« "権利擁護部会" in 運営会議 | トップページ | 笑い声 »

2012年11月21日 (水)

「行動援護」の支援


今日の午後は。協議会マンスリー 第3段「ヘルパー連携会」。
で、今回は研修会を開催しました〜。;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

この連携会での研修会は、これで今年度2回目。1回目は、「緑のまち」新城市からレインボーはうす北川さん、テーマは「移動支援(グループ支援)」について、でありました。
で、今回は、より突っ込んで、具体的に支援を学ぶってことで。テーマは直球「「行動援護」の支援を学ぶ」でありますぅ〜!

ってことで。このテーマで しっかりお話下さる方として、すぐに「パッ!」と浮かんだ この方に無理を言い、お出まし頂きました〜!



「行動援護から広がる生活」
 〜行動援護の概要と考え方〜

NPO法人ゆう 理事長 豊田 和浩 氏



豊田さん、ド初っ端から「そもそも行動援護を知っていますか?」で話し始められました。『なんとなく…』ってな感じの田原市の頭ん中を、まるで見透かしているかのような一言に、あらいは何故だか笑えるほど嬉しかったし、この研修の「成功」を実感しました。(^_^)v

行動援護という支援だけでなく、どの支援、どの事業も「解っているつもり」になっていたり、「今さら恥ずかしくて聞けない」ってこと、あると思うんです。それをズバッ!と見抜いてくれ、そこから話を始めてくれる訳ですから、やはり「成功」を実感しますよねぇ〜!


「行動援護」の支援


で、内容は控えます。が、とても良いお話でした。こちらの思いを遥かに凌駕する内容でした。しっかりと座学を学び、実践報告を動画も交え丁寧に伝えて下さいました。それがまた解りやすいんです!

この内容を、あらいごときが聞きかじりで皆さんにお伝えしては、逆に つまらないものに感じられてしまいますから。これこそ、ゆうや豊田さんの実践にキズを付けかねないですから。やはり控えます。



が。一つだけ。
豊田さんから「経験と勘」は、もはや支援ではないという内容の話がありました。あらいは この発言を聴き、痛快な思いでした。

経験や勘は支援ではない。支援である以上、しっかりとした集めた情報から支援内容と目的、目標を設定しなくてはいけない。それを頭ん中にあるだけでは、やはり支援ではなく、しっかりと計画とし書面に落とし込みネットワークで共有する。このツールが個別支援計画であり、サービス等利用計画であるってことです。
いや〜痛快やったなぁ〜!気持ち良かったなぁ〜!(≧ε≦)

あ。あと、もう一つ。
「腕、上げはりましたなぁ~。豊田は~ん。」( ̄ー+ ̄)




1時間半、ヘルパーさんらと一緒に きっちり学んだ後 感じたことは、今日の研修はヘルパーさんのために組んだものですが、ヘルパーさんだけに役立つという内容のものではなく、行動に支援のしづらさがある方の全て支援計画作成に役立つ内容であったってことです。日中支援を提供する事業所のサビ管さんにも、ぜひ聞いて頂きたかったってことです。う〜む。残念や〜。(>Σ<)

終了後。次の予定までの時間ギリギリまで豊田さんは、我ら事務局にお付き合い下さり、子どもの支援について意見交換しました。この時間もまた、ぜいたくで、また有意義な時間となりました。感謝!


「行動援護」の支援


ってことで。豊田さん、ご多忙の中 時間を割き我がまち田原市までお越し下さり、貴重なお話をお聴かせ頂き、ただただ感謝です。今日のお話をムダにすることのないよう、田原市みんなで しっかりと支援してまいります、またご指導下さい。よろしくお願いします!



 arai

|

« "権利擁護部会" in 運営会議 | トップページ | 笑い声 »

コメント

腕上がってますかね?自分が支援しているわけではないヘルパーさんたちの事例での話だったのでイヤーうちのヘルパーいい仕事してるなーと話してて思い嬉しかったです。計画にしっかりと落とし込むとこまでまだ充実していませんが、行動援護の流れで取り組めているのが実感できました。スライドをまとめる機会をいただけたことに感謝です。

行動援護のテキストと演習などから、行動障害のある方を「困った人」にしないという。この事業にかける思いが伝わってきます。行動障害は環境とのミスマッチにて起こる。と伝わっていれば幸いです。

あと、帰りの時間の配慮ありがとうございました。無事、夜の学びんしゃべりんに間に合いました。さすが気遣いのあらいさん!という感じです。お疲れ様でした。

投稿: とよだ | 2012年11月22日 (木) 16時59分

「経験や勘は支援ではない。」
これ当事者のハハたるスギウラも肝に銘じよう。
この一節だけでもいいお話だったことが伺えますね、いろんな人に聞いてほしい、自分も聞いてみたい、そんな気持ちになりました。
いつもぶろぐありがとうございます^^

投稿: スギウラ | 2012年11月22日 (木) 17時04分

「ほのくに行動援護勉強会」はじめましたので、ちょっと遠いかもですが、必要な方にお知らせ下さいね。(後日、2回目の案内を郵送させて頂きます)

ふふ。
こうまま楽隠居の日は近い。

投稿: こうまま | 2012年11月22日 (木) 19時33分

とよださま

昨日は本当に お忙しい中、愛知県最南端のまちまで お越し下さり、ただただ感謝でございますぅ。m(_ _)m

で、お世辞抜きで。良いお話でした!あらいは こうみえて結構 勉強熱心でして、あちこち出掛けては たくさんの方からステキなお話を拝聴しておりますが、昨日の話は中でも秀逸!繰り返しになりますが、腕 上げはりましたなぁ~。です。

で、昨日も お話しましたが。とよださんの指導でステキな支援者さんが続々と生まれている ゆうさん、ステキです。

とよださん1人が いくら頑張っても支援できる方には限界があります。が、ステキなスタッフさんを増やす役割に回れば、ねずみ算式にステキな支援を受ける事が出来る ご本人さんや お母さんが増えるんですもんねぇ。

これからも ゆうのみならず、田原市の人財育成に お力添え下さいますよう、よろしくお願い奉り申し上げますぅ~!m(_ _)m

スギウラさま

本当に良い内容でしたよぉ。仰るとおり、支援者だけでなく お母さん方に聴いてもらうのも良いですよ~!

「自立と共生の子育て」と言われるようになりました。お母さん方に理解してもらうことが、生きづらさを抱え生きるご本人にとっては、それが最初の幸せですもんね。

で、こうままさま

まずは。とよださんが勉強会に遅れなかったことに安堵しました。万一、遅れさせてしまったら「あんたっ!うちの とよだ、早く帰して(返してか?)よねっ!あほ。」って、絶対 叱られる…って思っていましたからぁ…。(・_・;)

で。楽隠居。ですかぁ。むふっ。(⌒~⌒) あらいが どんだけ頑張っても、一向に楽になどにならないボスをみておりますゆえ、その願いは叶わないのではないでしょうかねぇ。むふっ。(⌒~⌒)

で。たぶん、逆に、どんどん巻き込まれていくんじゃないんでしょうかねぇ~。今よりも更に!しかも激しく!あらいのボスのようにね。むふっ。(⌒~⌒)


と。「ほのくに行動援護勉強会」、とよださんからも研修の中で ご紹介 頂きました。勿論!喜んで お手伝いさせて頂きますよぉ~!何なりと。(`∇´ゞ

投稿: あらい | 2012年11月23日 (金) 00時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125839/56163681

この記事へのトラックバック一覧です: 「行動援護」の支援:

« "権利擁護部会" in 運営会議 | トップページ | 笑い声 »