしたのは 「チーム白井」BOSS と鈴木課長、継ぐ者山本さんと 発達Coかみやに、あらいという布陣で。

内容は。今年度も障害者支援検討会と教育委員会主催の会議を合同開催するとして。その合同会議は、いったい何を目的に、どう進めていく?ってな話がメインでありました。

が。話は盛り上がり。今後の教育と福祉の連携に必要な「アイテム」について、そのための「システム」についてを、じっくりと。



この教育委員会 山本課長。昨年度は市内小学校の校長先生。で、その前は教育委員会におみえになりました。で、その時に東松山市視察に ご同行下さり、戻った後「学校介助員派遣事業」を実現させた もう一人の立役者でございます。だから、盛り上がるのは当たり前!

今日の打ち合わせで、山本課長が仰った「特別支援は特別なことではないんです。」が、とても心地良かったです。ステキでした。



「教育と福祉」の連携のために、あらいに新たな役目が与えられそうです。継ぐ者山本さんは「イケ!」と。鈴木課長は心配げに「大丈夫?」と。でも、その横で「チーム白井」BOSS は「ニヤリ」とされただけでお話は頂けませんでした。

が、たぶん『やってみなさい。やるだけやってみなさい。』と 仰りたかったのだと思います。ご期待に応えられますよう、釈迦力に頑張りますぅ!



合間を縫って。田原市育成会さんが発行する機関誌「いくせい」に原稿を寄稿し。サービス等利用計画の提出に関するやりとりを、遠いまちの福祉課さんとし。もっともっと遠いまちからの視察申し込みの対応をし。福祉課さんとラーメンを食べて。



あらいは、基幹相談センターである、田原市障害者総合相談センターのセンター長を仰せつかっております。そのセンター長は田原市障害者相談支援機能強化員が務めることになっております。あらいは、センター長である前に機能強化員であります。

その名に恥じない働きが出来た。そう思える一日でした。



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 6日 (水)

感謝の毎日


3日間、ブログのアップを怠ると「生きてるかぁ?」もしくは「サボってんじゃねぇーぞっ!」ってなメールが、たくさん届きます…。
す、すいません…。頑張りますぅ…。(T_T)



ってことで昨日のお話から。
午後、いつもの総合相談センターのミーティング。明日開催される(実際は今朝開催された)就労移行支援事業所設立PTにお諮りする資料の確認と、権利擁護に関する新たな部会の方向性、そしてその他諸々。

で。権利擁護に関する部会の方向性を議論するには、このお方を抜いて成り立つ分けはなく〜!ってことで、お出まし頂きました!田原市成年後見センター岩瀬さん。昨今の「権利擁護」事情を一つひとつ丁寧にお話下さり、また議論に対しご助言頂きました。ありがたい限りでございます。m(_ _)m


感謝の毎日


ミーティング中。若輩集団の我ら田原市障害者総合相談センターメンバーは、支援に出たり入ったり、電話に出たり戻ったり。リアリティある相談支援の実態を目の当たりにしました。

夜になり、担当のいとうリーダーと継ぐ者山本さんの2人は資料の修正を含む最終チェック。三国志清田さんとあらいは、就労バックアッパーぐふ!ふじたさんのもとに飛び、深夜に至るまでご助言頂きました!




で、今朝。総合相談センターに最初に入ってみえたのは「チーム白井」BOSS、白井部長。続いて鈴木課長。最後に社協岡田局長が入られ、今年度一発目の「田原市障害者自立支援協議会・障害者就労検討会「就労移行支援事業所設立PT」(う〜む。長い。)」は始まりました。

で。「PT(プロジェクトチーム)」での議論ですから詳細は控えますが、冒頭から「チーム白井」BOSSの愛のムチが〜!そのムチは閉会までの時間「ビシビシ」と続きました。初仕切りのいとうリーダーを筆頭に我らはタジタジ。の、フラフラ…。(゜∇゜)


感謝の毎日

あり得ないほど うなだれる、いとうリーダーの図。

でも。この時間が我らを「強くする」んです。本当にありがとうございます。期待に添えますよう、メンバー一同必死に頑張ります。

午後。若輩者集団は、田原市内を飛び回り。総合相談センターにもお客さまも何人もみえ。支援者も大勢みえ。地域福祉課からのホットラインはジャンジャン入り。全員一丸を実感。とっても、とっても幸せな気持ちになりました。メンバー一同にも感謝です。




昨日、今日と「villaうぇ〜ぶ」でランチ。支援の内容を変更したこともあり、法人の人間としては、やはり気になりましてぇ。このランチタイムの休憩時にしか見届けられないもんですから。

と、今週は、養護学校からの実習生がみえていまして。またその実習生は、随分と前からお付き合いさせて頂いている生徒さんでして。気になって、気になって。居ても立ってもいられなく。(゜∀゜;ノ)ノ
そんな実習生が、ド緊張の面持ちで料理を運んできて。で、テーブルに置いた瞬間に見せた安堵の表情に感激し。『大きくならはりましたぁ〜。』と感涙にむせび泣きましたぁ。(T_T)



で。昨日は、久しぶりに神谷さんと2人でランチしました。数年前までは、お昼は一緒に食べることが多かったのですが、今では本当に珍しいことになっています。こんな些細な出来事ではありますが、自分の立ち位置が随分と変わっていることを実感します。

ちょっぴりと昔話を楽しみながら。メンバー皆さんの働く姿に目を細めながら。「色あそび」から生まれた作品に癒やされながら。大好きな villaうぇ〜ぶの雰囲気を楽しみました。(*^o^*)


感謝の毎日


ブログのアップが滞りない、皆さんからお叱りを頂戴するほどバタバタしている毎日ではありますが。それなりに充実した、そして幸せな毎日を過ごしております。感謝感謝の毎日でございます。



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 2日 (土)

扇の要


小学6年生になった萌。今日は小学校最後の運動会の日でした。
運動神経の話には極力触れられたく萌なのですが、それでも毎年ダメ親父には「どーしても来て欲しいーっ!」と訴えます。


体育会系には 程遠い彼女は超文科系。習い事は、ピアノと習字と社交ダンス。まぁ、社交ダンスは いろいろありまして…。学校のクラブ活動は。4年生から ずーっとマーチングバンド部に所属しておりまして。その晴れ舞台が、この運動会昼一で行われる演技の時間なのであります。彼女の晴れ舞台なのであります!


扇の要


で。演奏曲は。「パイレーツ・オブ・カリビアンのテーマ」と他一曲。例年は9月に開催される運動会ですが、今年度は昼食会場に解放する体育館が秋から耐震工事に入るということで、今月開催になりました。おかげで練習期間が短くなり、本人は「不安やわぁ…」を繰り返しておりましたぁ。

でも。ダメ親父の親バカさ加減でしょうか、とってもステキなパフォーマンスでしたぁ。感涙にむせび泣きました。(T_T)



もう一つ、萌の見せ場がありました。マスゲーム(組み体操)のピラミッドの土台と、扇の要(真ん中)です。体が大きいからの起用であると、ダメ親父は すぐに気づきました。

『傷つかないかなぁ…。』と心配しましたが、当の本人はケロッとしたもので「体、デカいと疲れるんだよねぇ〜!へへっ!」って。ダメ親父が「大変じゃ(キツく)ないの?」って聞くと、萌は躊躇わず「まぁね。でも誰かがやらなきゃいけないもんね。だから私がやるのぉ。へへっ!」って。





で。今日。萌は組み体操の「補助倒立」を失敗しました。
この1ヶ月、ダメ親父と二人、時間が取れる限り練習しましたが、深夜まで練習しましたが、残念ながら。

帰宅して。さすがに しょげていました。が、さっき「パパ。今夜も(練習)付き合ってね!」と。ダメ親父は「え?(運動会)終わったじゃん。」と聞き返すと、あっさりと「だってぇ出来なかったも~ん。」と。



萌にとっての1ヶ月は、運動会のためじゃなかったんです。彼女自身、自分に勝ちたかったんですね。だから今夜も闘うんですね。



逃げちゃダメ。
頑張らなきゃダメ。
諦めちゃダメ。
自分に嘘ついちゃダメ。

そう愛娘 萌の最後の運動会で教わりました。
土台や扇の要を、歯を食いしばり頑張る姿に。
勉強になりました。ありがとうね。萌。


扇の要


arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スーパークールビズ


今日から6月。衣替えです。今年は、節電の絡みもあり、クールビズより一層の軽装を呼び掛ける「スーパークールビズ」だそうです。
アロハシャツやジーンズでも OK!だそうです。(≧∇≦) 

今日の閣議でも、野田総理はじめ閣僚皆さん全員「かりゆし」を着ての開催。ニュースで見る限り、野田総理は濃いネイビーの織り柄。細野環境相は少し明るめのスカイブルーに花柄(?)。安住財務相は、シックなグレーに和柄(キジ?)が描かれたもの。皆さん、色とりどり。

で。環境省職員もスーパークールビズで出勤されていました。アロハシャツ、ポロシャツ、破れていなければジーンズにスニーカーでも良いそうです。世の中、変わりましたなぁ~。(≧∇≦)



で。和柄のアロハシャツにジーンズ。というのは、あらいにとっての「夏」の正装でもあります。が、代表かみやからは「タンクトップを含め、仕事中に着たらブン殴るっ!(-_-#)」と言われています。

でも。今年は良いんじゃないかなぁ…。
総理も着てるし…。あ。環境省職員さんも来てるし。
でも。田原市は。地域福祉課さんは どうなのかなぁ…。
やっぱり。「チーム白井」BOSS に叱られるかなぁ…。

同じ「和」テイストの半袖開襟シャツなんだけどなぁ~。( ^ω^ )


スーパークールビズ


鯉柄とか金魚柄とか。あ。動物愛好家に好かれるのなら、虎柄とかも!なんなら。ユニコーン(一角獣)のような、メルヘンチックな生き物の龍柄とかもありますし~!夢があるよね~!;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

環境省は「一般企業にも広がって、社会全体で電力の使用が抑えられれば。」とコメントを出していますし…ぜひ!田原市も!


 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »