« 希 5歳 | トップページ | 充実の理事会 »

2015年4月12日 (日)

「行動援護研修」に学ぶ


本日は お休みを頂きました。ってことで、時間が空いたのでぇ朝一から東名高速を 一走りして、愛知県最西端のまち一宮市へ。今日から始まるサポート知多 主催の「行動援護従業者養成研修」一宮会場へ行ってまいりました!

この「行動援護」。田原市としても協議会 ヘルパー連携会を中心に、如何に増やしていくか?もしくは、行動を援護できる支援者を如何に増やしていくか?を議論している最中でして。ので、事務局としては「何ぞや」を語れなければいけないので。ってことで 一走りってことでございます。<(_ _)>

で、会場は。かしの木福祉会 「一宮療育サポートプラザ チャイブ」。ASK野崎さんの所属法人。そう、この一宮会場の中心というか、この研修をサポ知多さんに頭を下げ、一宮へ引っ張ってきたのは誰あろう、この野崎さんでして。このパワーというか、思いの強さには本当に頭が下がります。



ってことで。今日を皮切りに3週連続 日曜日に開催される研修のスタートは、野崎さんの講義から。「行動援護を理解する 〜制度の成り立ちと支援の実際〜」からでございます。;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

野崎さん。今はASKの理事を務められる質の高い相談支援専門員さんでありますが、その前は「一宮市に必要な社会資源の創出」ってことで、ヘルパー事業所を立ち上げられ、この行動障害のある方の支援を丁寧に行ってみえた方でありますので、その話の一つ一つにリアリティがあるものでした。


「行動援護研修」に学ぶ


特筆すべきは、リアリティある支援の根拠を障害者基本法をベースに、ノーマライゼーションの理念をベースにして押さえた上で、あらためて「行動援護」という制度そのものの理解を深めていかれました。私たちが提供する「支援」は、いつも言っていますが、いつまでも「経験や勘」で行われていてはダメ!で、しっかりとしたルール(法律)があり、エビデンス(根拠)が必要であることを、メチャクチャ解りやすくお話されました。

あらい自身、メチャクチャ良き学びの時間になったことは勿論ですが、ヘルパー時代の古い記憶を呼び起こさせられた。と、この行動に多く支援、というより高い支援の質が必要な方、に対する「支援のあり方」に、そして その確保に執念すら感じる、そんな講義でした。ステキな時間となりました。感謝です。<(_ _)>



で、実は。今日この研修に お伺いしたのは、この野崎さんの講義を聴きに、というか学びにでして。っていうのは。この一宮会場の後は、豊川市での開催となるのですが、そこで、この野崎さんのコマを あらいが務めさせて頂くことになっておりまして。小心者あらいとしては、野崎さんと大きな差があってはいけない。ので、学びに。なのでございます。

と、当たり前ではありますが、この研修の講師に推薦して下さった皆さんの期待を裏切ることのないよう、今日の学びを活かしていきたい、否、いかねば!の思いを強く持ちました。(  ̄^ ̄)ゞ

で、講義後も、午後からの講義を担当される こうままと、そして野崎さんと行動障害のある方の支援について、そして その研修のあり方について、短い時間ではありましたが意見交換。いつもながら、この時間に鍛えられます。感謝です。



で、昼食をお誘い頂いたのですが、頭だけ下げ、失礼を承知で大慌てで帰路に着きました。

今日は、次女 希の5回目の誕生日。お祝いの会場は、希が「ダイスキ〜!(≧▽≦)」な、愛知県最南端にある、お外のお風呂から海が見えるホテルへ。距離にして 150㎞を超えますが、充実した研修と この後の宴のおかげで、全く苦痛に感じることなく、ご機嫌に移動した次第でございます。(^-^)v


arai

|

« 希 5歳 | トップページ | 充実の理事会 »

コメント

新井様 
家族の大事な日にわざわざ愛知県のはずれまでありがとうございました。本当に大丈夫だったんでしょうか。
加えて、突然の無茶ぶりもすみませんでした。新井さんのコメントが一つ入るだけで研修の重みが増すので、無茶言いました。
一宮で行動援護の研修をやり始めて、もう6~7年になりますが、この地域でこのことを理解する人が増えていくことが、この地域の財産の一つだと思っています。
豊川市の件よろしくお願いしますね。
野崎

投稿: 野崎 | 2015年4月13日 (月) 08時33分

野崎さま

昨日は、お疲れさまでした!と、マジで勉強させて頂きました!本当に感謝でございます~!m(__)m

で。あれは、まさに「無茶ぶり」っす!これまたマジモードでブッたまげ~!でした!が、野崎さんのこと、『意図するところがあるのだ』と腹を括った次第。ご迷惑をかけなかったことだけに、ただただ安堵でした。m(__)m

で。正直、行動援護を知多から引っ張ってきた野崎さんの「熱」には敬服します。し、その根幹が「地域の財産」づくりと言われる訳ですから、ド尊敬でございます。

あらいも置いていかれないよう、しっかり走っていきたいと思いますゆえ、今後ともご指導下さいませませ~!と、豊川会場、メチャクチャ頑張ります!( ̄ー ̄ゞ

投稿: あらい | 2015年4月13日 (月) 08時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125839/61430038

この記事へのトラックバック一覧です: 「行動援護研修」に学ぶ:

« 希 5歳 | トップページ | 充実の理事会 »