« 「行動援護研修」に学ぶ | トップページ | 「労いと期待」の言葉 »

2015年4月13日 (月)

充実の理事会


本日は、夜になって名古屋市へ。ASK理事会に参戦してまいりました〜!ってことで、昨年度の事業報告と収支報告、今年度の事業計画案等、事務局から丁寧な報告が。あらためて昨年度を振り返ることになったのですが、正直『頑張ったなぁ。(T_T)』って。

で、後半は、総会について。「愛知県」を冠にする協会ですので、県全体の相談支援事業の質の向上を第一義とするのは至極当然ではありますが、NPO法人である当協会の活動に賛同して下さっている会員皆さんのニーズにも応えていく必要がある訳で。



ってことで。総会でも「人財育成」と考える我ら理事としては、如何なるテーマがベストなのか?それを担うには誰がベストなのか?を閉館時間イッパイまで、ここには書けないですが、スゲェ高いレベルでの本音トーク。あらいがASKに置いて頂いているのは、この時間を生で、熱を感じる位置で学べるからです。マジな話、この時間は「スゲェーッ!ヘ(゜ο°;)ノ」って感じます。


充実の理事会


いつも言ってることの繰り返しになりますが、こんなメンバーに入れて頂いていることに感謝するのは勿論ですが、しっかりと「御返し」しなきゃいけないという心地よいプレッシャーも同時に感じます。頑張ります!( ̄ー ̄ゞ



計画騒乱とも言える[計画作成対象者の拡大」の経過措置期間を終えた今、愛知県から受託している「従事者研修 専門コース別研修」も3年を遣り終えた今、そして協会発足から5年目を迎えた今、活動を振り返りながら、今後の方向性であるとか、存在意義みたいなものも しっかりと定めていかなければいけない、そんな時期になってきたと感じています。

そのためにも、こうした議論を我らだけで完結するのではなく、こうした時間を我らだけで共有するのではなく、「すその」を如何に拡げていくかがメチャクチャ大事であると思います。し、そのためにも、ASKの「次のステージ」は如何なるものか。これを考えることが、今、我ら役員が第一義に議論しなくてはいけないとメンバー一同、考えております。はい。m(__)m



ここんとこ。夕方になると頭が痛くなり、何となく、お疲れモードでの名古屋入りでしたが、同志との充実した時間のおかげで、ステキな時間のおかげで、帰路は「居酒屋 名鉄特急」で ご機嫌な移動となりました。こんなところにも、ASKに感謝でございます。m(__)m


充実の理事会


arai

|

« 「行動援護研修」に学ぶ | トップページ | 「労いと期待」の言葉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125839/61435827

この記事へのトラックバック一覧です: 充実の理事会:

« 「行動援護研修」に学ぶ | トップページ | 「労いと期待」の言葉 »