« 今更ですが忘年会 | トップページ | 予 感 »

2013年2月14日 (木)

名称変更


昨日は朝から東京へ。「とえだひろもと被害者の会」に出席するため、って言いますか、この自ら「被害を被りたい」っていう仲間が集い、新たな枠組みで国レベルへの施策提言をしていく、そんな組織を立ち上げるために、全国津々浦々から「被害者」の皆さんが集まった、って感じですか。

で、この昨日の被害者の会。昨今の福祉情勢やら、今後の方向性、組織としての活動内容や目的等、侃々諤々と。

で、この侃々諤々が またステキでしてぇ。国レベルの研究会や研修の中核を担ってみえる方が わさわさみえるもんですから、メチャクチャ勉強になったりして。しかも、当然ですが「相談支援」という枠組みの方は あらい以外にはみえず、単に「福祉の増進」を願う多方面のツワモノばかりですから、まぁ〜そりゃステキな学びの時間となりました〜。(*^o^*)


名称変更


で、あれこれと議論した結果の一つ。「とえだひろもと被害者の会」という名称を改めることになりました。って言っても、あらいが皆さんの気持ちを代弁し言ってただけだったりするのですがぁ。

「日本地域共生協議会」へと変更されます。(`∇´ゞ



で、昨日は。もう一つ大事な用件がありましてぇ。
この「日本地域共生協議会」の呼びかけ人が大挙し厚生省へ。議論した内容を、早速「お国に届けましょう〜!」ってことです。

辺見課長をはじめ、いつも あらいを可愛がって(いじって…?)下さる関口課長補佐、阿萬地域移行室長、増田相談支援係長らが「ずらーっと!」お並び下さり、我らの質問や提言に しっかりと耳を傾けて下さり、しかも一つ一つ丁寧に お答え下さいました。

あらいも「相談支援専門員」という視点から、行動援護や自立支援協議会、基幹相談センター、はたまた人材育成に関して お話させて頂いたのですが、この あらいごときの話にも大きく頷いて下さり、そしてメモして下さる姿に感激致しました。ただただ感謝でございますぅ。(T_T)



で。この意見交換会の内容は書けません。が、本当に勉強になりましたし、なにより「スッキリ」した部分が多かったです。

障害者総合福祉法の施行を控え、あれこれと情報が錯綜していますが、誠しやかに語られているその中には、ミスアナウンスであったり、またはプロパガンダではないかと感じるものがあったり。そんなんな「現段階」ではありますが「ハッキリ」した、そんな感じです。

もう一つ感じたことは。とえださんに巻き込まれ、叩かれ、叱られ続け今日まで懸命に学んで来ました。が、昨日の国とのやり取りを見聴きした今、なんとデカイ人間であろうかと再確認した次第です。

まだまだ。先は長く、遠いです。見失わないようにしなくては。



で。2時間半という長時間、厚生省の皆さんは我らとの意見交換の場に お付き合い下さいました。まぁ〜感激です!これだけ豪華な意見交換の場は多分!もう一生 無いんじゃないか!?と思いました。濃密な時間を ありがとうございました。m(_ _)m



で、我らは「懇親会」へ。場所は「銀座」。あちこちの市町によくある「銀座通り」とかいうのではなく、セレブの皆さんが通う「銀座」です。あの「ザギン」です!きや〜っ!(≧ε≦)
で、豪華さは これだけではなく。業務を終えられた辺見課長や 関口課長補佐、そして小林発達支援専門官らも駆けつけて下さり、あっちでもこっちでも国レベルの勉強会が繰り広げられました〜!

あ。そうそう。田原市及び「チーム白井」メンバー皆さ〜ん。先日、曽根虐待防止専門官の依頼で ご協力させて頂いた「田原市の実践」資料、辺見課長さまより「ありがとうございました。」と頂戴しましたよぉ。ありがたくって涙チョチョギレでしたよぉ。(ToT)



厚労省の皆さんとの懇談会を終えても、あらいの学びは終わらず。場所をお宿のある浅草に移し、日付が変わっても語り続けました。内容は全く逸れることなく、ブレることもなく。ただただ「地域生活支援」道を全うすべく、語り合いました。そして日本地域共生協議会の未来も、熱く熱く語り合いました。ステキな時間でした。m(_ _)m


 arai

|

« 今更ですが忘年会 | トップページ | 予 感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名称変更:

« 今更ですが忘年会 | トップページ | 予 感 »