« 「兄弟のように歩んできた」 | トップページ | 空豆の花 »

2016年3月 5日 (土)

働くを通じた「まちづくり」


本日から「第3回 協議会マンスリー」に突入!一発目は「就労検討会」。ですが、今回は いつもと ちょっと趣向を変え基調講演から。この数年間の就労検討会での周知活動の総括と、今後の検討会を中心とした「障害のある方の「働く」を支援する」ための「共通理念」を持つために。

ってことで。この重要なミッションを託させて頂いたのが  高浜市の小松さん。あらいに「真の「働く」支援」の あり方を説いて下さる大事な方。ってことで。午後1時、小松さんは会場入り。簡単な挨拶、打ち合わせを経て講演会へ。テーマはズバリ!



「働きたい」を支援する ~「働く」を通じた まちづくり ~

たかはま障がい者支援センター
総合コーディネーター 小松邦明 さま


働くを通じた「まちづくり」


小松さん、いつもメチャクチャ紳士な方なのですが、登壇されると普段より数万倍ジェントルな雰囲気で あ話を始められました。小松さんを ご紹介する際、いつも同じことを書いているかと思いますが、本当に そうなんですもん!ステキなんですもん!あらいの持ってないモノなんですもん!(T^T)



で、お話。っていうか、小松さんの資料の表紙に書かれていた「障がいのある人が働く地域を支援する。支援者が活動する地域を支援する。」に感激!小松さん、全国レベルの就労支援チーム「ジョブコーチ・ネットワーク」の理事さんでも おありで、この一文に小松さんの福祉人としてのミッションを感じることが。やはり素晴らしい支援者でえると。<(_ _)>

で、お話の内容。詳細は控えますが、「働きたい」を支援するための4つポイントを、丁寧に、解りやすくお話下さいました。その一つ一つに ご自身の実践を交えながら…。こう書いてしまうと、なんともチープにとらえられてしまうかと。実際の小松さんの話は、紳士的であり、優しさが一杯 詰まってました。しかし、それ以上に「ジョブコーチ・スピリット」を強く感じられるものでした。


働くを通じた「まちづくり」


プロの仕事を見ました。プロとしてのプライドを見ました。小松さんが語る その実践に2度、涙腺が崩壊しそうにもなりました。あらためて、小松さんが「ホンモノ」であることを実感すると共に、このホンモノを田原市の皆さんに聴いて頂けた、体感して頂けたことがメチャクチャ嬉しかったです。感謝です。<(_ _)>



午後3時。小松さんからの「スピリット」の注入を終え、会場を大転換し田原市障害者自立支援協議会 障害者就労検討会へ。小松さんにはアドバイザーとして引き継ぎ ご参加頂き。こんな無茶ぶりにも応えて下さる小松さんのデカさに感謝!と、更に事務局側にはオブザーバーとして くるくる前島さんも参戦して下さるという豪華な検討会となりました。

で。今回のテーマは、小松さんからスピリットの注入を受けた上で、あらためて「農福連携」の あり方を検証し、来年度からの実施に向けて本部会で議論してきた「職場体験事業」を確認するってもの。



農福連携は、先の京丸園さん視察で 見つかった課題を確認し、今後の展開について意見交換。ありがたいかな、岡田部長から、また職業安定所 福崎さんからも「がんばれー!」エールを頂き、事務局一同 気合いを入れ直した次第。と、「職場体験事業」については、小松さんから「障害者だけでなく、生活困窮者」も対象としていることに お褒めの言葉を頂戴し、こにらは安堵した次第。

タイトな時間設定で鎌田会長には相当な ご負担を お掛けしましたが、それはそれは!完璧な取り回しで 時間内で キッチリと。来年度からの就労検討会の盛り上がりを確認しました。と、ますます「頑張らねば!」を確認しました。どこかが、とか。だれかが、ではなく、田原市は「みんなで」を考えます。それが協議会に求められる、相談支援専門員に求められるミッションですから。



ってことで。小松さんをお招きし、前島さんも おみえになるのに、これで「解散!」ってことになるはずはなく!田原市総出で学びの時間の延長!いつもいつも。この時間に鍛えられます。しかも、就労支援の「ホンモノ」を囲んでの学びですから、我らの学びもメチャクチャ質の高いものとなったのは至極当然。

まえしまさんがFBに思いを綴って下さってます。

https://www.facebook.com/%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E8%80%85%E5%B0%B1%E6%A5%AD%E7%94%9F%E6%B4%BB%E6%94%AF%E6%8F%B4%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%81%8F%E3%82%8B%E3%81%8F%E3%82%8B-662483313827476/

この学びの時間は、場所を変え深夜に至るまで続きました。最後まで お付き合い下さった小松さんをホテルまで お送りし、ガッチリと固い握手を交わし、あらいの長い学びの時間は終了。帰路は余韻に浸り、いつもよりも多目に嗜んだアルコールの力もあり、メチャクチャ心地よいものとなりました。(o^-^o)


小松さん。本当に、本当に ありがとうございました。これからも末長く、力無い我らに ご教授下さいますよう、よろしくお願いいたします。必死に学びます。必死に追いかけます。(  ̄^ ̄)ゞラジャ


arai

|

« 「兄弟のように歩んできた」 | トップページ | 空豆の花 »

コメント

あらい様

先日はお招きいただきまして本当にありがとうございました。

特に懇親の場では、田原市さんの足跡にふれることができ

自分にとっていろいろなものを再確認できた貴重な1日となりました。

次年度以降も変わらずお付き合いいただければと思います。

それでは

投稿: ナカポツまえしま | 2016年3月 7日 (月) 10時57分

ナカボツまえしま さま

お疲れさまです~!と、先日はお疲れさまでした~!遅くまで引っ張っちゃって、本当に申し訳ございません!なにせ『楽しい~!o(*^▽^*)o』って思っちゃうと、いろんなことがブッ飛んじゃうんで~!

ってことで。今の田原市が如何ほどのモノか?は我々には分からないのですが、それでも、一生懸命にやってきた結果が「今」であることに誇りはあります。逃げず、避けず、必死でぶつかってきました。

ので。まえしまさんの「今」にダブってというか。だからぜひ!見届けてほしいと思いましたし、我がまちの行政マンの「サムライ」ぶりに触れて頂きたいと思い、お声かけさせて頂いた次第。<(_ _)>

ってことで。田原市の目指す「共生のまち」は、まだまだ遠~くです。ので、これからも引き続きお力添えを賜りますよう、よろしくでございます~!<(_ _)>

投稿: あらい | 2016年3月 7日 (月) 17時58分

新井様 大変お世話になりました。
1週間前の新井さんのお話を受けて、
伴さんの想いをメールで感じて、
小久保さんとのメールでのやり取りを通じて
今日この日を迎えることができました。
少しでもみなさまのお役に立つことができたならうれしく思います.

そして、懇親会でみなさまとお話しできたこと…。
これが今回のすべてだったと思います。
もっともっとみなさまとお話できればよかったと思いますが、
次回の宿題をいただいたと考えたいと思います。
もったいない言葉をいただきありがとうございます。
さらにさらに精進したいと思います。
ありがとうございます。これまでを承認しつつ、これからです。
ぜひ、ご一緒に…。

投稿: koma2 | 2016年3月 8日 (火) 22時26分

koma2さま

こちらこそ。本当に ありがとうございました。これほどまでに、我ら田原市の「思い」を理解して講義に向かって下さったことに、ただただ感謝です。<(_ _)>

あらいとしては、本当にたくさんの学びがありましたが、なによりkoma2さんの語られた お一人お一人の支援?工夫?思い?にみえた「スピリット」、そして「プライド」には敬服しました。『支援者というならば、こうあるべきであろう!』という強い意志が、決して押しつけではなく、促されていることを感じました。やはり、プロフェッショナルとしての仕事をみせて頂いたと。

こちらこそ。これからも力無い田原市を、そして あらいをご指導下さいますよう、よろしくお願いいたします。そして、その都度、互いのミッションを肴に語り合いましょう。重ねて よろしくお願いいたします。<(_ _)>

投稿: あらい | 2016年3月 9日 (水) 12時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 働くを通じた「まちづくり」:

« 「兄弟のように歩んできた」 | トップページ | 空豆の花 »