« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月30日 (月)

長坂さんの お役目−ゼミ14−


本日午後は新城市へ。「緑のまち」に種を蒔き、水をやり、丁寧に花を咲かせ続ける、尊敬する福祉人の一人である長坂さんのもとへ出向き、田原ゼミナール14の打ち合わせに行ってまいりました。

で。長坂さん、メチャクチャ!お忙しい中、時間を割いて頂くだけでも恐縮なのに、いつも最寄り駅までお迎えにきて下さいます。っていうか、「お迎えにいきます」というメールを頂戴すると、残念な あらいは遠慮もせず「お願いします〜!(≧∇≦)」なんて送ってしまう…。こんな自分がキライになれない…。(; ̄ー ̄A



で、打ち合わせ。ここは しっかりとお話させて頂きましたよぉ。今回のゼミナールが田原市にとって、そして あらいにとって、如何に重要なものであるかを丁寧に。長坂さんも真剣に聴いて下さいました。し、たくさん助言を頂きました。


長坂さんの お役目−ゼミ14−


先日の戸枝さんとの話にもあったのですが、「そもそも」我らの職務は何なのか?ケアワーカーとしての実践(誇り)なくして、ソーシャルワーカーとして成り立つはずがないことを、あらためて確認した時間となりました。そのケアワーカーとしての現場の時間が、我らを育ててくれるってことを確認しました。そして、その積み重ねこそが社会資源の創出に繋がるのだということも。

これを長坂さんの実践から、「緑のまち」の実践から学ぶことが出来ました。今日も今日とてステキな学びの時間となりました。感謝です。m(__)m と。不思議なんですが。これも先日の戸枝さんとの打ち合わせと同様、二人の「出会い」についても。これもまた、ステキな時間の要因でもあります。(^-^)v



で、6時過ぎ。「緑のまち」に来て。これで終わりません!長坂さんの右腕、否、同志である小林も合流して下さり、あらいの学びは更に深くなっていきました〜!今年始め、県相談支援担当職員さんと成年後見利用推進研修の打ち合わせに伺った際、「売り切れ」になっていた「「八名丸コロッケ」なるものを、ど〜しても食べた〜い!(≧∇≦)」と言い続けていたことに、長坂さんが応えて下さいました〜!


長坂さんの お役目−ゼミ14−


で。内容は書けませんが、レインボーはうすと激闘ぶりを拝聴した感じです。聴いている あらいが熱くなるのを感じるくらい、法人ミッションというか、事業所ミッションの遂行のために闘う様をお聴きし、本当に感激しました。社会福祉法人として、一人の福祉人として、ただ単純にカッコイイ!そう感じました。持って帰り、田原市の同志と共有したいと思いました。



ってことで。長坂さんのお気遣いもあり、メチャクチャ有意義な田原ゼミナールの打ち合わせになりました。というよりも、田原市で明日から活かせる話をたくさんお聴かせ頂きました。し、あらい自身、長坂さんから「漢の生きざま」を学ばせて頂きました。

何度もお伝えしていますが、これが役得ですし、この時間がご褒美ですし、この時間に鍛えられます。ありがたや〜!でございますぅ〜!と、あらい自身、田原ゼミナール14、メチャクチャ楽しみでございますぅ〜!(≧∇≦)



 arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久しぶりの電話


今朝、久しぶりに愛知県障害福祉課 相談支援Gにお電話。県虐待防止・権利擁護研修の主任講師の任期を終え、県従事者研修を外れ、愛知県の担当者さまとお話する機会は全くなくなっており、っていうか「もう電話することもないかなぁ〜。」なんて思っていました。

が。気になることは確認しないと「寝付きが悪くなる。」ので、担当者さんと意見交換。って感じです。っていうか、先方からすると「お。またきた!」とお思いのことでしょうに、それはそれとして、丁寧に聴いて下さり、しっかりとお答え下さいました。

まだまだ若い担当者さんですが、国の虐待防止・権利擁護 指導者養成研修をご一緒して以来、この面倒な あらいを見捨てることなくお付き合い下さっています。と、あらいの扱いも 随分と慣れてきたことも確かでありますが…。と、とにかく本当にありがたく。m(__)m



あらいの中で、愛知県の相談支援従事者研修、虐待防止・権利擁護研修、そして、ASKの受託事業ではありますが専門コース別研修という3つ研修に関わらせて頂き、そして育てて頂いた「ご恩」があります。今は、先の2つを次の世代にバトンタッチしましたが、残り1つに全力で関わらせて頂いてあります。まだ愛知県の相談支援の人財育成には寄与させて頂いております。

ご恩に報いるためにも、あらい個人だけでなく、「チーム白井」のメンバーと共に、このまちの実践をベースに、しっかりと頂いた役割を果たしていきたいと思う、そんな一日の幕開けとなりました。今日の午後も頑張ります!( ̄- ̄)ゞ



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月29日 (日)

「送迎、再開希望!」に応える


あらいが籍を置く NPO法人ふぃ~る工房が、豊川市より「指定管理事業」の委託を受ける生活介護事業所「豊川市心身障害者小規模授産施設 あすなろの家」の送迎支援が、今週23日 月曜日より本格的に開始となったそうでございます〜!めでたい~!(≧∇≦)


一昨年度の利用者アンケートで「送迎再開」を要望する声が たくさんあがり。 そもそも『なんで廃止になったのか?』、前受託法人は『なんで廃止にしたのか?』調べましたが、結局 理由は分からないまま…。こんなにニーズがあるのに…。(;-ω-)ノ

思うことは「山のように」ありましたが、そして、そんなこと言ってても「仕方ない」ので、昨年度後半から法人車両を試行的に配備し、試走を開始。それと並行し「如何にニーズに応えていくか」を事業所内でスタッフが検討を重ね、「送迎再開計画(案)」を法人で承認を受け、豊川市と協議を重ねた結果、今月 ワンボックスカーを1台配備して頂け、法人車両と合わせ2台で利用者皆さんの、何よりご家族の要望にお応えすることが出来ました!(  ̄^ ̄)ゞ



正しい形の「事業計画」と「事業実施」であると同時に、正しい形の「協働」だと思います。あらいがいなくても、こうした協働が出来るようになっていることに、スタッフの成長を感じます。



「送迎希望」に応える


手前、シルバーの車両が市が配備して下さった「スズキ・ランディー」。申し訳ないのですが、写真を見た時は「日産・セレナ」って思いました。が、その通りでセレナがベース車、ようは車体は日産が作っているんですよ~!豊川市にはスズキ自動車の工場があるから?なんでしょうかね。

で、両サイドには、大~きく「あすなろの家」と書かれております。大事にしないとね!スタッフ皆さん。(o^-^o)



ってことで。これで、田原市「 villaうぇ〜ぶ」送迎車を含め、毎朝夕 3台の送迎車が走ることになりました。当然、送迎担当者が3人、維持管理費も3台分…。法人の「統括部長」という立場で言わせて頂くと『スタッフの負担、法人の負担はメチャクチャ大きくなる』という「負」の思いがあるのは事実です…。( ̄Д ̄;;

が、それ以上に『「ニーズに応える!」という組織でありたい』という思い、そして『「ニーズ応えたい!」という、スタッフの思いを尊重したい』と思っています。強く思っています。(  ̄^ ̄)ゞ

「利用者皆さんは喜んで下さっている。それ以上に、親御さんは喜んで下さり、たくさんお礼の言葉を頂戴している」との報告をスタッフから受けております。皆さんの喜ぶ姿や お礼の言葉は我らにとって、何よりのご褒美ですよね。遣り甲斐あるよね。頑張れるよね。



ということで。スタッフ皆さん。安全第一で。大事な「命」をお預かりしているということを、絶対に忘れないで、慎重に、そして真剣に運転して下さいね。よろしくお願いしますよ。

と、豊川市さま。法人統括部長として、今回の再配備にご理解を頂き、そして ご尽力頂き、本当に ありがとうございました。ご期待に添えますよう、スタッフ一同には、しっかりと「喝!」を入れ、「檄」を飛ばさせて頂きますゆえ、今後ともご指導・ご支援頂きますよう、よろしくお願い致します。<(_ _)>



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月28日 (土)

戸枝さんの お役目 -ゼミ14-


田原ゼミナール.14 の基調講演をお願いしてます、とえださんのところにお伺いし、で、打ち合わせ。こちらの思いの丈を お話させて頂きました。と言っても、内容に関しては あまり多くは語ることはなく。お付き合いも随分と長くなってきて、あらいの思い(手の内)など透けてみえていることかと…。(^-^;

ので。本当は、とえださんとの打ち合わせ事態、あまり必要ではない…のかも知れません…。ようは!あらいのエナジーチャージのために伺ったって感じです!贅沢過ぎるエナジーチャージですがね!(≧∇≦)



で。「あまり多くは」語ってないのにも関わらず、ですが。とえださんとこにお邪魔していた時間は…。ナント!8時間半強!その間、席を立ったのは、お互いトイレ休憩の1回のみ!口にしたのはお茶3杯、コーヒー1杯、お茶うけのプチケーキ。食事をとることも忘れ、「あっ!もうこんな時間だーっ!」って気づくまで、互いの思いの丈を喋り倒しました〜!最後は朦朧としてきました〜!(≧∇≦)


戸枝さんの お役目 ―ゼミ14―


ゼミナールの打ち合わせから始まり、知り合ってから今日に至るまでの時間、そして互いの福祉感も、あれこれ突っ込んでお話しました。あらいのモヤモヤを ぶつけると「それはね。」と丁寧に答えて下さり、あらいの理想をお話すると「そうなんですよ。」と、ほんのちょっと!褒めて下さったり。あらいの、ふぃ〜る工房の、そして田原市の実践一つ一つの「答え合わせ」が出来た感じです。(  ̄^ ̄)ゞ



でね。とえださん。「進化」していました。否、よく使う表現ですが「深化」とか「新化」というか。スケールのデカさというかではなく、先進性とかではなく、「ケアワーカー」として。法・制度の理解は当然です。関係法律の理解も当然です。が、特に障害のある方を対象にした法律でないモノの中にも、我らが知っておかないと「いけない」法律が多くあります。これも知っていて当たり前です。

とえださんの「深化・新化」は、障害のある方の「生きづらさ」の理解というか、現場で活かせるアセスメント能力というか。繰り返しになりますが、「座学」ではなく「現場のケースワーカー」としてです。

あらいも。なりに「学んでいる」、そして「きた」という自負があります。特に、医療との連携を深める とえださんの話は、あらいの学びなど「まるで赤子」同然。細かくは書けませんが、障害特性の理解と医療・医学との関係性の理解は、アセスメントの重要性が叫ばれる中、不可欠であることを実感しました。

あらいの学びは「まだまだ」を実感しました。しっかり学びます。いつもいつもですが。教わります。感謝です。<(_ _)>


戸枝さんの お役目 ―ゼミ14―


その後も。たくさんの思い出話が出来ました。その時々の高揚感や憤りも思い出の中から引っ張り出しながら。あらいが何故、とえださんを師と仰ぐのか。何故、優さんを慕うのか。そんな一つ一つも あえて言語化し、互いで確認し合いました。とても、とても贅沢な時間となりました。

でね。とえださんと話して思ったのは『変わってねぇなぁ~。』ってこと。知り合った時にお聴きしたことを、昨日も寸分違わず話していました。この「ブレてない」ことが、とてもステキだと、あらいは思います。もう15年も前のことなのに。お互い、随分と立ち位置が変わりましたが(大きな差はありますが…( ̄◆ ̄;))、あの頃と変わらない互いの思いを確認しました。



で。あまり褒めてはくれない(基本、叱られてばかりで…)とえださんですが、ちょびっと褒めてくれました!褒められ慣れていないので、どうしていいか分からず、モジモジしちゃいました~!

これもひとえに、「チーム白井」の実践、所属法人 ふぃ~る工房の実践の賜物。あらためて、メンバーに、そして同志に救われていることを実感しました。「幸せ」を たくさん感じることができた、そんな とえださんとの時間となりました。感謝、感謝、また感謝でございます。

ってことで。来週月曜日は、新城市へ伺います。「緑のまち」の先駆者・先導者から、また新たな学びを頂きに伺います。今から楽しみです!と、こうした学びの場がある自分が、いかに恵まれているかを実感します!(  ̄^ ̄)ゞ



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月26日 (木)

新しい風


ってことで。今夜は名古屋市でのASKの研修委員会に参加してまいりました。いつもより開会時間は遅かったものの、会場入りは一番最後…。(; ̄ー ̄A  ではありますが。な・に・せ!一番遠いまちからの参戦でありますから、ご容赦頂きました〜!( ̄▽ ̄)ゞ



で。今夜は、理事、監事が改選され初めの回となりました。ご存じの通り監事の智敦さんは厚労省へ闘いの場を移されました。と、理事の大木さんも職場の関係上、やむ無く。ということになりました。ってことで、今夜は新たにASKの理事に着任された一宮市 野崎さんの初会議となりました!

通常ならば「え〜それでは。新任の野崎さんからご挨拶を〜。」っな運びになるのでしょうが、この「猛者」には そんな時間など必要な訳がなく。愛知県の研修をド真ん中で支え、ASK研修も過去に何度となく力添え頂いている尾張の勇でありますから。何事もなく。まるで「ずーっと」以前から一緒にいるような。そんな始まりでした。

野崎さん。これからは今まで以上に よろしくです!



で。議題は大きく2つ。一つは、今年度の自主事業「講師派遣」について。先の総会でもお伝えはしておりますが、一昨年度に実施した愛知県から受託した同様の事業が、大変な好評を得ておりまして。で、実施を望む声を多く頂戴しておりましたゆえ、ASKとして「やるぜ!」ってことになった次第。

ASKとしては、懐事情が厳しい中ではありますが、真に愛知県の相談支援専門員のスキルアップを図るためには、県従事者研修と両輪を成すためにも、やはり「やるぜ!」しか選択肢はなかった。って感じです。当然!やるからには、しっかりと期待に添えるものにしなくてはいけないので、これもまた、「伝える」そして「創る」集団である我らのスキルアップにもなる訳ですしね。



で、2つめは。愛知県からの委託事業「相談支援従事者 専門コース別研修」について。今年度で3年目となるのですが、停滞を許さない我が同志は、更なる「上」を目指し、今夜も知恵熱が出るほど、各コース一つ一つ丁寧に熱を込め侃々諤々と議論しました。

っていうか。このメンバーでの議論って、気弱な あらいにとっては「竹刀での稽古」ってな生易しいものではなく、「本刀での果たし合い」的な時間でありまして。マジで一言一句に気合いを込めないと、あっ!と言う間に切り刻まれてしまう…。そんな感覚で参戦しております…。否、しておりました。が正しいのかも。

ようは、その「今まで」に更に野崎さんの高いポテンシャルと、何よりストイックさが加わり、あらいの「果たし合い」は後半、吐き気を催すほどのものとなりました。これからのASKの集い…。これが常になるのでしょうね…。はは…。(; ̄ー ̄A



ってことで。あっ!と言う間に9時。会館の閉館時間。アワタダシク次回を決め散会。今夜は、野崎さんから吹く新たな風を感じつつ、新たな学びを得た、そんなステキな時間となりました。このポテンシャルの高い同志に感謝です。と、今の田原市の礎は、田原市の同志だけでなく、この同志も一緒に創ったことも実感しました。

あらためて。感謝です。本当に感謝です。m(__)m

で。いつものように、こじまさんとの名古屋駅まで。車中、話題は今夜の反省会から流れで今 開催されて県従事者研修に。こじまさんから発せられる言葉には「力」が感じられました。決して語気が強いって訳ではなく、いつもの淡々とした口調であるにも関わらず、「力」を感じました。

「言霊を届ける覚悟」みたいなものが根底にあるからだろうと、何となく、そう思いました。この人もまた「漢」であると思いました。



ちなみに。この こじまさんとのやり取り。帰路も、帰宅後も、メールで続け、終えたのは日が変わる直前でした〜!(≧∇≦)



 arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月25日 (水)

従業員向け研修


本日午前中は、市内にある企業さんで開催された研修会で お話させて頂きました。と言いましても、障害者雇用の促進とかいう企業主・人事担当者向けにではなく、そこで お勤めになる障害のある従業員さんと そのご家族に向けて、であります。

この企業さん(会社名は控えますね。m(__)m)。一月ほど前、テレビのニュース番組でも取り上げられた、基本的には「従業員さんは障害のある方のみ」って会社でして。といっても、特例子会社とかではなく、一般企業さんですが、10名の障害のある方がお勤めになっています。で、そのオーナーから「皆さんに長く勤めて頂くために。」ってことで、今日の研修会となりました。



ってことで。総合相談センターから地域相談支援員の平松さんと二人でお伺いし、前半を平松さんからPSWとして精神疾患と薬の関係について。それを受けての後半は あらいから、地域生活と それぞれの将来について、一時間と少しお話させて頂きました。皆さん、最後まで真剣に聴いて下さいました。ありがたかったです。m(__)m


従業員向け研修


でね。この研修会。従業員全員参加で開催されました。これ。スゴくないですか!?だって企業ですよ!ある意味、利益をあげることが重要な組織が、その従業員全員の手を止め、ようは営業を停止して開催したんですから、この本気度が知れますよね!本気で長く勤めて欲しいと願っているんですよね。労働力として認めて下さっているんですよね。だから。お話させて頂く我らも当然、力が入りました。

と、地域相談支援員の平松さん。今日が「伝える場」デビューとなりました。しっかりと伝えられていたと思うのですが、本人は反省の弁が次から次へ。しっかりと備えて挑んだにも関わらず、自分自身が納得出来る内容ではなかったのでしょうね。でも、これが大事ですよね。この気持ちが大事ですよね。反省するからこそ、次に向かう活力が生まれるんですよね。



ほんの数年前、こじまさんと何夜も語り明かしたことを思い出しました。我らもこうして鍛えられたことを。



ってことで。貴重な時間を我らに下さった企業主さまと拙い話にお付き合い下さった従業員さんとご家族さま、本当に ありがとうございました。これからも我ら「チーム白井」メンバー一同、精進してまいりますので、末永くご指導下さいますよう、よろしくお願いします。m(__)m

ってことで。ただ今、名古屋市へ向かう電車中。今夜7時からのASK研修委員会に向かっております。あらいの学びは、まだまだ続きます!しっかりと学んでまいります!( ̄ー ̄ゞ


arai



追記

地元紙に取り上げられました。感謝


Puffer0014


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月24日 (火)

「共生フォーラム」骨子


今日午前中は田原市事務局会議。今年度初の「協議会マンスリー」の幕開けを来週に控え、今年度早々に確認した各部会の目標に沿うものとなっているかを確認しながら、資料の内容チェックを。

特に、障害者就労検討会の資料は事務局の力作っていうか、継ぐ者山本さんが今も尚、奮闘しておりまして。っていうか、若輩者あらいのフォローでは用を成さないので、東三河北部圏域ナカボツCの渡辺センター長の力もお借りして作成しておりまして。結構な力作となっております。はい。m(__)m



で、午後は総合相談センター ミーティング。この数週間、集中的に議論した「共生フォーラム」。第一段階の区切りの日との位置付け、今日もコアメンバーが集結しました。ってことで。今日も五代目!山田姐さんの進行で、フォーラムの貴重講演について議論。講師候補を絞り混みました。

で、過去に4回開催しておりまして、メンバー一同 しっかりと開催までの「段取り」を理解しており、手際よく(?)、諸々を確認し、決定していきました。優さんから教わった「花火を上げる」ことの大事さ、田原市は直向きに、繰り返し繰り返し、メンバーみんなで続けています。今では みんな、こんなに盛り上がりながら、しっかり議論することも含め、そのスキルを習得しつつあります。

また見て下さいね。見に来て下さいね。;:゙;`(゚∀゚)`;:゙



終了後。やっちゃいなよ!三浦さんと発達Coかみやさんは支援会議に飛んでいきました。が、五代目!山田姐さんと重鎮鎌田さんと熱血柴田さんは、このあとの流れと役割を確認していました。横文字だと「スーパーバイズ」、漢字だと「感応道交」。これ、先週 学んだことですぅ〜!(≧∇≦)


「共生フォーラム」骨子


ってことで。内容は まだまだお伝えすることは出来ませんが、骨子は固まった感あり!今までのフォーラムとは また違う試みを、ってな感じで議論は進んでおります。ゆえ!皆さん、こうご期待!

…ってことではあるのですが。その前には!来月13日の田原ゼミナール.vol 14 が、その翌月 8月には半田市・田原市合同研修が控えております!「チーム白井」BOSSのラストイヤーは、益々 盛り上がっていきますよぉ〜!メンバー一同、メチャクチャ頑張りますよぉ〜!( ̄▽ ̄)ゞ



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ZZ TOP

疲れた脳には、もってこい!
快適な通勤・移動になりました。

http://www.youtube.com/watch?v=Ae829mFAGGE


こんな感じで。不良オヤジで。いきたい。
そう思います。強く思います。(  ̄^ ̄)ゞ

http://www.youtube.com/watch?v=wVOHS1_z9HA


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月23日 (月)

こうままの お役目 -ゼミ14-


本日は午後一から豊川市へ。NPO法人ゆうへ。来月13日に開催される「田原ゼミナール 14 」にシンポジストとして参戦して頂くことになっております、荻野ます美さんと打ち合わせでございます。

今さら!ではございますが、荻野さん。「こうまま」として広く知られる「生きづらさ、育てづらさ」のある子供支援のスペシャリストで、全国津々浦々を駆け回る伝道師でございまして、この田原市には幾度となくお越し下さった大恩あるお方でございます。「一同。礼っ!」なのでございますぅ。まぁ、これすら今さら!なのですが!( ̄- ̄)ゞ



ってことで。ゆう本部が移転されてから初めての訪問でして、『まぁ〜立派な事務所だこと!』ってことで、嬉しがりは一枚「カシャ!」。こうままに笑われてけから、キレイな事務所に入場。(^o^)


こうままの お役目


で、打ち合わせの内容は、シンポジウムでの こうままの「お役目」と申しましょうか、こちらが勝手に期待するものと申しましょうか。これ以上は…書けません…。当日をお楽しみにでございます。こうご期待!でございますぅ。



が。ついでという訳ではなく、流れから、あれこれと意見交換させて頂きました。こうままとのお付き合いも随分と長くなっておりまして、たくさんの説明がなくとも何となく互いの考え、思いが知れるといいますか、なんとも いい感じで話が出来ます。しかも、互いにだと遠慮することなしなので、結構ブッチャケて!これがまた いい感じでございましたよぉ~はい~。(^-^)v

今週中には ご講演頂く戸枝さんと、来週頭にはシンポジストで参戦頂く長坂さんとも打ち合わせをします。というよりも、あらいにとっては、こうした打ち合わせ「そのもの」が「ゼミナール」でして。ここで目眩がするほど学ばせて頂きます。これを、世間では「役得」というのでしょうね。ありがたや!でございます。m(__)m



ってことで、田原ゼミナール 14 の準備も着々と!っていうか、真っ先に押さえたのは…懇親会の会場でしたけど〜!これが あらいにとっては何よりの「ご褒美」ですから〜!(≧∇≦)



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月22日 (日)

3年目の職員研修


本日は、田原市でNPOベースでヘルパー事業を中心に事業展開するMA・はろー さんのスタッフ研修で、お話させて頂く機会を頂戴しました〜!ありがたや~でございます。といっても、もう恒例行事化してまして、今年で3年目となります。

で。これも毎年のことですが、日中支援を終えた後の6時に集まりますから、終了時間は とっても遅くなります。皆さん、ヘロヘロでしょうに、それでも「学ぶ姿勢」を崩しません。職務を全うするために、必要な知識を業務時間以外で「収集」し、明日に活かす。ある意味、当たり前です。が、この当たり前のことではありますが、出来ていない事業所が多いことも また現実。そんな中ですから、本当に立派だと思います。m(__)m


Kimg1251


で、今日のお話ですが。代表の河合さんから「とにかく人数が増えた!あんたが考える、福祉に携わるなら「これは知っとけ!」っていうことを話して!」っていう、なんともハードルの高い(むちゃくちゃな…。)オーダーでして…。

MA・はろーさん。ヘルパー事業を中心に田原市の肝いり事業「障害児学校介助員派遣事業」で力を発揮して頂いているのですが、以前にご紹介しました通り、この春、社会資源の豊かでない田原市の懸案事項であるグループホームを開始され、我ら事務局の思い(願い)を、常に汲み取って下さる事業所。だから、断れません…。どんなにハードルが高かろうと…。

でも…。あらいの場合、そのハードルが高ければ高いほど…燃えるのよねぇ〜!「かかってこんか〜い!!(関西人風に)щ(゜▽゜щ)」ってな感じで!


3年目の職員研修


ってことで。今夜は、ヘルパーさん、学校介助員さん、そして世話人さん、合わせて20名の皆さん全てに学んで頂きたい、しかも即効性のある実践向きの話を、タップリ90分お話させて頂きました。

詳細はスタッフ研修ですから、あらいからは控えますが、法律や制度の話しではなく、我らの職務の「そもそも」の職責というか、何のために この職務に着いたのかって話というか、「相手」のことを理解していますかって話。ご満足頂けたか、些か不安ですが、この答えは近いうちに「現場の声」として届くことかと思います。



でね。昨年までは、決して大きくはない法人事務所での研修会でしたが、人数の関係もあり(ようは、入りきらない!)ってことで、田原福祉センターの一室を借りての研修となりました。立ち上がりの瞬間を知る者としては、何とも感慨深い感じでした。しかも、繰り返しになりますが、人数が多くなっても学ぶ姿勢を貫く様は、感激です。

生意気に聞こえたらゴメンナサイ。河合代表はじめスタッフ皆さん、頑張られましたよね。本当に。同じNPO法人に身を置く あらいとしては、誇らしいと思うとともに、見習わなければと。<(_ _)>



ってことで。ここからは、あらいの学びの場へ。毎年、懇親会というか慰労会というかに交ぜて頂き、現場の声を聴かせて頂きます。今年度も、いとうリーダーの号令のもと、みんなで移動でございます。


3年目の職員研修


質問もあります。不安や不満もあります。改善提案もあります。ここで「生の声」を聴かせて頂き、それに しっかり答える。納得して頂けるようにお伝えする。出来なければ、それはそのまま、あらいの能力がないから。ようは質の悪さです。だから、真剣に、必死に答えます。こんな時間に あらいは鍛えられます。

今夜もメチャクチャ鍛えて頂きました。特に、学校介助員派遣事業に関しては、たくさんの「思い」をお聴かせ下さり、たくさんのヒントも頂戴しました。これもまた、明日に活かせる、活かさねばならないお話でした。感謝です。



ってことで。「あっ!」と言う間に終電の時間がきて、まだまだ「これから!」って段階でしたが帰路に着きました。ステキな機会を下さったMA・はろー河合さんはじめスタッフ皆さん、本当にありがとうございました。感謝です。と、同じ「共生のまち」田原市を目指す仲間として、末永く よろしくお願いします。m(__)m

MA・はろースタッフ皆さん。お気張りやす!( ̄ー ̄ゞ



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月19日 (木)

こんな みんなが スキなのよー!


今日の田原市障害者総合相談センターの様子です。
ご覧の通り、あらい一人でお留守番でございました。


こんな みんながスキなのよー!


メンバーは総出で お一人の支援の現場へ。病院と相当 散らかっている(こんな表現では絶対に伝わらないなぁ…。っていうか表現のしようのない…(´д`|||))ご自宅に分かれて。そして各々 援護Gの熱血柴田さんと障害Gの継ぐ者山本さんが付き、現場対応。ようは、役に立たない あらいがセンターを「護る」という名目(建前)のお留守番。ひょっとしたら、否、きっと厄介者…。(  TДT)

みんな、大変な仕事に出掛けていきました。でもね。心なしか、みんなの顔は生気(英気)に満ち溢れているようにみえました。イキイキしているようにみえました。みんな、こんな地域生活支援がしたいんですよね。計画作成は大事。でも、その計画は「そもそも」何のため。って感じです。



で。昼前。今年度から計画相談に参戦して下さっている田原授産所相談支援事業所の大羽相談支援員さんが、作成した計画のチェック依頼のために総合相談センターにおみえました。ありがたや〜でございます。m(__)m で、短い時間でしたが寂しそうにしている あらいを見かねて あ相手下さいました。

決して多くは語らない方ですが、その口調から、思うことは たくさんあることを察しました。が、大羽さんは毅然と「今やるべきことをやってから。その後で、言えることもあるかと。」と。とても心強く感じました。と同時に、あらためて委託事業の重みを感じました。と、『いつかは。この若者らに、あらいも喰われる時がくる。』ことも。

が。あらいがド尊敬してやまない元AKBの「篠田マリコさま」ばりに『私を潰すつもりで来て下さい!』と若者らに言い切るためにも、あらいとして『そんな日は、まだまだ来ないわよぉ〜!一億万年ほど早いわよぉ〜!!(ノ-_-)ノ~┻━┻』と言い切るためにも、まだまだ これからも、しっかりと!学んでいくことを胸に刻みました。



で、夕方。一種独特な香り(匂いか…。相談支援専門員なら、生保現業員ならご理解頂けますよね…。( ̄◆ ̄;))を身に纏い…和尚鈴木さんと山田姐さんが現場から「ただいま〜!」と帰還。っていうか、この時の山田姐さんの格好は「戦場からの帰還兵」のようでしたわぁ。写真、撮れば良かったなぁ~。残念!

で、続けざまに和尚鈴木さんが「いや〜大変でしたよぉ!」と。でも、その言葉とは似つかわしくないステキな笑顔で。あらいから「こういう仕事。いいっすよねぇ〜!」というと、間髪入れず「スキですよぉ〜!遣り甲斐ありますもの!」と。さっきよりステキな笑顔で。

五代目!山田姐さんは「みんな途中から手はブルブル、足はプルプルしだしちゃって〜!(^○^)」と やはり笑顔で。そりゃそうですよね。アパートの上の階から何往復もして廃棄するモノを下したんですもんね。(。>0<。) で、更に続けて「でね。柴田さんと山本さん、怒られちゃって!でね…」と、まるで楽しかった遠足を思い出しているかのように。「みんなと一緒だった出来るよねぇ〜!」という言葉で締め括られました。

メチャクチャ キツかったでしょうに…。なのに愚痴ではなく、こんなに楽しそうに…。( ´;ω;`)ブワッ あらいは心底 思いました…



こんな みんなが スキなのよー!
だから 田原が スキなのよー!(≧∇≦)



 arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Re:<無線>振り込め詐欺について(注意喚起)


>田原警察署からお知らせします。
>本日6月19日、田原市内において東京地方検察庁の職員をかたった振り込め詐欺と思われる不審な電話が多数発生しています。
>不審な電話があったら、すぐに110番通報または田原警察署へ通報してください。
>
>田原市[安心安全ほっとメール]
>

お気をつけ下さい。


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月17日 (火)

感応道交


バタバタしていてます。っていうか、田原市も、法人も、結構 混乱していた状況が続いておりましたが、一つ一つ丁寧に対応した結果、なんとか良い方向で解決出来そうです。結果的には結束力は高まり、支援の質は上がり、仲間も増え、あげく法人事業に関することではありますが豊田市こども発達センター 高橋dr からも、支援に関してお褒めの言葉まで頂戴出来ました。 感謝です。

だから、今は。「バタバタしていていました。」が正しい表現ですかね。「雨降って地固まる」ですかね。力ない法人を支えて下さる、多くの皆さんに感謝です。ありがとうございます。と、真逆に、田原市も、法人も、まだまだ やらなければならない、鍛えられなければならないことも山積みであることも、また事実。しっかりと学んでいかなければ。m(__)m




ってことで。今日午後は、総合相談センター ミーティング。テーマは「共生のまち」田原市を考える会の再起動。いよいよ!コアメンバーである重鎮鎌田さん、熱血柴田さんらも集結し、今年度の「共生フォーラム」に向け、議論を本格的に開始!であります。例年通り、「今期の会長」の取り回しで議論開始。五代目!山田姐さんの取り回しで、今年度のメインテーマについて侃々諤々と。

で。事務局メンバーでの議論から、このコアメンバーが集結すると一気に議論に深みを増します。重鎮鎌田さんの福祉感に加え、イベントの企画・実施に関する知識というか見識がON!され、そして福祉課(地域福祉課)歴14年という田原市福祉を支え続ける熱血柴田さんの激熱な思いがON!されるわけですから、当然と言えばあまりに当然か。( ^ω^ )



で、この「共生のまち」田原市を考える会。繰り返しお伝えしておりますが、相談支援専門員のスキルアップを目的に組織されました。イベントの企画・実施の経験は勿論、取り回し(ファシリテート技術)の向上、そして何より「協同・協働」の体感。こんなのが獲得目標でありましたが、今では「無くてはならない」年中行事となっております。

ようは。当初「獲得目標」と定めたものが、今は「通常業務」となっているってことです。即ち、この組織の目標は、更に「上」となっていることであります。相談支援専門員の「スキルアップ」ではなく、本格的に「共生のまち」を目指す団体となっているってことです。


感応道交


今日の集結の様子。何とも豪華な感じがします。

で。このスキルアップは、この あらいめにもいえることでして。実際に開催までの、こうした会議の場で高められていることを実感します。年齢も、経歴も、立場も違う仲間が、同じ志しを持ち進む中、あらいの知らない事柄も たくさん学ばせて頂いております。

毎年テーマを決める際に、キーワードの細かい意味まで調べながら少しずつ進むのですが、そんな中、詳細はお伝えできませんが、今日も人生の先輩から「感応道交(かんおうどうこう)」という言葉を教わりました。とても深い言葉でした。学びました。だから、こうしたプロセスを大事にしないといけないと思っています。

今年度も、相談支援専門員だけでなく、行政担当部局も、そしてサービス提供事業所も一緒になって、開催までの期間、しっかり学びます!「チーム白井」BOSSの行政ラストイヤーを、メチャクチャ盛り上がっていきます!(  ̄^ ̄)ゞ



ってことで。今年度の「共生フォーラム」をお知らせできるまで、もう少し時間は掛かるかと思いますが、皆さんのご期待に添える内容にすべく、五代目!山田姐さんを頭にメンバー一同、しっかりと議論し、学び、高めあいながら、その日を迎えたいと思います。こうご期待!<(_ _)>



arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月16日 (月)

ギリギリのとこで

「お前には関係ないだろ!放っとけよ!」と言われて…。

『そりゃ。そうだよなぁ。』と思います。確かに思います。
でも…。ギリギリのとこで。放っとけないんですよねぇ〜。


このバランスが難しい。が、遣り甲斐あります!(・∀・)イイ!



arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月15日 (日)

父の日


今日は、完全オフ。何があった訳でなく。父の日だから。

萌が。「何がいい?」って聞くので。
で、ダメ親父は「デート!」と答えて。

ってことで。お昼から、ずーっと二人で。買い物と夕食を。
たくさん話してくれました。今のことも。未来のことも。夢も。



で、帰宅すると。希からも、プレゼントがありました。


父の日


「パパ」が書けるようになりました。微妙ではありますが…。
でも。ダメ親父には読めます。しっかり「パパ」と読めます。
「パパは、服も靴も黒だもんねぇ~!」って。笑顔を添えて。

これで、明日も走れます。頑張れます!はい!(^-^)



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新人メンバーの二人


久しぶりに。villaうぇ〜ぶ でパスタランチ。オーダーしたのは「ナスとベーコンのトマトソース」。これ、お気に入り。ここんとこ、バタバタしていて昼休憩も あまり総合相談センターから離れる勇気がなく、ついつい いつものラーメン屋に直行…。って感じになってまして…。(^-^;


新人メンバーの二人


で、久しぶりの villa でしたが、相変わらず黙々と仕事をするメンバーさんの真剣な顔を見て、何だか元気のお裾分けを頂いた、そんな気持ちになりました。感じでございます。m(__)m で、そんな先輩メンバーさんに混じって、っていうか一見では分からない今年 養護学校を卒業されたばかりの新人メンバーさん二人。




このお二人。小学生の時から立ち上がったばかりの ふぃ〜る工房の生活支援・文化活動を利用されていまして。


Yagai_asobi


特に、色あそびが大好きでして。(っていうか。お母ちゃ~ん!可愛いねぇ~!懐かしいねぇ~!あまりにも可愛いんで、思い出しついでに追加して貼っちゃいました~!(≧∇≦))


Iroasobi


で、中学生の時、お母さんから「卒業したら。お願いね!(^-^)」と言われ。で、大慌てで「villa 計画」を立て。「色あそび」での経験(情報)から支援を組み立て、で、「生活介護事業所 villaうぇ~ぶ」を立ち上げた次第。


で、中3の時には日中一時支援を利用し実践に入り。学校の休みを利用して、しっかりと「働く準備」を開始しました。


新人メンバーの二人


で、高等部に入ると得意を見極め、不得手は器具・道具でカバーし。で、卒業間近には、すっかりベテラン顔で仕事に向き合い、しかも!しっかり戦力になっていて。これにはタマゲマシタ!


Pap_0311_2


あまりスタッフを褒めることはないのですが、この工夫と頑張りは、褒めてあげました。というより、教わりました。

今日も。久々の あらいに一瞥をくれるだけで、すぐさま各々の仕事に向かわれました。その様は、すっかり働く若者でした。動物園ではひたすら走り「待って下さ〜い!」と泣いて頼んだ二人がです。水を見ると飛び込もうとし「飛び込みません!」とお願いしていた二人がです。担任の先生が「卒後の進路が心配です…。」と言われていた二人がです。

何より、誰より頑張ったのは、このお二人ですよね。このお二人にも、あらいは教わりました。そして、泣けました…。(T-T)



で。パスタを運んできてくれた一年先輩の女性メンバーさんに、二人の様子を「どんな感じですか?」って聞いてみると「はい。頑張ってますよ。」って。この彼女との お付き合いも、随分と長くなってきました。本当に逞しく、そしてステキな女性になってます。

あらためて。この仕事のステキさと、早くから実践経験を積むことの大事さを実感した一日でした。そして、これからも、ふぃ〜る工房らしく、しっかり支援をしていこうと思う一日でした。(^-^)



 arai

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年6月14日 (土)

くるくる「来る」


昨日は。何とも ありがたい!という表現では、この思いは伝えられないイベントがあったです〜!いやっほ~!\(^o^)/


田原市自立支援協議会 就労検討会が田原市の課題を解決するため、長い間 議論を重ね、新城市・レインボーはうすの就労支援の実践を学ぶことから始め、設立PT アドバイザーに東三河北部就業・生活支援センター わたなべセンター長を迎え、しっかり準備を重ねてきました。で、この春めでたく開設に こぎ着けた田原市社協就労移行支援事業所。

作業(工賃)より「「アセスメント収集」を第一義とする就労移行事業所の設立」に重点を置き、その礎として多くを学ばせて(パクらせて…か…。(^-^; )頂いたのが刈谷市・NPO法人くるくる。「働く」支援の取り組みだけでなく、何もないところからのスタートという、その歴史や考え方に至るまでを、しっかりと、そして丁寧に。くるくるスタッフ皆さんは「惜しげもなく」すべてをお伝え下さったおかげで開設に こぎ着くことが出来たといっても、決して大袈裟ではありません。感謝でございます。m(__)m

で。この感謝の思い、昨日「爆発」しました!ナント!くるくるさんが現状確認というか、チェックというか、指導のために、遥々お越し下さいました〜!ありがたいこと、この上なく〜!( ☆∀☆)



お越し下さいましたのは、田原市が始めて くるくるの実践を学ばせて頂いた際から、丁寧に対応して下さった前島さんを頭に、就労移行支援事業所の長を担う白井女史、くるくるの新たなチャレンジを任された白井男子のお三人さん。くるくるの中心メンバーが揃い踏みで、愛知県最南端のまちに「働く支援」を伝授しに来て下さったってことです!

午後の時間を全て使い、支援の 一つ一つを丁寧にご指導下さいました。よくある社交辞令ではなく、時に厳しく、しっかりと叱っても下さいました。移行支援事業所スタッフにとっては、取っておきの学びになりました。本当に感謝です。m(__)m



ってことで。田原市の学び、これでは終わりません!社協移行支援事業所のトップ 花井さんらスタッフに、我ら協議会事務局メンバーも合流し、賑やかに懇親会であります!ここでは「共に高め合う」ってな感じで、くるくるの実践を学ぶ田原市に対し、田原市自立支援協議会の実践を必死に学ぼうとする くるくるスタッフがいました。大恩ある皆さんへのお礼が、田原市の実践をお伝えすることってことが、メチャクチャ嬉しく思いました。ステキな光景でした。(^-^)


くるくる「来る」


で、そんな中。たくさん感激して下さり、褒めても下さっていた白井女史が「言い過ぎたかも。ごめんなさい。」と言うと、前島さんは「依頼(厳しく)を受けたんだから、応えないと逆に失礼だよ。」と。

あらいは これに感激し、あらためて、くるくるの、前島さんのポテンシャルの高さを確信し、ここに習う(倣う)と決めたことが間違いでなかったことを確認しました。田原市が最初にお伺いした当時は くるくるのアンバサダーとして活躍してみえた前島さんは、この春、圏域に新設された西三河南部西 就業・生活支援センターを、くるくるが受託したことにより、このセンター長に就任されました!

全国的にもNPOベースで よくいう「ナカボツ」を受託するって珍しく、30箇所を超えた程度だと聞き及んでいます。スゲエこと!だと思いますし、メチャクチャ嬉しく!メチャクチャ期待しています!「NPOベース」でも、しっかりとした活動が出来ていれば、こうした「大役」を担うことが出来る。ってことを証明して下さった訳ですから。



同じくNPO法人に身を置く あらいとしては、メチャクチャ誇らしいです!と、メチャクチャ尊敬します!はい!( 〃▽〃)

ってことで「これからも、末永く、共に高め合う仲間として!」を確認し、こうした機会を継続していくことを確認し、くるくる皆さんは帰路に着かれました。田原市にとって、そして あらい個人にとっても、上質な学びの時間となりました。感謝でございます。m(__)m



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月12日 (木)

第4期 障害福祉計画


たくさんの方から励まし(お叱りも…。)メールを頂戴しました。本当に、本当に ありがとうございます。思うことは たくさん、たくさんありますが、まだまだ止まる分けにはいきません。「チーム白井」メンバーとして、歯を喰いしばり、メンバーと共に頑張ります。

ご心配下った皆さん。ごめんなさい。と、本当に、ありがとうございました。メチャクチャ嬉しかったです。m(__)m




ってことで。もう3日前になっちゃいますが…。朝一から田原市運営会議。大きなテーマは、第2期 田原市障害者計画および第4期 田原市障害福祉計画の理解と共有です。ご存じかと思いますが、障害者計画は基本法に、障害福祉計画は総合支援法に定められていて、共に今年度が作成年となっております。

で、これも以前からお伝えしておりますが、多くの市町村は この作成をコンサルに発注しているそうですが、田原市は ずーっと!地域福祉課(以前は福祉課)担当者が作成します。単に「経費削減」ってなものだけではなく、目標(数値を含む)をリアリティあるものにするためでして。ようは「顔のみえる」計画とするためでして。これには本当に 頭が下がります。m(__)m

ってことで。今期の「作成者」である継ぐ者山本さんから、それぞれの計画の概要と今期のコンセプトについて、丁寧に説明頂き、委員皆さんと共有しました。会長の重鎮鎌田さんからも、各事業所でも事業計画を作成すると思いますが、この計画から かけ離れたものとなると、事業所としての意識・認識が問われかねない、との助言もあり、本格的な計画作成に入る準備が整った感じです。

若輩者あらいも、全力でお手伝いさせて頂きます!



で、次は。この障害福祉計画作成にも関連するものなのですが、平松地域相談支援員から「地域相談支援員と地域移行支援事業」の周知のためのパンフレット・リーフレット作成について。平松女史を中心に事務局で作成した叩き台を基に「より良いモノ」とするためのご意見を頂戴しました。

で、障害福祉計画との関連ですが、国が示す各項目の目標数値の中でも、精神科病院からの退院に関する達成目標の数値は、社会資源の豊かなまちではない田原市としては、かなり厳しいものとなっておりまして。だからこそ、早い段階から、否、今から!事業所は勿論、広く田原市民皆さんのご理解とご協力を得る活動が必要なのであります!( ̄ー ̄ゞ

事前チェックをお願いしていた可知病院の佐藤PSWからの「院内で回覧した」結果としてのステキなアドバンスや、豊橋就業・生活C 山本センター長からの「ヤルネ!」的な お褒めの言葉も頂戴出来、事務局としては「ほっ。」とすると共に、指摘も頂戴しましたので、しっかりと修正し、再度お諮りしたいと思います。m(__)m


第4期 障害福祉計画


ってことで。最後は総合相談センター新規受付の報告と各事業所からの報告を経て、「それでは、これにてお開きとさせて頂きます。m(__)m」という、重鎮鎌田会長のいつもの挨拶。しっかりと学んだ時間となりました。ステキな時間となりました。



で、午後は。総合相談センター ミーティング。こちらも、いつもと何ら変わることはなく、個性強いメンバーそれぞれのスキルアップを図りました。勿論!これには若輩者あらいも しっかりと含まれております!(^○^)

やっちゃいなよ!三浦さんのSVの手法を用いての事例検討に、五代目!山田さんの「共生のまち」田原市を考える会。総合相談センターのメンバーだけでなく、行政も一緒になって一緒になって、それぞれのスキルを、レベルをアップさせるために、しっかりと学びました。勿論!あらいも!


第4期 障害福祉計画


最初にも書きましたが。思うことは たくさんありますが、ヘロヘロではありますが、このメンバーと、そして このメンバーを必死に支えてくれる行政と一緒に、まだまだ頑張りたいと思います。このメンバーと一緒に、「チーム白井」のメンバーとして、「共生のまち」という称号を勝ち得る その日まで、軟弱・若輩者あらいも、必死に走ります。

そして。このブログのアップ時間を心配してくれている同志、コメントの内容を気遣ってくれている同志に応えるためにも。そしてそして、こんな軟弱者にでも期待して下さっている田原市の皆さんのためにも、必死に走ります。m(__)m



ので。今日は心配かけないように早い時間に投稿!( ^ω^ )



arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 9日 (月)

ちょっと…

疲れました…。(^-^;


arai

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2014年6月 8日 (日)

「障害児計画にも言及し」


厚労省から、今年度 作成される第4期 障害福祉計画に「(前略)障害児支援にも言及し、各都道府県・市町村における対応について定めること」ってな お知らせがでましたねぇ~。

こんなんが出されたからには。これから「ドンドン!」障害福祉施策を担う部局と、こども・子育て施策を担う部局が、正に「協働」と「連携」しなくては計画が立てられませんな。ステキなことですな。ふふふ。( ̄ー+ ̄)

http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12201000-Shakaiengokyokushougaihokenfukushibu-Kikakuka/0000046243.pdf#search='%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E5%85%90%E6%94%AF%E6%8F%B4%E3%81%A8%E5%AD%90%E8%82%B2%E3%81%A6%E6%94%AF%E6%8F%B4%E6%96%BD%E7%AD%96%E3%81%A8%E3%81%AE%E7%B7%8A%E5%AF%86%E3%81%AA%E9%80%A3%E6%90%BA



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ゴジラ」世代

COMING SOON


うぉぉぉぉぉぉーっ! 観る。絶対に観るーっ!!!(゚ロ゚屮)屮



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 6日 (金)


親御さんの涙、ご本人の涙、そして、支援者の涙を、
今日一日で目の当たりにした。とても切なかった。

全ての福祉従事者は、『支援者であり指導者ではない』
ということを心に期すと共に、『まだまだ頑張らねば。』を
心に期す一日となった。心底、そう思った。



今日は一段と耳鳴りのボリュームが大きい。



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 4日 (水)

五代目


今日午後は総合相談センター ミーティング。まずは継ぐ者山本さんから、今年度が田原市障害福祉施策にとって「如何に大事な年か!」についての説明。ようは、今年度は「障害福祉計画」作成の年であると共に、以前に増して国は この計画にリアリティを求めているって説明。

この障害福祉計画。コンサル会社に作成依頼している自治体が多くあると聞き及んでおります。国が一定の係数なんかを示していますので、実数さえ出せば そりなりの計画が出来上がります。

が、田原市は「顔のみえる「まち」」だからかどうかは分かりませんが、コンサル会社に依頼することなく、毎回 障害福祉担当者が、正に「ネジリハチマキ」状態で作成します。毎回、この姿に感激し、感動します。どんなに大変なことかを、なりに知っているからです。本当に頭が下がります。m(__)m



で、次は。いよいよ!「「共生のまち」田原市を考える会」の今年度の活動開始に向けての準備を始めました!毎年お伝えしておりますが、この会の目的の一つには「相談支援専門員のレベルアップ」がありまして。企画・実施する中でプロセスを学び、会議を進行する上でファシリテーションやプレゼンテーションを学び、で、やり遂げた達成感を感じて閉会を向かえる。ってな目的があります。

今、思えば。こうした研修等の企画・実施なんかは、基幹相談支援センターに求められている大事な職責の一つになってますよね。ってことは、我ら総合相談センターの進んできたことが「間違っていなかった」ことが確認できます。ムフ。( ^ω^ )

ってことで。毎回、基本的に事務局で一定レベルでモミ、メンバーを召集します。この召集、会長名で召集しますので、少なからず会長選出は事務局業務でして。( ̄ー ̄ゞ



ってことで。「「共生のまち」田原市を考える会」第五代会長は…田原市社協相談支援事業所の山田さんに決定しました〜!

会始まって以来、初の女性会長さまでございます〜!\(^o^)/っていうか。あらい的に、2年目に入り、しかもメキメキと力を付ける彼女を「いつまでも「新任山田さん」とは呼べないなぁ…。(^-^;」と思っていたところでしたので、なんとも渡りに船!って感じでございましてぇ!これからは「よ!五代目!」と呼ばせて頂くことにしたいと思います〜!\(^o^)/


五代目


とにかく!今年度も「「共生のまち」田原市を考える会」は、皆さんのご期待に添える活動をしたいと思いますので、皆さん、ご指導・ご支援のほど、よろしくお願いいたします〜!m(__)m



 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 2日 (月)

節目の「総会」


昨日は刈谷市へ。愛知県相談支援専門員協会(ASK)の総会に参加してまいりました。力不足は重々承知ではありますが、協会設立から今日に至るまで、「お受けしたからには精一杯」の思いで務めさせて頂いております。というより、ここで「高み」を学ばせて頂いております。感じです。m(__)m

ってことで。今年度も総会に先立ち記念講演会を開催し、愛知県の相談支援の質の向上を図りました。っていうか、何より我らの学びになっているのですがね。(^-^)v ってことで。今年度の記念講演会は以前にもお伝えしました通り、日本相談支援専門員協会(NSK)副代表 中島秀夫 さまにお出まし頂き、「相談支援体制と自立支援協議会」をメインテーマにお話頂きました!


節目の「総会」


中島さんのお話は、施策の変遷と概要説明に始まり、相談支援事業の「そもそも」からサービス等利用計画が始まって露呈した課題、そして まとめは「Mr.自立支援協議会」らしく、自立支援協議会の意義と役割を、優しい口調で、一つ一つのセンテンスを丁寧にお話し下さいました。

あらいとして一番 胸に残ったというか、ジーンとしたのは、中島さんが繰り返し仰った「基本は「徹底した「個別支援」」であり、地域の課題解決の場「協議会の活用」であるということ。言い古されている感はありますが、あらためて「「大きなケアマネ」と「小さなケアマネ」の意味・意義を会員皆さんと確認する時間となりました。

お話には、中島さんの長い福祉歴(相談支援歴)の その時々の思いも語って頂き、あらいとしては感慨深いものでありました。



で。後半は。中島さんの講演を踏まえたうえで、ASKメンバーによる「県内の相談支援体制整備を考える」をテーマにしたシンポジウム。シンポジストとして熊谷さんと こじまさん。コーディネーターは力不足ながら あらいが。で、「頼りな。」ってことで引き続き中島さんにアドバイザーとして参加して頂き、更に学びを深めました。(・∀・)イイ!

詳細は控えますが、熊谷さん、こじまさんで相談支援の「そもそも」から、「大きなケアマネと小さなケアマネ」を整理しつつ、「徹底した「本人主体」計画」、「「個」の課題の解決のために公的なステージ「協議会」を活用」、そして何よりASKが最重要と位置付ける「OJTを中心とした「人財育成」」の3点について、意見交換しつつ、その都度 中島さんからアドバイスを頂戴しました。


節目の「総会」


今後の課題として、スーパーバイザーの必要性であるとか、ファシリテーターの要請、そして何より「アセスメント(力を含めた)重要性を確認しました。短い時間ではありましたが、あらいとしてもメチャクチャ有意義というか、深い学びの時間となりました。コーディネーターという大役を何とか終えたという安堵よりも、得た学びの大きさに対する喜びの方が数万倍大きいです!はい!

と。この大役を無事に終えることが出来たのは、中島さんの適切なご助言と、あらいの無茶ブリにも、的確に返答してくれる、同志二人の「高いスキル」に寄り掛かることが出来たからこそ。いつもいつも助けられます。本当に ありがたい同志です。<(_ _)>



で。シンポジウムを終え、本来は「これで総会に」って流れであったのですが、先にもお伝えしました通りASK監事であり、愛知県の相談支援体制整備に長きに渡り尽力された鈴木智敦さんが、この5月1日から厚生労働省 相談支援専門官に着任されました。これによりASK監事を退任されることとなりました。ということで、鈴木智敦専門官から、厚労省に挑む思いと、我ら愛知県の相談支援専門員に託す思いを語って頂きました。

あらいにとっての「相談支援」は、講師の中島さんから教わった「自立支援協議会」と、この智敦さんから教わった「ミスポジション論」から始まりました。なんだか、御縁というか、不思議なものを感じました。ただ、いえることは、この方が「国」というステージで恥ずかしい思いを絶対しないよう、ASK役員・会員皆さんと「しっかり」挑んでいくこと。です。


節目の「総会」

智敦さん。くれぐれお体 ご自愛くださいませ。



ということで。記念講演にまつわる一連のプログラムは終了。慌ただしく会場設営し、流れるようにASK総会に。

昨年度の事業報告・決算報告。今年度の事業計画案と予算案について、事務局を代表して鈴木さんから説明させて頂き、で、全てにおいて会員皆さんからご承認頂き、無事に閉会となりました。


でね。ASKも設立から5年目に突入しました。早いものですね。で、この智敦さんと一緒に退任にされる役員が。設立から一緒に闘ってきた岡崎市 大木さんが業務多忙等の理由から志し半ばではありますが退任されることとなりました。長きにわたり、本当に お疲れさまでした。が、ご本人も言ってみえましたが、役員を退任するだけのこと。これからもASKメンバーとして力無い我らを支えて下さいね。よろしくお願いします。<(_ _)>

で、退任される方がみえるってことは、新たに闘いに加わって下さる仲間がみえます。新理事とし、一宮市 ゆんたく野崎貴嗣さんです。ASK研修や県従事者研修でもお馴染みの猛者。メチャクチャ高いスキルの持ち主であることは周知のことかと!(  ̄^ ̄)ゞ あらいにとっても良き理解者で、心強い限り。末永く、よろしくお願いいたします。

と、智敦さんの後任監事がまたスペシャルでして!椙山女学園 手嶋雅史准教授が。ご存じかと思いますが、手嶋さんは愛知県スーパーバイザーも務めておみえになり、なんとも贅沢な監事さまではないでしょうか!っていうか…。逆に「精通」してみえる分けですから、我ら役員、襟を正し、心してお迎えせねば。(゚ー゚;



いろんな意味で「節目」となった総会でした。そして、また新たな一年が始まりました。年々、我らASKに寄せられる期待が大きくなっていることを役員一同、ひしひしと感じております。ゆえ、この一年も ご期待に副えますよう突っ走っていきたいと思います!ので、皆さん、ご指導・ご声援、よろしくお願いいたします。<(_ _)>



ってことで。今年度のASK総会&研修会は無事終了。で、いつものように、あらいの学びの場は場所を変え、更に更に深くなっていきました~!いつものメンバーに加え、野崎さんや若者数人も加わり、何だか新鮮な感じでありましたが、気が置けない多くの仲間に、同志に囲まれて、いつものように賑やかに、楽しく学ぶことが出来ました~!( ^ω^ )

あまり楽し過ぎて写真を撮り忘れるほどの時間となりました。ちょこっと お疲れモードでしたが、ありがたいかな帰路にはメチャクチャ元気に付けました。この環境に、ただただ感謝、また感謝でございます。繰り返しになりますが、また一年、よろしくお願いいたします。


arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月 1日 (日)

「暮らし」と「お金」


昨日午後は、継ぐ者山本さんと一緒に田原市手をつなぐ育成会さんのお供で(っていうか、付いてって、連れてってもらって)豊橋市で開催された育成会東三河ブロックの「親のための勉強会」に行ってまいりました〜!


10402817_258568964327827_4834353666


勉強会のタイトルは「障がいのあるかたのライフプラン」
前・全日本手をつなぐ育成会 編集委員 「漢」又村あおい氏

をお迎えして、正に「親御さんに寄り添う」お話を。そのタイトルは「障がいのある人の暮らしとお金について」でありました。この「ド直球」のテーマこそ、当然ではありますが親御さんにとっての大きな不安ごとの一つ。なんですよね。

又村さんのお話は、自立支援法と総合支援法の関係をベースに概要と改正点について解りやすくお話された後、それぞれの暮らしぶりから親なき後の不安を、ただ漠然としたものとせず、具体的にイメージし、しっかりと備えていきましょう的なもの。「信託」と「保険」を例にあげ、これまた解りやすく。


「暮らし」と「お金」


全日本手をつなぐ育成会の「手をつなぐ」の編集を長きに渡り務められている又村さんらしく、親御さんの悩みを的確に捉え、解消の手立てを示されました。お見事!という表現しかありません。勉強させて頂きました!m(__)m



で、勉強会終了後の役員皆さんと講師 又村さんとの懇親会&お疲れさま会に、あらいも交ぜて頂きました!っていうかお膝元の豊橋市江川さんと蒲郡市鈴木さんの3人で!ありがたや〜!でございますぅ〜!m(__)m 各市の役員さんに交ぜてもらい、アットホームな雰囲気の中、とってもステキな時間でした。


「暮らし」と「お金」


でね。懇親会、ではありましたが、会開始までの時間、鈴木さん、江川さんと我らの職務からの東三河、障害者福祉施策の対応というか今後の取り組みみたいなものを意見交換。その流れのままの懇親会でしたから、話の合間合間に又村さんも巻き込みながら対策協議が出来たって感じです。

我らの考えが間違っていないことなんかを確認出来たばかりか、諸々お褒めの言葉も頂戴出来、とっても有意義な時間ともなりました。あらためて思ったことは、あらいは、この東三河の質に鍛えられているなぁ、ってこと。やはり、これにも感謝です。m(__)m



ってことで。育成会東三河ブロックの役員皆さん、企画から実施まで本当にお疲れさまでした。そしてステキな研修ありがとうございました。m(__)m

と、「漢」又村あおいさま。激務の毎日、本当にお疲れさまです。こうして自分のプライベートな時間を削り、全国を飛び回り、障害のある方とそのご家族に寄り添う様を見るにつけ、あらい自信の不甲斐なさを痛感します。今回の学びをムダにすることのないよう、しっかりと職責を果たしていきます。

また、お会い出来る日を楽しみにしています。その日、恥ずかしい思いをしないよう、今日一日も頑張ります。くれぐれお身体ご自愛下さい。m(__)m



arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヤバイ!


これが「ぎっくり腰」というものか?(・・;)

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »