« 友、遠方(与謝野町)より来たる | トップページ | 200枚超 »

2013年3月15日 (金)

選挙権喪失は「違憲」


今朝の中日新聞一面に「成年後見で選挙権喪失−公選法の規定 違憲−東京地裁初判断」の文字がデカデカと載っておりました。


選挙権喪失は「違憲」


成年後見人が付くと選挙権を失う規定は憲法違反として、国を相手に確認を求めた訴訟の判決であります。理由は「選挙権を制限する やむを得ない理由があるとはいえない」として規定を違憲で無効とした判断がされ、選挙権を認めたとのこと。

また、この記事は3面の1/4を費やした特集へと続いていて、そこには「「禁治産」引き継ぐ安易な制限 警鐘」の小見出しが。
更に、35面の1/4を使った関連記事へと続いていて。



これでも国は、「「禁治産者」から「成年後被見人」と呼称が変わっただけで、対象者は一致している」という、過去の答弁を繰り返すでしょうか?

http://jp.wsj.com/article/JJ12603680882228363941717201115770990760412.html



まだ地方裁判所の判決ではありますが、公選法の規定の憲法判断は初めてということで、今後の裁判に影響があること間違いはなく。この問題に取り組んできた多くの法律家皆さんの労苦が報われた、そんな判決だと思います。

http://www.normanet.ne.jp/~ww100136/judge.pdf



 arai

|

« 友、遠方(与謝野町)より来たる | トップページ | 200枚超 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125839/56958817

この記事へのトラックバック一覧です: 選挙権喪失は「違憲」:

« 友、遠方(与謝野町)より来たる | トップページ | 200枚超 »