« 充実の理事会 | トップページ | 「必携」書 »

2015年4月15日 (水)

「労いと期待」の言葉


昨日は。協議会としては今年度最初となります運営会議でした。今年度も会長をお願いします重鎮 鎌田さんの「いつもの」軽妙な ご挨拶で開会でございます~!( ^ω^ )

今年度から新たにメンバーに加わって頂いた方も たくさんおみえになるってことで、メンバーそれぞれの自己紹介と、それに続き機関・事業所や個人的な抱負の発表から始まり、若干の意見交換。って感じの時間となりました。中には今年度の事業計画チックなお話を下さった事業所さんもあり、事務局を担う我らにとっては実りの多い時間となりました。ありがたや〜!でした。<(_ _)>


[労いと期待」の言葉


平成21年の夏、山田優さんの「聴くことこそ最大の権利擁護」を聴くことから始まった田原市自立支援協議会。その基礎になったのが、平成17年に始めた、この運営会議の前身「地域ネットワーク会議」です。当時から最新情報と理念の共有を目的としていました。っていうか、これをベースにして「真の連携構築」を目指していました。



会議の冒頭、重鎮 鎌田会長の挨拶は、この時の話から始まりました。懐かしさや楽しかった出来事も思い出しましたし、逆に、今に至るまでのキツく、ツラい出来事も思い出しました。が、昨日の会議には、あれだけ大勢のメンバーが集い意見交換することが出来ました。本当に嬉しかったですぅ。(T0T)

と、重鎮 鎌田会長から行政と事務局に対する今に至るまでの労いと、そして今からの期待の言葉がありました。これが何より嬉しかったです。この協働を ずーっと願い、我ら力ない事務局を、総合相談センターを叱咤激励し続けて下さったBOSSに聴いて頂きたかったなぁ。と思う、そんな運営会議でした。


arai

|

« 充実の理事会 | トップページ | 「必携」書 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125839/61442871

この記事へのトラックバック一覧です: 「労いと期待」の言葉:

« 充実の理事会 | トップページ | 「必携」書 »