« 障害児相談 | トップページ | 「熱」を伝える »

2012年12月 3日 (月)

STEP BY STEP


一般社団法人 愛知県知的障害者福祉協会さんが、
2年半ぶりに発刊された研究紀要が届きました~!(v^ー゜)


第17号 研究紀要 STEP BY STEP

知的障害・発達障害のある人の支援
特集「地域生活を支えるために」


STEP BY STEP


に、この若輩者あらいめが寄稿させて頂いております。

愛知県知的障害者福祉協会さんは、お世話になっている たくさんの方々が所属する団体です。ので、本当はお断りしようと思ったのですが、良き『ご恩返し』の機会と感じ、思い切って お受けしました。

と、もう一つ。どうしても断れない理由がありまして。
この編集委員に同志 熊谷さんがみえまして。逆に『役に立ちたい』と思いまして。「喜んで!」と お受けした次第です。(*^o^*)



で。ご縁を感じる一冊となっておりまして。冒頭、あらいが尊敬する(育て下さった)福祉人とえださんや べにした島崎さん、あけぼの都築さんら。進行を県スーパーバイザー手嶋さん。という豪華な皆さんの対談から始まり、実績研究として ぬくもり いいのさんの名もあり。やはり ご縁を感じずにはいられません。



で。あらいが今回頂戴した寄稿のお題は「相談支援専門員とサービス管理責任者の連携」です。で、この お題で あらいが書けることは ただ一つ、田原市の実践でありまして。ので、「ふぃ〜る工房あらい」ではなく「田原市あらい」として寄稿させて頂きました。m(_ _)m


STEP BY STEP


内容は。1.はじめに 2.制度改正の確認 3.田原市の実践 4.相談支援専門員とサービス管理責任者の職務 5.バラダイム・チェンジ 6.まとめ という構成を、約1万5千文字に託しました。



で、この研究紀要。あらいの原稿はさて置き、メチャクチャ内容の濃いものとなっております。現場感があるというか、よくいうリアリティがあるというか。これは あらいだけではなく編集委員の熊谷さんも、あとがきで「支援の現場を支えるためのノウハウが、高い専門性を伴って示されているとうことも感じれたかと思います。」と綴られています。あらいも全く同感です。

是非とも皆さん ご一読下さいませ!マジで いいっす!

って これ。どうしなら手に入れることが出来るのかなぁ? 皆さんのまちの協会会員事業所とかに問い合わせてみるとか? 愛知県知的障害者福祉協議会事務局さんに問い合わせてみるとか?かなぁ。

ちなみに。愛知県知的障害者福祉協会HP
http://homepage2.nifty.com/aichi_fk/



とにもかくにも。あらいとしては、同志 熊谷さんの顔に泥を塗ることなく(顔を潰すことなくか?)無事に寄稿できたこと、そして発刊されたことに安堵します。と、あらためて貴重な機会を下さった熊谷さんはじめ協会および編集委員皆様に感謝致します。
本当に ありがとうございました。m(_ _)m

と、田原市の皆さんと「チーム白井」BOSSはじめメンバー皆さん。皆さんとの協働を、また一つ取り上げてもらえました。これからも みんなで、障害のある皆さんを優しく包んでいきましょう~!





 arai

|

« 障害児相談 | トップページ | 「熱」を伝える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125839/56246947

この記事へのトラックバック一覧です: STEP BY STEP:

« 障害児相談 | トップページ | 「熱」を伝える »