« オーダーメイド | トップページ | 最後にお伝えしたいこと »

2013年3月 6日 (水)

年齢を越えた連携


本日午後から豊川市へ。豊川市社会福祉施設協会さまから お声掛け頂きまして、お話にあがりました。

で、この協会。障害者施設だけの集まりではなく、介護保険事業所や児童施設も一緒に組織されており、その名の通り年齢も障害も関係ない「福祉施設協会」でありまして。あらいも、おかげさまであちこちでお話させて頂く機会を頂いているのですが、自治体単位でこういう活動をしているのは珍しいのでは、と思いました。

多くの自治体で、この縦軸の連携構築に四苦八苦しているのに、この協会は発足から数十年が経過しているそうで。年に2回の研修会と、交流・懇親会なんかも交え、連携を深めているそうです。

年齢を越えた連携、羨まし過ぎるぅ〜!ですよねぇ〜。(*^o^*)



で、そんなイケてる皆さんから頂戴したオーダーは「権利擁護について 〜障害者虐待防止法の施行をうけて〜」でして。で、そのタイトル通りの お話をさせて頂いてまいりました。(`∇´ゞ

お話する相手が相談支援員さんではなく、多くの皆さんが直接支援に携わる方でしたので、昨日お伝えしたように、いつもとは若干「力点」を変えてお話させて頂いたのですが、皆さん本当に熱心に聴いて下さいました。あくまで「障害者」虐待防止法をベースとして お話はさせて頂いておりますが、やはり「権利擁護」という点では全く差異はなく、共通言語としてお話が成立するんですよね。当たり前ですが。



で、今回の研修。どうしても お断り出来ない理由がありまして。

このイケてる団体の長は、あらいが福祉をカジり始めた小僧の頃、たくさんのことを教えて下さった「あけぼの作業所」の都築所長さんで在らせられまして〜!その時、すでに県知的福祉協会やセルプ協会の重鎮であったにも関わらず、あらいなんぞの戯れ言にも耳を貸して下さった方でありましてぇ。昨日の たしろさんのコメントにあった県福祉協会「研究紀要」の巻頭を、とえださんや島崎御大将らと飾るような方でしてぇ。


年齢を越えた連携


断れないでしょ!この世界で仕事が出来なくなるでしょ!(゜∇゜)



そんな都築所長。あらいが会場の あけぼの作業所に到着すると、わざわざ玄関まで お出迎え下さり、「お忙しいのに、本当にありがとうございますぅ。」と お声掛け下さいました。
「実った稲穂」だから、こういう紳士な対応が出来るのか。こういう紳士な対応が出来るから「稲穂は実った」のか。

都築所長の対応から、また一つ学ばせて頂いた一日でした。



arai

|

« オーダーメイド | トップページ | 最後にお伝えしたいこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125839/56903017

この記事へのトラックバック一覧です: 年齢を越えた連携:

« オーダーメイド | トップページ | 最後にお伝えしたいこと »