« 喋り倒した4時間 | トップページ | 感激が爆発した一日 »

2014年4月24日 (木)

基幹相談センター連携会議


昨日は午後から豊橋市へ。東三河南部圏域4市の基幹相談センターの長と行政担当者が一同に介し、圏域の課題や情報の共有をテーマに、フランクに意見交換(時には議論)する「東三河南部障害福祉圏域基幹型相談支援センター連携会議」に、継ぐ者山本さんと二人で参加してまいりました!(  ̄^ ̄)ゞ

これ。東三河南部 地域アドバイザーである江川さんの呼び掛けで実施に至りました。アドバイザーと活動する中、県が主催となる圏域会議は「議論する場でない」と言われ、本来やりたかったことが出来ないってことで、じゃあ、やれないなら自分たちだけでやる。って思いから昨年度末に開催し、で、「こりゃイケる!」ってことで、今年度から定期開催となった次第。


基幹相談センター連携会議


昨日も、「その他」を入れると7つの議題を丁寧に(ブッチャケて!)意見交換することが出来ました。特に、それぞれの まちが、それぞれ行っている県従事者初任・現任研修のフォローアップ研修なんかは「合同開催」とし、圏域レベルで質の向上を図りつつ、更にはファシリテーターを含めた人材育成を行っていこう!ってな具体的な取り組みまで行き着くことが出来ました!素晴らしい〜!(≧∇≦)

とっても有意義な時間となりました。っていうか、我ら基幹型相談センターは勿論ですが、施策を担う行政担当者さんの方が「より」有意義な時間になってるんじゃないかなぁ。って思いました。



でもね。何だか不思議な感覚でした。音頭をとられた地域アドバイザーの豊橋市 江川さんと、その前のアドバイザーだった蒲郡市 鈴木さんとは、障害者自立支援法施行時「これからは自立支援協議会が重要。相談支援事業は更に重要!」を圏域に周知するために設立した「東三河障がい福祉研究会」の正副会長でして。あらいは同時 事務局長を仰せつかっておりまして。ようは。このお二人には逆らえない分けで…。でも、一緒に仕事するとメチャクチャ楽しい分けで〜!(≧∇≦)



2時間を少し超過したところで、次回の開催日を決め閉会に。メンバー一同「この日はダメ!」が飛び交いました。これ、有意義な会議であった証しですよね。だって『どうでもいいや。』って思うなら、必死に都合が悪い日を避けてもらうようなアピールはしないですもんね。

ってことで。今年度は東三河南部圏域全体で、相談支援事業の質の向上と平準化を図っていきます。と、田原市としても、あらいに不足しているスキルや情報を圏域レベルで補って頂ける、ステキな一年になります!みんなで盛り上げていきたいと思います!



 arai

|

« 喋り倒した4時間 | トップページ | 感激が爆発した一日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 基幹相談センター連携会議:

« 喋り倒した4時間 | トップページ | 感激が爆発した一日 »