« 資料準備 | トップページ | ラストオーダー »

2012年6月13日 (水)

3つの自立支援協議会


昨日の話。一日中、学びっぱなしだった昨日の話。f^_^;

朝一から、田原市運営会議。議題は、今年度 新設された「地域移行・地域定着支援」における日中および宿泊の体験利用についてのあれこれ。

あらいから概要説明をした後、生事例をもとに重鎮鎌田会長がホワイトボードを用い、メンバー皆さんの理解を深めて下さいました。で、この体験利用者受入れの協力事業所を募ることと、それに伴った契約および契約書・利用料に関する懸案事項をお諮りしました。

この体験利用。相談支援事業所には加算がありますが、受入れ事業所に関する報酬は無く、事業所間で協議・決定することになっています。報酬に関する議論は いやらしく感じてしまい敬遠しがちですが、事業ですので、しっかりとした取り決めの中で進める必要がありますから。


3つの自立支援協議会


この、相談支援専門員でない方には、ちょこっと解りづらい計画相談と地域相談の関係性を、重鎮鎌田会長が丁寧に図示して下さったおかげで、メンバー皆さんも随分と理解が深まった感じで。ありがたや〜でございました!m(_ _)m

その後は、自立支援協議会 各部会の進捗状況の報告。それぞれあれこれあったなぁ、と思いました。続いては、新規相談ケースの報告は9件あり、勿論ここにあげていないケースもたくさんありまして、てんやわんやの5月であったなぁ、と思いました。



で、午後2時からは。ヘルパー連携会 主催研修。講師にお招きしましたのは、「緑のまち」の戦士のお一人、北川哲也サービス提供責任者さま。テーマは「グループ支援の実践と新城市の実情について」。
そうです。今年度より田原市で導入した「移動支援(グループ支援)」について先駆けて実施している「緑のまち」から学ぶ機会であります。

参加者数は、ヘルパーさんと相談支援専門員、地域福祉課 合わせて 22名と想像以上にい大勢の方が。皆さん、仕事を調整して下さっての参加に感謝しきりです。


3つの自立支援協議会


以前、北川さんとお話させて頂いた時に「良い話ではなく、イケてない話を聴かせて下さい。現場のリアリティをお伝え下さい。」とオーダーしました。今日のお話は、そのオーダーに しっかり応えて下さる内容でした。本当に ありがたく。m(_ _)m

北川さん。お話の中で何度もグループ支援の必要性を訴えながらも活用の難しさも合わせてお伝え下さった後、「工夫が必要」、「田原市独自の仕組み作り」、「田原市色の支援」ともお話下さいました。『制度を作って終わりにするのではなく、如何に活用するか?活用し易いものにするか?プロならば考えなさい』というメッセージだと思います。

と、もう一つ、レインボーはうすや北川さんが移動支援普及のために試みた取り組みを聴き、あらい自身の10年前を思い出し、胸が熱くなりました。本当に。



質疑応答も含む1時間半のヘルパー研修は、盛会のうちに終了。

ヘルパー連携会発足の大きな要因に、日中支援のサービス管理責任者と違い、居宅事業所のサービス提供責任者は研修が義務づけられていません。しかも、ご自身も支援に出ないと給料が稼げないからに他なりません。だから、ならば、こうした研修をヘルパー連携会で開催し、田原市ヘルパー皆さんのスキルアップに繋げていこうってことだったのですから、今日の研修は我ら事務局からすると「ようやく」という感じ。今は安堵感でイッパイです。(*^o^*)

ご講義下さった北川さん、本当に ありがとうございました。今日の お話を無駄にすることのないよう、ヘルパー連携会で深めていきます。ので、今後とも ご指導下さいますよう、よろしくお願いします。
と。身内話ではありますが、準備から今日の仕切りまで完璧にこなした やっちゃいなよ!三浦さん、お疲れさまでした。メチャクチャ楽をさせて頂きました。あらためて感謝です。m(_ _)m




で、4時。我ら協議会事務局は まだ動きます。
先日の就労移行支援事業所設立PTでお諮りし、新たに出された課題解決のため、急遽 PTアドバイザーである「緑のまち」の戦士 渡邊竜夫さんと、就労支援バックアッパーである ぐふ!ふじたさんに お集まり頂き緊急会議。

で、内容。PTにお諮りする前ですので ここで ご紹介は出来ませんが、メチャクチャ良い会議になりました。渡邊さんも ぐふ!ふじたさんも、それぞれの立ち位置から今の課題に対する適切なアドバイスと、今後の課題について提言下さいました。


3つの自立支援協議会


特に渡邊さん。昨年度までの「事業所の中」で活動するサービス管理責任者から、この4月からは東三河北部圏域の就業・生活支援センター長へと職務が変わられました。「中から外へ」です。事業所の中だけでなく、圏域で「働きたい」という思いのある方すべてが対象となります。当然、その職責は重く、大きなものに。

昨日の彼の話ぶりを聴くにつけ『大きくなった。強くなった。』と感じました。自信に満ちた話ぶりに、彼の努力(勉強)が垣間見えました。あらい以上に「自分ダイスキ!」な彼。ですが、勉強もダイスキ!なんですよね。彼の自信に満ち溢れた発言は、この日頃の努力に裏付けされていることを、あらいは知っています。




約2時間、みっちり語り合いました。しっかり学びました。と、3つの自立支援協議会専門部会に関する会議・研修を終え、ホッとするやら、問題山積を確認しゾッとするやら、不思議な感覚でした。

が。まだ学び足らない我らは場所を変え、「緑のまち」の戦士を囲み、今度は「地域生活支援」について語り合いました〜!(*^o^*)


3つの自立支援協議会


いつもいつも言いますが、この時間がメチャクチャ大事だと思っています。この時間での学びはリアリティに満ちていて、日々 現場で苦悩する我らにとっての特効薬があったりします。大袈裟でなく。

今夜は名古屋市。明日は半田市。今週は、まだまだ学びます。



 arai

|

« 資料準備 | トップページ | ラストオーダー »

コメント

新井 様

一昨日は大変、お世話になりましたm(_ _)m
そして私の拙いお話を真剣に聞いてくださった田原市のみなさんにこの場をお借りして、お礼申し上げます。
今回、田原市さんでお話させていただく機会を頂き、今までの私自身の仕事を振り返るきっかけにもなりました。ありがとうございましたm(_ _)m
そして、田原市さんの移動支援(グループ支援)ですが、全ての要綱を把握できた訳ではありませんが、講演の中で質疑をしていただいた内容などから、きっとステキな要綱になっているのではないかと感じました。
今後、田原市さんにも色々教えていただくことが、あるかと思いますが、よろしくお願い致しますm(_ _)m

投稿: 北川 | 2012年6月14日 (木) 08時16分

北川さま

お返事が遅くなり、申し訳ありません。仕事がノロくって。(^-^;

で。こちらこそ、本当にありがとうございました~!オーダーさせて頂いた通り「現場」感が伝わるリアリティあるもので、本当に良き学びになりました。m(_ _)m

北川さんが繰り返しお伝え下さった「田原市色の」を、ヘルパー連携会の皆さんと しっかり共有し、必ず形にしたいと思います。その時には、また田原市にお越し下さり、次の課題をご指摘下さいませ。
で。また、七輪を囲みながらド反省会をしましょう!(・∀・)イイ!

ってことで。これからも、あらいと田原市を よろしくです~!

投稿: あらい | 2012年6月15日 (金) 17時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3つの自立支援協議会:

« 資料準備 | トップページ | ラストオーダー »