« 閉会の握手 3 涙腺の崩壊 編 | トップページ | 「我がまち」を知る »

2012年12月 9日 (日)

SV研修の重要性


こじまさんと。ちょこっとメールの やり取りを。内容は、専門コース別(スーパービジョン)研修について。であります。

先日も お伝えをしましたが、今年度、ASK(愛知県相談支援専門員協会)が愛知県より委託を受け実施している専門コース別研修は、残すところ「スーパービジョン(以下SV)」と「触法」の、2つの研修ということになっております。

提供する側としては、何とも難しく、悩ましい研修が残っております。まぁ、難しいから この時期の開催なんですけどね。(^_^;)



で、SV研修。これを担うのがASK役員である こじまさん。そしてフォローを同じく熊谷さんの お二人。昨年度、ASKの自主事業として数回開催した この研修を担った名コンビです。m(_ _)m

自主事業開始(昨年10月)に際してのブログ記事
http://feel1999.cocolog-nifty.com/lallapallooza/2011/10/post-007f.html


「自分の分身」

写真は。今年3月、愛知県委託事業 ASK主催「愛知県相談支援専門員 資質向上研修・専門コース別研修「SV研修」」での こじまさんの勇姿でございます。
http://feel1999.cocolog-nifty.com/lallapallooza/2012/03/post-287a.html




先日の「障害児相談」の講師として お招きした宮崎県 田畑さんも仰っていましたが、どの県も このSV研修に頭を痛めているそうですから、この鈍感あらいでも、こじまさんの悩みが如何に深いかも安易に 察しが付きますわぁ。

でもね。他県は「悩んでいる」そうですが、愛知県は そうでもなかったんです。「こじまさんが担当するしかないっ!」っていうが役員の総意でしたから。まぁ、他に術も無かったですから。こじまさんしか出来ないと思っているから。みんながそう思っているから。彼の「きちんと。しっかりと。」伝えるスキルに賭けるしかないから。

まぁ、だから こじまさんの悩みが深いのですがぁ〜。(^O^)



で。このSV研修。ASKでも自主事業として取り組んだことは お伝えしましたが、理由は簡単でして。県従事者現任研修で重要視し、ここ数年、野中先生を引っ張り出してまで相談支援のスキルアップに努めている分けですから、県研修の両輪であるべきASKとしても、しっかりと伝達、伝導、伝承していかなければいけないというのは至極当然ですよね。

でもね。これだけ現任研修でもASK自主事業でも重要視し、伝達しているにも関わらず、実際の現場で「上手く活かせていない」っていうのが現状のようで。重要性を理解しているからこそ、このSVを事例検討に活用し、ご本人の生きづらさ解決の糸口を探るツールとしたい、にも関わらず上手く活用出来ない、のであれば、これは県の人材育成を担う協会としては「やるぜっ。」ってことになるのも至極当然ですよね。



これに。漢こじま が名乗りを挙げたってことです。(」゜□゜)」



ってことで。すでに広報・受付は開始されておりますが、
来年1月26日(土)10時 蒲郡市民会館にて、専門コース別研修
第5段 「事例検討を通じたスーパービジョン」
サブタイトルは、地域の相談支援を「底上げ」するために。


計画相談が始まった今年度。計画そのものの「質の確保」よりも「数をこなす」ことを優先する相談支援員、相談支援事業所、更には行政担当者がいると聞き及んでいます。なんと情けない話。っていうか、恥じて頂きたい。

「相談支援の充実」のために必死に上司や財政当局と闘って下さった厚労省担当者、委託費アップのために やはり上司と財政当局と闘って下さった障害福祉を所管する福祉課職員のためにも、今一度 原点に還り「誰のための計画」なのか、「何のための計画作成」なのかを考え、本研修への参加を。

と、行政担当者さま。我がまちの相談支援のスキルアップのためにも、基幹を託そうとする事業所の長、もしくは次代を担わせたい相談支援員へ本研修の参加を促して下さい。



県費を使った現任研修と本研修。私費を使った委託事業。税金を使っている訳ですから、絶対にムダにしないで頂きたいです。このSV研修は、皆さんのまちの相談支援事業の「底上げ」のために開催される訳ですから。大事な研修であるわけですから。

今までにお送りした専門コース別研修「セルフマネジメント」、「権利擁護・虐待防止」、「地域移行・定着」、「障害児」。どれもこれも今年度から実施される計画作成に関するもの、もしくは虐待防止法の理解と対応という、目に見えた業務対応でありましたが、この後の「SV」と「触法」は、目には見えない、我ら相談支援専門員としての「質の向上」を目指すものであります。



本気で。障害のある方の生きづらさを解決したいと思いませんか?人材育成を担う立場の者として、是非とも この2つの研修にご参加頂き、しっかりとした「質」を持ち、皆さんのまちを盛り上げて頂きたい!と願います。



 arai

|

« 閉会の握手 3 涙腺の崩壊 編 | トップページ | 「我がまち」を知る »

コメント

SV研修を受講された方に、SVして欲しい・・・

投稿: こおめい | 2012年12月11日 (火) 16時36分

こおめいさま

全くもって、同感ですっ!(  ̄^ ̄)ゞ

投稿: あらい | 2012年12月11日 (火) 17時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125839/56287654

この記事へのトラックバック一覧です: SV研修の重要性:

« 閉会の握手 3 涙腺の崩壊 編 | トップページ | 「我がまち」を知る »