« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月30日 (金)

校内現職教育研修


昨日は(っていうか、この「昨日は」って書き始めが多いなぁ…。その日のうちにあげられてないなぁ…。(T-T))、市内学校の現職教育研修にお声掛け頂き、お話させて頂きました。ありがたいかな、教育委員会 教育サポートセンターの方々も「あらいが話すなら。」と駆け付けて下さいました。ありがたや〜!でございますぅ〜!

こうして市内の学校や教育委員会から、研修や個別の会議にお声掛け頂く機会が、本当に多くなっております。数年前では考えられなかったことです。ひとえに、教育関係者皆さんのご理解は勿論のこと、学校介助員はじめて多くの皆さんのご尽力のおかげと、しみじみ思います。感謝でございますぅ。m(__)m



あらいから1時間ほどお話させて頂いたあと、質義応答が40分にわたり。この質疑応答って、福祉従事者向けの研修だと、あまり多くの質問はでないなですが、親御さんや昨日のような教育関係者向けだとメチャクチャ盛り上がったりします。どちらも悩んでみえることは間違いはないとして、こうした「学ぶ」、「聴く」機会に恵まれないから、大事にしたいのでしょうね。だから、あらいの話も、答えも、必然的に熱を帯びます。


校内現職教育研修


いつも言っていますが、田原市では本当の意味での「教育との連携」が始まろうとしています。思うことは「現場は必死なんだ」ってこと。「何とかしなくては」と思っているってこと。誰でもなく、児童・生徒のために。安っぽいプライドなどかなぐり捨て、真に子供の将来が幸せなものとなることを願っているってこと。

願わくば。この思いが学校に留まらず、未就学の子供に関わる方々に、田原市で生きづらさを持ち生まれてくる子供に関わる方々にも伝わりますように。誰のためでなく、勿論!自分のプライドなんかじゃなく、真に田原市の子供のために。そして我らは、しっかりとその方々のサポートをする。真の連携を構築する。

そんなことを考えさせられた研修会でした。ステキな時間を頂きました。本当に ありがとうございました。m(__)m



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月29日 (木)

研修は「あんたでいいよ。」


昨日午後は、お伝えした通り、ヘルパー連携会に参加しました。部会を総合相談センター メンバーの担当制にしてから、本当に「参加しました。」って感じで、段取りから進行まで お任せしきりで、あらいの役割は「ブレる」ことなく、ミッションをお伝えし、遂行することになっています。ありがたや~です!

で、部会。担当 やっちゃいなよ!三浦さんの「悩みには答えなきゃ!」っていう強い信念(拘りに近いか!(^○^))で、毎回毎回 事業所さんから質問や意見を かき集め、行政と総合相談センターで手分けして「お答えしま〜す!」って感じで。かなりリスキーな感じではありますが、やっちゃいなよ!三浦さんが「やる!」っていうから続けています。(^-^;



こんなんですから。今回も盛り上がりましたわぁ。しかも、会を重ねるごとに事業所皆さんも最初は『本当に言ってもいいのかしら…。』と疑心暗鬼な、遠慮がちな感じでしたが、今は信用?信頼?してもらえたのか、結構 突っ込んだ質問やら提言(強要?脅し?(・・;))まで、メチャクチャ盛り上がります!

しかも、事業所さん同士で「だよねぇ〜!」なんて顔を見合わせ、頷き合いながら。事業所間の「真の連携」という高いミッションを持ち、立ち上げた部会。時間は掛かりましたが、今、田原市のヘルパー事業所間には真の連携が生まれつつあることを実感しました。

こうした「結果」に報われます。感じです。m(__)m



と、もう一つ。あらいにとってのステキなご褒美がありました。

ヘルパー連携会で毎年 研修会を開催していることから、やっちゃいなよ!三浦さんが「今年、どうする〜?どんな内容?」って問い掛けに、「あらいの話は解りやすいから、あらいでいいよ。」ってなお答えが…。『マジで〜!?メチャクチャ嬉しい〜!(TT)』と正直 泣きそうでしたが、そこは必死で堪え「ボクなんかでいいんすか〜?」なんて照れ隠し…。でも、繰り返しになりますが、本当に、本当に、メチャクチャ嬉しかったです〜!



このヘルパー連携会の立ち上げの時。「今までのように、相談員のいる事業所さんは、そのまま自分の事業所に仕事が来るってことはなくなります。そういうのは「利益相反」と捉えられますから。」とお伝えした時、大ブーイングを受けました…。ある意味、当たり前です。それまでは許されていたんですから。

ただ。相談支援事業が始まっている今、総合相談センターが立ち上がった今、それは認められない。真に必要とされている「支援」に適した「事業所」をご紹介する。そういう相談支援にしたい!という思いでしたから。だから、あえて強調して。



あれから少し、時間が経ちました。今、「あんたの話がいいよ。」って言って頂けるようになりました。だから、メチャクチャ嬉しいんです!だから、メチャクチャ気合い入れて挑みます〜!

ただ。ちょっとコワイのが。やっちゃいなよ!三浦さんから「じゃ、そういうことで。じゃ、せんせいに話して欲しいことがありましたら、いつものようにジャンジャンお知らせ下さい!ね。せんせい!」と、こちらを見てニヤリ…。なんだか。ノリが熱血柴田さんぽかった…。それが、コワイです…。(A;´・ω・)アセアセ


本来の「目的」


と、とにかく。ヘルパー連携会は、本来の目的を達成しつつあります。イコール!田原市の福祉の増進にメチャクチャ有意義なことであることは間違いなく!これが嬉しいっす!



arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月28日 (水)

男泣き


昨日は丸々一日 総合相談センターで、メンバーで あれやこれやと議論しました!( ̄- ̄)ゞまずは午前中。事務局会議。いよいよ突入する「協議会マンスリー」の準備というか。口火を切るヘルパー連携会の議題と進行やらを、やっちゃいなよ!三浦さんから説明があり、更にメンバーで具体的に内容を具体的なものに。って感じで。

決してヘルパー事業所数が多くはない田原市。部会のタイトル通り、その事業所間の「連携」を大きな目的としておりますが、その内容は「質の向上」と「情報共有」を丁寧にしてきました。一定レベルでの成果はあるという認識をもってはいますが、その「事業所数」自体が課題となっているのも確か。

ってことで。この改善のために、やっちゃいなよ!三浦さんを中心に、メンバー一同、ド真面目に議論する時間となりました。良い時間となりました。(^-^)v



で、後半は。その「次」が決まっている権利擁護部会について。ずーっと学ばせて頂いている他市で起こった孤立死問題について、田原市で起こさないための「我らなりの」答えを提示する方向を確認しました。一つ一つ、丁寧に検証しながら進んでいくこと。大事にしていますから。

最後は。我らに力がないばかりに、長い間の懸案事項となっている事案の報告。途中、男泣きするベテランメンバーの様をみて、奮い起たずにはいられなかったです。と、この「熱」のある相談支援に触れることが出来る この環境に感謝しました。



で、午後は総合相談センターミーティング。議題は、半田市・田原市合同研修について。あらあらの研修計画案を基に、今年度の目的ともいえる「スキルを繋ぐ」意味と手法についてお話しし、その具体的な研修内容をメンバーで議論し、共有しました。「誰かがいないと成り立たない」なんていうことの無い「仕組み造り」です。


男泣き


まぁ。詳細はお伝え出来ません、というより「まだまだ。これから。」って感じではありますが、結構「イケてる!」ことは確認できた、そんな時間でした。今年度の合同研修もステキなものになりそうで、これまた良い時間となりました。(⌒‐⌒)



ミーティング後。メンバーは いつものように現場に散り、総合相談センターに出たり入ったり。夜遅くまで現場を走り回っているメンバーに感謝しつつ、閉館と同時に あらいも帰路に着きました。とっても清々しい気持ちで。ステキな同志と環境に感謝しながら。



arai

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2014年5月27日 (火)

長久手市より 旧友来たる


昨日午後。長久手市社会福祉協議会の相談支援専門員さんがおみえになり、継ぐ者山本さんも交え意見交換。っていうか、電話で「私のアセスメントを取って!」ってなお話で今回お越しになったって感じでございます。

っていうか、長久手市が どこにあるか?っていうのは、尾張圏域の位置関係が解っていない あらいですが、若干 存じ上げておりまして。同志お二人の まちに隣接していることや、市長さんが「福祉日本一を目指す」ことを言って見える まちであるとか等々。にも拘わらず、こんな南端のまちまでおみえになって「アセスメント取って!」って、一体何ごと?って思いますよね。はは…。



で。この「アセスメント取って!」には意味(訳?)がありまして。実は この相談支援専門員さん、古い友人と申しましょうか。今から十数年前、優さんや あかね荘 安形さん、とえださんらが中心となり立ち上げた「愛知県生活支援ネットワーク」なる団体があったのですが(懐かしい〜!)、そこで一緒に活動(学んで)していた仲間でして。

で、その後は名古屋市内の事業所で相談支援に従事してたんですが。存じ上げなかったのですが、数年前に退職され、この世界から離れてみえたそうで。で、この春、この長久手市社協さんで復帰という運びとなったそう。ってことで、ここ数年「相談支援に何があったのか?どうなっているのか?っていうか、そもそも私は間違っていないか?」を「あんた。アセスメント取って!」ってことに繋がった。ってことだそうです。

いやはや なんとも…。難題なオーダーで…。(T-T)



ってことで。旧交を深めつつ、いろいろとお話をお聴きしつつ、質問に答えつつ。っていうか、元々スキルの高い方であり、優さん発の地域生活支援出身であることから思いの強さも半端なく。こちらとしても学びの時間となりました。濃密な時間となりました。感謝でございますぅ。m(__)m

お話しした内容は控えますが、官民で、今一度「障害福祉計画」を確認した上で、あらためて長久手市が「何を目指すのか?」、「委託事業に、事業所に、何を求めているのか?」を「一緒に」確認することを お勧めしました。と、その上で しっかりとした「役割分担」をすべきであることを、それが「協働」であるってことを確認することをお勧めしました。生意気ですが。

ってことで。お互い「これからも よろしくです〜!」ってことで お別れしました。また長い時間を掛けて帰られるのかと思うと、恐縮さもMAX。だって、遠路はるばるお越し頂いた割に、あんまりお役に立てていないような感じで、何とも恐縮至極…。ではありますが、これからも 共に高めあっていく仲間として よろしくでございますぅ〜!(^-^)v



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月26日 (月)

握手の時間


今朝は半田市での常宿でお目覚め。睡眠不足ではありますが、英気に満ち溢れていることが自覚できる、そんな目覚めとなりました。メグの笑顔に癒された、ってことが大きいのは確かですが、他にも、た〜くさんのハッピーがありました。( ^ω^ )

同じテーブルには、この5月に相談支援専門官に着任された鈴木智敦さん。今年度の総会でご講演頂くNSK 中島副代表。智敦さんの「5月1日」をお聴きし笑い、涙し、奮い起ち。中島さんと「あらためて。相談支援とは」を お話し。更に、次から次に繰り出される お二人の「大きく、高い」話に、同じく、同じテーブルだったトクヤマさんと二人、お互いの頬を ひっぱたき合いながら、気を失わないよう頑張った次第でして…。はは…。(・・;)



で。何より!「隣の席が空いたから。来たよ。」と。隣のテーブルにみえた、あらいにとっての「雲上人」田中さん!おそれ多くて近寄ることすら出来ない軟弱者を、雲上人が気遣って下さいました。本来なら、あらいの方からご挨拶にいかなくちゃいけないのに。お偉い方なのに、そんな素振りは一切なく、こんな然り気無い気配りが出来る方。ただただ感激。ただただ感謝。



式はお開きとなり、智敦さん、今井姉御、トクヤマさんと豪華な立ち話。と、出口に向かう雲上人。『ご挨拶しなきゃ!』と駆け寄ると、雲上人は「さっ!」と右手を差し出し、いつものようにステキな笑顔で「じや。また。」と一言あったあと握手。

で、この握手。いつもより長く。その間、雲上人は ずっと笑顔で。『分かってるよ。』と言わんばかりに。あらいが半泣きで「もう充分です。ありがとうございます!」と言っても、まだ雲上人の右手は あらいの右手を「離す」ことはなく。

嬉しくて。嬉しくて。嬉しくて泣きました。



その後。トクヤマさんと二人、飲み、語りました。その時間、ナント!5時間半!今日の振り返りをしつつ、我らのそれぞれの「長期計画」、「短期計画」、そして「今、すべきこと」を。

数時間前に聴かせて頂いた「雲上人」田中さんが全日本育成会に、智敦さんが厚労省に挑む覚悟を決めた「瞬間」を互いに思い出してか、我らの語りも いつも以上に深いものとなりました。我らの中にも熱いものがたぎるのを感じながら。二人の「漢」の生きざまを思い出しながら。頑張ることを誓いながら。



 arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月25日 (日)

10年越しの約束


10年と少し前。「あんたさぁ。この歌、私の結婚式で唄ってよ!」と言われ。「いいよ。っていうか、呼ばれなくても勝手にロビーで唄ってるわぁ。」と答えたことを忘れていません。



あれから、ずいぶんと時間は経ちましたが。今日、お互い その約束を、果たすことが出来ました。<(_ _)>


10年越しの約束


ギターもヘタクソになっちゃって。声も出なくなっちゃって。あの時 約束したものと ずいぶん違っちゃったかも知んないけど、あれが今の精一杯です。ゴメンね。でもね、気持ちは あの時 以上でしたよ。

と。若干「お疲れモード」でしたが、あなたの くったくのない笑顔に癒された。そんな一日にもなりました。感謝です。



こんなにたくさんの人に祝って頂いたんだから、幸せになるのは、もはや「義務」だからね。末永く、お幸せにね。


10年越しの約束


arai

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年5月24日 (土)

相応しくあるために


朝。相談支援従事者指導者養成研修(いわゆる「国研修」)に、講師として参戦した こじまさんから電話がありました。あちらでの様子や こじまさんの感想なんかも お伝え頂きました。<(_ _)>

さぞかし大変であったことは安易に想像が出来ますが、「愛知県」の看板を背負い参戦するというプレッシャーは、あらいごときでは想像の域を超えたもので…。ですが。お話から、彼らしく、ステキに務めあげられた様子に、なんだか、あらいまで嬉しくなり。

彼のポテンシャルの高さは、あらいだけでなく ここにあそびに来て下さる方の多くがご存じのことかと思うのですが、厄介なことに、その彼自身が あまり「ピン」ときていないようでして…。でも まぁ。それも含め「彼らしい」のですが〜。(⌒‐⌒)



「ついでに!」ってなことで、ASKの話に。いつも話していることではありますが、あらためて「ASKは「現場感」に拘って!」を確認し、メンバーそれぞれのポテンシャルに合った「役割」を確認し、いつものように「やるしかないんだよね!」を確認しました。

身内が言うのもなんですが、今、明らかに、こじまさん「強い」です。そして大きさは増しています。5年前、この国研修から始まった彼との切磋琢磨の時間の共有ですが、「あっ!」と言う間に駆け上がった感のある こじまさんですが、その背景を知る あらいとしては、驚きは大きくはありません。逆に『進撃は、これから。』とさえ。



あらいも。こじまさんに置いていかれないよう、あらいに与えられた役割「腹筋 100回!腕立て 100回!」に励みます!「同志」と呼ばれるに相応しくあるために、メチャクイチャ頑張ります!!( ̄- ̄)ゞ


Pap_0150_3


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月23日 (金)

海部地区


今日は朝一から蟹江町に行ってきました。愛知県の西端に位置し、愛西市、弥富市、あま市、大治町、飛島村、そしてこの蟹江町の6つの市町村(郡)から構成される海部地区に属しています。田原市も、あらいが居を構えるまちも、以前は「郡」でしたから、なんとなく懐かし〜い響きに癒される〜。そんな感じでした。(⌒‐⌒)



で、今日お伺いしましたのは、この海部地区心身障害児者保護者会連合会の今年度の総会後に、ありがたいかな お話しさせて頂く機会を頂戴しましてぇ。で、ノコノコとお邪魔した次第です。でね、今日のご依頼「こりゃ。お断りは出来ないなぁ。」ってな理由がありまして。っていうのは、お声掛け下さった会の会長の浅井さん、以前にも あらいの話を聞いて下さっていまして。

この圏域の飛島村で開催された自立支援協議会主催の事業所向け講演会で お話をした際に、浅井会長はおみえでして、その時に「うちの会員さんにも聞かせてあげたかったわぁ〜!呼んだら来てね〜!」ってなお声掛けを頂いておりまして。しかもステキな笑顔で。調子者の あらいは「は〜い!」ってお答えしたのも、しっかり覚えておりまして。(#^.^#)

「財政指数 NO.1」
http://feel1999.cocolog-nifty.com/lallapallooza/2013/09/no-bc0e.html



が、こんな呑気な気分も道中だけで…。((・(ェ)・;))

会場に到着し、役員さんに控えに案内されて愕然…。胸に来賓を表す赤いリボンを付けた議員さん方々が「ずら〜り!」と…。その瞬間ようやく思い出しました。「6つの市町村」にまたがる会。応援される議員さんや組織も、その数だけ…。」ってことを…。しかも、会員数は 300名を超えている「大組織」だそうでして…。

海部地区


会場の風景。見て下さい!この来賓の皆さま!

なのに。あらいの格好は、いつもと変わることなくジーパンにTシャツ…。頭の中は、真っ白なスクリーンに大きく「場違い」の文字が映し出されておりました…。あぁ…。(T-T) ってことではありますがぁ。いつものように ここで開き直って、いつものように「あらいらしく」お話をさせて頂きました。頂戴しました演題は…


障害のある方の権利について

〜その人らしく、地域で暮らしていくために〜


障害者虐待防止法をベースに、権利条約への批准のために権利意識が高まっていることをお伝えした後、そもそも「権利って何?」をお話ししました。あらためて「難しそう…。」と敬遠しがちな法律を使いこなして頂けるよう。

で、まとめは、田原市の取り組みとして「共生のまち」田原市を考える会の活動を、官民協働を「お願い」としてお話ししました。特に、昨年度末に田原市にお越し下さり、我らに「命の尊さ」を説いて下さった茂さんとの「時間」を、そこに至るまでの我らメンバーとの「時間」を、そして東尋坊で茂さんと熱く語り合った「時間」をお伝えしました。



お話しさせて頂く、お伝えさせて頂く方が、相談支援専門員や行政の窓口担当者や事業所職員ではなく、あらいが一番 緊張する「親御さん」であり、障害者虐待防止法において我らが「支援する」対象であるってことで。だからこそ、障害者虐待防止法をはじめとする一連の法律を「上手く使って頂けるよう」、「護ってもらえますよう」あらいなりにではありますが、解りやすく、しっかりとお話しさせて頂きました。

何人ものお母さん方がハンカチを目にあてながら聴いて下さいました。拙い話ではありますが、ほんの少し『お役に立てたのかなぁ。』と思えた瞬間です。講演後にはお声掛け下さった浅井会長も駆け寄ってきて下さり、深々と頭を下げて下さり お礼の言葉を頂戴しました。安堵というより体の力が抜けていくのが分かりました。



昼食を役員皆さんとご一緒し、フランクな雰囲気の中で皆さんとの会話を楽しみながら、たくさんのことを学ぶことが出来ましたし、気づきも頂きました。田原市で活かせそうなものもあり、逆に教わった感じです〜!

絶好の天候でしたので、今日は珍しく愛車で、のんびりと蟹江町まで移動しました。少し前までは「海部地区」っていう地域のことを全く存じ上げなかった(申し訳ありません。<(_ _)>)のですが、飛島村、蟹江町、そして7月には津島市にお邪魔させて頂くことになっております。今度は「カーナビ」を頼りにすることなく到着できそうです。ちょこっと地理関係が分かってきましたぁ。はは!(^○^)

しかし。愛知県行脚…。随分と回ったなぁ…。( ̄◆ ̄;)



ってことで。たくさん お気遣い下さった役員皆さん、本当に ありがとうございました。今日は、感謝、感謝の遠征となりました。また浅井会長はじめ役員皆さんににお会い出来るかなぁ。とってもステキな「お母さん」方に。(o^-^o)

本当に「ご縁」って不思議なものですね。


海部地区


arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月22日 (木)

続・連携


朝一で、市内の学校へ直行。学校介助員派遣事業の現場へ。親御さんは勿論のこと、学校側からも お礼の言葉を頂戴しました。と、最近の様子を丁寧にお伝え下さる。しかも、フランクに。これが何より嬉しかったりします。

「「教育」との連携の難しさ」を よく耳にします。が、田原市では この学校介助員さんの奮闘のおかげで、本当によい関係が構築出来ていると痛感しております。感謝です。<(_ _)>



「連携の難しさ」に対する思いは、昨日の書き込みの通りではありますが、諦めず、丁寧に、そして仲間と一緒に頑張っていけば、必ず「繋がる」と信じ、今から総合相談センターに戻ります。今日も一日、頑張れます!(^-^)v



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月21日 (水)

連 携

【 連携 】
互いに連絡をとり協力して物事を行うこと。(大辞泉)


そもそも。簡単にいくとは思ってないが。やっぱ、難しい…。

今日午後、ほぼ「全て」の時間を費やして確認しました。
前半は継ぐ者山本さんと。後半は熱血柴田さんも参戦して。
法の「壁」ではなく。「法って何のため、誰のためにあるの?」。
そんなことを考えさせられることが、多々、多々ありまして。

先方の法律を学ぶだけでは、繋がれない。やっぱ、難しい…。


まだまだ、先は長い。ことを、改めて 3人で確認しました。
「まだまだ、頑張る!」ことも、合わせて確認しました。m(__)m



arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月18日 (日)

総会を前に


来月1日 開催の愛知県相談支援専門員協会(ASK)総会・講演会の準備が佳境に!って感じです。ただ単なる事業計画や報告だけでなく、内容あるものとするために、しっかり議論しなくては、理事として会員皆さまに会わす顔がない、申し訳ないですから。メンバー一同、マジモードでございます。m(__)m

で。当然ですが総会の準備や その内容の吟味をするってことは、「愛知県」を冠に持つ協会ですから、県全体の相談体制の整備、そのための研修内容について細部に至るまで議論しているわけで。関係機関や団体が実施する研修も。連携を模索するわけですから、当然、相手方の思いを理解しておかなければならないですもんね。



で。昨年度末時点の都道府県別 計画相談実績が発表されましたが、達成率の全国平均は「31.4%」。愛知県は?と言いますと「59.3%」で、依然トップ。特に、苦戦を強いられている大都市圏では、追随を許さないって感じです。ってなこともあり、他都道府県からは高い評価を頂戴しており、協会としては奮闘する県内の相談支援専門員皆さんに、ただただ感謝するばかりであります。m(__)m

ですが。もう片方で『これ(達成率)だけで判断してはいけない!』という思いを強く持っています。ようは、作成された計画の「数」も問題であることは勿論ですが、それ以上に その計画の「質」が問題だと思っています。



詳細は控えますが、今年2月に厚労省から出された計画作成に関する通達など、全く意に介していないかのような言動が大きな問題だと。相談支援専門員であるにも拘わらず、この緊急事態を「協議会」という公的なステージで議論するなどの、策を講じないことが問題と考えているからです。

先にも書きましたが、我らのASKのミッションは、愛知県の相談支援専門員の質の向上と体制の整備です。この現状を他人事と考えず、自分事とし「襟を正し」しっかりと向き合わなければなりません。だからこそ、我らの議論の場は盛り上がるのです。



この春。ASK智敦監事は「相談支援事業」の窮地を救うべく、我が身を省みず「国」に身を投じる決断を下されました。ASK鈴木代表は、国協会(NSK)理事として智敦「専門官」を支えられます。こじまさんは、その魂と共に愛知県の相談体制整備はじめ多くのものを智敦さんから託され、その重責に立ち向かいます。そして熊谷さんは県協議会 人材育成部会で、その こじまさんを支えます。

今年度の総会を前にし、メンバーと たくさんの議論をする中、『あらいに果たせる役割は何なのだろうか。』という思いが、日に日に強くなっています。ASKの理事として恥ずかしくない活動をしなくては、この同志たちと一緒にいられないですから。m(__)m

今年の総会は、あらいにとって特別なものとなりそうな、そんな感じです。会員皆さん、こうご期待!でございますぅ。



 arai

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年5月14日 (水)

「傾聴」を学ぶ


本日は、朝一から田原市運営会議。繰り返しお伝えしておりますが、一昨年度からメンバーをサービス提供事業所は管理者もしくはサビ管、関係機関は それに準ずる者としました。この要職にあるメンバー皆さんが、多忙な中 時間を割き出席して頂けることに、ただただ感謝です。m(__)m



で、今日のテーマは一本!「傾聴について」学ぶ。でございます。田原市自立支援協議会は発会の記念講演を、あらいにとっての師の師である山田優さんにお出まし頂き、関係者一同で「聴くことが最大の権利擁護」を学び、スタートしました。以降、この金言を忘れることなく今日までやってきました。

で。決して忘れた訳ではなく、逆に忘れないように、「今一度」、この我らのミッションを聴くことにしたのが今日のテーマです。

この「聴く」は、決して相談支援専門員にだけでなく、サービス提供する者全てに、障害のある方に関わる全ての者にとって大事なミッションですから、この運営会議メンバーで再確認し、各事業所スタッフに伝達して頂くことを目的に、満を持して実施しました。



で、今日 お話頂いたのは。田原福祉専門学校・ヘルパー研修等々で、この聴くことの重要性を説く、「傾聴」を担当されてみえます田原授産所 所長・重鎮 鎌田さんでございますぅ!なんとも贅沢な講師さまでございますぅ!(*^¬^*)


「傾聴」を学ぶ


で、お話。この「傾聴」という、なんとも難しいというか、深いというか、とにかく重要なテーマだけに、高い「伝えるスキル」が求められるわけですが、それを「そもそも傾聴とは」、「はげます技術」、そして重鎮 鎌田さんの長い福祉歴から、その実践から「感じたこと」という3つの項目に分け、メチャクチャ丁寧に、そして解りやすく お話下さいました。

しかも、難しいテーマですので、ややもすると暗くというか、重くなりがちなところを、田原市ではご存じの方も多いかと思いますが、落研出身の鎌田さん、軽妙な語り口に加え、例えが上手だったりして、メンバー一同 すっかり話に引き込まれて、質疑応答を含めてですが、100分という時間が「あっ!」という間に過ぎていきました。「おみごと!」というしか表現のしようがなく!m(_ _)m


「傾聴」を学ぶ


この数年、たくさんの場所で この「聴くことが最大の権利擁護」という優さんの想いを伝達させて頂いてきました。が、その具体的な内容にまで突っ込めた機会は、そうはたくさんありませんでした。ので、この「傾聴」の「本当」を学びたい!とお考えの皆さん。鎌田さん、お奨めです!(^-^)v



ってことで。充実した運営会議を終え、ラーメンすすりながら継ぐ者山本さんと あれこれ打ち合わせをし、本来であれば午後のミーティングの準備を、ってな運びになるのですが、今日はメンバーに任せ、あらいは電車に飛び乗り一路 「半田市」へ。半田市・田原市合同研修やら、ASK専門コース別研修やら、他にも あれやこれやの打ち合わせに。

いつもながら、あらいの学びは「まだまだ」続くのでありました。で、この報告は、また 後日あらためて〜!



ということで、取り敢えず!メグはじめ半田組と食事をし、残党組のトクヤマさんと二人、終電の時間に至るまでアベノミクスについて、そして 今後の相談支援について、じっくりと語り明かしましたとさ〜!今日も一日、良い一日となりましたとさ~!(≧∇≦)



 arai

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年5月13日 (火)

アクセス解析


このブログは「@nifty ココログ」を使用しているのですが、この管理ページっていうのが結構 優れもので、アクセスの解析がメチャクチャ丁寧に表示されます。アクセス推移は当然として、検索ワードやら、参照元のURL、ユーザー属性…他にも何やらかんやら。まぁ、あんまり使いこなせていないのですが…。はは…。

ちなみに。ここにあそびにきて下さる方は、男性が60%、30代が60%、iPhone5でみえる方が一番多いようです〜!(≧∇≦)



で。ここんところ、何だか不思議な現象というか。このブログへの訪問者さまの地域が地図上に色分け表示される解析がありまして。で、いつもは愛知県が真っ赤で、残りは全国的に薄ら水色。ってな感じなのですが…昨日は こんな感じで…岩手県が真っ赤、島根県が黄緑に…。( ̄◆ ̄;)

アクセス解析


っていうか、少し前は九州の半分がオレンジに染まっていたり…。いったい何が起こっているのでしょうか…。(・。・;



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月12日 (月)

田原市出身

今日の中日新聞 14面です。

田原市出身


厚労省 社会・援護局長さまは田原市のご出身。
うふっ。存じ上げておりますですぅ~。(*^.^*)



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月11日 (日)

懐かしい痛み


急遽。唄うことになり、押し入れの奥にしまい込んでいた愛器の収められたギターケースを引っ張り出し、で、弾いてみました。

『ううっ…。メチャクチャ…痛い…。(◎-◎;)』。予想通り…。

数年前。毎日 ギターを掻き鳴らし、弦を何本も切り、喉を枯らし叫ぶことを生業としていた頃は、まるで石のような固さだった指の腹だったのに。痛みなど感じることは無くなっていたのに。


懐かしい痛み


ここんところは。年に一回、とえださんの「演るよ。(^-^)v」ってなムチャブリに応えるだけでしたので、ギターを本格的に弾くことはなく…。今では指の腹は元通り、柔らかいこと極まりなく…。弦を押さえる度に悲鳴をあげたくなるほどの痛みを感じます…。まして、とえださんと一緒に演る時はコーラス担当なんで唄うことは全くなく、超不安だったりします…。( ̄▽ ̄;)



残された時間は2週間。元の固さを取り戻さないことには、納得してもらえる、納得いく「音」は絶対に出ない。固さを取り戻すためには、この懐かしい痛みに耐えながら、ただただコードを押さえ続けるしか術はなく。これに勝利してから歌に入る予定です。

『受けた以上、絶対に耐え抜いてみせる。』と、あらいの中に微かに残るミュージシャン魂が、そう叫んでいます。


Dsc00930_3


arai

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年5月10日 (土)

研修計画


今朝、メグから電話。っていうか、ここんところも結構 頻繁に連絡を取り合ってる感じで。プライベートなこともあるのですが、基本「仕事好き!」な二人。ってことで話の内容は、今年度以降の「我がまち」について。そのためには「今、何をすべきか!?」ってな話。

ってことで。今朝の電話の内容は、今年で6回目となる「半田市・田原市 合同研修」について、でございますぅ。いや〜この合同研修も開始から6年になるんだなぁ〜。こんなに続けられるとは思わなかったなぁ〜。


研修計画


これ。4年前の研修風景です。両市共に懐かしいメンバーもいます。月日が経っていることを実感します。でも、変わることなく、毎年、こうして両市の「官民」が入り交じって学び、高め合いは続いています。なんとステキ!なことでしょ。

きっとメグと二人だけが盛り上がるだけの、役立つだけの研修なら、こうは続かなかったなぁ〜。両市の相談支援専門員だけでなく、行政担当者皆さんも、それぞれに「ためになる」研修だったからこそ、ここまで盛り上がったのだと思います。いろんな意味で両市のメンバーに感謝です。m(__)m


「よくぞ ここまで。」


今年度も。昨年度以上に「共に高めあえる」、そして「交流を深める」研修にしたいと思います。否、します!(  ̄^ ̄)ゞ



で。ここんところ、年度初めに立てた今年度の研修計画を実施するため、具体的に動き始めた感じでバタバタしてたりします。この前の熊谷・こじま組との「ASK総会」もそうですし、来週には同じくASK研修の絡みで半田市トクヤマさんと打ち合わせをします。ASKは既に今年度の専門コース別研修「創り」を始めています。

「愛知県」を冠とする協会研修ですから、当然であると共に、必死だったりすることも、また当然であると思います。



と。今朝のメグとの電話を含め田原市の研修も めじろ押しで、他にも「田原ゼミナール」や「共生のまちフォーマル」、ひょっとかすると「自殺対策」と。ただ「やればヨシ!」ではなく、真に我らにとって「必要な研修」、田原市で生きづらさを抱え暮らしてみえる方に対して「必要な情報」でなければ、何の意味もなく。だから、こちらも必死で準備しなくてはならず。

と。今年度は東三河南部圏域4市合同での県従事者研修と連動する「人材育成」研修なんかも予定されていて、田原市として取り組む研修も多々ありそうで、必死しも「ひとしお」であります。(^-^)v

ってなことで。「一年の計は元旦にあり」ってな感じで、今が勝負時!しっかりと準備し、「チーム白井」BOSSのラストイヤーを、メンバー一同で盛り上げていきたいと思います!( ̄ー ̄ゞ



 arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月 9日 (金)

チャイニーズ

今日は定時で仕事をあがり、一日遅れの萌の誕生日会。で。例年であれば「焼き肉!」か「ステーキ!」ですが、今年は どうしたことか「オシャレな中華がいいなぁ〜。(^-^)」と…。

驚いたのなんの!基本、お祝い事は「ニク!」としか言わなかった萌なのに!しかも、「中華」なんて!しかも「オシャレな」だなんて〜!いったい どこで覚えたのでしょ〜!w(゜o゜)w


チャイニーズ


ってことで。萌、14回目の誕生日は、コリアンな感じでも、アメリカンな感じでもなく、チャイニーズでお祝いとなりました。こういうのも「成長」なのでしょうか…。(・。・;

メチャクチャ満足(満腹?)そうに店を出てくる萌を見て、ダメ親父は、なぜだか涙目になっていました。ううっ…。(T-T)





arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 8日 (木)

萌 14歳


帰宅すると、長女 萌は熱中する和太鼓の稽古に出掛けていて留守。打ち込めるものがある。しかも、一緒に打ち込む友達がいる萌に、なんとなく成長を感じます。


そんな萌。今日がお誕生日。14歳になりました。



少し前までは、こんなダメ親父でも一緒でないと何にもやらない子だったのに、誕生日にも関わらず、ダイスキ!な和太鼓に、ダイスキ!な友達と一緒に。親として、こんなに嬉しいことはなく。



歳の離れた妹 希を「ダイスキ!」と言います。
ダメ親父は、そんな萌が「ダイスキ!」です。


萌 14歳


皆さんのおかげで優しい人に育っています。感謝です。



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平々凡々


田原市障害者総合相談センターの様子。メンバーそれぞれが、それぞれの職務に向かう。官も、民も、一緒になって。熱く。熱く。


平々凡々


特別な一日ではなく、「平々凡々」な風景です。( ^ω^ )



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 5日 (月)

お留守番


長女 萌は、毎年恒例となっている豊川稲荷大祭での奉納太鼓へ出掛けていきました。いつもなら家族総出で観に行くのですが、今年は次女 希と二人でお留守番…。(・。・;


お留守番


次女 希。4歳と一ヶ月。水疱瘡を発症。
今日は一日、予定を変更しダラダラと過ごします。m(__)m



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 3日 (土)

田原版「集団指導」


昨日午後は、総合相談センター ミーティング。テーマは、各事業所の「契約書及び重要事項説明書」の記載内容の確認と、その記載事項の意味。と言った感じでしょうか。ようは何が記載されていなくてはいけないか。法に照らし合わせながら、法に定義されている用語となっているか。等々。

この契約書と重要事項説明書。平成18年の障害者自立支援法施行に伴い、急ごしらえで用意した、ネットからダウンロードしたって事業所も多いのではないでしょうか。それから数年が経ち、法改正が幾度かあり、都度「マイナーチェンジ」を重ねてきた事業所も多いのではないないでしょうか。

ってことで。各事業所が現在使用している契約書と重要事項説明書を持ちより、「指定特定」、「指定一般」、「障害児」をどう分けているのか。もしくは どの組み合わせで纏めているのか。纏めたものと中身の整合性は取れているか。等々、継ぐ者山本さんから講義を受けた後、細かく、田原市らしく「赤ペン」を入れて頂きました。そのさまは、さしずめ監査を前にした集団指導って感じでした。


田原版「集団指導」


本当に丁寧にチェックして下さいました。感謝です。と、あらためて、この熱き行政マンのスキルの高さには敬服します。m(__)m とにもかくにも。契約は「法律行為」ですから。法に則していなくてはいけないですから。キチンとしなくては。

で、その後は。今年度より導入する委託事業の「実績報告書」に関する説明を、再度、継ぐ者山本さんから。総合相談センターメンバー一同、パソコン前に勢揃いし説明に聴きいっていました。あらいは研修打ち合わせにみえた市内中学校の先生と意見交換しておりました。継ぐ者山本さんと「手分けして」って感じです。これもまた協働ですかね。



5時、終了。それぞれは それぞれの現場に走りました。5時半を過ぎた頃、ミーティングで挙がった新たな報告書の手直しをしていた継ぐ者山本さんも本庁に戻っていかれました。決して「今」の仕組みやフォームがダメな訳ではないのですが、我らの職務は「共生のまち」の称号を勝ち取ること。まだまだ「上の質」を目指さねば!( ̄ー ̄ゞ



で、夜。一人センターで残務に追われていると携帯が「トゥルルル!トゥルルル!」と。メールです。法人スタッフからです。「今夜、日中支援部で飲みに行きますが、来てくれないっすか!?」ってなもの。『カネヅル…。としてのお誘い…。(・。・;』と知りつつも、なんだか嬉しくて飛んで行きました〜!

久しぶりに法人スタッフとバカ騒ぎしました。申し合わせたようにダンガリシャツにオレンジの綿パン姿という、売れない芸人さんのような二人を みんなでイジリ、みんなで笑い転げました。長い時間、ただただ笑い転げました。いつものバーへ移動しても、この時間は変わることなく。


田原版「集団指導」


終電が近くなり退店。これも いつものように一列に並び「ごちそうさまです!」と宣うスタッフに「オニ…。(ToT)」と愚痴りながらも、心の中は『こんなことぐらい。おやすいごよう。(^_^)v』と思う あらいでございました。



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 2日 (金)

Re:行方不明者の発見


>田原警察署からお知らせします。
>行方不明になっていました、保美町在住の87歳の女性は、発見されました。
>ご協力ありがとうございました。
>
>
>田原市[安心安全ほっとメール]
>

あらいからも。ご協力ありがとうございました。

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 1日 (木)

<無線>行方不明者情報

>田原警察署からお知らせします。
>昨日18時頃、保美町在住の87歳の女性が自宅付近で行方不明となりました。
>身長は152cm位、体格はやせ型、頭髪は白髪です。
>服装はベージュのブレザーと茶色のブラウスにグレーのズボンを着用しています。
>見かけた方は田原警察署までご連絡下さい。
>
>田原市[安心安全ほっとメール]
>

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »