« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月30日 (土)

「背負う」覚悟


今夜は、久しぶりに半田市トクヤマさんと。っていうか、愛知県P協会のトクヤマさんと。元々は、蒲郡市 中川さんも ご一緒する予定でしたが、国研修に参加で叶わなくなり、で、二人でってことに。

で。P協会のトクヤマさんと。ってことですから、当然!愛知県の精神分野の支援のあり方、その研修のあり方について意見交換。ここ数年、このトクヤマさんと中川さんが中心となり試行錯誤。結果、愛知県P協会とASKとの連携が進み、協働での研修が開催されるまでになりました。

これ、以前にも書きましたが、メチャクチャ大変なことなんですよ。変革を望まない国民性といいましょうか、今あるものを変えるには相当な労力を要します。それに取り組んでいる分けですから、やはりステキとしか言い様はなく。頭が下がります。



ってことで。いつものように精神保健福祉談義に、相談支援談義に、それぞれのまち談義に花を咲かせました。っていうか、ここ数年、愛知県のベーシックな研修に留まらず、国をベースにした活動も盛んにこなしてみえるトクヤマさん。その話の内容も、話振りも、数年前とは雲泥の差って感じで、「スゲェーッ!( ☆∀☆)」って感じで。頑張ったんだなぁ〜。って しみじみ思いました。

この「頑張った」原動力は、精神保健福祉士としての、愛知県P協会 理事としての、そして半田市相談支援専門員としてのプライドなんだと実感しました。それぞれの「看板を背負う」そのプライドだと。



時も時。今日、所沢で行われていた3日間に及んだ今年度の国相談支援支援者養成研修(いわゆる国研修)が閉幕しました。今年度も同志こじまさんは伝える側として参戦。そこには、彼が師事する鈴木智敦専門官もおみえに。「相談支援」の未来を背負う覚悟を持ち、国に向かったサムライです。

こじまさんも また、その師に倣い「愛知県」の看板を背負い参戦されています。「背負う覚悟」を持って挑むということは、簡単なことではありません。漢だと思います。

今夜、久しぶりにトクヤマさんと ゆっくり語り合いましたが、彼の覚悟を、そして放つ「熱」を肌で感じ、何故だか 二人を思いました。トクヤマさんにも、お二人にも、恥じることのない仕事をしなくては!覚悟を持って挑まねば!と思った次第です。


「背負う」覚悟


居酒屋から、トクヤマさん行き付けの、これまたいつものオシャレなBARに場所を移し、終電ギリギリまで語り合いました。思ったことは、『老け込んではいられない!』ってこと。そんなことになったら、この志し高い若い世代に相手にされなくなる。ってことです。尻を叩いてくれる若者が、「覚悟」を持つ仲間が居てくれることに、そんな環境に、ただただ感謝でございます。<(_ _)>


arai

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年5月28日 (木)

2つの課題


本日は。昨日お伝えしました通り、ヘルパー連携会でした。前日の打ち合わせに沿い、やっちゃいなよ!三浦さんの進行で。

まずは。恒例の「一問一答」のコーナー!ヘルパー事業所さんから寄せられた質問・疑問について、事務局から丁寧にお答えします〜!って時間。今回は4つの質問にお答えさせて頂きました。いろいろあった中でも、事務局というより総合相談センターとして、あらためて「この3年間」の経緯と、それに伴って表出した不具合について検証する時間となりました。

やはり。振り返りは大事ですね。と、この振り返りも我らだけではなく「先方さま」と一緒に、っていうのが大事ですね。やはり「聴くこと」が最も大事なのですね。m(__)m



で、次は。田原市の課題である、慢性化したヘルパー不足に如何に対応していくかと、少ない社会資源である「行動援護」の理解と促進について。の2点について、フランクに意見交換しました。っていうか、この部会、このフランクな雰囲気の中で進んでいくのが、とってもステキだったりします〜!

で、先については、行政との連携というか協働での対応策を模索。勿論!頼りきりで良い訳はなく、事業所としても、事務局としても「何が出来るか?何をしなければいけないのか?」を考えていくってことに。後については、あらためて「行動援護を学び直す」ことを前提に、行動援護類型を提供出来るヘルパーさんが少ないのであれば、増殖計画の途中も「いないから仕方ない」とせず、「行動を援護出来る」移動支援の提供ヘルパーを増殖させよう!ってことに。(・∀・)イイ!

時も時。この部会 開会前にASK野崎さんと、この行動援護、そして その研修のあり方なんかの意見交換をしたばかりでしたので、意識していた訳ではないのですが、あらいの鼻息も荒くなっていたことかと。地域で暮らし続けることを意識したステキな研修であることをお伝えした次第です。<(_ _)>



ってことで。最後は、今年度の研修のあり方について。この部会、本当に真面目に研修と向き合って下さいます。っていうか、これも繰り返しお伝えしておりますが、そもそもヘルパー事業所のサービス提供責任者さんは、日中支援事業所等のサービス管理責任者さんのような研修が無く、学ぶ機会が乏しいってことに対するアンサーとして立ち上げた部会。

ので、事務局が企画する研修にはド真面目に参加して下さいます。皆さんが「 如何に学びに飢えていたか!」を知ることが出来た次第です。皆さん、ステキです〜!



ってことで。盛り上がった、否、盛り上がり過ぎた~!(≧∇≦) ヘルパー連携会は、いつものように定刻を大きくオーバーして閉会!やっちゃいなよ!三浦さんは、しきりに「申し訳ない。」と繰り返されるのですが、あらいは「い〜んじゃな〜い!盛り上がったんだから〜!」って思っておりまして。だって。皆さん、最後まで真剣に聴き、発言して下さるんですよねぇ。これが何より嬉しく、そして ありがたく!

そんなヘルパー皆さんのためにも、そして、その先にみえるヘルパー皆さんが支えて下さる皆さんのためにも、我ら事務局も目一杯!精一杯!メチャクチャ頑張ります!はい!( ̄- ̄)ゞ


arai

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年5月27日 (水)

充実した毎日に


昨日は第4火曜日ってことで、朝一から田原市事務局会議。テーマは1本!協議会マンスリーの準備でございますぅ。<(_ _)>


まずは、他の部会より一足早く明日開催されるヘルパー連携会について。担当の やっちゃいなよ!三浦さんから準備された資料をベースに進行やら何やらの説明。ヘルパーさんの満足度を上げつつも、まちの課題の解決に繋げていかなければいけないってな難しいものもあり、丁寧に意見交換。でございますぅ。

で、次は。障害者就労検討会。年頭からイレギュラーがあり、バタバタしたまま今日に至っているのですが、何とかリスタートが切れた感じで。ってなこともあり、今回の障害者就労検討会は、今までの取り組みを精査しつつ、次のステージを見据えた行動提起。ってなイメージになるかと。

どちらの部会も、しっかりと ご本人に寄り添いつつも、まちづくりの視点を忘れることの無いよう取り組まねば!と思った次第であります!張り切って!マンスリーに突入します!(  ̄^ ̄)ゞ



で、午後は。総合相談センター ミーティング。今日は野中SVの手法を用いた事例検討。事例提供者は昨年度から計画作成に追われる我らの前に救世主として現れた!田原授産所相談支援事業所の大羽相談支援員。重鎮 鎌田さんの愛弟子でございますぅ。今年度からミーティングに参加して下さるようになり、まだ間がないにも関わらず、すっかり溶け込んでみえ。いわゆる愛されキャラっていいましょうか。よい感じです。

で、事例は「愚行権」を考える機会ともなるもので、こちらとしても良き学びの時間となりました。し、こちらとしても「悩んでいる」大羽相談支援員の一助となるべく、真剣に取り組ませて頂いた次第。良い事例検討となりした。

っていうか。まだまだお付き合いも浅く、大羽さんのことを深く存じ上げている分けではないのですが、ド真面目な方でもあり、明るい方だと。フランクな雰囲気の中でも触れられるシビアな提案も しっかりキャッチしてみえ『恐るべし…。』と思うと同時に、『今後が楽しみやなぁ〜!』と。一人 ほくそ笑む次第。( ^ω^ )



ってことで。バタバタした毎日ですが、充実した毎日であることに、そして このまちに、ただただ感謝です。<(_ _)>


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月25日 (月)

他所(よそ)では


田原市障害者総合相談センターは、週明けからバタバタと、たくさんの皆さんが お越し下さいました。他機関の相談員さんや民生委員さん、そして何人かの ご本人さんや親御さん。多くの皆さんの お役に立てることが実感出来る、そんな一日でした。


で。朝一、地域相談支援員 ひらまつぴーと来月開催される保健所主催研修の打ち合わせ。何やら、田原市の「地域移行」に関する実践報告をしなさいと依頼されているそうで。で、あ〜でもない、こ〜でもないと意見交換しました。って言っても、いつものように「課題を見つけ、で、対応するんだよね。」ってなことが落としどころ。

先日の食品衛生協会さまからの表彰と同じく、歯を喰い縛りながら闘う者には励みになりますよね。ひらまつぴー は勿論、田原市としても ありがたや〜でございますぅ。<(_ _)>

その後も。就労支援専門員 伴さん、山田姐さんからも支援の経過報告やら。ベテランの和尚鈴木さんや、やっちゃいなよ!三浦さんは、こちらも いつものように淡々と現場とセンターを行ったり来たり。難しい支援をお願いしてるにも関わらず淡々と。頼もしい限りです。



で。夜になり、次の予定(ま。いつものように、夜の席なんですけどね〜。(^ー^))に移ろうとしたら、やっちゃいなよ!三浦さんから「明日なんですけどぉ。」と。ようは、明後日 開催される今年度一発目の協議会 ヘルパー連携会の内容を、明日の事務局会議で「どう諮るか?」ってな相談でした。

毎月開催の運営会議、事務局会議は別として、毎年4つの専門部会のトップを切って開催となります このヘルパー連携会。その部会を ずーっと担う やっちゃいなよ!三浦さんとしては、いろいろ思うことがあるようで、毎度毎度、試行錯誤しながら会議の日を迎えます。ある意味、一番 盛り上がっている部会かも!(^-^)v



この時に思ったことは。『もう他所(よそ)では使いモノにならないなぁ。役に立たないなぁ。』ってこと。この まちにいると、ダメダメセンター長の あらいでも、こうして皆さんが 各々の職務を全うしてくれます。だから、あらいが特別なことをしなくても何とかなっちゃうんですよねぇ。少なくとも、現場は止まらないんですよねぇ。

ので。一日の終わりに思ったことは。『どうやったら このまちに、このセンターに置いてもらい続けられるかなぁ。何とか考えなきゃいけないなぁ。』ってことです。はい…。(T-T)


他所(よそ)では


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月24日 (日)

「海に行きた〜い!」


長女 萌は、学校の行事?みたいなので朝から出掛けて行き。ので、次女 希と家でゴロゴロしてたら「掃除の邪魔…。(-_-#)」と 叱られてしまい…。で、凍てついた我が家を脱出…。(´・ω・`)

で、希に「どこ逃げようか…?」と聞くと「海に行きた〜い!」と。そういえば、萌も 同じ頃は、同じ返答でした。性格は全く似てないのに、こんなところは似るもんなんですねぇ。不思議ですね。(^ー^)





ちょっと曇り空。まだ『夏を感じる〜!』って日ではなかったですが、それでも跳んでハシャぐ希と過ごす時間は、何事にも変えがたい時間となりました。感謝、感謝の時間となりました。<(_ _)>


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月23日 (土)

「機能強化員」へのOJT


今年度始めから、田原市障害者総合相談センターのメンバーに就労支援専門員として加わった伴さん。いろいろな ご縁があり、ふぃ〜る工房に。以前には障害者職業センターのカウンセラーを務めていたってこともあり、あらいとしては日中支援部にメッチャお願いして相談支援部に向かい入れた次第です。

少しの期間、障害のある方の「働く」支援から離れてはいたのですが、やはり!そのポテンシャルは高く!復帰して間がないにも関わらず、しかも土地勘の無い田原市にも関わらず、既に他メンバーと遜色無い働きぶり。っていうか、既に大人の風格!これには正直「ぶったまげぇ!(゜ロ゜;ノ)ノ」であります!



で、今日の午後。田原市社協さんの急な人事で、この5月から総合相談センターに異動になった山田さん(ベテランの風格漂う山田姐さんじゃないっすよ!別人ですよ〜!)に、その伴就労支援専門員が「働くを支援する」ってことについてレクチャーするってことに。役割分担も大事かも知れないですが、それ以上に支援の平準化が大事で。で、そこには人材を育成することがセットになっている、ってことで、この時間がセットされたそうです。

デスクも隣同士で、業務上のあれこれは当然やっているのですが、こうした時間が すぐ出来るのは、他(多)法人が集い形成される「総合相談センター」ならではですよね!基幹相談センターとしてのメリットを遺憾なく発揮!って感じですよね。「専門的な指導、助言」、「人材育成の支援」を日常的に行えるんですもんね!OJTが大事なんですもんね〜!( ☆∀☆)


「機能強化員」へのOJT


ってことで。恥ずかしながら、あらいは初めて目にした「障害者職業生活相談員資格認定演習 障害者雇用推進者講習 テキスト」な〜んていう分厚いガイドブックはじめ数冊の本を眼前に置き、新任の山田就労支援専門員に的確に、しかも丁寧に説明している伴 就労支援専門員。

さすが!しっかりとトレーニングを受けてきた支援者!って感じでメチャクチャ解りやすい。そして実践者ですから具体的な事案なんかも盛り込まれ、更に解りやすい。あらい自身、すっかり聴き入ってしまいました〜!っていうか、「相談支援機能強化員」なのに、得手ではない就労支援を「強化」して頂いちゃいました〜!

1時間半が「あ。」という間に過ぎました。内容も含め、本当にお見事!でした。(^ー^)



国が示した この基幹相談センターの役割には、かなり高いスキルが求められています。 これだけの専門性を、たった一人で担うには、いくらなんでも無理があると思います。だからこそ、イメージ図の中心には、何人もの専門性を有する支援員が記されているのだと思います。だから田原市は、この就労支援専門員や地域相談支援員、発達支援者Coを配置したんです。「あらい一人じゃ無理〜!」ってことで、基幹相談センターを受託する ふぃ~る工房で配置したんです。(≧∇≦)


「機能強化員」へのOJT


あらいは、その3人の専門相談支援員から、その専門性を学びます。3人の相談支援専門員から現場の熱を学びます。相談支援機能強化員とて、日々学んでいかなければならないのです。<(_ _)>


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月22日 (金)

カラオケ なう

カラオケなう


長女 萌の歌声を、初めて聴いた!なう。

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食品衛生優良施設


生活介護事業所「villaうぇ〜ぶ」が、愛知県食品衛生協会さまから、今年度の「食品衛生優良施設」として表彰して頂けるとの連絡を頂戴したとのことです〜!(〃∇〃)


食品衛生優良施設


マジな話。障害のある皆さんが飲食に携わる際、衛生的な課題をあげられる方は、残念ですが少なくないかと思います。が、どうでしょう!今回 表彰して頂けるのは、なにも「障害福祉施設として頑張ってますね。」って認めて頂いたのではなく、一般の飲食店さんと「横並び」で審査された上で「そん中でも衛生的に優良ですよ〜!」と お認め頂けたってことだと思うんですよね〜!



こうして表彰して頂けるってこと、利用されている皆さんにも、支援するスタッフにも、メチャクチャ励みになりますよね~!ステキな話やなぁ〜!ありがたい話やなぁ〜!(T▽T)

この表彰に恥じないように、これからも精進せねばいけませんね!頑張って下さいね〜!皆さ〜ん!そして、しっかりお支えしなさいよ〜!スタッフ!ってことで、本当に良かったね!(^-^)v


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月21日 (木)

終電がいい理由


久しぶりに。三河田原駅の終電に乗車。メチャクチャ楽しかった時間を思い返しながら、噛み締めながら。こうした環境で仕事が出来ることに、ただただ感謝でございます。<(_ _)>


終電がいい理由


この終電に乗ると、豊橋駅からはタクシーになります。自宅までの乗り継ぎの電車は出発した後になりますので。でも、この終電がいいんです。『どうせタクシーで帰るんだから、もう少し。』ってことで、ごぶさたしている 行き付けの BAR に寄れたりしますから。

終電まで「語り合える」同志との時間と、同志との時間を振り返ることの出来る一人の時間。メチャクチャ贅沢な時間だと思います。明日も、メチャクチャ頑張れます!この環境に感謝!


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月20日 (水)

「夢にまで見た」時間


本日は。大袈裟ではなく、あらいが夢にまで見た時間が現実のものになった!そんな一日でした。嬉しいのを通り越し、何がなんだか解んなくなるくらい、舞い上がった感じで、この時間を過ごしました。泣きそうでした!(..)


で。その時間というのは。あらいが「田原市の「未来」を創造する」うえで、メチャクチャ大事なミッションとして位置付けていたものに「ペアレント プログラム」があります。この講習会を晴れて!この田原市で開催することが出来たのです〜!しかも、その講師には、この分野の第一人者である


「夢にまで見た」時間


中京大学現代社会学部 辻井正次 教授

に お出まし頂き、全6回、みっちりと「ホンモノ」のペアレント プログラムを田原市にお招きすることが出来たのです〜!あのアスペ・エルデの会のCEOの辻井教授が直々にです!その記念すべき第一回目が今日だったのです〜!たから泣きそうなんです〜!否、心の中では号泣でした〜!(T▽T)



ご存じの方も多いかと思いますが、このペアレント プログラムは、子どもの問題を障害として見るのではなくて、その「行動」という観点からとらえ、子どもの行動修正ではなく、「母親の認知の修正」に焦点を当てていくもの。出来ないことを叱るではなく、適応出来た行動を褒めていく。と、子育てが楽しめるようになる。と、母親の精神的な健康が保たれる。そして何より、この場所で仲間・地域と繋がれる。

本当にザックリな説明ですが、こんな感じかと。<(_ _)> ですが、このザックリな説明だけでも「なんだかステキ〜!うっとり〜!」じゃないっす〜!?だって、この考え方って、障害の有無に関係なく、子育ての基本みたいなもの、もっというと人材育成の基本みたいなものですよね。だから!この考え方を引っ張ってくること(土壌作りを含め)が大事なミッションとして位置付けてきた。で、ようやく開催に漕ぎ着けたんです〜!


「夢にまで見た」時間



『もっと早く!』とも思うことは多々ありました。が、『ただ「やること」では何の意味もなく、この考え方が「染みる」時期を創る』を胸に、今日まで来ました。本当に、ようやく今日!辻井教授の進行で、あれこれとワークする保護者さんと保育士さん方を見て、感激した次第です。(。>0<。)



ってことで。今回は講習会の受講対象者、保護者 10名と その子どもを担当する保育士。そして支援者として総合相談センターから山田姐さんと あらい。こども発達相談室かみやと相談員。田原市に生まれ、最初に育みに関わるであろう専門職の皆さんに、このプログラムを完全理解して頂き、未来永劫、この考え方が田原市の子育てのベーシックモデルにすることを目的としております。

ので。お母さん方が帰られた後に、保育士さんを筆頭とした支援者だけで、辻井教授からのミーティングという名の「講義」を拝聴。これがまた!みっちりと1時間!贅沢だ〜!贅沢過ぎる〜!(T▽T)


「夢にまで見た」時間



で。当然!あらいですので野望はあり。このあとは。しっかりと継続開催することは勿論、子育てだけではなく教育機関に携わる方にも普及し、更にはペアレント トレーニングやメンターの養成、更に更に・・・ってな「夢」を描いている所存にございますぅ〜!どう?幸せでしょ?ボク!ヘ(≧▽≦ヘ)



講習会後。辻井教授と補助にみえたアスペ・エルデの会メンバーさん、そして今回メチャクチャ頑張って この企画を実現させた田原市こども発達相談室のかみやCoと一緒に villaうぇ〜ぶでカレーランチでございます~!ありえない~贅沢さっす!(≧∇≦)

この間も、噛んでる時間が勿体ないので、カレーは飲み物として流し込み、辻井教授に イッパイ聴いて頂き、イッパイ教わりました。その時に思ったこと。『神さまはいるなぁ〜!この時間は きっと、頑張ってきたご褒美なんだよなぁ〜!』ってことです。



ってことで。無事に第一回目を終えることが出来ました。陰に日向に、我らを支えてくれた同志 熊谷さんに感謝です!今夜の晩酌は、一晩「350缶を2本」と決められた、貴重なサッポロ黒生を、熊谷さん用にグラスを用意し、イッパイ一緒にやりたいと思います。「ありがとね!」の言葉を添えて。


arai

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年5月19日 (火)

Aブロック


本日は朝一から知立市へ。安城特別支援学校の保護者会主催の勉強会でお話しさせて頂きに。でございますぅ。この保護者会、エリアをA・B二つのブロックに分けて行われていまして、今日はAブロック(知立市、高浜市、刈谷市、碧南市)の保護者さんに。


Aブロック


ではありますが、会場には行政職員さん、相談支援専門員が入り交じり、本当に大勢の皆さんにお話を聴いて頂きました。ありがたや〜!でございますぅ。<(_ _)> っていうか。この仕切りは、あらいにとって頭の上がらない教育者であるランナーさんでして。会場には高浜市の小松さんがおみえになったり、開会前に くるくる前島さんから お電話頂いたりと、なんとも ありがたい感じで。



で、あらいのお話。いつものように、法の理解を基にして田原市自立支援協議会の実践として、「まちづくり」を。そして「働く大人になるため」として田原市学校介助員派遣事業の創出で挑んだ教育と福祉との連携を。更に!「権利擁護」は、障害者虐待防止法に込められた思い、まとめに「聴くことこそ最大の権利擁護」を、目一杯!力一杯!お話させて頂きました。(  ̄^ ̄)ゞ






皆さん、本当に真剣に あらいの話を聴いて下さいました。本当に『ありがたい…。(T-T)』と。頂いた 90分を 47秒オーバーしゴール。これも いつもながらヘロヘロで。体力が無いのか?力の加減が出来ないのか?よく分かりませんが…。はは…。(^-^;


でもね。あらいの拙い話にも関わらず、顔を手で覆う、ハンカチで涙を拭う お母さん方を前に。力加減なんて出来っこないし!分かったところで不器用なんで何とも出来ないのでぇ、やっぱり!このまま全力でいくしかないんですけどねぇ〜!うひゃひゃ!ヘ(≧▽≦ヘ)


Aブロック


100人近い皆さんがご参加下さいました。拙い話ではありましたが、精一杯でございました。ご勘弁下さいませませ。<(_ _)>

ってことで、あらいの話のあとは、ランナーさんのステキな配慮とでも言いましょうか、4市の相談支援員さん方を保護者皆さんに紹介し。で、12時に閉会。ここんところ相談支援専門員を中心に行政、事業所に対してお話させて頂くことが多かったのですが、こうして親御さんにお話させて頂くのって、なんだかレスパイト魂に火が着く感じで。ステキな時間となりました。



でもね。更なる感動が。保護者会さんからは「ランチ、ご一緒に!」って お声掛け頂いていたのですが、1時半までには田原市に戻らなければいけなかったので、大変 失礼な話なのですがお断りさせて頂いていました。

そしたら、保護者会 会長さん「こんなもので失礼なのですが、帰りの車の中で召し上がって下さい。」と、おにぎりをご用意下さっていました。正直、メチャクチャ感激で!どんなステキなランチよりも、この心遣いが、このご配慮が嬉しく!も〜泣きそうでした!最後の最後まで。本当に最後の最後まで、心地よい知立市遠征となりました。感謝、感謝でございます。<(_ _)>


Aブロック



保護者皆さん、本当に ありがとうございました。と、おにぎり、感謝でした。美味しかったです。し、おかげでミーティングに間に合うことが出来ました。どんな豪華なオモテナシより嬉しかったです。(T-T)  と、ランナーさま、ステキな機会を ありがとうございました。これからも。末永く!(  ̄^ ̄)ゞ


arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月18日 (月)

「DVD 化」して


今夜はASK役員会で名古屋市に。総会前 最後のミーティングです。っていうか、野崎さんはお休みではありましたが、そもそも、この殺人的スケジュールの日々を過ごすメンバーが毎月毎月、よくぞ集まれるものだと感心するばかりです。<(_ _)>


で、議題ですが。今年度の専門コース別研修、晴れて県より受託ということで、その あり方、担当者みたいな話も盛り上がりましたが、何をさておき、やはり総会時のシンポジウムについて、メチャクチャ深く議論しました。

っていうか、ベースは総会・シンポジウムから離れることはありませんでしたが、その議論を通じて「そもそも相談支援とは何ぞや?」や「我らの専門性とは何ぞや?」ってな議論に発展。あらい個人としては鼻血ブーッ!状態での時間となりました。

いつも思うことですが。このASKの議論風景は DVD 化して販売したい!っていうか、絶対に売れる!それくらいの質は「ある!」って思っております!はい!(  ̄^ ̄)ゞ



ってことで。いつものように9時少し前に閉会。で、あらいの3万倍お疲れモードの こじまさんと帰路に。車中、あれこれと意見交換。この「ド」真面目男というか「愚直」男というか、とにかく、こうした漢に人は集うのですよね。スゴイ漢だと思います。m(__)m

ただ。この漢も「生身の人間」です。必ず限界がきます。この生身の人間に限界がくる前に、しがみついてる我らは、力を着け、この生身の人間の負担を減らさないといけないのだ。と強く思った、そんな帰路となりました。

ま。「いらん世話や。(-_-#)」と叱られるかも…。ですが…。でも、そう思ったのだから仕方あるまい。(´・ω・`)


arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月17日 (日)

「ご一緒に」に思う


今日はお休みを頂きまして、で、午後から 買い物に。夏らしくなってきたんで、衣替えも本格的にするついでにって感じです。

で、ここんとこ『ビジネスでも、カジュアルでも履ける靴が欲しいなぁ〜。( ☆∀☆)』って思っておりましたので、最近、近所に出来た大手靴流通センターに。で、一足購入。本当は、ビブラムソールのゴツイ感じのが良かったのですが見付からず…。結局はモンクストラップで、ちょっと崩した感じのを購入。(^-^)v


「ご一緒に」


で、ここからが本題。店員さん「靴のメンテナンス・グッズとか、ご一緒に如何ですか?」と。持ってる旨を伝えると、今度は「夏になります。除菌・消臭パウダーをお勧めしてますが。」と。内心『足。そんなに臭くはない…。(-_-#)』と思いつつも、一生懸命だったので、シブシブ「じゃ。お願いします。」と。



今はセットメニューがメインになっている感のあるマクドナルドとかロッテリアですが、以前は食べたいモノそれぞれを、一つ一つ注文しなくちゃいけなかったんですね。で、ハンバーガーだけ注文すると、必ず「ご一緒にポテトはいかがですかぁ〜?」と店員さんが笑顔で聞いてくれました。販促ですよね。思ったことは。これ、我ら福祉に従事する者に取って「ご一緒に」は、何になるのか?ってこと・・・。

「こんなことに生きづらさを感じているんです。何とかならないっすかねぇ?」って相談に対し、その生きづらさを解決した次には、きっと「良かったら。夢、叶えてみませんか?どんな夢を お持ちか聴かせて頂けませんか?」ってことになるのかなぁ。なんか違う気がするなぁ…。なんだろ…。(´・ω・`)



我らの仕事は、どうあれ、現在の法律では「障害福祉サービス」と言われているわけで。と、なると、このホンマもんのサービスと「一緒」にあたる言葉って、なんなんでしょうかねぇ? なんて思った休日の一コマでございました。<(_ _)>


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月16日 (土)

感謝の一枚


『しんどいなぁ…。(´・ω・`)』と、弱音を吐きそうになっていたら、こんな写真が飛んできました。まるで、ヘロヘロの あらいを「どこかで見てたの?」ってなタイミングで、ちょっと驚き!でした。w(゚o゚)w

先日の田原市イケてるお母ちゃん軍団「総会」後に、ダンスチームの みんなと一緒に、ダラダラしてる1枚でございます。<(_ _)>


感謝の一枚


こんな「なんでもない時間」を みんなに届けるために、我らは、走るんですよね!単純な あらいは。メッチャ元気になりました!これで明日も走れます!送って下さった人生の先輩に感謝!(  ̄^ ̄)ゞ


arai

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年5月15日 (金)

シンポジスト


本日午前中は法人事務所でバタバタ過ごし、っていうか山積みの法人業務と闘い…。で、午後から蒲郡市へ。ASKのお仕事で代表の鈴木さんと一緒に「ニシヘヒガシヘ」。開催まで3週間と迫ってまいりましたASK総会の準備であります!(  ̄^ ̄)ゞ

総会&研修会の詳細は以下で 「「凱旋」に備えて」
http://feel1999.cocolog-nifty.com/lallapallooza/2015/05/post-550e.html



先月のASK役員会(正確には、もう少し前)から総会の記念講演とシンポジウムについて、侃々諤々と議論しておりまして。記念講演に関しては愛知の至宝 鈴木智敦相談支援専門官に依頼し、快諾頂いているので問題はないのですが、その講演を受ける形で行うシンポジウムについてヒートアップしている感じで。

で、ゴールデンウィーク中も激しくメールでやり取りしておりましたが、何とか方向性を確認し、その議論に重み、深みを下さるシンポジストを選定した次第。ってことで。本日は、正式なご依頼と趣旨説明にお伺いしました。<(_ _)>



で。お二方に ご登壇を依頼させて頂いたのですが、お二方とも快く承諾頂くことができ、まずは安堵。といった感じで。このあとは、来週開催されるASK役員会で了承得られれば、一段落!といったところでしょうか!(^-^)v

ってことで。智敦専門官の凱旋を、ステキなものとするよう、もう少しASKメンバーで もみたいと思います。こうご期待!(  ̄^ ̄)ゞ


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「100%」の まち


本日(あ。もう昨日でした。)は午後一で一宮市入り。ASKで共に闘う野崎さんが耕すまちへお伺いし、毎月開催されている基幹相談支援センター主催の勉強会で お話させて頂きました。<(_ _)>


一宮市の人口は 38万人の特例市。サービス等利用計画作成数は3700件強。達成率はナント!「100%」。この特例市・中核市レベルでセルフプランに依存することなく書き上げた(書き切った)まちは、決して多くはないかと。少なくとも県内では存じ上げません。

で、その原動力となったのが、この勉強会。この学びを丁寧に行いそう、ただ質の向上を目指すだけでなく、協力者を増やすため ここへの参加を誘い、そして志を同じくする仲間を増やし、結果「100%」を達成した。そんな学びの場にお伺いしてまいりました。ので、あらいとしては「お話させて頂いた」というか、この一宮市の皆さんが この3年間を「如何に闘ったのか」を学ばせて頂きに行ってきた、という方が正しい表現であるかと。ありがたい時間であります。



で。野崎さんから頂いた お題は「相談支援専門員のミッション」。権利擁護を中心に、あらいの頭の中がどうなっているのか、頭、輪切りにして見せなさい!って感じのオーダーでして。なんとも野崎さんらしいオーダー…。はは…。(´・ω・`) ってことで!渾身の超大作資料を引っ提げて一宮市の地を踏んだ次第。(  ̄^ ̄)ゞ



で。会場は、一宮市基幹相談支援センターが入る会館の会議室。相談支援専門員の研修というにも関わらず、50名近い相談支援専門員が ご参加下さいました。っていうか、あらいは この数に衝撃!田原市「増殖計画」といったところで、ようやく 10名を超える程度。この数でもヘロヘロになっている状態なのに、野崎さんは この人数を束ねながら この数年間を闘ってきた!ってことに衝撃を受けました。もっというと、一宮市の相談支援は「6名」から始まったはず。「ここまで増やしたのか!」ってことに。

ASKで共に闘う あらいとしては何度も心強く、学ぶべき先駆者であり、そして共に高め会える良きライバルであることを実感しました。野崎さん、超カッコイイっす!( ☆∀☆)


「100%」の まち


ってことで。頂いた2時間を みっちり使い、田原市の実践をベースに、あらいの頭の中の洗いざらいを見て、聴いて頂きました。野崎さんから頂いた お題「相談支援専門員のミッション」に沿った内容であったか些か不安ではありますが、あらいの中の権利擁護を お話させて頂いた次第です。

っていうか。ちょっと気合いを入れ過ぎた感じで、話し終えたあと、若干 酸欠気味で朦朧としてました。ヘロヘロで「ゴール!」って感じでした。あぁ、情けなや…。ですが、ほんの少しでも一宮市の「明日」に役立つものであれば幸いです。<(_ _)>



ってことで!いつもの反省会という名の懇親会〜! と、本来ならばなるはずなのですが、野崎さんは そんなに甘くなく…。一宮市基幹相談支援センター皆さんとの意見交換の場が設けられておりまして。本来ならば反省会の開始時間が後ろに延びるなんて「あり得なーいっ!o(T□T)o」のですが、それはホレ!一宮市の皆さんから学びに来た あらいとしては『ラッキー!』な時間でもありまして〜!Ψ( ̄∇ ̄)Ψ

で、ようやく!懇親会〜!ここにも 20名を超える方々がおみえになり、なんとも恐縮な感じ。っていうか、今回お邪魔させて頂いた勉強会自体、通常は午前中に開催しているそうで。で、今月は あらいが来るってことで午後開催にして下さり、更に『酒席が無いと機嫌悪いかも…。』って ご配慮下さったとのこと!

さすが「100%」を勝ち取った相談支援員皆さん!アセスメントもプランニングもバッチリっす!( ☆∀☆)



平成24年度を迎える直前、我ら相談支援専門員、そして行政担当職員は震え上がりました。対象者拡大により作成しなければならない その数の多さに。準備が整う前に始まる この一大事業に。一宮市のような人口規模の大きな自治体は尚更に。中には最初から『諦めているのか…?』とも思える行動を取る、また、安易にセルフプランに走る、そんな自治体もあったかと。

繰り返しになりますが、一宮市は「うちだけじゃないから。他もそうだから。」と逃げることなく、工夫し、汗をかき、見事この騒乱を走りきりました。勝利しました。大袈裟ではなくサムライであると思っています。こんなステキな皆さんとの語らいは、あらいにとっては何よりのカンフル剤となりました。心から感謝の一日となりました。

野崎さん、そして その同志の皆さん、本当に ありがとうございました。お互い、頑張りましょう!(v^ー゜)


arai

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年5月13日 (水)

作成された「計画」の検証


ってことで。ラーメンすすった午後は、総合相談センター ミーティング。今年度から月に2回「野中SV」の手法を用いた事例検討・検証を行うことにしてまして。

第4は、いわゆる困難事例やら新規事例といった「今から」的な事案を。で、この第2は、サービス等利用計画開始直後に作成された計画を「検証」するってイメージ。全員で掘り下げ、全員でラフを作成し、で、作成済みの計画と照らし合わせ、その差異からバイジー、メンバー共に気付きを得る。そんなイメージです。



っていうか。計画相談開始直後の不慣れな中で、時間に追われ慌ただしい中で作成された計画の「質」は、しっかりと確保されていたのか?を検証するのって、メチャクチャ大事だと思ってまして。

この3年間、ただただ「作成数!」、ただただ「達成率!」ばかりを耳にし、正直『いやーーーっ!o(T□T)o』って思ってましたから、騒動が終わった今、誰も騒がなくなった今だからこそ!しっかりと その質を検証しなくちゃいけない!って思ってまして。だから国も「特別事業所加算」なんものを設け、しっかりと質の確保をさせたいんだと思ってまして。

違ってたらゴメンナサイ。生意気で ゴメンナサイ。<(_ _)>



ってことで、今日のバイジーは地域相談支援員ひらまつぴー。本当に「一番最初」に地域相談で関わった方の計画。これこそ詳細を控えなければいけないのですが、1時半から始まった検証は2時間半ちょうどで終了したのですが、午前の「意思決定支援」も意識しながら、みんな真剣に取り組んでくれましたし、とても良い検証になったことを実感しました。

っていうか、あらい自身ヘロヘロになったバイザー役でした。普段の事例検討より数段ヘロヘロ感がありました…。なんでだろうなぁ…? が、メチャクチャ勉強になりました!これを1年やり通したら、メンバーも、そして あらい自身も力付くやろなぁ〜!な~んて思った次第です。Ψ( ̄∇ ̄)Ψ


作成された「計画」の検証


でね。終了直後から短い時間にも関わらず、何度も繰り返し「ありがとうございました!(^○^)」と笑顔で叫ぶ ひらまつぴー。「礼を言われるすじあいではないわぁ〜!役目じゃ〜!(=`ェ´=)」と切り返すと、また「でも。ありがとうございました!(^○^)」と。っていうか。夜になっても、メールで「ありがとうございました〜!」って…。内心『壊れたか…?』と思うほど。w(゜o゜)w



でもね。そうなんですよね。実際、本気モードのスーパービジョンって、誰が一番学べるかっていったら、一番キツいけど このバイジーを務めた人なんですよね。本気モードでバイジーを務めたからこそ、この繰り返しの謝意になるんですね。

きっと。ひらまつぴーの中で何かが変わった。もしくは何かが生まれたのだと思います。きっと。進化(深化)したのだと思います。明日からの地域相談員に期待してやまない あらいめにございますぅ〜!<(_ _)>


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月12日 (火)

「意思決定支援」を共有


台風6号の接近で午後から本格的な雨が振り出し、夕方には豪雨となった田原市。ですが、その豪雨も長くは続くことなく、大きな混乱になることなく過ぎっていった感のある、そんな一日となりました。が、まだ東日本には大雨が降っているというニュースを聞きます。そちら方面の方は十分お気をつけ下さいませ。<(_ _)>



ってことで。そんな中、今日は第2火曜日ってことで朝から協議会 運営会議に参加でございます。今月から二人のメンバーが仲間入りされることになり、まずはご挨拶を頂戴したあと、本日の議題「意思決定支援を理解する」へ。

とはいっても、あらいごときが これまでに学んだ「意思決定支援」に関する諸々を一時間弱というコンパクトサイズに纏めた、何とも貧弱なお話をお伝えさせて頂き、そのあと、メンバー皆さんに もんで頂いたって感じでございます。

詳細は控えますが、田原市第2期 障害者計画には、この意思決定支援に関する項目があり、その中に「協議会で議論する」とありますから、この基礎から共通理解をし、今後の議論の糧にしていく、そんな感じです。



あらいからは、大事なこととして、第一義として「誰にも意思や意向、考えや気持ちがある」ってこと。これをベースに、意思を決定するための経験の確保、意思を決定するために必要な情報の提供と理解、意思を決定したあとの表現への配慮、そのそれぞれの過程において支援が必要。そのための必要なアセスメントと障害特性の理解の重要性。そして何より、意思決定支援の、アセスメント収集のヒントは「日常生活」にあり、これには しっかりとチームとして向き合うことが重要。ってな、 お話させて頂きました。

が、繰り返しになりますが、まだまだ学びの途中である あらいごときの貧弱な話です。が、これをベースに「みんなで」議論するのですから、この貧弱さ加減が丁度良いのかも…。とも思ったりしています。重鎮 鎌田会長からも「これから、事務局は大変かも知れませんが、何度か繰り返し学んでいきましょう!」ってなお言葉も頂戴しました。きっと、同じ思いを持たれたんだと。ありがたや!でございます。



ってことで。重鎮 鎌田さんの、いつものお開きの挨拶に「台風が近付いています。相談支援員さんは、担当されている方への対応、お願いします。」が加えられ お開きに。背筋を伸ばし拝聴致しました。(  ̄^ ̄)ゞ

ってことで。ラーメンすすった午後は、総合相談センター ミーティング。増殖したメンバーと一緒に、あらいにとっても大事な学びの時間。は、のちほど。しばしのご猶予を。<(_ _)>


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月10日 (日)

スーパー銭湯


年度が明けて 40日。総合相談センターとして、イライラごとを含め なんやらかんやらありましたが、一応、一区切り付いたかなぁ、って感じに。思うことは「山ほど」ありますが。終わりにします。

と、法人業務も、代表かみやから「OK!」を頂き、まずは一安心。と、来週・再来週とお受けしている研修資料も ほぼ完成。渾身の「大作!」となってます。いろんな意味で 一区切りって感じです。



ってことで。今日は一日「ダラダラと過ごす~!(≧∇≦)」ことにしまして。メチャクチャゆっくり起床し、近くのスーパー銭湯へ出掛け、ほぼ半日 湯船でプカプカ浮かび、サウナで汗を絞り出し、きっちり一時間 マッサージを受けた後、生ビールをイッパイ!流し込み、グダグダになって夕方帰宅。


スーパー銭湯


これでは終わらず。夕陽が沈むのを眺めながら、少し開けた窓から入り込む風を感じ、エアーサプライを聴きながら、何十年ぶりに昼寝。『この感じ、懐かしいなぁ~。』と。忘れていた大学の下宿先を思い出しました。

心身ともにリフレッシュすることが出来ました。明日からは、ご迷惑をお掛けした たくさんの皆さんに謝意を込め、必死で駆けずり回らねば!でございます。そうでないと『田原市をお願いします』という約束に叛くことになりますから。(  ̄^ ̄)ゞ


arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月 8日 (金)

萌 15歳


今日は、長女 萌の誕生日です。今年は「受験生」です。つい この前、初めてのセーラー服姿に涙したばかり、のような気がするのですが。時は、過ぎてしまえば早いものですね。

ダメ親父に似ることなく、相変わらず おっとりしてますが、多くの皆さんの支えもあり よい子に育ってます。感謝です。<(_ _)>


萌 15歳


arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月 6日 (水)

今夜は 3時半


今夜は。保護者さん向け?の資料に取り組んでいました。
が、もう…力尽きました…。今夜は これで寝ます。(-_-)zzz


今夜は 3時半


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 5日 (火)

上機嫌 と 不機嫌


本日は。こどもの日 恒例の、地元「豊川稲荷 春季大祭」に出掛けてきました。っていうか、長女 萌が毎度、奉納太鼓に参加するので、バカ親は普段していない家族サービスを「ここぞ!」とばかりに、せっせと出掛けて行くのでございます〜!<(_ _)>


上機嫌 と 不機嫌



で。お地元ってこともあり、これまた、ふぃ〜る工房の立ち上げ時から ずーっとお世話になっているご家族とバッタリ!(^○^) 本当にお久しぶりで、相変わらずの品のよさと、そのお元気なご様子に何だかご褒美を頂いた気分に!ちょこっとだけ近況を伺い「では。」と お品よく お別れ。ステキな一日を実感し、メチャクチャ上機嫌になった次第でございますぅ〜!(≧▽≦)



で、真逆に…。今朝から何だか萌が不機嫌で…。ダメ親父としては気が気でなく…。気の小さなダメ親父は恐る恐る「パパは何かしたのでしょうか…?」と聞いてみると、一言「髪型っ!(=`ェ´=)」と吐き捨てるように…。ここんところ。髪、下ろしてまして。どうやら、それが気に入ってらっしゃらないようで…。


上機嫌 と 不機嫌


萌は以前から一緒に出掛ける際には必ず「ちゃんとセット(バック)してよね!」っいうくらいでして。この話を回りにしても信用してもらえないのですが、マジで萌は『パパはオールバックがカッコイイ!』って言ってるんですよねぇ…。

う〜む。どうしたものか…。休み明けから戻すか…?



ま。どうあれ。亡き友人を偲びつつ、愛娘らとの時間に、心身ともにリフレッシュ出来た。そんなステキな一日になりました。ありがたや〜!ありがたや~でございますぅ~!<(_ _)>


上機嫌 と 不機嫌


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 4日 (月)

気がつけば 5時…


真面目に資料作りに没頭してたら、もう5時ではないかっ!外は すっかり明るくなっているではないかーっ!(゜ロ゜;ノ)ノ!

イカン!もう寝なきゃ!おやすみなさい…。(-_-)zzz


気がつけば

arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月 2日 (土)

親バカ返し


夕方。突然、メグからメールが。内容は一切 書かれておらず、写真が添付されていたのみ。お坊っちゃまの超!笑顔の写真。と、間髪入れずにメールが。「親バカ」とだけ書かれたメールが…。

でね。それがマジで可愛いんだわなぁ〜。メグの子やのに、目鼻立ちも しっかりしてて、いい男なんですよ〜。親バカになるのも分かるわぁ〜!ってな感じです。ので、あらいも、あらいの あぐらの中で眠る次女 希の寝顔を送ってやりました〜!いわゆる、親バカに「親バカ返し」なのです〜!(○゚ε゚○)

知り合って、もう随分と月日が経ちましたが、まさか子どもの写真を送り合い、親バカぶりを発揮し合う日がくるなんてねぇ。何だか、とっても感慨深いですなぁ〜。うんうん。(⌒‐⌒)



そんでもって、その後は。当然ですが、いつものように「相談支援談義」です。( ^ω^ ) 互いのまちをベースに、今年一年の踏ん張りが、そのまちの未来に強く影響する、そんな年であることを確認し、「また、じっくり語りましょう〜!」を確認しました。

お互い。親バカにはなりましたが、仕事に向き合う姿勢というか、思いは、知り合った時から「な〜んにも変わってない」ことを確認し、何だか嬉しい時間になりました。;:゙;`(゚∀゚)`;:゙


arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「凱旋」に備えて


ここんとこ。ASKメンバー間で、メチャクチャ難しいメールの やり取りが続いております。頭から煙があがっております…。(; ̄ー ̄A

内容は。来月早々に開催される平成27年度 総会についてであります。と言っても、総会でお諮りする資料は、既に事務局が奮闘下さり完成しているのです。問題なのは、その総会に先駈けて開かれる記念講演からの「シンポジウム」についてであります。

周知の通り。この記念講演は、昨年度から火中の栗を鷲掴みに国へと闘いの場を移した、元ASK監事の 鈴木智敦専門官が務めて下さることになっておりまして!ようは、「凱旋講演」なのでございます~!まぁ〜何とも贅沢な話じゃございませんか〜!(≧▽≦)



平成27年度 ASK 総会&研修会

【記念講演】
 本人と相談支援の未来実現図のために
 相談支援専門官 鈴木智敦 氏

【シンポジウム】
 モラトリアムを終えた計画相談、
    オンタイムであり続ける相談支援



この研修会は、ASK会員以外の方もご参加いただけます。内容を知りたい!申し込みたい!って方は 下記から どうぞ。<(_ _)>

ASK総会 申込み 「27_150517.pdf」をダウンロード



で、問題は。記念講演を受けてのシンポジウムでございますぅ。第一義は、ASK会員皆さんに納得して頂ける、満足して頂ける内容でなければいけないこと。そして、その場所に智さんをお迎えして行う分けですから、半端なことで済むはずはなく!メチャクチャ気合いを入れて挑まなければいけません!智さんを前に恥ずかしいことは出来ません!(  ̄^ ̄)ゞ

ってことで。夜遅くになっても、ASKメンバーはメールの やり取りを止めないのでございます〜!頑張ります!<(_ _)>


ふわりんクルージョン 2015 (後編)

(今年1月、東京 ふわりんくるーじょんにて)


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »