« 宴のあと | トップページ | 愚直なまでに - 後編 - »

2014年7月15日 (火)

愚直なまでに - 前編 -


7月13日(土) 午後1時半、「緑のまち」新城市から長坂さんが、こうまま@荻野さんと一緒に、田原福祉センターに到着。そして、少し遅れて 5年ぶりに戸枝さんもセンターに到着。


ここに。「役者」が揃いました。



今回の田原ゼミナールは、田原市にとって、そして あらいにとっても、とても大きな意味を持っています。計画相談の対象者拡大の最終年にあたる今年度は、次期 障害者計画、障害福祉計画作成年にもあたります。「明日(未来)、どこに、どう向かうか」を考える年に当たります。そのためには、「今に至るまで(過去)、どうだったか、何をしたか」を知ることなく、考えることなく、振り返ることなく、未来計画を書ける(画ける)訳はなく。

だからこそ、今回の田原ゼミナールは この田原市にとっての先導者であるお三方にお集まり頂き、「総括」を行い、そして、この先駆者お三方に再度「先導者」としてご指導頂こくために開催することとなりました。


地域「包括」支援


午後2時、定刻。「チーム白井」BOSS 白井英俊健康福祉部長の挨拶で、いよいよ開会。会場は超満員。田原ゼミナールとしては過去最高の参加者が見守る中、我らの、「チーム白井」として活動した 8年間を総括し、そして評価が下される、そんな時間の始まりです。



田原ゼミナール vol.14

地域福祉の未来を語る

社会福祉法人むそう 理事長 戸枝陽基 氏


地域「包括」支援


基調講演をお願いしたのは、5年前、田原ゼミナール vol6で、今回のテーマと全く同じタイトルに登壇頂いた 戸枝陽基 氏。あらいにとっては、この人の所属や肩書きなどは何の興味もなく。信じた道をブレることなく、真っ直ぐ生きる、その生きざまに、「漢」を見ます。

その彼が5年前のゼミで締めくくりの言葉として我らに残して下さったのは「良くやってます。ですが、まだまだです。」と。続けて、知多の取り組みを具体的に紹介して下さいました。導いて下さいました。だから。今回のゼミは、彼が担わなければいけなかったのです。彼の5年ぶりの田原市入りは「必然」だったのです。



戸枝さんのお話は、障害者自立支援法施行時に遡り、当時の混乱(プロパガンダを含めた情報の錯綜)をお話しされたあと、ふわり・むそうの実践をベースに地域福祉の在り方を、丁寧にお話し下さいました。これを あらいごときが要約してお伝え出来る能力などなく。っていうか、言い訳がなく。ただ。戸枝さんの話は、「基本に忠実に」ってお話で終始。ようは、障害者自立支援法施行時(施行前夜)に学んだ「「大きな包括」と「小さな包括」」という話でした。

大きな包括に関しては、自立支援協議会をベースに課題解決を行うこと。それには多職種(多法律)連携が必要となり、その仕組みを構築する必要があるってこと。そして「小さな包括」は、その「まちの課題」抽出の根幹である「お一人の生きづらさ」の抽出と課題解決の方策を立てるってこと。この「基本中の基本を」丁寧に、本当に丁寧にお話し下さいました。


Kimg3331


で。何が「スゴイ!」かっていうと、この難しい話を「専門用語やら「カタカナ用語」を使うことなく、また写真や図を用い、民生委員さんや当事者団体のような専門家ではない皆さんに「解りやすく」お話しされる そのスキルです。だから、昼一開催という睡魔が襲う時間にも関わらず、誰一人 居眠りすることなく、吸い込まれるように聴きいってみえました。敬服です。感動です。



講演後。戸枝さんから発せられた言葉は「こんな話で良かった?」でした。戸枝さんのもとに伺い、オーダーした内容を寸分違わぬものとして表出して下さったことに対し、あらいからお返し出来る言葉は「ありがとうございました。」の一言でした。本当に、感謝です。<(_ _)>




で、後半。いよいよ「総括」そして「評価」の時間。

協議会は「『まちづくり』戦略会議」


ご登壇頂きますのは、先にも記しました通り、「緑のまち」新城市からレインボーハウス所長の長坂さんと、豊川市 ゆう 副理事長の こうまま@荻野さん、そして講演に引き続き戸枝さんのお三方。


地域「包括」支援


長坂さんご自身は「田原ゼミナール vol.8」で社会資源の創出に掛ける思いを語きました。が、それ以外にも「緑のまち」の戦士である小林さん、渡辺さん、北川さんという面々が田原市にお出まし下さり、その実践をお伝え下さった、田原市にとっては大恩あるお方。

こうまま@荻野さんは、田原市内小中学校巡回研修で27校のうちオーダー頂いた21校を巡って下さり、さらには市内の全保育士200名にも障害のある子ども(方)の「生きづらさ」を2年もの時間を掛けお伝え下さった方。やはり、田原市にとっては大恩あるお方。

この あらいの眼前にある豪華な風景。あらためて多くの方の支えがあり今の田原市があることを実感した次第。



後編につづく


arai

|

« 宴のあと | トップページ | 愚直なまでに - 後編 - »

コメント

うわ~~~。
この3ショットはめっちゃ嬉しい♪
家宝にします。

お疲れ様でした~。

投稿: こうまま | 2014年7月15日 (火) 23時14分

こうままさま

お疲れさまでした~!ありがとうございました~!
で。これ。あらいも お気に入りの一枚ですよ~。と、シンポジウム中、あらいの眼前には、この風景があってのですよ。贅沢の極みでしょ!;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

ってことで。今後とも田原市を よろしくお願いしますね!<(_ _)>

投稿: あらい | 2014年7月15日 (火) 23時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愚直なまでに - 前編 -:

« 宴のあと | トップページ | 愚直なまでに - 後編 - »