« 無事保護 | トップページ | ライフワーク »

2014年4月17日 (木)

よき日


昨日は、良い一日になりました。ご褒美ですかね。( ^ω^ )

午前中。自立支援協議会が生んだ新たな社会資源である田原市社協就労移行支援事業所に、その協議会メンバーである可知病院の佐藤PSWが同行も兼ね見学に来て下さいました。その対応を、一生懸命「新米サビ管」の花井さんが。ステキな光景でした。

でね、普段、佐藤さんとお話するのは会議関係か、全くのプライベートで、今日のような「現場」にいる彼にお会いしたのは初めてで。その差異は全くなく。全く変わることなく。いつもの爽やかな、それでいて凛とした彼がいました。いつも言ってますが、あらいには持ち合わせないモノを、彼はイッパイ持っています。神さまはイジワルです。(T_T)


よき日


と、とにかく…自立支援協議会から意味出された田原市の長年の検案事項っあった「アセスメント重視型」の就労移行支援事業所を、メンバーみんなで盛り上げていくいく、この姿勢、この様がステキ!って思います。



で、午後は。こちらも田原市にとっての大きな検案事項である「暮らしの場所」。この問題解決のためにヘルパー事業をベースとしているMA・はろーさんが「田原市のために!」と学校介助員派遣事業への参入時と同じく「覚悟」を持って設立されました。で、丁寧なご案内(呼び出し…。(T-T))を頂きましたので、ご挨拶がてら内覧会にお邪魔してまいりました。m(__)m

日中活動の場は、どうあれ充足しつつある中、この「365日の暮らしを支える」支援は大きく不足しております。十数年前には 考えられなかった、このNPO法人ベースでの地域での「みきる」仕組みが、今はベーシックになりつつあります。が、これには運営・経営基盤が磐石とは言えないNPO法人が乗り出すには、繰り返しになりますが相当な覚悟が必要となります。あらいもNPO職員です。この覚悟の大きさ、重さ、強さは、よく理解出来ます。

帰り際、代表の河合さんから「これからも、ご指導よろしくお願いします。」という一言を頂戴しました。しかも、おみえになったスタッフさん一同、玄関で横並びで、深々と頭を下げられて。出過ぎた真似はしません(出来ません)が、ご依頼とおらば総会相談センターとして、しっかりとサポートさせて頂きますゆえ、こちらこそ よろしくお願いでございます。m(__)m



で。あまりに慌ただしくMA・はろーさんをあとにしたもので、写真、撮り忘れてしまいまして…。チラシでご勘弁下さい…。あぁ…。


よき日


でもね。このチラシにある「地域で暮らせる。普通に暮らせる。」っていうスローガン。とっても大事だと思うんですよねぇ。「地域で暮らす」ってとこじゃなく「普通」なんですもんね。自らハードル上げるあたり、MA・はろーさんらしいっすね!`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!



arai

|

« 無事保護 | トップページ | ライフワーク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: よき日:

« 無事保護 | トップページ | ライフワーク »