« 退勤電車 | トップページ | 働くを通じた「まちづくり」 »

2016年3月 2日 (水)

「兄弟のように歩んできた」


昨夜は。とえださんと一緒。お伺いした理由は、当然、来週 開催される「平成27年度 田原市自殺予防講演会」の打ち合わせのため、かみやさんと一緒。で ございます。(  ̄^ ̄)ゞ

田原市地域福祉課は、この「自殺予防」を「まちづくり」の視点で取り組んでいること。まちづくり であるのだから、それをミッションとする我ら相談支援専門員が担っていること。そして、この「自殺予防講演会」は常に「現場感」を大事に企画・実施してきたこと。等々 お話しさせて頂きました。とえださん、「ふむ。ふむ。」と聞いてくれた後、「ま。いつも コキ使ってるから、断れないんですけどねぇ~!(○゚ε゚○)」と笑われました。単純な あらいは。素直に、泣くほど嬉しかったです。



でね。とえださんとの待ち合わせの時間。到着した時、とえださんは来年度の むそう新規採用職員皆さんに対する研修中でして。で、驚いたのは その数 ナント 17名!しかも、その皆さんは宮城、東京、そして愛知という むそうが展開する全国のエリアから集められ、更には2週間という時間で「むそう」のミッションを理解する。ってことであろうかと。<(_ _)>

我ら貧乏・弱小NPO法人からすると『天文学的やぁ…。』と感服するばかり…。敬服するばかり…。(;゜∀゜)



でね。とえださん。研修を終えたら我らのもとにみえ「ちょっと来て~!( ☆∀☆)」と。案内されたのが この研修会場。会場内には さっきまで必死に学んでいたであろう、目をキラキラ輝かせた若者多数。と、とえださん。再度 皆さんの前に立ち、お話を始められました。この言葉に涙腺が崩壊。


「兄弟のように育った」


「あなた達が 今後たくさん お世話になる方ですので、紹介しておきます。この お二人は、ボクたちと兄弟の様に歩んできた法人 ふぃ~る工房の かみやさんと あらいさん。」と我らを ご紹介下さいました。その後も暫く 我らのことをお話ししてくれていました。



今から10年前にも、とえださんは我らを同じように表現、紹介して下さったことがあるんです。


Toyohashi_forum


我ら「ふぃ~る工房」が弱小団体にも関わらず、とえださんや雲上人の絶大なる支えの中で企画・実施した全国規模のフォーラムがあります。2日間におよび開催し、厚生労働省はじめ全国の先駆者にお集まり頂き開催したものです。この中には、お二人は勿論、当時の厚労省企画課長や、曽根専門官や東松山市 山口現部長、全育成 副島元会長のお名前も。

この時の打上で、とえださんは我らを「兄弟の様に歩んできた法人が やりきったってことが嬉しくて。」と。(;ω;)

もう10年も前の話です。むそう・ふわりは快進撃を続け、今では その背中が薄らと見える程度の我らに対し、今でも こう思っていてくれるのだ、と思うと、やはり涙腺が壊れてしまうのも当然かと。感激で胸が一杯になりました。ただただ感謝です。



その とえださんをお迎えしての今回の講演会。ご参加下さる どなたよりも、必死で聴きます。否、学びます。そして、必ず応えてみせます。ってことで、皆さん、よろしくお願いいたします。<(_ _)>


arai

|

« 退勤電車 | トップページ | 働くを通じた「まちづくり」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「兄弟のように歩んできた」:

« 退勤電車 | トップページ | 働くを通じた「まちづくり」 »