« 従業員向け研修 | トップページ | 戸枝さんの お役目 -ゼミ14- »

2014年6月26日 (木)

新しい風


ってことで。今夜は名古屋市でのASKの研修委員会に参加してまいりました。いつもより開会時間は遅かったものの、会場入りは一番最後…。(; ̄ー ̄A  ではありますが。な・に・せ!一番遠いまちからの参戦でありますから、ご容赦頂きました〜!( ̄▽ ̄)ゞ



で。今夜は、理事、監事が改選され初めの回となりました。ご存じの通り監事の智敦さんは厚労省へ闘いの場を移されました。と、理事の大木さんも職場の関係上、やむ無く。ということになりました。ってことで、今夜は新たにASKの理事に着任された一宮市 野崎さんの初会議となりました!

通常ならば「え〜それでは。新任の野崎さんからご挨拶を〜。」っな運びになるのでしょうが、この「猛者」には そんな時間など必要な訳がなく。愛知県の研修をド真ん中で支え、ASK研修も過去に何度となく力添え頂いている尾張の勇でありますから。何事もなく。まるで「ずーっと」以前から一緒にいるような。そんな始まりでした。

野崎さん。これからは今まで以上に よろしくです!



で。議題は大きく2つ。一つは、今年度の自主事業「講師派遣」について。先の総会でもお伝えはしておりますが、一昨年度に実施した愛知県から受託した同様の事業が、大変な好評を得ておりまして。で、実施を望む声を多く頂戴しておりましたゆえ、ASKとして「やるぜ!」ってことになった次第。

ASKとしては、懐事情が厳しい中ではありますが、真に愛知県の相談支援専門員のスキルアップを図るためには、県従事者研修と両輪を成すためにも、やはり「やるぜ!」しか選択肢はなかった。って感じです。当然!やるからには、しっかりと期待に添えるものにしなくてはいけないので、これもまた、「伝える」そして「創る」集団である我らのスキルアップにもなる訳ですしね。



で、2つめは。愛知県からの委託事業「相談支援従事者 専門コース別研修」について。今年度で3年目となるのですが、停滞を許さない我が同志は、更なる「上」を目指し、今夜も知恵熱が出るほど、各コース一つ一つ丁寧に熱を込め侃々諤々と議論しました。

っていうか。このメンバーでの議論って、気弱な あらいにとっては「竹刀での稽古」ってな生易しいものではなく、「本刀での果たし合い」的な時間でありまして。マジで一言一句に気合いを込めないと、あっ!と言う間に切り刻まれてしまう…。そんな感覚で参戦しております…。否、しておりました。が正しいのかも。

ようは、その「今まで」に更に野崎さんの高いポテンシャルと、何よりストイックさが加わり、あらいの「果たし合い」は後半、吐き気を催すほどのものとなりました。これからのASKの集い…。これが常になるのでしょうね…。はは…。(; ̄ー ̄A



ってことで。あっ!と言う間に9時。会館の閉館時間。アワタダシク次回を決め散会。今夜は、野崎さんから吹く新たな風を感じつつ、新たな学びを得た、そんなステキな時間となりました。このポテンシャルの高い同志に感謝です。と、今の田原市の礎は、田原市の同志だけでなく、この同志も一緒に創ったことも実感しました。

あらためて。感謝です。本当に感謝です。m(__)m

で。いつものように、こじまさんとの名古屋駅まで。車中、話題は今夜の反省会から流れで今 開催されて県従事者研修に。こじまさんから発せられる言葉には「力」が感じられました。決して語気が強いって訳ではなく、いつもの淡々とした口調であるにも関わらず、「力」を感じました。

「言霊を届ける覚悟」みたいなものが根底にあるからだろうと、何となく、そう思いました。この人もまた「漢」であると思いました。



ちなみに。この こじまさんとのやり取り。帰路も、帰宅後も、メールで続け、終えたのは日が変わる直前でした〜!(≧∇≦)



 arai

|

« 従業員向け研修 | トップページ | 戸枝さんの お役目 -ゼミ14- »

コメント

アライ様

そう言えば所信表明もしていなかったですね。
すみません。
でも、
仲間に入れてもらえたことは本当に光栄です。
高い志の人たちと、
高度な議論が出来る環境に身をおけることに
感謝です。
どれだけ役に立てるかは疑問ですが。

末永くご指導下さい。

投稿: ゆんたく 野崎 | 2014年6月27日 (金) 00時07分

ゆんたく 野崎さま

返信が遅くなり、申し訳ありません。仕事がのろく…。(;ω;)

で。「仲間に入れてもらえた…」なんて、トンでもないですよ!こちらがお願いをしたのですから。「次のステージへ」と考え、お迎えさせて頂いたのですから。本当に感謝です。

と。「自惚れている」と思われる方もおみえになるかも知れませんが、いきなり始まる我らのトップスピードの議論に、事も無げに同じスピードで走る様を見て、あらためて、野崎さんのポテンシャルの高さを感じました。我らの思いは間違っていなかったとも感じました。

ってことで、本文の繰り返しになりますが、今まで以上に、そして末永く よろしくお願いします。<(_ _)>

投稿: あらい | 2014年6月28日 (土) 01時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新しい風:

« 従業員向け研修 | トップページ | 戸枝さんの お役目 -ゼミ14- »