« ジャーナリストとの時間 | トップページ | 運営会議の成果物 »

2013年3月11日 (月)

「検証」プロセス


本日午後からは、第2回 田原市権利擁護部会でした。発足以前から「悩み抜いている部会」であります。(*_*)

必要性は事務局一同「痛切に」感じているものの、ミッションは確認しているものの、それに至るプロセスに頭を悩めている部会です。法律の違う、正しい意味での「縦割り」である機関・部局を如何にすれば「串刺し」に出来るのか。そんな悩みを抱えながら運営している部会であります。



で、今日は。まず前回に抽出されたご意見を、ケアマネジメント・プロセスに倣う形で更に「出来ている」ものと「出来ていない、もしくは出来ない」、「こうしたら出来る」の3つにグループワークで細分化し、委員・事務局一同で共有しました。

この「縦割り」と言えど、共に「権利を護る」立場・職責にある者ばかりですから、リアリティのある分析と提言を頂け、我ら事務局としては「宿題山積み」ではありますが「ヒントも満載」という、マジでステキなワークとなりました〜!(≧∇≦)


「検証」プロセス


最後。あらいから、まとめと今後の方向性を お伝えさせて頂き、1時間半の部会は終了となりました。いつもながら、良き学びの場、時間となりました。感謝でございます。m(_ _)m

っていうか。この部会。今の田原市障害福祉施策の基礎を熱血柴田さんと共に創った、子育て支援課 クレバー三宅さんがみえるもんですから、まぁ~シマル!シマル!

障害福祉に5年。子育て支援に5年というクレバー三宅さん。核心を「ズバーッ!」と突く!イケてないところを「バッサリ!」斬る!だから我らはメチャメチャ良き学びになるんです。『あっちにも、こっちにも、いい顔ばかりしてんじゃねぇよっ。』ってな感じで。『仕事だろ。ちゃんと言えよ。伝えろよ。』ってな感じで。「クレバー」の所以でございます。m(_ _)m



ってことで。今日 頂いたご意見を、しっかり まとめ、今後の糧にしなくては。と思うのと、また少し、ほんの少し、極々少し「共生のまち」に近づいた、そんな気がします。
そして、悩みに悩みながら進めている部会ではありますが、だからこそ、少しずつ「チーム感」が芽生えてきている気がします。

委員皆さんには、やはり、感謝でございます。m(_ _)m




で、夜。地域福祉課さんで お仕事。総合相談センターではなく役所窓口の向こう側で、継ぐ者 山本さんと一緒に、せっせと お仕事。援護G熱血柴田リーダーからイジラレながらお仕事。
と、奥から「チーム白井」BOSSや岡田次長、宮川高齢福祉課長らが出てみえ、皆さんから「ご苦労さま。」と お声掛け頂き、ただただ ありがたく思うばかり。(。>0<。)

障害福祉G 鈴木リーダーからアメを差し入れて頂き、その後も「ご苦労さま。」と鈴木地域福祉課課長からソーセージを頂き。で、ふと辺りを見渡すと。地域福祉課メンバー皆さん、まだ全員が残り職責と向き合っていました。


「検証」プロセス


田原市健康福祉部と田原市総合相談センター。「チーム白井」BOSS を中心に、一丸となって。メンバー一同それぞれの職責を全うすることが出来た、そんな一日でした。恵まれた環境で仕事させて頂いています。(  ̄^ ̄)ゞ



 arai

|

« ジャーナリストとの時間 | トップページ | 運営会議の成果物 »

コメント

カウンターの向こう側で仕事をすることですら私には想像できませんが、田原市でと考えると何の違和感を感じない自分です。

田原市が目標というのは容易いですが、あまりに遠く感じます。

投稿: 清水 | 2013年3月12日 (火) 08時32分

清水さま

お疲れさまですぅ。m(_ _)m
今から十数年前、ふわりが立ち上がった頃の話ですが、とえださんが目をランランと輝かせ言った言葉です。

「あらいさん、知ってますかぁ!福祉課のカウンターの中に通してもらえるようになると、お茶とか出してくれるんですよぉ~!ホホホ!」
( ^ω^ )

その当時は、まだ「お茶出し」の風習があったんですが、今はなくなり、もう とえださんに追いつけないなぁ、と思っていたのですが、いきなり「ソーセージ」ですから、あらいも「イケてきたでしょ!」って自慢ができます~!(≧∇≦)

投稿: あらい | 2013年3月12日 (火) 13時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125839/56936608

この記事へのトラックバック一覧です: 「検証」プロセス:

« ジャーナリストとの時間 | トップページ | 運営会議の成果物 »