« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月30日 (木)

久々の手羽先



本日は。朝一で名古屋市へ。県自治センターで開催される現任研修へ。ヒートアップした初日の全体講義を受け、今回からA・B日程に分かれ、事例検討を中心にして相談支援とは、現任者に求められるスキルとは、について理解を深めていくこことなります。

ってことで。午前中、各グループに分かれ…って言っても 1グループに7名が 15グループありまして…。当然 ファシリも 15名…。決して狭くはない会場がギッシリ満杯。720万の大都市 愛知だからでしょうが、さすがに この人数でのグループワークは見応えありますわぁ~。やり応えありますわぁ~!ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ



で、午後。スーパービジョンの理解のための事例検討。A日程受講者 100名の向こうに一人 立ち向かうのは半田市社協 前山さん。あらいにとっての数少ない理解者のお一人。企画段階で「 100名を超える受講者を相手にしてのスーパービジョンは、そもそもイケるのか…?(;・∀・)」ってな議論もあったそうですが、前山さんの「やれる。」に頼った感じとのこと。っていうか、正確には『やるしかないやろ!』っていう前山さんの男気に県研修は「賭けた」ってことであろうかと。


2日目終了


事実。時間配分や発言相機会等、相当苦慮されたようでしたか、それはそれ!きっちりと野中SVの醍醐味を味わって頂ける、そして明日からの実践に活かすことが出来る、そんな講義と演習時間となりました。



っていうか。あらいごときが こんなこと言うこと自体「おこがましい…。m(_ _)m」訳でして。前山さん、故 野中猛先生の愛弟子の一人であられ、今もなお、その意志を継承、そして伝承すべく活動する「野中塾」の中心的メンバーで いらっしゃいまして。そのスキルの高さ足るや、あらいごときが どうのこうの と言えることなどなくありがや~の時間となりました。

ただ。いつまでも前山さんに甘えてばかりはいられない。と思う、志し高い若手も育っていることは事実。また前山さんからも ご助言頂けているのも これまた事実として、来年度の話をするには まだまだ早いのではありますが、きっと何らかの形で前山さんの思いに応えてくれることかと!


Img_20160702_195843



ってことで。5時半を少し回ったところで2日目 終了。ってことで帰路に着こうとした瞬間、『あほ。どこ行くねん。(`ヘ´)』とばかりに立ちはだかる豊田市 土橋さんと碧南市 古川さんの お二人。超多忙なお二人、なかなかタイミングが合わず反省会を ご一緒することが出来ていなかったのですが、今日は運良く?お二人とも空いたそうで。ってことで「あほ。どこ行くねん!(`ヘ´)」ってことに。

で。お二人の気迫に押された小心者あらいは、身支度を済ませ帰路に着こうとする蒲郡市 中川さんの首根っこを掴み、あげく こじまさんに シガミツキ…久しぶりの手羽先屋へ~!やっぱ県研修の締めは ここですよねぇ~!( ☆∀☆)


2日目終了


で。ありがたいかな。この場で こじま・あらい組を囲んでくれている、ひょっとしたら全体進行の大役を担う ヘロヘロ感イッパイの こじさんへの気遣いをしてくれているのは三河地区研修を担う若手の皆さん。フランクな雰囲気ながらも、我らの やり取りを前のめりで真剣に聴いてくれる姿に、県研修というベーシックな研修を担うという場で、しっかりと『育ててもらったね。』と率直に思った次第。

たまたまではありますが、SVの事例提供者を担ったのは、同じ圏域 豊橋市で活動する豊橋市基幹相談センターの鈴木陽一郎さん。同じ圏域で活躍する若者。彼も含め、何だか、リアルに世代交代を意識しました。が!まだまだ あらいも学びを続ける所存。あなた方に そう簡単には譲りません。あらいを踏み倒して行きなさい! by マリ子さま  の言葉を思い出していました。


久しぶりの手羽先屋にも関わらず、一口で手羽先の骨から身を外すテクニックに『衰えなし。( ̄ー+ ̄)』を確認し、また この戦場に帰ってきたことを実感し、そして このロートルを違和感なく迎えてくれる若者たちに感謝、感謝の時間となりました。みんな、ありがとね。


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月28日 (火)

ヒートアップ (後編)


ってことで、後編にございます。<(_ _)>


この錚錚たる講師陣に明らかに語りの質、実践・実績、もっというと品格が伴わない あらい…。『堪えられない…。(  TДT)』と思った あらいに妙案が!「そうだ!野崎さんに援軍 願おう!一宮市オールスターズに お出まし願おう!」ってことで、すぐさま土下座 m(_ _)m  しに向かったのが先月のこと。ありがたいかな、野崎さんはじめ皆さんから快諾を頂いた この瞬間に『終わった~!成功 間違いなし~!』を確認しました。 (≧∇≦)



事実。この あらいのコマ。登壇前に急遽 智さんから託されたミッションもあり、瀕死の状況で壇上に立つ あらい…。研修で話をしながら『どう繋げていこう…?』って感じで。正に♪稽古不足を、客は待たない~♪ってな感じでした…。が、それを察知して、ものスゲェ!高いスキルで支えてくれた野崎さん、そして想像以上の実践報告を下さった梅本さん、吉川さんという一宮市オールスターズのお二人。感謝ですぅ~。(T0T)

特定事業から委託事業所へ、そして基幹相談センターを通し協議会へと、計画相談から抽出された「まちの課題」を、見事なまでに繋いでいく仕組みと、それを担う相談支援専門員皆さんのスキルと、そして志の高さに あらいは いつも圧倒されます。その仕組みを何とも解りやすく解説する野崎さんのスキルには下を巻きます。

うっとりするわ、うるうるするわ。感情がグチャグチャで壊れそうでした。やっぱ!一宮市はマジでスゲェーッ!w(゚o゚)w



ヒートアップ (後編)


一宮市オールスターズの援軍の おかげで、こじまさんとして「今回の肝」と企画したワークも大盛り上がり!あらいとしては、ただただ安堵。でね。先のASK総会でのアンケートで、今後 望む研修として多くの会員皆さまが記載されていたのがモニタリングと「協議会・基幹相談センター」です。この昨日の研修を更にグレードアップして自主研修としてでも皆さんに届けられないか!?と考えています。皆さん!こうご期待っす!(  ̄^ ̄)ゞ



ってことで。すったもんだ はあったものの、何とか初日は終了。この段階でヘロヘロの あらい。最終講義を受け持っていたからって訳ではなく。一日を通し質の高い語りを、しかもヒートアップした空気の中で聴き続けたことから、あらいの少ない脳みそもヒートアップしていた、否、バーンアウト寸前だったからかと。そりゃそうっすよね!普通じゃあり得ない布陣の講師陣ですもんね。

この布陣の中に居られたことを誇りに思い、それを胸に刻み、残り2日を精一杯 務めたいと思います!




ってことで。熊谷さんに「疲れとるねぇ。」と気遣い頂きながらではありましたが、ASK総動員で「漢」玉木さんを囲んで いつもの反省会にございます~!名古屋駅前のリニューアルされた「大名古屋ビルヂング」のオシャレなビアホールへ。若手 蒲郡市 中川さん、豊橋市 鈴木さんも ひっ捕まえて~!

いや~!有意義な時間やったですわぁ~!っていうか玉木さんとの飲み、語りの時間はメチャクチャ楽しかったですわぁ~!ここで、しっかり玉木さんに「半年を空けることなく、この飲み語りの時間、続けていきましょうねぇ~!(///∇///)」を確認した貪欲な あらいでございました。(^-^)v

大盛り上がりで。「あ。」という間に玉木さんの終電の時間に。こじまさんと二人、新幹線口までお送りしたあとも現場に戻り、もう一度 飲み直し。で、更に盛り上がり、我らも「そろそろ。」ってことになりビルを出たところで解散。で、熊谷さんとはJR口でお別れ、で、いつものように名鉄組の こじまさんと駅へと向かう中、どちらともなく「ちょっと。付き合いなさい。」と。



今年度早々に「手を貸しなさい。」と こじまさんから勅命を下された この現任研修の「協議会」のコマ。必死に考えました。こじまさんに何度となく確認をし、野崎さんに無理を言い、力を借りて『何とか応えることが出来たかなぁ。』ってな思いもあり、こじまさんと二人、この日 最後の乾杯を名鉄改札に一番近いお店で。相当量をクリアした後にも関わらず、この最後の乾杯もメチャクチャ美味しく頂くことが出来ました。が、冷たく冷えたハイボールでも、ヒートアップした心身を冷やすことは出来ませんでした。ステキな一日にに感謝です。<(_ _)>



ヒートアップ (後編)



でね。あまりに聴き惚れるばかりの講義ばかりだったことを象徴する出来事があるんですよぉ。それはですねぇ。普段、皆さんにリアリティもって お伝えしたいという思いから、基本的にはブログ用に写メ 撮るのですが、開始早々に数枚 撮ったきり、あとは全く撮らなかったんです~!この時日こそが、昨日の研修の質なんではないかと~。どうだ~い!幸せ者だろぅ~!`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!


 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒートアップ (前編)


平成28年度 愛知県相談支援従事者研修 現任研修が始まりました。毎年、県のベーシックな研修は この現任研修(3日間)で始まり、年末の初任者 地区別研修(愛知県は6日間)までの期間 続いていきます。今年度も、ありがたいかな、都度、役割が与えられるような話もあり、気合いを入れる今日この頃。

っていうか。これとは別に同じく従事者研修 専門コース別研修(ASK委託事業)も只今 開催に向け煮詰めている状態で。なんと言いましょうか…。『また この時期がきた…。』と思うの偽らざる思いでもあります。はは…。f(^ー^;



で。今年度の現任研修の受講者は 210名。ウィルあいちの「だだっ広い」会場は満杯!平成24年度の計画相談の対象者拡大に伴い初任者研修を受講された方々が、いよいよ!この現任研修を受講するタイミングになったってこと。ということは、ここ数年は これくらいの受講者がみえるのでは!?と思っていますが、さすがに目の当たりにすると『退くわぁ…。(´Д`)』って感じ…。

もっというと。この数の受講者ということは、それ相応のファシリが必要で。見て下さい!この人数。国研修OBが先日に引き続き再集結。で!この中には、今年度のスペシャル・サンクスとして ご講義を頂くことになっている西宮市の「漢」玉木幸則さんの姿が写真手前に!更には一番奥には、同じく前 専門官の名古屋リハセンの鈴木智敦さんの姿も!ある意味、こっちの方が『退くわぁ~!』って感じですよねぇ~!( ´艸`)プププ


ヒートアップ (前編)


でも。この玉木さんの笑顔に「癒されるわぁ~。(*^.^*)」


で、現任研修。スペシャル サンクスとして参戦の玉木さんが「基本姿勢」を、「国の施策動向」を名古屋市リハセンの元 専門官である鈴木智敦さんが。更には「ケアマネ プロセス」を半田市 メグが、障害児支援をベースにした「地域生活支援事業」を。で、あらいにも お役を頂いておりまして。最終講義「協議会」。力不足は重々承知しながら…。((・(ェ)・;))



ってことで。統括 こじまさんのガイダンスでスタート!先陣を切ったのは、否、飾ったのは智さん。あらいは この智さんの1時間の講義に身震いし今年度の幕開けを迎えました。智さんとの お付き合いさせて頂くようになり(って言っても、一方的に そう思っているだけですがぁ。f(^ー^;  )随分と経つのですが、これほどまで感情を込めて語られている姿を知りません。


ヒートアップ (前編)


勿論!激熱な方であることは重々承知しておりましたが、常にクレバーを絵にかいた方が、本気モードで「伝える!」に徹する姿に感激でした。210名の向こうに凛として立つ智さんの姿は神々しく映りました。隣に座る熊谷さんと二人、顔を見合わ、感激した次第!本気で『かっこいい~!( ☆∀☆)』って思いました。でも、これは失礼極まりない話ですよね。なにせ智さんは、熔解した鋼鉄の中の栗を拾いに飛び込まれた方ですもんね!かっこいい!のは当たり前っすよね!( ☆∀☆)



ってことで。メグを挟んで「漢」玉木幸則の登壇。っていうか。この玉木さんの話に背筋が伸びる。これ、昨日に限った話ではなく常々です。1時間という決して長くはない時間内で、あれだけ強烈なインパクトを残せるってなんでしょ?あらいの それとは比べものにならない迫力。正にケタが違うというか、モノが違うというか。聴いていて情けなるほど…。彼の言霊の一言一言に「漢」を感じる あらいです。

智さんに、そして玉木さんに笑われないよう、『まだまだ精進していかなければ。』と強く思った次第。ですが、これ この お二人だけに感じただけでなく。智さんの熱伝導を受けたメグの珍しくヒートアップした語りに、また その会場全体に漂い続けるヒートアップした空気を感じ、意識的に冷静を取り戻すために空気感をコントロールする熊谷さんに、一番「苦手であろう」熊谷さんが それに挑む姿に、あらいは強烈に感激した次第であります。(ToT)



ってことで。後編に続くでございますぅ。<(_ _)>


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月25日 (土)

NEXT

NEXT 未来のために
http://www4.nhk.or.jp/next-mirai/x/2016-06-25/21/30022/2075055/


NEXT


番組の後半、次女 希から
「パパ。なんで ないてるのぉ?」
と聴かれました。



さきほど。とえださんとメールの やり取り。
やはり、「強さは 優しさ」を実感しました。


背中を見失わないよう、追い続けます。


arai

| | コメント (7) | トラックバック (0)

強さとは 優しさ


昨日は夕方から、名古屋市 ウィルあいちへ。ASK研修委員会へ。いつもは名鉄で寝ながらむかうのですが、昨夜は諸々事情があり愛車で向かったのですが、あろうことか高速道路のあちこちで事故渋滞。随分と時間に余裕を持ち田原市を出発したのですが…。「早めに着いて茶でもしよ!」と思って出発したのですが…。開会ギリに到着。よ、よかった…。

っていうか。とにかく。どこに行くにも田原市からは時間が掛かります…。っていうか。週明けすると現任研修が始まり、来週中は2回、名古屋に9時集合。頑張りますぅ…。ううっ…。(  TДT)



ってことで。昨夜の議題は専門コース別研修 各コースの方向性等について、といったところでしょうか。今年度のスタートを「9月中には」という確認は、前回までに薄らと確認しておりましたが、その開催順やコース毎の「テーマ」、その手法についても意見交換。つい一昨日、ようやく現任研修、圏域研修の資料を送ったばかりなのですが…。はは…。(´Д`)

ですが。この意見交換というか、議論がメチャクチャ盛り上がりまして!我ら相談支援専門員に限らず福祉に携わる全ての人間に通ずるミッションである「根幹」であったかと。もっというか我ら相談支援専門員のミッションは「そもそも何だったのか!?」ってな深いところも、この猛者が集う会議の場で、その経験の中から感じた憂いや悲しみも合わせ、語り合いました。

この、メンバーから発せられる一言一言が、なんとも深く、そして重い。人として浅い、福祉人として甘い あらいにとっては この時間が息苦しく、重く肩にのし掛かっていると感じるほど。ですが、その浅い、甘いが必死に絞り出す思いにも真剣にこたえて、応えてくれるメンバーに救われる、感謝する時間。



議論を深めれば深めるほど、当たり前ではありますが「研修を創る」という作業は困難を極めていきます。結果的に その困難な作業を遂行するのは我ら自身であるということをメンバー一同 解っています。この議論が自らで自らの首を絞めていくことになることは十分に解っています。が、誰一人、語りを止めません。妥協することなく語り続けます。

人「財」育成を担う、研修を創るという大きなミッションを背負う組織。その責任は決して小さくはありません。否、逆に大きな責任が課せられています。だからこそ、その責任を果たすためにも、自らの首を絞めていくことと知りつつ語りを止めないメンバー。「無責任であってはならない」と。やはり。ASKはスゲェ。(  ̄^ ̄)ゞ



この時、あらいは。夕方、田原市の出際を思い出していました。2週間後に迫った「東三河南北圏域 地域移行・定着支援研修」の準備をする総合相談センター メンバーのことです。

今回の現任。アドバイザーから勅命を受け、若輩あらいが全体プロデュースを仰せつかっています。国研修の整合性をトクヤマさんに、県研修との連動性を蒲郡市 中川さんに、PSWのミッションとの適合性を可知 佐藤さんに謀りながら全体構成を図っております。そして、導きだした研修のコアであるワークを ひらまつぴーと練り込んでいます。当日、ワークの進行を ひらまつぴーが担います。

不安で一杯の ひらまつぴーは、あらいの資料を、進行表を何度も読み込み、事前準備として総合相談センター メンバーに付き合ってもらい、プレワークを行っています。『解りづらい部分、伝えづらい部分はどこか?ワークの繋がりはどうか?そもそも、伝わっているか?』を今にも泣き出しそうな顔で体感しています。もともと負けず嫌いの彼女。気短な彼女が、何度も何度も。彼女の責任感でしょう。頭が下がります。<(_ _)>


強さとは 優しさ


ひらまつぴー。何事も、すぐに、簡単に出来る、手に入ることはありませんよね。焦らず、諦めず、一つ一つ丁寧に修得していきましょう。まだ2週間もありますから。必ず伝わりますから。そして、研修は一人で創るのではないですから。みんなが付いていますから。あらいはASKで そう学びました。じっくりと仕上げていきましょう。(^-^)v



ってことで。ASK専門コース別研修の前半3コースのテーマは「声なき声を聴く」。そして その根幹は「聴くことが最大の権利擁護」であり「地域「生活」のススメ」であったかと。この前半戦の学びを、後半戦に如何に繋げていくか!?は今後の議論となりますが、どちらにしても、自らの首を絞めることとなりました。ですが、あらいは。何だか とてもハッピーな気分でした。(・∀・)イイ!

が、これ、『あらいだけではなかったのでは?』と思いました。メンバー全員の表情が、とても柔和で、優しさに満ちているようでした。ほんの少し前から、怖さというか、凄みすら感じる やり取りから決して想像することの出来ない表情。このメンバーと一緒にいると「強さとは「優しさ」である」と、本気で思う あらいです。


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月24日 (金)

今、何を話す時間?


昨日の話で恐縮ですが…。(  TДT)


朝一から豊橋市にある愛知県東三河庁舎へ。名東区からは地下鉄で30分掛けて名古屋駅、乗り換えて1時間弱の豊橋駅、で、最後は路面電車で10分弱の場所にある「愛知県」の冠が付く庁舎へ~!うひゃひゃ!ヘ(≧▽≦ヘ)

何しに?は、豊川保健所主催の「平成28年度 精神保健福祉関係機関連絡会議」に参加です。圏域内の医療機関、基幹相談センター、市担当課に加え、保護観察所や県担当部局も参加しての、何とも仰々しい会議…。さすがに最近『場違い…。』と思うことは少なくなってきましたが、ずらーっと並ばれている顔ぶれを見ると『Tシャツ姿の わたくしは、本当に居ていいのかなぁ…?』と…。f(^ー^;

でも。ありがたいのは、あらいの一つ隣には江川アドバイザー、正面には豊川市 松井さん、その横に目をやると蒲郡市 鈴木さんという基幹相談センターの面々。この環境が あらいの安定剤となるのですぅ~!何とも ありがたい圏域なので ございますぅ~!


今、何を話す時間?


ってことで。議題ですが、豊川保健所の取り組みについて、各機関、関係者からの体制や取り組みについての報告が さらっとあったあと、多くの時間を費やし圏域での地域移行・定着支援についてを意見交換しました。詳細は控えますが、あらいとしては結構 活発に動いている圏域でえると感じておりますので、連絡会議とはいえ、「連絡等に終始…」ってことには、このメンバーではならず!

愛知県として、はたまた豊川保健所として、如何に!?ってな やり取りや、病院ワーカーさんとの連携のあり方、高齢分野との共有・協働のあり方に至るまで、しっかりと意見交換した次第。特に、圏域での「地域移行・定着支援研修」を間近に控えているタイミングでもあり、病院さんに この研修が意図するところなんかを、思いを直接お伝えすることが出来、良い時間となりました。



で。昼に会議を終え、大急ぎで田原市総合相談センターへ。1時から立て続けに直前に迫ってきた協議会マンスリーの準備のため、就労検討会、支援検討会の打ち合わせをぶっ通しで!昼食 抜きで~!(^-^)v

繰り返し お伝えしておりますが、今年度からは「全員体制」で協議会の役割を持ち運営し、統括を あらいが行うことと しております。田原市での「継ぐ者」は一旦 停止し、ミッションを胸に刻み、「ドナドナ」を口ずさみながら愛知県庁へ向かう山本さんのために、全員で必死に向かうことにしております。この時間から「「個」の課題を「まち」の課題へ」と変換する術を学びます。

山本さんの留守を護る飛安さん、それを影に日向に支える熱血 柴田さんら地域福祉課皆さんも当然 一緒に。しっかりと事務局の職責を果たしたいと思います。勿論!あらいも必死にその職責と向き合います!( ̄ー ̄ゞ



それにしても…。午前中は精神科病院に入院中の方の地域「生活」移行について意見交換し、午後からは、就労支援の「未来」について、そして教育の現場での「合理的配慮」について矢継ぎ早に意見交換し。夕方には多問題家族の支援のあり方について、夜に入ると…。と、頭を切り換えるのが大変な一日となりました。

途中、何度も『…えーと。今、何の話をする時間だったっけ…?』と自分の顔を張りながら、消え行く意識を取り戻しながら、昨日も一日、自分の職責を全うした次第に ございます。<(_ _)>


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう寝よ。


ナント!気がつけば。もうすぐ1時半だ。
今日は。疲れました。ので、もう寝ます。


もう寝よ。


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月22日 (水)

OB 集結


昨日は。朝一からバタバタし、スッタモンダし…。(-_-#)   午後のメチャクチャ大事なミーティングを ひらまつぴーらにお任せし、昼前から大慌てて名古屋市へ。自治センターで開催される現任研修の打ち合わせに参加です。っていうか…。2時からの会議なのに昼前には田原を出ないと間に合わないんですよ…。はは…。(T-T)


ってことで。現任研修打ち合わせ。県担当者からカリキュラムや受講者に出されている課題、シート等の説明。それを受け県研修を統括する こじまさんからカリキュラム毎の詳細と獲得目標、留意事項等についての説明。スクリーンに映し出された自分の名前と、他のカリキュラムを担当される豪華な講師のギャップに冷や汗はかくものの、『やらねば!』の思いを強くした瞬間でした。( ̄ー ̄ゞ


OB 集結


で、後半は、実際の研修カリキュラムの一つを切り出し、実際に研修ファシリ一同が3つのグループに分かれてのプレ演習を開催。今年度の国研修受講組に演習の雰囲気を、ほんの少しですが体感してもらおう、ってこと。国研修を受講するほどの猛者たちではありますが、ぶっつけ本番は「さすがにキツイよね。」ってことでございます。そりゃ、そうだ。

今年度の現任研修受講者は 210名。A・Bと2つの日程で開催しても各日程 105名で 15グループ。野崎さんら 両日程に参戦する猛者も数名みえますが、それでも 総勢で 25名に近い「国研修OB」が集まる 今回の現任。そして昨日の この演習。統括する こじまさんも含め、メチャクチャ見応り、豪華やったわ~!( 〃▽〃)


OB 集結



ってことで。濃~い打ち合わせを終え、こじまさんとトクヤマさん、同じく半田市の小島さん、新城市の小林さんと延長戦!この気心知れたメンバーでの語らいは、ただただ楽しく、そして深く、ステキな学びの時間となりました。この環境がある自分は幸福者やなぁ~。神様に感謝うあなぁ~。(o^-^o)

で。長~い時間、盛り上がり続けたのですが、中でも一番の盛り上がりを見せたのは、この日本酒のオーダーの時。日本酒を嗜まれる方は、この写真を見て「なんじゃ~こりゃ~!!(゜ロ゜ノ)ノ」ってなりますよね!


OB 集結


コップ酒の醍醐味は、表面張力を越えるまでに注いでくれるパフォーマンスと、それを受けるためのマスに溜まるサービスのお酒。これをコップに足して余分に「飲めた~!ありがたや~!( 〃▽〃)」ってもの。ですが、この写真をよく見て頂くと お分かりになるかと思いますが、受けるマスにも表面張力状態の日本酒が!これ、たまたまの一杯ではなく、立て続けに注文した 10杯すべてが これなんです~!ありえねぇ~!ヘ(≧▽≦ヘ)♪

我らの前で注いでくれるのですが、みんなで やんややんや!の大盛り上がり!「おねぇさん!攻めるねぇ~!」って。こうした ちょっとした出来事でも、大盛り上がり出来るくらい、みんなつかれてるんだろうなぁ。ここに来るまでの それぞれの闘いはハードなんだろうなぁ。と、何となく思える、そんな一コマでした。



ってことで。いよいよ!来週からの現任研修で今年度の相談支援研修が幕を開けます。夕方には待ち人から「鯱城、復活!」の連絡が入り、こじまさんと喜びを共有しました。あらいにも このあと、どんな お役が回ってきますか まだ分かりませんが、同志たちと共に闘える時間を しっかりと全うしたいと思います。そして、今年度も こじまさんの期待に必死で応えたいと思います。<(_ _)>


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月21日 (火)

二人の「漢」


午前中、西宮市の、否、国の「漢」玉木さんとメールの やり取り。主に、現任研修の講義内容について。愛知県の研修全体の流れを確認し、ご自身の役割を全うしようという内容。短いものではありましたが、腑抜けた あらいには十分過ぎる「喝」を頂いた思い。感謝でございます。<(_ _)>

で、午後に入り。途切れ途切れになりましたが、この現任研修を含め愛知県の研修のド真ん中で奮闘し、今や国レベルでの研修に参加する こじまさんともメールのやり取り。結局、最終は夜になりました。 あらいに出来ることは あまり無いのだが…共に走り続けることくらいは出来る。


二人の「漢」


お二人は、あらいに足りないモノを持っている。しかも、相当スゲェ!レベルで持っている。「尊敬」という言葉が、しっくりくる。そして「漢」であることを痛感する。『ボクも頑張らねば』と痛感する。



いよいよ。一週間後には今年度の現任研修が始まる。以前にも お伝えしましたが、あらいにも お役を頂戴しております。この お二人に恥ずかしくない仕事をせねば!と、そして同志に遅れをとらないよう全力で 事に当たろうと強く思った次第。

ボチボチ。気合いを入れ始めることとしよう。


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月19日 (日)

姉 から 妹 へ


6年前。長女 萌が、熊谷さんからもらったビーズ。
今夜、次女 希が ようやく譲り受けてピース!(^-^)v


姉から妹へ


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月17日 (金)

「約束」の確認


本日は夕方から半田市へ。トクヤマさんと意見交換でございます。「何の?」かと申しますと、いよいよ2週間後に迫った東三河南北圏域 合同での「地域移行・定着支援研修」の内容について、国研修での意図を 汲んでいるものになっているか?否か?ってことの確認と、今後の「あり方」について。でございます。(  ̄^ ̄)ゞ


一昨年度から、精神障害のある方の地域移行・定着研修が国レベルで開催されておりまして。その研修の主催側にトクヤマさんはおみえでして。ってことで、その国研修の流れを受ける形でASKとしても初期段階では連動性を図りつつ連携して同タイトルの研修を開催しておりまして。で、国研修、そして愛知県での方向性を見定めながら、昨年度から国研修参加組の官民がチームを組み、協働する形で開催に至っております。素晴らしい!

で、国研修からの流れを如何に愛知県に、そして 各々の地域に伝達・伝承していくのか?が課題になっている中、当初、トクヤマさんと蒲郡市 中川さんと愛知県での研修を創る上で連携させて頂いた あらいから、『こう仕組み、仕掛けは如何か?』と国研修にも参画されるトクヤマさんに謀りに伺った。ってことでございます。っていうか。数年前に交わした約束を、あらいなり果たすための この研修は、その質に至っているか?の確認に。<(_ _)>



ま。研修前ですので詳細は控えますが。トクヤマさんとは「いつもここ」の串カツ屋さんのカウンターでパソコンを広げ、生ビール片手に一日研修の流れと関連する資料、そのカリキュラムごとの獲得目標と最終の演習で使用するシート等々の説明を注文そっちのけで諮っていきました!(・∀・)イイ!


1466309203417_2


トクヤマさんから「よくぞ!ここまで。」との評価を頂きました。


真っ先に出発前に「気を付けて~!」と送り出してくれた、ひらまつぴーの顔、そして この研修に深い理解を示してくれた南北圏域の地域アドバイザー江川さん、長坂さん、そしての顔が浮かびました。「これで、皆さんに顔向けが出来る。」の思いと共に。

東三河南部圏域 地域アドバイザーの江川さんは、真に圏域内の相談支援専門員のスキルアップを考えておりまして。そのスキルアップのためには「県研修のと連動」を重要視してみえまして。ようは、時間的な制約の中で深めきれないところを、圏域レベルで研修を開催し、補う、もしくは深める。そんなんを目指してみえます。

更には。隣の圏域というより地域性からして「「連動・連結」することは必然」である北部圏域 地域アドバイザーの長坂さんも共感・共鳴して下さり。で。あらいめに「そんなに言うなら やってごらん。創ってごらんなさい。( ^ω^ )」ってな感じで勅命をくれた あらいの良き理解者である お二人。



こうして今回の研修プロジェクトはスタートしました。以降。ひらまつぴーと泣きながら研修案を作成した次第。クソ忙しい中、あらいのマガママに付き合ってくれ、必死に研修創出に懸命に向き合ってくれている ひらまつぴーに感謝です。<(_ _)>



先週。県研修の主催側にいた蒲郡市 中川さんと、共に愛知県P協会理事を担う 佐藤さんに「社会的復権というミッションから外れていないか?」のチェックを受け、先日 江川アドバイザーに「圏域研修の質の旦保」をチェックしてもらい。そんでもって本日、国研修との連動性、整合性をトクヤマさんにチェックしてもらい。いよいよ!煮詰まったか!?って感じになったかと。

「煮詰まる」です。「行き詰まる」ではありません。 「煮詰まる」。よく「行き詰まる」と勘違い、もしくはゴッチャになってみえる方がみえるようですが、行き詰まるとは、「物事を それ以上 先に進められなくなる」ことで、煮詰まるとは「議論や検討が十分になされ、結論を出す段階になる」ことだそうです。ってことで。やはり!今回の東三河南北圏域 合同研修は「煮詰まった!」感あり。


「約束」の確認



今夜、長い時間を掛けトクヤマさんと意見交換する中で、そう感じた あらいにございます。そして、半田からの最終に飛び乗り、いつものように居酒屋「特急」でトクヤマさんとのメールの やり取りする中で、今日の話と数年前にトクヤマ・中川組と交わした約束に差異がないことを確認し「やらねば。」の思いを強くした次第。お二人さん。あらいは、こうみえて、約束は守るタイプですから。



「約束」の確認


さぁ!お二人さん。「仕上げといこうぜっ!( ̄ー+ ̄)」


arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年6月15日 (水)

運営会議 で グループワーク


本日(あ。もう昨日だ…。( ̄0 ̄;) )は。田原市運営会議。今年度に入り、ヘビロテで学びの時間となってます。

4月は、障害者差別解消法 と 改正 障害者雇用促進法の理解。5月は、それぞれの事業のミッション と 合理的配慮。そして今月は、意思決定支援の理解 と 意思決定支援計画に触れる。ってな感じ。運営会議の会長の重鎮 鎌田さん、副会長の田原市成年後見センターの岩瀬さんもグループワークに加わり侃々諤々と。メチャクチャ盛り上がりました~!(^-^)v


運営会議 で グループワーク


先に示されたガイドライン、そして その理念を委員皆さんとの共有し続けている感じの運営会議ですが、意思決定支援に関する「責任者」「会議」「計画」と打ち出されている中、支援プロセスを含めこの支援のあり方は「何も特別なことではない。」ことを あらためて確認しながら、今まで「頭の中で」行ってきたことを、しっかりと書面に落とす。それに慣れること。

まさか。今も尚、経験と勘だけで仕事を行っているなんてことは無いとはおもいますが、これからは、支援には しっかりとした「根拠」が求められるってことを理解していくことがメチャクチャ大事かと。これさえ理解出来ていれば、ステキな支援が届けられる。「書式が どぉ~の こぉ~の」なんて、ご本人さんには関係の無い話ですもんね。



来月は、岩瀬さんから成年後見制度における現状の意思決定支援に関する論議と身上監護を学びつつ、田原市で行われている「意思決定支援」、そして、そのための「合理的配慮」の実践報告なんかを委員皆さんからプレゼンして頂き、皆さんと一緒に学び、そして累積していく予定です。

国からも まだ具体的なものは示されておらず、まだまだ「これから」の感がある この「意思決定支援のあり方」では ありますが、田原市も、そしてASKも しっかりと議論し、理解を深めていきたい!と思う次第でございます!( ̄ー ̄ゞ


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月14日 (火)

A型事業所問題

少し前の記事ではありますが、田原市障害者総合相談センターおよび協議会事務局は、今、あらためて、必読です。(  ̄^ ̄)ゞ

http://www.fukushishimbun.co.jp/topics/12494

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月12日 (日)

とりあえず

とりあえず


とりあえず。今夜は これで あがります。
皆さん、お疲れさまでございました。m(_ _)m

arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月11日 (土)

志 高き者たちと


昨日は朝一からセンターメンバー総動員で、いわゆるゴミ屋敷へ。誰のケースとかではなく全員総出で。指定特定相談事業所の相談支援員さんも参戦下さったようで、何だかウットリする次第。

で、昼を少し過ぎた頃、ひらまつぴーと山田姐さんが「ただいま~。」と。その様は、いつものようにヘロヘロで、そう、戦場からの帰還兵のような様相。ですが、これまた いつものように笑顔。この様子に またウットリ。みんなステキです。本当に。( 〃▽〃)



で、午後。可知記念病院の佐藤ワーカーと蒲郡市 中川さんがおみえに。来月開催される東三河南北圏域 地域移行・定着研修の打ち合わせのため。ひらまつぴーと二人、これまでに練り込んだつもりの研修内容を お二人にお諮りし煮詰めて行こ~う!って時間。江川アドバイザーの勅命を受け研修創出に挑んでいます。しかも、フィルターはアドバイザーのみに留まらず蒲郡市 鈴木さん、豊川市 松井さん、更には北部圏域 長坂さん…。ああ…。こわい…。

ってことで。佐藤さん、中川さんには研修を お手伝い頂くことってこともあるのですが、なにせ お二人は愛知県 PSW協会の理事さまでもあるので、ひらまつぴーも含めた 皆さんのミッションに、この創造する研修が則しているのかを お諮り頂く時間。思いある、否、激熱の3人との語らいの時間は、正に「至福」。あっ!という間に時が過ぎていきました。


志 高き者たちと


ひらまつぴーから演習の流れを真剣に聴き、「更に上」を目指しご助言下さり、あらいの問に真剣に答えて下さる お二人に、この研修を創造するという至難の作業を、この方たちに声を掛けたことは正解であったと確認しました。愛知県PSW協会の理事という大役を若くして担うお二人の「熱」を感じました。東三河南北圏域の皆さん、研修、こう ご期待たいっす!(  ̄^ ̄)ゞ



で、16時。まだまだ話は盛り上がっているにも関わらず、あらいは失礼を承知で退席…。全力疾走で…。次の約束の地へ向かうことに。その先というのは一宮市。野崎さんを頭とするチーム一宮のもとへ。

こちらに伺った理由ですが。今月末に「いよいよ!」始まる今年度の現任研修。で、ありがたいかな今年度も あらいめには お役を頂戴しておりまして。で、どこまで講師陣がオープンになっているか分かってないので詳細は控えますが…そりゃ!スゲエことになってまっせー!!(゜ロ゜ノ)ノ   って感じの布陣になっておりまして。

で、そんな中。『無理…。怖い…。あらいを一人にしないでーっ!』ってことで、あらいの受け持つコマで、あらい自身『一番、理想。』と考えたのが、この野崎さん率いる一宮市であり、その実践でして。ので、 この皆さんに援軍要請に伺った次第。この まちの皆さんは「何が大事なことなのか」を理解していると感じています。本来、当たり前であるべきことを当たり前に行っている。そんな感じ。



あらいの、この研修で頂いているテーマは「繋がり」だと解釈しています。この繋がりを、ごく自然に出来ている まちは決して多くないと思います。その数少ない「法のミッション」を遂行している まちに援軍要請するのは、あらいにとっては何の抵抗もなく。あらいの力不足を「是非とも!補って頂きたく!」と お願いに伺った次第でございます。とにかく。あらいの中では、しっかりとイメージをし、その準備をしてきたつもりです。当日は、このチーム一宮市の力添えを頂きながら、必死に務めたいと思います。<(_ _)>



でね。今夜、あらいを お迎えして下さったチーム一宮の皆さんと終電が近づくまで飲み語りしたのですがぁ~!楽しくてしょうがない あらいと野崎さん、人が話そうが何だろうが、お構い無しに「ウヒャヒャ!」と騒ぎ続けいると…ふっと、二人の前に、愛知県の強度行動障害支援者養成研修で実践報告を務められていたヘルパー事業所の長であり、一宮市の地域生活支援の礎を築かれた山口さんが、箸入れの裏に「手は おひざ」と書き、我らの前に「とん。」と置いて下さいました…。


志 高き者たちと


この一枚で二人は「クチ。チャック…。( ̄- ̄)」。反省…。

これ。「ちょっと!静かにしなさいっ!(-_-#) 」と叱られちゃった日には、気短な二人「売り言葉に買い言葉」、酔いも手伝い 間違いなく場の雰囲気は悪くなったことでしょ。我らの「特性」を理解して下さるステキ過ぎる支援。否、ステキ過ぎるぜ~!山口さん!チーム一宮!;:゙;`(゚∀゚)`;:゙



ってことで。午前中のゴミ屋敷に向かった うちのメンバーも、午後、新たな研修を創出するために熱く語り合ったPSW協会の方々も、そして「生きづらさを持つ方」に幸せを届けるために奮闘する一宮市の皆さんも、あらいにとっては眩しいくらいキラキラ輝く支援者皆さんでした。この志 高い皆さんとの語らいの時間を無駄にすることなく、今日も全力で走ります!(  ̄^ ̄)ゞ


arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年6月 9日 (木)

初期加算 と 集中支援加算


本日は朝から法人本部へ。月に一度の請求事務日。で。昼を少し回った頃。ようやく終了。請求事務に没頭出来れば良いのですが、あまり多く支援現場を見ることが出来ないので、スタッフの支援ぶりが ついつい気になり現場へ…。あれこれアドバイスしているうちに時は過ぎ…。で、こんな時間に。m(_ _)m

で。慌てて田原市総合相談センターへ。夕方からの重要な個別支援会議に参加すべく。これに穴を空けることは許されない会議へ向かう。その道中「あーーーっ!(゜ロ゜;ノ)ノ」となる。請求事務。障害児相談の「初期加算」を忘れた お子さん数名と、地域相談の「集中支援加算」を忘れた方1名に気づき!『今から戻ってもは会議に間に合わねぇ…。ど、どうしよう…。』。結果。明日の朝、再度 請求事務に向かうことにする。



『ま。いいか。』なんて、絶対に思えません。厚生労働省が「事業所運営に必要な報酬の確保」のために設定してくれた加算。特定事業所加算も、定着支援の緊急時支援も、適切に行っているのだから、しっかりと請求しなくては、せっかく設定してくれた お国に申し訳がない。そして。必死に現場を駆け回りながら対応したことを、そして計画書一枚いを丁寧に作成したことを無駄にするわけにはいけない、そんなことになったら対応した うちのスタッフに申し訳がない。

明日の朝、『申し訳ない』の思いで、修正し、再度 国保連に送信したいと思います。<(_ _)>


arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年6月 8日 (水)

リメイク中


昨日午前中。今年度第1回目の「協議会マンスリー」のための打ち合わせ。就労検討会の会長である重鎮 鎌田さんをセンターにお招きし、二人の就労支援専門員と市担当職員さんと一緒に、あれこれと。田原市の障害のある方の就労支援は、就労検討会は如何にあるべきか?そのために今、何をすべきか?について意見交換しました。

一旦「ブッ壊した」協議会。あらためて創り直す訳ですから、今までのように宮大工の棟梁が頭を悩ますのではなく。そのためには、部会設置から今日に至るまでの長きに渡り この部会の部会長を務めて下さっている重鎮からご意見・ご助言を頂き、一つ一つ前へ進んでいくことにした次第です。


リメイク


ってことで、昨日は。みんなで、前のめりで重鎮から発せられる一言一句を聴き逃さぬよう、真剣に。(  ̄^ ̄)ゞ



繰り返しになりますが、ブッ壊したわけですから、しっかりと「リメイク」しなくてはいけません。ブッ壊して終わりは仕事ではないですから。しっかりと田原市で生きづらさを持ちながら暮らす皆さんに幸せを届けられるような、そんな部会にリメイクします。


 arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 7日 (火)

Re:嬉しい小さな出来事


夜になり。ひらまつぴー からのメールが入りました。
メチャクチャ嬉しいので、皆さんに ご紹介。<(_ _)>


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


>お疲れさまです。
>きょう、○○病院の会議の帰り、病院の駐車場で、○○ワーカーさんが他の職員さんと敷地を見て何か相談してたようでしたが、平松が帰るのに気がついてくださり、遠くから手を振ってくれたんですよ。

>…数年前には考えられなかったと言うか、当時は嫌われてたと思ってたくらいでした。ただ単純に嬉しかったです。
>では、明日もよろしくお願いします。
>

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


「今まで」が報われますね。本当に 頑張りましたね。(ToT)   でも。そう!また明日も!ですよね。共に頑張りましょうね!(  ̄^ ̄)ゞ


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「相談支援」を伝えに


昨日は朝一で、人生初!の尾張旭市へ。NPO法人ベースで医療的ケアの必要な お子さんを中心に支援する「にこまる」さんの職員研修にお呼ばれしまして、東名高速を制限速度でブッ飛ばして お伺いしてきました~!(^-^)v


代表の廣中さんとは、昨年度末、やはり医療的ケアの必要な お子さんと ご家族を支えるチーム「子どもサポーター」の勉強会で お話させて頂いた際に お会いしまして。そんなこんなの ご縁で お声掛け頂いた次第。
http://feel1999.cocolog-nifty.com/lallapallooza/2015/11/post-2ba1.html

で、今回。「スタッフに法律の話をして欲しいの。」ってもので。断りづらいオファーですよね。でも、もっと「行かねば!」って話を お伺いしまして。「利用者さんが相談支援を利用しないんです。」と。続けて「相談支援を利用することって大事だと伝えるんだけど、セルフで何がダメなの?何をしてくれるの?」と言われちゃう。」と。そして「だから、「相談支援専門員」を伝えてほしいのです!」というもの。

これを聴いて行かないなんて言えるわけないっすよね!逆に「行かせて下さい!<(_ _)>」の思いで、ブッ飛ばして行かせて頂きました!ってことで。お初となります尾張旭市へ!(  ̄^ ̄)ゞ



お話のテーマは「誰もが「暮らしやすい」まちづくり  ~障害者差別解消法 と 相談支援専門員~ 」とド直球。で、当初は「スタッフ研修」をベースに利用者の親御さんと お伺いしていたのですが、会場には相談支援員さんや他事業所の方、そして行政の担当職員さんも。話し甲斐がある!と気合いが入った次第。


「相談支援」を伝えに


ってことで、いつものように、障害者差別解消法が生まれる経緯から障害のある方の権利擁護について お話した上で、障害による差別とは、合理的配慮の具体的な例をお話させて頂き「共生社会」の実現のための急先鋒は、我ら障害福祉に携わる者である!と お話させて頂きました。で。続けて。共生社会の実現のためには協議会の活用は不可欠であり、その活性化のためには相談支援専門員の活躍が必須である旨をお話しました。


昨日のASK研修会での学びを経た直後でもあり、あらいの熱が上がったままの状況でもありましたので、いつも異常に無駄な熱さを帯びていたことかと。何より「相談支援を伝えねば!」の思いを強く持って挑んだ訳ですから、そりゃ当たり前であろうかと。そう!ASK pride です!( ̄ー ̄ゞ


13327531_1767844973459415_224840133


90分間。全力でお伝えさせて頂きました。一人でも「相談支援。利用してみようかな。」って思って頂けるように。相談支援専門員が、障害福祉に携わる人が、少しでも「遣り甲斐ある仕事なんだ。」と思って頂けるように。一人でも「愛する我が子の未来」に夢を持って頂けるように。にこまるさんの ご期待に どこまで応えられたかメチャクチャ不安ではありますが、「一人」でも受け取って下さった方がおみえになりましたら、相談支援専門員冥利につきます。<(_ _)>

にこまるさんがface book でご紹介下さってます。
https://www.facebook.com/1513221908921724/photos/a.1636758539901393.1073741829.1513221908921724/1767844973459415/?type=3&theater



ってことで。にこまる廣中さんはじめスタッフ皆さん。高度な医療的なケアが必要な お子さんの支援について、あらいは まだまだ学ばなければいけません。これからも いろいろ教えて下さい。そして、共に学ぶ仲間として よろしくお願いします!(  ̄^ ̄)ゞ



それにしても。初めて尾張旭市にお邪魔したのですが、こじまさんの耕すまちを横切っていくことを知りました。「ここ曲がると こじまさんちじゃ~ん!」って交差点を逆の方向に進路をとり。ここ数年で、あらいにとっては未開の地であった海部圏域と尾張圏域が、こうしてお邪魔させて頂くことで位置関係の理解が深まっていきます。


「相談支援」を伝えに


これ。きっと良いことなんだと思います。が、何だか複雑な感じもしたりする今日この頃でございます…。(´・ω・`)


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 6日 (月)

I'll be back


昨日は朝一で刈谷市へ。ASK(愛知県相談支援専門員協会)の総会&研修会に参加のため、刈谷市産業振興センターへ。毎年、この総会では研修会を組み込み開催させて頂いているのですが。主催者サイドの あらいが言うことではないのですが。ありえないほどステキな講師さまをお迎えして開催していることから、結構 緊張するのですが、今年度の緊張は半端なく!



今年度の講師さまは、昨年度までドロドロに溶けた鋼鉄の池の栗を拾うため、そう!親指を突き立てて、身を沈めていくターミネーターのラストシーンのように、「2年で戻る。」の一言を残し、国に その身を呈した前相談支援専門官の鈴木智敦さんに お願いしておりまして!あらいからすると「おかえりなさ~い!智さん!」の思いと、研修会後半、その智さんと会場をつなぎ、相談支援事業の理解を深める、ってな役割を頂戴しておりまして。しっかりと務められなければ『け。こいつ、進歩してねぇな。(`ヘ´)』って思われちゃう…。(;゜∀゜)  ってな、複雑な心境で…。

ってことで。♪ 稽古不足を 客は待~たない~♪ ってな古い演歌の歌詞通り、あらいの気持ちを知るや否や、1時半、ASK鈴木代表の挨拶で開会。まずは、その智さんの基調講演から~!



相談支援のあり方
    ~2年間の厚生労働省 相談支援専門官を経て~ 


名古屋市総合リハビリテーションセンター
    自立支援部長 兼 事務局参事  鈴木 智敦 氏


I'll be back


で。昨日の研修会に ご参加下さった中には会員さま以外にもオープンにして開催致しました。ASK専門コース別研修のような県からの委託事業と異なり、ASK自主事業として開催させて頂いたってことで、オープン参加の皆さまから資料代を頂戴しているため詳細は控えさせて頂きます。ご理解下さいませ。<(_ _)>

が、智さんが「障害者ケアマネジメント研修」と呼ばれていた時代から今日に至るまでの智さんが この分野に掛けてきた思いも含め、今日をかたり、そして未来予想図と そこにあるべき相談支援専門員像を突っ込んで、そして分かりやすく お話下さいました。専門官時代に言えなかった内容も含まれていたりして、会場皆さんもメチャクチャ ご満足頂けた、そんなステキなお話でした~!


I'll be back



で、後半は。その智さんの講演を受け、相談支援の「いままで」を振り返り、「いま」を確認し、「これから」を語る。そんな時間。この進行役を不肖あらいめが仰せつかり、全身 汗まみれで務めさせて頂いた次第。

で。進行役とはいえ、智さんを前に若輩あらいが真っ向…ってなことではなく、智さんと会場にみえる会員皆さま方を「つなぎ」、テーマ毎の流れを創りながら、議論を深め、理解を深めていく、って感じの お役。真っ向、の厳しさとは違った別のキツさは ありましたが『こうした時間に鍛えられるのだ!』と自分に言い聞かせ、務めさせて頂きました。<(_ _)>



これもまた詳細は控えますが。智さんは「なぜ、「漢気」スイッチを ON にしたのか?」の確認から始めました。計画相談が始まり1年を経過した時。国中が この計画相談に「物申す!」って雰囲気の中での出来事。我らASK役員にとっても寝耳に水。あらいは、この智さんの「漢気」を会員皆さんと共有するところから始めました。


I'll be back


で、その後は。計画相談が始まり4年目を迎えた今、この間に あくまで「あらい個人」の私見でしかないのですが、持ち上がった「4つのカテゴリ」について、智さんに提言し、ASKメンバーが流れを作り、踏まえ会場皆さんに投げ掛け、今後について意見交換。そして、さまざまな福祉施策に「有効な」と位置付けられ、正に「社会的包摂」に重要な役割を担うことを期待され、更なる進化を求められる「相談支援事業」の未来について意見交換しました。




ここでも。智さんは、たくさん!たくさん!答えて、応えて、そして丁寧に説いて下さいました。<(_ _)> なんでしょ。時の経つのを忘れ、ただただ答えて下さる智さんの姿に見とれていました。『本当に。智さん、帰ってきたんだぁ。』の思いも込み上げ、若干 涙腺がヤバイ瞬間が何度もありました。「I'll be back 」 。そう!ターミネーターも鋼鉄の中に向かう中、最後に口にした言葉。智さんも、その言葉通り『帰ってきてくれた』んですよね。メチャクチャ嬉しかったです。(ToT)


13343137_723751061098030_2582132468

(phot by 野崎さん  いつも感謝です。)



ってことで。あらいの「荒行」にお付き合い下さいました皆さん。力不足ゆえ、軟弱・若輩者ゆえ、皆さんに ご満足頂けるものであったか、些か不安ではありますが、あの程度が あらいの力量であることを ご理解頂き、ご容赦頂ければ幸いで ございます。と、あらい自身が感じる「4つ課題」を、智さんと そして会員皆さんと語り合えたこと。メチャクチャ嬉しい時間となりました。し、メチャクチャ勉強させて頂きました。本当に感謝でございます。<(_ _)>

と、何より。前後編合わせ、主催者サイドが驚くほど、本当に たくさん お話下さった智さん。お立場もあり、なかなか本音での話が難しいにも関わらず、今までに お聴きしたことのない話も ふんだんに散りばめて下さいました。皆さんに お伝え出来るとしたら「障害のある方を支えるためのミッションとプロセスは、時がいくら過ぎようと何ら変わったことはなく。ただただ、心から寄り添うこと。」であるということ。繰り返しになりますが、感謝です。

ってことで、研修会の後の総会も無事に終え、準備に奔走してきた日々が報われた感と、会員皆さまに ご満足頂けたことに安堵感を持った次第。事務局皆さん、そして役員皆さん、お疲れさまでした。また一年、しっかりと走りましょう!



ってことでぇ。毎年恒例の懇親会でございます~!(^O^)  っていうか。懇親会とはいえ、交わされるのは「相談支援道」について。でも、皆さんステキな笑顔で飲み、語りを楽しんでいました。不思議ですよね!毎日、毎日の仕事は厳しいんですけどね!それを振り返り、言葉を交わす様は笑顔なんて!ね!これ、みんな笑顔で諸!(≧∇≦)



I'll be back

(phot by 岡村さん  いつも感謝です。)

でね!我らASKは この一枚にビックリ!(゜ロ゜;ノ)ノ  なんと!智さんの指が「 I'll be back 」に!やっぱり智さんはターミネーターだったんですねぇ~!「智さん、おかえりなさい!また、しっかり鍛えて頂きたく!(  ̄^ ̄)ゞ」。


I'll be back


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 5日 (日)

さもありなん


朝、刈谷駅のドトールコーヒーは満員御礼。
ですが、あらいの回りには 何故だか空間が…。

鏡に写る我を見て「さもありなん」と納得す。


さもありなん


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ROADEST

ROADEST

あらいの愛車は、昨今 世間を賑わして(お騒がせして…。)おります 三菱の 「OUTLANDER」。 ただでさえ珍しい車種なのですが、更に輪をかけて「ROADEST」というフルエアロのタイプ。だから、ほとんど見かけません。

現行モデルが気に入らなかったので、フルモデルチェンジする直前に全く同じ車に買い換えました。回りから「アホちゃう。(´・ω・`)」と謗りを受けましたが、それくらい気に入っているんです。いや~実に!カッコいい!( ̄ー ̄ゞ


で、今日。たまたま駐車場で色違いの お仲間に遭遇!メチャクチャ嬉しくて、隣に停めて記念に「カシャッ!」。ホワイトが愛車。いや~実に壮観な眺めじゃないかぁ~!あぁ、カッコいい!( ̄ー ̄ゞ


arai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年6月 3日 (金)

「漢」 の背中

13312726_722408694565600_6054879036


「漢」 野崎貴詞 の背中です。


カッコイイっす。カッコ良すぎです。泣けます。
https://www.facebook.com/takasi.nozaki.1/posts/722409057898897?pnref=story


この憤り、必ず形にしましょ。必ず。(  ̄^ ̄)ゞ


arai

| | コメント (6) | トラックバック (0)

「専門性」を補う


田原市障害者総合相談センターには、3人の「特別相談支援員」が配置されているのは、ここに あそびにきて下さる方は 大方 ご存じかと。平成21年に就労支援専門員、翌22年に発達支援コーディネーター、そして 24年には地域相談支援員といった具合に、計画的に自立支援協議会に諮りながら、着々と増員してまいりました。

この増員。結果的に厚労省が示した、基幹相談支援センターに求める機能と合致した、ようは「専門的な指導、助言」に即しているってことから、「相談支援機能教化員」である あらいを中心に、その「専門性」を集結させていた NPO法人 ふぃ~る工房にスライド式に委託することで、田原市での基幹相談支援センターの設置は円滑に進んだ感じかと。っていうか。あらい一人では、国が求めていた専門性を確保することは出来ないと思っておりまして。今でもです。((・(ェ)・;))

障害者自立支援法の施行に伴い始まった相談支援事業。10年という月日が経過した今、平成19年に作成した「田原市相談体制 設計図」が、試行錯誤、紆余曲折ありましたが、結果的には、有効な、有用なものであったと実感する日々でございます。(  ̄^ ̄)ゞ



本日午前中、今年度より新任 就労支援専門員の 伴さんの提案で始まった就労支援ミーティング。支援プロセスの現状を報告、相談の2段階で。その支援方針について、あらいの不足している就労支援の専門性を、伴さんが的確にフォローしてくれます。っていうか、あらい自身も学ぶこと多々!(^-^)

っていうか。いつも ご紹介しておりますが、この伴さん。しっかりとした就労支援のトレーニングを積んだ前職の経験を十二分に発揮してくれ、しかも、その学びはPSWの資格まで取得という、あらいからすると「うっとり~。」って支援者。正に「働く(ワーク)支援」のスペシャリスト。いわば「ワークばん」!うん!いい!「ワークマン」みたいでいい!これで決まりだ!(≧∇≦)



で、就労ミーティング終了直後。『待ってました~!(^O^)』と言わんばかりに、地域相談支援員ひらまつぴー。来月7日に東三河南北圏域で開催する精神障害のある方の「地域移行・定着支援研修」の打ち合わせ。昼飯も後回しで~!

3部構成で実施する予定で、ひらまつぴーには「地域移行「支援」の実践」の演習を担って頂くことになっていて。あらいの演習イメージを伝え、ひらまつぴーの生事例を如何に加工し演習シートを作成するか。ってなことを侃々諤々と。この4年、ひらまつぴーがミッションとするP協会が掲げる「社会的復権」を如何に研修に落とし込むか?「計画書」の書き方研修ではなく、「地域移行「支援」」研修にしたい!っていう思いを2人で確認しました。

東三河南部圏域 江川地域アドバイザーの肝いり研修でもある この研修。こうご期待でございますっす!(  ̄^ ̄)ゞ



と、もう一人。発達支援コーディネーターかみやさん。バタバタしていて会議としての時間は取れませんでしたが、学校介助員派遣事業の見直しに関して、教育機関の考え方というか、もっというと温度というか、本音というか…そんなんを計ってもらっています。あらいが出張ると、お相手が構えちゃって。大人の かみやさんが、しっかりネゴシエートしてくれてます!はは!

っな感じで、田原市基幹相談支援センターは、3人の特別相談支援員が、それぞれの専門性に裏付けされた手法で、あらいの足りないところを補ってくれています。ずいぶん前に「相談支援にスーパーマンは要らない」と習いました。こうした形も、それに倣ったものであるのだと思います。先駆者、先人に感謝です。<(_ _)>

と、力無い あらいを支えてくれる3人に感謝!皆さんと力を合わせ田原市障害者総合相談センターを盛り上げて、で、田原市福祉増進のため、明日も しっかりと走りたいと思います!これからも ヨロシクでございまっす!(  ̄^ ̄)ゞ


Pap_0882


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 2日 (木)

"ASK" pride


3日後と迫った愛知県相談支援専門員協会(ASK)総会&研修会。ここのところ、研修会の内容について役員一同で最終打ち合わせに余念なく。しかも必死に。<(_ _)>


役員一同といっても、メンバーは 理事5名、監事1名、顧問1名。総勢7名という小さな組織。ではありますが、このポテンシャルの高さは いつもお伝えしているところ。あらいにとって この場は、正に「修行の場」。メンバー皆さんに付いていくのに必死な毎回。(@Д@;

この数日間のメール、そして電話は、あらいの頭の中が沸騰するほど熱が上がっております。あらためてメンバー個々のポテンシャルに敬服する やり取りが 続いております。付け焼き刃の返答では、あらいの鍍金は簡単に剥がれ落ちそうで、それがバレないようにするに必死な感じで、恥を忍んで返信を繰り返しております(; ̄ー ̄A

が。そんな あらいにフォローのメールや電話をくれるASKメンバー。感謝以外の言葉が見つかりません。(T0T)



いつもいつも。繰り返し繰り返し。このコメントを書いておりますが、このメンバーにおいて頂けていることに感謝すると共に、誇りを強く感じます。正に「 "ASK"pride 」を持って当日 皆さんにお会いしたいと思います。あらいの顔が青ざめていたら、脇でも くすぐって下さいませませ。<(_ _)>


Img_20160214_182825


あらいの大事な同志です。お気に入りの一枚です。(v^ー゜)


arai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »